« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

無念、韮崎高校

本日行われた全国高校サッカー選手権大会:一回戦「韮崎vs野洲」、残念ながら『0-1』で韮崎高校は1点及ばず敗戦となってしまいました。

強風吹き荒れる市原臨海競技場には、多くの韮崎応援団でスタンドがいっぱいになっていました。テレビから聞こえてくる声も、ほとんどが韮崎応援団のものばかりで、選手たちはとても戦いやすかったのではないかと思います。
前半は「風下」ということもあり、攻め込まれる場面が多かったですが、持ち前の粘り強い守備で野洲の強力攻撃陣を無失点に抑えました。後半は風上に立ち、何度もカウンターで決定的な場面を作り、あと少しズレていれば何点入っただろう・・・・と思いました。しかし、野洲のシンプルで速い攻撃で、坂本にヘッドで決められこれが決勝点。何とも悔しい敗戦となってしまいました。

仕事で韮崎高校の横は良く通るのですが、毎日遅くまで練習をしていて、「やっぱり全国に行くチームは違うなぁ」なんて思っていましたが、全国で1勝をするという目標は、来年へと持ち越しになってしまいました。山梨の高校サッカーも、だんだんレベルが上がってきていて、私立の高校は人工芝のグラウンドを整備し、ますます力をつけてきそうな勢いです。
そんな中で、県立高校である韮崎高校には、ぜひともがんばってもらいたいところ。今年やりきれなかった「全国1勝」という宿題を、来年必ずやりきってもらいたいと思います!

お疲れ様でした!韮崎高校!

2007年もあと・・・

激動の2007年も、残すところ(今現在で)あと24時間余りとなりました。今年のことは今年のうちに・・・、やり残したことはありませんでしょうか?w

今朝のサンニチに、「FW山崎現役引退へ」と記事がありました。密かに好きな選手だっただけに、怪我と起用で満足なシーズンが今期は送れませんでした。相手DFライン裏へ抜けるプレーを、チームとしてやらなかっただけに、山崎の良さを出すことができませんでした。
思い出せば、バロンと2トップを組んでいた時が、一番輝いていたように思えます。ハットトリックを達成した時も、相方FWは確かバロン(対戦相手は横浜FC)。3トップでも、昨期後半は右WGで出場し、かなり良かったように覚えています。ですが、来期の契約を結ぶことなく29歳という若さでの引退。今後も、何かしらの形でヴァンフォーレ甲府に、関わっていってほしいと思います!
山崎の引退で気になることといえば、山崎がその「由来」言われている『ヒカリ太郎さん』のハンドルネーム。今後どうなっていくのか、これまた注目ですw

最近、VF甲府のことで気になったことがありました。
「韮崎にグラウンドを作っている」との情報を耳にしたので、自分なりに少しだけ情報を集めてみました。
場所は御勅使公園の隣(エコパーク竜岡の左手の敷地)。現在工事中で来年2月頃完成予定だそうです。昭和の「押原公園(仮称)」が週3回の使用ということで、あと何回かの練習場として期待したいところ。現在の状態としては、大きな支柱が何本も立っていて、おおよその完成形は想像できそうです。ですが、私が聞いたところによると、このグラウンドに「芝」を張る予定がないそうです。もちろん、芝を張らないと練習ができない訳ではないと思いますが、サッカーに使用するであれば土のグラウンドでは怪我の危険性が高まります。
今後、グラウンドがどのように使用されていくのか気になりますね。もしかしたら、VF甲府とはまったく関係ないことになってしまうかもしれませんが、『練習場確保』が最重要課題のVF甲府にとっては、「聞き逃せない・見逃せない」情報だと思います。
自前で持てると、1番いいんですけどねぇ・・・。

明日は大晦日。
私は、今年最後の1日を、毎年恒例『中国文化研究会』に参加しますw今回は、スペシャルゲストが来るのでとても楽しみ♪
どんな1日になるのかなぁ~?

冬のスポーツ

さて年末年始、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
私は今日(29日)まで仕事でしたが、明日より1/6までお休みです。大掃除や年賀状の準備は、もうすでに終了させたので、あとは新年を迎えるばかり。まぁ「新年を迎える」と言っても、特別何をする訳ではないので、とりあえず明日はお風呂にでも行って、疲れをとろうかなぁ・・・・と思っています。

この時期、毎年楽しみなのはやっぱりスポーツ♪
YBSのトップページにもありますが、『高校ラグビー・高校サッカー・箱根駅伝』です。高校ラグビー(日川高校)は、昨日試合があり「0-6」で残念ながら敗戦してしまいました。この試合の記事をサンニチで読みましたが、要所でミスをしてしまいトライを奪うことができなかったようです。『1トライ・1ゴール』で、ひっくり返すことができた点差だっただけに、とても悔しい結果となってしまいました。1~2年生が合わせて8人いるので、この悔しさを来年に繋げてほしいと思います!

あさって(31日)は、高校サッカー(韮崎高校)の試合があります。
市原臨海競技場で12:05にキックオフの予定(テレビでも生中継があります)。韮崎高校の試合は、決勝戦の山梨学院付属高校との試合を見たのですが、私の印象としては「守備が固いチームだなぁ」と思いました。3バックのバランスがとても良く、河野・小林がマンマークでつき、小河内がカバーリングをするようです。特に、河野・小林は「対人」のディフェンスに強いそうです♪ 攻撃陣では、「DFからFWにコンバート」された飯塚が、決勝戦でも鮮やかなヘディングを決めて、注目が集まっているようです。また、飯塚のみならず韮崎で特徴的なのは、『どの選手も、複数のポジションの経験がある』ということ。こちらの記事で宮坂(2トップの1人)が言っているように、「自分がDFをしていたときに嫌だったプレーをすれば相手は嫌がる」と、考えてプレーできるようになったことが、とても大きいと思います。
相手はU-17日本代表候補・FW坂本らがいる、一昨年優勝校の野洲高校。固い守備と素早い攻撃で活路を見出し、まずは1点を、そして1勝を目指して走りまわってもらいたいと思います!

