« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

試合は熱かった!

本日の川崎戦、1ー1で引き分けでした。
ロスタイムに1点を献上してしまい、勝利は逃してしまいましたが、とても収穫の多い『意味のある勝ち点1』だと思います。
残り7試合、いい結果が出せるという「手応え」を感じて、いまから甲府に帰ります。

雰囲気変わった?

日付変わって30日の今日、等々力競技場で川崎フロンターレと対戦です。

先日の広島戦で連敗を「5」で止めた甲府。やっぱり『勝利』はどんな内容であれ、うれしいものですね!チームの雰囲気も、練習から変わってきたようです。昨日の試合で17位の大宮が勝ったので、甲府は自動降格圏へ戻ってしまいましたが、連勝で再度順位をあげたいところです。

さて、5連敗を止めた広島戦。その「代償」は決して安いものではありませんでした。
FWの茂原が警告の累積で2試合の出場停止。DF井上が警告×2(退場)で今節が出場停止。代わりにどの選手が出場するか、「選手層の厚さ」がポイントとなってきそうです。
FW茂原の代わりには、ラドンチッチ・須藤・山崎・羽地・木村・久野のうち誰か。DF井上の代わりには山本・田森・奈須・御厨の誰かでしょうか。特に、広島戦決勝ゴールのアルベルトが好調を維持しているようなので、彼の相方になる選手のデキが気になるところ。私だったら、ラドンチッチか山崎(久野)がいいかなぁと思いますw

<J1リーグ・第27節 川崎戦>
~得点力不足に悩む川崎。さらに悩んでもらおうか!~

Img_0829 2:DF 秋本倫孝

ここ3試合(ACL含む)で得点「0」の川崎。ジュニーニョを始め強力FWを擁する川崎とは、とても思えません。DFリーダー・秋本を中心に、4バック・ボランチが連携して、自陣ゴール前で自由にさせないことは大原則となってきます。タイトなマーク、フィジカルで負けない強さを発揮して、川崎攻撃陣をシャットアウトしてほしいと思います! また、広島戦でも惜しいシュートがありました。攻撃時のセットプレーでは、得点を挙げている増嶋にマークが集まると思うので、その間隙を縫って今季初ゴールも期待します♪

川崎は、26日のACL準々決勝で惜しくも敗れてしまいました。
甲府と比べて1試合多くやっており、疲労が気になるところ。26日はベストメンバーで試合をしたので、いくらか入れ替えもしてくるかもしれません。ですが、ジュニーニョ・マギヌン・中村などは出場してくるものと思われます。しかし、私が特に注意したいと思う選手は、先日のナビスコ杯で決勝ゴールを献上してしまったFW(MF)の黒津です。恐らく途中出場してくる(?)と思いますが、5月の対戦でも強烈なプレスでジュニーニョのゴールに結びつくプレー(アシスト)をしていました。私は、5・13のアシストと7・15の決勝ゴールで、黒津がだいぶキライになってしまいましたw 速い動きを身上とするだけに、出場してくるとうるさい存在となりそうです。

甲府としては、広島戦から「スタイル」が復活した感がある『前線からの強烈なプレス』を続けたいところ。川崎の前線選手に有効なボールを入れさせないためにも、FW・MFが連携よく相手選手にプレッシャーをかけたいですね。川崎は非常に難しい相手ですが、決して勝つことができない相手でもありません。充分連勝をすることもできると思います!

さて、等々力行きをどうしようかと思っていたのですが、行くことにしましたw
家にいると、いろいろ悪いほうに考えそうで・・・(汗
甲府のゴールを、5月以来の連勝を目撃するため、等々力行ってきますっ!!

秋のG1シリーズ開幕

今週30日より、秋のG1シリーズが開幕します!

そのG1シリーズを控え、先週はトライアルレースの「神戸新聞杯」「オールカマー」が行われました。
神戸新聞杯では、ドリームジャーニーが「1頭だけ違う脚(3F 34・5)」を使い14頭をゴボウ抜きで1着! ちょっと鮮やかすぎる勝利に、菊花賞の適正がちょっと疑問になりました。2着のアサクサキングスは「-10k」、3着のヴィクトリーには上積みがちょっと心配。4着のホクトスルタンが菊花賞では面白そうです。
オールカマーでは、人気通りマツリダゴッホがきっちりと差し切って勝利。4歳ということもあり今後が期待されますが、『中山2200』という条件がピッタリな馬な感じだと思うので、天皇賞ではちょっと抑え程度でいいかなぁ・・・と思います。
ほかのレースでは、日曜6R新馬戦・アグネスタキオン産駒の「サトノハピネス」。現役時代応援していた「的場厩舎」の馬なので、今後も注目していきたいです。重賞戦線を賑わしてほしいと、楽しみにしています♪

さて、スプリンターズステークス。
人気を集めそうなのは、春に高松宮記念を制したスズカフェニックス。前走5馬身の圧勝で勢いに乗るサンアデイユ、同じく前走快勝のキングストレイル、中山1200巧者のアイルラヴァゲイン、春G1制したコイウタ、昨年春のスプリント王のオレハマッテルゼ、スピード自慢のアストンマーチャン・クーヴェルチュールなど、有力馬は5指に余ります。

過去のレースを見てみると、前に行く馬が1頭(メイショウボーラー・カルストンライトオなど)は来ているということ。開催時期が12月から9月に変わったことで、また休み明けの馬(デュランダル)や、夏の勢いそのままに好走する馬(ビリーヴ)も目につきます。
そんな中で、私が注目したい馬は「スズカフェニックス」。春のスプリント王で、安田記念も4着と好走。なんとなくではありますが、前出の『デュランダル』に似ているような気がします。幸い、いまの中山は後ろからでも届く(はず?)なので、連軸として期待したいと思います。
対抗にはクーヴェルチュールを推します。アイビスサマーダッシュの3着、またキーンランドカップの1着を評価。『前に行って踏ん張る馬』として、ちょっと狙ってみたいと思います。
ほかには、エムオーウィナーとペールギュントをチョイス。セントウルSは14着だったエムオーウィナーですが、内容はそれほど悪くなかったと思います。時計勝負でないほうが向きそうです。ペールギュントは、短い距離を使うようになって成績が安定してきました。スズカフェニックスとセットで買いたいです。
人気を集めそうなサンアデイユは、セントウルS圧勝ですが一戦だけでは信用に足りません。またキングストレイルは、以前走っていたアドマイヤマックスに似ているような・・・。3~5着くらいに落ち着くと予想します(アイルラヴァゲインも同様、ツメが甘そうです)w

