« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

む~、たいへんだっ!

明日から2月。
ヴァンフォーレ甲府の練習も、いよいよ実践形式が増えてきました。そして、練習試合の日程も続々と決まっているようです。第二次キャンプで、すでに9試合が予定されており、5日にはHONDA・FCとも予定。さらに今日の発表で、3日に筑波大学とマッチアップとのニュースが発表されました。
さらに、今朝の山梨報知によれば、キャンプ後には千葉とも予定されているようで、まさに『練習試合のバーゲンセール』状態w 練習をすることはいいことですが、「練習する=力がつく」というものでもないと思うので、休むところは休み、練習するところは練習する・・・、といったようにしっかり『メリハリ』をつけてもらいたいと思います!

さて、私としたことがとんでもないこと(?)を忘れていましたw
なんと、第3期ヴァンフォーレクイーンの募集が今日31日までだったことに、今朝気がつきましたw ホームゲームの運営には欠かすことのできない彼女達。「第一期⇒第二期」と、継続してなった方は何名かいたようですが、第三期はどんな感じになるんでしょうか? (今期はホームゲームが増えるだけに、彼女達の仕事も増えてきそうです)。
しかし、「ヴァンフォーレクイーンてなんだろう?」と思われている方も、中にはいるかもしれませんし、申し込もうかどうか考えている方もいるかもしれません。そこで、以前紹介させていただきました『サポサポ』で、ヴァンフォーレクイーンの特別企画が先日アップされました。もうこれを見れば(読んでみれば)、「ヴァンフォーレクイーン」がどんなことをしているか、よくわかると思います。私のように(?)、やりたくてもできない人もいるのでw、条件に合う方はチャレンジしてみましょう!

今期は、試合前の「ダンス」の復帰を心待ちにしております~♪

昨年のルーキー達(2)

第一次キャンプが本日で終了。
今頃選手達は、キャンプでの疲れを癒していることと思います。明日(31日)あさって(1日)を休養をとり、1週間山梨で練習をして、また宮崎で第二次キャンプが始まります。その1週間の間には、今期初の練習試合も予定されていて、実践での練習も少しずつ取り入れてくるようです。
なお、静岡キャンプの模様は公式HPの「ヴァンフォーレ日記」や、J’s GOALの「キャンプレポート」で紹介されています。もし見逃している方がいましたら、1度目を通してみてください!

今回は、昨年のルーキー達の2回目です。
高卒ルーキーの3人衆、3人共にリーグ戦にも出場して大活躍しました。今期さらに活躍を予感させてくれる3名の若武者を紹介いたします!

Img_3008 FW・20 木村勝太
3人の中では、1番試合に出場した時間が長かった(277分)木村。3トップの真ん中やトップ下だったり、2トップの1人だったりと、様々な場面で起用されていました。今期は3トップの真ん中での出番が多くなりそうですが、その重責を果たしてほしいと期待しています♪

Img_2950 MF・24 國吉貴博
3人の中で1番試合に出場したのが早かったのが國吉。競争が激しい中盤の選手なので、なかなか試合出場時間は多くなりませんでしたが、持っている技術は折り紙つき!サテライトや練習試合では「ゴール木村・アシスト國吉」の場面がたくさん見られました。今期はトップで活躍!

Img_2947 FW・27 久野純弥
3人の中で1番最初にゴールを挙げたのが久野。ゴールを挙げた試合(大分戦)もすごかったですが、初出場の千葉戦で日本代表DF・水本をふっとばしたドリブルに思わず「おぉ!」と言ったことを覚えています。何だかずいぶんカッコよくなっていましたw

今期は、さらに活躍してくれるんじゃないかと、すっごく期待していしまいます♪ おいしいものをたくさん食べ、『ガッシリした体づくり』を心がけて、トップチームでも当たり負けしないように、ピッチ外でもサッカーを考えた生活が必要だと思います。

3人の中で誰が1番早く試合に出場して、1番長く出場して、1番早くゴールを挙げれるか、いい意味でのライバル関係ができそうです♪ ご贔屓の選手は誰にしようかなぁ~?

昨年のルーキー達(1)

静岡キャンプも明日の午前中で終了。
選手達は、どんなキャンプを送れたのでしょうか?
練習試合こそ行われなかったものの、比較的ハードな練習内容ではなかったかと思います。新加入選手は「甲府スタイル」を知るため、昨年からの選手は自身のコンディションアップや新加入選手とのコミュニケーションなど、充実した時間が過ごせたのではないかと思います。
宮崎キャンプまでのわずかの間、山梨で練習の予定になっています。今週末あたりはどこで練習なのでしょうか?見に行きたいなぁ~♪

今回は、前回予告しました「昨年のルーキー達」の1回目です。
昨年の大学卒業して甲府に入った選手の紹介になります。

Img_2969 MF・24 神崎大輔
練習試合ではゴールを量産するも、公式戦では出場機会を掴み取ることができませんでした。中盤の層は厚いものの、真ん中~サイドどこでも務まるので、出番はあると思います。プレイスキックの精度も高いです♪

Img_2970 DF・26 寄井憲
サテライトでは数試合出場するも、それほど見せ場はなかったと記憶しています。顔が微妙に似ている山本(僚)の加入と、同期の御厨がトップデビューし、競争はますます激化。今期がまさに勝負の年!

Img_2948 DF・3 御厨(みくりや)貴文
昨季、公式戦の最終戦・天皇杯の鹿島戦で初先発。その時は左SBでの出場でしたが、本来はCBのプレーヤーです。サイド・センターとこなせる「強さと速さ」を兼ね備えています。『3』の背番号も期待の高さ!

Img_2928 GK・30 時久省吾(写真左)
昨年はサテライトでも出場がなかった時久。GKという難しいポジションということもありますが、なかなか試合への出場が難しいところ。キックは相変わらずいいので、まずは試合への出場を目指す!

この中から何人の選手が今期活躍するか、楽しみに待ってみようと思います。また今期限らず、今後のVF甲府を支えていく選手として、1回りも2回りも大きく成長していってもらいたいですね♪

いってきた・・・かなぁ?(新加入選手を覚えよう!)

Img_2984Img_2869  昨日(26日)、静岡県のナショナルトレーニングセンター(JーSTEP)へヴァンフォーレ甲府の第一次キャンプを偵察にいってきました~♪ 

Img_3020Img_3021  ・・・行ってきたはずなのですが、写真を撮ることに一生懸命だったのか、帰りに沼津港に寄って食べてきた刺身定食がおいしかったせいか、練習内容をあまり覚えていませんw ということで、サブタイトル『新加入選手を覚えよう』!と題して、名前を写真付で紹介します!

Img_2899Img_3002 FW・13 前田雅文
今期ガンバ大阪から1年のレンタル移籍。前への動きの鋭さと、強烈なミドルシュートが持ち味。
昨期課題となった『前への速い動き』のできる選手、Img_2965 右WGで起用されるのではないかと勝手に決めていますw チームへはまだ合流して日が浅いことからか、JOGは1人でやっている時間が長かったような気がしました。
J1復帰のためには、彼の活躍(得点)なくしてはありえないと思っています。甲府のサッカーに慣れることもそうですが、自分のよさを前面に出して、アピールしていってほしいと思います!