正月を迎えて、2日に行われるのは「箱根駅伝」。
今日午後、区間エントリーが発表されました。私の母校でもある「山梨学院大学」は、今年で22回連続22回目の出場。昨年は12位と振るいませんでしたが、一昨年は準優勝しており、10人でつなぐ「タスキ」のドラマは何が起こるかわかりません。エース・モグスを中心に、松村・高瀬・飯塚・宮城らに個人的には(特に)期待しています!また、区間エントリーはされていませんが当日エントリー変更のありそうな、栗原・篠原・古屋・山本らにもチャンスは回ってくるのではないかと思います。あと4日後、どんな走りを選手たちが見せてくれるか、いまから楽しみにしたいと思います~♪

最後にヴァンフォーレ。
昨日発表された予定では、1月21日から静岡でキャンプとのこと。もうその週の土曜日(26日)は、やること決まってしまいましたよw 

今期のまとめと、来期への動き

12月10日に、安間監督が誕生してから、続々と「来期への準備」が進んできています。
その動きをまとめる前に、先日実施いたしました『投票』の経過(途中経過)を報告したいと思います(とてもたくさんの投票、ありがとうございました!)。

(1)記憶に残っているゴール・・・総投票数 110
 1位にはアルベルトが38票と、全投票数の約1/3を集めました。
リーグ戦初ゴールとなったガンバ戦の「パス15本を回して決めたゴール」、広島戦で「1ヶ月ぶりの勝利を決めるロスタイムの決勝ゴール」、とても印象的だったと思います。広島戦のパフォーマンスがシーズン通してできていれば、甲府の成績も違ってきたと思います。
 2位には久野。今期は2ゴールのみでしたが、どちらもロスタイムでのゴールで劇的でした!来期がとても楽しみな選手ですね♪ 10ゴールのエントリーのうち、5ゴールが後半ロスタイムでした。来期は、どんなゴールを見せてくれるのでしょうか?楽しみです!

(2)忘れられない試合・・・総投票数 98票
 リーグ戦初勝利となった神戸戦が31票の1位
。「1-3」のビハインドから、茂原の連続ゴールで追い着き、ロスタイムに保坂のゴールで激勝!あの時のスタジアムの盛り上がり、保坂ら選手たちの喜びようは忘れられません!この試合と柏戦での活躍で、保坂は一躍「ラッキーボーイ」として、甲府ファンに浸透しましたね。
 わずか3票差で2位は柏戦(33節)。秋本のゴールが決まった時、甲府ゴール裏の歓声はスゴかったです!残念ながら、その後柏に勝ち越しを許し、J2降格となってしまいましたが、この試合の時の「気持ち」を忘れてはいけないと思います。この『悔しさ』を胸に、J2の厳しいシーズンを乗り切り、J1再昇格を目指しましょう!

(3)勝手にMVP・・・総投票数 101票
 今回の投票の中で1番の激戦。わずか1票差で1位に輝いたのは『DF 秋本倫孝』。
特にシーズン後半、獅子奮迅の大活躍だったと思います。本職である「守り」もそうですが、神戸戦・柏戦とゴールも決め、「攻撃」面にもかなり力を発揮できるようになってきました。安間新監督の下、さらなるレベルアップと活躍を期待しています!
 「選手」ではありませんが、2位にはヴァンくん。今期は、パフォーマンスにさらに磨きがかかり、スタジアムで私達の目を楽しませてくれました♪ また『ヴァンくんグッズ』も徐々に増えてきており、中でも「おやすみヴァンくん」はもう『かわいい!』のひとこと!来期は、どんなヴァンくんが見れるか、今から楽しみにしたいと思います!
 そして、藤田・石原が3位と4位でした。今期ゴールが「2」と少なめだった藤田ですが、その分アシストを多く稼ぎました。来期は、後半苦しめられた怪我をオフにしっかりと治し、全力でプレーできるコンディションを作ってほしいです。石原は、VF後援会でMVPに選出されました(2年連続)。5得点・全試合先発出場を記録するも、主将としてチームをまとめきれなかったようにも感じました。来期はその反省を生かし、チーム1丸でJ1復帰を目指してほしいと思います!

さて、その来期に向けて着々と準備が行われており、その「姿」が少しずつ見えてきました。
特に、その中で注目は「人事往来」。
11/30に「契約満了のお知らせ」から、11人の選手が甲府を離れることが(ほぼ)決定し、6人の選手が新しく甲府に加わることが(ほぼ)決まっています。

まず、甲府を離れる選手は・・・
 DF増嶋・DF津田(愛媛)・DF奈須・DF大島(岡山)
 MF茂原(柏)・MF鈴木・FW富岡・FWアルベルト
 FWラドンチッチ・FW長谷川(徳島)・FW須藤(神戸)

次の所属先が決まっているのは、このうち5名。津田・長谷川は来期でも見ることができるので、元気でやってもらいたいと思います。また、茂原・須藤はJ1でプレーすることが濃厚(公式発表はまだですが)。いままで以上に練習して、ぜひスタメンの座を勝ち取ってもらいたいと思います!

そして(今のところ)次に甲府に新しく加入する選手は・・・
 DF吉田・MF輪湖・MF井澤・MF美尾
 FWブルーノ・FWジョジマール(レンタル復帰)

高卒の吉田・輪湖・井澤は、それぞれU-17・18日本代表に選出され、かなり評判が高い選手たちばかりです。本日発表されたブルーノは、J1の磐田・川崎・柏からも誘われていたと言われています。
ジョジマールは今期、愛媛で半年間プレーし6得点を記録しました。持ち前の速さと高さを武器に、甲府でさらなる活躍を期待します♪ 美尾は、7年ぶりに甲府へ復帰(の見込)。左足から繰り出される精度の高いシュートやパスは、攻撃のリズムをさらに加速させることができると思います。純粋に「左サイド専門」の選手がいない甲府にとっては、とても頼もしい選手だと思います!

新加入選手は、まだこれから合同トライアウト組やセレクションから何名かあるかもしれませんし、水面下で交渉が行われ、年明けに発表があるかもしれません。メンバーを見てみると、FWとDFが少々心細い気も致します。今期の増嶋の加入が発表された日付は「1/9」、昨期の林は「1/15」、まぁゆっくり待つとしましょうか♪

有馬記念は大波乱

レース中、ウインズ石和の盛り上がらないこと、この上ないです(笑)
馬連22190円
3連単800880円
ごめんさい無理です(汗)
武豊騎手、後に下げたのは失敗。4角先頭くらいのレースをしないと、メイショウサムソンの良さは生かせません。乗り替わらないほうが、良かったと思います。

年末だなぁ・・・有馬記念

2007年も、今日(22日)を入れてあと10日。
年末といえば、年末ジャンポ宝くじ・クリスマス・年賀状の用意・大掃除などありますが、やっぱり私は『有馬記念』がないと、「年末」という感じがいたしませんw 明日は、競馬界の1年を締めくくる有馬記念が、中山競馬場で15:25に出走します(ちなみに「9R」なのでご注意を!)。

