« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

もももも×14

今朝は早起きして「新府の桃」を買いにいってきました。
といっても、予備知識がなにもなかったため、とりあえずAM7時過ぎに新府共選場へ。すると、4~5人ほど私と同じく買いにきている人と農家のおじさん・おばさんがいたので、いろいろと事情聴取w
すると「9時からハネ出し桃販売開始」の情報を入手w 早く行き過ぎたので、とりあえず列に並んで近くにいた方たちと立ち話w 年配のご夫婦は横浜から、4人ファミリーは日野から遠路はるばる来たとのこと。他にも、岐阜・滋賀・大阪ナンバーの車があり、山梨ナンバーの車の方が少ない感じでした。最終的には150人以上の大行列ができていました。

Img_5837 でもって、こちらが購入してきた新府の桃。ハネ出しということで大きさはマチマチですが、私が買ってきた箱には今朝獲れたての28個の桃が入っていました。これで1箱1500円(箱別売 200円)。1個食べたのですが、『とれたて』ということで1番いい「固さ(やや固め)」で、甘さも控えめの非常においしい桃でした! 桃は今が1番旬ですが、お盆前までは品種によって出回るみたいです。フルーツ大好きな人は、食べないともったいないですよ~♪
(JA梨北の紹介ページはこちらです)

暑いですね・・・

今日の最高気温は35℃・・・(汗)
口をつく言葉は『暑い』の一言。まったくやれやれです・・・。

ヴァンフォーレ甲府の韓国キャンプ。今日で5日が経過。
公式サイトによる結果速報では、練習試合4試合で4連敗。「練習試合だから~」と思いますが、あんまり気分のいいものではありません。特に失点が多いことが気になります。
逆に、攻撃陣では新加入の羽地が今日も得点を記録し、チームとの「フィット」をアピールしているようですね。個人的には、須藤・久野・アルベルトあたりにもっと点をとってほしいと思います。明日が最終日になりますが、勝利で締めて甲府に帰ってきてもらいたいと思います♪

甲府の試合がない週末は競馬w
明日は小倉競馬場で「小倉記念(GⅢ)」が予定されています。出走は12頭、ハンデ戦のため「59・9kg~52kg」まで、比較的斤量差のある組み合わせとなりました。
人気が予想されるのは、メイショウカイドウとスウィフトカレント。メイショウカイドウは今年で小倉記念4年連続の出走で2勝。また実績もさることながら、小倉で8勝をあげているコース巧者です。スウィフトカレントは、昨年の優勝馬。前走の宝塚記念こそ13着と大敗でしたが、その前の金鯱賞では2着、昨季の天皇賞(秋)で2着という実績もあります。
その他にもローカル巧者のヴィータローザ、小倉得意のサンレイジャスパー、上がり馬ニルヴァーナ、休み明け2走目のアップドラフト、「夏は牝馬」との格言からソリッドプラチナムら、半分以上が有力馬といってもいいかもしれません。

その中で、本命と考えられるのはスウィフトカレント。昨季秋にG1シリーズで戦ってきた力を評価したいと思います。平坦なコース・1800~2000という距離で良績をあげており、関東の横山騎手がわざわざ小倉にいく「意気込み」に期待したいと思います!

対抗にはニルヴァーナ。G1ホース・ゴールドアリュールの弟という良血馬で、4月から4戦3勝と勢いに乗っています。前走(条件戦ですが)から斤量が4kg減っていることも魅力です。軽量を生かし、前残りの展開を期待したいところです。

その他には、牝馬の2頭・サンレイジャスパーとソリッドプラチナム、アップドラフトが良さそうかなぁ・・・と思います。メイショウカイドウは、8歳馬ということと1年ぶりの休み明けということで、ちょっと嫌いたいです。ヴィータローザは、3走連続で4着の予感ですw

キャンプ中ですね

暑いです・・・・ホントにアツイ・・・(汗
血行がそれほど良くない私ですが、今夜もキーボードを打ちながら汗だくですw
朝も、目が覚めるとすでに汗だくw 日中も32℃と気温が上がり、湿度も高めでムシムシ・・・。まったく○○なんかしてる場合じゃありませんw

24日から始まった、2年連続の韓国キャンプ。
本日はオフですが、昨日・おとといと練習試合が行われました。それぞれ「1-3」「2-3」と敗戦でしたが、宇留野・羽地・御厨が得点を記録。どちらかというと、得点をとることに苦労しているので、あまりとらない選手が点をとったことは良い事と考えましょうw 失点が多いことは気になりますが、甲府の場合は攻撃・守備は『表裏一体』なので、どちらかがよくなってくれば、それほど心配することはないと勝手に思っていますw

その中でも、新加入の羽地が点をとったことは特に好材料!山梨報知によると「左WG」で起用されているとのことなので、後半戦初戦に出場が期待できそうです! 右WGに宇留野を持ってくれば、須藤・羽地と「ターゲット」が2人になるので、須藤の負担が減り良い影響が考えられます。さらに羽地にはどんどん点をとってもらって、スタメンの座を勝ち取ってもらいたいと思います♪

それから「投票~第2弾」ですが、現在のところ投票総数が103のうち、アルベルトのゴールが約25%(25票)に昇り第1位! 『リーグ戦初ゴール』ということと、ゴールまでのパスが15本という繊細さも、評価された結果かと思います。どうでもいい話ですが、先日私が見た「夢」で、アルベルトが韓国キャンプから帰ってきたら猛烈にフィジカル(競り合い・ポストプレー)が強くなっていましたw アルベルトは、甲府が上位~中位に進出するにはどうしても活躍してもらわないといけない選手。逞しくなって、帰ってきてもらいたいものです!

