« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

負けに不思議の負けなし

今日行われました湘南との一戦、前半にミスから失点してしまうと、ズルズルと失点を重ねてしまい、0ー4と大敗してしまいました。
攻撃でも、山形戦では見られた『前への動き』が全く見られず、決定機はほとんどなかったように思えます。
これほどの大敗。しかも、山形戦からわずか1週間で何かあったんだろうか…と思うくらいの変わりぶりに、目を疑いたくなってしまいます。しっかりと地に足をつけ冷静に、そして試合中はさらに熱く・強くあってほしいと思います。

次もいこうぜ!

明日のヴァンフォーレ甲府、小瀬で湘南との対戦です。

前節は、2位で6連勝中の山形との対戦だった甲府。しかし、攻守に速い切り替えで山形に走り勝ち、「1-0」で久しぶりに勝つことができました!
その1点は、ベテラン林のヘディングによるゴール。CK時、相手DFのマークをうまく外してきれいなゴールでした。背の高い選手が甲府にはいないだけに、セットプレーはちょっと厳しいかなぁ~と思っていたのですが、そのセットプレーでとれたことは非常に意味があると思います。流れからは、ちょっと得点の予感が感じられなかっただけに、セレッソ大阪戦(流れ中から3点)と思いだして、湘南戦に挑んでもらいたいと思います。

今節の甲府は、右SBに出場停止から杉山が復帰する見通し。しかし、今朝のサンニチによると、今度はDF井上が胃腸炎で練習を数日休んだということ。広島戦で負傷した山本が、強行出場する可能性もあるということです。
守備が安定している時はなかなか得点できず、得点がとれるようになったら守備陣に怪我人がでてきたり・・・。なかなか厳しい状態が続いてしまっていますが、ここが正念場だと思います。リーグ戦も折り返し。サーレス・マラニョンの加入を契機に、宇留野・山本らが復帰し、秋本ら怪我人が戻ってくるまでもう一度気持ちを入れなおして、後半戦に突入していってほしいと思います!

Img_2883 19・DF 池端陽介
4節・福岡戦の「疑惑の判定」・黄紙累積での出場停止(愛媛戦)以外、今季全試合にフルタイム出場。ヘディングでの競り合い・快足を生かしたDFライン裏のケアなど、今の甲府には欠かせない選手です。山形戦では、少し強引ですが「オーバーヘッドキック」を見せてくれました♪まずは相手攻撃陣を封じ込め、攻撃でも少しでいいので『魅せて』くれるとうれしいです!

対するは湘南。
最近5試合で2分3敗と、あまりよくない成績です。5試合のデータを見てみると、相手チームに多くのシュートを打たれていることが目につきます。DFの要・ジャーンを欠いていることが大きな要因かもしれませんが、中盤とディフェンスラインの連携のようなものもあまりうまくいっていない様子。甲府としては、中盤をしっかりと支配して、相手DFラインへの動き・ボールを増やしていきたいところですね。
また、湘南と言えばMF・アジエルとFW石原の攻撃が非常に強力。「2人で点をとってしまう」というのは言いすぎかもしれませんが、湘南の得点を振り返って見ると、この2人が絡んでいることがとても多いことが目につきます。
アジエルを自由にさせることなく、藤田・林・杉山あたりがしっかりとマークして、前を向かせないよう厳しいチェックをしたいです。FW石原は、DFラインが集中力欠かすことなくマークの受け渡し・ラインの上げ下げをきっちり行いたいところです。

ようやく本来の甲府のサッカー(ハードワーク)ができるようになってきた最近ですが、勝ち切るには「自分たちのサッカー+相手の良さを消す」ことができないと、勝ち点3には手が届かないと思います。『自分たちのサッカー』という点では、選手達も自覚できるようになってきて手ごたえも感じてきている様子なので、さらにその「質」を磨いていってほしいところ。「相手の良さを消す」ということでは、湘南の試合を25日に見に行った安間監督がどのような作戦を立てるか注目です。

勝利の喜び、そしてそこに辿り着くまでの「厳しさ」を前節で思い出すことができたチームと私達サポーター。今季、連勝は「広島~愛媛」間の2連勝が1回のみですが、明日が今季2回目の連勝となることを願い、選手達を鼓舞できるよう応援したいと思います!
そしてまた、勝利の時に歌う「輝く夜空」を歌いたいです♪

春競馬の総決算

先週の開催から「サマーシリーズ」が始まっている中央競馬。
しかし、このレースが終わらないことには『春競馬』が締まりませんw今週は阪神競馬場・芝2200mを舞台に、GⅠ・宝塚記念が29日15:40に出走します!

宝塚記念の前に、先週行われたマーメーイドSの回顧から。
優勝は、12頭中12番人気だったトーホウシャイン。最軽量(48kg)と雨のよる道悪馬場を味方につけ、見事初重賞勝利を飾りました。鞍上の高野JKも、今年初勝利が初重賞勝ちという「初モノ」だらけの優勝となりました♪
1番人気のベッラレイアは、普段より早めのレースをするものの5着が精一杯。しかし、彼女の力を発揮するには如何せん「条件が悪すぎた」と思います。秋のエリザベス女王杯に向け休養だそうですが、しっかり体勢を整えて秋には万全な姿でレースに復帰してもらいたいと思います。
あと気になったのは、殿負けですがサンレイジャスパー。長期休養明けで仕方ないですが、次かその次には巻き返してきそうな予感がします。何と言っても、夏の暑い時期はこの季節ですからw