今年のメンバーは15頭(フサイチパンドラ出走取り消し)。
出馬表を見ると、15頭のうち「ジャパンカップ」を使っていた馬が9頭を占めています。他には、エリザベス女王杯(ダイワスカーレット)・マイルCS(ダイワメジャー)・菊花賞(ロックドゥカンプ)あたりが人気どころ、あとはその他ということになります。
考え方としては、まずジャパンカップ組の取捨でしょう。
私が見た感じでは、上位入線組で『中山に向きそう』なのはポップロック・メイショウサムソン・デルタブルース。
ウオッカは、上がり3Fが「速くなる」競馬が理想だと思っています。例年そうですが、今日のレースを見ても有馬記念は上がりの速い競馬(33~34秒台)になりそうもないと思うので、今回は見送りが妥当かと思います。ほかジャパンカップ組では、ドリームパスポートが面白そうです。連に絡むのはキツイかもしれませんが、3着狙いでワイドを買いたいと思います。
さて別路線組ですが、中でも1番期待したいのはロックドゥカンプ。出走馬中、1番前走から間隔が空きましたが、裏を返せばこれは「消耗していない」ということが言えると思います。中山競馬場での勝利や重馬場での勝利の経験があり、「有馬記念に向いている」ということが言えると思います(距離も問題ないでしょう)。ダイワスカーレットは、ウオッカと同様「上がりの速いレース」に向くと思っているので、冬の中山(まして明日は重見込)では買えません。ダイワメジャーの方は、買うなら去年(3着)でした。同じ先行タイプでは、メイショウサムソンや、ポップロックの方が「2500m」では上だと思います。
メイショウサムソン・ポップロック・ロックドゥカンプ・デルタブルース・ドリームパスポートを買おうと思うのですが、どう買うかは明日決めようと思いますw 天気・馬場状態など、直前までゆ~っくり考えて、絶対当てたいと思います!

<お小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー>
さて、今週は2007年総決算:夢のドリームレース「有馬記念」です。
2007年競馬を楽しめた感謝を込めて、そして大きく預金してしまったJRAから少しでも多く、クリスマスやお正月のためにその預金を引き出したいところです。

狙いは、やはり『ドリームパスポート』。
過去3歳時には、皐月賞2着・ダービー3着・菊花賞2着。4歳時(昨年)には、ジャパンカップでディープインパクトの2着と、G1の舞台で(しかも強い馬相手に)善戦するも「あと1歩」が届きませんでした。しかし、その裏を返すと『G1を勝つ力はある!』と言う事もできると思います。

この馬の特徴として「柔軟性」が挙げられます。
いままで走ったレースは15回。そのほとんどのレースで『乗り替わり』にも関わらず、前走で初めて掲示板をはずし、昨年の有馬記念は4着以外はすべて3着以内と、どんな騎手でも^安定した力を発揮することができます。そして今回、ドリームパスポートの手綱を取るのは、日頃身近で彼の世話をしていて「1番知っている」と言ってもいい高田騎手。今年は、怪我などで未だ0勝(有馬記念も初騎乗)ですが、ここでもし勝つことができたらまさに『伝説』ということができると思います!

馬も、人間の気持ちがわかるとしたら、日頃1番可愛がってくれている高田騎手に、最高の「クリスマスプレゼント」を考えているかもしれません。この年末の忙しい時期、こんなことが現実になったら、まさに「ドリーム」。とても素晴らしいことだと思います♪ ドリームパスポートから馬連総流しで、自分も『夢』を見たいと思います。
悔いを残さないよう、最後まで男らしく勝負します!

   ~P・N 「名刀の切れ味」デュランダルがいた頃は裕福だった

『馬単じゃないんだ・・・』というツッコミはさておき、最後くらいは当てたいものです。
明日も寒そうですが、せめて心(とふところ)は暖かくしたいところw
「終わりよければすべてよし!」気合入れて有馬記念にいどみます!

ありがとう2007

17日から始めました「振り返る~」シリーズ。
本当にたくさんの投票、ありがとうございました!
とりあえず、全部並べてみようと思いますw

(1)記憶に残っているゴール2007

(2)忘れられない試合2007

(3)勝手にMVP2007

こうやって並べてみると、私個人的な見解として「意外だなぁ」と思いました。
エントリーを書いていて、「多分ここが1位かな?」と思いながら選考するのですが、3つ共に予想を裏切られておりますw なかなか、選択肢のすべてが同じくらいになることは、難しいのですが、2~3の選択肢が競り合っていると、何だかうれしくなってしまいます♪

まだ、投票は締め切らないので、(今後、締め切るとこはありませんがw)もし投票されていなかったら、ぜひお願いいたします! 

今シーズンを振り返る(3)

今日で、3日連続となった「今シーズンを振り返る」。
『ゴール』は依然としてアルベルトが1位ですが、久野が票数を伸ばし1位に接近中です。
『試合』では、柏戦(33節)が1位のものの、神戸戦とも差がわずかで、こちらも目を離せません!そして、『ゴール』『試合』と来て、最終日の今日は『選手』です。
今日の『選手編』では、どの選手が1位になるのでしょうか?
「勝手にMVP2007」と題して、4人の選手(?)をピックアップしていきたいと思います♪
(名前の後は、写真を撮った試合です)

Img_4013 (1)DF:2 秋本倫孝(ナビスコ杯・H名古屋戦)
 今年、最も成長したと言っていい選手。カードは多かったものの、持ち前の「フィジカルの強さ」に磨きをかけ、また「読み」がとてもよくなったと思います。リーグ・カップ戦合わせて4点を記録したことも◎。

Img_1906 (2)MF:7 石原克哉(天皇杯・徳島戦)
 リーグ・カップ戦で6得点と、チームトップタイの得点を挙げました。ポジションも、攻撃的なMFから始まり、左SB・左右WGも入ったりし、相変わらずの器用さを見せてくれました。ただ主将としては、チームをまとめきれなかった部分も少しあったかなぁ・・・と。

Img_4629 (3)MF:10 藤田健(9節・横浜FC戦)
 得点こそ2点に留まりましたが、アシストを多数記録。なかでも増嶋との相性は抜群でした。今期、彼の出場しなかったリーグ戦は「3戦3敗」、しかも無得点。チームにとって藤田は、ますます欠かせない存在になりました。

Img_2170 (4)ヴァンくん(32節・大宮戦)
 選手ではありませんが、特別枠ということで、ヴァンフォーレ甲府のマスコット『ヴァンくん』をエントリーw ホームゲームはもちろん皆勤賞、アウェー(川崎戦)にも出張して、VF甲府を盛り上げてくれました。来期も期待しています♪

今回は、以上の4人(?)になります。w
須藤・井上・山本・久野あたりも入れようかと思ったのですが、「シーズン通して活躍」ということをメインに考えたので、今回ははずさせていただきました。

さぁ、果たして誰が1位になるかなぁ~?