私敵には、須藤のゴールに投票が集まるかなぁ・・・と思っていたのですが、ちょっと意外でした。ちなみに、友人いわく『石原・茂原のゴールへ投票した人はかなり玄人』だそうですw明日の夕方には「VF TV」、日曜日には「ヴァンスポ」、次週月曜日は「光と水の如く」・「山梨報知」で、ヴァンフォーレ甲府のキャンプ情報が期待できます! 楽しみだなぁ~♪

・・・と、いうことで第2弾

『ありがとうございました!』

まずはお礼をさせていただきます♪
先日(7月22日)のエントリーで初めてアンケート形式を使ってみたのですが、とても多くの投票をいただきました。総数で「113票」もいただき、大変感謝しております!
ちなみに、結果について投票された方はおわかりだと思いますが、一応報告させていただきます。

 ・久野純弥   35票
 ・國吉貴博   29票

 ・鈴木健太   21票
 ・増嶋竜也   19票
 ・田森大己    7票
 ・池端陽介    1票
 ・石原克哉    1票

高校生ルーキーが上位2枠を占め、投票総数の半分以上を2人が稼ぎました。久野は大分戦の初ゴールの印象が大きいかと思います。國吉については、練習を見に行っている方が多いのでしょうか? 試合出場が2試合に留まっただけに、予想以上の投票数でした。
逆に試合に多く出ていた鈴木・増嶋は、思ったより伸びませんでした。後半何試合かは2人とも出場機会がなかっただけに、韓国キャンプで巻き返しをして後半戦開幕には先発ピッチに立っていてほしいと思います!

今日からチームは韓国キャンプ。明日から早くも練習試合が始まります。
その模様は、結果(得点者)くらいしか公式HPで知ることができません。山梨報知は、今は高校野球がメイン。来週の月曜日にYBS夕方ニュースでキャンプの特集をするそうですが、それまではめぼしい情報はなさそうな雰囲気です。
ということで、『投票第2弾』をしようかと思いますw
今回は、前半戦を振り返って「前半戦ベストゴールセレクション」と題して行いたいと思います!

ちなみに「投票」は、予定としては8月12日の鹿島戦までに「第4弾」まで考えていますw
ちょっとワンパターンになってしまうかもしれませんが、お付き合いのほどよろしくお願いいたしますっ! 

①アルベルト(3/31 G大阪戦)
リーグ戦初ゴールにして、甲府の良さが全開となったスーパーゴール! アルベルトの落ち着きもなかなかですが、それまでつなげたパスの多さ・細かさが周りに評価されました。

②保坂(4/7 神戸戦)
リーグ戦初勝利を決めた、ロスタイムの衝撃ゴール! 2点目・3点目の茂原のゴールもよかったですが、印象度という点で勝ち越しゴールをエントリー。

③石原(4/21 柏戦)
0-1から同点に追いついたゴール。「やべっちFC:巧」のコーナーにも選出されました。須藤・茂原・鈴木が絡んだコンビネーションが見ものでした。

④茂原(5/6 新潟戦)
試合は敗れてしまいましたが、DF2人をかわしてGKのニア(頭上)を豪快に突き破った素晴らしいゴール! シゲのゴールはどれもいいですが、私はこのゴールが1番でした!

⑤久野(6/23 大分戦)
久野のプロ初ゴール。試合後『シュートしか狙っていなかった』というコメントは、もはや名言。ほかの選手にも、これくらいの強引さをもう少し発揮してもらいたい。

⑥須藤(7/7 川崎戦~ナビ杯)
自身プロ初のハットトリックを決めた決勝ゴール! GKの頭上を狙ったシュートは、もちろん狙ってのものw 『ロスタイム魔術団・総帥』の座は誰にも渡せない?w

6つまで選択肢が作れたので、今回は6ゴールをエントリー。
どのゴールも、記憶に残る素晴らしいものばかりです。これらの他にも、藤田・増嶋らにも多くのゴールが生まれており、ベストゴールは6指に余ります。あの激闘の1戦を思い出し、1票投票してみてください!

高校野球いってきました

Img_5746 今日は、高校生の時に母校(甲府西高校)の応援にいって以来、10年以上ぶりに緑ヶ丘球場へ。 微妙に『東海大甲府ファン』(謎)を自称する私、「東海大甲府×都留」という試合を見に行ってきました。昨年夏の大会準優勝の東海大甲府と、今年春のセンバツ甲子園に出場した都留との試合でした。

Img_5755Img_5803  都留が初回に先制するも、その後は「0」が並ぶ緊迫した試合。 東海大甲府の三井投手、都留の小林投手の見事な投げあいでした。中盤から終盤にかけては目まぐるしく点が入り、「どんな結果になるんだろう?」と予想もできない試合展開でした。

Img_5829Img_5812  試合を決めたのは、延長12回の東海大甲府・1番の笹本遊撃手。センター前へ弾き返し決勝点を挙げました! 彼はいつだったか、山梨報知で取り上げられていました。プロ注目のいい選手だそうですw それから、駒井右翼手もいい場面で打っていたり、サヨナラ打になりそうな飛球を好捕したりして印象に残りました♪

Img_5745Img_5758  それから、応援も高校生らしくてすごく楽しかったです♪ 東海大甲府のほうは、「さすが!」といいますか応援のバリエーションが多く、とても新鮮でした! やっぱり終盤の『闘魂』はよかったです♪ 都留はシンプルではありますが、聞き覚えのある曲調も多く「応援の必死さ」が伝わってきました。袴姿の女子生徒も見受けられますね!

Img_5821Img_5833 結果が後になってしまいましたが、この試合は「4-3」で東海大甲府高校が勝利。延長戦の激闘になったので、スコアボードの写真は2枚ですwImg_5835 Img_5836_1この勝利でベスト8に進出した東海大甲府。昨年は決勝戦で甲府工業に惜敗してしまったので、ぜひ甲子園に出場してもらいたいと思います!敗れてしまった都留高校も、この試合もそうですが、前の試合(山梨学院戦)でもいい試合を見せてくれ、春センバツ出場の力を発揮してくれました。
本当に『お疲れ様』と言いたいです!

