« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

切り替え切り替え

昨日行われたアウェー熊本との一戦、3連勝がかかっていましたが残念ながら「勝利」という結果を出すことができませんでした。

20080430_002予定では熊本へ行くはずだったのですが、まわりと休みが合わずに断念。 通算2回目となるアイメッセでの「パブリックビューイング」で観戦しました。会場には約1100人が詰めかけ、時には歓声・時には溜息で甲府を応援。藤田のPKが決まった時は、全員総立でゴールを喜びました♪

20080430_005 私は会場へ13:30頃到着。試合が放送される大画面映像装置では、パスシステムのCMメイキングの様子が放送されていました。3人でかなり楽しそうに収録していた模様。所々で笑ってしまう場面もあり、貴重な映像を見ることができました。特に、池端は何度も撮り直しをしてしまったようですねw

20080430_00120080430_003  昨季のPVと違って、今回のPVでは軽食やグッズ売り場(パルシステムの申込場)などが設置されていて、『ただ試合を見るだけ』ではなかったところが、よかったと思います♪ グッズ売り場では、ここの会場でしか買えないモノがあったらしいです!

20080430_008 そして、甲府が誇るマスコット2トップ「こんせんくん&ヴァンくん」も会場に来ていました(微妙な写真でスミマセン)。先着500人(?)にはバッチが配られ、写真撮影会も催されたそうです。試合が始まったら、ほとんどでてこなくなっちゃったのが、ちょっと残念でした。

さて試合。
立ち上がりはそれほど悪くなかったと思うのですが、ジョジは左足を痛めてしまったことで運動量が上がらず、攻撃は久野サイド一辺倒のワンパターンになってしまいました。さらに先制点を許してしまうと、ガクッと全体の運動量落ちてしまい、次々と熊本に決定機を献上してしまうことに・・・。後半早々、PKで同点に追いつくも(守備のマークミスで)すぐに失点してしまい、非常にもったいない形での勝ち越しを許してしまうことに。また美尾のコメントにありますが、追いついてからの攻撃にもっと迫力があれば、逆転もあったと思います。
とはいえ、この日の甲府の攻撃はどうにもミスが多く、決定機も数えるほどしかなかったように思います。1失点後の「ガッカリ度」も見ていてわかるようで、ほんの10日前の広島戦と「同じチーム」とは見る影もなかったと思います。今日のサンニチにもありますが、まずはメンタル面で「負けるもんか!」「ぜったい勝つ!」という執念を持ったプレーを、それから『戦術・考え方』などを突き詰めていってほしいと思います。大阪戦・広島戦でできていたことが、どうしてこうもできなくなってしまったのか・・・試合後に冷静に振り返ることも必要ですが、選手1人1人が試合中(ピッチ内)で行動に表して「チームのため・勝利のため」に気持ちを強くもって、1プレー・1プレーを大切にしていってほしいと思います!

今日のサンケイスポーツでこんな記事を見つけました。
「前にいく気持ちが強すぎて裏を取られることもあるけど、やっぱり一番大事なのは気持ち。前に行くんだという気持ちがオレを動かしている」(浦和・闘莉王)
甲府に欠けているのは、こういう「気持ち」だと思います。自分でそういう気持ちを持つことも重要ですが、サッカーはチームプレー。チーム全体を『こういう気持ちにさせる』ことができるような選手がいれば、熊本戦のような試合にはならないと思います。私は秋本や山本・藤田あたりに、こういう「リーダーシップ」を期待しています。

3日には草津戦があります。体調面もそうですが、気持ちの面での「切り替え」ができるかどうか、試合の行方・結果に大きく影響してくると思います。前売券の感じだと、かなりの甲府サポが3日には正田醤油スタジアムに詰め掛ける見通し。大声援でチームの後押しをしたい(できる)と思うので、選手のみなさんには元気と勇気を持って、そして勝つことだけを考えて草津に向かっていってほしいと思います!

残念

今日、3連勝をかけた熊本との一戦は、残念ながら1ー2で敗れてしまいました。
僅かなチャンスを生かされ、決定機もそれほどなく何だか3月の水戸戦を見ているような気もしました。
ですが、大切なのは次の試合。連敗はしないよう、厳しい日程ではありますが、再度選手のみなさんには自分のプレーを見直してもらいたいと思います。

結果も内容もつきつめる

ゴールデンウィークの連戦、第2戦はアウェーで今季J2参入のロアッソ熊本との試合です(私は熊本行けないので、PVにて観戦します)。
例年、この時期はタイトなスケジュールが続きます。今後の日程も合わせてみると、1番間隔が詰まり、忙しいスケジュールだと思います(7/5<福岡:A>~7/9<横浜:A>もきつい日程ですが・・・)。距離もそうですが、移動するだけでも普段より時間がかかり、選手たちの負担になってしまいそうですが、それはどこのチームも同じこと。連戦の最後には、横浜との「上位対決」があるので、アウェーではありますが4/29の熊本戦と5/3の草津戦で勢いをつけていきたいですね♪ここが『前半戦の踏ん張りどころ!』と気持ちを切り替えて、3連勝~4連勝といきたいです!

9節:愛媛戦では、最少得点での勝利(1-0)で今季初の連勝を飾りました。攻撃面では決定機もそれほど多くなく、広島戦のような「連動性」「激しさ」は影を潜めてしまいましたが、少ないチャンスをきっちりとモノにし、愛媛のシュートをわずか4本(前後半2本ずつ)に抑えての『守り勝ち』だったと思います。
試合展開的には、「1点入るかなぁ・・・」「同点にされそうだなぁ・・・」と私1人で勝手に不安がっていましたがw、そんな不安もまったく関係なく平穏に90分がすぎていきましたw 広島戦のように、自分たちのサッカー(やりたいこと)ができて勝利するのがベストなのですが、愛媛戦のような「やりたいことができない」試合でどれだけ勝利(勝ち点)が拾えるかが、J1昇格へのポイントだと私は思っています。そういう意味では、愛媛戦は「内容は伴わなくても勝利できた」という『意味のある試合』だったと思います。
しかし、「やりたいこと」ができなくて勝利し続けることは無理です。『どうしてできなかったのか?』必ず原因を突き止め、次の試合ではその「できなかったこと(前の試合でできたこと)」をきっちりできるよう、修正してほしいと思います!