今シーズンを振り返る(2)

昨日に続いての「今シーズンを振り返る」。
初回のエントリー『記憶に残っているゴール』では、いまのところ(1)アルベルトが全体の40%の支持を集め、トップを走っています。今夜、記事を更新しますが、投票自体は締め切りはないので、やっていない方がいましたら、よろしくお願いいたします!

今回は、第二段『忘れられない試合2007』と題して、今期を象徴するような・忘れることの出来ないような試合をピックアップして、また投票をお願いしたいと思います。ちなみに今回、「忘れられない試合・選考委員会」で選ばれた試合で投票を行っていきますw
(ちなみに『委員会』は、私を入れて2人ですw)

(1)リーグ第5節・ヴィッセル神戸戦
 今期リーグ戦初勝利を飾った試合。藤田の直接FKで先制するも、立て続けに3失点。しかし、茂原のゴールを皮切りに怒涛のゴールラッシュ。保坂の決勝ゴールで今期初勝利!

(2)リーグ第7節・柏レイソル戦
 2005年・入れ替え戦以来の対戦となった柏戦。両チーム共、中盤で潰しあい激しく攻め合う好ゲーム。神戸戦に続き保坂が決勝ゴールを挙げ、一躍ヒーローとなった1戦。

(3)ナビスコカップ・川崎フロンターレ戦(小瀬)
 クラブ史上初、ナビスコカップ決勝トーナメントに出場。常に甲府が先手をとるものの、川崎を突き放すことができず「引き分けか?」と思われた後半ロスタイム。須藤がこの日3点目のゴールで劇的な勝利を演出!

(4)リーグ第21節・浦和レッズ戦
 国立競技場をホームゲームとして初めて主催し、「36756人」の大観衆を集ました。スコアは「1-4」でしたが、石原のミドルシュートは圧巻の一言!このような試合、次はいつできるでしょうか?

(5)リーグ第33節・柏レイソル戦
 J1昇格を決めた「日立柏サッカー場」での試合。この試合、柏に敗戦してしまい、J2降格が決定してしまいました。J1再昇格を決める日まで、この日の敗戦は忘れることができません。

「勝ち試合(神戸・柏・川崎)」と「記憶に残る試合(浦和・柏)」をチョイスしてみました。どの試合も、『2度と見ることができない』とても感動した試合でした。私は、すべての会場にいましたが、もう興奮しすぎてあまり覚えていませんw

「ヴァンフォーレ、コウフン!」

今シーズンを振り返る(1)

今期、リーグ戦を「7勝6分21敗」で17位と、J2降格となってしまった甲府。
「J1残留」という結果を出せませんでしたが、私達サポーターに多くの感動と喜びを与えてくれました。ということで、今日から3回に渡って、「ゴール」「試合」「選手」という視点から、今シーズンを簡単に振り返って、あの時の「感動」を思い出していきたいと思います!

まず初回、『記憶に残っているゴール2007』と題し、私が独断で選んだゴール集で投票を行なわさせていただき、アレコレと言っていきたいと思いますw

(1)FW アルベルト
 第4節・G大阪戦 リーグ戦今期初ゴールでした。パスを繋いで繋いで・・・甲府を象徴するゴールでした。
 第26節・広島戦 久しぶりにスタメン復帰。後半ロスタイムでの勝ち越しゴールに、選手共々涙しました。

(2)FW 茂原岳人
 第5節・神戸戦 特に1点目。ガチのクロスに飛び込みゴール決めるも、ポストに突っ込み頭を強打。2点目の思い切りも◎。
 第10節・新潟戦 左サイドから新潟DFを1人で2人交わし、GKのニアサイドを豪快に貫きシュート。

(3)FW 須藤大輔
 第8節・大宮戦 須藤自身のリーグ初ゴール。この時の健太のアシストは、もう伝説級か?w
 ナビ杯・川崎戦 3点目、後半ロスタイムでの決勝ゴール。もちろん、GK頭上のループシュートは狙いましたw

(4)FW 久野純弥
 第17節・大分戦 ハーフウェーラインから独走でゴール。ゴールを決めた後の喜んだ顔は忘れられません。
 天皇杯・鹿島戦 後半ロスタイム、秋本のシュートがポストに弾かれたところを詰めて同点。あの場にいたかったw

(5)MF 保坂一成
 第5節・神戸戦 リーグ戦、初勝利の決勝点。増嶋のアシストも難しかったと思います。いいゴールでした。
 第7節・柏戦  出場6分で2ゴールの離れ業w2点目、本当に落ち着いてよく決めたと思います。

ここで、投票の仕方のおさらいです。
名前のところにカーソルを合わせ、左クリックしてください(投票したことになります)。すると、いままでの累計投票数が円グラフとして出現します。その円グラフの「上部分」をさらにクリックすると、投票数がパーセンテージや順位での表示に切り替わります。
(ちなみに、投票は1台のPCで1回限りです)。

何か、「ベストゴール投票」みたいになってしまいましたw
でも、シーズンを思い出すには、やっぱり『ゴール』が1番だと思います!どのゴールも、印象に残っているものばかりで、私自身も非常に迷いますw
印象度なら久野・保坂、鮮やか度ならアル・茂原・須藤でしょうか?

補強などの人事も楽しみですが、少しだけ今シーズンを振り返ってみましょうか♪

ありがとう20万ヒット!

おかげさまをもちまして、当ブログのアクセスが20万を超えました!
始めたのが昨年8月、10万ヒットが今年4月、正直ここまで続くとは思っていませんでした。いつもコメントをしていただいているみなさん、閲覧してくださっているみなさん、本当にありがとうございます!
来年はJ2での試合になりますが、いままで通りのスタンスでVF甲府を応援していこうと思います。
これからも当ブログを、よろしくお願いいたします!