投票~♪

う~ん。
試合も練習もない今日この頃(オフですから当然ですがw)。
今週はオフで、来週は韓国キャンプですから、丸々2週間「おあずけ」状態ですw
こういう時は、書くことがなくてこまってしまいますw

『困ったなぁ』なんて思っていたら、面白いモノを見つけたので今回はちょっとした「投票」を行ってみたいと思います!
「@nify投票」という機能を使って、ヴァンフォーレ甲府の韓国キャンプで1番成長してほしい選手(しそうな選手)を、アンケート取ってみたいと思います。ただ、機能上・スペース上の問題で、私の独断ではありますが5名の選手を選ばせていただきました。比較的若い選手を中心に、リーグ戦・カップ戦に出場経験のある5選手をピックアップしました。もちろん5名以外でも大丈夫です! コメントのところに名前だけでも書いてくれれば、がんばって集計しますw(名前の部分をクリックしてください!)

Img_5448_2 ① FW久野純弥(18歳)
千葉戦で途中出場してから、すっかり「スーパーサブ」の位置を確立した高卒ルーキーの久野。大分戦で初ゴールを決めて、他のルーキーを1歩リード!

Img_5424_1 ② DF増嶋竜也(22歳)
開幕からずーっとスタメンで出場し続けるも、大分戦でその座を池端に奪われ、以降サブ⇒途中出場の状態が続いています。チームを引っ張る力は1~2を争うだけに、スタメン復帰が待ち遠しい。

Img_5103_1 ③ MF鈴木健太(21歳)
増嶋同様、右WGで開幕から起用されていたが、鹿島戦以降出場機会が減ってしまっています。足元の技術はかなり高いだけに、前への意識・プレーがどれだけできるかが鍵。

Img_5367_1 ④ MF田森大己(24歳)
昨年の大卒ルーキー。浦和戦でプロデビューし、その後コンスタントに出場中。本職のボランチ以外にも、サイドバック・センターハーフなど色々なポジションをこなす器用な選手に成長中。

Img_5092_1 ⑤ MF國吉貴博(19歳)
高卒ルーキーながら中盤で運動量多く、足元の技術も非常に高い。練習試合では、とてもいい動きをしているが、トップではまだ発揮されていない様子。当たり負けしない『強さ』が必要か?

まぁ、5名挙げましたがヴァンフォーレの選手であれば誰でもOKですw
なんだったら、選手でなくても「大木監督」「ヴァンくん」「VFQ」でもいいかと思いますw
よろしかったら、投票&カキコしてみてくださいな!
(ちなみに、1回投票していただくと2回は投票できず集計結果が表示されますので、あらかじめご承知おきください)

北の大地で飛躍を誓う

あさって22日は、函館競馬場で『函館記念』が行われます。
出走馬は11頭と若干少なめですが、結構面白い馬が集まったと思います。

人気が予想されるのは、前走でG1宝塚記念4着と好走したトップハンデの「アドマイヤフジ」ですが、あまり器用なタイプでないこと・G1競争の後ということ・微妙なハンデ差などの理由で、付け入るスキはあるような気がします。
中でも、この馬を含めた『5歳馬』が強力! 前哨戦の巴賞を勝ったシルクネクサス、長期休養明け2戦目のマチカネキララ、全5勝のうち3勝を2000Mで挙げているメイショウオウテ。他にも昨年はクラシックを沸かせたサクラメガワンダー、ダービーで上がり33・5という爆発力を見せてくれたナムラマース、函館記念3連覇のかかるエリモハリアーなど、有力馬が半分以上を数えます。

私が本線として考えているのはマチカネキララ。前走は10ヶ月の休み明けでも、勝った馬とは0・4秒差の4着と惜しい結果でした。もともと素質は以前から評価されていた同馬。函館の時計のかかる馬場も合いそうです。ハンデは56kgと見込まれたと思いますが、2戦目の変わり身を期待したいと思います。

相手にはメイショウオウテ。『2000m』という距離がいいですね。内枠を利してうまく立ち回り、先行抜け出しを計ってもらいたいと思います。巴賞から斤量が据え置き(55kg)というのも好材料です。

他にはシルクネクサス・コスモテナシャスあたりが面白そうです。シルクネクサスは、前走の巴賞で見事勝利。函館の馬場や滞在競馬が合いそうな気がします。コスモテナシャスは、恐らく単騎逃げの形になると予想。53kgという恵量を生かし、ゴールぎりぎりまで粘ってほしいなぁ・・・w アドマイヤフジは、悪くないと思うのですが勝ち味に遅そうな感じがするので3着かなぁ~(謎)。ワイドならいいかもしれません(配当安そうですが・・・)。

今年は人の往来が多いなぁ

「8月のラッキーメニューはあさりご飯」のまーちですw
『リゲイン』のCMくらいの勢いがほしいと思っている今日この頃ですw

さて、15日の壮絶な国立決戦からもう4日が過ぎました。なんだかもう1週間くらい過ぎたような気もするのですが・・・w 試合や練習がないと、どうにも退屈してしまいます。
チームは22日まで1週間のオフ。増嶋は、自身のHP上で「石垣島」に行っている模様をアップしていますね。ほかの選手のコトはまったくわかりませんがw、23日から始まる韓国キャンプに向けて、そろそろ体作りを始めている頃ではないかと思います。

甲府はヤマザキナビスコ杯のため、7日・15日と試合があった訳ですが、リーグ戦は日本代表・アジアカップのため1ヶ月以上のお休み中です。この期間を利用して、いろんなチームが、順位浮上のため「選手の補強」を進めています。1番顕著なのは横浜FC。外国人から日本人まで『入れ替わり立ち代り』非常に忙しそうです。その次は大分(ホベルトら獲得)、千葉もレイナウドを獲得して、大宮もノルウェー代表FWを獲得するとかしないとか・・・。甲府に近い順位のチームが、これだけ積極的に動いていると、なんとなく不安になってしまいますw 