<J2リーグ:第10節 ロアッソ熊本戦>
~『ファンタジスタ』は活躍の場所を選ばない!~

Img_2958 25・MF 美尾敦
今季8シーズンぶりに京都から甲府に復帰。開幕当初は途中出場が目立ったものの、6節からスタメンに定着(3試合連続フル出場中)。その大阪戦から4試合で早くも3アシスト(大阪・広島・愛媛)を記録し、甲府の得点源として存在感を示しています。また、攻撃面での活躍のみならず守備面においても切り替えが早く、スペースのカバーやチェイシングなど「甲府の中盤」としてやるべきことをすべてやっています。明るいキャラクターで、練習中のコミュニケーションも欠かさないそうです♪

対する熊本。現在勝ち点5で15位ですが、1試合少なく得点と失点を見てみるとそれほど甲府と大差ありません。またJ’S GOALのプレビューを読んでみると、試合内容もそれほど悪くないらしく、広島戦の2失点も「かなりオフサイド臭かった」とのことですw 8試合やって1勝2分(5敗)のチームだと思っていると、大きな間違いになってしまいそうです。
熊本の要注意人物というと、やはりFWの高橋でしょうか。昨年はJFLで29得点をあげゴールランキング2位、今年3月度のJ'S GOALのMIPに選出され、非常に勢いのある選手です。それほど高さはないのですが、動き出しとポジショニングで勝負するタイプのようです(佐藤寿人のような感じでしょうか?)。マークの役割をきっちりと確認し、フリーでプレーさせないようにしたいですね。
中盤では左サイドハーフの車智縞、DFではCBの元日本代表上村がキーパーソンです。車は両利きなので、それを頭に入れたチェックを。上村は人に強いので、ひと工夫してマークをはずしたり「速さ」で勝負したいですね。

前節、熊本と対戦した広島の選手から「こういう戦いをしていると、この先は勝てなくなる」とのコメントがありましたが、甲府にも同じことが言えると思います。開幕当初から、どうも攻撃のテンポが悪く「内容も結果もイマイチ」だったのが、開幕も9試合も過ぎようやく『結果』は出るようになってきました。内容の方は、大阪戦・広島戦は良かったのですが、湘南戦・愛媛戦はあまり良くありませんでした。
スタメンも9試合で7通りありましたが、熊本戦はそれほど代わらない見通し。やっと戦術と選手起用が噛み合ってきたように思えます。これからが、『本当の甲府の力』ということを見せるべく「結果=内容」という試合を期待していきたいです。常に進歩を(上を)目指していってもらいたいと思います♪

3連勝目指して!さぁいこうぜヴァンフォーレ!!
(なお5/3のアウェー草津戦は、こちらによるとアウェー側チケット売り切れだそうです)

チームの成長を感じる一戦

20080426_060 昨日行われたJ2第9節:愛媛FCとの試合は、「1-0」で見事勝利を飾りました!シュート数が、両チーム合わせて11本と少々「退屈」な試合でしたが、ジョジマールの貴重な得点で、8節広島戦に続き勝利して今季初の連勝をすることができました!美尾のアシストも、ジョジにぴったりと合い、『連携が深まってるなぁ・・・』と感じることができました。

20080426_001  この日の小瀬は、雨が降ったり止んだりの忙しい天気。桜もすっかり散ってしまい、小瀬も「緑色一色」となっていました。この日は、ここ数日の「暖かさ」にだまされて(?)、比較的軽装でいってしまい、試合中ずーっと寒い思いをしてしまいました・・・orz 

20080426_05320080426_037  そんな雨も降り、気温も上がらない天候。しかもテレビ中継があったのにも関わらず、8305人の観客動員がありました。しかし、ポンチョ率が非常に高くてびっくりしましたw ポンチョが普及すると、スタジアムが青色で染まってきれいですね♪

20080426_02320080426_018  試合前に会場を盛り上げてくれたのは「市川三郷レンジャー」のみなさん。着ぐるみのバランスは、如何ともし難いみたいですがw、ヴァンくんとのPK戦などで面白くしてくれました♪ もう少し1体1体に違いがあると、もっとよかったかもしれません。

20080426_01620080426_017 そして、この日のヴァンくんは「ポンチョ仕様」でした。私はスタに来たのがちょっと遅かったのですが、開門すぐには全力疾走を披露したとか・・・w この日のヴァンくん、とても活発に動き回っていました♪20080426_027 20080426_030 市川三郷レンジャーとのPK戦では、3本止めて完勝にガッツポーズ! 戻り際には、スピードの乗ったドリブルに加え、「跨ぎフェイント」まで披露してくれました! また後半で触れますが、ヴァンくんはまたしてもマスコットの歴史を塗り替えたと思いますw

20080426_05720080426_055  愛媛FC(サポーターのみなさん)は小瀬に初来場。中には、金曜日の深夜に愛媛をバスで出発して甲府にいらしたサポーターの方もいたそうです。遠路はるばる御苦労さまです。愛媛との対戦は、残り2戦共に愛媛ホーム。1回はいきたいなぁ・・・と思っています。

20080426_03920080426_048  甲府のスタメンは藤田が2試合ぶりに復帰。銀髪になっていて、「いつもの藤田」が戻ってきましたw 前半のCKと左足のシュートは惜しかったですが、やっぱり甲府のピッチには藤田がいないと物足りないですねw あとは、高卒ルーキーで小瀬初見参となった輪湖。攻守で素晴らしい活躍だったと思います。これからのプレーが非常に楽しみな選手です!

20080426_07020080426_071  前半早々の大ピンチを素晴らしい反応でセーブしたのがGKの桜井。あれが決まっているといないでは、試合展開がまったく違ったと思います。キックも安定していて、まさしく『守護神』という名にふさわしい活躍だったと思います。また、DF秋本も1対1や空中戦で圧倒的な強さを見せてくれました。池端とのコンビは、J2でも屈指の「強さ」と言ってもいいかもしれません!

20080426_07620080426_072  殊勲の1点を決めたのは、大阪戦に続いて「ジョジ&美尾」のコンビでした。ジョジのヘッドはぴったり合いましたが、相手DFに少しだけ当たりうまい具合にタイミングとコースが変わりました。これも彼の持つ「強さ」だと私は思っています。美尾も試合後のコメントを読んでみると、「いろいろ考えていて、頼れる選手だなぁ」と感じました。アシストもそうですが、試合中も攻守に渡り運動量多く、見ていて頼もしいと思いました。

20080426_06420080426_059  試合後に衝撃の登場をしたのはこのお方w(試合前にも乗ってたらしいですがw)。 『自転車に乗るマスコット』は、まさに史上初で新たな歴史を作ったと言っていいと思いますw 20080426_065 20080426_066 グラウンドを半周した後は、自分で自転車を止めてそのあと歩いて挨拶に回っていました。次のホームゲームは5/6の横浜FC戦。何をやってくれるか、とても楽しみです♪

20080426_06820080426_067  広島戦に比べるとスピード感に欠け、決定機もそれほど作れませんでしたが、それでも勝ち切ったことに価値があると思います。この勝利で3勝4分2敗、勝ち点13に伸ばし暫定ですが6位に浮上しました。連戦となりますが、まさしく「ゴールデンウィーク」とするためにも、この初戦を勝利で飾ったことは非常に大きいです。この勝利を今後に繋げるためにも、次節の熊本戦が大切になってきます。しっかり休養をとってもらって、いい準備をしてもらいたいと思います!

さぁ!エンジン全開で上位浮上だ!ヴァンフォーレ甲府!!

連勝きたー!

今日行われた愛媛との一戦、1ー0で勝利しましたぁー!
これで、暫定ながら6位に浮上しさらに上位との差を詰めることができました♪
次の試合もすぐにくるので、3連勝目指していい準備をしてもらいたいもらいます!

続けていこう!