「20万ヒット:アニバーサーリー」として(?)、ブログパーツを入れ替えてみました。

1つ目は『全力ウサギ・本日の全力ラッキーアイテム』。
看板をクリックすると、その日のラッキーアイテムを、面白い演出付きで紹介してくれますw

2つ目は『瞬!ワード』。
1日3回更新され、世の中の動向や趣味嗜好をリアルタイムに知ることのできる優れモノです♪

残念ながら携帯からは見れませんが、興味がありましたら使ってみてください!
(クリスマスが来週なので、テンプレもそれっぽくしてみましたw)
年末年始もがんばって更新します~♪

浦和レッズvsACミラン

今夜「2本連続投稿」の2本目は、昨日(13日)行われた『TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップ準決勝』、浦和レッズvsACミランの試合のレポートです。

Img_2552Img_2571  横浜国際総合競技場に着いたのは、だいたい18時ちょっと前。競技場への道という道に人があふれ(写真1枚目)、道路も車だらけでマヒ状態でした(驚)。Img_2567 Img_2569 もちろんスタジアム前(写真2枚目)も、大勢の人だかりで溢れかえっていました。広場中央では、何か催しものがやっていましたが、あんまり興味なかったので、写真だけとってさっさとスタジアムに行ってしまいましたw

Img_2674Img_2632  今年3月、ヴァンフォーレの開幕戦以来の日産スタジアム。私の席は2階席のほぼゴール裏でしたが、やっぱり遠かったです。ナイターということもあり、写真を撮るにはかなりの過酷な条件でした。私よりいいカメラを持っていた人も、いっぱいいました。

Img_2600Img_2605  まもなくすると、まずはACミランの選手が入場。浦和サポーターからはものすごいブーイングが起きる中、思ったよりはるかに多かったACミランサポーターからは、Img_2621 Img_2626 拍手が起きていました。比較的長い時間練習をしていたので、写真をいっぱい撮りましたw ここでも例外なく、「いい男」はどう撮ってもかっこいいですねwImg_2608 Img_2631 名前は覚えていても、顔を覚えられなかった私はこのタイミングでチェック!ピルロ、カカ、セードルフ、ジラルディーノ(あってますよね?w)、スポーツ新聞に載っていましたが、これらの選手の年棒を合わせると大変なことになりますw 

Img_2683_2Img_2696  もちろん、浦和サポーターのみなさんもいつも以上に熱の入った応援でスゴかったです! 試合自体も、前半の半ばくらいまでは、Img_2699 Img_2716 ミランゴールに迫る場面も少なくなかったと思います。中盤の阿部と鈴木は運動量多く、非常にいいプレーの連続でした。ただ、セパハン戦で大活躍だった相馬が、ことごとくガットゥーゾやオッドに止められてしまい、攻撃に厚みが出せませんでした。

Img_2709  浦和の攻撃が止められだすと、ミランの反撃が始まりました。中でも、中盤で存在感を示したのはカカとピルロ。セードルフの決勝点をアシストしたのはカカ。前へのスピードが速く、それでいて非常に『強かった』ですね。ちょっと自分で行きすぎかなぁ・・・と思うシーンもあったと思いますが、それが彼の良さなのでしょう。Img_2745そしてピルロは、バックラインからのビルドアップには、かならず彼を経由してボールが前線に供給されると言っていいくらい、ボールが集まっていました。また、ピルロから出るボールの「精度」の高さと言ったら・・・・もう「すげぇ」としか言いようがなかったですw FKの時の『フラッシュ』が、とても多かったですw

Img_2740Img_2737   決勝点は、攻撃的MFのセードルフ。この場面以外にも、セードルフは3回ほど得点のチャンスがあっただけに、精度がちょっと良くなかったですね。Img_2735Img_2742 スタメン以外には、インザーギとマルディーニが途中交代で出場。ベンチから出てきただけで、すごい拍手でした。私も、名前だけは知っていたので写真撮ってみましたw

Img_2747Img_2733 試合はご承知の通り「0-1」でACミランが勝利。浦和最大のチャンスは、後半ワシントンが放ったシュートでした。あれをキャッチしたGK・ジダは「さすが」の一言。近くて遠い「とても重たい」1点でした。
最後に、この日は『67005人』と、いままで見てきた試合の中では最高の人数。そりゃ携帯も使えないし、帰りも渋滞するよなぁ・・・・と。いろいろと、いい経験をさせてもらった『楽しい』試合でした~♪

ホップ!ステップ!

今夜は「2本連続投稿」に挑戦!
まずは、毎週木曜日にエントリーさせてもらっている『競馬コーナー』から。

12月も明日(15日)を境に折り返し。競馬カレンダーも、来週に「有馬記念」を残すのみとなりました。
『終わりよければすべてよし!』ではありませんが、その有馬記念に向けて先週の「朝日杯フューチュリティS」そして今週の「阪神カップ」で助走(ホップ!ステップ!)といきたかったのですが・・・。いきなりホップ!(朝日杯)でつまづいてしまいましたw

その朝日杯フューチュリティS。
優勝はゴスホークケン。先週の「阪神ジュベナイルフィリーズ」、トールポピーと同じく抽選でレースに出走して見事1着!2着にも人気薄のレッツゴーキリシマが入り、馬連8290円・3連単で139620円とかなりの好配当となりました。
1~3着までが4コーナーでも1~3番手と、後ろから差してくる馬には厳しい展開となったかもしれませんが、終始先頭を走ったゴスホークケンの力が上だったかなぁ・・・と。うまいペース配分を演出した勝浦騎手の手綱さばきも絶妙だったと思います。
人気のスズジュピターは、直線いまひとつ。展開が向かなかったこともありますが、それにしてもイマイチでした(急坂が応えたとか?)。アポロドルチェは、外枠が影響したような気がします。
最近、私の中でブームになっている『母父サンデーサイレンス』は、ドリームシグナルの4着が最高でした。もしかしたら今の中山は、「瞬発力」より『持久力』のほうが問われる馬場状態なのかもしれません。

16日には阪神カップ。ホップ(朝日杯)で、つまづいてしまったので、より大きなステップを踏まなくてはならなくなりましたw 
G1の「マイルチャンピオンシップ」を使った後の馬や、夏から使い続けている馬の取捨がキーポイントとなりそうです。ちなみに、昨年の阪神カップ優勝はフサイチリシャール(今年も出走)。また、春にも同条件のレース(阪急杯・阪神牝馬S)が行われ、こちらを勝ったのはエイシンドーバーとジョリーダンス。この3レースを見ると、それほど速い時計(上がり)にはなっておらず、また後方一気や逃げ切りなどにもなっていません。このあたりにヒントがありそうな予感・・・♪

ということで、私の注目はエイシンドーバー。
休み明け2戦目、『阪神1400m』という条件はまさにこの馬にピッタリだと思います!あんまり後ろから行くと少々不安になりますが、好位からソツなく抜け出してもらいたいと思います♪
対抗にはドラゴンウェルズ。前々走に条件戦を勝ってから、いきなりのGⅡレース(スワンS)に挑戦して3着と好走。この馬も1400m戦では2勝と、距離適正が魅力です。
あとは、昨年のこのレース1~2着のフサイチリシャールとプリサイスマシーン。春の阪神牝馬S、1~2着のジョリーダンスとアグネスラズベリがいいかなぁ・・・と思います!