もちろん甲府も、何もしてない訳ではありませんね。
7/15には、徳島からFWの羽地を完全移籍で獲得を発表。長身のFWで、タイプとしては須藤によく似ているみたいです。体を張ったポストプレー、前線からの守備、ヘディングでの競り合いなど、3トップの真ん中として期待されます。移籍が発表された時、徳島系のブログを読んで回ったのですが、移籍を悲しむ一方「活躍を期待している」といった趣旨のコメントもいくつもありました。羽地には自分のためだけでなく、甲府・徳島両サポーターのために活躍してもらいたいと思います! また、羽地以外にも昨日の夕方ニュースや、今朝の朝刊(サンニチ)で、もう何人かの「新加入選手」を探しているかのようなニュアンスで報道がありました。現状いる選手だけで快進撃ができるとベストなのですが、外国人枠が余っていると、なんとなく『もったいない』気もしますw どんな選手が来るのか(来ないのか?)楽しみにしたいと思います♪

ただ、もちろん来る選手もいれば「去る選手」もいます。
今年はシーズンが始まってから、新加入選手が神崎と羽地と2人ですが、甲府から移籍した選手が既に4人になります。2人増えることはそれほど珍しくないですが、半期で4人も移籍することは今までに例がないですね。
レンタル移籍で新人の大島(岡山)、J1昇格に大きく貢献した長谷川(徳島)、複数年契約のジョジマール(愛媛)。移籍ではありませんが、引退ということでJ1新潟から移籍してきた鈴木健太郎の計4名。シーズン開始時、人数が多かっただけにある程度は予想できましたが、長谷川やジョジなんかは意外でした。移籍したからには、移籍先チームのために全力で戦い、レンタル期間終了後「帰らないで!」と言われるくらいの存在になってもらいたいと思います!

すごいなぁ~

ヴァンフォーレ甲府公式サイトによると・・・

『8月18日vs浦和(国立競技場)のチケットは、ホーム自由席(ホーム側サイドスタンド・2階席)とアウェイ自由席(アウェイ側サイドスタンド・2階席)に残席があります。SS指定席・S自由席・AA指定席・A自由席は完売しました。』

とのこと。売れてますねw
当日の動員はどれくらいになるのでしょうか?
試合もそうですが、どれくらいの観客動員になるかも楽しみです!
(ちなみにチケット・ピアではこんな感じです

来年はもっと!

Img_5730 昨日国立競技場で行われたヤマザキナビスコカップ:川崎戦(第2戦)は、延長戦の末2戦トータル5-6で1点及ばず、準決勝進出はなりませんでした。Img_5717 須藤の2ゴールで残り3分まではリードしていたのですが、経験差といいますか、自力の差といいますか、「あと1歩」足りませんでした。ですが、選手達は最後まで諦めることなく試合終了まで走り回り、勝利への執念を私たちサポーターに見せてくれましたImg_5734。 この日の試合で得た経験は、必ず後々に生きてくると思います!聞けば、昨年のナビスコ杯では、川崎が千葉との対戦でこのような悔しい負け方をしたそうで、「その経験がこの日に生かすことができた」という声が聞かれました。国立での対戦は8月に浦和戦が、川崎との対戦も9月に控えています。逆に考えると、この「借り」を返す舞台がすぐにくるということを、前向きに考えてこの試合のことを忘れずにしてほしいと思います!

Img_5649_2  台風の影響が心配されましたが、直撃の割りには穏やかな天気だったと思います。しかし、予想通りといいますか風が強くボールコントロールに苦慮している姿が見受けられました。Img_5667Img_5724雨の影響もピッチには残っているようで、スリップする選手も見られました。 試合開始前には晴れ間も見えて、見る側としてはいいかなぁと思いましたが、前半早々に小雨が猛烈な勢いで降り出したり、すぐにやんだりと、試合展開と同じく忙しい対応を迫られましたw

Img_5642Img_5639  この日の川崎戦は、ヴァンフォーレ甲府として、国立競技場への初見参でした。私が到着した頃(16:30頃)には、長蛇の列が青山門前にできていました。Img_5650最後尾は首都高入口のさらに遠くでした。客席の写真は試合開始1時間前なのですが、試合直前にはもっと大勢のサポーターで甲府側は埋まっていました。「10107人」と、思ったより少なめな観客でしたが、そんなことを微塵も感じさせない熱い応援が繰り広げられました!

Img_5721 川崎戦といえば、もうおなじみになりつつあるこの3ショットw さすがに小瀬の時のように、スタンドへ来てくれるようなことはありませんでしたが、甲府・川崎問わず天下御免の大人気でしたw 「ピーカブー」は久しぶりに見ましたが、手が引っ込んだりするんですねw

Img_5672_1Img_5657_1 やっぱり我らがヴァンくんは小瀬以外でも絶好調ですw練習開始の前に挨拶では、増嶋とパンチの応酬を繰り広げ、最後は勝ち逃げの様子でしたw 試合後の挨拶でも、ホント悔しそうに頭を下げに来てくれました。でも、この試合のヴァンくんで印象に残ったシーンは・・・

Img_5660Img_5661Img_5662



みなさんだったら、どんな想像をされますか?w 私が察するには、①まずカメラマンさんに見せてくれるようお願いする(カメラマンさんは困っているようですね)。 ②強引に押し切るw(見てしまうw) ③見てはいけないものを見てしまったw(もしくはカメラを壊してしまったw)。こんな感じでしょうか?w ヴァンくんに8月まで会えなくなっちゃうのは、ちょっとさびしいなぁ・・・。

Img_5697Img_5705 ちょっと脱線してしまいましたw 試合は負けてしまいましたが、この試合は第1戦以上の激しい試合となりました。戦前、私の勝手な思い込みでは「3失点はないだろう」と思っていたのですが、谷口に2ゴールを許してしまい、『一番イヤだなぁ』と思っていた黒津に決勝ゴールを献上してしまいました。リーグでも1~2を争う川崎攻撃陣、その強さをまざまざと見せつけられました。Img_5732 さらに中村が加わると・・・と思うと、ちょっと怖いですね。
これで、川崎は2年連続の準決勝進出だそうです。これだけいい試合を見せてくれた川崎には、優勝目指してがんばってもらいたいと思います。そして、優勝してタイトルホルダーとなった川崎に、来年こそは勝ちたいと思います!