広島戦を勝利し、かなりご機嫌な週明けを迎えた今週。
しかし、火曜日には携帯電話が謎の故障を起こし、メモリーが全消しの悪夢・・・orz その他、私には今週いろいろな「災難」がふりかかりましたw しかし、どれもこれも26日の愛媛戦で『発散』するための災難と考え、ひたすら前向きに考えていきたいと思います♪

前節・アウェーで首位広島を成敗し、勝ち点を10に乗せた甲府。その広島とは勝ち点差4ではありますが、広島は1試合少ないため実質は2試合でひっくり返らない差です。その差を縮めるため、またJ2優勝・J1再昇格のためにも「連勝」が必須条件となってきます。愛媛に勝つため、広島戦の前半のような試合ができれば、かなりの確率でいい勝負ができると思います。その「できたこと」を1試合通してできるよう、私たちは選手の背中を押すべく大きな声援を送っていきたいですね!第9節・愛媛FC戦は、26日午後14:00からホーム小瀬でキックオフです!!

<J2リーグ・第9節 愛媛FC戦>
~私たちの気持ちを「ワコワコ(ワクワク)」させてくれるのは~

20080417_015 33:DF 輪湖直樹
広島戦で、今年の高卒ルーキー3人目のスタメン起用されたのは左SBの輪湖。前へのスピード・ディフェンス時のカバーリングなど、随所に光るプレーを見せてくれました。1失点の際のような1対1のディフェンスには、まだまだ課題がありそうですが、タイミングの良いオーバーラップや、思い切りのよいシュートなど、スタメン1試合目でしたが早くも「井上を凌ぐか?」と思わせてくれる勢いがあります。愛媛戦もスタメンが有力ですが、今度は小瀬をワコワコ(ワクワク)させてくれると思います♪

対戦する愛媛は小瀬初見参のチーム。
しかし、名前をよく見ると知っている選手が何名かいますね。FWの2人は、元広島の大木と元大宮の若林。ボランチには元鳥栖(C大阪)の宮原・左SBには元京都の三上・GKには元甲府の川北など、チームとしてまとまっていて要注意な選手が揃っています(昨季まで甲府にいた津田は怪我らしいです)。控えにも、内村(大分)・キムテヨン(年代別韓国代表)・横山(浦和)・田中(天皇杯・浦和から2ゴール)などもおり、後半にギアチェンジできる選手もいますね。
前節は、ホームで仙台と対戦し1-1の引き分け。主導権を仙台に握られるも、後半に修正してロスタイムに同点に追いつくしぶとい試合だったそうです。攻守に粘り強く、接戦に強いイメージがあります。

9節は、感動した大阪戦(4/6)以来のホーム開催。小瀬初参戦の愛媛を、まずは雰囲気で飲み込んでしまいたいですね。ヤフーのスタメン予想を見ると、負傷の大西に代わり藤田が、そして右WGには福岡戦以来のブルーノが名前を連ねています。現状で私が考えるに、これがかなりベストに近いメンバーではないかと思います。

どんな試合になるか、楽しみにして小瀬にいきます~♪

お休み

最近「みそラーメン」のうまさに気がついてきたまーちですw
家の近くに餃子のおいしいラーメン屋さんを発見しましたw だれかごちそうしてください!

ということで木曜日の今日は競馬コーナー。
まずは先週行われたGⅠ・皐月賞の回顧から。
優勝は、川田JKの強気な騎乗が光ったキャプテントゥーレ。どの馬も先頭を切らないと見るや否や、自ら主導権を握り見事逃げ切り勝利!昨年のヴィクトリーに続き、2年連続での「それほど人気のない馬」の逃げ切りでした。
2着には、穴人気にはなっていたタケミカヅチ。もう少し前で競馬すると思っていたのですが、中団から内をうまくすくって2着確保。3着との差は、4角で通った内外の差だったと思います。残念だったのが1番人気を背負っていたマイネルチャールズ。弥生賞では2番手からの競馬をしていたのですが、この日は中団やや前の位置取り。結果逃げ切りを許してしまった形には、とても納得できません。強気にレースを引っ張った川田JKに対し、あれだけレース前に強気だった松岡JKの消極的なレースにがっかりでした。次のダービーではどんな走りを見せてくれるのでしょうか?

今週はGⅠシリーズも1週間お休みです。行われるのは優駿牝馬(オークス)のトライアルレース「フローラステークス(GⅡ)」です。
出走各馬を見てみると、1勝馬も多く見受けられ昨年(ベッラレイアなどがいた)メンバーよりはちょっと寂しいメンバー構成。よほど強い勝ち方をしないと、本番では苦しいかもしれませんが、後々に続いてくる東京開催のレースの参考にもしたいものです。

私の注目は、その「見た目」が大きな話題となっている『ユキチャン』。非常にめずらしい「白毛」の馬です。前走で2勝目を挙げ、堂々のオープン入り。2勝馬自体が少ないこのレースでは、実績面では上位に入ります。また、人気になりそうな馬達(シングライクバード・レッドアゲートなど)は後方からレースを進めそうなので、開幕週の東京競馬場ということを考えると、前に行ける馬がとても有利だと思います。「クロフネ×母父サンデーサイレンス」という血統も大きな魅力です♪
相手候補も、先行しそうな馬をチョイス。アポロクイック・カレイジャスミン・スペシャルディナー・マイネルウインクなどが要警戒。後ろから来る馬では、サワヤカラスカルなんかが面白いと思います。シングライクバード・レッドアゲートは後ろから来るので、カイゼリンはまくる馬だと思うので、今回は見送ろうと思います。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナーflair

日常生活においては家族も元気、仕事もまずまず、阪神タイガースの快進撃など文句につけるところがない最近。欲をかいてはいけないと思いますが、少し前のJRAのキャッチフレーズ『競馬でうれしいが1番うれしい』を追求していきたい私。1月のギックリ腰以来、競馬の運気が例年以上に低調になってしまっていることが、心のスミに引っかかってしまっています。しかし、ここは給料日後の週末。しかも直線の長い東京開催が今週から開幕するので、強気に攻めていきたいと思います

今週はGⅡ・フローラステークス。以前にも書きましたが、幻の桜花賞馬と今でも自分が思い込んでいる「シングライクバード」が登場します。前走は中山1800・GⅢフラワーカップに出走。スローペースに追い込みが届かず、最後方からの競馬で3着が精一杯。4角で先頭から15馬身も離されていては、どうにもなりません。広い直線の長い東京競馬場で、強烈な末脚が爆発することを信じます。本線は、カイゼリンとの馬連勝負。あとは馬単で強弱をつけて総流しでいきます。
一寸の曇りもなし!的中させて文字通り「ゴールデンウィーク開幕!」といきます!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

勝ちました!

開始早々に先制点を許すも、ジョジと秋本のゴールで見事逆転勝利!
順位こそ変わらないものの、勝ち点を10に伸ばすことができました。首位の広島を叩いたこと、予定外の交代があったこと、藤田がいなかったことを考えると、非常に大きな1勝だと思います!
次節からはタイトな試合日程になりますが、この勢いで勝ち点を増やしていってほしいと思います!

広島に勝つのだ!

