« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

『いい試合』ではなかったが

本日の名古屋との対戦は、1ー1で引き分けでした。
前半に先制を許すも、後半に須藤のゴールで引き分け。でしたが、名古屋に再三決定機を作られ、現地へ行った方・テレビで見た方は、失点シーン以上に危ないシーンを何度見たか数えきれないと思います。
終了間際、微妙な判定で須藤のゴールが認められず、「もったいないなぁ」と終了直後は思いました。が、冷静に振り替えてみると、「あれだけの決定機を与えておきながら、引き分けることができた」とも思えてきました。内容がよくないながも、勝ち点1をとれたことは、後々大きく影響してくるのではないかと思います。

しかし、課題はまだまだあります。攻撃面では、特に前半がよくありませんでした。DFライン裏へのボールがまったくなく、大西と國吉の良さを生かせませんでした。守備面では、杉山の裏を再三再四狙われ、チャンスメイクされていました。このあたりをどのように改善していくのか、リーグ後半戦やナビスコ杯を戦う上で重要となってくるでしょう。

最後に久野。ちょっと出場時間が少なすぎました。ですが、攻撃のアクセントとなっていましたね。須藤へのクロスもぴったり! ますますの活躍が期待できそうです♪

「つながる・つなげる」大切な1戦

大興奮の大分戦から1週間。週末の試合で勝つと、次の試合までが何だか早く感じますねw 気分も無意識に『ご機嫌モード』になっているようで、連敗していた頃とはずいぶんと違った日常を過ごせていますw

明日はアウェー・瑞穂陸上競技場で名古屋戦。試合時間が「13:00」からということで、天気がちょっと気になります。こちらによると、ちょうど最高気温になりそうな気配ですw 選手はもちろん、応援に行かれる方は水の摂取をしっかりとしましょう! ちなみに、私は少々風邪気味なので山梨に残ります。応援に行かれる方々は、気をつけていってきてください♪

前節に引き続き茂原と林が出場停止。名古屋戦は、大分戦とメンバーの変更は少ないでしょう(大木監督は、いいデキのときはほとんど選手の入れ替えをしません)。負傷交代(?)だった宇留野が出場できるかどうか、できないのであれば誰が出場するのか注目ですね。『タメも突破もできる』選手が1番いいのですが、果たして誰になるのか・・・。もちろん宇留野なら問題なしですが、私的にはジョジマールが見たいなぁ・・・と思います!

<J1リーグ第18節・名古屋戦>
 ~『何か』を持っている彼。無限の可能性が広がる~

Img_5374_1 33:FW 久野純弥

幼さが残るその表情からは想像できない、勝負を決めた前節・大分戦でプロ初の豪快なゴール! 「シュートしか狙っていなかった」という気持ちの強さが生んだゴールだったと思います。 久野の特徴は、なんといってもその爆発的なスピード! 後半途中から『スーパーサブ』として投入されると、圧倒的なスピードで相手DF陣に仕掛けまくりますw ちょっと回りが見えなくなる場面もありますが、若い頃はそれくらいでちょうどいいと思いますw 名古屋戦での連続ゴールに期待しています!

ここ3連敗中の名古屋。聞くところによると、相手合わせた戦術やフォーメーションをとっているようですが、どうも最近はうまくいっていない様子。特に失点が多い(3試合で7失点。ですが、甲府に比べると少ないw)とのことで、守備陣の連携が鍵になるようです。名古屋DF陣は、長身の選手が多いのでこちらから仕掛け「動かして」活路を見出したいところ。両ウイングの選手と須藤との『ポジションチェンジ』が、得点を奪えるかどうかにかかってきそうです。

明日の試合でリーグ戦は8月までお休みです。前節で連敗をやっと止めた甲府は、名古屋戦でまた負けてしまうと、元通り(連敗していた頃)になりかねません。大分戦の後、井石原主将は『1回勝っただけで終われば、意味が減少するので』と言っていました。まさにその通りで、明日も勝ってこそ大分戦での勝利が生きてきます。そして気分よくリーグ戦中断期間へ、ナビスコ杯の準々決勝へ備えたいところ。1点を大切にし、ピッチを走り回ってもらいたいと思います!

また見てきました

暑いですねぇ・・・
とても「梅雨の時期」とは思えない天候です。
暑さは基本的に好きなのですが、以前も言ったとおり早くも夏バテ気味です・・・orz
こういうときは、ヴァンフォーレに試合でスカッと勝ってもらいたいところですw

Img_5273実は23日の大分戦、小瀬に行く前に昭和町の練習場(押原公園:仮称)を見に行ってきました。まずは『管理棟』、きれいにできあがっているようですね。外からは中の様子を伺い知ることはできませんが、どんな感じになっているのでしょうか? 「クラブハウス」は、管理棟とは別にできるのかなぁ? ですが、周りを見るかぎりでは、他にクラブハウスとして使えそうな施設はありませんでしたが・・・。

Img_5269Img_5270 続いて「天然芝」のグラウンド。『ただいま養生中』の看板が立ててあり、工事の作業員と思われる方々が何名か作業中でした。見た感じでは、まだ養生は時間がかかるかなぁ・・・と思いました。

Img_5272Img_5275 天然芝グラウンドの反対側には「人工芝」のグラウンドがあります。こちらはすでに綺麗な緑が広がっていて、サッカーのラインも引いてありました。しかし、ゴールがないので練習はできなさそうです。

Img_5274 とまぁ、進捗状況はこんな様子になっています。2面のグラウンドと管理棟はかなり完成度が高いですが、それ以外はそのままになっているように見えました。道路を作り始めているようですが、どこまでできると完成なのか(練習ができるのか)がわからないので、なんとも言いようがないですね。いつから使用が可能なのかなぁ・・・?

少しだけ練習試合レポ

Img_5425 今日は法政大学との練習試合を、櫛形公園へ見に行ってきました。平日にも関わらず、とても大勢の観客がいました。YBSヴァンスポの羽中田さんとYBSアナウンサーの石河さんが、熱心に練習試合の模様を見つめていました。

試合は45分×2本で、スコアは4-2でした。4点は須藤・長谷川・鈴木・木村のゴール。Img_54242失点のうち、1失点には増嶋のミスから生まれてしまいました。大分戦でスタメンからはずれた増嶋ですが、U-22代表候補から落選してから、ちょっと元気がないように感じられます。この日も、声は出ているものの簡単なミスが目立ち、失点に絡んでしまいました。大分戦に代わって出場した池端のデキがいいだけに、いまが正念場だと思います。

Img_5377Img_5421  練習試合といえば、目立つのはやはりこの人・國吉。運動量がハンパじゃないんですよねw 伴って攻守の切り替えも早く、『ボールあるところに國吉あり!』くらいな勢いですw また、木村も1ゴールを記録し存在感をアピール! 同期の久野に初ゴールを先に越されてしまいましたが、2人共にこれからまだまだチャンスはあるので、がんばってもらいたいと思います♪

Img_5415 最後にあと1人、「先物買い(?)」をしたい人にオススメなのはMFの神崎。中盤で攻守にわたり、特にいいポジショニングをしていたと思います。木村のゴールも、神崎の積極的なプレーからによるアシストで生まれました。視野もけっこう広く、長短のパスを織り交ぜたプレーも随所に見られ、中盤でかなり活躍しそうな予感がしました♪

電車でいこう!?