さて宝塚記念。
ここ5年をさかのぼって見てみると4歳馬が4勝しており、連対馬(10頭)のうち6頭とかなりの割合を占めています。これに5歳馬を加えると、8割が4歳&5歳が1~2着しています(例外は7歳馬のナリタセンチュリーとタップダンスシチー)。これを見て、「4・5歳圧倒だな!」と思うのか、「そろそろ6歳馬来そうだな」と思うかが自由ですが、大方の人は4歳5歳馬中心に買いたくなるものと思いますw
そして、今年のメンバーも4歳5歳馬は非常に強力です。4冠ダービー馬で、前走復活の兆しを見せた5歳馬・メイショウサムソンを筆頭に、ドリームパスポート・サクラメガワンダーらの同級生組。4歳馬では、菊花賞馬アサクサキングス・アルナスライン(菊2着)・ロックドゥカンブ(菊3着)・アドマイヤオーラ(ダービー3着)など、世代間~世代内で非常に拮抗した力関係で、とても面白い組み合わせです。もちろん、4歳5歳馬以外にも個性派が勢ぞろいです。カンパニー・エアシェイディ・エイシンデピュティ・アドマイヤフジなど、馬券を買う側としては一晩考えても結論が出せなさそうですw
さらに、このレースを難しくしている要因として「天気」。ここ2年連続で、レース当日の天気は雨。今年の天気予報も、前年にならったかのように雨w また、レースの上がり3Fがこれも毎年のように36台前半ということで、「最後の直線で猛烈な切れ味」を発揮する馬よりは『早めにスパートして粘りこむ』馬を狙いたいと思います。

今回、私が中心視したいのは4歳馬・ロックドゥカンブ。前走の目黒記念では同じ4歳馬のホクトスルタン・アルナスラインに先着を許してしまいましたが、本来この馬が力を発揮しやすい展開は「4角ひとまくり」。東京競馬場よりは、阪神競馬場の方が競馬をしやすそうな感じがします。鞍上も昨年のこのレースを制して、この半期でGⅠを2勝している岩田JK。この馬に乗るのも2回目になるので、さらなる前進が期待できそうです!また、「宝塚記念が初G1優勝」というケースも多く見られるのも、このレースならではの特徴。気がつけば、春G1で1勝しかできていない関東馬の面目躍如といきたいですね!

相手には、前走でようやく復調の兆しが見えたメイショウサムソン。「早めに仕掛けて粘り込む」は、本来この馬の力が1番発揮されるパターン。ようやく天皇賞(春)ではその姿を見ることができました。スランプの期間が長かっただけに、1回好走しただけですぐに飛びつくのは危険かもしれませんが、ここで走っても何ら不思議のない馬です。やはり買うべきでしょう。
あとは、これもGⅠ馬・アサクサキングス。天皇賞では3着でしたが『負けて強し』の内容だったと思います。距離が2200mになるのもプラス材料だと思います。もう1頭買うなら、6歳馬のエイシンデピュティ。今季の充実ぶりには目を見張るものがあります。春競馬で2勝した「フレンチデピュティ産駒」のトリを飾るかもしれませんね♪

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

先週は日曜日に「ヴァンフォーレ甲府vsモンテディオ山形戦」を息子と観戦予定だったのですが、前日より息子が(めずらしく?)熱を出してしまい、天候を考慮して無念の出走取り消しとなってしまいました。2年ぶりの観戦だったので楽しみにしていたのですが、甲府が勝ったこともあり、悔しさが2倍3倍になって非常に残念。競馬も、応援していたベッラレイアが不発となってしまい、スイープトウショウと重ね合わせている自分にとっては、「まだまだだなぁ・・・」という気持ちです。ですが、しっかりとこの夏充電して秋には元気な姿を楽しみにしたいと思います♪
今週は、春のグランプリ・宝塚記念。
2年前「1着スイープトウショウ:2着ハーツクライ」と決まり、馬単・3連複共に的中という夢のような結果に酔いしれてから、早いことで2年が過ぎました。それ以後、あれ以上の的中はないので、そろそろ夢を見せてほしいと思い始めてきました。
狙いはやはり思い込み度『NO1 ドリームパスポート』『NO2 カンパニー』を中心に勝負します。ドリームレースは、「好きな馬を買いその馬券が的中する」というような『ダブルで感激を味わえる』のがなんとも楽しいです!
そろそろいい加減に来てもらいたいドリームパスポート。蛯名JKに乗り替わり、それをきっかけにあの「輝いていた頃」の走りを取り戻してほしいと、強く願望しています。また、横山JKと非常に相性のいいカンパニー。2頭軸で、メイショウサムソン・アルナスライン・ロックドゥカンブへ3連単BOXで潔く勝負します!
そしておいしいものを食べに行きたいと思います!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎happy01     
     阪神・函館で4レースに出走
       アドマイヤスペースで見事1着up
  ※的場騎手wink 
     函館で11鞍に騎乗
       アドマイヤスペースで1着sun 

horse今週の予定 rain/cloud
  〇的場厩舎 函館で3レースに出走予定
   28日6R アドマイヤジョイ
    →3戦目でさらに前進!体が徐々に絞れて◎ 
 ○的場騎手 函館で14鞍に騎乗予定
   
29日9R インサイダー
    →前走は7着も優勝馬とは0・6差。距離延長で新味。

新外国人登場!

20080625_001 今日は、昭和押原公園へ練習試合を見に行ってきました! 普段、昭和公園には行かないのですが、今節(今日)に試合がないことと、新外国人(サーレス・マラニョン)のプレーを、どうしても見たかったので、2人がどんなプレーをするのか楽しみにして行ってきました~♪

20080625_01120080625_014  来日(6/22)してから今日で4日目。練習試合では30分間プレーしていました。2人共、本来の力ではないものの、なかなかの動きを見せてくれました。特にサーレスは、『強さ』を随所に感じさせてくれ、出場可能な試合・熊本戦がすごい楽しみになりました。

若い選手がメキメキ力をつけるのを見るのも楽しいですが、新しい選手の加入はどうしても期待してしまいます! あとは、先日報道があった「日本人DFのレンタル加入」。だれが来るか楽しみですね~♪

やればできる!

