« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

この「惜しい」はどこまで続く・・・

今日行われましたFC岐阜との試合。「1-1」で引き分けでした。
今日は、ここ最近の試合の中では『シンプルな組み立て』が多く見られ、美尾を中心に前節・愛媛戦よりは「得点の予感」はしたと思います。
前半、回数は少なかったものの羽地のボレー・ブルーノの飛び出し・宇留野のシュートなど、「きたー!」と言いたくなるような場面がありました(特に羽地のシュートは惜しかったですね)。
後半も、岐阜を押し込む場面が幾度となくあるものの、CKからの『何でもない形』から先制点を献上。羽地のヘディングシュートで追いつき、途中交代の3選手が見せ場を次々と作るものの、シュートはGKのファインセーブに遭い(大西・神崎)、DFライン裏への飛び出しはオフサイド(神崎)、シュートがあとわずかで枠を捉えられなかったり(神崎)と、2点目を奪うことができませんでした。
相手シュートを4本に抑え、決定機も何度か作ったのですが、わずかなチャンスを生かされ、数あるチャンスを1回しか生かすことができず、勝ち点1に留まってしまいました。辛うじて連敗は止めたのですが、「引き分け」という結果には上位との差を考えると、満足できるものではないと思います。

5月はこれで終了ですが、6試合で「1勝2分3敗」と勝ち点の上積はわずかに5(ついでに言うと、この間の得点は5点)。1試合平均1点未満では、やっぱり勝つことは難しいです。得点のことに関して言えば最後の部分はどうしても『個人の力』によるところが大きいと思います。3トップに起用される選手の力なのか、3トップの使い方なのか、ただ単にタイミングの問題なのか・・・。考えられる問題はいくつもあると思いますが、現時点で考えられる「ベスト」を尽くしてピッチでプレーしてほしいと思います。私は難しいことはわかりませんが、FWが3人もいるのですから「3者3様」で、各選手が『生かされる』使われ方・プレーをすればまだまだできると思います!

FWは攻撃を、DFは守備を

明日は、アウェー岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、FC岐阜との対戦です。

前節・愛媛戦に1-2で敗戦してしまい、3連敗となった甲府。
首位広島とは勝ち点差18、3位湘南とも勝ち点差11と「今季最大差」を更新してしまいました。まだ、シーズンも1/3を1試合過ぎただけですが、J1再昇格へ向けて『これ以上差をひろげられてはいけない』ラインが間近になっています。チーム状態がそれほど良くない今、上位との差を云々言っても仕方ないので、まずは基本に立ち返り「J1降格が決まってしまった時」「今季が開幕した時」の気持ちを思い出し、ピッチの選手全員で相手ゴールを目指してもらいたいと思います!
そして相手の岐阜。今季の甲府は、その岐阜との試合から開幕したのですが、1-1の引き分けに終わってしまい、その後勝ちを積み重ね続けることができませんでした。「因縁」とも言える相手を、そのお返しとばかりに打ち負かし、2か月遅れではありますが気持の上で「シーズン開幕!」といきたいですね♪

<J2リーグ:第17節 FC岐阜戦>
~スピードと強さで、相手FWをねじ伏せる!~

20080417_016 19・DF 池端陽介
前節・愛媛戦は累積警告のため出場停止でしたが、鳥栖戦までは全試合に出場。持前の俊足で、浅いDFラインの裏をカバーしています。仙台戦・鳥栖戦と、少々ミスが目立ったので前節の出場停止は、いい休養になったかもしれません。3試合連続2失点の守備の立て直し、深刻すぎる得点力不足解消のため、彼の力は必要不可欠。時々見せる「オーバーラップ」にも期待です♪

岐阜は、開幕戦と戦ったときとは4人ほどメンバーが入れ代わりそうです。
2トップは不動(片山・片桐)ですが、右サイドには梅田・ダブルボランチの1人には佐藤・CBは川島・小峰(開幕戦)から深津・菊池とのメンバー起用が予想(小峰は出場停止ですが)。甲府との開幕戦から比べるとこれだけ代わりそうですが、前節の大阪戦とはほぼ代わらずです(右SBに小峰→川島)。
何と言っても注意したいのは、片桐・片山の2トップと両サイドハーフ。2トップ2人だけで9得点(片桐3・片山6)を叩き出し、両サイドハーフも梅田(右)が4点で高木(左)が3点。「どこからで点がとれる」ような感じがいたします。しかし、その攻撃陣も最近5試合でわずか2点。直近ホーム4戦で得点「0」と精彩を欠いているようです。
また、前節大阪戦では5失点と守備陣にも不安がある様子。今節では、初めて川島を右SBに起用する見込みなので、そのあたりに付け込むスキがありそうです。

しかし、いまの甲府は相手がどうこうよりも、「自分たちに問題がある」試合が続いており、まずは『自分のこと』がファーストチョイスになってきます。
ヤフースタメン予想だと、3トップ真ん中に羽地・右WGにブルーノとなっています。これは先日の練習試合のフォーメーションですが、私の見た感じでは「う~ん」と言ってしまうようなデキ。宇留野を含めた3人の足があまり動かず、足元のパスに終始。パスカットされると、羽地までもがSB裏のスペースのカバーに行き、ボールを奪っても攻撃の形になりませんでした。
見ていて思ったのは、「攻撃と守備の役割分担」ができていない・・・と。『全員守備』と言えば聞こえはいいですが、全員で自陣に戻り守備をしていては、ボールをせっかく奪っても攻撃する人(前線にいる人)がいないでは、攻撃に時間がかかってしまい、相手に守備を整えさせる時間を与えてしまいます。
愛媛戦の2失点目のように、少ない人数でも「速い攻撃」をするためにも、攻撃をする人は前線にいないといけません。守備はDFにある程度任せて、FWは攻撃・得点のために全力で走り、力を発揮してもらいたいと思います。そして、各ポジションで各選手が与えられた仕事を120%こなし、相手から得点を奪い自分たちのゴールを守って勝利を手にしてもらいたいと思います!

ちなみに、初めて「ゲートフラッグ」を作ってみました!
今日(30日)に完成し、明日岐阜へ持って行こうと思ったのですが、諸般の事情により岐阜行きは中止となってしまいました。よって、ゲーフラの初お目見えは草津戦まで持ち越し~。

下から読んでも「ダービーだ!」

サッカーで「書くこと」がないので、3日も空いてしまいました(汗)。
チーム状態が良ければ、少しは頭が回るのですが・・・。

ということで、毎週木曜日は競馬コーナー。まずは先週のオークスの回顧から。
優勝は、直線豪快に馬群を割ったトールポピー。多少「豪快過ぎた」感もありますがw、父ジャングルポケットを彷彿とさせる見事な競馬だったと思います。予想より早めのペース(やや重で前半100m=61・4秒)が、彼女の能力を全開にさせた1つの要因だと思います。今後の課題としては、スローペースのレースでの「折り合い」だと思います。
2着には桜花賞に続いてエフティマイア。13番人気は、あまりにも人気がなさすぎでしたw 結果的には「桜花賞の1番人気&桜花賞1・2着」ということで、『桜花賞組強し!』のオークスでしたが、秋華賞でこの勢力図がどうなるか・・・。見逃すことはできませんね!

今週は、牡馬クラシック第2弾:日本ダービー(東京優駿)。
『ダービー』というレースは、やはり競馬に携わる人達にとっては別格のレース。そのレースに臨む各関係者の「意気込み」は、相当なモノだと思います。

1番人気が予想されるのは、NHKマイルカップ(G1)を衝撃的な強さを発揮して差し切ったディープスカイ。上がり3Fを「33・9」でまとめ、レースの上がり(35・0)を1秒以上上回った末脚は、3歳のこの時期の力としては「ダービーを勝つ資格がある」と言っていいと思います。『中2週・初距離』など、越えるハードルは少なくありませんが、この馬なら・・・と思わせてくれる馬だと思います。
2番人気には、皐月賞で1番人気に押されたマイネルチャールズでしょうか。ちょっと消極的なレース運びだった皐月賞。結果は、自身より前にいたキャプテントゥーレとタケミカヅチを交わすことができず3着止まり。非常に悔しい3着だったことと思います。ダービーでは積極的な競馬に期待です♪
あとは、なんといってもダート4戦4勝、圧勝続きのサクセスブロッケンの参戦。この馬の参戦で、俄然今年のダービーは面白くなったと言えるでしょう。父シンボリクリスエス×母父サンデーサイレンスですから、『ダートのみの馬』ではないと思います。
さらには、トライアル優勝で勢いのあるアドマイヤコマンド・メイショウクオリア・ベンチャーナイン。東京巧者のブラックシェル・ショウナンアルバ。堅実なタケミカヅチ・スマイルジャック。鞍上魅力のクリスタルウイング・レインボーペガサスなど、有力馬は半数を超えてしまいますw

馬券を買うのに非常に困ってしまいますが、私が「1番勝つ可能性の高い馬」だと思っているのは、唯一のGⅠ優勝馬・ディープスカイ。血統面からも「2400m」という距離は全く問題なく、確実に鋭い末脚で直線伸びてくると思います。あんまりのんびりと構えてもらっては困りますが、東京の広くて長い直線で彼の能力は十二分に発揮されると思います。四位JKの「ダービー2連覇」も期待しています~♪
わずかな差で次点は、これまた人気ですがマイネルチャールズ。この馬の強さは、自分でレースを作れることと、前に行ってバテないところ。皐月賞では「前の馬を残してしまう」という人気馬らしくない競馬をしてしまったので、ダービーではしっかり前を捕まえて、しぶとい脚で粘ってほしいと思います。
人気の馬を買うので、相手は絞りたいですね。青葉賞をわずか3戦目で制し、前々走での毎日杯でディープスカイの2着だったアドマイヤコマンド。力強い競馬で京都新聞杯を制したメイショウクオリア。皐月賞2着のタケミカヅチ。ほかにも買いたいと思う馬はいますが、今回は無理に人気薄を狙う必要はないかなぁ・・・と思います。

<いぶし銀sign01的場でOKgoodshine
impact先週の結果impact

  的場厩舎bleah     
     東京&新潟で6レースに出走
       キョウエイタキオン見事1着sign01
  的場騎手wink 
     新潟16鞍に騎乗(2~5人気に6頭)
       キョウエイタキオンで1着・2着は2回sun 

horse今週の予定 cloud
 的場厩舎 東京で4レースに出走予定 
  →5/31 東京10R・シャペロンルージュ
  『休養明け2戦目。距離克服がカギthunder』        
 的場騎手 東京で9鞍に騎乗予定
  
→5/31 東京2R・シュヴァーベン
  『前走1番人気で僅差の3着。今度こそsign01

※なお、今週のデュランダルさんのコーナーはお休みです。ダービーは精神を集中させ、予想・馬券購入に全精力を注ぎたいとのことです。報告は来週していただくことになっています。楽しみです!