昨日・今日と、かなりお疲れ気味のまーちですw
早くも、「夏バテか?」と思えるくらい1日の疲労度が著しく、8時を過ぎると眠たくてたまりませんw

昨日は、FC東京戦で退場となった茂原の処分が発表されました。私も、茂原についていろいろと記事を書いたのですが、うまくまとまらず破棄w 1日過ぎて、多くの人が様々な意見を言っているので、茂原の件は改めてはいいかな・・・とw 私が1つだけいいたいのは、出場停止が明ける「8/25 磐田戦」に、ポジションは確約されていないということを、茂原には頭に置いてもらいたいということ。茂原が出場停止の間、『茂原がいなくても!』と周りに思わせれるよう、他の選手にはさらなる奮闘を促したいと思います。茂原のため、他の選手のため、何よりチームのためにも、そうなくてはならないと思います。8・25には、「待ってたよ茂原」ではなく、「とりあえずおかえり茂原」であってほしいと思います

Img_5138 気を取り直して、今日は千葉戦の時に「クラブ史上初」行われた『電車でアウェー応援ツアー』の模様を、簡単に紹介したいと思います。 予想以上の参加者があった千葉戦の応援ツアー。Img_5142私が申し込んだタイミングもギリギリでしたw(9号車でした)。 私たちを千葉(蘇我駅)まで運んでくれたのは2枚目の写真の車両(旧あずさ?)。電車内のエアコンから『カラカラ』と異音がしたのが、ちょっと年代を感じました。

Img_5139Img_5140  電車内には「犬ダービー」の張り紙w 両チームのカラーである『青と黄』が半分ずつのシンプルな作り。でも、何だかほのぼのとした気持ちになりましたw 楽しみにしていたお弁当、配られた時間がとても早かったのが印象的でしたw 味もとてもおいしかったです♪

Img_5147Img_5145 所要時間4時間で蘇我駅に到着。通常だと3時間程度で着くらしいですが、団体電車ということで所々で通過待ちw 蘇我駅に着くと、在京甲府サポの方々のお出迎えと、改札外には「ようこそ!」というポスターでの歓迎がありました(写真撮れずw)。 アウェーへ行き、駅で歓迎されたのは初めてだったので、とてもうれしかったです!

Img_5236 試合終了後には、電車の時間までかなりあったので、こちらのラーメン屋さんで夕食を食べていきました。こちらのお店では、甲府サポの人と隣になったので、試合についていろいろと語り合いましたw Img_5234 Img_5235 周りは千葉サポばっかりだったので、ちょっとうれしかったですw 餃子や炒飯も食べたかったのですが、ラーメンの量が多かったので食べれませんでした・・・orz

Img_5279 昨日あたりからラジオでも告知が始まりましたが、8・18の浦和戦に向けて大々的な宣伝が続いています。歌手の大黒摩季さんが特別ゲストで出演も決まっており、応援バス・電車も予定されているらしいです。Img_5284応援バスは乗ったことある人は多いと思いますが、電車は千葉戦が初めてだったので、ちょっと紹介させていただきました(食べ物ネタは余計ですがw)。国立で開催される記念すべき浦和戦に、「バスで行くか?電車で行くか?自前で行くか?」参考になればと思います。私はどうやって行こうかなぁ~?

みんなで勝ち取った勝利

Img_5276Img_5277 「1-6」という歴史的大敗をした磐田戦から、2週間すぎたこの試合。私が小瀬に行った時間もあると思うのですが、サポーターの出足は『かなり遅いなぁ』と思えるほど、人の姿が少なく感じました。

Img_5283_1Img_5298Img_5297Img_5308Img_5278  試合前には、4連敗と苦しむチームを救うため、ありとあらゆる応援方法でチームを鼓舞。中でも、ゴール裏の方々は選手バス到着を待って応援を開始! メイン・バックのみなさんも合わせて応援を始め、小瀬の雰囲気がいつもとちがう「選手・チームを勝たせたい!」という空気に包まれたような気がしました。 もちろん私も拍手・声だしと応援しましたが、恒例となっている「応援弁当」も買って食べましたよw でも、ちょっと量が多い・・・orz
おかずも、いろんなものが食べたかったなぁ・・・。

Img_5324Img_5332  さてこの試合。茂原が赤紙で出場停止、林も大人の事情で出場停止と、非常にイヤな流れできたことは間違いないと思います。スタメンにも、DF増嶋・FW山崎をはずし、池端と須藤を起用。林のポジションには井上を配し、右WGには「何かをやりそうな男・大西」を先発起用。『いままでの流れを変えて、どうかホームで勝利を!』というチームの意図が感じられました。

Img_5334Img_5335 そして試合。千葉戦・FC東京戦と見てきた人達は(私もそうですが)、『同じチームか?』と思えるくらいの非常にいい試合でした。パスは回る、シュートで終わる、カウンターをもらわない、まさに「今季最高の試合」と言ってもいいくらいの試合でした。FWの宇留野・大西はしきりにDFラインの裏を狙い、またそこにボールが出てきました。カウンターも、FWに入ったボールに池端・秋本がことごとく競り勝ち、起点を作らせませんでした。特に池端はヘディングの高さ・持ち前の俊足を生かし、大分FWに仕事をさせませんでしたね(ちなみに試合中の写真は、私のカメラ性能ではこれが精一杯w ゴメンナサイ・・・)。

Img_5336Img_5343  前半22分に石原が先制点を挙げ、後半ロスタイムには久野が独走ドリブルシュート! 後半に大分の時間がありましたが、前後半通して「完勝」といっていい試合運びでした(須藤が1vs1を決めていれば100点w)。Img_5287冒頭で心配された観客動員も11000人超で、久しぶりに小瀬全体が盛り上がった試合でした♪ VFQが喜んで飛び出していくシーンも、久しぶりに見れてうれしかったです! またテレビ・新聞・ネットなど追いかけるのも大変でしたw

Img_5347  5/3以来の勝利、本当に長かった1ヶ月半でした。私たちもそうですが、1番ホッとしたのは選手・監督ではないかと思います。ですが、試合終了後のコメントで石原は『1回勝っただけでは意味が薄い』、大木監督は『1つ勝ったからと言って、すべて解決される訳ではない』、久しぶりの勝利にもかかわらず、すでに次の試合目が向いていました。
リーグ戦もまだ半分残っており、14~17位は勝ち点1差です。茂原・林が不在でこの試合ができたことは非常に大きいですが、誰かに頼るのではない「自分でやってやろう!」という気持ちで、選手全員が今後もプレーしてくれると、結果もついてくるのではないかと思います! 今日のような試合がいつもできるとは限りませんが、いつもこんな試合が見たいと思う私でしたw また応援にいきますよ~♪

いろいろよかった!

攻守に大分の1枚上をいった試合。内容と結果が伴った、非常にいい試合でした~♪
『勝つ』って、本当に素晴らしいことなんだと、いまさらながら実感しておりますっ!
また、茂原と林がいない非常事態に、ひたむきに自分達のプレーを貫き、見事『勝利』という結果を出した選手達。その「ひたむきさ」が報われて、本当によかったと思います。
やっと連敗を止め、「負の連鎖」からの脱出のきっかけを掴んだVF甲府。次の試合こそが、本当に重要になってきます。

だけど、長い間待たされた『勝利の味』に今日は浸りたいと思います♪ やっぱり勝つってうれしいぞー!

きっかけとできるか?