明日20日は、アウェー広島ビックアーチで広島との対戦です。
さすがに「遠隔地での日曜日、しかも夕方開催」ということで、私は先週に引き続き現場へ行くことができません。応援に行かれる皆様、よろしくお願いいたします~♪

前節、連勝を飾るべく平塚へ乗り込んだ甲府。しかし、非常に惜しい形での失点が決勝点となってしまい、今季早くも4試合目の「無得点試合」も重なり『0-1』で敗戦してしまいました。初勝利を挙げた大阪戦からスターティングメンバーが4人入れ代わり、直前にレッドカードの付け替えもあったりと、試合前にいろいろとありましたが、それを敗戦の言い訳としていては「J1復帰」への道は厳しいモノとなってしまいます。
ですが、それが現時点での甲府の力。湘南戦を欠場したGK桜井、DF秋本、MF藤田が復帰(するはず?)の今節。無敗でJ2リーグ首位を快走する広島にどこまで迫れるか、そして勝ち切れるか、8節にして『ベストメンバー』の甲府がどんな試合を見せてくれるかとても楽しみです♪

<J2リーグ第8節:サンフレッチェ広島戦>
~チームの大黒柱降臨!存在感の違いを見せつける!~

20080406_043 DF:2 秋本倫孝
6節大阪戦に負傷から復帰するも、警告を2回受けいきなりの退場処分。2枚目のイエローカードはいただけませんが、相変わらずの「人への強さ」を見せてくれました。また秋本がCBに入り、山本がアンカーの位置に入ってボールがさらに回るようになった効果も見逃せません。秋本の相手チームに対する「強さ」、そしてチームを引っ張る「強さ」に広島戦は期待しましょう!

対する広島、現在4勝2分の勝ち点14で首位。
7節・大阪戦からシステムを「3-5-2」から「4-2-3-1」へと変更。前線の3人と予想される佐藤・柏木・高萩は共に、甲府の高いDFライン裏を徹底的に突いてくると思います。3バックは、盛田が大阪戦で負傷退場するものの代わって出場した森脇が1ゴールを挙げ、見事にその穴を埋めて余りある活躍をしていました。森脇は身長176cmと盛田と比べると高さはないのですが、4節・7節とゴールを決めておりセットプレー時には注意が必要だと思います。
盛田が抜けた分、単純に「身長」というくくりで比べると『ちびっこ』が揃ってしまっている甲府と大差なさそうに思えます。しかし、柏木・森崎のように精度の高いプレースキッカーがそろっているので、ゴールが直接狙える距離でのFKはあまり与えたくないですね。ストヤノフ・青山・森崎から出そうな「低い位置から」のロングボールへ、しっかりプレッシャーをかけていきたいところ。全員守備・全員攻撃で、チーム全員で勝利に向かって走ってたいですね!

甲府は前述の通り、湘南戦欠場組が戻ってくるほかにも、(J’S GOALプレビューを見ると)何名か入れ替わりがありそうな雰囲気があります(ヤフーではあまり代わりませんが)。第8節にして6通り目のスタメン。いろんな選手が見れるのはうれしいですが、結果を出すのに苦労している様子が見えてきます。先の目標も大切ですが、まずは目先の試合に全力を傾け、ただひたすら勝利を目指してほしいと思います。

勝利に向かって走れ!ヴァンフォーレイレブン!!

速い馬が勝つ!

木曜日は競馬の日。
今日は先週行われた「桜花賞」の回顧と、今週行われる「皐月賞」の展望です。

まずは先週の桜花賞の振り返り。
優勝は直線で鋭い切れ味を見せてくれたレジネッタ。私も、「直線一気の競馬でどこまでくるかな?」と、頭のスミには入れていたのですが、まさか勝ってしまうとは予想外でしたw 鞍上の小牧騎手は地方から移籍してきた騎手。今回がうれしい初G1制覇となりました。表彰台での「おまたせしました!」がとても印象に残りました♪
2着にはエフティマイアが入り、3連単は700万を超える馬券(100円買って700万円超)という大波乱を演出。人気馬総崩れの桜花賞だったのですが、このレースがいったいどういうレースだったのか、いまだに分析しきれていません。これからいろんな情報を集めて、桜花賞がどんなレースだったのか、どんな馬が走ったのか(走らなかったのか)をしっかり見極めた上で、オークスの馬券を買いたいと思います。

そんな「大波乱」の桜花賞を受けての、牡馬クラシック第一弾・皐月賞。『桜花賞が荒れたから皐月賞も荒れる』なんてシンプルな理屈が通れば苦労しないのですが、その可能性は充分あると考えられます。
京成杯・弥生賞と連勝中のマイネルチャールズ以外は、前走か前々走で重賞(またはトライアルレース)を勝っている馬が6頭(連対でみると10頭)もおり、そのマイネルチャールズも中山2000を3連勝とはいえ差も僅かです。「ほんの少しの差」で着順が入れ替わりそうなメンバー構成。まさに『どの馬が勝ってもおかしくない』レースだと思います。

そんな皐月賞、私が注目したいのはレインボーペガサス。前走スプリングSでは7着と着順こそ悪いですが、スマイルジャックとの差はわずか「0.5」。前に行った馬が1~2着ということを考えると、そう悲観するレース内容ではなかったように思います。そして今回は、安藤騎手への乗り替わり・1F距離の延長はプラス要因になると思います。内枠を利した「先行策」に期待したいと思います!
対抗には1番人気が予想されるマイネルチャールズ。3連勝の勢い、安定感、先行できる器用さ、血統などどれをとってもマイナスになる要因はないですね。あえて言えば、松岡騎手の「威勢がよすぎる」ところでしょうかw 
あとは、キャプテントゥーレ(休み明け2戦目:父も皐月賞馬)・レッツゴーキリシマ(GⅠ朝日杯2着)・タケミカヅチ(堅実な走り)・ベンチャーナイン(ハイペース必至で追込台頭)などをチェック。
人気どころでは、ブラックシェル(クロフネ×ウイニングチケット)・スマイルジャック・フローテーションはダービー(東京競馬場)で買いたいと思っているので今回は消しです。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナーflair

先週の桜花賞は、全く話にならず惨敗!しかし、気を取り直して今週も競馬を楽しみます。
まずは、土曜日の「読売マイラーズカップ」。めずらしく(?)的中した中山記念で好走してくれた「思い込みNO2.カンパニー」「思い込みNO3.エイシンドーバー」と、ドリームジャーニーの馬連BOXと3連単BOXで勝負。週末の天気は気になりますが、「自信度90%」で他の抑え馬券はまったく買いません! これを当て、勢いに乗って翌日の皐月賞に向かいたいところ。しかし、皐月賞の予想はあまり自信がありません・・・が、やっぱり勝負しますw
前走・スプリングSで引っ掛かってしまいながら3着を確保し、力を見せてくれたショウナンアルバ(蛯名騎手)で勝負します。思い出せば先週の桜花賞、波乱(超高配当)の立役者となったエフティマイアに騎乗していたのは蛯名騎手でした。もし、競馬が「続いていく感動的なドラマ」だったなら、大外18番枠というのもまた(JRAの)演出かもしれませんw
桜の花はかなり散ってしまっていますが、東の舞台で、『また』ピンク(8番枠)が満開ということも面白いと思います♪ 配当を考えて、馬連馬単で総流し大作戦でいきたいと思いますw
特に勝負は同じ8枠のフローテーションと、ブラックシェル・ベンチャーナインの3頭。先週の大波乱とまではいかないまでも、高配当を狙っていきたいと思います!