20080621_11920080621_116  昨日行われました山形との試合。6連勝中の相手ということで、非常に難しい試合でしたが、「1-0」という『サッカーの醍醐味』とも言えるスコアで勝利!7試合ぶりの勝利ということで、私もとてもうれしかったです♪ ヴァンくんもバンザイ(ヴァンザイ?)していましたw

20080621_08020080621_046  この日は、試合開始前からヴァンくんが大活躍! もうおなじみとなっているのは「自転車ダッシュ」w バックスタンド側を、立ち乗りを披露し「ありえないスピード」で駆け抜けていきましたw また、雨天ということで今季2度目の「ポンチョ仕様ヴァンくん」。胸にある『あしあとマーク』が、かわいらしいですね!

20080621_06020080621_033_2 そして楽しみにしていた「ヴァンくんwithカートドライブ」。 前後左右へ自由自在にカートを操り、スタッフの方をも慌てさせるほど動き回っていましたw 山形の方へ行った時、何か渡していましたね。何を渡したのか、ちょっと気になりますね・・・。

20080621_07920080621_085 ゴール裏コンコースでは、この日から始まった「スタジアム内選手サイン会」。 ジョジマール・ブルーノ・山本(僚)が参加していました。また、この日に来日して午前中の練習に参加したという新外国人FW・マラニョンとサーレスが、試合観戦に来ていました。遠目ですが、なかなかやりそうな顔をしていますねw

20080621_082 遠く山形からとても多くのサポーターのみなさんが来てくださいました(200人ほどだそうです)。やっぱりチームの成績がいいと、いっぱい集まるんだなぁ~と思いました。試合終了直後の「あのコール」は、ちょっと笑えましたw 確かに、ロスタイムは短かったと思います。

20080621_10920080621_098 あいにくの雨天にも関わらず8360人が駆けつけ、甲府の勝利を願って応援しました。5/6以来、45日ぶりの勝利に小瀬は湧き上がり、選手達も非常にうれしそうでした!山形の選手から「すごい執念」と言われたこの日の選手達。今後も続けていってほしいと思います。

20080621_10320080621_112 殊勲は、決勝ゴールの林。勝ったことは喜ぶものの、「考えることは次の試合を勝つことだけ」 と、その目はすでに次の試合に向けられていました。頼もしい言葉・プレーに、次の試合も期待したいと思います♪ また、この写真はすごいなぁ~と思いました!狙ってもなかなか撮ることはできないと思います。

20080621_074 忘れてはいけないのはこの2人、GK桜井とDF石原。GK桜井は、これで古巣相手の2試合で無失点。前回の対戦でもファインセーブ連発だったと思います。「悔しくて眠れなかった」という前節の試合から、見事守備陣の立て直しに成功しました!20080621_111次の試合も、その『強い気持ち』でチームを引っ張っていってほしいと思います。また、初の左SBで先発出場した石原。不慣れなポジションでも、鬼気迫るプレッシングで相手攻撃陣に自由なプレーをさせませんでした。右SBの輪湖と合わせて結果を出したことで、今後のポジション争いが激しくなりそうな気がします。

20080621_094 『勝ったこと』が1番よかったですが、まだまだ上を目指さなくてはいけない以上、クリアしなくてはいけない課題は多いです。神崎はオフサイドにかかる場面が多く、前田はあまり前を向いたプレーができませんでした。井上も、消極的な対応が多く(前節のオウンゴールを意識しすぎ?)、DFラインの連携が欠ける場面もあったと思います。
新外国人の合流のほかにも、SBでは杉山が復帰したり吉田は本日のサテライトでゴール、木村もゴールを挙げたということで、「試合に出場すること」だけでも競争が激しくなってきます。
練習からいままで以上に真剣に取り組み、試合に出たからには自分の持てる力を120%発揮できるよう、選手達には強い気持ちを持ってほしいと思います。今日の山梨報知には「これからだぞ!」とロッカールームで選手達が叫ぶ声があったと、記事にありました。シーズンの1/2を「不甲斐ない成績」で過ごしてしまいましたが、これからの甲府がとても楽しみになりました♪次の試合・6/29湘南戦も、「勝ち試合」を見に小瀬へ行きたいと思います!

久しぶりに勝ったー!

雨の降る中行われた山形との一戦。CKをヘディングで林が合わせて得点した1点を、GK桜井を中心に守りきり、1ー0で勝利しましたぁー!
5月6日以来の勝利、また好調の山形を破ったということで、今後に勢いがついてきそうな感じです♪
内容面、いろいろ修正しなくてはいけない部分ありますが、今日のところはこの勝利を喜びましょう!

いい試金石

明日はホーム小瀬で、現在6連勝中で2位のモンテディオ山形と対戦です。

甲府の前節は、アウェーで3位のセレッソ大阪との対戦でした。
前半で2-0とリードするも、オウンゴールからリズムを失いわずか4分で2点を献上してしまい、同点とされてしまいました。終了間際に勝ち越すものの、そのわずか1分後にまたしても同点とされ『悔しさ』しか残らない試合となってしまいました。
しかし試合内容をよく見てみると、前半は2得点の場面以外にも決定機を何回か掴み、同点とされてからも、何とか試合を落ち着かせ一時は勝ち越しにまで至りました。結果こそ手にすることはできませんでしたが、「1歩ずつ良くなってきている」感覚は感じ取ることができます。現在、絶好調で大売り出し中の山形相手にどこまで自分たちのサッカーが表現できるか、今後を占ういい試金石となる試合だと思います。