J’s GOALの松尾さんプレビューを見ようと、トップページへアクセスすると何やら不思議な文字が書いてありました。

試合終了後の林健太郎選手の行為について

「なんだ?なんだ?」って感じでした。茂原の間違いじゃないかと思った人も、少なくなかったのではないかと思います(私もその1人でした)。内容をよく読んでみると、どうやら20日・メンバー外だった林も味の素スタジアムにいたようですね。試合終了後に、(おそらく茂原の退場のことで)何か審判に詰め寄ったのではないかと推測されます。疲労を考慮しFC東京戦を欠場したにもかかわらず、これで2試合の出場停止。茂原の処分も未定ということで、攻守の要が大分戦・名古屋戦と出場が微妙な情勢です。普段こんなことはないのでしょうが、やはり成績が芳しくないとこういうことが起きてしまうのでしょうか? 事実、私もかなりヘコみ気味・・・。今夜はなんだかイヤな酔いがまわっています・・・。

ですが、何を言っても試合は待ってくれません。
茂原・林というチームの「軸」が不在の試合でチャンスをもらえる選手は、チームのためにも自分のためにも、どうしても活躍しなくてはいけません。茂原&林が出場している試合とは、また違う試合を見せてもらいたいと思います! 左WGには山崎(CFに須藤)、1ボランチには井上ではないかと思いますが、ジョジマールや石原(中盤に國吉)、1ボランチには鈴木・田森・神崎も見てみたいと思います♪

<J1リーグ第17節・大分戦>
 ~チームを支えるのはやっぱりこの男!~

Img_4629_1 10:MF 藤田健

今年はプレイスキックに精度が戻ってきて、1得点5アシストを記録。持ち前の運動量や、スペースを発見しての速い動き出しも健在で、攻撃・守備の両面で獅子奮迅の大活躍中! 千葉戦あたりからは、1人で持ち込んでのプレーも見えるようになり、さらに得点への予感を感じさせてくれます♪ 加えて、周囲への指示も増えてきており、『藤田との連携』が甲府の攻撃の鍵を握ってくると思います。3TOPと意思の疎通がもっとできれば、さらに得点を増やせることは間違いないです。また、その3TOPを追い越すプレーも見てみたいですね! 茂原・林のいない大分戦、藤田のプレーで4連敗中の空気を変えてもらいたいと思います!!

対する大分。1週間の中断期間中に、梅崎・前田と補強を進めチーム状態は上向きつつあります。中でも代表経験のある梅崎や、前線の起点となりうる高松には、いくら注意しても足りないくらいでしょう。DF・増嶋の日記に「もっと柔軟性をもってやっていく必要がある。今はその練習をして徐々に良くなって来ている。」とあり、また「できる所をみせてやりたいね!!」と綴っています。数字だけ見ると『6→3→2』と確実に失点は減っているので、その効果は出てきているのかなぁ・・・と思います。

今の甲府にとっては相手が云々よりも、「自分達がどれだけできるか?」にかかっていると思います。まして、茂原・林が欠場ということがチームにどのように作用するか、私は『いままでとは違う試合が見れる』と期待して、明日も小瀬に行きます。
個人的には「CF須藤・左WG石原・左SH國吉・ボランチ鈴木」が見たいなぁ・・・と。

宝塚記念

今週日曜日、24日には阪神競馬場で中央場所の半期を締めくくる『宝塚記念』が行われます。今年は例年以上の豪華メンバーが揃いました。G1(海外含)ウィナーだけでも7頭を数え、高齢の9歳馬から若手の3歳馬まで本当に「面白いメンバーが揃った」ということができます。

中でも大注目なのは、3歳牝馬ながら5・27に「ダービー」を制したウォッカ。宝塚記念が3歳馬に開放されてからかなり経ちますが、優勝どころか連対すらありません(最高着順はヒシナタリーかネオユニヴァースだったかなぁ?)。ですが、ダービーでは衝撃的な強さを見せつけ、牝馬ということもありかなりの人気を集めることと思います。今回はウォッカの捨拾がポイント。非常にタフな血統であることは認めますが、春夏でG1を3連戦は見えない疲労が残ってしまいそうです。配当的にも、それほど魅力はないので今回が見送ろうと私は思います。

本線で考えているのは、春の天皇賞を制したメイショウサムソン。総合力の高さと、それをコンスタントに発揮できる点を評価。時計勝負を疑問視する声もありますが、前走(天皇賞)の時計は相当早く、十分対応は可能だと思います。馬力もあり、上がりの勝負も34秒台を連発しているので問題はないでしょう。若干ツメの甘いところが出てくるかもしれませんが、大崩れはしない(連ははずさない)と思います。

対抗にはアドマイヤムーン。昨年秋以降、中距離戦線に路線を絞り結果を出しています。3月にはドバイで初のG1制覇を成し遂げ、今は充実一途の大売出し中ですw あまり時計が早くなると少々不安ではありますが、「阪神の2200」という条件がピッタリはまると思っています。宝塚記念は「G1未勝利の馬が勝つことが多い」とよく言われています。アドマイヤムーンは、海外では勝利していますが国内では3着が最高(天皇賞秋)。国内G1初制覇の期待が膨らみます。

単穴(対抗に極めて近い)でダイワメジャー。G1勝利を4回と出走馬中最高の実績馬。前走でも安田記念(G1)を完勝し、昨年秋からの好調をアピール。暮れの有馬記念でも距離不安を払拭し、今回も充分勝機はあると思います。今季まだ3走目なのも魅力の1つ。

人気ではこの3頭ですが、穴で抑えたいのはスウィフトカレントとシャドウゲイトの2頭。スウィフトカレントは、内枠を利してスルスルと抜け出してきそうな予感w 距離の2200もベストでしょう。鞍上の横山騎手の手腕にも期待できます。シャドウゲイトは、今年になって大ブレイク! 「2200」という微妙な距離も向きそうな気がします。この馬が連に絡むレースは、なぜか前残りが多いです。メイショウサムソン・ダイワメジャーとセットで買いたいですね!

 ◎ メイショウサムソン
 ○ アドマイヤムーン
 ▲ ダイワメジャー
 △ スウィフトカレント
 △ シャドウゲイト

これで当たるかな~?(♪) まずは、いい天気の良馬場でレースが行われることを祈りたいと思います!

声が出てない・・・元気をだそうよ!

Img_5264 昨日のFC東京との試合、残念ながら「1-2」で敗戦してしまいました。
FC東京の前線からの激しいプレスに、短いパスが再三カットされ、2失点以上とられても不思議ない雰囲気でした。前節の千葉戦で感じた「上昇の気配」は、この日は感じられませんでした。
残念だったというほかありません。

Img_5244 昨日は平日ということもあり、私は朝から通常業務。急いで急いで、味の素スタジアムに到着した時間はなんと19:00ジャスト! でも、同じ電車(スーパーあずさ)に乗ってきた甲府サポも結構いたようでした。中にはスーツ姿に、VF甲府の青い袋を持って京王線・八王子駅に走っている人もいました♪

Img_5263 肝心の試合は前述の通り「1-2」で敗戦。甲府は千葉戦のような攻撃ができず、2失点ぐらいまでは終始押されっぱなし・・・。後半、茂原がCF・久野が右WGに入り攻撃が活性化!  Img_5260茂原の1得点も見事でしたが、ほかにも藤田のFK、宇留野のドリブルシュート、久野の仕掛けなど『同点の予感』は充分すぎるくらい感じられました。しかし、茂原の退場で意気消沈。終了間際の井上・山本・池端と、シュートが連発されましたが、どれも相手DFに当たってしまい1点とどきませんでした。

Img_5250Img_5257 失点の場面は、どちらも防ぎようがない感じでした。しかし、それ以上に決定的なシーンはあったと思います。鶴田は良く止めていたと思いますが、果たしてそれでよかったのかどうか・・・。 特に『コーチング』という面で、非常に物足りないです。ボールばかり追いかけるのではなく、クロスを上げられても中でしっかり対応できるよう、DFへの指示も必要。PA内で、FC東京の選手がフリーだった場面が少なくなかったと思います。

Img_5266Img_5265 写真のように、平日にもかかわらず大勢の甲府サポーターが味スタに駆けつけ、必死に選手の力になろうと声援を送り続けました。 リーグ戦4連敗となってしまいましたが、アウェーゴール裏からは試合後の挨拶でも、選手への熱い激励の拍手が鳴り止みませんでした。私も、試合終了のホイッスルまで全力で走りぬいた選手達に、たくさんの拍手と「次はたのむぞ!」と大きく声をかけました。