今回から、客員編集長としてたびたび登場いしていました「ある方」から予想をいただきました。 『ぜひとも載せてほしい!』とのことなので、特別コラム『お小遣い全部賭けます予想!』コーナーを始めたいと思いますw

<今回のスプリンターズSで本命に推すのは、馬インフルエンザで追いきり不足が懸念されるもスズカフェニックス。スプリント能力には特筆するものがあり、展開面でも有利が予想されます。アストンマーチャン・クーベルチュール・サンアデイユらの快速先行馬が揃い、ハイペースが必至な展開。持ち前の「切れ味鋭い末脚」が爆発すると思います! 相手には、高松宮記念で大穴をあけたペールギュント。その他では、夏のサマージョッキズシリーズ優勝騎手・角田が乗るアグネスラズベリや、前走圧勝で一皮剥けた感のあるサンアデイユらが注目です。
今週も先週の神戸新聞杯(ドリームジャーニー)に引き続き、武豊騎手の「小さなガッツポーズ」が目に浮かぶ!>

とのことですw もし馬券を買われる方がいらっしゃいましたら、どうぞご参考にしてみてください!

練習試合レポートについて

そろそろ『この話に触れないといけない』と思っていた時期ではありました。先に結論から申し上げます。「レポートはやり続けます(行けた時限定)」

「練習(試合)レポート」で1番問題となっているのは『情報の漏洩(相手チームへのスカウティング)』。インターネットという「距離」を問題としない手段の問題で、私がブログに掲載することにより、相手チームが『甲府対策』をしやすくなってしまうことですね。
やはり、このことは当然考えなくてはいけない問題だと思います。先日のようなシステム変更や、怪我人・スタメンなどは載せてはチームにとって不利益になると思います。私も、友人からの指摘でこの点にようやく気がつき、4月以来スタメン予想・練習試合詳細レポなどはやめにしました。
私にも、チームに迷惑をかけてまでブログを続ける理由はありませんし、「公開だから何やってもOK」と思ってやっていた訳でもないので、そんな指摘を受けて続けることはありません。する・しないは別として、『相手チームがスカウティングに使用できる可能性がある』ということを考えると、やるべきではないと思います。

一方、山梨に住んでいる私でもヴァンフォーレの情報で、試合以外のことを目や耳にすることは、J1に上がってもとても少ないと感じています(だから情報をクローズするという手段もわかりますが)。練習こそ(まだ)公開されていますが、当然のことながら平日のため、行ける人はごくわずか(最近多くなりましたがw)。まして、甲府に興味があって(応援していて)県外に住んでいる方は、『試合以外に情報はない』と言っても過言ではないと思います。

「果たしてそれでよいのか?」

私は思います。県内外問わず「試合結果」しか情報として入ってこないと、勝敗が第一となってしまいます。「試合の情報しか出回らない」という現状、特に負けが込んでくると、そう簡単に今までそれほど関心のなかった人を「試合を見に行こう!」と思わせることは、ハッキリ言って難しいと思います。
先日、サテライトを見に富士北麓へ行ったのですが、私の友人(毎試合小瀬行っています)は「國吉を初めて見た!」と言っていました。また、清水戦に於いても「木村を初めてみた」という方も多かったのではないかと思います。

私が思うのは「試合以外の情報が少なすぎる」ということです。

試合に出場した選手、得点を決めた選手などはすぐ覚えられますが、特に國吉や木村のように高卒ルーキーのような選手は、なかなかサポーターに浸透できません。試合の勝ち負けが1番重要であることは確かですが、「あの選手を見に行こう!」とか「ヴァンくん見に行こう!」というような方法(考え方)もありだと思います。選手自身の頑張りも必要ですが、スポーツ球団である以上は、選手・チームを周知させるようなアナウンス(紹介:宣伝)がもっと必要だと私は思います。

そういった中で、せっかく見に行っているので何か情報を流していきたい(レポートしたい)なぁと。しかし、あまり詳細に掲載するとチームに迷惑となってしまう可能性があるので、4月以降「練習試合レポート」では試合にあまり出場していない選手を(できるだけ)中心に取り上げています。もちろん、離脱した怪我人や選手の配置は掲載せず、所見などもなるべく短めに(相手のスカウティングの役に立たないように)やっているつもりです。冒頭で言った「続けます」の程度的には、『写真2~3枚、気になった選手を1~2人』にします。

新聞記事の後追いや、試合のみのブログはやりたくないので、練習(試合)のレポートは、少しでもやっていきたいと思っています。こんな感じで、今後続けてまいります。どうでしょうかね?