まいったね、こりゃ

今夜行われました愛媛との1戦、大西の素晴らしいゴールで追いつくも勝ち越し点を許してしまい、1-2で敗戦。仙台・鳥栖・愛媛と3連敗となってしまいました。
どうにもこうにも「得点」の予感がしない攻撃陣に加え、簡単な形で失点しまう守備陣。これでは1つの試合に勝つことすらままならないなぁ・・・と思いました。先日の鳥栖戦・今日の愛媛戦と、だんだん試合内容が悪くなってきていることも気になります。

とりあえず1つ思ったのは、「抜本的」な変化が必要なのではないか・・・と。戦術のような「ソフト面」から、選手・システムのような「ハード面」にまで、『得点・勝ち』のための変化がほしいと思いました。現状でも、決して悪いとは思わないのですが、やはり「結果」が出ないことにはただの『いいサッカー』で終わってしまいます。「このまま」では、いつまでも『このまま』のような気がしてきました。

チーム全体(監督・選手)が変化する勇気を持って、岐阜戦に臨んでもらいたいと思います。

気持ちは元気に!

明日は、アウェー・ニンジニアスタジアムで愛媛との対戦です。

前節、第1クール最終戦(鳥栖戦)に敗れてしまい、「4勝4分5敗」と黒星が先行してしまった甲府。海野社長さんからも「存続危機以来の悪い成績」と、厳しいコメントがありました。23日には『お祓い・必勝祈願』が行われ、当面できそうなことは全てやった感があります。あとは試合でどれだけ「結果」を出すことができるのか、各選手の『両足』にかかってきます!普段の練習でやってきたこと・自分の力を信じて、ミスを恐れず思いっきりプレーしてもらいたいと思います~♪

<J2リーグ・第16節 愛媛FC戦>
~攻撃に比重をおいて。左サイドからシュートを打ってほしい~

20080406_063 11:FW 宇留野純
C大阪戦で怪我から復帰し、いきなりゴールを挙げるもその後はノーゴール。前節ではチーム全体で21本のシュートを打つも、彼自身は0本。前田・久野がそれぞれ5本ずつ打っているので、少ないと思います。やっぱり「FW」ですから、得点をとるのが彼の仕事。得点をとることによって、相手に与えるプレッシャーも変わってきます。「攻撃・守備を全員で」と言いますが、いまの甲府には何より『得点』が必要なので、宇留野には何より得点にこだわったプレーをしてもらいたいと思います!

対する愛媛。中3日のタイトスケジュールの中で、前節(湘南)・今節(甲府)とホームで連戦は有利。4位の湘南を相手に、1-1の引き分けはかなりチーム状態が良いという証かもしれません。
予想される2トップは田中と内村。2人共、DFライン裏へ抜けるプレーを得意としているだけに、甲府DFラインとの駆け引きがポイント。甲府は池端が出場停止なだけに、代役となる選手(山本・井上・寄井?)がしっかりマークにつききれるか、秋本とのコンビネーションがうまくいくかが愛媛FWを抑える鍵。相手選手をしっかりと見て、「人につく」ディフェンスをしていきたいですね。
また、元甲府の2選手にも注目。DFの津田は昨季まで甲府に在籍。愛媛ではスタメンDFとして定着しているようです。左MFの江後は、湘南戦で貴重な同点ゴールを記録しています。甲府サポにも2人のファンは多いそうなので、何とも複雑な気持ちになってしまいます(2人には甲府戦以外でがんばってもらいたいと思いますw)。

愛媛との第1クールでの対戦は「1-0」で勝利しましたが、内容はあまり良いものではありませんでした。試合開始早々のピンチを決められていたら、どっちに転ぶかわからなかった試合だと記憶しています。力の差はわずか、海野社長さんからの激にも「甲府は挑戦者とあれ!」とありました。
『まずは目の前の1試合』
自分にできる100%のプレーを集中して(継続して)行うことで、必ず結果は出てくると思います。勝負の、そして試練の第2クール。得点・勝ち点・順位をジャンプアップさせるために(何より自分達の力を再確認するために)、まずは初戦の愛媛戦は勝利しなくてはなりません。私にできることは『応援』だけですが、その「できること」を選手たちと同じように全力でやっていきたいと思います!

気持ちを強く・前向きに持って、上を向いてがんばっていこう!

「限定戦」は順当?波乱?

水曜日に試合があったので、今週は金曜日が競馬の日です。
今週の開催は、2週連続での「牝馬限定戦」、優駿牝馬・オークスが東京競馬場:芝2400mを舞台に行われます。

オークスの展望の前に、先週行われましたヴィクトリアマイルの結果から。
優勝は、スローペースを中段から上がり「33・4」の豪脚で差し切ったエイジアンウインズ。連勝の勢いに乗って、GⅠを制覇しました。テン乗りだった藤田JKも、見事な騎乗ぶりだったと思います(できれば、前走と同じ鮫島JKでいってほしかったですがw)。
1番人気のウオッカは、エイジアンウインズを上回る「33・2」で上がり3Fをまとめるものの、2着がやっとの結果。この馬向きのレースになったにも関わらず、この結果は厳しいモノがありますね。出走すれば人気になるだけに、買うタイミングが難しいです。

そして牝馬クラシック第2弾・オークス。
桜花賞では『3強』と言われていた、トールポピー・オディール・リトルアマポーラが揃って着外に沈み、レジネッタが勝利。2着にはエフティマイア、3着にはソーマジックが入線して3連単が700万を超える馬券となりました。別路線では、レッドアゲート(フローラS)が強い勝ち方で名乗りを挙げ、さらにクラシック戦線を難しくしてくれましたw 今回のオークスでは、「桜花賞好走組」「桜花賞敗戦組」「別路線組」どれを買うか、非常に頭を痛めてしまいます。
中心は、やはり桜花賞組になるのですが、好走した馬か敗戦した馬かどちらを選択するかが大きなポイント。昨年のように、『桜花賞敗戦組&別路線組』という組み合わせか、一昨年のように『桜花賞組 1・2フィニッシュ』となるか、今年は特に難しいと思います。

そう考えた中で、私の結論は昨年と同じ「別路線組&桜花賞敗戦組」という組み合わせになると予想します。桜花賞は比較的ペースが速かったのですが、オークスは逆にスローペースになりそうなので。また、週末は「雨」が降りそうなので、『スタミナ』を必要とする馬場になりそうなことが大きな理由です。
そして本線は、フローラSを先行策から力強く抜け出したレッドアゲート。これまでは、後ろから行って直線一気の競馬だったのですが、内田JKに代わり東京競馬場で力を十二分に発揮することができました。昨年のベッラレイアと同じくらいの評価をしてもいいかと思います。
対抗には桜花賞3着のソーマジック。父は、東京2400・ジャパンカップの勝ち馬のシンボリクリスエス。向かないはずがありませんね。鞍上の後藤JKも、ヴィクトリアマイルで3着・NHKマイルカップで2着と好調。そろそろ勝ちがほしいですね♪
以下は手広く、カレイジャスミン(先行策で粘る)、スペルバインド(3着候補)、ブラックエンブレムとエアパスカル(人気急落、渋った馬場で)を狙いたいと思います。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

先週は「牝馬思い込み度 NO1」のベッラレイアが出走するも、直線で全く伸びず惨敗。おかげでこの1週間、どうも勢いに乗れない日が続いてしまいました。しかし、彼女の力はこんなものではないはず!次の出走予定はわかりませんが、今後も応援していきたいと思います!
今週は、給料日後の競馬開催ということで慎重かつ繊細に攻めていきたいと思います♪
今回、オークスの狙いは(桜花賞でも応援したのですが)人気であっても、リトルアマポーラ・トールポピー・ソーマジックの3頭に、ムードインディゴを加えた4頭の馬連BOXと3連単BOXで、確実に資金を増やしたいと考えています。
本当は、「イチオシ」のシングライクバードを応援(推奨)したいのですが、賞金が足らず権利も獲れなかったので出走なりませんでした。そんなことで少々「熱」が足りないのですが、その分馬券を当てて『熱く』なりたいと思います♪

そろそろ「クリーンヒット」がほしいこのコーナー。あんまりのんびりやっていると『存続危機』問題がおきてきそうですw 気を引き締めて、でも楽しく馬も応援して今週も馬券を買っていこうと思います!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場でOKgoodshine
impact先週の結果impact