給料日まであと1週間。自分の力でこの苦境を脱出したい・・・という切なる願い。
幸運よ我にあれ・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、競馬界では若い騎手の勢いが目覚ましいです。
前出の松岡騎手は、結果こそ出せませんでしたが桜花賞でも人気馬・ブラックエンブレム騎乗し、今週は牡馬クラシック奪取に挑戦します。騎手のリーディングを見てみると、10位までに藤岡騎手(25勝・9位 22歳)がラインクインし、20位まで目を転じると浜中騎手(22勝・11位 19歳)、松岡騎手(21勝・12位 23歳)、吉田騎手(21勝・13位 25歳)、北村騎手(20勝・15位 27歳)、川田騎手(16勝・20位 22歳)と知らないうちに若い騎手が増えていてびっくりしましたw 
また、以前にも取り上げましたが、現役時代私が好きだった的場均騎手のご子息・的場勇人(はやと)騎手も、現在15勝で全国リーディング21位(関東リーディング10位)と、3年目の今年はかなりの躍進を遂げております。早く重賞へ、そしてGⅠ競争に騎乗できるよう、さらにがんばってほしいと思います。ちなみに今週は土日共に福島開催で14鞍の騎乗予定。有力は20日7Rのサンアスレチック、前走はわずかハナ差での敗戦だっただけに今度こそは勝ちたいですね。これからも、ひっそりと応援したいと思います♪

春・彩・花

どうもチームが勝ち切れないと、その週はモチベーションが上がりません。
そんな気分を少しでも紛らわそうと思い、花の写真を撮ってきましたw

20080416_00820080416_005  桜、盆地ではかなり散ってきていますが地域(郡内・北杜市)によってはいまが満開というところもあります。写真の場所は、「高根総合グラウンド」になります。今週末までは、楽しくお花見できそうですね♪

20080416_01720080416_023 そして、以前にも紹介させていただいた「韮崎市・新府」の桃と菜の花。地元の方々が計画的に実施して、有名な観光地として多くの観光客が来ていました。20080416_019 桃の「ピンク」と菜の花の「黄色」のコントラストが素晴らしいです! 気分転換のためにも、サッカー・チームを追いかけるばかりでなく、たまには綺麗な花を見て、リラックスしてみてはいかがでしょうか?

もったいなさすぎる1点

本日行われた湘南との1戦、特に後半は湘南が引いたこともあり、ペースを握ることができました。シュート数は16本、コーナーも10本を数えましたが1点が遠く、ミスから失点してしまい「0-1」で敗戦となってしまいました。
前田・ブルーノ・大西と惜しいシュートが何本もありましたが、「もう少し」及びませんでした。失点のシーンは『なんでもない』場面だっただけに、得失点共に「もったいない」シーンでした。
ですが、いつまでも悔やんでいる訳にはいきません。
20日には、首位の広島との対戦が控えています。桜井・秋本が戻り、藤田の復帰も期待できるので、しっかり準備していきたいですね。今季、特に得点が少ないことが気になりますが、J1復帰への重要な一戦になること間違いなしです。広島戦を「上昇への足がかり」としたいですね!

今季を占う大事な一戦

前節・大阪戦で今季初勝利を「やっと」挙げたヴァンフォーレ甲府。
しかし、秋本・桜井の出場停止処分という代償があっただけに、そう手放しでは喜ぶこともできません。また、今朝のサンニチによると中盤の要・藤田の出場が微妙とのことで、7節にして『5通り目のスタメン』はほぼ確実な様子です。とは言え、(今の時点での)スタメン予想ではDFラインは開幕戦(岐阜戦)と同じ。GKが鶴田の見通しですがそれほど問題ないように思えます。
また、前線のメンバーも大阪戦で大活躍だった宇留野・美尾は健在、ジョジマールもだんだん連携がかみ合ってきているようなので、もし『藤田不在』でも攻撃力は充分あると思います。

対する湘南も、CBの中心選手・ジャーンが今節出場停止。
やっぱり彼がいるといないでは、味方・相手ゴール前の両方での「高さ・強さ」が違います。そして、ジャーンの代わりには「ヤフースポーツ」によると永田(大卒新人)という選手が起用されるようです。前節・草津戦では、途中出場でボランチに入り、リンコンの2得点に絡んだそうです。身長180cmということで、たぶんCBに起用されることだと思いますが、本職ではないようなので、その辺りに『付け入るスキ』はあると思います。
FWに目を転じると、2トップにはリンコン(昨季16点)と石原(昨季12点)の強力な2人が前線を張っています。リンコンはゴール前での強さ、石原は動き出しのスピードで勝負するタイプのFW。しっかりとマークにつき、フリーでプレーさせないことが第一ですね。池端の人への強さ、山本のカバーリングでうまく対応していきたいところです。

<J2リーグ第7節・湘南ベルマーレ戦>
~ゴールラッシュ!速さ+強さ=得点~

20080406_070_2 FW:14 ジョジマール
大阪戦では、持ち前の「速さ」と「強さ」を生かして2得点!
2人退場になってからも、試合後倒れるくらいまでチェイシングを行い、勝利へ大きく貢献しました。宇留野・美尾とうまく連携をとりながら、相手ゴール前中央で仕事ができ、得点の機会が増えてきたように見えました。湘南戦では、自身初の『ハットトリック』を狙ってもらいたいと思います!

結果もそうですが、今季甲府が目指している姿は、前節の大阪戦の前半だと思います。単純に人だけ見れば、そこから桜井・秋本・藤田・吉田が代わる見通し。そうは言っても、代わって出場する選手は、鶴田・林・大西・杉山だと思うので、それほど心配ないと思いますが、少なからず「変化」してくるところはあると思います。
もちろん、代わって出場する選手に「欠場する選手と同じことをするんだ!」とは言いませんが、チームとして「やろうとしていること」の方向性が、統一されていることを見せるためにも、『誰が出場しても変わらない』試合をしなくてはいけません。そういう意味で、「理想の(目指す)試合」であろう大阪戦から、4人のメンバーチェンジでどんな戦いをすることができるか、「1試合の勝ち負け」以上に大きな意味が湘南戦にはあると思います。

試練の4月の第2戦・湘南戦、両チーム共に守備の要が不在の上、両外国人FWが前節2得点と好調。点の取り合いの試合も予想されますが、何より「走るサッカー」が復活した甲府が、湘南に走り勝てるかが勝負の分かれ目だと思います。ぜひ連勝を飾って、次節の広島戦に向かいたいですね!