サテライトリーグ・湘南戦

Img_1166_2Img_1141_2  昨日は、富士北麓公園へサテライトリーグ・甲府vs湘南戦を見に行ってきました。行かれた方ならわかると思いますが、写真の通り「濃霧」でもう大変・・・w 私のほかにも何名か写真を撮っていた人がいましたが、昨日のコンディションで写真を撮ることは、困難を極めましたw

Img_1154Img_1158  それでも、がんばって何枚かは撮影に成功! メンバーや得点経過は、公式サイトに載っていますので、そちらで確認してください。Img_1144 昨日の試合で目立った動きをみせてくれたのは、高卒ルーキーの3人でした! 木村は運動量多く、中盤まで下がって守備をする場面も多々ありました。1得点も思い切ったシュートでした! 久野は、再三再四湘南のDFライン裏を狙っていました。惜しいシュートも何本かあり、得点の予感を充分感じさせてくれました。國吉は、木村の得点を演出し、プレイスキックもかなり正確だったと思います。試合終盤まで運動量が落ちず、相手ゴール前から自陣ゴール前まで全力疾走で戻る姿が印象的でした

Img_1150Img_1147  試合全体を通して、ジャッジがちょっと微妙だったと思います。「倒れればすぐファール」のような感じで、池端・御厨らはかなり神経を使ったのではないかと思います。大西の連発黄紙も、意味がわかりませんでした。もっと正確なジャッジをお願いしたいものです。

Img_1167Img_1156  実は昨日、ラドンチッチが出るかと思い、期待していったのですが、ちょっと残念でした・・・。30日の川崎戦では茂原・井上が出場停止。代わりにだれがそのポジションに入るか、非常に注目されます。サテライトに出場した中でも、2人くらいはアリかなぁ・・・と思いました♪

劇場ふたたび・・・

Img_1115Img_1111  J1第26節:広島戦、見事「2-1」で逆転勝利! 連敗をようやく止め、順位も16位と自動降格圏を(ひとまず)脱出しました! 攻め続けながら2点で留まってしまったこと、カウンターで簡単に失点しまったことなど、反省点はいっぱいあると思います。しかし、何より『勝利』という結果が出せたことに「100点」をつけたいですね♪ 

Img_1119 殊勲は決勝ゴールのアルベルト。ロスタイム寸前、右足での落ち着いたシュート。彼の1番いい部分が生かされた得点だったと思います。ゴール直後の『涙』には、自身いろいろと感じるものがあったのでしょう。本当によかったと思いますImg_1068!そして、同点ゴールは増嶋。得点もそうですが、ウェズレイ・佐藤の強力2トップを、ことごとくオフサイドの餌食にしていました。1失点は、最も甲府が苦手とする形だけに、まだまだ修正の余地はありそうです。でも、ゴール後のパフォーマンスはかっこよかった♪ Img_1116 また、この日は攻撃が非常によかったです。1つの影響としては、MF藤田が清水戦より「前」でプレーできたこと。石原・宇留野と連携良く、運動量も非常に多かったと思います。増嶋へのアシストも『ぴったり』でした!

Img_1094Img_1077  GK阿部、3~4点止めてましたw 反応・飛び出し・DFラインへのコーチングなど、まさに『守護神』として甲府ゴールに立ちはだかりました。1失点も、もう少しで触れただけに、次は無失点での勝利を期待します! 

Img_1088Img_1109  そして、広島戦勝利には「小瀬の大観衆」も忘れてはいけません! 中継録画を見直したのですが、チャンスになりそうな時の『ワーワー感w』がいいですね♪ 得点の時の「盛り上がり」も、選手の力になれたと思います

Img_1132Img_1054  ヴァンくんも、久しぶりの勝利に大喜びでした! 試合終了後、ヴァンくんを中心に「バンザイ!バンザイ!」の大合唱♪ 来週の川崎戦にも、ヴァンくんは等々力競技場まで出張するのかなぁ~?

Img_1090Img_1110  VFQのみなさんも、ヴァンくんと同じく笑顔100%でしたw思えば、リーグ中断以降で小瀬でのゴールは今日が初でした。残りホームゲームは5試合。ゴールが決まるたびに、フラッグを笑顔で振るVFQのみなさんを、いっぱい見たいと思います!

Img_1125Img_1061  広島戦の勝利で16位に浮上。J1残留に向けて「1歩踏み出した」と言っていいと思います。また、15位の背中(広島)が少しだけ見えてきました。小瀬の月ほど遠くはありませんが、やっぱり「そこ以上」を目指したいですね。残り8試合、ホームでもアウェーでも『勝利』を願いスタジアムで応援したいと思います! でも、やっぱり小瀬の試合はいいなぁ~♪

やったよ―!!!

ロスタイム(寸前ですが…)にまたきましたよ!
久しぶりの勝利!!
こんなにうれしいとは、忘れていました(笑)
次につながる、非常にいい勝ちでした♪ この勢いで残り8試合、全部勝ってやる!!

準備はお~け~♪

広島名物の『もみじまんじゅう』も食べて、準備は整いました!(笑)
冷静に、でも情熱をもって選手達には試合にのぞんでほしいと思います!

勝て!勝って!ウ゛ァンフォーレ!

まずは1点、ここから始まる

明日は、約1ヶ月ぶりの小瀬での試合、J1第26節:広島戦です。
現在5連敗中の甲府、順位も17位で未だ降格圏内を彷徨っています。ホームゲームでも3連敗、そのうちのゴールもわずか1点と非常に厳しい結果となっています。前節の清水戦でも無得点に終わり、『得点不足』がとても深刻です。チームはその課題を克服するために、システムをいじったり、FWの選手を代えたり「試行錯誤」をしているようですが、私たちにできることは『選手(チーム)を信じて応援をすること』のみ。明日の小瀬での試合は、今後を占う上でターニングポイントとなる試合になるでしょう。小瀬のスタンドを青く埋め、大声援で選手達の背中を押していきたいと思います!

さて、試合に勝つためには最低『1点』はとらないと勝てません。
ここ5試合で3得点の甲府、清水戦でシステムを「4-4-2」と変更して、少しは活路が見えたと思います。そして広島戦では、2人のFWを清水戦から代えてくることが予想されています。ヤフーのJリーグ情報を見ると、清水戦の「ラドンチッチ・須藤」の組み合わせから『アルベルト・茂原』という組み合わせに代えてくるようですね。3試合で10失点の広島守備陣を崩すため、2人をどう使い得点に繋げていくか、「周囲とのコンビネーション」が重要となってきそうです。
よって、明日のキーパーソンはこの人!