  的場厩舎bleah 
     東京&新潟3レースに出走
      クリプトゾーンで見事1着sign01
  的場騎手gawk 
     新潟&東京で13鞍に騎乗
      初騎乗GⅠ(ヴィクトリアマイル)は無念の10着typhoon
      最先着はアドマイヤジョイの3着dash 

horse今週の予定 rain/cloud
 的場厩舎 東京&新潟で6レースに出走予定
  →5/25 新潟2R・ギンザマスタング
  馬体が絞れて好走upwardright今度は確勝だsign03         
 的場騎手 新潟で13鞍に騎乗予定
  
今週は有力馬多数なので、複数勝利に期待sun
  
→5/25 新潟10R・ピースメーカー(2戦連続2着)

集中力と落ち着き

20080522_036 今日の私は、自分でも考えられないくらい「不機嫌」でした。
それはもちろん、鳥栖戦に負けたから。今朝目覚めた瞬間から、目ざまし時計にあたり、着る服にあたり、新聞にあたり・・・w でも幸いだったのは、その「不機嫌だ」ということに早く自分で気がつけたこと。おかげで、仕事先では無難にこなせた(はず?)と思いますw 

20080522_00120080522_007 21日の鳥栖戦、今季初の「平日ナイター」での試合でした。仕事を終わらせ、大急ぎで移動し小瀬に到着したのが6時30分少し前。小瀬の周辺は、試合がなくても混雑しているのでちょっと時間がかかってしましました。来月にはもう1試合平日ナイター(広島戦)があるので、移動経路には若干の見直しが必要だと感じましたw

20080522_01920080522_006  この日は、3年ぶりに「バックスタンド」での観戦。いつもはゴール裏からなので、試合をじっくり見ることができました。また、売店にいろんなメニューがあってうれしかったです♪ でも、残念ながら「やきとり」はあまりに混雑しすぎていて、試合を見損ねる危険性があったため断念。もう少し整理(整列)した方法がとれないものかと思いました。

20080522_01420080522_026  バックスタンドからだと、こんな写真も撮れますw 入場前のVFQ、何かおしゃべりしていますね♪ そして、ゴール裏~バックスタンド間の売店の様子。スタンド改修前は、この場所にしか売店がなかったので、何だか懐かしい気持ちになりました。

20080522_009 平日のナイター開催にも関わらず、小瀬までいらしてくれた鳥栖サポのみなさん。この写真には30人ほど映っていますが、ほぼこれですべてだと思います。鳥栖のホーム『ベストアメニティスタジアム』は非常にいい球技専用のスタジアムなので、7/26がんばって行こうかなぁと・・・w 福岡空港から1時間かかったかどうかの距離だったと思います。

20080522_03520080522_031 さて試合。どうにもこうにも「決定機」で点がとれなさすぎですね。このあたりは仙台戦と同じなのですが、鳥栖戦では前半簡単に2失点を喫し、さらなる悪い展開に。シュート21本・コーナーキックも8本を数えるものの、得点は「8000%クロス」だという久野のゴールのみ。まったくもって、悲しくなってしまいます。

20080522_03420080522_042  「数ある決定機に、シュートをふかさず枠内に放ち、得点を決めることができるのか?」私は、表題の『集中力』と『落ち着き』だと思います。鳥栖の2点目なんかいい例だと思いますが、20080522_040 藤田は金から折り返しが来ると予想しPA内で「その時」を集中して待ち、ボールが来たら冷静に左足できっちりシュートしていました。
甲府の選手の場合、ボ20080522_038ールが自分の足元に来てから考えたり(「来た!」みたいに慌てたり)、足もとに収めてもゴール枠内を狙ってシュートを打てなかったり、プレーに『余裕(落ち着き)』がないように見えました。「シュートを決めなくては!」という気持ちばかりが先に立ち、20080522_044 一番「自分のプレー」をしなくてはいけない場面で力が発揮できていないようにも見えました(久野も前半の逸機を、試合後相当悔やんでいたそうです)。
もちろんそれは、攻撃の場面ばかりでなく守備面でも、藤田と金「だけ」にやられてしまったことは、再度確認が必要だと思います。そして、相手選手に対し「集中」してマークをはずさず、マッチアップの場面では落ち着いて対処する・・・。守備面は、いままで『できていたこと』ですから、できないはずがありません。

次節は中3日でアウェー・愛媛との対戦。
第1クールが終了し、首位広島とは勝ち点差15に広がり状況は悪くなる一方です。今後、第2クール・第3クールと巻き返すためには広島のような結果が必要となってきます。得点と勝ち点を倍増させ、失点は2/3にしなくてはいけません。特に得点は、リーグ最下位タイ・1試合平均で1点を切っています。
J1再昇格に向けて、越えるべきハードルはただ1つ「得点力アップ」。新外国人獲得の情報もありますが、合流は早くても7月なのでそれまでは現状のメンバーで得点力アップを計っていかなくてはなりません。ゴール前までボールを運び、いい形でシュートまで持っていける以上、あとはいかに「集中して落ち着いて」シュートを打てるかどうかにかかっていると思います。3トップには『シュートの部分』を最優先で考えさせ、守備の負担を少しでも減らし、質の高いシュートで得点を狙っていってほしいと思います!

特効薬ください

今夜行われました鳥栖との一戦、残念ながら1ー2で敗戦となってしまいました。
前半、早い時間に簡単に失点してしまい、その後攻勢に出るものの、久野のゴールで1点を返すに留まってしまいました。
攻守に集中力を欠いた場面が多く、勝ち切るにはいろいろと足りないものがありました。
次の試合は3日後すぐにやってきます。序盤とはいえ、上位とこれ以上離される訳にはいきません。今後、何より求められるのは結果。何か『特効薬』があればよいのですが…

ホーム4連勝を狙え!

明日はホーム小瀬でサガン鳥栖との対戦です。

前節:14節は試合がなかった甲府。
9節(愛媛戦)から中2日~4日で連戦が続いていたので、いい休養にはなりました。「運動量」を必要とするサッカーなので、この『休養』はプラスに向くものと思います。しかし、その休養のおかげで首位・広島とは勝ち点差が12に広がってしまいました。第1クール最終戦となる鳥栖戦を勝利で飾り、第2クールへと繋げることはできるのか、上位との差を少しでも詰めることができるのか、非常に重要な一戦となってきます。

甲府の前の試合は、アウェーで仙台との試合でした。試合を現地やテレビで見た方はわかると思いますが、再三再四に渡りチャンスを掴むもシュートがGK正面だったり、ゴールポストに弾かれたりと「どうしても」仙台のゴールを割ることができず、後半2失点を喫して敗戦。
私がその試合でまとめた記事にも書きましたが、「運」の部分もあったと思います。しかし、『ゴール前での精度・落ちつき』なんかも、足りなかったとも思います。そういうところを改善すべく、徹底したシュート練習をこの休養期間に実施したそうです。この問題は、簡単には解決しないと思いますが、「練習でできないこと」は実践で成功する可能性は低いと思います。『練習でできたこと』が明日の試合で発揮されるよう、一生懸命応援したいと思います!

<J2リーグ・第15節 サガン鳥栖戦>
~久しぶりのスタメン?「キープ力」がアクセント~

Img_2972 DF:5 井上雄幾
ヤフースポーツのスタメン予想を見てみると、久しぶりに「井上」の名前を発見しました! 吉田・輪湖が最近では出番が多かったのですが、出場なれば7節湘南戦以来のスタメンになります。ルーキー2人のようなスピードはないものの、井上独特の「キープ力」が私は好きです♪ 鳥栖戦の左サイド(宇留野・井上)は、右サイド(久野・杉山)とは違う「攻撃の形」を見せてくれることと期待しています~!

対する鳥栖は現在6位。
前節の広島戦では、「0-1」で敗戦。13節・湘南戦に続いて1点差ゲームで敗れてしまい2連敗。3連敗は避けたいという「強い気持ち」で甲府に向かってくるものと思います。順位表をよく見てみると、甲府と鳥栖では「得点と失点」が逆になっているだけ。守備ではある程度できているものの、得点力に課題を抱えるチームの対戦です。
その鳥栖で、注意すべき選手はやはり2トップの「藤田&金」でしょう。攻撃に物足りなさがあるとはいえ、藤田は昨季J2日本人得点王・金も(藤田もですが)長身のストライカーで注意が必要です(金はゴールへ向かう突進力にも警戒です)。中盤には(ヤフースポーツによると)ダブルボランチと左サイドは前節と代わらないものの、右サイドにはFW登録のレオナルドの名前があります。スピードがかなりあるそうなので、スペースを与えて前を向かせないようにしたいですね。
4バックは、右から日高・柴小屋・飯尾・高地。柴小屋は187と長身ですが、あとの3人は176(日高)・飯尾(177)・高地(173)とそれほど高くはありません(低くもないですがw)。甲府の3トップは「ちびっこ」ばっかりなので、そうアドバンテージはありませんが、セットプレー時(秋本・池端)や後半に長身の選手(ジョジマール・羽地・木村)をターゲットとし、ゴールを狙いたいものです。

20080512_051私は先日、J2で1番の観客動員を誇るユアテックスタジアムへ行ってきたのですが、スタジアムそのものが大きかったせいか、「1つにまとまっている感」がイマイチだったように感じました(1面黄色でなかったり・・・etc)。20080506_018  その点、小瀬はかな りの割合で『青』に染まり、メイン~バック~ゴール裏みんなで「まとまった応援」ができていると感じました。そんなスタジアムで相手チームとして試合するのは、『とてもやりづらいだろうなぁ』とも感じました。
鳥栖戦では、「8時だよ!全員半額!」「サポーター会員同伴者招待」というイベントが行われます。さらに小瀬を青く染め上げ、選手たちの力になれるよう応援していきたいと思います!