残念無念…国立に散る

3点目がとれず、逆に許してしまったことが、川崎との力の差でしょうか?
2ー2になった時、明らかに甲府の時間となりました。その時にダメ押しの3点目がとれていれば…。もったいない試合だったと思います。

でも、選手のみなさんにはホント『お疲れ様』と言いたいです! 最後まで全力で走り回り、勝利への執念を見せてくれました! 明日から1週間、充分休養をとって韓国キャンプに備え、リーグ戦が再開した時にひとまわり成長した姿を見せてくれることを期待しています!

準備は万端!いざ出陣だぁ!

『予定通り開催いたします!』
http://www.frontale.info/fbbs2/

ということで、台風が心配された今日の試合は、予定通り行われることが決定です!
そうはいっても、中央線の特急が終日運休の見通しなので、「車or各駅電車」というちょっと限られたの移動手段しかないのですが、ここは甲府が初めて準決勝に進出する瞬間を見るために、がんばっていきましょう!(前売券を買っていない私が言うのも、まったく説得力がありませんが・・・w)

しかし、台風ってホントにわかりませんねw
私が住んでいる甲斐市では、昼前から晴れ間がでてきましたよ♪
でも、雨装備は一応持っていきますっ!

星に願いを・・・

明日は、準決勝進出をかけて運命の川崎戦です! 心配される天気ですが、予報によれば台風直撃の見通しで、こんな感じの天気のようです。どうにか試合はできそうな予感はしますが、果たしてサポが移動できるかどうかが焦点となりそうです。山の間を通る中央道・中央線が、雨の影響を受けて止まってしまわないかどうか、ある意味では試合より関心が集まりますw とりあえずは、「試合が行われる」という前提で明日は予定を立てて動くことにしましょうか。12:00には試合の開催可否が発表されるので、それまでは国立に行くつもりでいましょうw

H&Aでの第2戦、こんどはアウェーでの川崎戦です。
第1戦はご承知のとおり、須藤のハットトリックで『3-2』と甲府が先勝! アウェーゴールが色々と言われていますが、川崎から見ると「勝つしかない試合」となっています。『守って守ってカウンター』というチームを比較的苦手としている甲府は、勝つしかない状況(前へと点をとりにくる状況)の川崎は、「組みやすい」ということもできると思います。予想としては、第1戦以上の『攻め合い』のような激しい試合になりそうです。特に、第1戦でハットトリックの須藤には、今まで以上のマークがつくものと思われます。両WGと中盤がどれだけ須藤をフォローできるか、須藤へのマークを分散できるかが攻撃面でのポイントとなるでしょう。右WGで起用が予想される、大西の働きに期待したいと思います

<ヤマザキナビスコカップ準々決勝:第2戦 川崎戦>
 ~守備の要として存在感を高めつつあるここ数戦。
              相手FWを力でねじ伏せる!~

Img_5434 19:DF 池端陽介

17節・大分戦から増嶋に代わりDFに起用。以降3戦で「2勝1分」、失点も1試合平均1点と、結果を残しています。元々身体能力は高いだけに、その能力を充分発揮してのディフェンスが光ります。先日の川崎戦でも、相手FWへのロングボールにことごとく競り勝ち、DFライン裏へのボールも持ち前の俊足を生かして、相手FWより先にボールへ追いつき自軍のボールをしていました。ジュニーニョとの第2ラウンド、どんな戦いを見せてくれるでしょうか?

対する川崎は、我那覇に代わり鄭が起用される模様。ポストプレーやヘディングでは我那覇の方が強いと思いますが、前への意識や裏へのスピードは鄭の方が上回りそうです。7日の対戦でも、後半から出場し流れを川崎へ戻すプレーを見せていました。甲府DF陣は、ジュニーニョと鄭をしっかりと捕まえ自由にプレーさせないことが大切です。動き回るFWが2人だけに、自軍ゴール近くでのファールも注意したいところですが、川崎のメンバーを見渡すとプレイスキッカーがあまりいませんね。村上・久木野・森あたりが蹴りそうですが、中村ほどの精度はないと思います。といっても、CKの際には箕輪・伊藤・寺田・谷口と、ヘディングに強い選手が多く要注意は代わりません。先に点をとられることだけは避けたいですね。

J1昇格2年目にして初めて予選リーグを突破し、準決勝進出へあと1歩まできているVF甲府。このチャンスを自分のモノとするために、明日の試合は非常に大切です。つい、私たちは期待して力が入ってしまいますが、選手達には「いつも通り、自分達のサッカー」をしてもらいたいと思います! 勝って!ヴァンフォーレ甲府!!

サマーダッシュ!

さて、あさってに迫ったナビスコカップ・準々決勝(第2戦)の川崎戦。台風4号の影響がかなり懸念されますね。試合が開催されるか、当日の12時決定するということ。私は15日の1時頃に甲府を出発するつもりなので、この決定を待ってから動くことにします。プロ野球なら中止されるケースもあるので、無駄足にならないようにしたいと思います。もし中止(延期)になったら、代替の開催はいつになるんでしょうかね?

7月になって、ようやく梅雨らしくなってきましたが、これからの甲府(山梨)は連日30℃超えの厳しい暑さが待っています。巷では、『甲府独特の暑さにやられたw』なんて試合もあると噂されていますw ちなみに昨年夏場の小瀬での成績は「京都○・浦和△・鹿島○・磐田△・大宮○」です。 う~ん、いいですねw つい先日も、日中の炎天下で行われた「甲府ー名古屋戦」でも、最後まで運動量衰えることなく走り回っていました。『暑くなればなるほど甲府は強くなる!』と言ってもいいかもしれません♪ 15日の試合もそうですが、8月12日から再開されるリーグ戦を楽しみにしたいと思います!