桜の季節は、始まりの季節

木曜日は競馬コーナー。
といっても、更新しているのはすでに金曜日。1時間かけて編集した記事が消えてしまいましたorz ということで、今回は今週13日に行われる「桜花賞」の展望のみの短縮ヴァージョンでお送りしますw

私の注目は、2歳チャンプのトールポピー。やはり「阪神1600mでGⅠを勝っている」のは、大きな強みです。前走(チューリップ賞)こそ、スローペースにハマってしまい、エアパスカルの逃げ切りを許しましたが、今回はきっちりと差してくれると思います。総合力は1枚上だと思います。
対抗には、チューリップ賞でトールポピーを破ったエアパスカル。チューリップ賞と桜花賞の関係はとても濃いものがあり、「勝ったこと」がこの馬の力の証明。ただの逃げ馬ではなく、どんなレースにも対応できそうなので、力は発揮できそうです。他には、リトルアマポーラ(阪神1600mで2勝)、マイネレーツェル(勝っても人気でなさそう)、レジネッタ(3着候補・ワイドで)を買いたいと思います。
ソーマジックとオディールは、次のオークスで狙いたいと考えています。ポルトフィーノは、人気先行で配当に面白味がないので見送りですw

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナーflair

先週末は自治会のお花見に巻き込まれ、ビール・焼酎などで昼過ぎにはすでに「お祭りワッショイ」状態w 予想外のハイペースに巻き込まれ泥酔してしまい、楽しみにしていた大阪杯をオンタイムで見ることができませんでした。そのお花見でたくさん「払い戻し」をしてしまったので(謎)、今週の桜花賞で『払い戻し』をいっぱいゲットしたいと思います!
その桜花賞、リトルアマポーラ・トールポピー・ブラックエンブレム・ソーマジックの4頭の3連単で勝負します! 混戦ということで、1頭軸の流し馬券に絞って買うまでの決め手がありません。3着までに入る確率の高い4頭を選んでみました。怖いのはオディールですが、「嫌い」なので買いたくありませんw ここは思い切り「バッサリ」と切ってしまいたいと思います!
桜の開花・満開宣言を受け、春のGⅠシリーズも本格化してきます。桜花賞で気持ち良く馬券を当てて(開花・満開宣言をして)、次週に繋げていきたいと思います!『4月攻勢』いきますよ!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さぁ!ヴァン(挽)回だ!!

20080406_07320080406_051  まずは、ヴァンフォーレ甲府にどんな形でも関わってる皆様、今季初勝利おめでとうございます! そして、こんなにも感動した試合を見せてくれたチーム(選手・監督)にも「おめでとう!」そして『ありがとう!!』と言葉を贈りたいと思います♪ 

20080406_00220080406_003  6日の小瀬はまさに「春満開!」の陽気で、お花見している人がたくさんいましたね!名物の「小瀬の桜並木」も、まさにピンク一色で『今日の試合がんばれよ!』って言ってくれているようでしたw 

20080406_02720080406_020  そんな暖かい陽気だったので、VFQのみなさんも「夏仕様」に気持ち衣替えですね♪ VFQと言えば、やはりこんな感じの『白っぽい』服装が似合うと思います! これからは紫外線も増えるので、しっかり日焼け止めのケアもやっておきたいですね。

20080406_00720080406_016  また、この日のヴァンくんは登場していきなり「側転」を披露するも、活発な活動はこれのみでしたw 昨季は、小道具(ボール・ラケットなど)を使っていろいろやってくれたのですが・・・。チームの運動量は増えたのですが、ヴァンくんの運動量の少なさががちょっと心配ですw

20080406_04520080406_046  そして、大阪戦も6節開催の競技場では唯一の「1万人超え」。次に多かったニッパツ三ッ沢競技場(横浜@6465人)を、ぶっちぎっての最高動員でした。小瀬の外にいたお花見客も、1万人の応援・歓声にはびっくりしたと思いますw

20080406_04720080406_048  6節にした4パターン目のスタメン(写真の時間が微妙ですがw)。事前の報道の通り、秋本・宇留野がスタメンに復帰し、美尾が今季初先発でした。各選手が持ち場できっちりと自分の仕事をこなし、最高の活躍をしてくれたと思います。

20080406_06320080406_060  中でも宇留野は、期待以上の大活躍で得点も決めてくれました! 攻守に労を惜しまない運動量で、左サイドを駆け回っていました。また、アンカーでの起用となった山本。藤田・美尾に攻撃を任せ、守備的なポジションに重点を置いていました(3点目のパスも見事でした)。最後はCBにポジションを変え、獅子奮迅の大活躍!試合直後に倒れこんだのは彼とジョジでした。

20080406_07120080406_055  もちろん、2得点を決めたジョジマールだって『花丸◎』ですw 2点目・3点目と、彼の良さが引き出されての結果でした。また、後半人数が少なくなってからの「チェイシング」も休まず走り続け、同点を許さなかった1つの要因だったと思います。ヴァンくん(手拍子してます)も、なんだかうれしそうです♪

20080406_059 主審に対していろいろと残った試合でありましたが、こういう試合で「勝てた」ことは非常に大きいと思います。夕方ニュースで宇留野が「勝ち点3をとることが、こんなに大変だとは~」と言っていましたが、まさに同感です。20080406_057 この「勝ち点3」を生かすも殺すも次の試合次第。次も厳しい相手(湘南)で、しかもDF2人(秋本・池端)が出場停止の見込みなので、まだまだ難しい状況は続いていきます。中盤の構成(藤田・美尾・山本)はよかったと思うので、代えないでほしいな・・・と思ったりしていますが、それは安間監督が考えてくれると思うので、私は池端の一発退場処分が撤回されることを祈っていますw

20080406_07420080406_075  こちらは帰りの小瀬。どの「ヴァンサポ」も笑顔ニコニコで、足取りも軽いようでした♪ やっぱり勝つとうれしいですよね!私も今日、会社に行って何人もの方から「おめでとう!」と言われ、『まだまだですよ!』と言いつつも自然と笑顔になり会話が弾んでしまいましたw 

開幕5試合、ちょっと不甲斐ない成績が続きましたが、6試合目にしてやっと「開幕」した感じがします。こういう試合を続けていけば、必ず結果はついてくると思うので、自分の力を信じて選手たちにはプレーしていってほしいと思います!

みんなで勝った!

やっと今季初勝利です♪
いろいろありましたが、勝ちは勝ち。今日のところは素直に喜びましょう(笑)

やったぁ〜!!!

今節こそ勝利!

例年のことながら、今年はさらに「スロースタート」のヴァンフォーレ甲府。3月もホームゲームが3試合あったにも関わらず、4分1敗と現在12位。これでは「Back To J1」のクラブ目標も、寂しく感じてきてしまいます。シーズンが始まったばかりで、『まだまだ順位を気にすることは・・・』と言いたくなってしまいますが、土曜日の開催が終わった時点では、暫定首位の鳥栖が1試合少ない開催ですが勝ち点11で首位。6節で対戦する大阪は、現時点で勝ち点9。もし甲府が大阪に敗戦してしまうことがあると、その勝ち点は12となり(広島の結果次第ですが)、シーズン開幕6試合で首位と勝ち点差8にまで開いてしまいます。もちろん、長いシーズンですから、何が起こるかわかりませんが、あんまり出遅れてはその「ツケ」は後々に響いてきます。
原点に立ち返り『自分にできることを全力で必死にプレーする』ことを、ピッチでやってほしいですね♪ スタイルに縛られることなく、瞬間瞬間に厳しく、集中力を高く保って勝利に向かい邁進してほしいと思います!