目指せホーム4連勝!200ゴールは前田でお願いします!!

久しぶりのJ1

20080517_06120080517_060  今日は、昨日の予告(?)通りJ1を日本で1番感じられる場所、『埼玉スタジアム2002』へ1年ぶりに行ってきました。埼スタへは3回目ですが、今回初めて浦和側で観戦。しっかりと、応援についてきました~♪

20080517_06420080517_057  試合は「2-3」でガンバ大阪の勝利。やっぱり、雰囲気がJ1とJ2が違いました。J2の「空気」も嫌いではないですが、J1での試合は何と言うか『味』が違いますw 来年は、甲府の応援で埼玉スタジアムに来たいと改めて思いました!

試合ないとつまらないなぁ

今節、甲府は試合がありません。
練習も見学不可なので・・・・、とある場所へサッカーを見に行ってきます!
甲府がJ1から降格して半年、現在順位も9位でちょっと「J1をFeel」するには遠くなってしまっています。なので、私だけでも『J1をFeel』しに、日本中で一番J1を感じられる場所へといってきます!

やっぱり、週末はサッカーがないとつまらないですね!

初騎乗ガンバレ!

あ~。
またしても記事が消えてしまいました・・・orz
がんばって書いたのに、またしても消滅(涙)。

木曜日は競馬の日、短縮バージョンですw

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

先週は「CLUB KEIBA」ということで、ウインズ石和へと行ってきました(普段は電話投票)。デュランダルの弟・トーセンイマジゲンに、資金の90%を投資してしまい、その後の買いたかった馬券が買えなくなってしまいました。
その「買いたかった馬券」の中には、新潟大賞典のオースミグラスワン・プリンシパルSのベンチャーナインなどがおり、結果から見ると「超高配当」を取り損なった形となってしまいました。こうなったら、その「超高配当」を返してもらうべく、今後さらにトーセンイマジゲンを追いかけていこうと思いますw そうでないと私の気が済みませんw

今週はヴィクトリアマイルに、スイープトウショウ引退後の「思い込み度 NO1馬」ベッラレイアが出走します。長期休養明けではありますが、切れ味は展開一品!東京の長い直線を味方につけて、栄光のゴールを1番に駆け抜けてくれることを期待しています!ウオッカを始め、ライバルは強力ですが強気に馬単(1着付け)で勝負いたします!(全頭総流し)。
よみがえれベッラレイア! 君のまぶしい姿にときめきたい!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場でOKgoodshine
impact先週の結果impact

  的場厩舎despair 
     東京&新潟4レースに出走
      (最先着はキョウエイタキオン・ダイワジャンヌの5着)
  的場騎手wink 
     新潟で11鞍に騎乗 センシュアルドレスで見事1着!
                  (2着1回、新潟大賞典は15着)

horse今週の予定 sun
 的場厩舎 東京&新潟で3レースに出走予定
  →5/18 新潟4R・クリプトゾーン
  クラス3着の実績・初芝で新味だすsign01         
 的場騎手 新潟&東京で13鞍に騎乗予定
  →5/18 東京11R・ヴィクトリアマイル(GⅠ)タニノハイクレア
  自身初GⅠレース騎乗、前々走の騎乗が評価され再コンビ!

「うまいもの」を求めて

今季、ヴァンフォーレ甲府の応援で私が行ったアウェーは3会場(水戸・草津・仙台)。どのアウェーもそうですが、せっかく時間とお金をかけて遠くまで行くんですから、試合「だけ」見て帰ってしまうのは、少しもったいない気がします。
もちろん、スタジアム内で「そこでしか」食べられない『おいしいモノ』を食べることもいいですが、やっぱり「ご当地ならでは」のモノをおいしく食べて帰ってきたいですね♪ 甲府言えば、「ほうとう」や「ワイン」「馬刺し」のような食べ物のほか、時期によっては「さくらんぼ(桃・ぶどう)狩り」なんかも楽しめますね。甲府に来た他サポのみなさんにも「山梨」をたくさん味わって帰ってもらいたいように、アウェーに行った際には『しっかりと』アウェーを味わって帰ってきたいですねw

冒頭で書いたように、私が今季言ったアウェーは3会場(無得点&未勝利という突っ込みはナシですw)。水戸へ行った時は、移動手段&時間的都合で「試合だけ見て」帰ってきてしまったのですが、草津・仙台では『試合結果を受けてのヤケ喰い』ではありせんがw、しっかりと「アウェー」を味わって帰ってきましたw 少し紹介させていただきます!

5/20080504_0943 20080504_093草津戦のあと立ち寄ったのは「レストラン・パンプキン」さん
  試合会場・正田醤油スタジアムから車で結構移動して発見(時間は忘れましたw)。比較的有名なお店らしく、私たちが行った時も(確か?)浜松ナンバーの車がありました。こちらのお店では『これぞ草津!』というものを食べたのではないのですが、「あること」で有名なのでいってきました。

20080504_08820080504_090  その「あること」とは何かと言いますと、それは『量』です! (料理名はもう忘れちゃいましたが)見た感じは何でもないように見えますが、これ実は「半人前」ですw 噂を耳にしていたので少なめに注文して正解でした♪ 1人前注文していたら・・・う~ん危険ですw

20080504_09120080504_092  味もかなりおいしく、おなかさえすいていればどれだけでも食べれそうな感じ・・・・でしたが、最後にとどめがきましたw イヤでも目に入る「パン一斤」。上に生クリームとアイスが乗っているのですが、かなりの『強敵』でしたw 3人がかりでようやくやっつけましたw(メニュー名、忘れたのが痛いなぁ・・・)

5/120080512_087_31仙台戦のあとに伺ったのは「一仙」さん。
20080512_086   仙台へ行ったからには、やっぱり食べたいのは『牛タン』。「牛タン・インターネットランキング」で三ツ星をもらった超有名店です。場所も、地下鉄・広瀬通り駅から徒歩5分程度と近く、看板も目立つのでとてもわかりやすかったです。

20080512_07920080512_081  こちらは「牛タン焼定食」(写っていませんが、もう1品あったはずですw)。しかし、牛タンってこんなにもうまいものかと、びっくりしてしまいましたw ビールとも相性よく、あっという間にごちそうさまでしたw 

20080512_08420080512_083  で、こちらは刺身とシチュー。ビールが入っていたので、味は忘れてしまいましたがw、シチューはとても「美味」だったことはかろうじて覚えていますw 仙台へは次にいつ行くかわからないので、もっとしっかり記憶に残しておけばよかったなぁ・・・と後悔(汗)

もちろん「お土産」だって忘れてはいけませんw
草津に行った時は、群馬限定の上州舞茸うどん(正田醤油付)を。そして仙台の時は「萩の月」「ずんだ餅」を買ってきました。インターネットで何でも買える時代ではありますが、やっぱり「遠く」まで行った時は、お土産を買ってきたいですね♪

アウェーで「うまいもの」に巡り合うためには、やはり『事前のリサーチ』が必要です(あたかも自分で調べたようですが、すべてU-KSさんナビゲートですw)。自チーム・相手チームのチェックと共に、「その土地のこと」も調べてアウェーには行くようにしたいもの。そうすれば、試合に勝てばさらにうれしくなり、負けてもその悔しさは少し和らぎますw
J2はJ1に比べて、遠隔地(地方)での試合が多いです。そういうことも少し考えて、ゆっくり時間をとって「楽しいアウェー観戦ツアー」にしましょう!

「運」じゃないかな?

20080512_04820080512_074  『運が悪かったんだよ』

昨日から今日にかけて、私が1番言った言葉です。16本のシュートを放つも、GKの正面・ゴールポスト・枠の外など1本も決めることができませんでした。試合は甲府ペースだっただけに、結果がついてこなかったこの試合。「内容は良くて試合は負けた」という試合は何度も見てきましたが、仙台戦はその「何度」とは違う気がしました。

20080512_00220080512_004  試合当日の11日、始発の「あずさ」に乗り「新宿~大宮」経由で仙台入り。今回の仙台行きは、直前まで迷ったのですが、今季1回しかない『アウェーの仙台戦』なので、がんばっていってきました!