<お小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー>
12月も残すところあと3週間。競馬に至っては2週間となってしまいました。外の冷え込みを厳しくなってきており、それにつれ財布にも北風が入り込み、『冷え込み』が徐々に感じられるようになってきましたw ですが、今週もこりずに阪神カップ攻略に向けて全力です!
阪神1400m戦、狙いは休み明けの前走(マイルチャンピオンシップ)こそ凡走してしまいましたが、これぞ「1400mの馬」エイシンドーバーから勝負です!安定した成績(高い連対率.620)を誇り、自分との相性もかなり良く「お小遣い」にかなり貢献してくれていますw 3回走って2回は連対している馬なので、今回こそがまさに勝負時。ここを見過ごしては、美女を前にして何もしないことと同じこと。「馬単総流し」で勝負したいと思います♪
「男は、名刀のように勝っても散っても潔く!」
  ~PN:名刀の切れ味デュランダルがいた頃は裕福だった

今回からペンネームを決めてもらいました・・・・、が長いw
予想が被り、はずれるといよいよ競馬コーナーがピンチになってしまいそうですw 有馬記念に向けて、大きくステップ!!

ただいまぁ~

Img_2625 クラブワールドカップ・浦和vACsミラン『0ー1』で、ACミランが勝利しましたぁ!
6万人以上の観客の雰囲気のすごさや、いいプレーの連続で完全に飲まれてしまいましたw Img_272790分がホント『あっという間』で、貴重な経験となりました♪ また機会があったら、行ってみたいと思います! 写真はカカとピルロ。カカは笑っていますねw ピルロのFKは、何度も浦和ゴールを脅かしていました(試合中の写真は、このピルロが限界・・・)。
詳細はまた後ほど・・・

行ってきます!

さてさて・・・
明日(13日)、横浜国際総合競技場へ行ってきます。
もちろん『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ:浦和レッズvsACミラン』を見に、会社員生活初の「有給休暇」を取っていってきますw 

全席指定席72327席、当然すべて完売。カテゴリー4でも7000円という非常に高い価格にも関わらず(最高はカテゴリー1の18000円)、すごいなぁ・・・と。いったいどんなスタジアムの雰囲気になるのか、まったく想像がつきません・・・。
Img_3824 ちなみに私はカテゴリー4・二階席(S)らしいので、ちょっと遠いかなぁ~。
写真撮りたいけど、夜ということも考えるとかなり写真には厳しい環境になりそうです。この写真は、今年3月VF甲府の開幕戦に行った時撮ったもの。客席すべてが『真っ赤』になるのでしょうか・・・?

ちなみに、Jリーグは甲府以外にも結構知っている選手はいるのですが、ACミランの選手はあまり知りませんw なにやらかっこいい選手が多いらしく、「写真の依頼」をたくさんされましたw まずは、私が選手の顔を名前を覚えなくては・・・(汗)。今夜、一生懸命勉強して名前は覚えましたが、顔がまだまだ覚えきれていませんw 一緒に行く友人に解説をお願いすることにしますw

席が「カテゴリー4(ゴール裏)」ということで、浦和サポーターの方がいっぱいいそうな感じがしたので、モーリーさんにお願いして「赤い装備」を拝借してきましたw ACミランのすごい選手達の「すごいプレー」を見れるのも楽しみですが、やっぱり浦和が世界トップクラスのチームに勝つ姿を見たいと思っています!いやぁ~楽しみだなぁ~♪

監督内定!

来シーズンの監督が、現コーチの安間氏が内定したとのことです!
現時点で考えられる、ベストな人選だと思います。
監督が早く決まってよかった~♪

2007サポーター感謝デー

Img_2429Img_2508  今日は、敷島体育館で行われた「サポーター感謝デー」にいってきました。例年通りの『大入り(約1400人)』で、中にはDF増嶋を追いかけてきたと見られる「FC東京のサポーター」の方もいました。

Img_2443Img_2430  今年の『サポ感』は、「挨拶⇒プレゼント⇒サイン会」という流れ。正直、ちょっと物足りなかったなぁ・・・と。選手がしゃべったり、みんなで笑ったりする催しがなかったことが、少し残念でした。シーズンの結果を受けて、今年は「穏やかにしよう」ということになったのかもしれませんが・・・。

Img_2495Img_2491 MCは、昨年に引き続きスタジアムDJのJIROさん。そして助手(?)には、マスコットのヴァンくんがお手伝いをがんばってしていましたw やっぱり、ヴァンくんがいると『場』が楽しくなりますね♪ 次に会えるのは来年ですが、再会を楽しみにしたいと思います!

Img_2460Img_2483  選手愛用品の抽選会では、選手1人1人プレゼントを用意して、それぞれが抽選。中には、「選手から直接電話がくる」という演出もありました。電話がきた方が、まったくうらやましい限りです。

Img_2476Img_2465  新人選手は、各自クイズにて当選者を選出していました。来季以降、この選手達が大活躍してくれることこそ、J1復帰への第一歩。Img_2471_2 Img_2486特に、昨日鹿島戦に出場したルーキー4人や、2年目の田森には余計に期待したいと思いますw あと、今季出場のなかった神崎もいいプレーをするので、覚えていて損はないと思います♪

Img_2494Img_2493  そして、なんとヴァンくんも抽選に参加w FC東京戦のフェアプレーフラッグと、いつもサインボールを入れている『ヴァンくんバック』をプレゼント♪ バックには今日の日付とサインが入っていて、もらった人がうらやましい限りw(今日は『うらやましい』ばっかりですw)。

Img_2519Img_2514  抽選会のあとは、選手のサイン(写真撮影)会。6班に分かれてのサイン会でしたが、どの列も大盛況で2班回るのが精一杯。Img_2522 Img_2523 写真撮影にまぎれて握手&一言声をかけさせてもらったのですが(来年もすごい応援しています・・・などw)、特に石原と大西には笑顔で応えてもらえてうれしかった♪

Img_2530Img_2539  最後には、海野社長と石原主将の挨拶がありました。特に目新しい話は出ませんでしたが、来季に向けての体制作りを早急にしてほしいと思います(水面下では決まっているといいのですが・・・)。石原主将には、広島の佐藤のような『強いリーダーシップ』をシーズンオフでも発揮してほしいと思います!