<J1第26節・広島戦>
~持ち味は「シュートの精度」。何本シュートが打てるか?~

Img_0647

16:FW アルベルト

明日の試合、前回の広島戦以来の先発が予想されるアルベルト。ここ最近は、以前とは人が違ったようなプレーを見せてくれています。運動量多く、声もときおり大きく出し、「以前は何だったんだ?」と思えるほどですwされど、ゴール前でのシュート(落ち着き)は相変わらずで、強烈な左足はまだまだ健在! チャンスメーカーとしても機能し出しているので、ゴール・アシスト共に期待したいと思います♪

対する広島。要所要所に「タレント」がおり、やっかいな人物ばかりです。2トップのウェズレイ・佐藤は当然ですが、トップ下の柏木、両サイドの駒野・服部、CBには元千葉のストヤノフと、「~代表」がつく選手がたくさんいますw ですが、現実に3試合で10失点と非常に失点が多く、守備面で大きく不安を残しています。

甲府攻撃陣としては、広島は3バックなのでサイドに基点を作り、中央の守備人数を減らしたいところ。2トップのみならず、トップ下・両サイドハーフが絶えずポジションチェンジを行い、広島DFラインを混乱させたいですね。カギとなるのは、アルベルトや茂原の「良さ」を生かすための、『広島DFライン裏へのスルーパス』が重要となってくると思います。特に茂原は、そういったパスを引き出す「動き」ができるかどうか(ここ数試合でのパフォーマンスはとても満足のいかない部分が多いだけに)、甲府の攻撃に大きな影響を与えることになるでしょう。

また、茂原にはそろそろ「本来の」動きに戻ってもらいたいところ。このあたりできっかけを掴んでもらって、シーズン終盤にのぞんでほしいと思います。 『彼の復調なくして、甲府のJ1残留はない』と言っても言い過ぎではないと思うので、早くトップコンディションに戻って(戻して)ほしいと願って止みません。

試合終了まで走りきれ!茂原岳人!

秋競馬やってます!

先週、久しぶりに復帰しました競馬エントリー。
(1部にw)あまりにも好評だったため、毎週木曜日に更新しようかと画策している私ですw どうぞよろしくお願いいたしますw

先週はクラシックの最終レース「秋華賞」「菊花賞」に向けてのステップレース、『ローズステークス』と『セントライト記念』が行われました。両レース共に1番人気が勝利を収め、2着にも2番人気の馬が来て順当な結果でした。
この2レースで気になった馬は、やはりローズステークスの1着(ダイワスカーレット)2着(ベッラレイア)ですね。秋華賞では、この2頭にウオッカを加えた非常のレベルの高い争いになると思われます。また、「馬の力」もそうですが『京都の内回り』ということで、枠順・ペース・レース展開など、小さなことでも結果に影響が出てくると思います。細かいことは直前に考えたいですが、今からとても楽しみです♪

さて、今週は天皇賞への前哨戦「オールカマー」と、菊花賞へのトライアル「神戸新聞杯」が中山・阪神両競馬場で行われます。
さてオールカマー、人気が予想されるのはマツリダゴッホ・ネヴァブション・3歳馬サンツェッペリンあたり。伏兵にも魅力的な馬が多くて、予想も難しいですね。
その中で、私が注目している馬は、人気サイドですがマツリダゴッホ。前走の札幌記念では7着でしたが、着差は「0・5」と小差なので状態は上向き。春にAJCCを圧勝(5馬身差)した『中山2200』では能力を発揮できるでしょう。
次点にはダークメッセージ。昨年冬から、500万条件を勝ってから好調を維持して5戦3勝でオープン入り。その時にGⅡ(日経新春杯)で3着の実績(50kgですが・・・)があり、休み明けでも今回は通用すると思います。他には、春の新潟から復帰して好調のタマモサポート。大穴では、障害帰りのバトルブレーヴなんか狙いたいですね。

阪神では神戸新聞杯。注目はダービーで1番人気だったフサイチホウオー。調教でも好タイムを連発して、仕上がりはかなり良さそうとの話です。ですが、気性的にアテにしづらいため2400という距離に不安が残ります。
ということで、私が注目している馬は皐月賞馬・ヴィクトリー。休み明けではありますが、むしろフレッシュな時のほうが走ると思います。「開幕週の馬場」で先行できる点も有利だと思います。皐月賞馬って、結構ピークが長いんですよね。
対抗は、これまたG1ホースのドリームジャーニー。距離が少々不安ではありますが、ダービーで5着と健闘。ステイゴールド×メジロマックイーンで、短い距離が向くともなかなか考えられません。武騎手に乗り代わりも魅力です。ほかには、京都新聞杯以外は3着以内のマイネルキーロフ。メジロマックイーン産駒で、菊花賞でも楽しみなホクトルスタン。父と同じく、条件が変わった時に走りそうなフェザーケープなんかを注目したいと思います。

いよいよ来週からは、秋のG1シリーズ(スプリンターズステークス)が始まります。秋の行楽を楽しむためにも(?)、馬券を当てまくりたいですねw

練習試合少しだけレポート

Img_1039 今日は(今日も?)櫛形公園に練習試合を見に行ってきました。
ですが、私自身が今とても精神的にまいっているので、結果だけの記事にします・・・、ごめんなさい。スコア「9-1」
得点者:茂原・アルベルト・神崎・井上・國吉・羽地×2・木村×2
國吉がアシスト×2で、とても動きがよかったです♪

ぱぱぱぱーん♪(Happy Wedding!)

Img_0913Img_0916 昨日(17日)は、高校時代の同級生の結婚式に行ってきました! お2人共とても幸せそうで、何だか私も結婚したくなりましたw Img_0966 さすがに「1人」ではできないものなので、『さぁ!すぐしようか!』という訳にはいかないのですが、そのうちやりたいなぁ・・・と思います♪(その時は、その模様もここでやりたいなぁ・・・)。結婚式は、いろんな演出が用意されていて、時間の経過があっという間でした! 特に最後の「挙式~披露宴」のダイジェストは良かったなぁ~♪ 私がする時(?)には、参考にさせていただきたいと思いましたw 挨拶でも言いましたが、お2人で楽しい元気な家庭を作ってください! そして末永くお幸せに!! 