20080512_00720080512_009  6年ぶりの仙台。とは言っても特に何もないですがw、当時は車を1人で運転していったので、駅構内は初めてでした。新幹線で2時間弱、やっぱり遠かったです。もう少し時間があれば、のんびり観光もしたかってですが、前日の都合でそうすることはできませんでした。

20080512_01420080512_011  その仙台駅から地下鉄を使い、スタジアム最寄りの駅「泉中央駅」へ。仙台駅では『ベガルタ仙台』のことがあまり目にとまりませんでしたが、地下鉄~泉中央駅となると写真のように飾りつけがしてありました。

20080512_02120080512_02020080512_02320080512_026    そして到着した「ユアテックスタジアム仙台」。泉中央駅から歩いて5分程度と近く、1本道だったので迷いませんでしたw 今季、水戸・草津とアウェーは行きましたがやっぱり仙台は違いましたw 見渡す限り仙台サポばかり・・・で、何だか心細かったですw スタ内は、サッカー・ラグビー・アメフト専用だけあって臨場感がかなりよかったです♪ 屋根の形といい、なんとなく「フクダ電子アリーナ」に近いイメージがありました(コメント欄参照)。

20080512_03320080512_032 到着した時は、すでに「腹ペコ」だったので『スタグルメ』を求めてスタ内を半周~♪ 到着した時間が遅かった(12:30頃)だったのが影響したのか、すでに売り切れのメニューがありました。寒かったので「カレー」をチョイスしたのですが、普通の味でちょっとがっかりでした(汗)

20080512_02820080512_047 仙台ボランティアスタッフの方から「甲府多いなぁ」と言われていた甲府サポ。後日聞いたら、これだけ入るのは山形くらいだとのこと。行き・帰りの新幹線や各駅でも、甲府サポをちらほらと見かけました。私も、声くらいかけられるよう少し「アピール」しながら行こうかなぁ・・・と思いました

20080512_04220080512_04320080512_05620080512_059  こちら仙台のみなさん。「暖色」は、やっぱり多く見えて映えますね。タオマフなんか振り回すと、それはもう・・・ですw チアリーダーのみなさんと、マスコットの露出をもっと増やしてほしいと思いましたw

20080512_05220080512_053  さてようやく試合のことですがw、新聞紙面やいろんなところで言われているように、「意図とする試合がほぼできていて」の敗戦なだけに、ちょっと困りました。山本(×何回か)・池端・美尾・前田ら、「入ってもおかしくない」シュート・場面が数多くあったのは確か。20080512_06720080512_069_3 昨年までの「自分たちのサッカーはできたが勝てなかった」 では、シュートに『持ち込むまでの過程(ボール運び・回し)』を示していたように記憶しています。しかし、「シュートがGK正面にいってしまう・ポストに当たってしまう」ということは、昨年までのそれとは、ちょっと違うと私は思っています。
20080512_06820080512_070  そこで表題(冒頭)の「運がなかった」んだと
もちろん、本気でそんなことを思われては困りますがw、それくらいの「気持ち」で次への試合へと切り替えてもらいたいと思います。別の言い方をすると、『深く考えるでなく、いままで通りやればいいんじゃないか?』ということです。多少の修正(カウンターのスピード・相手陣内でボールを奪ったあとの展開・セットプレー時のマーク・1試合通しての運動量など)は必要ですが、仙台戦での「形」は決して『負けが続く内容』だとは感じられませんでした。「負けた」という結果は重く受け止めてほしいですが、だからと言って「軸」はブレさせないでほしいなぁ・・・と思います。

14節お休みなので、次の鳥栖戦まで今日を含めて9日間試合が開きます。
まずは連戦の疲れを癒すと共に、「再度チームとして向う方向」を確認してほしいと思います。特に「CF・前田」は決して間違ってはいないと思うので、連携面の徹底を計ってもらいたいと思います。

乗り越えられる壁

今日行われた仙台との一戦、0ー2で敗戦となってしまいました。
再三に渡り決定機を演出するもあと一歩及ばず、逆にワンチャンスを生かされてしまい、悔いの残る敗戦となってしまいました。
この『あと一歩』の壁を克服しないことには、この先、いい結果を出すことのは難しいと思います。
次節はお休みなので、ゆっくり休み次の試合への鋭気を養ってほしいと思います!

『新布陣』機能せよ!

明日11日は、アウェー・ユアテックスタジアムでベガルタ仙台との対戦です。
甲府がJ1に昇格した2005年シーズン以来の対戦。そのこともあってか、仙台側からは「因縁」みたいなものを感じている紙面などを見かけますが、私個人としてはそれほど感じるモノはありません。
仙台の情報を集めれば集めるほど「広島よりは甲府のほうが~」というコメント・記事をたくさん見ます(河北新報報知東北・サンスポ東北ほか一般ブログなど)。『首位の広島に勝ったんだから、甲府には勝てるだろう』なんて考えてくれていると、付け入るスキは多いにありそうです。現在5位の仙台を相手にする甲府は7位のなので、単純に比較すると格上。次節(14節)は試合がないので、上位についていく(離されない)ためにも、仙台戦では『勝ち点3』をとっておきたいところです。

前節・横浜戦では、3トップのセンターに前田を起用して、これが見事に的中しました。前線にボールが納まり、中央~サイドの選手がオーバーラップできる時間を作ることができました。ヤフーの予想フォーメーションによると、仙台戦でもスタメンは変更ない様子。前田には、あと「ゴール」が足りないだけなので、今節ではぜひとも得点を決めてもらいたいと思います! 私は「日帰り」で山梨~仙台間を移動する予定。今日(10日)から急激に『2か月戻ったような気候』になり、試合時間(13時)でも非常に寒いことが予想されます。現地へ行かれる方々は、暖かい服装でいきましょう~♪

<J2リーグ・第13節 ベガルタ仙台戦>
~中央で存在感を出し、相手ゴールに向かってプレーする!~

20080419_021 FW:13 前田雅文
横浜戦で久しぶりの先発出場。「ボールの納め役」として充分機能することができました。また、久野のゴールも半分以上は前田のゴールと言ってもいいかもしれませんw 彼の良さは、「前を向いた時のプレー」だと思います。相手DFを背負った状態でボールを受けるのではなく、縦横無尽に動き回ったり、WGとのポジションチェンジで相手DFのマークをはずし、今度こそ得点を決めてもらいたいと思います!
ミドルシュートも見たいぞ~♪

さて仙台。
前節で首位広島に競り勝ち、J2をますます面白くしてくれましたw 試合は広島が押し込む時間が多かったものの、粘り強い守備で耐えロスタイムに中原のゴールで勝利。今季初先発となったGK・萩原がJ’S GOALのベストイレブンに選出されています。その萩原は、急病で広島戦に出場できなかった林が甲府戦には復帰するので出場しない見通しだそうです。
システムは「4-4-2」。2トップもそうですが、中盤のサイドの2人「関口・梁」にはかなり注意を払いたいところです。甲府の右サイド「久野・杉山」と、仙台の左サイド「関口・田村」の攻防が試合の展開を占うことになると思います。また、CBの2人「岡山・木谷」は長身のDFです。甲府の(予想される)3トップ(前田・久野・宇留野)は、ちびっこばかりなので仙台守備陣を崩すにはひと工夫もふた工夫も必要。3トップの他にも、中盤の2人(美尾・藤田)も前線へ飛び出すような、『相手DFライン裏』を狙った動きをしていきたいですね。

これから上の順位を目指すには、どうしても「連勝」が必要となってきます。前節で、好調の横浜に「内容・結果」ともに上回り勝利することがきた甲府。今節も、2連勝中と好調の仙台を下して、さらに勢いに乗り「連勝」したいところ。前田を3トップのセンターに起用した「新布陣」が、横浜戦に続いて結果を出せるかどうかがポイントです。

さぁ!いこうぜ!ヴァンフォーレ甲府!!

続くよ続く、5週も続く

木曜日は競馬の日。
今週から東京での開催で、GⅠレースが5週連続あります!(もう考えるのが大変ですw)
はりきっていきましょう~♪

そして今回は、5/4に行われた「天皇賞・春」の回顧と、5/11に行われる「NHKマイルカップ」の展望です。

まずは天皇賞。
現役の中でも選りすぐりの「長距離適性自慢」が集まったこのレース、優勝したのは3番人気のアドマイヤジュピタ。ゴール直前、メイショウサムソンに差し返されるもそのまま押し切り、見事GⅠ初優勝を飾りました。昨年の7月には、まだ福島で500万下(1勝クラス)のレースに出ていた馬が、ここまでの成長は『驚き』としかいいようがありません。また「フレンチデピュティ×母父リアルシャダイ」ということで、単純に血統だけ見ると距離もかなり融通が効きそうなので、秋の「天皇賞連覇」も決して難しくはないと思います。今後、どんなレースを見せてくれるか、本当にとても楽しみでなりません♪
2着には、半年前の天皇賞:秋で勝ったとき以来の連対となったメイショウサムソン。本来はこのくらい走っても、なんら不思議のない馬。ようやく『4コーナーで先頭に立つ(勢い)』の競馬をしてくれました。彼の持ち味は「バテずに走る粘り強さ」。このレースでも、1度交わされても差し返す姿を見せてくれました。変に「溜める」より、こういうふうに『強気にまくる』競馬のほうが、彼の持ち味はでると思います。
4歳馬の2頭、アサキサキングス・ホクトスルタンはそれぞれ3着・4着。残念ながら、このレースでは1~2着馬の力が1枚上手でした。宝塚記念、また秋のシーズンでさらに強くなった姿を見せてほしいと思います!

さて今週は3歳馬によるスピードの共演、「NHKマイルカップ」が東京競馬場・芝1600mを舞台に行われます。
昨年は3連単で「97399.7倍(100円買って970万円)」というGⅠ史上最高配当となったこのレース。今年は例年以上にクラシック(桜花賞・皐月賞)に出場した馬と、このレース1本を狙ってきた馬の比較が難しいレースとなりました。今年は、前者としてブラックシェル・レッツゴーキリシマ・ドリームシグナルが、後者はファリダット・ディープスカイ・サトノプログレスなどが人気を集めそうです。
過去5年のレースを振り返ってみると、このレースを勝った馬はその後思うように活躍できていないようです。以前は、「東京の1600mを勝つには、それ以上の距離がこなせないと・・・・」なんて言われたモノですが、最近はそうでもない様子。ヒントはこのあたりにあるでしょうか?