Img_2454Img_2546  大木監督には、改めて「お疲れ様です」と言葉を送りたいですね。ホント、一つの時代が終わった気がします。今後、新たな「VF甲府」を暖かく見守ってほしいと思います。(できれば何らかの形で関わってほしいと個人的には思います)。
帰り際、増嶋のとこは混雑しすぎ。でも、いい写真が撮れたので載せちゃいましたw)

無念…

天皇杯・鹿島戦、久野のゴールで追いつくも、ふたたび勝ち越され1ー2で惜しくも敗戦。
どんな試合だったかはわかりませんが、白熱した激闘だったかと思います。明日のファン感謝デーで、行った人に話を聞いてみようと思います♪

2007はまだ終わらない

明日は天皇杯ベスト8をかけて、今季リーグ優勝を果たした鹿島と対戦です。
私はこの試合、行くことができたなら行くつもりでしたが、会社で「大掃除大会」のためw、鹿島に行くことができません。今季をまだ終わらせないためにも、昨年仙台に忘れてきたモノを取りにいくためにも、明日の試合はどうしても勝ってほしいと思います!私は、仙台(12/23)なら行くつもりでいるので、お願いします・・・w

さて、大木監督の今季限りの退任が決まって1週間。契約満了の選手らは発表されましたが、来季に向けての「動き」はまだ私達の知るところにはなっていません。他のチームは、監督が決まったり新加入の選手が発表されたりと、少しずつではありますが動いているようです。甲府は、今のところそういった発表はないのですが、『発表がないだけ(あとは発表するだけ)』であってほしいと思います。鹿島戦後、勝っても負けても何らかの「来季への動き」が見えてくることを期待しています。

今週、甲府はほとんどの練習が「見学できません」とのこと。恐らく、山梨学院大学の練習場での練習だと思われます。これだけ1箇所で集中して練習することは、いままでなかったことと思います。鹿島戦で結果を出し、『固定した練習場の必要性』を証明して、VF甲府専用練習場の確保に向け1歩でも前進していきたいところ。自前で持つことは大変かもしれませんが、「他人」の力はあまりアテになりません。いろんな方法を考えて、練習場の確保に全力を尽くしてほしいと思います。

<天皇杯 鹿島アントラーズ戦>
~1試合1試合が勝負!存在感を誇示して来季を狙う!~

Img_1507Img_2342  13・MF 田森大己
 22・GK 桜井繁

田森は33・34節と1ボランチで先発出場。柏戦ではU-22代表・李をよくマークしていたと思います。FC東京戦では、茂原や秋本への決定的なスルーパスやクロスがあり、攻守両面でいい活躍をしてくれていると思います。前からカバーリングにはかなりいいモノを持っていると思っていたので、あとは攻撃参加と1vs1の守備に磨きをかけてくれると、さらに活躍をしてくれると思います! 桜井は34節にしてJ1初出場。PKによる1失点以外は、無難な守備を見せてくれました。天皇杯でも先発出場が濃厚らしいので、今度は無失点で甲府の勝利に、そして自分自身のために活躍してほしいと思います!

鹿島は、先日のエントリーで触れたようにもういいでしょうw
特に大きな故障者もなく、リーグ制覇に浮かれることなく、目の前の試合を勝つことに全力を挙げてくると思います。フォーメーションは恐らく「4-4-2」、FWにはマルキーニョスと田代。中盤には右に本山・左に野沢、ダブルボランチに小笠原と青木。4バックは右から内田・大岩・岩政・新井場。GKには曽ヶ端と、聞いたことのあるメンバーばかりです。

しかし、何が起こるかわからないのがサッカーの面白いところ。
甲府らしい「前に出るサッカー」でリーグ覇者・鹿島に挑戦していってもらいたいと思います。幸い(?)、ここ2試合内容がかなりよくなってきていると思うので、あとはこれを続けることと、少しの運に恵まれることだけだと思います。
「あと1歩」
あと少し、その場面場面でがんばれるか(負けないか)が、1点に繋がってくると思います!

私は山梨で留守番ですが、仙台に行く準備をしながら吉報を待ちたいと思います♪

ひらめく?

木曜日は競馬の日。
今日はいつも通り、先週行われた「阪神ジュベナイルフィリーズ」と、9日に行われる「朝日杯フューチュリティS」の展望です。

まずは「阪神ジュベナイルフィリーズ」。
優勝したのはトールポピー。昨年のウオッカと同じく「黄菊賞2着⇒阪神JF1着」というパターン。道中やや後ろに位置し、直線一気に差し切る豪快な競馬で勝利。父のジャングルポケットを彷彿とさせる鮮やかな勝利でした。
逆に、1番人気に支持され4着に敗れてしまったのはオディール。レース展開が少し速かったこともありますが、直線で先頭に出るのが早かったですね。まぁ、展開上仕方ないところだったと思いますが、もう少し「待って」仕掛けられたら、もっと際どかったと思います。
昨年から改修になった阪神競馬場。来年以降(桜花賞など)、この条件でのレースは「長い距離の経験」がカギになってくると勉強になりました。もちろん一概には言えませんが、1600mのレースで勝ったことのない馬は、控えたほうが良いのかもしれません。

そして今週は「朝日杯フューチュリティS」
22日・阪神競馬場で行われる「ラジオNIKKEI杯」と同じく、来年のクラシック戦線を占なう重要な一戦です。
先週もそうでしたが、2歳戦はどうしてもキャリアが少ないので予想が難しいですね。
私が注目したいのはスズジュピター。前走は東京スポーツ杯、3ヶ月ぶりのレースにもかかわらず、中団から鋭く追い込み2着を確保。休み明け2戦目ということで状態も上向き。乗り代わりが少々不安ですが、いま流行りの「母父サンデーサイレンス」の力を信じたいですね!
対抗にはアポロドルチェ。GⅡ・京王杯を優勝して実績ではNO1の馬。いちょうSで先着を許したアロマキャンドルが、阪神JFで13着だったことが気になりますが、京王杯での勝利を評価したいと思います。あとは、ドリームガードナー・ヤマニンキングリーに期待。
買う馬がみんな「母父サンデーサイレンス」になってしまっていることは秘密ですw