Img_2894Img_2958  MF・25 美尾敦
京都サンガから完全移籍で加入。左足から放たれるパス・シュートの精度は、甲府の中でも1~2を争うと思います。早くもチームに馴染んでいるようで、笑顔で各選手と話をしている姿が印象的でしたw(見た感じ、細くて小さくてびっくり)。

Img_2937Img_2877 MF・29 井澤惇
FC東京U-18から加入(U-18日本代表候補)。 中盤のポジションは非常に競争が激しいので、まずは試合に出場することが最初の目標。安間監督の言うことを、真剣なまなざしで聞いている姿が印象に残りました。

Img_2975_2Img_2966_3  DF・35 山本僚
ソニー仙台からセレクションを経て加入。身長185cmという高さと強さが持ち味のセンターバック。レギュラー2人の壁(秋本・池端)は高いですが、その存在を脅かすようなプレーをしてほしいと思います♪

Img_2897Img_2916  FW・16 ブルーノ
千葉国際高校から加入。千葉高校選抜チームで、流経柏の大前と2トップを組んだこともあるとのこと。「16」の番号にふさわしい活躍が期待されます。前への突破力に注目!

Img_2874_2Img_2976   DF・33 輪湖直樹
柏レイソルU-18から加入(U-17日本代表)。4バックの左ができる貴重な存在。前線へのオーバーラップ、左足のパス・クロスの精度が魅力。左からの攻撃を活性化させてほしいと期待♪

Img_2992Img_2962  DF・34 吉田豊
静岡学園高校から加入(U-17日本代表)。SBからMFまでこなせる起用な選手。スピードの乗ったドリブル突破を、早く見てみたいと思います!見た感じ、18歳に見えないのは、私だけでしょうか?w

Img_2963Img_2943  鵜飼建吾(中京大学)
昨日行った時はわからなかったのですが、今朝の山梨報知に記事がありました。セレクション後、「再テスト」の意味でキャンプに参加していたようです。安間監督から高い評価が出ており、キャンプ後に契約となるそうです。

以上の7人が今期の新加入選手。最後の鵜飼は「獲得へ~」という見出しだったので確定ではありませんが、「契約の見込」とのことなので載せました。
早く顔と名前を覚えて、大きな声援を送りましょう!

次回は『昨年のルーキー達』をPick upしていきたいと思います♪

静岡キャンプいってきました!

Img_2973_2Img_2913_2  疲れたぁ~。
けど、久しぶりにサッカーを見れて楽しかった♪
詳細(?)なレポートは、明日(27日)書きます~。

クラシックにはまだ間に合う!

今週は金曜日に競馬の展望です。

まずは、先週の振り返りから。
2008年クラシック戦線2つめの重賞競争「京成杯」は、1番人気のマイネルチャールズが、馬群を強引に抜け出し勝利!皐月賞と同じ「中山2000m」のレースを、これで2連勝としてクラシック戦線を一歩リードした感じになりました。
もちろん、マイネルチャールズは強かったですが、私が注目したいのは3着に敗れてしまいましたが、アイティトップの将来性に期待したいと思います。まだデビューして3戦目、ローテーションもきつかっただけに、3着は評価できると思います。次走は弥生賞だそうですが、ここで好走すると・・・G1でもかなりいい成績が残せそうな気がいたします。今は疲労をしっかり癒し、さらなる成長を待ちたいですね。

また、重賞のほかにも注目レースが2つありました。
まずは、19日・京都5R3歳500万下(芝1600m)で勝利したヴェルザンディ。3冠馬・ディープインパクトの妹で、以前から注目されていた馬ですが、このレースでも中団から差し切り2連勝。しかし、昨日骨折(全治6ヶ月)が判明して、春は全休となってしまいました。
もう1頭は、同じく19日・中山9R黒竹賞(ダート1800)で勝利したサクセスブロッケン。この馬は、昨年の11月にデビューしたのですが、そのレースで2着馬を3.1秒も突き放して勝利!(そうとうの大差です)。休養を挟んで、このレースに出走してきたのですが、黒竹賞でも2番手から抜け出し、2着に3馬身以上の差をつけ勝利♪ ダート路線での活躍は、非常に楽しみな馬です。

さて今週は、中山競馬場でGⅡの「アメリカジョッキーズクラブカップ(AJCC)」が行われます。
1番人気を集めそうなのは、前走がG1有馬記念で6着だったドリームパスポート。関東の稲葉厩舎に転厩、松岡騎手にスイッチしての「再始動」の一戦。今年こそ『悲願のG1制覇!』の達成を目標にしているようです。
ほかには、金杯で2着のエアシェイディ・復調著しいアドマイヤメイン・中山得意のシルクネクサス・長距離には絶対の自信を持っているトウカイトリックなどが出走予定です。

今回、少しひねってシルクネクサスから入ろうと思います。昨年秋には、同じ条件(中山2200)のオールカマーで2着、昨年のこのレースにも出走して3着など、「相性」はとてもよさそうです。今週から来日するペリエ騎手の手腕にも注目です。
相手にはエアシェイディ。どんな条件でも堅実に走るのがこの馬の持ち味。微妙に距離が長いような感じもしますが、中山2200という「トリッキー」なコースなので、多少のごまかしが効くと思いますw 7歳にして初重賞制覇を期待しています!
そのほかでは、前々で流れに乗れそうなダブルティンパニーと、いまの中山に向きそうなブラックアルタイルが気になりますね。ドリームパスポートは、相手なりに走る馬なのでGⅡでも3着かなぁ・・・。アドマイヤメインは、中山に向かないと思います。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
<お小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー>

先週はついに連勝がストップ、それに加えて「ギックリ腰」ということで『故障発生⇒競争中止(?)』の事態に追い込まれてしましたw 2008年のプラス分も、整形外科・整体への支出へと消えてしまい、逆にマイナス収支へと転落・・・。いかに、『何気ない健康』が幸せかをかみしめて療養中です。
そこで、今週は治療にかかった資金を取り戻すためにも、負けることはできません。今週の中山メイン競争・AJCCは、現役馬の中で1番思い込みの強い『ドリームパスポート』で勝負します。
有馬記念は無念の不利、それでも6着に突っ込んで来たあたりは力のある証拠です。メイショウサムソン・ウオッカに先着した「実力」から、ここで負ける訳にはいきません。松岡騎手を背に、春の天皇賞を目指して勇姿を見せつけてくれることでしょう!
(馬券はドリームパスポート馬単頭で、強弱つけて総流しです)

2008年、自分の「夢」を文字通りドリームパスポートにかけたいと思います
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いろんな名前

J2リーグ戦の日程が発表されました!