しかし、今の甲府はなかなか「攻守のかみ合わせ」が良くありません。
開幕以来、ずーっと悩まされつづけていた『得点力不足』。大阪戦では6節以来となる「3得点」を記録し、それ以外にも攻撃面でかなり連動性が出てきたと思います。ですが、広島戦で守備の要としてこれまでチームを引っ張ってきた秋本・山本が負傷してしまい、大阪戦ではCBが本職でない井上が起用。攻撃に明るい面が出てきたと思った矢先、守備面に今度は不安が出てきました。山形の好調の原因は、ここ8試合で24点の攻撃力。その24点に絡んだ選手はなんと10人と、「どこからでも点がとれる」チームです。連携良く山形攻撃陣を抑え、ディフェンスをしっかり行うことで、攻撃にもいいリズムで繋げていきたいところです。

<J2リーグ・第21節 モンテディオ山形戦>
~視野の広いプレ‐が持ち味。スペースを埋め、反撃の目を摘み取る~

20080423_024 13:DF 田森大己
右SB・杉山の出場停止で前節に続き出場が予想される田森。杉山とは違い、オーバーラップよりは守備面でのカバーリングを期待されての起用かと思います。昨季後半ではアンカーで起用され、柏のU-23日本代表・李を相手に、厳しくアプローチしていたのが記憶に新しいです。守備には定評のある田森。まずは山形攻撃陣に激しいプレッシャーをかけプレーをさせることなく、攻撃面でも、杉山より精度の高いボールをゴール前に供給してほしいなぁ・・・と思います!このチャンスを生かして、ポジションを勝ち取ってほしいですね♪

さて、相手は2位の山形。
現在6連勝中で、直近3試合はすべて「3-0」での勝利。その相手も、仙台・福岡・鳥栖と強いチーム相手に勝っているだけに、チーム状態が相当良いことを感じさせてくれます。また、さきほども触れましたが非常に好調な攻撃陣。一番最近の無得点試合は、12節(5/6愛媛戦)までさかのぼります。その後8試合で24得点(1試合平均3点)。FWの長谷川と宮崎、MFの秋葉が4点ずつでトップ。3点がFWの北村、2点がMF佐藤と宮沢・DFの石井ということで、どのポジションからもまんべんなく得点しています。FWの宮崎に至っては、4得点すべてが途中出場で記録しています。試合開始から終了まで、どのポジションも気を抜けない厳しい試合になること間違いなしですね。
ですが、山形公式HPのゲームレポート(仙台戦)を読んでみると、結果こそ「3-0」だったものの仙台が押し込む場面も、かなり多かったように読み取れます。そんな中、山形は少ないチャンスを確実に生かし、ピンチを全員で守り勝利に繋げていった試合だったように思います。

各選手のプレーの質・判断なんかも問われますが、この試合は何より「精神的な強さ」が問われる試合になるような気がします。「自分たちの時間帯に得点ができるか?」「相手の時間帯に、集中して守ることができるか?」「リードしても安心しないか?」「リードされても落ち込むことなく前を向けるか?」・・・etc 6連勝しているチームは、こういうことができているから勝ち続けることができるのだと思います。甲府は、できていないから勝ち切れないのだと思いますが、その「きっかけ」は掴みつつある(見えてきている)と思います。

明日は天気も心配ですが、こういうチームが苦しい時こそ応援が必要なんだと思うので、雨が降っても小瀬に行きます!そして「輝く夜空」をみんなで歌おう~♪

サマーシリーズ開幕!

木曜日は競馬の日。
今日は先週行われたGⅢ:エプソムカップと、今週予定されているGⅢ:マーメイドステークスの展望です。

まずはエプソムカップの振り返りから。
優勝は、直線で見事な脚を発揮したサンライズマックス。中団から一気の差し脚で、1番人気のヒカルオオゾラを差し切り重勝2勝目を飾りました。また、鞍上の横山JKはこの勝利で重賞100勝を達成!GⅠは2004年のイングランディーレ(天皇賞・春)以来勝っていませんが、宝塚記念(カンパニー)や秋にも楽しみな馬がいるので、活躍を期待しています♪
そして惜しかったのは、1番人気のヒカルオオゾラ。直線入り口で早くも先頭に立ち、そのまま押し切ると思えましたが、ゴール寸前に勝ち馬にかわされ2着。しかし力の片鱗は見せてくれたと思います。この馬も、これからの成長が楽しみな1頭です。
まぁ、あとは余談ですが、1~5着のうち3頭(サンライズマックス・グラスボンバー・トウショウヴォイス)が前走・新潟大章典でした。来年のために、覚えておきたいですね!

春の東京開催が終わると、競馬のカレンダーは『夏』になります。
函館・福島といった「ローカル」開催が始り、来年のダービーを目指し『新馬』たちがデビューしてきます。新馬といえば、今年からデビューする新種牡馬にも注目です。私が期待しているのは、サンデーサイレンスの子供・ネオユニヴァース。自身は3200mまでこなしましたが、最適距離は2000m~2400mだと思います。「サンデーサイレンス×エタン系」なので、交配相手もそんなに選ばなさそうな印象もあります。どんな産駒が出てくるか、楽しみにしたいと思います!

今週の重賞は、牝馬限定によるハンデ戦・フローラステークス。
実績で断然なのはベッラレイア(GⅠで2着)。勢いのあるのは2連勝中のブリトマルティス。この時期(レース)なら走るサンレイジャスパー・ソリッドプラチナム。きっかけがあれば復活しそうなザレマ・レインダンスあたりが人気になりそうです。
今回、私が注目したいのはちょっと狙ってみてザレマ。前走・京王杯SCでは7着でしたが、1着とは0・6秒差。適距離でないことを考えると、健闘したと言ってもいいと思います。ハンデも54kgとベッラレイアと2kg差、阪神競馬場でも4戦3連対と相性も良さそうなので、来そうな気がしますw
相手には上り馬・ブリトマルティス。2000mくらいがちょうど競馬がしやすそうな距離。やや時計のかかる阪神の芝も、合うような気がします。武JKの差し脚を引き出す騎乗に期待します。あとは、ヴィクトリアマイルからの巻き返しがありそうなレインダンスとピースオブラヴ。軽量を生かした先行残りを期待してブローオブサンダー。ベッラレイアは、長期休養明けの反動が心配、サンレイジャスパーは次の小倉記念で買いましょうw