同じ15日には、新潟競馬場で「アイビスサマーダッシュ(GⅢ)」が出走予定。新潟なので台風の影響は少ないと思いますが、馬場の悪化が懸念されます。レコードタイムが「53:7」と、日本一速い馬を決定するレースといっても過言ではないだけに、雨による馬場悪化はちょっと残念です。
出走は18頭と揃いました。関西馬も10頭を数え、3歳~9歳とバリエーション溢れるメンバー構成となっています。アイビスサマーダッシュは、グレードレース唯一の「直線だけのレース」。最近の調子なんかはもちろん大切ですが、『コースへの向き(不向き)』も非常に大きな要素となると思います。
中心は、人気が予想されますが「ナカヤマパラダイス」。いかにも平坦が向きそうな、今年調子が非常にいい馬です。前々走で新潟1000の条件で勝利をし、前走でもGⅡで2着。⑯番枠(外枠)ということも好材料です。
続く馬はアイルラヴァゲイン。GⅢレベルでの安定勢力。時計がかかりそうな馬場も合うと思います。こちらも外枠(18)がいいですね。
この2頭のほかには、3歳馬で斤量-3㎏のモルトグランテ、武豊騎手が乗っているジョイフルハート、追い込みに賭けるスピニングノアールらに期待したいと思います♪

石原がんばる!

昨日はサーバーメンテナンスのため、更新ができませんでした・・・。

Img_5362 昨日発売のサッカー週刊誌「サッカーダイジェスト」「サッカーマガジン」に、ヤマザキナビスコ杯の模様が記事となっていました。やっぱり勝ち試合の記事を読むと、とても気分がよくなります♪ 主役はやっぱり須藤ですが、ここ数試合の石原の活躍ぶりも見逃せません! Img_5214 リーグ戦の千葉戦で2ゴールをあげ、公式戦10試合ぶりの勝利となった大分戦でも先制ゴール! 先の川崎戦でも、須藤ハットトリックのうちの2ゴールに絡み、プレーでチームを引っ張っています。昇格シーズンの『がむしゃらプレー』が戻ってきた感があり、同時に「思い切りのいいプレー」も見られるようになりました! もちろん、持ち味である運動量も健在で、主将としてその重責を自分のものとしつつあると思います。 やっぱり彼が元気だとチームも元気ですw さらに自分のプレーを進化させ、もっと私たちを楽しませてほしいと思います!

さて、明日は小瀬で千葉との練習試合がありますね。
こちらに詳細がありますが、無料で観戦できるということで、結構人数が集まるのではないでしょうか? 私は行けないのですが、どんな試合になるか、とても楽しみですね!
いい練習試合になればなぁ・・・と思います♪

ロスタイムマジック発動!

Img_5527Img_5608 昨日のヤマザキナビスコ杯:川崎との第1戦は、「3-2」で勝利することができましたぁ~! 川崎相手に常に先手をとるも、2度とも追いつかれる展開ながら、ロスタイムにゴールをあげて勝ち越し! H&Aの初戦をとることができたのは、準決勝進出へ向けてこれ以上ない結果だと思います。

Img_5612Img_5620  スコアこそ『3-2』でしたが、甲府は攻守に渡ってかなりいいデキだったと思います。攻撃面では3点とったこともですが、中央・サイドからいろんなバリエーションで川崎ゴールに迫り、シュートも12本を数えました。ハットトリックの須藤は、もういわずもがなですね! 特に2点目は『お見事!』の一言。ロスタイムマジシャンは、今季も健在ですねw 15日の試合でも、ゴールをお願いしますっ!! Img_5562 守備面では、GK鶴田を中心に川崎強力FWをしっかりとマーク。2失点は喫したものの、完全に崩されたという失点ではなく、ちょっと不運だったなぁ・・・と思います。池端・秋本も、川崎のロングボールに対してヘディングで競り勝ち、川崎攻撃陣に仕事をさせなかったと思います。今度は『無失点』という結果を楽しみにしたいと思います!

Img_5565Img_5537 昨日の試合、川崎からは多くのサポーターとふろん太くんが小瀬へ来場! ふろん太くんは、前日に見た「ファイト川崎フロンターレ(TVK)」でGK植草選手が書いたイラストとはかなり違いましたがw(知ってますけどw)、5/13に来場した時と同じように、愛嬌抜群の人気ぶりでしたw 私も、サイン入りのカードをいただきました!

Img_5512Img_5520Img_5599Img_5605  もちろん、我らがヴァンくんも負けてはいませんw この日のヴァンくんは、いつにもまして絶好調! 試合開始前はゴール裏席に、開門前からふろん太くんとファンサービス。 座席の誘導をしたり、応援する太鼓を叩いたり、ダッシュで階段を上ったり、リフティングをしたりといつも以上に身軽い動きを披露w 小瀬で次に会えるのは1ヶ月後なのが、ちょっと寂しいですね・・・。

Img_5582Img_5609 川崎戦の観客数は11187人。ちょっと少ないかなぁ・・・と思いましたが、小瀬にいる限りはもっと多い感じがしました。私はゴールほぼ真裏にいたので、3点目が決まったときはよくわからずに、バックスタンドのお客さんが立ち上がったのを見て「わーっ!」と絶叫しましたw 得点が決まったときの総立ちになる感覚が、 すごいいいですね! 感動してきますよ♪

Img_5587Img_5585  昨日の試合では、報道陣がすごい多かったです! 小瀬から帰った後、スポーツニュースの「はしご」だった訳ですが、結構取り上げられていましたね! また、今朝の朝刊でもほぼ全紙で須藤が取り上げられており、全国版のニュースで甲府が取り上げられるのは、とてもうれしいです♪ ちなみに、今日(8日)は夕方YBSでの「ヴァンスポ」と、深夜テレビ朝日の「やべっちFC」。明日(9日)は、昼間NHK甲府の「昼前ヴァンフォーレ」、夕方YBS「光と水の如く」。あさって(10日)は、夕方NHK甲府の「がんばれヴァンフォーレ」。どれも見逃すことはできませんw 

Img_5631Img_5634 勝ち試合で恒例となりつつ『ヴァンくんのカーテンコール』(私が勝手に呼んでますw)。選手の挨拶が終わった後、ヴァンくんがゴール裏へもう1回来て、サポーターと勝利をいっしょに喜びを分かち合います! 私たちもうれしかったですが、ヴァンくんもさぞ嬉しかったらしく、応援旗をもって走り回り、ジャンプまでしてくれましたw 小瀬での試合が次は8月なので、こんなヴァンくんの姿を見れるのは、ちょっと先になっちゃいそうです。それとも、川崎との第2戦:国立競技場にヴァンくんもくるのかなぁ~?