開幕いきなりホームでの連戦、勢いをつけるには「もってこい」のスケジュールです。まずは、このホーム2戦(岐阜・徳島)に照準を合わせて、1次・2次キャンプを過ごしてもらいたいと思います。

スケジュール表を見て思ったのですが、「ネーミングライツ」が結構広がってるなぁ・・・と思いました。『NDソフトスタジアム山形』『ニンジニアスタジアム(愛媛)』『レベルファイブスタジアム(博多の森球技場)』などなど、徳島に至っては『鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム』・・・う~ん長いですw 名前を覚えるだけでも大変なのですが、かえって「どんなスタジアムなんだろう?」と観戦に行く時に楽しみになります♪

また、すでにTV中継の予定も、いくつか決まっているようです。
以前J2だった時は、ホント1年に2~3回あったかどうかでしたが、今期はすでに1節(NHK甲府)、2節(YBS)、6節(YBS)、9節(NHK甲府)、12節(UTY)が予定されています。ほかにも、「VFTV」のCATVで何試合かは放送すると思いますし、そして忘れてはいけいないのが、FM甲府による『いれこみ実況中継』。もはや、名物となっているいれこみ実況中継。今期も楽しい放送を期待しています♪

先のことはわかりませんが、3月は全部行きたいなぁ・・・。

寒いですね

Img_2760Img_2759 今日は寒かった!
せっかくなので、さらに寒くなれるよう(?)雪山&雪道の写真を撮ってきたので載せますw 暖かいもの食べて、暖かくして寝ましょう~♪

今期の準備

選手達も昨日からキャンプイン、私達サポーターも負けてはいられません!3月9日の開幕に向け、1試合ちからいっぱい応援っできるよう、昨年末から再びジムに通いだした(体力づくりし出した)まーちです。

開幕まであと47日。今期は『ゲートフラッグ』に初挑戦しようと画策しております。試合や練習で撮った「写真」がいっぱいあるので、それを元に1~2つ作ってみようかなぁ・・・と。
あとは、ここ3年間継続している「レプリカユニフォーム」への背番号&名前入れ。
今日、今期のユニフォームデザインが発表されましたが、昨季とほとんど変わりないようですね。であれば、買い換えるのは少しもったいないような気もします・・・。Img_2867現物を見てからどうするか、考えたいと思います。背番号と名前には、2005年・池端、2006年・石原、2007年・増嶋(写真)を別注文で入れてもらい、石原と増嶋にはサインをもらいました(これ結構目立つんですよねw)。いつだったか、試合会場でまったく知らない人に声をかけられて「どうして池端なんですか?」なんて聞かれたこともありました(特に深い理由はなかったのですがw)。 せっかくなので、試合に多く出場する選手の名前・番号を入れたいと思っています。どんなメンバーになるかわからないので、開幕して数試合は何も入れないでいようかな・・・とも考えています。

さて静岡キャンプの模様は、昨日~今日の山梨ニュース(各局)や新聞紙面で報道されていました。やっぱり初日からボールを使った練習をやっていました!この「ボールを使った練習」には、G大阪からきた前田は驚きの声をあげ、石原は「いつもどおり」と安心していたそうです。天気があまり良くないことが少し心配ですが、あさってあたりからは良くなる見込み。週末(おそらく26日)にはキャンプを偵察に行こうと思っているので、寒くてもいいので晴れてほしいなぁ~と思います♪

感じるヴァンフォーレ

今日(20日)は、いろいろ発表がありました。

(1)背番号の決定
10人ほどが昨年より変更。中でも、私が気になったのは「6:保坂」「8:田森」「9:大西」の3名。2005年シーズンにルーキー(秋本・保坂・大西)で入った3人が、ついに1ケタ背番号となりました。秋本は、安間監督から指名され主将に就任。保坂は、昨季序盤は好調だったものの、中盤以降は怪我もあり尻すぼみになってしまい、大西は目標としていた『初ゴール』を挙げることができませんでした。今期、中心選手として期待がかかる3選手。昨季の課題を解決させるだけでなく、さらなる練習(努力)でJ1再昇格に向けてチームに貢献していただきたいと思います!
そして、昨季終盤で「アンカー」のポジションを任された田森。同ポジションには『林・井上』と高い壁が立ち塞がりますが、彼の活躍なくして「J1再昇格はない」と言っても言いすぎではないと思います。ぜひ2人からポジションを奪って、「背番号8」の責務を果たしてもらいたいと思います♪

(2)新加入選手
あらかじめ発表があったのですが、さらなる「サプライズ」をひっそり期待していたのですが、やっぱりありませんでしたw 現在の公式HPのトップに写真がありますが、ここ2年でだいぶチームが「若返った」と思います。昨期は高卒3人(大卒2人)、今期も高卒4人(大卒なし)と10代の選手が増えました。また、今期新加入の前田・美尾・山本もそれぞれ23~24歳で、私から見て年上の選手がだいぶ減ってしまいましたw これからは、「○○くん」と呼んでも問題ないのかな・・・
新加入選手全員にすっごい期待しています♪

(3)キャッチフレーズ新主将の決定
毎年「感心させられるほど」いい言葉がでてくるキャッチフレーズ。今年はここ数年では1番シンプルだと思われる「Feel~感じる~」に決定。安間監督らしい、想像力あふれるキャッチフレーズだと思います。
そして、その「感じる」をチーム全体に浸透させるべく主将に選ばれたのはDF秋本。個人的には、とてもいい人選ではないかと思います。プレーではもちろんのこと、態度・言葉を「外向き」に力を発し、チームを引っ張っていけると思います。また、一部では「安間監督が就任したから甲府に残った」とも言われているので、『監督⇔選手』のコミュニケーションも、円滑に計れるのではないかと思います。

選手達は、明日(21日)午前中に第一次キャンプ地である静岡県の「J-STEP」へ移動して、午後からさっそく練習が始まります。「厳しい」と言われる甲府の練習、毎年の新加入選手は『びっくりする』と口々に言っていたことを覚えています。今年も、初日からボールを使った(激しい)練習が見られるのでしょうか? 体調・身体の管理には細心の注意を払い、怪我のないようキャンプを充実したものにしてほしいと思います!

ありがとう

昨日、公式発表されましたが「DF 奈須伸也」がFC岐阜へ移籍することになりました。

Img_1402 思えば2005年(昇格シーズン)、第3クールからそれまでの「4-4-2」から「4-3-3」へとシステムを変えた際、いわゆる『アンカー』のポジションに入ったのが奈須でした。
その頃の私は、「ミーハーファン」の典型だったので、奈須がどのような役割でどんなプレーをしていたか理解しておらず、正直言って良く覚えていません。ただ、J1昇格は奈須の力さなくしては、果たすことができなかったと記憶しております。Img_5897 Img_5909 そしてJ1昇格後は、2006年に東京Vから移籍してきた林にポジションを奪われてしまい、公式戦の場で奈須のプレーを見る機会が減ってしまいImg_0683ましImg_1391た。
  それでも、途中出場でセンターバックに入ったり、サテライトや練習試合では、「DF」と呼ばれるポジションには全て起用されていたと思います。また、奈須といえば「ロングスロー」が特徴の1つです。トップチームでは宇留野がたまに見せてくれますが、『甲府のロングスローと言えば奈須』だったので、これが見れなくなってしまうと少々寂しい気もいたします。

Img_1979Img_2447  移籍先のFC岐阜は、ヴァンフォーレ甲府2008年シリーズの開幕戦の相手。もしかしたら、スタメンで出場してくるかもしれません。そうなった場合お互いが、お互いのことをよく知っているだけに、ちょっとやりずらいかもしれませんね。『甲府攻撃陣vs奈須』どんなプレーを見せてくれるでしょうか?