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

サンライズマックスが横山JKの好騎乗で直線一気の快勝!久しぶりの登場となったエプソムカップで、快気祝いの的中♪気温の上昇と共に、馬券にも勢いが出てきました!この調子で、今週はマーメイドステークスで勝負していきます!!
そのマーメイドステークスには、牝馬思い込み度NO1・ベッラレイアが登場します。ヴィクトリアマイルでは、「馬体重マイナス8kg」と、長期休養明けにしてはスッキリとした仕上がりで出走。しかし、道中では若干かかり気味になってしまい、直線では全く『らしさ』が見られませんでした。
が、しかし!「自分的オークス馬」ベッラレイアが、ウオッカ・ダイワスカーレットのいないこのレースで負けるはずがありません!自分の力さえ発揮できれば、このクラスでは格上の存在。私にも馬にもまったく迷いもためらいもないのです!

馬券は馬単で強弱をつけて購入。特に勝負は、「このレースだけ走る(好結果を出す)」と言っても言い過ぎでないソリッドプラチナムには、ちょっと力が入りますw 
このレースを勝って、2008年・秋の女王戦線に名乗りを上げる!
父・ナリタトップロードの遺志を継いで走れ!ベッラレイア!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎catface     
     東京で2レースに出走
       ダイワジャンヌの6着が最高rain
  ※的場騎手gawk 
     東京で8鞍に騎乗
       ドンダケーで惜敗の2着が1回sun 

horse今週の予定 rain/cloud
  〇的場厩舎 阪神・函館で4レースに出走予定
   22日11R アドマイヤスペース
    →54kgは見込まれたが、前々走でこのクラス勝利。 
 ○的場騎手 函館で11鞍に騎乗予定
   22
日10R ディアーウイッシュ
    →前走勝利も、再度同じクラスでのレース。ここは確勝!

W的場のコーナー名を、少しだけ変えてみましたw
 ・旧コーナー名 いぶし銀sign01的場でOKgoodshine
 ・新コーナー名 いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
1文字だけなので、どっちでもいいと言えばいいんですがw

新しい顔ぶれ

以前から噂されてた「新ブラジル人FW」。新加入のニュースが今日ありました!

1人は長身(183cm)でセンターFWタイプ:サーレス。
もう1人は爆発的なスピードを持つFW:マラニョン。

いずれも半年間の期限付き移籍で、来週から練習に合流するようですね。
試合への出場は早くても26節の熊本戦からですが、これから得点を勝ち星を増やしていくには、彼ら2人の大活躍に期待すると共に、今いる選手達のさらなる奮闘も必要です。広島戦・大阪戦と、試合内容には以前より良くなってきたので、2人の加入を契機に前半の「借り」を返していってほしいと思います!
また、怪我人が続出しているディフェンダーも獲得の検討をしているとのこと(NHKニュース・VF甲府携帯公式サイト:東海林強化部長さんのお話)。あとは、明日のサンニチ朝刊と山梨報知が楽しみですw

できたことを次も

今日行われましたセレッソ大阪との一戦、前半で2-0といい雰囲気で終了するものの、後半に何とももったいない形の3失点で引き分けとなりました。
前回の大阪戦以来となる「3得点」で、攻撃面はかなり噛み合った感がありますが、秋本・山本を欠くDF陣が連携や集中力を失ってしまい3失点。「DF陣ががんばれば得点できず、FW陣ががんばれば失点を重ねてしまう」イマイチな試合が続いていますが、大阪戦に限って言えば、先週の草津戦からだいぶ良くなってきたと思います。

次の試合は現在絶好調で大売り出し中山形と、ホーム小瀬で対戦です。広島戦・大阪戦と「よくなりつつある」チーム状態。『できたこと』を次の試合でもできるよう忘れないよう、1週間いい準備をしてもらいたいと思います。

今、かわる時

明日は、アウェー長居競技場で現在3位のセレッソ大阪と対戦です。

今の甲府のチーム状態は、正直あまり良くありません。引き分けを挟んで5連敗、怪我人も数名でてきており、スタメンも毎試合代わる非常に苦しい状態です。しかし前節で久しぶりに見せてくれた「ハードワーク」が、大阪戦でも続けることができるか、特に『プレーのスピード』に注目してこの試合を見ていきたいと思います。

「ピンチはチャンス」
怪我の秋本・宇留野・山本に代わって出場する選手が、いままで出場できなかった分『いいプレー』をすることで、その選手自身のポジションのみならずチームの成績も上向きにすることができます

GK・桜井が、今朝のサンニチ(自身のブログ)で「結果ばかりに目がいってしまい、ゲームを楽しむことができていない」とコメントしていました。私もまさに『その通り』だと思います。結果が出ていないことで失敗することを恐れてしまい、思い切ったプレー(チャレンジ)ができず、安全なプレーばかり選択しているようにも見えました。失敗を恐れず、常に「チャレンジを繰り返して相手チームに向かっていき、パス・ドリブル・シュートを『楽しんで』プレーしてもらいたいと思います。そして私達も、「サッカーを観る楽しさ」をもう一度思い出し、選手達といっしょにこの苦しい『難局』を乗り切っていきたいですね!