<お小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー>
先週、GⅠレースの予想には光が射し込みませんでしたが、平場のレースでは「木漏れ日」が射してきました。この「勢い」を大切にして、今週も元気を出していこうと思います。
今週の狙いは、ドリームガードナーとアポロドルチェの2頭。
両者共「切れ味鋭い末脚」が魅力。あとは、1勝馬ですが抽選で出走できるかわかりませんがオーロマイスター。
この3頭の集中投資。バラバラ買っても、正解(当たり馬券)はたった1つ。案外これくらいあっさりしている時の方が、良い結果が出るかもしれません。これで文字通り「朝日(朝陽)が射し込んで来る事に願いをこめて・・・」

オーロマイスター、抽選落ちてしまいました。
出走できていればそこそこ人気が予想されてただけに、ちょっともったいないですね。
オーロマイスターの次走にも注目したいと思います。

最後に、土曜日(8日)には注目の良血馬がデビューします。
8日・阪神5Rにヴェルザンディ(ディープインパクトの妹)が出走予定。ここ最近の新馬戦が「スロー⇒上がり勝負」なので、33秒台の上がりが使えるかどうかでしょう。兄のニュービギニングは、あまり速い足はなかっただけに妹はどんな走りをみせてくれるでしょうか?

勢いを飲み込め!

今週末8日は、天皇杯ベスト8をかけ鹿島との試合が鹿島スタジアムであります。
大木監督も1日の挨拶で言っていましたが、「敗戦=シーズン終了」となるだけに、1試合でも多くこのメンバーで試合ができるよう、勝ち進んでいってほしいと思います!

対戦する鹿島は、1日に劇的な形でリーグ優勝を決め『今、1番勢いがあるチーム』と言う事ができます。メンバーを見渡してみると、「FW~MF~DF」どの選手を見てもスキがないように見えます。サブにも元日本代表の柳沢や、中後・増田といった若い力のある選手が控えにおり、チャンピオンチームにふさわしい陣容です。

しかし、試合はやってみないとわかりません。
浦和を例にとると、横浜FCや愛媛に敗戦してしまったことは記憶に新しいところ。まして「大きな目標を達成したあと」の試合というのは、どうにもモチベーションが保ちにくいと思います。甲府は「チャレンジャー」として、動き回り・走り回り鹿島をゆさぶって勝機を見出したいところです。

恒例の「注意選手投票」は今回も5人。
どの選手もチームを代表するような選手ばかりですが、ほかにも野沢・新井場・田代などフリーにしてはいけない選手ばかりです。
鹿島への応援バスは5台目に突入しているようです。『ヴァンフォーレ甲府ここにあり!』のような試合を見せてほしいと思います!鹿島の「勢い」を飲み込み、元日に国立へ行こう!!

来季だって甲府を応援だ!

Img_2369Img_2371  1日行われたホーム最終戦:FC東京戦は、再三の好機を生かすことが出来ず、終了間際にPKを献上してしまい「0-1」で敗戦。先週の柏戦同様に、シュート・FKなどすべて上回ったものの、1点を決めることが出来ずに、何とも悔いの残る『今季の甲府を象徴する』試合になってしまいました。

Img_2356Img_2364  この日の先発は、藤田の出場停止で「藤田⇒大西」と、「保坂⇒山本」という変更のみでした。サブには高卒ルーキー3人が入ったものの、木村のみ出場にとどまりました。今季、藤田が不出場の試合はかなり良くない結果が続きましたが、代役の大西・山本がかなりがんばったと思います。連戦が続くJ2では、「選手層の厚さ」は必須条件。同時にプレーの「波」をなくすことも克服していきたいですね。

Img_2355Img_2353 この日の小瀬は「14777人」と、今季3番目の観客数でした。アウェーチームが近かったこともありますが、テレビ中継があったにもかかわらず、Img_2367 Img_2350 非常に多くのお客さんでした(写真の通り、文字もきれいにできていました♪)。 今季平均で「13734人」とJ1の中で14位(最終節の横浜FCは事故みたいなものなので、実質は13位w)で、柏・神戸・大宮などを上回りました。来季、試合数が多く、アウェーが遠いので恐らく平均は減ると思いますが、この日のように来季も小瀬を出来る限りの『ヴァンフォーレブルー』で小瀬を埋め尽くしたいですね。

Img_2380Img_2405  そして、試合後には海野社長と大木監督の挨拶がありました。海野社長からはJ1に残留できなかったことへの謝罪と来季への抱負が。大木監督からは、Img_2365Img_2332 同じく今季の反省と感謝の気持ちのコメントがありました。 2日の山梨報知には、大木監督の単独インタビューが記事になっていますが、まずは「お疲れ様でした」と(繰り返しになりますが)心から言いたいです(ヴァンくんも大木監督に挨拶していましたw)。今後も、何らかの形で甲府に関わっていってほしいと思います。そして、来季の体制作りを早急に進めてくれるよう、海野社長にもいままで以上にがんばってもらいたいと思います!

Img_2313Img_2305  来季への動きとして気になるのはレンタル移籍中の選手。ラドンチッチは来季未契約は発表されましたが、なんと言っても注目はDFの増嶋。この日の試合は怪我で欠場でしたが、試合前のちびっこサッカーでは、元気な姿を見せてくれました。人気面でもさることながら、サッカーに接する「姿勢」が好きですね。来季もDFラインから大きな声を飛ばし、チームを鼓舞してくれることを期待しています♪

Img_2312Img_2325  長かったリーグ戦もこれで終了。天皇杯がまだ残っているものの、小瀬での試合は1日で終了です。次に小瀬で試合が見るのは、来年の3月になります。J2ということで試合数が増える見通しですが、どんな試合(どんな演出)を見せてくれるか、いまから楽しみにしたいと思います!

Img_2426Img_2425  試合後も長い時間の間、小瀬にサポーターが残り、試合の「余韻」に浸っていました。その中で、来季の話を(それこそ)いろいろ聞いたのですが、これからの時期は情報の真偽をしっかりと確かめたいものです。まぁ、根も葉もない『噂』に踊らされるのも悪くないですが・・・w
また来年、小瀬で会いましょう!

今季終わる

ホーム最終戦、残念ながら0ー1で敗戦。特に、前半チャンスが何回もありましたが、1回も生かすことができませんでした。
逆に、ワンチャンスを生かされ失点。まるで前節の柏戦を見るかのような展開。
ですが、来季に繋がるいい試合だったと思います。今季ラストゲームで、ゴールが勝利が見れなかったのは残念ですが、また来季甲府の試合を、そして小瀬での試合を楽しみにしたいと思います♪

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