Img_1888Img_1663 昨季は(いまさらですが)、2005昇格シーズンに活躍した選手が何人も退団することになりました。  前出の奈須を始め、長谷川・鈴木・津田(長谷川・鈴木は入れ替え戦にも出場)と、Photoファンの多い選手が甲府を去ってしまうので、何だか寂しい気持ちになってしまいます。鈴木以外は移籍先も決まり、しかも同じカテゴリのチームなので、すぐに「試合」で再会することができます。甲府戦以外での活躍を期待しています♪

G1と同じ舞台で・・・

先週から始まった「2008クラシックロード」。
第一幕・シンザン記念を勝ったのは、1番人気のドリームシグナル。
大外から直線一気、力の違いを見せつけたような走りでした。思い出せば、父のアグネスデジタルが同じ「京都1600」でGⅠを勝った時(マイルチャンピオンシップ)のリプレイを見ているような『鮮やかな勝利』。2400mの距離までもつかどうかはわかりませんが、2000mなら充分自分の力を発揮できるのではないかと思います。今後の活躍が期待できそうです♪

そして今週(20日)には、中山競馬場でGⅢの「京成杯」が行われます。
この京成杯は、4月に行われる『GⅠ:皐月賞』と同じコースということで注目度が高いです! 昨年の優勝馬「サンツェッペリン」は、皐月賞で2着。一昨年のアドマイヤジャパンは、GⅠ勝ちこそなかったもののクラシック3冠で好走。また、京成杯優勝馬に限らなくても、後のダービー馬・キングカメハメハは3着に、天皇賞(春)勝つスズカマンボも4着に敗れ(2004)、シックスセンス・ネヴァブション・アルナスラインなどの重賞でおなじみのメンバーも京成杯では2~3着と、馬の能力以外にもその時点での『仕上がり具合』が問われるレースとなっているようです。
今年のメンバーを見ると、前走でホープフルS1着のマイネルチャールズ、新馬戦で圧巻の走りをしたステルスソニック、牝馬ながら2戦2勝のリトルアマポーラなどが人気を集めそうです。この中で、「能力&完成度」が高い馬は、どの馬でしょうか?

私の注目は、1番人気が予想される「マイネルチャールズ」。ホープフルS優勝ということで、出走馬中唯一のオープンクラスの勝ち馬。さらに、その時負かしたブラックシェルが次のレースで楽勝したことを考えると、前走と同じコース・同じ距離で行われる京成杯は、ポテンシャルが落ちる要因が考えられません。連軸として最適だと思います。

対抗には、2戦2勝ながら血統と騎手が地味なためあまり目立っていない「アイティトップ」。この馬も前走が中山2000mなのですが、前出のマイネルチャールズより1秒以上早いタイムを記録。もちろん単純には比較できませんが、『中山2000』の適正は高そうです♪
あとは、前走ラジオNIKKEI杯組の3頭を挙げたいと思います。マイネルファルケ(5着)は、先行力と未勝利戦の勝ちっぷり(中山2000で2着を5馬身差)を評価。ダンツウィニング(6着)は、この時期走りそうなのと6着のわりには「0.2差」だということ。ショウナンアクロス(12着)は、出遅れでレースにならなかったので、ゲートをしっかり出たら差は少なかったと思うからです。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
<お小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー>

先週スリーアベニューは惜しくも2着でしたが、ドリームガードナーがこれまた2着ということで、馬連1800円を的中させることができました!この勢いで今週も臨みます。
京都・日経新春杯は、昨年の暮れ(鳴尾記念)で久々に『らしさ』を見せてくれた「オースミグラスワン」から勝負です。好きな馬の1頭なのですが、ここ2年くらい走る気が起きていないためか2ケタ着順が続き、自分もかなり負債を増やしてしまいました。しかし前走、「あわや!」と思わせてくれる末脚を発揮!(あと10mあったら、わからなかったと思います)。ここは復活を願って、馬連でいきます。
中山の京成杯は、新馬戦で蛯名騎手を背に「3角からの強引なマクリ」で、鮮やかに勝利を挙げたステルスソニックから勝負します。昔、私が好きだった『ホッカイルソー』にイメージがダブって見えます・・・。こちらも確実に馬連でいきたいと思います。
来週も(見えませんがw)笑顔で登場したいと思います♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回のデュランダル氏は、急性の腰痛で連載が危ぶまれたのですが、執念で原稿を届けてくれましたw 馬券は(私もそうですが)PAT会員なので問題ないのですが、仕事には差し障る痛みの中、本当にありがとうございました! 1日も早く回復してくださることを、心から祈っております。(まぁ、馬券が好調なようなので、「差し引きナシ」ということでしょうか?w) 

開幕戦決まった~!

今期、ヴァンフォーレ甲府の開幕戦が『3/9 FC岐阜@小瀬』と発表になりました!
やっぱり具体的に試合日程がわかると、より楽しみになってきます♪ 今日(16日)を入れて3月9日まではあと「54日」。ワクワクしすぎて、この長い日時をどう過ごしていいか、まったく困ってしまいますw

その開幕戦で対戦する「FC岐阜」。
昨季、JFLリーグ戦3位で見事J2参入が決定。
監督は、2003~2004年シーズンに甲府で監督を務めた松永氏。選手には、一昨年在籍したDFの松田がおり、意外に甲府と接点があると思います。
J2ファーストシーズンを迎える今期、新たな補強(即戦力)としては福岡から川嶋、横浜FCから薮田を獲得。ですが、私自身が「FC岐阜」のことをよく知らないので、これ以上の事はこれから情報収集しようと思いますので、その『研究の成果』は後ほど披露させていただきたいと思いますw

思い出せば、「開幕戦」で勝ったことがないVF甲府。しかし、J1復帰に向けての第一歩となる3/9は、どうしても勝ちたい試合です。『42試合中の1試合』ではありますが、やっぱり開幕戦の持つ意味は違うと思います。そのシーズンの『最初の得点:最初の1勝』やっぱり少しでも早く(できれば開幕戦で)挙げたいものですね!

今期ファーストゴールは誰がいつ挙げるのか?
開幕戦を今期初勝利で飾ることができるのか?

もう私の「頭の中」では何度もシミュレーションが行われていますがw、まだまだ考え直したいと思います~♪

試合日程まだぁ~?