<J2・第20節 セレッソ大阪戦>
~最後の仕事ができる選手!その可能性は無限~

20080417_036 28:FW 神崎大輔
昨季後半、練習試合でゴールを量産するも出番がないまま今季に。しかし17節・岐阜戦で公式戦初出場すると、前節の広島戦で初スタメン。ヘディングや斜めの動きで、広島ゴールに迫りました。スタミナ面が課題ですが、今ピッチ内で1番「ゴールを予感させてくれる選手」だと思います。

対戦相手のセレッソ大阪。7連勝のあと、水戸・徳島に敗戦し2連敗。今節では、前節出場停止のジェルマーノが復帰するものの、特に守備陣に怪我人が相次ぎ、7連勝の頃の勢いはありません。
中盤では日本代表の香川を欠くものの、小松・古橋・ジェルマーノらが中心となり攻撃を組み立てます。CB秋本を欠く甲府の予想CBは、池端と井上のコンビ。大阪の2トップ&2列目からの飛び出しを、ボランチの林・藤田らと連携良くしっかりチェックしなくてはいけません。
かと言って、失点を恐れて「前へのチャレンジ」ができなくなっては本末転倒。攻撃も守備も「積極的(アグレッシブ)」に行い、この試合のみならず今後に向ってチームを変えていく一戦にしてほしいと思います!

「変える!勝つんだ!!」という強い気持ちを持って、がんばれヴァンフォーレ甲府!

春シーズンも終わりを告げる

今日の山梨県の最高気温は29℃。すっかり「初夏」の陽気となっております。
日中のサッカー観戦には非常につらい季節ですが、その分ナイトゲームにはちょうどいい気候になってきました。いっぱい応援して、チームが勝って、うまいビールを飲む・・・。いやぁ~久しくやっていないことを思い出しましたw

こんな時は目先を変えて競馬w
週一回の競馬コーナーが、これほどまで『気分転換』になるとは思いませんでしたw 今週は水曜日に試合があったので、金曜日に恒例の競馬コーナーです♪

まずは先週行われた安田記念の振り返り。
優勝は、昨年のダービー以来の勝利となったウオッカ。騎乗した岩田JKいわく「バキューン」という音がしそうな走りだったとのことw いままでのような「後方一気」ではなく『積極的な先行策』を選択し、見事勝利を飾りました!もしかしたら、先々週のダービーで2着したスマイルジャックと同じ父(タニノギムレット)なので、真似をしたのかもしれませんw
ウオッカの復活により、またダイワスカーレットとの対戦が楽しみになりました。この対決は有馬記念くらいになってしまうかもしれませんが、もう一度見てみたいものです♪
そのウオッカ以外の入着馬は、すべて6~7歳馬とベテラン勢が健闘していました。中でも3着に粘ったエイシンドーバーは、昨年より活躍の幅(距離)を広げており、秋に向けてさらに力をつけてもらいたいと思います!

今週は春の東京開催ファイナルを飾るエプソムカップ。
古くは、マーベラスサンデーがこのレースを制してから有馬記念優勝まで上り詰めましたが、近年は1番人気が4連敗中。人気に押されている馬を見ると、条件戦を勝ちあがってきた4歳5歳の馬が目立ちます。
今年のメンバーで人気に押されそうなのは、やはり条件を勝ってきたヒカルオオゾラとファストロックの両4歳馬。対するベテラン勢は、ブライトトゥモロー・トーホウアラン・グラスボンバーあたりでしょうか?両4歳馬、勢いは申し分ないのですがデータ的にちょっと買いにくいですね・・・・。かといってベテラン勢も、近走の着順が大きいのでこれまた買いにくいですw

一番賢い選択は「見送り」かもしれませんがw、困難(難しいこと)にこそ立ち上がってしまうのが私の習性w ということで、このレース本線は昨年2着をしているブライトトゥモロー。
前走・新潟大章典では11着でしたが、このレースはレースの上がり3Fが32・9(勝ったオースミグラスワンが31・9)と普通では考えられない時計。この馬自身も、多少なりとも時計がかかる馬場の方が合うので、新潟大章典はレースがあいませんでした。また、エプソムカップは2年連続好走する法則があるので(といっても、マイネルアムンゼンとアメリカンボスだけですがw)、この馬に期待したいと思います。
相手には、これまた新潟大章典で高速の上がりが合わなかったサンライズマックス。ここ2戦は着順が大きいですが、新潟大章典は時計が速すぎで、大阪杯は相手が強かったです。大阪杯前は3連勝していた馬なので、このあたりでは走り頃かもしれません。あとは、やはり連勝の勢いは見逃せないファストロック。東京1800で6戦5連対(3勝)のマイネルキッツ。新潟大章典組で、トウショウヴォイスとグラスボンバーに注目しています。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

オークス以来の登場になりますデュランダルです、こんばんは!
日本ダービー:サクセスブロッケン、安田記念:エイシンドーバーと後のない「渾身の予想」も空振りとなってしまいました。梅雨のジメジメした今の時期のような「くら~い」競馬生活、改めて競馬の『難しさ』を実感しております。しかし2週間のお休みをいただき、さらに「パワーアップしたデュランダルコーナー」を、今後お送りできると思うので期待していてください♪
今週、まずは東京でのエプソムカップ。ここ2走で結果が出ていませんがサンライズマックスから馬単総流しで勝負です。持っている素質はGⅠ級のこの馬。梅雨空をも吹き飛ばしてしまうほどの強烈な末脚を、初夏の東京のターフで披露してくれると思います!
中京でのCBC賞は、トウショウカレッジ・スピニングノアール・キョウワロアリングの馬連BOXと3連単BOXで勝負です!

コラムタイトルの通り「デュランダル(名刀)の切れ味復活」といきたいと思います♪
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場でOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎catface     
     東京・中京で4レースに出走
       アドマイヤジョイの5着が最高cloud
  ※的場騎手gawk 
     東京で8鞍に騎乗
       アドマイヤジョイ他5着が3回sweat02 

horse今週の予定 sun/cloud
  〇的場厩舎 東京で2レースに出走予定
   14日7R ダイワジャンヌ
    →意欲の連闘!広い東京で能力全開! 
 ○的場騎手 東京で8鞍に騎乗予定
   
14日2R ドンダケー
    →惜敗続きにピリオド。前走は僅差の2着。

来週から福島と函館開催がスタート!
さらに今年から新馬戦は
「メイクビュー」と呼ばれます♪
どんな新星が出てくるか、いまから楽しみにしたいと思います!!