Img_5606 気は早いですが、15日の川崎との第2戦は「勝ち」「引き分け」で準決勝進出。「負け」でも、3点とっての負け(1点差)なら準決勝進出。2点とっての負け(1点差)なら延長戦です。大木監督のコメントにもありますが、そんな計算が必要ない『勝利』で、準決勝進出を決めてもらいたいですね! 15日はナイターのアウェーですが、3連休の真ん中なのでみんなで国立へ行って甲府を応援しよう!

いい試合でした!

両チーム合わせて『5ゴール』が飛び出した今日の試合。常に先手をとった甲府が勝利を手にしました!
しかも、須藤がハットトリックの大活躍で、場内も大歓声に包まれました♪
H&Aで行われるナビスコ杯、まずは先に勝つことができ、これ以上ない結果でした。15日の次の試合も勝利目指して、精一杯応援しようと思います!

気分だって必要さ!

今日は七夕なので、なんとなくテンプレも七夕風にしてみましたw

今日の試合、甲府が勝ちますよ~に♪

いまから小瀬に向かいまっす~!

甲府が勝ちますよ~に!

試合当日が「七夕」なので、エントリータイトルも七夕風ですw

ということで、7日はヤマザキナビスコ杯:第1戦 川崎戦です。クラブ史上初の予選リーグ突破を果たし、意気上がるヴァンフォーレ甲府。『初めて突破できた』で終わってしまうのか、『次のステージ』へ進出できるか、7日の1戦の持つ意味は大きいです。
まずは、試合の展望の前にルールの確認をしてきましょう。
ホーム&アウェーの2回戦で行われる、ヤマザキナビスコ杯の決勝トーナメント。当然のことながら、勝敗の数で上回ったチームが次のステージへ進出できます。ただ「2回」という偶数の対戦カードなので、「1勝1敗」とか「2分」で、同じなんてケースも可能性として考えられますね。そんな時、今季から導入され威力を発揮するのが『アウェーゴール数』です! あれこれ説明するよりは、実例を上げて説明しましょう。

7/7  甲府 0 - 0 川崎
7/15 川崎 1 ー 1 甲府

こんな時に適応されるのが「アウェーゴール」。この場合、勝敗数も同じ(2分)です。しかし、川崎の1点はホームでのもので、甲府の1点はアウェーです。したがって、アウェーゴールを上げた甲府が決勝トーナメント勝ち抜けとなります。もしアウェーゴールまで同じ(2試合とも同じスコアで勝敗が逆)だったら、確かPK戦になるんだったかな?w もし、誤りがありましたらご指摘お願いいたします!

さて肝心の試合ですが、甲府・川崎共に状態は上向きのようです。甲府は17節・大分戦、18節・名古屋戦と連続して勝ち点をゲット! 名古屋戦の前半は「・・・」でしたがw、試合内容もかなり良くなってきており、結果が伴ってきて選手も自信を取り戻しているように思えます。対する川崎、6月は勝ちきれない試合が続きましたが、18節・神戸戦でロスタイムでの劇的勝利でチームの雰囲気はかなりよさそうです。マギヌンが故障で離脱、アジアカップ:日本代表で中盤の中村とGKの川島がいませんが、原田・黒津・相澤・鄭・井川・佐原ら選手層はかなり厚いです。中盤の構成がどうなるかわかりませんが、5/13に対戦したときのように「4-4-2」で来るかもしれません。totoの予想を見ると、かなり川崎に偏っているようですが、支持率ほど差はないと思います!

<ヤマザキナビスコカップ準々決勝:第1戦 川崎戦>
 ~2戦で何を感じ取ったか?
    チームのリズムを変えずに溶け込みたい~

Img_4952 31:MF 林健太郎

6・22まさかのニュースが飛び込んできました。『林健太郎選手の行為について』、ホントに目を疑いましたね。しかし、川崎戦でその処分も解かれます。恐らくは、井上に代わりアンカーの位置にスタメンで起用されるのではないかと思いますが、結果を出せているだけに大木監督も考えてしまうところ。練習試合を見る限りでは、林が敵陣にいるときはいいのですが、自陣で林がボールを持つとちょっと怖いですw 井上のようにシンプルにパスを出さないところが、いいところでもあり、悪いところでもあるだけに、判断が難しいところです。皮肉にも、林が出場できなかった大分戦・名古屋戦で甲府は新たな1面を見せてくれ、勝ち点4と挙げることができました。この2戦、林の目にはどう映ったのでしょうか? 川崎戦、私の個人的な意見としては、第1戦には井上を起用し、第2戦目で林を起用するほうが、川崎の思惑の裏をかくことができ、また何より「いい流れ」でリーグ戦中断期間へ入れたこと(井上で結果を出せている事)を重視したいなぁ・・・と思います。

林の起用と共に、左のWGも誰がスタメン起用されるかも注目ですね。名古屋戦の國吉はちょっとかわいそうでもありました。普段から中盤で起用されている國吉は、WGでプレーに困っているようにも見えました。大分戦で負傷した宇留野が戻れればいいのですが、できないのであれば國吉・鈴木あたりが候補でしょうか?石原・ジョジ・長谷川あたりでも、いいんじゃないかなぁ・・・と思います!

ほし~の!