本日(15日)、FW前田のG大阪からの期限付移籍の発表と、GK桜井の期限付移籍延長のお知らせが(やっと)きました! 前田は年末くらいから話が出始め、31日にはサンニチに掲載されていたと記憶しております。桜井に関しては、昨季終盤の2戦(F東京戦、鹿島戦)で非常にいいプレーを見せてくれたので、今期の活躍がとても楽しみな1人。雰囲気で「今年も甲府だろうなぁ」と思っていたのですが、レンタル延長という方法ではありますが、今年も桜井のプレーを小瀬で見ることができそうです。この2人の活躍なくして、「甲府のJ1復帰はない」と言っても言いすぎではないと思うので、前田にはガンガン点をとりまくってもらって、桜井にはシュートをすべてキャッチする勢いでがんばってもらいたいものです♪
この2人の加入のお知らせで、いまのところは新加入選手の発表は終了(中断?)だと思われます。もちろん、これだけの選手でかなり『やれる!』と私は思っていますが、「Back To J1」を旗印にJ1復帰、そしてJ2優勝をするためには戦力がいくらあっても損はありません。現在、東海林強化部長さんがブラジル人選手を探しているようですが、日本人選手にはない「強靭さ」を持った選手を、発掘していただきたいと思います。そんなことを考え出すと、夜も眠れなくなってしまい、つい『ヴァンくんお守り』を片手に祈ってしまいますw

さて、今期の試合日程の発表は1月24日(開幕戦だけは発表が早かったかな?)。
J2の今期は、J1と比べて「遠くのアウェー」が多いです。ざっと考えても、九州×3・四国×2・広島・山形・仙台これだけで過半数・・・。ということは、水戸や大阪が『近い部類(直線距離ですが)』に入るという、とんでもない事態ですw さすがに全ては行けませんが、愛媛や山形は行ったことがないので行ってみたい・・・と個人的には思っています。
そこで問題になってくるのは「日程」。曜日との相談が1番ですが、そのほかにも時期的なものがあったり、J2には『お休み』があるので、そのことも頭にいれておかなくてはいけません。「近場のアウェーは2回」「遠くのアウェーは1回」のような、『都合のいい日程』にならないかなぁ~と、勝手に思い込んでいますw

もういくつ寝ると~♪

さて、Jリーグ開幕まで2ヶ月を切りましたw

この大切な2ヶ月間、ヴァンフォーレ甲府はと言うと来週20日(日)に「新入団選手・スタッフ記者会見」が行われ、これに合わせて『背番号』『キャッチフレーズ』『スポンサー発表』などが行われると思います。
新入団選手は(レンタル復帰を含めて)現在のところ7名。新聞紙上では、G大阪から「FW前田」のレンタル移籍が書いてありましたが、公式ではまだ発表がありません。またブラジル人選手を獲得しよう、という動きもあるらしく東海林強化部長がブラジルへ渡り、スカウトをしてる(とかしていないとか)いう情報もあるみたいです。この『東海林強化部長』さんは、とても仕事のできる方らしいので、個人的には結構期待している次第ですw

私は昨日(12日)に、まちなかヴァンフォーレプラザでシーズンチケットの申し込みに行ってきました(合わせてヴァンフォーレ後援会も)。私が行った時にも、同じように申し込みをしている方がいまして、そちらの方は何枚も申し込み用紙を書いていました。私も、あと収入が10倍くらいあれば、何口でも申し込むのですが・・・・w
毎年のことですが、「会員証が届く」までが長いんですよねぇ~。あんまり早いと、それはそれでなくしちゃいそうですがw、その届くまでの長い時間をどうすごすか・・・・。思案のしどころですw

先日、ふと気がついたら公式HPの「スケジュール」が更新されていました(アドレスは2007のままですがw)。
すでに発表があったとおり、21日からキャンプなのスケジュールにも『キャンプ』の文字のみ。昨年は練習試合がとても多かったので期待していたのですが、今年はやらないみたいですね。
毎年「J-STEP」でキャンプを行う甲府、そして毎年見に行くことも恒例となりつつある私w 今年は26日か27日に行こうかと相談中です~♪

2008クラシックロード開幕!

長くなりそうだったので、今日は2本立てですw

先週の金杯で、2008年シーズンを開幕させた中央競馬。
今週は、いよいよ3歳世代の重賞競争がスタート!10月までの『クラシックロード』が京都競馬場で行われる「シンザン記念」で、戦いのロードが始まっていきます。
シンザン記念の展望の前に、先週の金杯振り返りから。

ハンデ戦らしい「競った」ゴール前となった中山・京都両金杯。そんな『難しいレース』を制したのは、ベテランの6歳馬・アドマイヤフジとエイシンデピュティ。両馬共、自らレースを作って(動いて)後続を完封するという「強い」レースぶりでの勝利。
今後の活躍に期待したいと思いますが、その勝った2頭より『今後の活躍』が楽しみな馬が、京都金杯2着のアドマイヤオーラ。長期休養明けから、「鳴尾記念:3着⇒京都金杯:2着」と順位を上げ、明け4歳馬となりさらなる上積みが見込めると思います。次は京都記念に出走予定だそうですが、「3度目の正直」ということで勝ってもらいたいと思います♪
(京都記念には、メイショウサムソン・ウオッカが出走予定)

さてシンザン記念。
昨年は、前出のアドマイヤオーラが1着(その後ダービーで3着)。しかし、何と言ってもその時2着に敗れたのが、後にGⅠを3勝するこれまた前出のダイワスカーレット。「シンザン記念」と言えば、あんまりクラシックには絡まないのですが、ダイワスカーレットの活躍には脱帽です。
そして、今年の「ダイワスカーレット」はというと・・・、そこまでブレイクする馬は今のところいなさそうです。GⅠ朝日杯フューチュリティSで4着だったドリームシグナル、3連勝中のマヤノベンケイ、重賞で好走が続いているタケミカヅチあたりが人気になりそう。また、週末の天気がかなり悪くなりそうな見通しなので、このあたりも馬券を買う際には、注意したいと思います。

中心視したいのはドリームシグナル。「朝日杯4着」という実績もそうですが、父アグネスデジタルは、京都1600でGⅠ(マイルCS)を勝っており、ダートもこなすので馬場が悪化してもそれほど影響はないかと思います。
対抗にはミッキーチアフル。こちらもドリームシグナルと同じく1勝馬ですが、2着が3回と多く相手なりに走りそうです。最近10年で5勝の武豊騎手の手腕にも注目! 他には、ドリームガードナー(前走は度外視)・ウイントリガー(京都◎)・ジェイラッカー(条件激変)が走りそうです。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
<お小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー>

金杯はエアシェイディから馬単勝負も、「アドマイヤフジ⇒エアシェイディ」の裏も念のため抑えていたので、プラススタートを切ることができました! この勢いで、2008年は『白星街道』突き進んでいきたいと思います♪
今週は「ガーネットS」と「シンザン記念」が行われます。
ガーネットSは、1200mの距離に絶対の信頼がおける「強烈な末脚」が持ち味のスリーアベニューから馬単勝負でいけると思います。
シンザン記念は、朝日杯では外枠(15番)で競馬にならなかったドリームガードナーから勝負です。1マイルへの適正はとても高いと思うので、必ず巻き返してくると思います。馬券はドリームガードナーから、タケミカヅチ・ドリームシグナルへ馬連を買いたいと思います。
金運上昇を願って、勝っても負けても潔くしていきたいと思います!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2007を確認、動きだした2008

木曜日は競馬の日。

先週の金杯を振り返る前に、今週は競馬界でも「動き」がありました。

まずは、2007年のJRA賞が発表!
年度代表馬には、ジャパンカップと宝塚記念を制し、ドバイでもドバイデューティーフリー(GⅠ)で優勝した「アドマイヤムーン」が選出されました!距離適正の関係から、有馬記念には出走しませんでしたが、海外を含めてGⅠ競争3勝は年度代表馬に充分でしょう。昨年限りで引退してしまいましたが、3年後どんな産駒が出てくるか、楽しみにしたいと思います♪
他のJRA賞、気になったのは「ダイワスカーレット」と「トールポピー」の両牝馬。
ダイワスカーレットは、同世代とのレースではほぼ完全勝利。有馬記念でも3着に好走して、今年の活躍がさらに楽しみになりました。2月の『フェブラリーS(ダート1600)』で新たな挑戦をするそうなので、応援していきたいと思います。トールポピーは、阪神ジュベナイルフィリーズの勝ち方が強かったです。どこまで強くなるのか、こちらの活躍からも目を離すことができません!