先日練習を見て思ったことがあったのですが、練習中がとても「静かすぎる」ということです。大木監督の声が1番大きく、次によく聞こえた声が津田でした。先発組ではほとんど声が聞こえず、実は少々心配でありました。FC東京戦でも、失点後や試合後に選手達は下を向いてしまい、声を出してチームを鼓舞しようとする姿や気持ちを見せてはくれませんでした。
リーグ戦、成績が出ていないことに1番苦心しているのは選手達。この苦境を脱出するには、自分達の力で這い上がるしかありません。プレーの質や戦術・ポジショニングなどありますが、まず勝利することに必要なのは『絶対に勝つ!』という気持ち。大木監督からも、以前に「1点とられてくらいで下を向くな!」という趣旨のコメントがあったと思います。ですが、練習でできていないことは、試合でもできません。練習から「次の試合には絶対勝つ!」という気持ちで練習に取り組み、試合でも『選手全員でチームを盛り上げていこう!』という気持ちがあれば、自然と声も出てくると思います。
試合後にはよく「前を向いていきたい」とコメントが聞かれますが、それでは遅いのです。『試合中どれだけ上と前を向けるか?』もう1度、相手チームにがむしゃらに向かっていくチームの姿を見たいです。

遠い得点…遠い勝利…

うーん
うーん
うーん
悩みは深いです…。
1点とって『さぁこれから!』という時に、茂原が退場処分を受けてしまい、終盤の猛攻も及ばず敗戦。
どんな理由であれ、異議×2で退場はいけませんね。大分戦で彼がいないのがツライですが、チーム全体で盛り上げていってほしいと思います!
土曜日は大分戦。
1週間で3連敗は、どうしても避けなくてはなりません。そして前半戦の最後のこの試合、ホームなのでどうしても勝ちたいです♪

チームの成績はよくないですが、どんな時でも精一杯応援していきたいと思います!

ホップ!ステップ!ジャンプ!

突然の『鈴木健太郎』選手の引退。私達ファンには何があったのかわかりませんが、彼自身の判断で、「引退」という選択をしたガチを尊重したいと思います。途中出場で逆転勝利の流れを作った神戸戦、そのときの活躍は忘れることができませんね。今後はサッカーとは違う仕事をするらしいので、その方面での活躍を祈っております。

さて気持ちを入れ替えて、明日(日付変わって今日)は味の素スタジアムでFC東京との対戦です。
5月「得点力不足病」を発症してしまったヴァンフォーレ。前節の千葉戦で2得点もさることながら、その病を治す手立てが見つかったような気がします。立石のスーパーセーブがなければ、もう1~2点はとれたような感じでした。あとは、2試合で9失点の守備陣の建て直し。19日に少しだけ練習を見に行ってきたのですが、いままであまり見たことのない練習をしていました(千葉戦での課題を、改善しようとする内容でした)。FC東京戦では、この守備面での頑張りが勝負の分かれ目となるでしょう。

<J1リーグ第16節:FC東京戦>
  ・・・いまこそ力を発揮!両サポーターが待っている・・・

Img_4748_1 15:DF 増嶋竜也

FC東京戦といえば、もうこの人しかないでしょう! レンタル移籍ということで、所属元の選手ともかなり親交がある増嶋。J’s GOALのプレビューでも増嶋を意識したレポートになっています。今季、出場機会を求めて甲府へ移籍。現在では欠かすことのできない選手へと成長しています。半年前からはかなり変わった「姿」を、FC東京サポーターに見せつけてほしいと思います! もちろん、私たち甲府サポーターにも、前節2失点に絡んでしまったことを払拭すべく、ぜひ無失点で勝利へと導いて勝利した『姿』を見せてほしいと思います♪

対するFC東京は、前節浦和との対戦で0-2と敗戦。しかし、シュート数では「22-8」と浦和を圧倒。中でも、最近左のFWとして起用されている『鈴木規郎』が、この試合でもシュート7本と存在感が大きくなっています。特に、ミドルレンジでのシュートにかなり威力があり、スペースを与えてしまうと非常に危険な選手です。センターのルーカス・右の川口ともに運動量が多く、「まずはしっかりとマークにつく」ことを第一に守備をしてもらいたいと思います。

磐田戦で「1-6」という歴史的な敗戦をしてから1週間後、前節の千葉戦で、ちょっと修正されてきました。特に攻撃面で、『得点をどうやってとるか?』という部分が私たちにも見えてきました。守備面では、千葉戦の3失点のうち2失点は自分達のミスからのもの。決して修正できない失点ではないと思います。
過密日程の今週ですが、過密はどのチームも同じこと。千葉戦で復調の「のろし」を上げてくれた甲府は、ホップ・ステップ・ジャンプの「ホップ」の状態かと思います。FC東京戦では、ホップの次である「ステップ」のような試合をしてもらいたいと思います。そして土曜日のホーム小瀬で『ジャンプ』となるよう、内容・結果共に期待したいことと、期待に応えてくれると信じています。
キックオフまで、あと18時間30分だw

残念です

DF鈴木健太郎(ガチ)が退団とのこと。
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20070619-OHT1T00045.htm
いいクロスを上げてくれていたのに、とても残念です。
全体練習が終わっても、黙々とランニングをする姿が印象的でした。
同タイプの選手が少ないだけに、ちょっともったいないなぁ・・・と。
甲府のサッカーは、それほど難しいのかな?

光は見えた!さぁ反攻だぁ!!

Img_5225Img_5224 17日の千葉戦、2度のリードを許すも2度同点に追いつく粘りを見せてくれました。最後は勝ち越し点を許し、再三のチャンスも千葉のGK・立石にファインセーブを連発され、同点・逆転とはなりませんでした。ですが、内容はここ数戦よりかなりよかったと思います。特に、攻撃陣は幾度となく千葉ゴールを脅かし、8節・大宮戦以来の2得点。「こうやって点をとろう」という意図が伝わってくる試合だったと思います。

Img_5228 改善の形が見えた攻撃陣、結果を出したのはキャプテン石原でした。 1点目は左足を思い切って振りぬき、2点目は右足で抑えの効いたいいボレーシュートでした。 ほかにもCKでチャンスを演出したり、相変わらずの運動量で、常に追いかける試合展開のチームを鼓舞し続けました。Img_5215 もう1人の中盤・藤田も攻撃に再三参加し、好機を作っていました。また、ここ最近見られなかった『ドリブル』も見ることができ、攻撃にアクセントを出していました。周囲にも幾度となく指示を出し、「どうにかして点を取りにいこう」という気持ちが感じられました。

Img_5196 2得点はできても、3失点では勝つことができません。DFリーダー・増嶋は、そのうち2失点に絡んでしまいました。1失点目は新居に競り負け、3失点目では判断ミスから自陣深くで相手にボールをとられてしまいました。Img_5218DFラインも「ただ浅いだけ」になってしまい、裏をとられるケースが多かったです。 GK鶴田は今季公式戦2度目の先発でした。1失点目のポジショニング、あれはないですね。増嶋・秋本との連携もイマイチで、バックパスの場面もなんだかヒヤヒヤ・・・orz 「飛び出す・飛び出さない」の判断がよくなかったと思います。

Img_5202Img_5226 千葉戦、攻撃面での「手ごたえ」をかなり感じることができました。特に、途中交代でリーグ戦初出場の久野。交代直後のプレーで、千葉DFを2人抜きシュート!  その後のプレーではそれほど見せ場はなかったですが、非常に大きな可能性を感じさせてくれました! 次の出番もそう遠くはないと思います♪

Img_5203Img_5170Img_5153Img_5148Img_5152  昨年3月以来のフクダ電子アリーナ。ピッチも近くてきれいで、とても見やすく「いいスタジアム」でした!(去年来た時の記憶はあまり残っていませんが・・・w)。やっぱり『黄色』は見ていて映えますね。試合前(ハーフタイム)のパフォーマンスは、VFQを見慣れているせいかちょっとキビキビしすぎな感w まぁ、これが普通の形なのかもしれませんが・・・。タコスもおいしかったです!おじさんが長い行列にもマイペースな仕事ぶりで、不思議な好感を持てましたw

Img_5231Img_5238 電車で行ったので、帰りも蘇我駅まで正味10分の道のりを徒歩で移動。 普段は車やバスでアウェーは行くので、他サポの方と移動するのは何か違和感・・・。負けてしまったので、余計寂しい気持ちで蘇我駅まで歩きました。ジェフサポのうれしそうな顔や声が、なんともうらやましく感じられた10分の道のりでした。20日のFC東京戦も、電車で行く予定。もうこんな「思い」はたくさんだぁ~w 次は頼んだヴァンフォーレ!