もうがっかり・・・

Img_0794Img_0799  昨日は、J1第25節・清水戦を見に日本平スタジアムへ行ってきました。出掛けに見た天気予報では「雨」の予想だったので、Img_0800 「ポンチョ」を持っていったのですが、まったく必要なかった・・・。とても暑かったです(荷物が増えただけでした)w スタジアムに入ったら、オーロラビジョンがあってびっくり! 選手紹介の演出がかっこよかったなぁ・・・(♪)

Img_0802Img_0812  試合開始前・ハーフタイム時の催しも、けっこう楽しかったです! 知らない間にパルちゃんが増えていて、これまたびっくりw Img_0891 Img_0873 『オレンジウェーブ』のみなさんのダンスも、かなり本格的で良かったです! VFQのダンスも復活しないか、待ち遠しい限りです♪ ちなみに、パルちゃんとオレンジウエーブのみなさんの写真で、昨日撮った半分以上(50枚程度)でしたw

Img_0827Img_0874  日本平での試合ということ(近くということ)で、甲府サポーターも大量に集結しました! 試合終了まで諦めず、精一杯の声援を送ったのですが・・・・、残念ながら「0-2」と敗戦。これでリーグ戦5連敗となってしまいました。

Img_0900Img_0894  夜の試合で16位の大宮が磐田に「0-2」で敗れたため、差は変わらずに得失点差で17位。2失点共に「同じような」形からの失点だっただけに、修正の余地はなかったものかと・・・。清水:長谷川監督のコメントにあるように、「山本を交代させる」という選択もあったと思います。

Img_0879Img_0828  清水の思うように、左サイド(清水の右サイド)を使われてしまったように思えます。宇留野の攻撃参加も(かなり)イマイチで、Img_0832 市川のオーバーラップを止めることができていませんでした(このコメントも考えられませんね「できればFWで・・・」)。市川をチェックする選手は彼自身でなくてはいけません。山本のコメントにも「思う×2:感じ」と、2人揃って『チーム内のまとまり』を欠くコメント。また、正直「1番心配していた」茂原。シュートシーンは良かったものの、中盤での『つなぎのパス』をボールの持ちすぎで次々とカットされ、攻撃の形が作れませんでした。相手DF裏への飛び出しも皆無(石原もほとんどなく)で、清水DFの「的」となっていたと思います。藤田からのパスも、足元へのボールばかりで、有効な攻撃の組み立てができていませんでした。藤田に関しては、DFラインに吸収される場面もあり、システム的に「約束事」がまだ徹底されていないのかな・・・と。

Img_0898Img_0834  「0-2」の敗戦でも、光明は少しありました。DFの増嶋と秋本は、ラインの上下を繰り返しオフサイドを多くとっていました。チョジェジンとのマッチアップも、負けていなかったと思います。また、J1初出場の木村も大木監督から「よくやった。1番良かった」と褒められていました。終了間際のミドルシュートも可能性を感じました!

Img_0852Img_0858   それにしても、清水は強かったです。甲府に勝利して6連勝(うち4戦連続無失点)。首位の浦和と勝ち点差8は厳しいと思いますが、Img_0843Img_0850リーグ全体を盛り上げるためにも、がんばってほしいですね。守備の要の高木(和)と青山、攻撃ではチョジェジン・フェルナンジーニョに次ぐ存在の矢島、リザーブに枝村・西澤・高木(純)、メンバー外にも岡崎がおり何ともうらやましい限り。メンバーもそうですが、チームとして「1つの目標に向かって」非常にまとまっていたと思います。甲府も「誰かが」や「思う・感じ」ではなく、「自分が」や「やるべき・そうする」といったように、見習う点はとても多かったと思います。

Img_0836Img_0857  チームも「どうにかして良くしよう!」と、いろいろ変えている様子は伺うことができます(試合開始前のアップを見ても変わっていました)。ただ、先日の練習試合では出来ていた『相手DF裏への飛び出し』『サイドチェンジ』が、清水戦ではまったく出来ていなかったことに、非常にがっかりしました。また、茂原の復活(と言っていいと思います)が待ち遠しいですね。運動量がまったく上がらず、「やってやりっぱなし」の感がありました。柏戦のような「ゴールライン上でのクリア」はもう見られないのでしょうか? 大木監督の選手起用の采配が問われると思います。

どうしてできない?

練習でやっていたこと(できていたこと)が、まったくできていなかったと思います。
これでは、中断期間に何を練習したのか…、練習したことが試合でだせないでは、まったく言葉になりません。
技術でも、戦術でもない「気持ち」の問題だと思います。まだまだ『できること、やらないといけないこと』は、たくさんあるような印象を受けた試合でした。

「カード」は切った。あとは『答え』がでるか?

明日15日は、アウェー・日本平スタジアムで清水との対戦です。

思い出せば「9/2」、負けてはいけない大分戦で負けてしまった甲府。スコアもさることながら、内容も非常に良くありませんでした。甲府の場合『内容が良くても勝てる』という試合はないと思うので(良くても負けるはありますがw)、まずは『どこが良くなかったか』徹底的に追求する必要があったと思います。
で、出した結論(ではありません)が「4-4-2」へのシステム変更。2トップにボールを持てるラドンと須藤を配し、本来中盤の選手である茂原・宇留野を前線から中盤に、本来サイドの選手である石原を真ん中からサイドに組み替えました。
私個人としては、『非常に良い変更』だと思っています。色々と書けばキリがありませんが、簡潔に言うと相手ゴールの近くにいる選手が「1人⇒2人」に増えたということw う~ん、点が入りそうですねw
とまぁアホみたいな見解ですがw、打てる手は打ったと思います。どんな攻撃を見せてくれるか(どんな試合を見せてくれるか)楽しみにしましょう♪