私の注目は、1番人気が予想されるファリダット。スプリント戦線で活躍したビリーヴを母に持ち、父は名マイラーを多数輩出しているキングマンボ。前走で一気の距離短縮でしたが、4馬身差の圧勝劇。週末は雨が予想されますが、多少時計の掛る馬場のほうが合いそうな気もします。初の東京コースですが、広い直線で「エンジン全開!」の豪脚が見れるかもしれません!
そしてディープスカイ。ファリダットと悩みましたが、「距離適性」という面でわずかに次点。ですが、2000mの毎日杯で勝ったにも関わらず、皐月賞(2000m)には目もくれずこのレースへ出走してきました。毎日杯で2着に破ったアドマイヤコマンドが青葉賞で勝ったことも、ディープスカイの能力の高さを示してくれています。
人気の馬の名前が挙がってしまったので、相手は絞ってスプリングソング・レッツゴーキリシマ・ドリームシグナルの3頭まで。スプリングソングは3戦3勝、秘めたる能力に期待です。レッツゴーキリシマは、皐月賞組最先着にも関わらず人気にならなさそうなのでw ドリームシグナルは、距離短縮で能力発揮できそうです。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

先週の天皇賞・春、「思い込み度NO.1」ドリームパスポートは、またしても伸び切れずに惨敗。財布の中身も「グッ」と危険水域(赤信号)までに減ってしまいました。今週は、土曜日(半日)出勤となりますが、会社の『CLUB KEIBA』の仲間4人とウインズ石和へ参戦です(年2回の開催もこれで10年目、奥さんには「1日仕事」ということになっていますw)。
そこで狙いは10日の新潟大賞典。まずまず相性のいい、オースミグラスワンとサンライズマックスから勝負します。両馬共、末脚勝負の馬で直線の長い新潟競馬場にはピッタリです! 『CLUB KEIBA』を盛り上げるためにも、的中させてウインズ石和のデザートの王様・コーヒーゼリーをみんなで味わいたいと思います♪ 馬連1点といきたいところですが、2頭軸で力をつけたフィールドベアー・トーセンキャプテンとの3連単BOXの12点で勝負します!
ここで当たれば、翌日のNHKマイルカップ:ディープスカイから、馬単総流しでこの「危機」を一気に打開したいと思います!

もう神様には頼らない!自己責任で幸運をつかみますw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして前回から始まった新コーナー「的場さんおっかけ隊」。
しかし、そのネーミングがどうも私的にイマイチなので、2回目にしてコーナー名を変更いたしますw
その名も「いぶし銀sign01的場でOKgoodshine」ということにしますw 現・的場調教師が騎手の時に、スポーツニッポンでその日の騎乗馬についてコメントするというコーナーが、この名前でした。そして今回、何年かぶりに私が勝ってに復活させることにしましたw どうぞよろしくお願いいたします~♪ 

<いぶし銀sign01的場でOKgoodshine
impact先週の結果impact

  的場厩舎catface 
     東京&新潟&京都で4レースに出走
      (最先着はシャペロンルージュの2着)
  的場騎手gawk 
     新潟で11鞍に騎乗 1着はなし(2着2回・3着2回)

horse今週の予定 cloud/rain
 的場厩舎 東京&新潟で4レースに出走予定
  →5/10 東京7R・ダイワジャンヌ
         昇級2戦目、前走で通用することは示すnote
 的場騎手 新潟で11鞍に騎乗予定
  →5/10 新潟9R・ピースメーカー
         的場騎手に乗り替わって2戦で4着・2着punch
         新潟11R:新潟大賞典 ピースオブラヴ
         3走前には牡馬相手のOP戦で優勝。平坦コースup

ホームできっちり

20080506_04520080506_044  GW最終日(6日)に行われました横浜FCとの一戦、久野の今シーズン初ゴール、藤田の素晴らしいミドルシュートの「2-1」で勝利することができました!順位を9位から7位へ上げると共に、小瀬の試合では大阪~愛媛~横浜と3連勝。今季3勝3分でホーム負けなし継続中です

20080506_00220080506_020 この日の甲府、最高気温は26℃と快晴&暑い天気となりました。時折吹く風が心地よかったですが、どうにも「日射し」が強すぎでしたw 小瀬でのデーゲームは、あと1試合ありますが、この時間帯での試合はやる選手達も、観る私たちにも「厳しい」天候(気候)です・・・。

20080506_00320080506_004  開門時間前から、小瀬の前にはなが~い行列。私は(いつもどおり?)のんびり行こうと思ったのですが、現地から「混雑すごいよ!」と情報をもらい、開門時間に間に合わせるよう『ダッシュ』してしまいましたw おかげ様で、試合前にして汗だくでしたw

20080506_00620080506_015  VFQのみなさんの「コスチューム」も、(ようやく?)季節に合ってきた感じがいたします。やっぱり「夏の(暑い)小瀬」には、この『白いコスチューム』がなくてはなりません!緑のピッチに映えて、かわいらしいですね~♪ 

20080506_01820080506_02520080506_03620080506_043  大観衆が集まった小瀬。開幕戦の岐阜戦を(13211人)を超える『14521人』が集まりました。バックスタンドからぐる~っとゴール裏~メインスタンド半分以上が、きれいに「青く」染まっていました。写真撮り忘れましたが、アウェー側に開放されている「GH席」もかなり埋まっていました。試合開始1時間前には、ゴール裏席は入場制限がかかるほどだったそうです。

20080506_03420080506_039  横浜からも、たくさんのサポーターの方がいらっしゃいました。アウェー側は、いつもより狭かったので密度が高いですねw 横浜には、甲府に在籍していた長谷川がいました。入場の際・紹介の際・出場の際、甲府サポーターからも大きな拍手がおきていました。

20080506_03820080506_029  横浜戦のスタメンは、草津戦から2人の変更がありました。愛媛戦以降、どうにも「ボールが納まらない」CFジョジマールに代えて、身長173cmの前田を起用。左SBにも、輪湖に代えて吉田がスタメンでした。試合後の藤田のインタビューにもありましたが、『CF前田』にはボールがよく納まり起用は「成功」といえるゲームでした。ゴールこそなかったものの、惜しいシュートも何本かあり、安間監督からのコメントからも今後の活躍が本当に楽しみになりました♪

20080506_06220080506_067  試合は、開始早々のピンチをGK桜井が右手一本でセーブし、(またしても)チームを救ってくれました。ミスキックが一本あったのが、ちょっとヒヤヒヤしましたw 今季初ゴールを挙げた久野。前田のシュートがゴールポストに弾かれたところを、出足鋭く詰めてボールを押し込みました。愛媛戦あたりから、ゴールの予感はあったので久野がゴールした意味は大きいですね。コーナーキックも何本も取っていて、今日はホント大活躍だったと思います!

20080506_05720080506_05820080506_05920080506_054 このお方、今回は最後に登場ですw 試合後、今回も自転車に乗って登場してくれました♪(以前より「漕ぐ」スピードが速いようなw) 勝利にご機嫌で、ボールを使ったちょっとしたパフォーマンスを見せてくれました。試合前には、「カート」にも乗っていたそうですw(私は避暑のため階段下に避難していました・・・汗)。次々と進化するヴァンくん、今度の試合(5/21 鳥栖戦)ではどんな姿を見せてくれるのでしょうか?w

さて現在の順位表を見てみると、今季挙げた勝利(4勝)のうち3勝が上のチームからのもの。そう考えると、11日の仙台戦も何となく期待してしまいます。と同時に、ユアテックスタジアムには「いい思い出」がまったくなくw、今節・広島にいい勝ち方をした仙台相手ですから厳しい試合が予想されます。
横浜戦の「勝利」を『ただの1勝』にしないためにも、仙台戦が非常に重要となってきます。
GWの連戦も終わり、束の間の休養ではありますが、厳しい戦いに備え選手のみなさんにはゆっくり休んでもらいたいと思います。横浜~仙台~鳥栖と、上位のチームを飲み込み「いい形」で第一クールを締めくくりたいですね♪

よぉーし!勝ったぁ!

横浜戦、勝利しました!
久野と藤田の2ゴールで、見事勝利することができました♪
3点目がとれなかったこと、1失点あったことは余計でしたが(笑)、まぁ勝ったからいいでしょう!
次も頼みますよ!

「あと少し」を結果へ

明日6日は、ホーム小瀬で横浜FCと対戦です。

3日の草津戦、正田醤油スタジアムを「半分」ヴァンフォーレブルーで埋め尽くし、選手の背中へ声援を送り続けたものの、1点が奪えずに11節にして今季3回目の「スコアレスドロー」。順位こそ変わらないものの、首位広島とは勝ち点差『9』(さらに広島は1試合少ない)と開きました。「上」ばかり見ていてはどうにもならないものの、やはり気にはなってしまいます。離されすぎないよう、ついていくためにも明日の試合ではどうしても「勝ち点3」が必要。ホームの応援を背に、3試合ぶりの勝利を小瀬で挙げてほしい思います!

勝つためには、やはり得点をとらなくてはいけません。
ここ3試合での甲府の得点ははずか「2」。うちPKで1点なので、まったく寂しい限りです。サッカーの得点は、ゴールへの「過程」は何人もの選手が関りますが、決めるのはたった1人。そこには、能力・タイミング・運など『個人』に問われる部分が多いです。草津戦でも、宇留野・山本・美尾・久野など「あと少しで!」というシーンが何回もありました。

『ゴールを決める』
この1つの仕事ができるのは、やはり相手ゴールへ向かってプレーをし、シュートを打つ選手のみ。
さすがに90分間、常にゴールを狙うようにとは思いませんが、相手PA近くまでボールを運び(ポジショニングをしたら)、どのようにゴールを狙いシュートを打っていくかを考え・実行してほしいと思います。
また1回のミス・1失点にもめげず、「ミスをしたら取り返す!」「1点とられたら2点取り返す!」ような『強い気持ち』を持って、横浜戦に臨んでいってもらいたいと思います!