そして本日(10日)、デープインパクトの初仔が誕生しました♪
「ロングディライトの08(牝)」ですが、母系はオープンクラスの活躍馬を出しており「1本筋の通った」非常に良い血統です。1代世代を経ても、その影響力を強く残すサンデーサイレンス。そして、抜群の競争能力を誇ったディープインパクト。今年は200頭近くの産駒が生まれる予定ですが、どんなレースを見せてくれるのか、その走りを待ちたいと思います。

マスマスがんばりまっすぅ~

昨期限りでの「レンタル移籍」完了し、FC東京復帰か移籍するのかで揺れていた『DF:増嶋』が、今期J1に2年ぶりに復帰する「京都サンガFC」へ、レンタル移籍することが決定いたしました。

昨日の段階では、自身のブログで「レンタル移籍」と発表する増嶋と、「完全移籍」と一報を伝えるスポーツ報知で情報が錯綜していたので、Img_2407今日まで待ってみるたのですが、どうやらレンタル移籍で決定のようです。 思い出せば、昨期のホーム(リーグ)最終戦、多くの東京サポに増嶋は囲まれていました。6月のアウェー東京戦でも「マスシマ!東京!」のコールが、流れていたと聞いています。甲府にもそうですが、東京にも多数いた増嶋ファン。Photo そのたくさんのファンのためにも、増嶋は京都でさらにサッカー選手としての資質を磨き、東京からレンタル途中でも『戻ってきてほしい!』と言われるくらいの選手になってもらいたいと思います♪

0Photo_2  思い起こせば1年前、J1の2年目を迎えた甲府にやってきた増嶋。正直言って、まったく知らなかった選手なので、静岡キャンプに行った時に「どんな選手だろう・・・・」と考えながら行ったのが始まりでした。 Photo_5 Photo_6 プレーそのものは、飛びぬけて何ができる・・・という訳ではなかったと記憶していますが、なんせその「人気」がすさまじかったです!増嶋のいるとこ人が集まり、「甲府にもこんな選手が来るようになったんだなぁ」と感心していたのを覚えていまPhoto_7Photo_8すw そして、開幕からスタメンに起用され、シーズン序盤はかなり快調でした。 特に5月の「横浜FC戦」は、自身のゴールが決勝点でしかも完封。1人で試合を決めてしまい(は言い過ぎですがw)「獅子奮迅」の大活躍でした!

Img_0332Img_1814  しかし、リーグ戦も中盤にさしかかると、スタメンの座を池端に奪われ、控えへと余儀なくされてしまいました。その後、スタメンで起用されることもありましたが、チーム状態もあいまって、結果を残すことができませんでした。終盤には怪我にも泣かされ、33・34節はメンバー落ちしてしまいました

Img_1914Img_2317  シーズン終了後には東京に戻り、リハビリに努めていたようです。怪我の回復具合はわかりませんが、増嶋のブログを読んでいると、だんだん良くなってきているような感じを受けます。2年連続での『新しい環境』は大変だと思いますが、持ち前の「明るさ」と「元気」で、京都でのレギュラーポジションを勝ち取ってもらいたいと思います♪
(ちなみに、私は試合中は写真撮らないので、ほとんどが練習中の写真になっています)

1週間ぶり

久しぶりにヴァンフォーレ甲府ネタでエントリーできますw

ヴァンフォーレ・アンテナや、さっかりんなどには、とてもたくさんの『ブログ』や「掲示板」がエントリーされていますが、その中で一味違った面白いサイトを発見いたしました~♪

その名も「サポサポ」 http://www.saposapo.jp/  
まだ運用から2回の更新に留まっているようですが、その2回の更新の内容が濃すぎですw

 第1回・・・運営ボランティアさんのインタビュー
 第2回・・・ヴァンフォーレクイーンのインタビュー

う~ん、私にはとても真似できそうもないことをやっていますw コンセプトである「VF甲府をサポートする人をサポートする」という、また1つ違った目線でVF甲府に接しているサポサポ。リクエストを募集したり、色んな企画も考えているようです。
今後、どのような展開をしていくのか注目したいと思います!

山梨観光案内

昨日、埼玉から友達がきたので、半日山梨を「案内」しましたw
『歴史』と『城』が好きな人なので、ひたすら史跡めぐり。お正月だったので(休みが心配だったので)、郷土料理を食べられるお店もあらかじめリサーチ。その甲斐あってか、だいぶ満足してもらえたようです♪

Img_2761Img_2762  AM10時半頃に甲府駅に到着。まずは、甲府駅から徒歩5分の場所で開催されている『風林火山博』へ。NHK大河ドラマ「風林火山」に合わせて行われていましたが、ドラマも終了してこの催し自体も今月20日まで。「1回は見たい」と思っていたので、行ってきましたぁ~♪

Img_2773Img_2775 1Fはお土産などが売っている「物産展」。地下1Fは有料ですが、大河ドラマ風林火山・山本勘助・武田信玄・のいろいろな展示がしてありました。写真の数々は、かっこいいですねぇ~♪ TVが放送されている時に来れば、もっとよかったなぁ・・・と思いましたw

Img_2770Img_2768  川中島の戦いの解説・信玄堤のしくみなど、ホントたくさんの展示品がありました。また、「武田検定(簡易版)」では難問が数多く出題。10問正解した人は、住所と名前が書いてありました(ちなみに私の名前もありますw)。

Img_2784_3 有料の場所なので、あんまり書いたり写真載せたりすると、いろいろと問題になりそうなので、風林火山博はここまでw 様々な体験コーナーや、TVドラマでの名場面、使用された衣装の展示もありました。開催期間も残り2週間。TVドラマを見た人も・見ていない人も、1回行ってみてはいかがでしょうか?