<J1第25節:清水戦>
~守備からリズムを作る。失点なんか忘れてしまえ!~

Img_0641Img_0739  GK・1  阿部健作
 DF・15 増嶋竜也

清水戦、この2人以上に重要人物はいるのですが、それは試合後のお楽しみ(?)で、私が注目したいのはこの2人です。阿部は、6月の磐田戦以来の先発予定だそうです。練習試合で見た限りでは、大きな声でのコーチングは健在で、判断力・反応の速さは相変わらずでした。昨年も、鶴田⇒阿部のスイッチで悪い流れを断ち切っただけに、期待が膨らみます。あとは、もう3回目の登場となった増嶋。大分戦ではまさかの4失点と、新潟戦に続き結果が出せませんでした。池端の赤紙で、恐らく明日は先発だと思いますが、このままだと池端が復帰するとベンチになってしまう可能性が大です。「15」をレプユニに入れている私としては、何が何でも結果を出してほしいと思います!
また、この2人でチームを常に盛り上げてほしいと思います。最近、成績も悪いせいか、1点とられるとチームの元気がなくなってしまいます。1点とられても「倍付けで返す!」くらいの勢いと、「点とられたっけ?」という感じの鈍感力でw、チームを鼓舞してほしい、またそれができる2人だと思います!

対する清水は、現在5連勝中と絶好調大売出しですw
ヤフーの予想スタメン(甲府は1人違うと思いますがw)を見ると、まったくもってスキのない万全の体制のようです。ですが、直前の練習試合ではJFLのチーム相手に4-6で敗れており、少々不安定さを覗かせていました。オリンピック代表の青山・岡崎・山本が戻り、甲府戦に向けてどこまで修正してくるかが鍵でしょう。
とはいえ、どの選手も危険な清水。連続得点中のチョジェジン、飛び出しの鋭いフェルナンジーニョ、中盤の番人・伊東など、危険人物だらけですが、私が警戒したいと思うのは右サイドで先発が予想されるMF:兵働です。5月の対戦(0-0)の時、彼は出場できなかったのですが、試合後清水系ブログを読んだら『兵働がいれば・・・』という声が非常に多かったことが印象的でした。特にラストパスの精度にかなり高いモノを持っており、得点(失点)に直結するプレーをしてくる最重要人物だと思います。マッチアップする山本がどこまで粘り強く守備ができるか・・・、甲府の失点数に大きく影響してくることでしょう。

明日の清水戦は、午後3時のキックオフです。私の周りでも、けっこうな人数が試合開始時間を間違えていました。現地に行かれる方はないと思いますが、テレビで応援される方は時間を間違えないようにしましょう!
あとは、私がどうやって日本平まで行くかなんだよなぁ・・・
車だと1人じゃつまらないし、電車だとあまり本数なくて融通きかないし、ホントどうしよう・・・w

秋のG1シリーズがくるよ~

今日は久しぶりに競馬コーナーですw

今週末は3連休で、競馬も3日間開催の予定。特に16日の日曜日には「秋のG1シリーズ」に直結するトライアルレース、『セントライト記念』『ローズステークス』が中山・阪神両競馬場で行われる予定です。
本当は、16日に予想をしたいところなのですが、週末は少々忙しい予定なことと、「ある方」より『どうしてもやってほしい!』と熱望(?)されたため、本日のエントリーとなりましたw

まずは、中山競馬場で行われるセントライト記念。
私が注目しているのは「ゴールデンダリア」です。春はダービーで6着、プリンシパルSで優勝と健闘。距離的にはまったく問題なく、特に2200は向きそうな気がします。フジキセキ産駒は、本番よりトライアルが強いイメージがあります。
次点にはアップルサイダー。新潟で2連勝し、短期休養を挟んでこのレースに挑戦。『夏場使ってきた馬』では、この馬が1番だと思います。「父:エイシンサンディ」というのも応援したいですねw
ほかには、夏場使ってきた馬を中心に、スクリーンヒーロー・サンワードブル・デストラメンテ・マイネルダイナモなどが良さそうだと思います。ロックドゥカンプは、3戦3勝ですが休み明けで果たしてどこまでできるか・・・と。そこまで力は抜けてないと思います。シグナリオは中山が向かなさそうです。上がりの早くなるースも△。

もう1つの注目レースはローズステークス。
今年から200m短縮され1800になりました。果たしてその「200m」がレースにどんな影響を与えるか、またその後の秋華賞へどう繋がっていくかが注目です。
私の注目は桜花賞馬・ダイワスカーレット。2冠を目指したオークスは、直前に発熱で無念の回避と、悔いの残る春となってしまいました。秋華賞でウォッカと再戦するためには、ここで負ける訳にはいきません!「開幕週3日目」で良い馬場でできることも有利に働きそうです。
対抗にはレインダンス。夏場に2連勝して勢いをつけ、春の雪辱を果たすために再挑戦です。1800という距離も向くような感じがいたします。あとは、同じく夏場に調子を上げてきたブリトマルティス。1勝馬でありながら、2着が5回続いているキクカラヴリイらが、2着争いになりそうです。オークス2着で、武騎手にスイッチした人気の予想される「ベッラレイア」は、どうにも『阪神1800』が向きそうもありません。東京・京都向きだと思うので、武騎手がどう捌くかに注目があつまります。
(ちなみに「ある方」は今月のお小遣いを全額ベッラレイアへ・・・w)

G1シリーズ開幕前に、このトライアルレースをチェックしておかないと、G1で何を買っていいかわかりませんw 必ずレースを見て「買いたい馬」をチェックしておきたいですね♪

練習試合少しだけレポート

Img_0791 今日は、櫛形公園に練習試合を見に行ってきました。朝は、非常に強い雨が降っていたので天気が心配だったのですが、昼前には雨も上がり「暑い」くらいの櫛形公園でした。
試合内容について詳しく書きませんが、大分戦以前とはかなり『違った戦術』に取り組んでいるような感覚を受けました。

Img_0762 スコアは「15-0」。練習試合とは言え、得点がいっぱい入りました(数えるのも大変w)。アルベルトと木村が3得点と、大活躍でした!特にアルベルトは、わずか10分程度で連続で3得点で、びっくりしましたw 第6節:広島戦以来の出場が清水戦であるでしょうか?