大阪戦に向けて前回のエントリーでも触れましたが、明るい話題がいくつかあります。
秋本・宇留野の戦線復帰、戦術面での進歩、練習場の供用開始など、いままでになく「プラス」の要素が揃いました。紙面によれば、秋本・宇留野はスタメン起用の様子で、山本が中盤に上がるようです。
J1復帰に向けて、これ以上の「足踏み」はもう必要ありません! 5試合待たされた分、『スカッ』と勝利で小瀬の桜と喜びを分かち合いたいと思います♪

<J2リーグ第6節:セレッソ大阪戦>
~攻撃のリズムを変える!今季左WGはこの人の定位置~

Img_3519 FW・11 宇留野純
シーズン開幕前の千葉戦、1番よく見えたのがこの選手でした。昨シーズンとはまるで別人のような動きで、とても楽しみにしていたのですが残念ながらその千葉戦で怪我をし、復帰に1ケ月を要しました。しかし、久しぶりの実戦となった先週の長野でのTMでもかなりの好調ぶりだったみたいで、ポテンシャル・モチベーションは落ちていないようです。3日の練習試合でも3得点に絡み、実戦での活躍が非常に楽しみです。得点力不足解消に、特効薬となってくれると期待しています♪

対する大阪。
ここ2試合、内容はよくないながらもきっちりと勝利するところは「強いチーム」だと言えます。
岐阜戦では、あるサッカー誌を読むと「決定機 2」とあり、少々攻撃面に精彩を欠いているのかなぁ・・・と思いました。
とは言え、攻撃守備の両方でタレントはそろっています。中でも要注意人物はMFのジェルマーノと香川でしょう。ジェルマーノは守備的な中盤の仕事がメイン。相手の攻撃の起点をつぶし、ピンチを何度も未然に防いでいるそうです。大阪の中盤は、彼が支えていると言っても過言ではないと思います。香川は左サイドMFの選手。先日のオリンピック代表の試合でも、キレのあるいいプレーをしていました。ドリブル突破に注意したいですね。マッチアップする(であろう)甲府の右SB・吉田との駆け引きが見ものです。

Img_4190Img_4191  6日の小瀬は、5日のように暖かく絶好の観戦日和となることでしょう。桜はちょっとピークを過ぎていると思いますが、それはもう1面キレイなピンク色で私たちを迎えてくれると思います。そんな桜に負けないよう、ヴァンフォーレも大阪に勝って『満開宣言!』といきたいですね!
勝利に向かって走れ!ヴァンフォーレイレブン!!

4月はこの選手に注目!

今週のVF甲府は、6日にホーム小瀬でセレッソ大阪との対戦です。
J1昇格を争う「ライバル」である大阪に、どうしても勝ちたいところですが、甲府の場合はそれ以前に「勝っていない」ので、相手がどこであれまずは『今季初勝利』をそろそろ挙げておきたいですね。
前節の山形戦は、正直言って「負けなくてよかった」試合で、なかなか上昇の兆しは見えなかったですが、秋本主将・FW宇留野・DF杉山と怪我人が今週から戦線復帰と、明るいニュースが入ってきました。今朝のサンニチには、昨日行われた練習試合の模様が掲載されていましたが、かなりの好内容だったみたいです♪ 特に、WGとして起用(されたであろう)宇留野が3得点に絡む大活躍だったそうで、攻撃面に課題がある甲府としてはうれしい限り。
キャンプを見たある方が言うには『今年のチームは宇留野が中心』とまで言っていたので、私は彼の復帰を待ち望んでいました。大阪戦、スタメンかどうかはわかりませんが、出場機会はあると思うので、彼の「前への動き」に期待したいと思います!

今回は、久しぶりに「アンケート(投票)」を行ってみようと思います♪
3月を『未勝利』と結果を残せなかったVF甲府。4月こそ全勝目指す勢いで、よく元気に試合へ臨んでいってもらいたいところ。もちろん、全選手に期待しているのはもちろんなのですが、3月に結果が伴なわなかったこともあり、4月は先発メンバー・ベンチメンバー含めて結構選手が入れ代わることがあると思います。そこで、「3月出場機会が少なく、4月増えてきそうな(活躍しそうな)選手」を何人かピックアップして、みんなで投票してみようじゃないか・・・・と思いましたw

1・FW 久野純弥
Img_2944 今、1番「気持ち」をピッチ内で表に出している選手。必死にボールにくらいつく姿勢・表情が、手に取るようにわかります。今季は縦への突破だけでなく、「ボールキープ」の面でもプレーレベルが上がっていると思います。

2・FW 宇留野純
Img_2885 シーズン直前に怪我で戦線離脱。しかし、先月末から全体練習に復帰して、練習試合でも好調をアピール!TM千葉戦での積極的な仕掛けは、今までの彼のプレーにはなかったものを感じました。前への意識に期待♪

3・MF 美尾敦
Img_2894 練習試合を見ていると、非常に運動量多く前線からDFラインまで幅広く動き回っています。それでいて、中盤から前線へゴールにつながるパスをよく狙っていて、彼のまわりからは得点の匂いがしますw 藤田とのコンビを見てみたい!

4・DF 吉田豊
Img_2962 杉山の負傷により、ルーキー4節・5節とスタメンフル出場。4節で得点にも絡み、「U‐19日本代表」の力を見せてくれました。山形戦では、少々消極的なところもありましたが、彼らしく思い切ったプレーを見せてほしいですね♪

5・DF 秋本倫孝
Img_2979 今季主将に任命されるも、キャンプ中に怪我で開幕にも間に合いませんでした。しかし先月末には練習試合にも出場して、相変わらずの『強さ』を見せてくれ、私たちを安心させてくれました。「試合に出たがっている」とのことなので、何より精神面でチームを支えてほしいと思います!