70点かなぁ

もう少しでした。
あと1点とれて、1点とられなければ勝ったのに…(笑)
今日の試合、シュートまでの形やシュートもできていたと私は思います。少しの『運』があれば、あと1点はとれたと思います。
課題は守備。ロングボールには競り負け、オフサイドもとれずに、鶴田との1vs1の場面が少なくありませんでした。よく3点で済んだと言っても、いいかもしれません。

守備面での建て直しが急務。中2日のFC東京戦に向け、できることは限られていますが、『次こそは!』と思いたいです!

「近道」はない。積み重ねていこう!

今日は暑かったですねぇ・・・(汗)
それもそのはず、本日の甲府最高気温は「33・7℃」と今季最高を記録w ですが、盆地特有の『湿度』がなかったため、カラッとしたすがすがしい気持ちもしました! 明日もこんな天気で、サッカーが見れればいいなぁ・・・と思いました♪

と、言葉では何ともいえますがw、私はちょっとバテ気味・・・orz微妙に仕事も忙しく、週休2日制に慣れきっている私にとって、2週連続の土曜日フル勤務で相当ヘばっておりますw 自作の疲労回復メニュー「炒飯&サラダセット」を繰り出すものの、抵抗しようのない疲労感で、油断していると『眠りの森』に迷い込んでしまいそうですw 

そんな「疲労困憊」の中、明日はアウェー・フクダ電子アリーナでジェフ千葉との対戦を、電車ツアーに乗っていってきます! ここ何試合かの『試合のもっさり感』は、私が引き受けるのでw、選手達にはガンガン走り回ってもらいたいと思います♪
今朝のサンニチには、明日の「3TOPの構成」の話が載っていました。開幕前に『アルベルトがイマイチだ』ということがわかったとき、大木監督がやりたかったという「茂原・山崎・宇留野」が明日の試合で実現しそうだとのこと。5月から続いてしまっている「得点力不足」がこの3TOPで解消できるかどうか(解消してもらわないとこまりますが)、期待したいと思います!

<J1リーグ第15節:千葉戦>
・・・「レギュラーを奪い取る!」という気持ちを見せてほしい・・・

Img_5080_1 阿部の故障で明日の起用が予想される鶴田。チーム最高身長を生かしたハイボールへの対応は、阿部をもしのぐ能力を持っています。キックもかなりいいのですが、1vs1やコーチングには少々課題があります。千葉には「飛び出してくる選手(新居・羽生・水野・山岸)」が多いので、DF陣が一体となって千葉の攻撃を止めたいところです!

対する千葉は、得点をとることがなかなかできず、まさかの17位に低迷中。14節のスタメンを見ると・・・

   巻   新居
山岸  羽生  水野
   中島  下村
 斉藤 水本 ストヤノフ
     立石

こんな感じでしょうか? う~ん、普通に強そうなんですが・・・w とても17位とは思えないメンバーだと思います。 水曜日の練習試合では、大学生相手に16点をとったとのことですが、今朝の日刊ではこんな記事が掲載されていました。いくら成績が伴わなくても、チームがバラバラになってしまっては、いくら個人能力が高くてもそれを発揮することは難しいと思います(スキはこのあたりにありそうですw)。
その点、甲府はそういうことでは心配無用ですねw 良くも悪くも選手は監督を信じて、監督も選手を信じてプレー・采配していると思います。これで成績が伴ってくると良いのですが、ここのところ成績がよくないので「選手の補強を~」なんて声が聞こえてきます。そんな雑音を選手・監督自らの手で、「必要ない!」と消し去ってほしいと思います。

明日の試合、注目したいところは、もちろん「得点をとって勝利することができるか?」ということに他ならないのですが、私的には『まず内容を見たい』と思っています。こういうと誤解を招いてしまいそうですが、いまの甲府サッカーを見ていると「内容が悪くても勝利できた」ということは、考えにくいと思います。『内容よく勝利することができた』や『内容はよかったけど勝利できなかった』という可能性のほうが高いと思います。
甲府のサッカーは、自分達で仕掛けていくサッカー。やるべきことを、やるべき時にできて初めて『勝利』という結果が出てくると思います。今のチーム状態は、一言で言うと「できていない」と思います。まずは、自分達のやりたいことがピッチ上で実行できるかどうか、そこをクリアしていかないと、勝利をすることはどこのチームを相手にしても難しいと思います。

幸い(?)、今年のリーグ戦は上位(1チーム除く)も中位も下位も混戦です。目先の勝ち負けに捕らわれることなく、まずは自分達のプレーを迷うことなく自信を持ってやってほしいですね! まだリーグ戦もやっと半分の状態、決して遠回りにはならないと思います。むしろ、『勝利への近道』はここだったりして・・・(♪)

アウェーを山梨で応援するぞ!

今季はスカパーで全試合を放送~♪
しかし、私は加入しておらず自宅で見ることはできません。まぁ、環境を整えようと思えばできるのですが、スポーツバーみたいなところで多人数で見たほうがより盛り上がるので(騒げるのでw)、自宅にスカパーをいれるつもりはありません

私は、以前から何回か紹介させてもらいました「グロッタアズーロ」によく行くのですが、15日の「765モーニング(YBSラジオ)」で、新しいお店がオープンしたと紹介されていました! そのお店の名前は『Blue Cafe』。詳しい記事はコチラ(yahoo検索画面の下になります)にありますが、甲府サポーターのご夫婦が、先月に自宅(兼店舗)を新築されて営業しているとのこと。ラジオを最後まで聞いていなかったので、詳しい場所がわからないのですが、「甲府・中町」ということで小瀬と平和通りの間あたりになるでしょうか? 

次週のアウェー戦、千葉・FC東京共に現地へ行くつもりなのでお店に行くことはできませんが、次にアウェー行けない時はちょっと様子を見に行ってみようと思います!
どんなお店なのか、とっても楽しみです♪

新馬戦がはじまるよ

明日より、福島・阪神・函館での3場同時開催。来週にはG1の宝塚記念が予定されています。宝塚記念のメンバーも、例年より豪華な予定。2冠馬で天皇賞春も制したメイショウサムソン、牝馬ながらダービー馬のウォッカ、ドバイでG1初制覇のアドマイヤムーン、安田記念でG1の4勝目を飾ったダイワメジャー・・・など、有力馬だらけで目移りしてしまいますw まぁ、宝塚記念のことは、来週考えることにしましょうか!

さて、春の東京開催が終了すると、すぐに来年のクラシックへ向けて競馬カレンダーは時を刻み始めます。というのも、各開催で『新馬戦』が始まってくるのです! 明日の夏競馬の初日から、福島・阪神・函館で3鞍レースが組まれています。その中で、ひときわ注目を集めている「新馬」がいます。
明日の阪神・第5レース芝の1600mに出走する馬、その名は「ポルトフィーノ」。父はNHKマイルカップとジャパンカップダートを制した「クロフネ」。母は牝馬ながら天皇賞(秋)で勝利し、ジャパンカップでも2着と健闘した「エアグルーヴ」という「超」がいくつついても足りないくらいの良血・血統馬です。クラブ馬主『サンデーレーシング』の所有馬で、募集金額は牝馬で1番(同年代でも2番)の6000万円!(1口に直すと150万円)。走ってくれないと、大変なコトになりそうですw

しかし、この阪神5Rにはほかにも強そうな馬が登録しています。
新種馬アグネスデジタルの仔・サマーファインデイ、初戦に向きそうなダンシングマスター、距離が合いそうなスズカワカワシ、雨が降ったら来そうなセントエドワード、すんなり先行できたら粘りそうなマイサイドキックなど、1回も走ったことのない馬達を勝手に評価w これらの馬を相手に、ポルトフィーノがどんな競馬をしてくれるかちょっと楽しみです。『親が走れば、兄弟が走れば、みんな走る』という世界ではないだけに、両親の現役時代の強さを私達ファンに思い出させてくれるような、美しく強いレースを期待したいと思います♪

阿部だ!増嶋だ!