Img_0767Img_0770  また國吉も2得点。ミドルシュートやドリブルと多彩な動きを見せてくれました。保坂も1得点を記録して、好調をアピール。サテライトでもなかなかいい動きを見せてくれただけに、清水戦での出場に期待したいと思います♪

清水戦まであと3日。日本平は近いので絶対行きたいのですが、どうやら私は1人で行くしかないようですw 車では退屈な道のりなので、身延線でも乗ってのんびり行こうかなぁ・・・♪

いろんな王子

最近の流行といえば、「ハニカミ王子」こと『石川遼』くん。

その前は、「ハンカチ王子」こと『斉藤祐樹』くん。

私は何にしようかな~(?)と考えた結果・・・

『耳あて王子』ということになりましたw

寒がりなので、冬になると「耳あて」をするんで・・・w

今度会いましたら「耳あて王子」と呼んでくださいw(謎)

サテライトリーグ:磐田戦

『風』は変わったと思います。

Img_0729 1901人と、サテライトにしてはかなり観客が集まった今日の試合。スコアは「0ー4」と完敗でしたが、『17位から巻き返そう』という試みは感じられました。
公式HPによると、ポジション登録では(DF-MF-FW)4-4-2という選手構成だったようです。本日の「ヴァンスポ」でも放送していましたが、あと10試合で巻き返すため、「4-3-3」から「4-4-2」というシステムの変更に着手しているようです。

Img_0675Img_0672  2トップは羽地と木村。羽地は前半に2回ほどあった「GKとの1対1」を決められず無得点。ポストプレーは良かっただけに、1点ほしかったです。木村はトラップがちょっとイマイチ。2トップでシュート2本は、少し寂しいですね。

Img_0669Img_0700  中盤の4人は、健太・大西・神崎・保坂。見た感じでは、トップ下に健太・右に大西・左に神崎・ボランチに保坂という感じでした。Img_0682大西は開始直後の1対1を決められず、後半は消えてしまいました。健太は攻守の切り替えが遅いですね。ゴール前の「シュート打たなさ度」も相変わらず・・・。神崎と保坂は、まぁまぁよかったと思います。保坂のシュートを見たかったなぁ・・・w

Img_0726Img_0719  守備陣は4失点。シンプルで早い攻撃に対応しきれませんでした。『シュート8本で4点』というカウンター成功率が高すぎる点は、早々に修正しないといけません。また、1点とられても2点取り返してやろうという「気迫」が足りません。 阿部あたりには、そういう『声』でチームを引っ張っていってほしいですね! あと、新聞に載せれそうな写真が撮れたので、うれしかったですw(シュートはポスト直撃でしたw)

Img_0721Img_0722  前半押し込みながら、チャンスを生かせずに後半立て続けに4失点。「0-3」になったところで、國吉と久野が投入され、落ちていた運動量が回復。國吉のプレイスキック、久野の突破&シュートは可能性を感じさせてくれました。もう少し早く交代させても、よかったのではないかと思いました。

Img_0667Img_0699  今週はリーグ戦がお休みでした。来週から再開し、清水との対戦が予定されています。清水とは5月に対戦しましたが、その時はスコアレスドロー。初めて勝ち点を奪取しましたが、昨年から3回の対戦で1得点もできていません。日本平は、甲府から2時間ちょっとで着く(はず?)なので、私たちの応援で初得点を、そして初勝利を後押ししたいですね!
新生ヴァンフォーレ甲府の初陣を見逃すな!!

特にない・・・

明日は、富士北麓公園でサテライトがありますね!
甲府(私は甲斐市)からだと、1時間では着きませんので、少し早めに出発したほうがいいでしょう。
どんなメンバーが出場するか、ちょっと楽しみ☆
大分戦があんな結果だったし、ちょっと騒ぎ足りないのでw、『スカっと』勝ってほしいと思います!

こんなのみつけました!

『あなたのブログ、売るならいくら?』
http://www.sitestock.jp/parts/

こんなブログパーツを見つけてみましたw

1度お試しあれ!
(でも、6912円って・・・やすっw)

少しだけ練習試合レポート

久しぶりですね、御勅使公園。

ということで、練習試合の模様を少しだけ紹介させていただきます。

練習試合(vs産能大)・・・スコア「9-0」
 得点者:ラドン、秋本、宇留野、茂原、神崎×3、木村×2

Img_0634 『いいなぁ』と思ったのは津田。守備面では、それほど出番はなかったのですが、攻撃の際に前線の選手に向かい「ボール持ったヤツを追い越していけ!」としきりに指示を大声で飛ばしていました。「前線への飛び出し」が物足りないだけに、この指示はとても的確な指示だったと思いました。
あと、神崎がハットトリック!あまりシュートをしない神崎(?)が3点と大爆発w 何か心理的変化があったのでしょうか?w

Img_0656 あと、久しぶりに鶴見の姿を発見しました!
「デカさ」は相変わらずでしたがw、ちょっと細くなったような印象を受けました。今季はあと10試合ちょっとですが、終盤の苦しい時に間に合うよう、コンディションを整えてほしいと思います!

迷わずに前!勇気と元気を持て!

Img_0616 昨日の大分戦、ご承知の通り「1-4」というスコア以上の完敗。アイメッセで行われた『パブリックビューイング』は、入場券が売り切れるほどの大盛況(1500人だそうです)だったにも関わらず、Img_0615 パスサッカーならぬ「パスミスサッカー」を演じてしまい、『絶対に負けられない試合』に負けてしまいました。試合を見ると、どうしても「ネガティブ」になってしまいますが、まだ10試合も残っています。対戦した大分は、水曜日に「0-6」という試合から建て直し、先週の土曜日に「0-5」と名古屋に大敗した大宮も浦和に勝ちました。まだまだ甲府だって、やってくれるはずです!次の清水戦まで今日を入れて12日あります。サテライトリーグの試合もあるので、「できること」はたくさんあると思います。まったく変わらないのか?何かを変えてくるのか?監督・選手に期待したいと思います!