少しずつ・・・

20080612_01520080612_010 昨日行われました広島との一戦、「0-2」で敗戦してしまい順位も12位と下がってしまいました。前半はそこそこ見どころがあったものの、後半は運動量の低下でチャンスを作れなくなり、CKから2失点目を喫しダメ押し。これでホーム3連敗となってしまいました。

20080612_001 普段は開門時間には小瀬にいる私も、この日ばかりはどうしても外せない仕事で遅刻。小瀬に到着した時、時計は「20時」を過ぎていました。正直、第一駐車場に置けるかなぁ・・・と思ったのですが甘かったですw 第一どころか、山日新聞センターの『奥の方』まで行ってしまいました。近くの有料駐車場も軒並み満車で、今日もいっぱい来てるなぁ~と思いました。

20080612_00520080612_014  ということで、この日の小瀬は8000人超え。平日ナイターにしては非常に多かったと思います。逆転を信じて、大きな声援を送ったのですが、特に後半は決定機がほとんどなくあまり得点の予感はしませんでした(前半は出足や攻守の切り替えが早く、 惜しいシーンもありましたが)。

20080612_00820080612_013 そして、平日にも関わらず広島からは多くのサポーターが来ていました。やっぱりチームの成績がいいと、動員にもかなり影響が出るものですね。最近の甲府は、ちょっと成績が良くないので、これからのホーム(アウェー)ゲームの動員人数が心配になってしまいます(実際、15日のC大阪戦のバスツアーが中止になってしまいました)。

20080612_022 結果こそ伴わなかったものの、1つのハードル(ハードワーク)は乗り越えた感があります。しかし、『勝つため』にはまだまだ越えなくてはいけないハードルがいくつもあります。そのハードルを1つ1つ越えていくと同時に、1回越えたハードルはまた置かないよう、1歩1歩進んでいく必要があると思います。

宇留野秋本が負傷で離脱、次節は山本も出場停止ということで、次節のみならず今後数試合難しい試合になると思われます。しかし裏を返せば、いままで出場できなかった選手のチャンスがあると言うこともできると思います。また、今日の夕方ニュースでは「新外国人FW加入」のニュースがありました。そういった選手達が出場することで、また「違ったヴァンフォーレ」が見れるかもしれません。

なかなか勝てなくて苦しいですが、チームといっしょに苦しみも楽しみも共有して応援していきたいと思います!
私たちサポーターも、元気だしていきましょう~♪

できることはやったか?

今日行われました広島との一戦は、『0ー2』で完敗。後半の35分間しか見れませんでしたが、その時間内は非常に退屈でした。
さらに、秋本が負傷で前半までで交代してしまい、今後の試合にまで影響を及ぼしてしまいそうな様子。
首位広島との力の差を見せつけられた格好ですが、自分達の力を出しきったのであれば、仕方ないと思います。
明日から、仕事や学校へ行くのに元気が出ませんが、がんばっていきましょう(笑)

「自分達」を取り戻す

明日PM19:00から、ヴァンフォーレ甲府は現在首位のサンフレチェ広島との対戦です。平日のナイターということで、私は仕事の関係で8時ちょっと前くらいに小瀬へ着く予定です。YBSラジオを聞きながら移動し、NNS(9ch)の生中継を録画して帰宅してから「勝ち試合」をもう一度見直したいと思いますw

といっても、首位広島相手に「勝ち試合」が見れるとは、そう簡単に考えることはできません。もちろん「広島が相手」ということもありますが、大きな問題はチーム内にあります。特に記憶に新しい草津戦は「自分たちのサッカーを見失っている」感のあるサッカーでした。それから中2日での試合、立て直しは非常に難しいですが松尾さんプレビューを読んで、ちょっと期待してきました♪
久しぶりに先発起用となりそうな石原の自信、そして「若い3トップ(」(私の予想は右から久野・ジョジ・ブルーノ)に、いまのチームの『閉塞感』を打ち破ってもらいたいと思います!

<J2・第19節 サンフレッチェ広島戦>
~「悔しさ」をピッチで爆発!強い気持ちで勝負!!~

Img_2982 7:MF 石原克哉
なんと5節・山形戦以来のスタメン見込み。しかし、先発しなかった試合でも途中出場しており、ここまで14試合に出場しています。草津戦でも、途中出場で惜しいシュートを放ち、チームの雰囲気を変えようと必死な姿が目を引きます。プレビューでも、相当気合が入っている様子が伺えます。攻守で気持の入ったプレーを期待しています♪

いつもはここで相手チームの様子を簡単に触れるのですが、ここ最近の試合を見ていると、相手チームが云々よりは「自分たちのサッカーができていない」と強く感じます。さらに、『毎回同じようなシーン』で失点・敗戦してしまっており、その「修正点」を修正することなく引き分けを挟んで4連敗。海野社長さんからも憤りのコメントがありました。
どの試合後も、選手たちから聞こえるコメントはどうにも「他人事」のような感じ。そこに『甲府のサッカーができない』ポイントがあるような気がします。草津戦でのレポートにもありますが、何より今必要なのは「ストイックにサッカーに取り組み、持てる力の100%でプレーすること」ができる選手。今回久しぶりのスタメンが予想される石原は、そういう面で甲府の中では1~2を争う選手だと思います。また、「若い3トップ」ということで『今まで』に縛られることなく、思い切ったプレーを期待できる選手の起用をしてほしいと思います。

首位広島に勝ち、さぁ反撃開始だ!