Img_5124 今日は御勅使南公園に、ホンダFCとの練習試合を見に行ってきました! 予想以上の人にちょっとびっくり・・・。でも、櫛形よりは「日よけ」ができるので、私的にはかなり見やすかったです♪ ここは、ピッチのレベルと私達が見ているレベルが同じなので、いままで以上に選手との距離を近くに感じられます!

Img_5137 45分×2本の練習試合。合計で2-1というスコアでした。得点は茂原と秋本、『やっぱり茂原がいるとちがうなぁ』改めて感じました。茂原に影響されて、他の選手の動きもかなりよくなっていたと思います。次の千葉戦は、先日のようなことはないと思いました!

Img_5076Img_5127  何といっても、今日驚いたことは阿部が軽い練習をしていたこと。昨日「全治4週間」のメールがきたばかりなのに、軽いランニングやボールをパンチングする練習をしていました。早く治ることもいいですが、まずはしっかりと治して戦線復帰してもらいたいと思います♪

Img_5088Img_5084  それから、保坂と寄井もかなり復帰へ向けて、練習のピッチが上がってきているようでした。チーム得点2位の保坂は、チームがちょっとうまくいっていない時期なので、プレーのみならず「雰囲気を変える」意味でも、早く戻ってきてほしいと思います!

Img_5090 今日は『増嶋ユニフォーム』が仕上がったので、本人にサインをもらいにいってきましたw 練習試合が終わってから結構の時間待ったのですが、出てきたと同時にかなりの人数が増嶋のもとに・・・。そのほとんどが若い女性だったので、私が並ぶのは少々浮き気味だったかも・・・。でも、「増嶋さんの番号入れました!」とサインをお願いしたら、「スゴイっすね!ありがとうございます!」と笑顔でサインしてくれ、握手もしてくれました♪
やっぱり増嶋はかっこいいなぁw

やっぱり甲府を応援するんだな

Img_5071_1 6失点以上に、「チームとして機能していなかった」と思える試合だったと思います。試合後の山崎のコメントが、まさに磐田戦のすべてではなかったかと・・・。須藤・藤田・茂原を欠いた前線は、『ミスが多い』『連携が合わない』など、いろんな症状が発生して得点の予感がしませんでした(あれでも練習試合よりはよかったんですよ)。大木監督のコメントでは、「誰が出てもやれるという自信」とありましたが、これでは『う~ん』でしょう。もう1度、『適材適所』を見直していただきたいと思います。

Img_5074_1終了間際に、故障を抱えながらも後半から出場した藤田と増嶋でゴールを演出。この試合で小瀬が唯一歓声で包まれた一瞬でした。やはり藤田のベンチスタートは大きかったと思います。Img_5041_1代わってスタメンの大西には、私も大いに期待したのですが、攻撃・守備両面での「スペースへの意識」が藤田とは比べものになりませんでした。特に、守備への参加がなさすぎましたね。ゴール前ではボールに絡むシーンがあっただけに残念でした。Img_5073 増嶋は、6失点のDF陣建て直しが急務でしょう。さすがに、自陣ゴール前では相手FWをマークしないと簡単にやられてしまいます。幸い(?)、6失点共に同じような形だっただけに、修正する箇所はあまり多くないと私は思います。ライン操作も大切ですが、クロスに対するマークはきっちりと修正しなくては、どのチームとやっても点をとられてしまいます。

Img_5058 それから、とても心配な種はGKの阿部。松尾さんレポートによると軽傷では済まなさそうな感じです。阿部のコーチングや1vs1の強さは、甲府の戦術に欠かせません。軽傷であることを祈ると共に、1日でも早い戦線復帰を願うばかりです。Img_5072_1また、前半早々の阿部の交代にチームが「がっかり」してしまったような印象を受けました。そんな時こそ、キャプテン・石原が人一倍に元気を出してチームを鼓舞しなくてはなりません。「プレーで魅せる」ことも大切ですが、大声を出して全体を奮起させ、プレーでも前へ前へと導いてほしかったと思います。田森投入後、左WGでのプレーはなかなかよかったと思います。今が1番苦しい時かもしれませんが、今こそ歯を食いしばってあと1歩だけ踏み出してほしいと思います。

Img_5070Img_5063 こちらは、アウェーでの大勝で大喜びの磐田サポのみなさんと、甲府のシュートをいっぱい止めてくれたGK川口。特に言うことはないでしょうw 8・25のアウェーでの対戦では、絶対この借りは返したいと思いますっ! そういえば、「きっとかっと(勝つ)」の旗がありませんでしたが、どうしちゃったんでしょうか・・・。

Img_5031Img_5032  まぁ、このあたりで少し楽しい話題を・・・w こちらの方は、相変わらずご機嫌の様子でした! 左手(左足?)に持っているのは、オールスターへの招待状でしょうか? 私は、パルちゃん人形を食べてしまわないか、心配で仕方ありませんでしたw

Img_5046Img_5051 雨が昼間まで降っていたにも関わらず、12000人近い観客動員がありました。4点目をとられたくらいから、私の周りでも会場を後にする人が出てきて、ゴール裏は真ん中あたりが「ポッカリ」と空席になっていたそうです。それでも、とても多くのサポが試合終了まで行方を見守りました。それだけ多くのサポがいたということは、みんなが『ヴァンフォーレ甲府に期待している』ということです。Img_5055 「1-6」というスコアから何を得て次の試合に生かしていくのか、千葉戦の内容・結果が非常に大きな意味を持ってきました。こういう苦しい時こそ、私達サポーターの応援が必要ではないかと思います。選手起用・戦術など、いろいろと言いたくなってもきますがここは1つ「昇格した時の気持ち」を思い出して、ただ純粋にひたすらヴァンフォーレ甲府を応援していきたいと思います♪

やれやれ…

試合前に雨がやんでよかったです(笑)
大勢のサポーターを前に、磐田に勝ち点を3、得点を6献上。今日は、チケットで見にきた人も多く見受けられましたが、次の試合も小瀬へ来るかどうかは、消極的な人が多いのではないかと思います。
これほどまで、大きな犠牲を払ってしまった今日の試合。2度同じ試合を繰り返さないよう、その犠牲から『得るもの』がなくてはなりません。
千葉戦にむけて、明日からの1週間。どのように準備・練習するかが、今シーズンの甲府を占うと言っても過言ではありません。「いままで通り」では、何も変わらないと思うなぁ…

それほどでもない…

私が小瀬に到着した時よりは、だいぶ雨も弱まりました!
座席は濡れているので、拭くものや敷くものが必要。少し寒いので、1枚余計に着るものも必要ですが、雨の影響は思ったほどではありません。
雨で、行くか行かないか迷っていたら、(今のところは)かなり大丈夫なので、小瀬に来ていっしょに応援しよう!

きっと勝つ!