Img_0568Img_0613  とは言っても、清水戦まで大分戦を引きずるのは精神的にきついのでw、大分戦の前に櫛形で行われた練習試合(vsFC東京)の模様をレポートしようと思いますw 近くということもあり、FC東京サポーターもいっぱい来ていました!

Img_0598Img_0606  試合は「2-1」で甲府の勝利でした! 終始甲府が主導権をとり、ピンチもそれほどなくトップチームよりかなり安心して見ることができましたw Img_0603 甲府の2ゴールは木村がミドルレンジから豪快に右足を振り抜き左隅へゴール。同点に追いつかれるものの、終了間際に久野の飛び出し・折り返しを羽地が押し込み勝利しました♪久野には大分に行っていてほしかったなぁ・・・。

Img_0584Img_0592  前線3トップは右から木村・羽地・健太。中盤は田森アンカーの前に神崎と國吉。4バックに御厨、寄井、秋本、奈須。GKは桜井という先発でした。Img_0578 久野くんは後半残り15分くらいの登場でした。中盤の3人は、非常にバランスよく攻撃守備に顔を出していました。前半は田森がよく、後半は神崎がよく見えました。國吉のFKも精度よかったです♪

Img_0541_2Img_0552_2  FC東京のメンバーには、元日本代表のGK土肥のほか、FWリチェーリ、MF浅利・池上などがいました。また土曜日はホームでの試合だったので、Img_0540Img_0545_2 原監督も見に来ていました。FC東京のアップの際、コーチから聞こえた声で『止まってボールを受けるな!』という指示が良く聞こえました。甲府のコーチもしてもらいたいくらいですw

Img_0579Img_0595  高卒の3人は、やはりいい動きを見せてくれました。トップチームでも出番がくることは、それほど遠くないと思います。特に久野は、いままでとまったく違うリズムになるので、サブで絶対入れてほしいなぁ・・・。國吉・木村も攻撃・守備に全力で走っており、「プレーの精度」という面では劣るかもしれませんが、『甲府らしさ』という面ではスタメン組に勝るといってもいいと思います。5日の練習試合、9日のサテライトリーグ、12日の練習試合とどんなメンバーを試してくるか、まずは1歩1歩内容を良くしてから、勝利に近づいていってほしいと思います♪

これからこれから…

途中からPVに参戦。
如何せん、簡単に失点しすぎのように感じました。
ですが、何も終わった訳ではなく、あと10試合『も』残っています。
ラドンチッチもフル出場しましたし、1点とれたことがこの試合収穫。これだけ完敗なら、何かしらの「手」を打つことも難しくないでしょう。

次節の清水戦までは1週間空くので、どう修正してくるのか、今季の甲府が問われる9月となるでしょう。

願いを託す

気分を変えるために、テンプレを変えましたw

今日は、大分にゴールはお預けですw

大分行っている方も、そうでない方も、甲府が勝てるよう声援を送りましょう♪

勝つために「決断&実行」できるか?

明日の大分戦を前に、今日は甲府×大分、横浜M×柏以外のカードが行われました。結果は、横浜FC以外の残留を争うチームが勝ち点を上積みしました。特に目下のライバル・大宮が、首位の浦和を破るという金星。試合自体を見たわけではありませんが、浦和に決定機を与える数も少なく、攻守に置いてかなり質の高い試合となったそうです。
大宮のメンバーを見てみると、1週間前に、名古屋と「0-5」の試合をやった時と4人先発メンバーが代わっています。その4人も、「劇的に代わった」というほどではないと思うので、やはり『気持ち』の面で今日は違ったのではないかと思います。また、対戦する大分も、先週の試合(ホーム神戸)と水曜日の試合(アウェー千葉)では、「違うチームのようだ」との発言も見られました。それほど選手が入れ替わったということでもないので、サッカーというスポーツは難しいなぁ・・・と感じています。

ということは、水曜日に千葉で「0-6」というスコアで敗戦した大分には、それほど気にする面がないのではないかと思います。ともすれば、甲府にも同じことが言え、3連敗中ではありますが1戦1戦、気持ちを入れ替えて試合に向かえると思います。どちらのチームが『勝利への執念』を試合でプレーに出すことが出来るか?1つのミスが、一瞬の集中力の欠如が、チャンスやピンチに、得点や失点に繋がってくると思います。明日の大分戦、ヴァンフォーレ甲府の「チームとしての力」の真価が問われることになるでしょう。

<J1第24節:大分トリニータ戦>
~攻撃も守備も全力で!右サイドが勝負を分ける~

Img_0345 FW:11 宇留野純

ラドンチッチがCFで先発濃厚とのことで、両サイドからの「クロス」が鍵となってきます。右WG宇留野、左WG茂原が前節の先発でしたが、大分戦も同様の布陣となると思われます。Img_0295磐田戦、新潟戦と右サイドからよく崩してセンタリングを上げていましたが、精度が悪く得点に結びつけられませんでした。また、マッチアップする大分の左サイドには鈴木真吾の先発が予想されます。攻撃に参加すると非常にうるさい存在なので、宇留野・杉山で右サイドを圧倒して守備に専念させてしまいたいところです。特に期待しているところは、『DFラインの裏を狙う動き』。オフサイドにかかってもいいので、中盤からボールを引き出す動きを楽しみにしています。「宇留野が大分陣内でどれだけボールに触れるか?」が、試合を左右するといっても過言ではないと思います。

私は、残念ながら現地までは行けないのですが、櫛形で練習試合を見てからアイメッセにPVを見に行こうと思っています。クラブ初の試みなので、どんな様子になるか見当もつきませんが、とても楽しみです♪遠く山梨の地から、甲府が勝利するよう今から祈っています♪
今こそ!この試合こそ!勝利を掴み取れ!!

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