<J2リーグ・第12節 横浜FC戦>
~視野とプレー範囲の広さが持ち味。気持ちでチームを引っ張る!~

20080406_060_2 MF・4 山本英臣
8節・広島戦で負傷交代した以外は全試合フル出場中。開幕当初はCBで起用も、秋本が復帰してからはアンカーとして出場しています。山本がアンカーに起用されるようになってから、20080423_002 パスの「長さ」が変わりました。従来の「短いパス」に加え『長いパス』も織り交ぜられるようになって、攻撃のパターンが増えました。試合中も、常に守備に気を使っているようで、「フリーでカウンター」に持ち込まれるケースも減ったと思います。本職である「ボランチ」での起用、彼の持ち味が充分生かされていると思います♪

対する横浜FC。前節で、甲府が敗れた熊本に「5-0」の圧勝。エースストライカー・アンデルソンがハットトリックの大爆発で、現在5位です。
そのアンデルソンは、9得点でリーグ得点ランキング1位ですが、9点のうち4点が「PK」によるもの。どういう形でのPKかはわかりませんが、それだけPKを「もらっている」ということに注意したいですね。彼自身の突破・カズ・滝澤あたりには特に注意が必要です。そしてさらに危険なのはプレースキック。三浦(淳)・カズ・滝澤・吉本など、精度の高いキッカーが揃っており、CK・FKは要注意です。
守備陣では中盤のエリゼウが対人に強く、うまいことかわしていかなくていまいけませんw エリゼウは、攻撃の起点ともなりうる選手なので、彼がボールを持ったら自由にプレーさせないようチェックが必要です。4バックは、両サイドに速い選手・センターに高い選手とバランスがいいです。前節まで「9失点」と、かなり固い守備なので崩すには「ひと工夫・ふた工夫」も必要。SBの裏のスペース・中央で競り合った後のこぼれ球など、セオリーに忠実に、粘り強く攻撃していきたいですね。

GWも6日で終了。
26日の愛媛戦で勝利し、「ここから上位へ!」と思ったのですが思うように結果が伴わずGW期間中は『1勝1分1敗』となってしまっています。横浜戦では何が何でも勝利し、上位との差を詰めると共に、自分たちの「力」を再確認して自信を取り戻してほしいと思っています。
7日から気持よく仕事へ・学校へ行けるよう、VF甲府の得点&勝利でGWを締めくくってほしいと思います! ここが踏ん張りどころ!チーム・サポーター一丸で勝利めざそう!

たまにはいいね!

20080505_021 今日は、押原公園でVF甲府の練習を少し見てきたあと、高校野球を見に小瀬へ行ってきました! 春季関東高校野球山梨県大会の決勝戦、山梨学院大学付属高校 vs 東海大甲府高校の試合を見てきました。小瀬の野球場で見るのは、もう何年ぶりか記憶にないくらい久し振りで、とても懐かしかったです。

20080505_035_220080505_029_2  試合は、初回から点が入り決勝戦らしい緊張感のある試合。小さなミスがお互いの得点につながり、選手・観客共に息をつかせないゲームでした。試合は「6-2」で東海大甲府の勝利。東海大甲府の投手・渡辺くんは、試合後半でも直球が140kを超え、変化球もかなりキレていたみたいです。いい投手ですね

20080505_03020080505_024  勝った東海大甲府は、結局10安打で6点。ホームランのほかにも、長打短打犠打などいろいろ絡め、効率よく得点していました。プロ注目の神原くん(左)は、四球こそあったもののノーヒット。彼の活躍を楽しみにしていたのですが、ちょっと残念でした。

20080505_034_220080505_032  山梨学院も、初回に相手ミスを突いて1点先制するもその後が続きませんでした。安打が出ても、2死からのケースもあり、打線がうまく抑えられてしまった感じです。でも、多くの応援団がいて、ヒットが出るたびに盛り上がっていました。ブラスバンド・チアリーダー共に、吹いて・踊って・叫んで・・・、非常に忙しそうでした♪

20080505_03120080505_036  つい最近、野球場の「スコアボード」は改修され、現在のような「電光掲示板」へとなりました。風向きや球速が表示され、非常に見やすくなりました。VF甲府の応援で小瀬にはよく行くものの、野球はまったく行っていませんでした。たまにはいいですね!今度は、母校の応援にいきたいと思います!

20080505_03920080505_038  明日はVF甲府の試合で、またまた小瀬へいきます。今日は天気が微妙でしたが、明日は晴れて暑くなる模様。熊本戦・草津戦と「喜び足りない」ので、勝って大騒ぎしたいと思いますwホントたのみます!

ゴールへのイメージ

20080504_07620080504_077  昨日行われました草津との試合、シュート18本を草津ゴールへ向かって浴びせ続けるものの、1本もゴールへ決めることができず、スコアレスドローに終わりました。試合終了後、1面「青」に染まったアウェー側バックスタンドからはブーイングがおこりました。

20080504_00120080504_002  GW4連休初日、快晴のいい天気に恵まれました。雨が降って寒いのはもっとイヤですがw、昨日は暑すぎでしたw 私たちが止めた臨時駐車場にも、多くの山梨ナンバーの車がありました。予想通り、多くの甲府サポーターが集まりそうだな・・・と思いました。

20080504_00620080504_011 タクシーを捕まえ正田醤油スタジアムに到着。すでに11時(開門時間)を15分ほどすぎていたのですが、甲府サポの長い行列がまだまだありました。メインスタンド外には、たくさんお店がありました。メニューもたくさんで、買うのが迷うくらいでしたw。

20080504_01420080504_015  そんな豊富なメニューの中、私たちが買ったのが「鳥めし」「ソースかつ弁当(?)」「やきそば」の3品。「鳥めし」は、売り場にかなり用意してあって、周りの人達もかなり買っていた様子。20080504_017 20080504_018 「ソースかつ」は食べていないのでわかりませんが、見た感じはとてもおいしそうですw 3品どれも、スタジアムで売っている食べ物としてはかなりの美味♪ 他にもおいしそうなモノは売っていたので、次行く時にはもっとおなかをすかせていかないと・・・w

20080504_01220080504_003  草津の試合に来たのは、2005年シーズン以来2回目。当時は隣にある「サッカー・ラグビー場」で試合をしていました。正田醤油スタジアムは、きれいで雰囲気もかなりよかったです!唯一、微妙に「言いづらい」のが私的には減点対象ですw

20080504_06120080504_027 こちらは草津応援団のみなさん。統一感があって、応援にもかなり「勢い」を感じました。以前来た時も、かなりの人数の大きな声援を送っていたと記憶しています。 マスコット、なかなかの好印象でした♪ ただ、結局「名前」がわからずじまい・・・。今度調べておきますw

20080504_06420080504_06320080504_065 


 
バックスタンド半分を埋めた甲府サポーター。メインスタンドにも数多くの甲府サポがおり、最終的には2500人(サンニチ)が駆けつけたとのこと。 写真で見ると、小瀬のゴール裏スタンドをそのまま持ってきような・・・w(まぁ、本家はこんなもんじゃないですがw)。今回、「風船」が使われていたようですが、風船の『赤』がいいアクセントになっていて、いつも以上にスタンドが「鮮やか」見えました♪

20080504_06820080504_075  前述にもありますが、シュート数は「18対5」。ゴールキックの数も「10対26」と、いかに甲府が押していたか数字は示しています。しかし、得点がないと勝つことは不可能です。20080504_07120080504_070_2 『クロスの数が~』と新聞紙面にはありましたが、それは前節・熊本戦以外にも山形戦・湘南戦と言われ続けていること。サイドを崩すのはできてきましたが、  今度は「その後」ができていません。クロスを上げる側の問題・クロスを受ける側の問題、両方あると思うので、『ただ続ける』だけでなく「テーマ(ゴールへの共通のイメージなど)を設けてから」続けてもらいたいと思います。いっそのこと、注文をつけて(約束事として)『すべてニアに速いボールとか・・・』どうでしょうか?w

20080504_07920080504_072_2 試合後、秋本からは「まだ焦ってはいけない」、桜井からは「切り替えていくしかない」とコメント。確かに、熊本戦からはかなり良くなったので、『明るい見通し』は持つことができます。20080504_083 20080504_081 バタバタして、やみくもに慌てても・・・・良くなりそうにはないので、わからんでもありません(前を向かないと元気でませんからね!)。危機感は充分すぎるくらい持っていることは伝わってくるので、あとは選手たちのためにも結果を出してほしいと願うばかり。

次の試合はあさって6日にホーム小瀬で横浜戦。課題の「得点力不足」の解消は、そう簡単なモノではありませんが、ホームサポーターの応援を力に変えて、横浜ゴールをこじ開けてもらいたいと思います!自信を持ってがんばろう!!

1点遠い…

決定機が何度もありながら、1回も決めきれずにスコアレスドロー。
私を含め、甲府サポーターが大挙して応援に行ったのですが、得点(勝利)シーンを見ることができませんでした。
次の試合は、現在4位の横浜。時間は少ないですが、攻撃パターンの再構築が急務です。結果が出ずに苦しいですが、いまが我慢の時。勝つためには何が足りないか、もう一度振り替えって次こそは勝ってほしいと思います!