明日は1週間ぶりにJリーグ。
甲府はホーム小瀬で、磐田を迎えての対戦です。

1週間前は、鹿島との2連戦(ナビスコ杯&リーグ戦)でした。結果はご承知の通り「0−3」「0−2」と、問答無用の完敗ぶりですw また、5月は7試合やって3点しかとれておらず(ここ3試合無得点)、得点力不足が深刻化しております。加えて、チーム内得点王の茂原が明日は出場停止、2位の保坂も故障で戦線離脱中、3位がDFの増嶋(2得点)なので、チームの『得点事情』は非常に厳しいものがあります。明日の試合、中盤から後ろのポジションは、それほど入れ替えはないと思いますが、前線3TOPがどんな構成になるか注目です。須藤・山崎が1番手、宇留野・健太が2番手、ジョジ・國吉・大西・久野・木村・ガチ・太郎など、起用されそうな選手はいっぱいいますが、全員あわせてもリーグでの得点は「1」。なんとなくですが、1点とることができれば、どんどんそれに続いていける気がしますw 『自分が決める!』という強い気持ちを持って、思い切ってシュートを打ってもらいたいと思います♪

<Jリーグ第14節:磐田戦>
     〜お願いなので、ゴール決めてください!〜

Img_4868_2 11:MF 宇留野 純

左WGの茂原が出場停止ということで、宇留野が起用されるのではないかと思います。先週日曜日のサテ東京V戦で2得点、水曜日の練習試合でも1得点と好調です。思い出せば、開幕当初、絶好調が伝えられた宇留野。開幕戦いきなり故障で戦線離脱も、5月上旬には途中出場で試合に復帰。途中出場でのパフォーマンスはイマイチだったと思いますが、先発出場してこその選手なので、ドリブル・パス・シュートすべてにおいてクオリティの高いプレーに期待したいと思います♪
そして何より『得点』を楽しみしていますっ!

エプソムカップ

週末は、サッカーに続いて競馬予想のコラムもやってます♪
もちろん、G1競争のみならずG2だってG3だって、元気のある限り続けますw

先週の安田記念、ダイワメジャーが「力でねじ伏せる」非常に強いレースで、見事G1の4勝目を飾りました。ダイワメジャーは、昨年の秋に天皇賞を見に行った時初めて見たのですが、6歳馬とは思えないほど今も成長していると思います。安田記念も、ドバイのレースへ出走した後のレースでした。タフで、先行力(自分でレースを作る力)もあって、とても私の好みの馬です。次は、最来週の宝塚記念にも出走してくるとのことなので、また応援したいと思います

2着はコンゴウリキシオー。ハナを切ればしぶといところを見せてくれました。完全な勝ちパターンだったと思いますが、相手の力が1枚上手でした。気がついてみると、持ち時計の上位2頭の1位2位フィニッシュ。あんまり考える必要がなかったかもしれませんw 私の期待した「京王杯組」は、いいところなく惨敗。安田記念とリンクする年・しない年があるのですが、今年は「しない年」でした。秋にも『スワンS~マイルCS』と、同じようなステップがあるので注意しましょう。

さて、明日は東京競馬最終日。G1レースが続いた3回東京競馬も、明日のエプソムカップを持って終了です。ぜひとも馬券を的中させて、ローカルシリーズに突入していきたいと思います♪
今日の東京競馬場は雨天だったそうです。結果を見てみると、時計も若干かかっているようで今夜の天気次第では、かなりの馬場悪化が予想されます。「切れ味」を武器にする馬にとっては、ちょっと厳しいレースになってしまうかもしれません。

◎ ダンスインザモア
 馬場が悪化すると予想し、力のいる時計のかかる馬場が得意なこの馬をチョイス。3勝を挙げている『中山向き』の馬かもしれませんが、9日に2勝をあげたダンスインザダーク産駒という「適正」を考えました(1800という距離も適正◎)。前走よりは、もっと前で道中競馬をしてもらいたいです。

○ サイレントプライド
 こちらも馬場悪化で大きく浮上する1頭。G3で「4着⇒2着」と上昇中なので、今回こそは1着を狙いたいところです。前に行ける脚質も魅力です!

▲ トウショウカレッジ
 昇級初戦ですが、力は通用すると思います。斤量も-1Kということで、力を発揮できる部隊は整いました。内枠を利して、うまく抜け出してほしいですね♪

△ エイシンデピュティ
 ただいま2連勝中と上昇一途。いまの東京は内枠有利(かな?)。

△ スズノマーチ
 この時期、休み明けの馬はよく走りますw

ピサノパテック・デアリグハートのような『鋭い末脚』を持った馬は、その力を発揮することが難しいかもしれません。ピサノパテックは、前走に準オープンを勝ったばかり(同じ昇級馬ならトウショウカレッジの方が配当的に妙)。デアリングハートは、ヴィクトリアマイルの後。いずれにも少々不安を感じます。いずれにしろ、一筋縄ではいかない難解なレースです。

リーグ戦折り返しに向けて

今月の大分戦で、リーグ戦も17試合。3月に開幕してから全チームと1回ずつ対戦したことになります。現在は、残念ながら黒星が先行してしまっており、「好不調」がはっきりと出た成績(3月未勝利、4月負けなし、5月2得点のみ)となっています。

本日の「VFTV」で、大木監督は開幕からのチーム状態を振り返って『いい意味で平行線』とコメントしていました。確かに、チームの戦術・軸にまったく「ブレ」はなく、選手も監督を信じてプレーしている様子は伺えます。ただ、サポの1人として『4月にできていたコトが、5月にできなくなった』と、結果を見るとどうしても思えてなりません。特に、甲府スタイル(仕掛けていくサッカー)だからこそ、「いままでできていた(結果が出ていた)ことが、できなくなった(結果が出なくなった)」というコトは大きいと思います。

もちろん、『結果』だけがすべてではないのですが、「点がとれない」事実は何とも苦しいです。先日の練習試合を見ていると、『どうやって点をとるか?』という部分が伝わってこなかったので、非常に不安になってしまいます。よっぽどサテライト東京V戦のほうが、「点入りそうだな」と思えました。「VFTV」でサテライトの試合後の宇留野・國吉・久野のインタビューがありましたが、3人とも『点をとってアピールしよう!』という気持ちが伝わってきました。

もちろん相手との兼ね合いもありますが、練習試合では「まずボールを失わないこと」を重点にプレーしているようで、正直これでは小瀬の観客は『沸く』ことはないでしょう。それよりか、ボールを失うかもしれない挑戦をしたサテライト戦での久野や國吉には、ボールが回った瞬間、私の周りからも「いけー!」という声が多く聞かれました。いまサポーターが求めているプレーは、「自分から仕掛けるプレー」かもしれませんね。

もちろん、細かいエリアでパスをまわし相手を崩すことが悪いとは思いません。ただ、今はそれを相手が警戒しているので、「自分から仕掛けるプレー」が有効に機能している(する可能性が高い)と言う事もできると思います。表裏一体、仕掛けるプレーが多くなればその分、パスでのつなぎが有効になってくると思います。

今の甲府は、組織プレーに偏りすぎてしまっていて、個人・個性が埋没してしまっている気がしてなりません。その典型がジョジマール。彼には、もっと相手DFラインの裏を狙ったプレーをしてもらいたいと思うのですが、足元へのボールをもらいにいったり、パス回しに参加したりと「ルーズボールへの速さ・強さ、PA内でのポジショニングの良さ」が生かされていません。彼の活躍が、今季の甲府を占うと思っている私は、その力を発揮しきれていない今の状況が、なんとも歯がゆい思いでいっぱいです。

最後に、サテと練習試合を見て、私が思う「得点がとれそうな空気」を持っているのは、木村・國吉・ジョジと、3人の名前を挙げておきましょう。さらに、田森のボランチも林と違った組立で、ちょっと面白いかな・・・と思っています(ガチもちょっと見たいなw)。
とまぁ、めずらしく(?)偉そうなコトを書いてみましたがw、「なんとかなるんじゃないかな」と意味不明なまとめをしたいと思いますw
まぁきっと大丈夫です♪

練習試合レポート@櫛形公園

Img_4940 いやぁ~久しぶりに練習試合を見に行ってきました!
結果は6-0、得点者は宇留野、茂原、國吉、木村×2、アルベルトです!
詳細は秘密ですw 気になったことといえば・・・・、試合途中にヘリコプターがありえないくらい低空で飛んできたことでしょうかw