Img_2796Img_2794風林火山博の後は、おなかがすいてきたので昼食にしました。
甲府駅から車で10分、甲府市国母にある「奈良田本店」さん。やっぱりこの時期の山梨といえば『ほうとう』なので、郷土料理をウリにしているこちらのお店をチョイス。Img_2795 Img_2793 写真1枚目から「メニュー・かぼちゃほうとう・奈良田のみみ・馬刺し&ビール」ですw いつ食べても、ほうとうはとてもおなかいっぱいになります♪ 馬刺しも久しぶりに食べたので、おいしかったです! 写真を撮り忘れましたが、「甲州地鶏のやきとり」も食べました(♪)

Img_2810Img_2805  おなかもいっぱいになり、続いて向かったのは北杜市大泉町にある『風林火山館』大河ドラマのロケ地ということで、この日も(写ってはいませんが・・・)観光客が来ていました。Img_2808 Img_2809 館内には鎧武者いたり(鎧武者とは写真撮影が可能)、お土産店がたくさんありました。山梨在住で北杜市へ頻繁に仕事で行っている私には、ちょっとお金を使う元気がありませんでしたw

Img_2798Img_2804  また、駐車場から霞がかった「富士山」が見えました。いつも見ている富士山とは違って、不思議感たっぷりの幻想的な富士山でした。あと、今日(6日)フジテレビで放送される「あんみつ姫」のロケも、風林火山館で行われたみたいです。見る人・井上真央ファンの方は、チェックしてみてくださいw

Img_2816Img_2823  風林火山館を後にして、次に向かったのは韮崎市穴山町の『新府城跡』。かなりマニアックなチョイスですが、行った事がなかったので、これを機会に・・・と思いルートに組み込Img_2811Img_2815でみましたw  いきなり目の前に立ちはだかったのは、見上げても上が見えないくらいの階段(汗)。その階段を上りきると、 新府城本丸跡に到着!かなり高い位置まで上ったのですが、Img_4295Img_4294ここから見下ろした「八ヶ岳(麓)」の眺めはいいですねぇ~♪ 八ヶ岳手前の畑は『桃畑』なので、時期(4月~5月)になるとピンク色に染まります。その頃は、最後の写真のような光景を、上から見ることができると思います!また登ってみたいと思います!

Img_2826Img_2827  夕方は、ふたたび甲府市内へ。護国神社と武田神社へお参りしてきました。まずは護国神社へ行き参拝。絵馬を買って「VF甲府J1復帰」を願ってきました♪Img_2830 Img_2832 武田神社は、5日にもかかわらずかなり混雑していました。こちらへも参拝して、『運の良くなるお守り』を入手してきましたw 次に武田神社へ来るときは、3月の開幕戦前です♪

Img_2838Img_2840  最後は舞鶴城公園の『光のピュシス』さきほど気がついたのですが、どうやら今日(6日)までだったようですw 前は確か、2月くらいまでやっていたと思ったのですが・・・(汗)。でもキラキラ綺麗だったので、よかったと思いますw いまのところ、「次の開催予定」はないそうですが、どうにかして開催してもらいたいと思います!

Img_2858Img_2857  まだ晩御飯が残っていましたw
ということで伺ったのは、甲府西銀座にある『銀座:江戸家』さん。「地元料理を・・・」と思ったのですが、ビール類に合うものばかりのオーダーになってしまいましたw ご機嫌でよく覚えていないのですが、楽しくておいしかったですw

何だか「山梨へ旅行してきました!」みたいになってきましたが、山梨に住んでいる私にとっては、意外に地元のことは知らないものだなぁ・・・改めて感じました。「風林火山館」「新府城跡」以外は甲府駅周辺。久しぶりに行ったので、懐かしいような・・・。次はいつ行こうかなぁ~?

突然ですが

「料理」に挑戦中ですw

Img_2859Img_2860  本を買って奮闘中~♪ その名も「これだけは作りたい人気のおかず」。 サブタイトルに『初めて台所に立つ人のために』w 初めてじゃないんですけど・・・、まぁ「初級」ということで許してくださいw

でもって挑戦したのは『ミートソース』と『ポテトサラダ』。
できる人にはなんでもないと思いますが、作ったことのない私には難題。しかも、『初めて~』の割には、方々で「たまねぎをみじん切りにする」などという『一言』でかたずけられており、あまり親切ではなかったような気もしましたorz 

Img_2757Img_2753  完成品がコチラ。
意外に(?)うまくできあがりでびっくり! また、小1時間程度でできてさらにびっくり♪ ミートソースも、ちゃんとひき肉から作りましたぁ。ただ、サラダに使う「たまねぎ」を水に浸す時間がなく、できあがりが少々「ツンツン味」になってしまったことが反省点。ですが、このお手軽さは次にも作れるので、また作りたいと思います♪
今度は、何に挑戦しようかなぁ~?

Img_2850Img_2837 あと、諸般の事情で舞鶴公園にいってきました。
詳細は明日のエントリーで書きますが、ただいま『光のピュシス』が開催中ということで、写真をとってきました! キレイなので、今期行っていない人は行ってみてください♪

ブログタイトルに「VF甲府を~」になっているのに、甲府ネタでなくて申し訳ないです。ないので更新しないことも考えたのですが、ほったらかしももったいないので、いろんなネタで繋いでますw 今後もよろしくお願いいたします~♪

1年の計は・・・金杯

さて、2008年も明けて4日になりますが、ヴァンフォーレ甲府ネタがありませんw
ということで、明日中山競馬場で行われます『中山金杯』の展望になります。

今年の金杯は16頭。
新年恒例のこのレース、今年も2000mの距離・ハンデ戦で15:25に出走予定。ハンデは52~58kgと、例年よりは差が広がらなかったかなぁ・・・と。しかしメンバーは多彩で、上は10歳馬(アサカディフィート)から下は4歳馬(フサイチホウオー他)、しかも16頭立てということで、波乱の要素がかなりありますw 

私の注目は、1~2番人気が予想されるサイレントプライド。
2000mの距離では2着が1回あるだけですが、前走が3ヶ月ぶりのレースで勝利を挙げ、状態は非常にいいと思います。レースでも前めにつけることができ、時計のかかる今の中山馬場にも合いそうです。また、私お気に入りの「母父サンデーサイレンス」でもあるので、初重賞制覇を期待したいです!
対抗には、こちらも休み明け2走目のアドマイヤフジ。
こちらも前走の鳴尾記念(GⅢ)で3着と好走。
この時みたいに、あまり後ろで溜めすぎると追い込み不発になる危険性があるのですが(いまの中山は追い込み不利なので)、ある程度前めでまくり気味にレースしてもらいたいと思います。
あとはシルクネクサス・メイショウレガーロ・ブラックタイドに期待です。シルク・メイショウの2頭は内枠を利しての先行策に期待。ブラックタイドは昨年の3着馬、金杯は昨年走った馬が次もよく走るので、今回も・・・期待しています♪ エアシェイディ・アサカディフィートは、人気が出そうなのでパスしますw

<お小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー>
「まさか」の有馬記念から2週間。
推奨したドリームパスポートは、4コーナーで手応えよく上がっていったものの、失速したサンツェッペリンをうまく捌くことができず、落馬してしまそうな不利を被ってしまいました。2007年未勝利だった高田騎手には、ちょっと難しい場面だったかもしれません。今年は年初から全力で騎乗し、リーディングを争う騎手になってもらいたいと思います!
さて2008年、大きな期待に胸ふくらませて東西の金杯からスタートです。
中山金杯は、やはり好きな馬の1頭であるエアシェイディから勝負します。あと1歩届かないレースが続いていますが、ツボにはまった時の足は1級品!馬単勝負でいきます!
京都金杯は、エイシンドーバー・キンシャサノキセキで、2頭連軸3連複大作戦を敢行しますw
2007年は惨敗の1年でしたが、2008年は『金運上昇』との占いが出ています♪ ここではずみをつけて、明るい年にしたいと思います!