負けを意味あるものへ

明日5/3は、GW連戦の第3ラウンド・ザスパ草津とアウェー・正田醤油スタジアムで対戦です。

9節の愛媛戦で、今季初の連勝を飾り「意気揚揚」と4/29には熊本へ乗り込んだのですが、セットプレーから2失点・得点はPKのみという『お寒い試合』で敗戦。ミスが多く、運動量も上がらず、開幕当初のチーム状態に戻ってしまったかのような試合でした。
ですが、いまは今季一番日程の厳しい時期。この「敗戦」を『ただの敗戦』にするののではなく、(短期間に)次の試合でしっかり修正してこそ、J2優勝・J1昇格が見えてくると思います。GWの連休と重なり、かなりの数の甲府サポーターが詰め掛けると予想される明日の試合。サポーターの声援を自分達の力と変え、まずは目の前の試合の勝利を、そしてさらなる上位進出に向けて勝ち点を積み上げていってほしいと思います!

<J2リーグ:第11節 ザスパ草津戦>
~スタメン奪取!結果もほしい2年目~

20080406_039 FW・27 久野純弥
8節・広島戦からスタメンに起用。ゴールこそないものの、「前への推進力」として右WGの役割を担っています。持ち味である『前への積極性』は見せてくれているものの、ゴールはまだ生まれていません。熊本戦でも、GKとの1対1のシーンがあったがゴールはならず、今季初ゴールは未だおあずけ状態。彼にしては、シュート数が少ないのが少々気になっています(今季通算で5本)。「仕掛け」の部分はできているので、今度は『シュートで終わること(相手ゴールを向いたプレー)』を考えてほしいと思います!

対戦相手の草津は、いずれも『1-1』での3連続「引き分け」中。
得点の「7」はJ2の15チーム中1番少ないため、失点が「11」(甲府と1差)でありながら今季まだ1勝しかできていません。甲府草津のデータを比べてみると、違いは顕著。序盤は甲府がボールを保持する機会(時間)が多くなりそうです。その「ボールを持てる時間」に、甲府が効率よく攻撃し得点できるかどうかが勝負の分かれ目です
草津での要注意選手は、何と言っても左サイド(MF)の島田。昨年は大宮に在籍していましたが、2006年シーズンには草津でJ2最多となる16アシストを記録し、草津の攻撃の司令塔として君臨していた選手です(得点は9)。前節でも、同点ゴールとなる素晴らしいミドルシュートを決めていました。彼から前線へと供給される精度の高いパス(スルーパス)には要注意です。

あとは2人の韓国人、右SBの崔成勇(元韓国代表・Aマッチ64試合出場)とCBのぺ・スンジン(元U-20韓国代表)でしょう。崔成勇は右サイドからスピードの乗った攻撃参加からの精度の高いクロス、ぺ・スンジンは1対1での当たりの強さで勝負する選手です。それぞれの長所を避けながら、勝負していきたいですね。

さて甲府。
昨日の練習の模様がサンニチに掲載されていましたが、まずは「自分たちのサッカーをしよう!」ということで練習に取り組んでいる様子。ここ2戦は、思うようにやりたいプレーができなかったと思うので、冷静になるためにもよかったと思います。まずは原点に戻り『相手チームより走ること』、そして「絶対に負けない!」という気持ちを持つことが大切です。
草津も甲府をだいぶ研究しているようですが、研究されたくらいで負けてしまうようでは今後も明るい見通しは開けません。相手チームの研究のさらに2段~3段上を行く「甲府サッカー」を展開し、勝利に繋げていってもらいたいと思います!

最後に、3日正田醤油スタジアムへはホントに大勢の甲府サポーターが行かれるとのこと。
山梨から車で行く際には、くれぐれも運転に注意して安全運転でお願いします。また、GWの帰省ラッシュやアウトレットモールの開店などで、高速道路は非常に混雑が予想されます。準備は万全にして、余裕のある移動時間を確保しましょう。ちなみに私は、車で(乗せてもらってですが…汗)長野経由で行く予定です。

勝利のために、がんばって応援しよう~♪

勢いか?復権か?それとも・・・

毎週木曜日は競馬の日。
今日は「新コーナー」を始めることにしました!(そう大したことではないですがw)
いままでは、「先週の回顧」「今週の展望」「デュランダル氏の予想」という3本立てでしたが、ラストに4本目として「的場さん追っかけ隊!」と題し、今週の的場(均)厩舎&的場(勇人)騎手の出走予定と先週の結果を簡単に案内していこうと思います!よろしくお願いします♪

先週の振り返り、東京で行われたオークストライアル:フローラS。
優勝は好位内でじっと我慢し、直線で力強く抜け出したレッドアゲート。いままでは後方一気の競馬の馬でしたが、内田騎手に乗り替わり新しい一面を引き出しました。今年は牝馬・牡馬共に「軸不在」なだけに、オークスへ向けて『新生誕生』の予感です。
惜しかったのが2着のカレイジャスミン。マイペースでレースを運び、直線でもぎりぎりまで頑張ったのですが・・・。本番でも強気な競馬で、優勝目指してもらいたいと思います。2番人気のシングライクバードは、後方から追い上げるも5着が精一杯。オープンや重賞クラスになると、「後方一気の一辺倒」では難しいですね。血統はいいだけに、もう少し前で競馬できるようになってから、秋の秋華賞を目指してほしいと思います。

今週は、京都競馬場でGⅠの『天皇賞・春』が行われます。
3200mというJRA開催でのGⅠでは最長距離を誇り、春秋合わせて137回を数える歴史あるGⅠ。
今回は昨年このレースを制したメイショウサムソンを筆頭に、14頭が出走します。
メンバー構成は、4歳馬から8歳セン馬まで5世代に渡り、逃げ馬から追込馬までバリエーション豊かなラインナップw ディフェンディング・チャンピオンのメイショウサムソン、昨年の菊花賞馬アサクサキングス、上がり馬アドマイヤジュピタ、親子3代での天皇賞制覇を目指すホクトスルタン、実績馬のポップロック・ドリームパスポート・アイポッパーなど、長距離レースでは外せない馬ばかりが出走予定です。

このレース、私の注目したポイントは「展開」。
内枠にホクトスルタン・アドマイヤメインら「逃げ・先行馬」が入ったので、例年のようなスローペースにならないと思います。
そうなると、「3200mを走り切るスタミナ」の他にも、ある程度の「スピード(時計)」が要求されてくると思います。そうなると、『より未知の魅力がありそうな馬』を買いたくなってきますw 実績があっても近走がイマイチな馬よりは、好調で勢いがありそうな馬の馬券を買いたいと思います。

ということで、本命はアサクサキングス。前走・大阪杯では3着に敗れたものの、中距離最強馬のダイワスカーレットに「0.2秒差」では上出来でしょう。距離が伸びてきて成績が良くなってきた馬なので、前走より1200mの距離延長は確実にプラス材料。これからが競走馬としてピークを迎える4歳馬、じっくりレースを進められる外枠も◎でしょう♪
相手には、こちらもいま勢いのあるアドマイヤジュピタ。半年前までは500万条件を走っていた馬が、急成長を遂げ前走ではGⅡ(阪神大賞典)で優勝。母系は、勢いがつくと止まらない血統なだけに、この勢いでGⅠ制覇もあるかもしれません! あとは、ドリームパスポートとトウカイエリートをチェック。ドリパスは、「京都の長距離」ということでそろそろ走り頃かなぁ・・と。抑えるだけ抑えて、直線勝負に徹してほしいと思います。トウカイエリートは、今季好調(らしい?)の幸騎手の手綱に期待です♪

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナーflair

春の日差しも暖かく、いい季節となりました。なかなか結果は伴いませんが、ゴールデンウイーク中も競馬ということで、「相乗効果」で気持が楽しくなってきます♪ 今日(5/1)からガソリンも値上げということで、車を使ってあまり遠くへ行きにくいところではありますが、的中させて燃料代にしたいと思います!
今週は京都競馬場で天皇賞・春が行われます。狙いは、何と言っても「思い込み度 NO:1」のドリームパスポートからまたしてもまいりますw 昨年秋のジャパンカップから裏切られ続けていますが、何と言っても「思い込み度 NO:1」なのでとことん追っかけていきます!
京都競馬場の実績は言わずもがな、3歳時にGⅠの菊花賞で2着があり申し分ありません。ここ近走も調教では走っているものの、レースでは結果が出ず「馬の気持ちの問題かなぁ」と思っています。今回で転厩・乗替4戦目となる、稲葉調教師・松岡騎手の手腕に期待し、結果を出してくれると信じたいと思います!相手本線はポップロック・アドマイヤジュピタへの馬連。あとは馬単(1着付け)で総流しで勝負です。
デュランダル家のちびっ子たちは、この連休で「ディズニーランド」へ行きたがっていますw ディズニーランドへ入るには「フリーパス(ポート)」が必要。そのためにも、私は京都競馬場で『夢のパスポート』のゲットに思いを馳せますw 

頼むぞドリームパスポート!ディープインパクトがいなくなった今、最強馬になるのは君しかいない!
皆に力を見せつけろ!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして新コーナー「的場さん追っかけ隊horse」。

impact先週の結果impact
  的場厩舎gawk 
     東京&福島で8戦0勝(最先着はギンザマスタングの4着)
  的場騎手smile 
     福島で12鞍騎乗 1着1回(コスモタクミ)・2着2回     

sun今週の予定sun
  的場厩舎 東京&新潟&京都で4レースに出走予定
   →5/4 京都8R・ケイプエマラティの巻き返しに期待note
  的場騎手 新潟で11鞍に騎乗予定
   →5/3 新潟10R・リヴィエラブルーの先行に期待thunder

これからも、ひっそりと応援していこうと思いますw

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