『新外国人加入!』

なんてニュースが来たらびっくりなんですがw
今季は、アルベルトがA契約のみ(ジョジマールはC契約)なので、外国人枠が2人余っています。シーズン開幕前には、2人ほど練習生がいましたが今は話を聞きませんね。「どこを補強」という訳ではないですが、なんとなく『もったいない』気がいたします。今週からリーグ戦がお休みなので、ブログネタにも困ってしまいますw このあたりで、ちょっとネタを提供していただけると非常に助かりますw

6~7月は、勤め人にとって「心躍る月」です♪
全員という訳ではありませんが、結構多くの人が普段の月より多めに収入がありますねw 私も思ったより若干少なめでしたが、普段の月より多く銀行残高が増えましたw 人間、手に入れると何となく使いたくなってくるものw 私も例外なくそんな気持ちになっており、毎晩「価格.com」とのにらめっこが続いていますw

中でも熱心に見ているページは「デジタル一眼レフカメラ」。
私は今『Canon PowerShot S2IS』というデジカメを使っています。このカメラにコンバージョンレンズ(1・5倍)の望遠レンズをつけて撮影しています(光学・デジタル合わせて最高72倍)。普通のデジカメと比べると、大きめで持ち歩きが少々不便ですが、なんせこの倍率がいいですね! 普段72倍なんて使いませんが、光学のみの12倍で充分すぎるくらいです♪ また、カメラ素人の私には非常に便利な『シーンモード』。その時々のシチュエーションに合わせて、カメラが勝手にベストな設定にしてくれますw 
かなりいいカメラで、素人の私にはもったいないくらいなのですが、ちょっと不満な点があります。それは「夜(暗い時)の撮影」です。これからナイターが多くなる時期、写真撮るのが難しくなってきます。光をより多く取り込むため、シャッタースピードが遅くなり、手ブレ・被写体ブレがかなり多くなり、きれいな写真が撮れないんですよねぇ・・・。chappyさんのブログを見ていると、夜でもとてもきれいな写真が撮れています。私もああいう写真が撮りたいなぁ・・・と思っています。

ということでニューカメラをただいま物色中w せっかく買うのだったら、後継機種ではなく良いカメラにしようかなぁ・・・と。ただ1つ問題なのは、「デジタル一眼レフカメラ」の『一眼』『レフ』の意味がわかっていないことw 「何となく買う」という買い物ではない金額だけに、そのあたりが少々心配でありますw いろいろと友達に聞いて回っているとこではありますが、何かいいアドバイスがありましたらお願いいたしますっ! 今、ちょっと考えているのは「Canon EOS Kiss Xボディ」「オリンパス E-410」あたりです!

練習試合かんたんレポート

Img_5502 今日は雨が降りしきる中、櫛形公園へ関東学院との練習試合を見に行ってきました。やはり悪天候のせいか、先週より人数は少なかったですが、100人以上はいたような感じでした。中には、ポンチョ&長靴という「フル装備」の方もいらっしゃいましたw

Img_5503 試合は「3-2」で勝利。得点者は久野・ジョジマール・木村の若手3人衆でしたw 今日1番びっくりしたことは、6/12に怪我で戦線離脱していた『GK阿部』が出場したことでした!いつもの大声でのコーチングは聞けませんでしたが、元気な姿を見ることができて安心しました♪ ここ2戦で鶴田が結果を残しているので、7日の川崎戦に先発かどうかはわかりませんが、まずは怪我をしっかりと治してくれたみたいなので、よかったと思います!

Img_5427Img_5456  ナビスコ杯:川崎戦で出場停止処分がとける林も、元気に練習試合に出場していました。ここ2試合で井上がアンカー役と努め、及第点以上の活躍を見せてくれました。ピッチの外から見た林には、井上の姿はどう見えたのでしょうか? また昨日入籍が報じられた津田も、元気にプレーしていました。津田は入団した当初から、最高顧問H氏とひっそり応援してきたのですがw、何だか自分のことのようにうれしいです!最近は「ベンチ入りするかどうか・・・」という感じが続いていますが、ファンの多い選手だけにもうひとふんばりして、スタメンを勝ち取ってもらいたいと思います♪

国立へいこう!

今年は、昨年なかった『国立競技場(国立霞ヶ関陸上競技場)』での試合が、2試合も予定されております! 1試合目は「7/15ヤマザキナビスコ杯・川崎戦(A)」、2試合目は「8/18 J1リーグ戦・浦和戦(H)」です。

浦和戦は、もう結構前からアチラコチラで宣伝を見聞きしていますね。6・15には浦和戦のバスツアー募集が始まり、6・27には電車ツアーの募集が開始されましたが、6・29の時点で『定員締め切り』とのことw(早かったw)。私はどうするかというと、千葉戦の教訓がまったく生かされておらずw、未だにどうやって行くか手段が決まっておりませんw まぁ、1ヶ月以上も先のことなので、ゆっくり考えるとしますw

川崎戦、バスツアーの募集がすでに始まっています。現在(7/2PM10時)ではまだ1台目ですが、3連休の中日ということもあり、かなりの甲府サポーターが国立に集結するのではないかと思います。ヴァンフォーレ甲府が、クラブ史上初めて1次リーグを突破したヤマザキナビスコ杯。突破しただけで満足せず、さらなる上を目指せるよう精一杯応援していきたいと思います♪ (なお7・15の試合のチケットについては、川崎フロンターレ公式HPで案内されています)

Img_3552 さて、国立競技場へは今年の2月に行ってきました。「ゼロックススーパーカップ:浦和vsG大阪」を見に行ってきたことは、この日のエントリーで書かさせていただきました。1枚目の写真は、試合が始まる前のバックスタンドの様子です。Img_3591 5万人以上が収容可能な国立競技場、「小瀬が3つ分以上」という大きさはまさに『スゴイ』!のひとこと。HPを見てみると、Jリーグ戦も何試合か行われていますね。川崎戦・浦和戦と2枚目の写真のようにはいかないかもしれないですが、見渡す限りの『ヴァンフォーレブルー』で国立のスタンドを埋めたいですね

もし国立競技場をもっと知りたい方は、国立競技場Wikiを参考にしてみてください。また、私みたいに「バスツアー・電車ツアーに申し込み遅れた」という方、あっちこっち寄り道したい方は、多少割高ですが自分で車を運転してきたり、電車へ乗ってきましょう。車の方は首都高・外苑で降りてすぐですね。電車の方は、(甲府からの場合だと)中央線で新宿まで行き、中央線・総武線各駅停車に乗り『千駄ヶ谷』で下りましょう。千駄ヶ谷からは徒歩で5分程度、目の前に競技場はありますが何気に結構歩きますw さて私はどうやって行こうかなぁ~♪ (もし誤りなどありましたら、ご指摘いただければと思います)。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