この5名でエントリーしてみました。
他にも、ブルーノ・井澤・國吉あたりもいい動きをしているのですが、「すぐにでも試合に出場しそう」な選手を優先してみました。
とにかく私は宇留野に期待大ですw

真打登場!(追記)

先週は、私が早々に寝てしまったためお休みさせていただいた競馬コーナー。今週は寝てしまわないうちに、早く更新したいと思いますw

30日(3月)には、GⅠ・高松宮記念が行われました。
優勝は、初GⅠ勝利となったファイングレイン。馬場のいい「インコース」をうまく捌いて、1着でゴールイン!2着にはキンシャサノキセキが入り、『父フジキセキ』の1・2フィニッシュとなりました。2頭をよく知らないので何とも言えませんが、例年の高松宮記念と比べると「時計」が速かったことが、この2頭が来た原因の1つかもしれません。
1番人気に押されたスズカフェニックスは、追い込み切れず3着。内枠が災いして、持ち味の末脚を発揮するものの、馬群を捌くロスが痛かったですね。真ん中あたりの枠順だったら、もっと上の着順だったかもしれません。

今週は、GⅠを複数勝った馬が大阪杯登場します。
今秋こそ凱旋門賞を目指す5歳馬・メイショウサムソン(GⅠ×4)と、9戦6勝(2着3回)で今年は年度代表馬を目指す4歳牝馬・ダイワスカーレット(GⅠ×3)が、6日に阪神競馬場で激突します。
どうしてもこの2頭に注目が集まってしまいますが、菊花賞馬アサクサキングス・皐月賞馬ヴィクトリーを始め、サンライズマックス・インティライミ・ドリームパスポートなど、2頭以外にも「くせモノ」がそろっていますw
レース展開としては、アドマイヤメイン・インティライミなどがいるので、そうそうスローペースにはならないと予想。『逃げ』の作戦をとったこともあるダイワスカーレットですが、今回は先行集団の中に位置取ると思います。そして、スカーレットを見ながらメイショウサムソンがレースを進めるような感じになると思います。

私が勝つと思うのはメイショウサムソン。2000mの距離でGⅠを2勝している実績を重視。比較的速い流れになりそうな展開も、この馬には向くと思います。先行する(はずの)ダイワスカーレットを四角回ったあたりで、早めにつぶしにいってもらいたいと思います。
このような展開を想定して、次点にはドリームパスポート。淀みのない流れ、早め早めのレース展開となると、後ろに控えそうな馬を買いたいですね。最後方から行くような「思い切った騎乗」に期待します。
そしてダイワスカーレット。有馬記念の好走はとても評価できますが、先行勢に有利な流れだったことは確か。配当を考えるとそれほど買いたいとは思いませんが、無理に切ることもないと思うので、「サムソン⇒スカーレット」の馬単馬券を買いたいと思いますw

まぁ馬券は買いませんが、アサクサキングスとサンライズマックスがどのくらい走れるか、これも注目したいと思います~♪

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナーflair

今週は、阪神競馬場で「産経大阪杯」が行われます。現役馬の中で「思い込み度NO1」のドリームパスポートが出走します!
今年(2008年)、アメリカジョッキークラブカップ・京都記念と持前の鋭い切れ味がまったく見られず、私の期待には応えてくれていません。しかし、メイショウサムソンと走ったレースでは勝ち越しており、その実力がいつ発揮されるかが問題です。スポーツ紙等で聞くところによると、調子はあまり良くないとのことですが、今回も心中ですw 『もう春だ!目覚めよドリームパスポート!!天皇賞を目指す馬が、GⅡでつまづいてどうする!』強い気持ちを持って応援します♪
相手は、中日新聞杯で3連勝を飾り今一番勢いのある馬と言っていい、(好きな騎手)池添Jのサンライズマックスには馬連で。また、この2頭を軸としてダイワスカーレット・メイショウサムソンへ3連単・2頭軸で勝負します。4月に入り、ここから連勝街道といきたいと思います!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

変えよう!変わろう!

今日から「2008年度」が始りましたね!
暖かくなったり、寒くなったりで風邪なんかひいていないでしょうか?
車・バイクなど所有している方は、ガソリンを入れに行かれたでしょうか?w
世の中で販売されているもの、例外なくと言ってもいいすぎでないくらい今日から軒並み『値上げ』。そんな中ガソリンだけ「値下げ」なんて、どんだけ気前がいいんだよ!・・・って考えたりしている私ですw 

我らがヴァンフォーレ甲府、開幕5戦で4分1敗とスタートダッシュに失敗。
J1復帰(J2で2位以内)を目指すには、「試合数×2」の勝ち点が必要なんて言われているようです。そう考えると、現時点だと『勝ち点6(2勝)』足りません。さらに今後を考えると、「5試合勝ち点10」のペースに上乗せして、どこかでこの『2勝分』を取り返さなくてはなりません。

開幕5戦を終えて、その「5試合勝ち点10」のペースすら危ういような『危機感』を私は大きく感じています。先日の山形戦にしても、今日発売の週刊誌ではソコソコよかったような評価でしたが、試合を見た私としては、正直言って『よく負けなかったな』と言っても言い過ぎでない試合だったと思います。
なんせ『得点の予感がしない』ことこの上ないですね。

試合後にはジョジマールや井上から「クロスの精度・選手間連携」についてのコメントがありましたが、『まだこんなこと言ってたんだ』と非常にがっかり。そうでなくても、サイド人数をかけるので中央で待つ人数が少ないのに、選手間の意図が合わないのでは話になりません。しかし、試合後には昨季から何度も聞いた「クオリティをあげていく」「続けていく」といったお決まりのコメント。毎回毎回同じことの繰り返しでは、現状が最高クオリティではないかと思いたいくらいw クオリティを上げることよりは、「可能性」を上げることに取り組んでもらいたいなぁ・・・と思ったりしています。
先日の福岡戦。大西のゴールの時のように、サイドを少ない人数で突破して、ゴール中央に何人もの選手が走りこんでくるような・・・、そんな場面を作れるよう努力してもらいたいと思っています。クロスをあげても、待っているFWが1~2人ではゴールの可能性も低いです。しかし、3~4人もそのクロスに対して狙って動けば、1~2人の時と比べれば単純に考えても「1・5倍から4倍」ゴールの可能性があると思いますw(単純すぎですがw)

もし、どうしても「狭いエリアでの崩し・パス回し」にこだわるのであれば、そのプレーをシュートに結びつけてほしいなぁ・・・と。山形戦でも顕著だったのが、その崩し・パス回しが「クロスをあげるために」行われているということ。チャンスメイクではなく、フィニッシュへの仮定として「パス回し」をしなくては、得点のチャンスはなかなかないと思います。理想は、昨季のG大阪戦・アルベルトのゴールですね。細かいパス回しで相手DFラインを引きつけ、逆サイドまでボールを運びシュート。今は、引きつけて突破してもクロスを上げるだけに終わっているので、あんまり効果ないように思えます。

あと1つ思うのは、「勝てないことへの危機感(勝利への執念)」を持っているかということ。
「信じる・続ける・負けてはいない」と、前向きに考えることも大切ですが、『勝ちきれなかったこと』に対する危機感・緊張感がチームにあるのかなぁ・・・と。ミーティングや練習の様子はわかりませんが、試合中に体を張ったプレー・ミスや失敗を悔しがる姿・大きな声などは、あまり見受けられないように思います。もちろん「表に出さないだけ」かもしれませんが、な~んか感じる「温度」が低いように私は思います。『ボール際・1対1の勝負に負けない、クロスに体ごと飛び込む、シュートをはずしてピッチを叩いて悔しがる』、こういうことができるか・できないかで、1点・1勝が変わってくると思います。

まぁ、長々と意味があまりない講釈をしましたが、ようは甲府に勝ってほしいのですw
私も「何か変えたい」と思い、髪を切り(のびたからw)、パソコンを買い替え(謎w)、『4月反攻』の準備を整えましたw やっぱり勝ってくれないと元気でないんですよ!

4/6セレッソ大阪戦、勝利を飾ってもらって、私達サポを安心させてほしいと思います♪

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