ドリームパスポートは転厩してしまいましたが、次はどのレースに出走してくるでしょうか? 鞍上にはだれが乗るのか、これもまた注目したいです!
(ちなみに京都金杯、私はアドマイヤオーラだと思いますw)

箱根駅伝~復路も終了

新年恒例、2日3日にかけて行われました『東京箱根間大学駅伝競走』は、終盤の9区で駒沢大学が、往路優勝の早稲田大学をかわして見事優勝を果たしました。
駒沢大学は、10区間中で区間賞(その区間で1番タイムが速かった選手)が1人だったにも関わらず優勝。区間2位が4人、3~5位も1人ずつと非常に安定したレースだったと思います(選手層が厚かったですね)。往路優勝の早稲田、9区序盤まではトップを快走。区間賞は、駒沢大学を上回る「3人」もいたのですが、駒沢大学ほどの選手層がありませんでした。来年は、いい選手がたくさん入学してくるそうなので、今年以上のいい走りができそうです。

そして、往路3位と『健闘した』山梨学院大学。
復路はシード権を目指すのは当然の事、それ以上を目指して力走しましたが、往路の順位を3つ落としてしまい6位でゴールしました。5区間のうち、個人順位が2桁の区間が3つ(6区・9区・10区)あり、もう少しタイムが伸びないかなぁ・・・なんて思いながら見ていたのですが、まぁシード権は確保したので来年に繋げることはできると思います。9区・10区の選手(宮城・中川)は、来年も出番があると思うので、さらに上を目指して練習していってもらいたいと思います!来年は今年以上の成績(5位以上)を期待しています♪

今年の箱根駅伝は、残念ながら3校(順天堂・大東文化・東海)の棄権がありました。
20km以上を1人で駆け抜ける、「非常にタフ」な箱根駅伝。日頃から体調管理には人一倍使っていると思うので、そんな選手たちがこのようなことになるとは、まったく信じられません。ホント難しいですね。
来年は予選会からの『出直し』となる分ですが、順天堂と大東文化は優勝の経験があり、東海も優勝してもおかしくない力を持っているチームなので、しっかりと調整して予選会、そして本戦へと出場してきてもらいたいと思います。
また来年の1月2日~3日、どんな箱根駅伝が見られるか、楽しみにしたいと思います!

箱根駅伝~往路が終了

本日行われた『第84回:東京箱根間大学駅伝競走』の往路、優勝は5区で鮮やかに逆転した早稲田大学でした。5区の選手(駒野)の快走はスゴかったですが(区間新まで8秒)、他の区間でも安定した走りで常に上位を走っていました。そして3区と5区で区間賞を獲得して、往路優勝することができました。

残念だったのが、私の母校である山梨学院大学。
2区の序盤から5区の中盤までは首位を走り、見ている私も力が入りました。

1区で松村が7秒差の7位でモグスに繋ぐと、そのスーパーエースのモグスが区間新記録の怒涛の走りで、2位に1分26秒の差をつけて3区へ。3区の田中も、区間6位の走りで2位との差を1分50秒へ広げましたが、4区で差を詰められ、5区中盤で逆転され往路は3位で終了。4区も5区も決して悪くはなかったと思いますが、5区の2人(駒野@早稲田、安西@駒沢)がすごすぎました。高瀬自身も区間6位の走りだったので、上々だったのではないかと思います。高瀬は1年生、来年がとても期待できます♪

でもって明日は復路。
トップ早稲田大学とは約2分差なので、逆転できない差ではないと思いますが、実力校の駒沢大学が2位につけており、まずは駒沢を追い越すことから考えなくてはいけません。また、オーダーを見ると亜細亜・東海・東洋・中央らは、往路の巻き返しを狙い追いかけてきそうです。来年のシード権を確保するためにも、上ばかり見ているのではなく、堅実なレース(走り)をして、何としてもシード権を取ってもらいたいと思います!
その注目の復路、エントリーは『6区・中満、7区・飯塚、8区・大谷、9区・宮城、10区・中川』。エントリーのメンバーで、昨年走っているのは3名。中満は2年連続6区を担当(昨年は14位)、飯塚は往路の4区(7区の逆)を走って8位、宮城は3区を走って17位でした。
また、往路での当日でのメンバー変更がなかったので、6人の補欠が4人まで変更が可能。前回の記事でも触れましたが、6人の誰もが力のある選手なので、明日の朝の変更にも注目したいと思います。私の注目は、名物「山下り」の6区を走る中満と、復路最長区間である9区の宮城です。さらに補欠メンバーでは、キャプテンで最後の箱根となる篠原と、1万メートル持ちタイム・チーム3位の山本にも(出場したら)期待したいと思います♪

やっぱり、自身の出身校がテレビに映っているとうれしいものですね!
明日も「手に汗握る」レース展開を楽しみにしたいと思います!

新春といえば

2008年の最初の1日も、すでの終わりを告げ、2日目に突入しています。
私は諸般の事情から、1日のAM6時に帰宅し、その記念すべき1日を「ヘロヘロ」の状態で過ごしましたw この時間でも、あまり眠くなんですよねぇ・・・orz

さて明けて本日2日、AM8時より新春恒例の『第84回東京箱根間大学駅伝競走』がスタートします。
戦前の予想では、駒沢大学と東海大学が優勝争い。続いて日本体育大学・東洋大学・亜細亜大学・順天堂大学と続くようですが、「山梨大好きっ子」の私としては、自身の母校である『山梨学院大学』にぜひともがんばっていただきたいと思っています!

本日の「往路」には『1区・松村、2区・モグス、3区・田中、4区・後藤、5区・高瀬』という区間オーダー。明日の復路の結果も当然ですが、来年のシード権を取る(また優勝・上位争いをする)ためにも、今日の往路で上位に入り込みたいところ。エース・モグスの力走はもちろんのこと、ほかの4人のメンバーの「走り」がポイントとなってくると思います。
先日の箱根駅伝予選会チーム2位で、1区エントリーの松村と、1年生ながら往路最長区間となる5区にエントリーされている高瀬に、特に期待しています♪ 松村は、どれだけの順位でモグスに繋ぐことができるかどうか、高瀬は「山登り&最長距離」という過酷な条件をいかに乗り切るかが、往路のキーポイント。
また松村・高瀬もそうですが、3区田中・4区後藤も箱根駅伝初出場なので、その「雰囲気」に飲み込まれず、まずは『自分の走り』ができるよう、周りがしっかりとサポートしてほしいと思います。そういう意味では、当日エントリー変更のできる「補欠」に、昨年箱根を走った選手が篠原主将を筆頭に3名のほか、今期好調との話を聞く古屋と岩田や、2年生ながら持ちタイム14分前半(5000m)のスピードランナー・小山らが控えており、当日のエントリー変更にも注目です。

昨年は12位と不本意な成績になってしまいましたが、一昨年は準優勝という結果を残しています。「何が起こるかわからない」のが駅伝の醍醐味。1人1人が、持てる力の120%を出し切り、自分のため・仲間のため・恩師のために走りきってほしいと思っています。
あと数時間後にスタート!今年はどんな『ドラマ』を見ることができるでしょうか?楽しみです!

祝2008年元旦!

今年もよろしくお願いします♪

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