サテライトリーグ・東京V戦

Img_4913_1Img_4938_1 今日はサテライトリーグ・東京V戦を観戦に、櫛形公園へいってきました。今の時期は、公園中に植えられた「ツツジ」がきれいに咲いていて、ピンク一面に目を楽しませてくれています。

Img_4934Img_4932 結果は、みなさんご承知の通り「4-1」で甲府が勝利しました! 4ゴール、どれもいい得点シーンだったと思います(特に木村のヘディングは鮮やかでした)。 後半はほとんど東京Vにチャンスを与えず、内容も伴ったいい試合を見ることができました♪

Img_4868Img_4890  2ゴールの宇留野、今日は中盤(右)での起用でした。そのゴールシーンもそうですが、この試合では『ポジショニング』が非常に良かったと思います。前半、こぼれ球を拾いまくっていたのが印象的でした。同じく中盤(左)で起用されていたのは國吉。相変わらずの運動量と、正確なキックが随所に見られました。1ゴールも決めて、堅実に成長している様子です♪

Img_4909Img_4905 この試合で一番観客を沸かせた選手は、間違いなく「久野」だったと思います。前の意識が強く、ドリブルで何度も相手陣内へ仕掛けていました。宇留野の2ゴールは、久野の突破からと言っても過言ではありません。また、その後ろで田森がいいフォローをしていたと思います。攻め上がる場面こそ少なかったですが、積極的なディフェンスが良かったと思います!

Img_4921Img_4929 最後に、この2人を取り上げます。木村は左WGで先発し、國吉のFKに頭で合わせて1得点しました。しかし、ちょっと下がりすぎる場面が多かったと思います。今度はCFでの活躍を見てみたいです。あと、神埼は、ボランチで20分ほど途中出場。視野が広く、足元の技術もなかなかのように見えました。シュートの場面でパスを選択したのは残念でした。

Img_4898Img_4894 今日の試合は『4-1』というスコアの通り、甲府のいいところばかりが目立つ試合でした。ですが、GKとの1対1をはずしたり、試合終了間近に1失点したりと、課題が多かった試合でもありました。特に、ジョジマールにはポストをさせるのか、クロスに飛び込ませるのか、DFラインの裏を狙わせるのか、彼の長所に合った「使い方」をチームとしてやらなくてはいけないと思います。
リーグ戦の順位は現在14位、できればもう少し上位を狙いたいところです。横浜・大分などは、この中断期間に選手補強をして、下位からの脱却を模索しています。『きれいごと』かもしれませんが、安易な選手補強に頼るのではなく、こういった若い頼もしい選手たちを上位進出への起爆剤として、成長させ戦力としてほしいと思います。そういう意味では、今日の3トップのは大きな可能性を感じました♪

安田記念

今日で競馬予想コーナーも3回目ですw
サッカーのない週末は、こんな感じで今後ものんびり続けていくつもりですw
アタリ・ハズレまでは責任持てませんのであしからず・・・orz

先週のダービーは、牝馬のウォッカが圧勝しましたね! 終始逃げたアサクサキングスが2着で、2番手だったサンツェッペリンが4着という「先行馬有利」の流れで、牝馬ながら差しきったウォッカの強さはまさに本物。今後「凱旋門賞」へ挑戦するとのことなので、昨年失格(3着)だったディープインパクトの雪辱を晴らしてもらいたいと思います。ロンシャンは、非常にパワーのいる馬場なので、そのあたりに対応できるかが鍵になると思います。

さて、明日は東京競馬場にてG1・5連戦の5戦目、安田記念が行われます。
ドバイ帰りの実績馬ダイワメジャー、高松宮記念優勝馬のスズカフェニックス、香港G1優勝馬のジョイフルウィナー、マイルで新境地開拓のコンゴウリキシオー、東京巧者のエアシェイディ・オレハマッテルゼなど、香港馬4頭の参戦もあり大混戦の様相を程しています。
今日(土曜日)の東京競馬をみると、Cコースも3週目ということもあり少々外を回る馬が多いような感じを受けました。多頭数のレースでは、必ずと言っていいほど大きな馬番が連に絡み、10Rでは馬券に絡んだ馬が10番以降で占めました(15・10・14)。同距離・同コースのこのレース「1・32・9」と妥当な時計。安田記念はこれより1秒程度は早くなりそう(なってほしい)と思います。走っている馬をみると、少々『力のかかる馬場』になっているかな・・・という印象も受けます。

◎ ダイワメジャー
 本格化した昨季秋から絶好調を維持していると思います。毎日王冠からマイルCSまでの3連勝は圧巻でした! ここ2戦は3着が続いていますが、有馬記念・ドバイと厳しい条件だったので、『健闘した』と言っていいと思います。マイル実績・東京実績を見ても、評価を下げる要素は見当たりません。

○ エイシンドーバー
 前哨戦・京王杯SCで優勝。前々走のマイラーズC7着を除くと、重賞2勝4連対の上がり馬です。マイル以上の距離に実績があることも魅力の1つ。東京G1で絶好調の福永騎手の手腕にも期待!

▲ オレハマッテルゼ
 一時期ちょっと不振でしたが、前々走の高松宮記念から復調の兆しが見えました。何より東京での相性の良さ(14戦中3着以内が12戦)が、『ワイド好き』な私には見逃せませんw 後藤騎手の思い切った騎乗にも期待♪

△ スズカフェニックス
 昨季秋から絶好調!抜群の末足で高松宮記念も制し、いま1番勢いがありますね。東京新聞杯の勝利も鮮やかでしたが、そのあまりに鋭い瞬発力が明日生かせるかどうかがちょっと疑問です。能力は認めるものの、100%発揮できる馬場ではないと考え評価を「△」にしました(馬券は抑え程度にします)。

△ シンボリエスケープ
 京王杯SCで、エイシンドーバーの2着。外枠に回った馬で『無欲の追い込み』が決まりそうなこの馬をチョイス。左回りがなんとも向きそうなので。

× エイブルワン
 香港馬。「外国馬は人気のない馬を買おう」というマイルールがあるのでw 前々走は「追い込み」、前走は「逃げ」とよくわからないところが魅力w

今回は、サッカーがないので(めずらしく)しっかりと当日のレースを見て検討し、予想してみましたw レースそのものが、東京Vとのサテライトゲームの時間と被るので、オンタイムで見れないのが残念だなぁ・・・。

さぁ~いこうぜぇ~♪

今日は、今月17日に行われるアウェーでの「千葉戦」の申し込みをしてきました(仮ですが・・・)。
というのも、甲府で史上初ともいえる「専用列車」でのツアーが組まれていたので、これは見逃せないと思い、発表された当初からこのツアーでいくつもりでした。

しかし、昨日夜「残席ごくわずか」との情報を入手し、今朝あわてて申し込みの電話をしました。すると、何回かけても電話は話中(びゅうプラザ)。『これは困ったな』と焦りまくり、JR韮崎駅へ電話してみました。すると係りの方から「もう定員いっぱいで締切です」との返事・・・orz

もうパニックで焦りも最高潮w わらにもすがる思いで、クラブに電話するも「クラブは関わっていません。バス使ってください」との返答。どうしても諦めきれない(電車に乗りたかった)私は、執念でつながるまでびゅうプラザに電話し係りの方に状況を確認すると・・・。
「増やしたので大丈夫ですよ」との温かい返事が返ってきましたw
 その場で仮に申し込みを済ませ、明日甲府駅へお金を支払いに行くことになりましたw 係りの方が言うには、私の電話の時点(今日AM11:30頃)では、まだ300人になっていなかったようですが、かなりの人気ぶりに定員を増やしたとのこと。どれくらい増やしたか、締切はいつまでかは聞きませんでしたが、どうしようか迷っている人がいましたら、早めに結論を出すことをおすすめします!
ちなみに、希望すれば試合のチケットも販売してくれるそうです♪

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