やるべきことをやろう

20080608_062 昨日行われましたJ2第18節、ザスパ草津との一戦は残念ながら「1-2」で敗戦となってしまいました。前半はお互いに有効的な攻撃がなく、ちょっと退屈な試合展開。後半、甲府が攻め込むシーンが増えてきた矢先、何でもない突破をそのままゴールまで運ばれ(またしても)先制点を献上。CKに秋本が合わせて同点に追いつくも、(さらまたしても)カウンターからマークの受け渡しミスで決勝点を許してしまいました。これで引き分けを挟んで4連敗。『J1』を云々言う前に、1試合勝つことすら大変な状況になってきてしまいました。

20080608_00120080608_002  緑色が映えるこの季節。小瀬の並木道も緑一色となっていました。「緑」というのは、何となく気持ちを落ち着かせてくれる色ですね。そして、GH席待機列はサブグラウンドを1/4周。以前はA席のサポーターもこれくらいまで列を作っていたと思うのですが、少なくなっちゃったなぁ・・・と思いました。やっぱりチームの成績が芳しくないからでしょうか?

20080608_00420080608_003  7日のサンニチ紙面にあった通り、この日のゴール裏席は隅から2列目が「使用禁止」になっていました。あちらこちらに白い紙が貼ってあり、破損箇所の多さを物語っています。座席はよほどの衝撃を与えないと、ここまで壊れないと思います。『座る場所』であって「立つ場所」ではありませんので、チーム(クラブ)に迷惑をかけないよう良識のある行動をお願いします。

20080608_02120080608_009 入場すると間20080608_014もなくヴァンくんが登場!もう「20080608_012恒例」となりつつある『ヴァンくん自転車』で登場しました♪ なりのスピードで自転車をこぎまくり、あっというまに場内を一周w 「旗振り」のパフォーマンスも見せてくれて、ヴァンくんもかなり気合入ってるなぁ~と感じました!   

20080608_02720080608_030  この試合に前には「信玄太鼓」のパフォーマンス。太鼓の音は、重みがあっていいですよねぇ~♪ また、小瀬のみで実施されている『フェアプレー宣言』。この試合のお子さんは、ハキハキと大きな声でとてもよかったですね!今までで1番よかったと思います♪

20080608_05820080608_034 草津サポーターのみなさん。J1の時と比べて、アウェーエリアは狭くなったのですが、ここがこれほど一杯になったはのは初めてですね。5/3のアウェーへ行った時も思ったのですが、草津サポはかなり「熱い」と思います。私達甲府サポも見習って、さらに熱くなりたいと思います!

20080608_05720080608_050  さて試合は、ご承知の通り1-2で敗戦。点がとれないはもういまさらの問題ですが、あの失点の仕方はないでしょう。1人のFWに2人ついていて振り切られ、相手FWのマークの受け渡しをしっかりできずフリーにさせ共に失点。もう「がっかり」です。20080608_047 20080608_045 攻撃面も、数えられるセットプレーだけ見てもCKが8本あり、相手ゴール近くでのFKもたくさんありました。流れの中でも、『このセンタリングをきれいに上げれば(合わせれば)』という場面でことごとく精度を欠いてしまい、中央で合わせることができた場面は「なかった」と言ってもいいくらいです。

20080608_06520080608_063 その中でも、よくやっていたなぁ・・・と思ったのは美尾。試合終盤まで運動量多く、相手ゴールに向かったプレーが非常に多かったと思います。秋本、ゴールはよかったのですが1失点目の対応の悪さや、チーム全体をもっとまとめてほしいと思うので、さらに上を目指してほしいと思います。

20080608_061 私が思うに、個々の選手はとてもがんばっていると思います。試合後も「悔しい」という気持ちが、表情からも伝わってきます。しかしその「がんばり」が、『個々のレベル』にとどまってしまっているので、チームとしては結果が出ないのだと感じました。
例えばこの試合でもあったのですが、「相手FWにいいプレッシャーをかけてボールを奪った」・・・。これ自体はいいプレーなのですが、そのあと味方FW(MF)にパスを出してそれでおしまい(自分からボールが離れたら見てるだけ)、という場面がいくつかありました。味方FWにパスを出したあと、自分もそのフォローに走りパスコースを作ったり、相手DFを引きつける『動き』をしなくてはいけないのですが、そういう『動き』がないためすぐにFWが相手DFに囲まれボールを失ってしまい、再度攻撃をされてしまう・・・という「個々のがんばり」が攻撃に(得点に)繋がらない場面が頻発していました。

「ボールを持った選手を、次々と追い越していく選手たち」
昇格シーズン・J1初年度には多く見られた光景でした。もし、相手DFを背負ってキープがそんなにできないであれば、他の選手が近くによってフォローしてあげればいいと思います。それが今では、ボールを奪って蹴っておしまい・・・。これでは厚みのある攻撃どころか、ボールすら前に運ぶことはできません。つい数日前のサンニチ紙面に「基本技術の再認識の重要性」と掲載されたばかり。『パス&ゴー』なんて、サッカーを見るだけの私でも『基本中の基本』だと思うのですが、そういう基本すらできないのであれば、試合で勝つことは到底できないと思います。

しかし、以前は「できていた」ことですから、今になってできない訳がありません。
まずは『できること』を1試合通して徹底的にやり続け、その上で何でもいいのでいままでやれなかったこと(できなかったこと)を1つだけ、挑戦してほしいと思います。先日の中田英寿氏の試合ではないですが、「+1プレー」で次こそは勝利してほしいと思います!

これが力ということ

今日行われた草津との一戦。一時は同点追い付くものの、何でもない形でさらに失点をし1ー2で敗戦。
『チャンスは作るものの…』と、毎回同じことをいうのもやめにしたいほどの同じような敗戦。まるで、出口のない迷路に迷い込んだような感覚です。
今できることは、今日の試合の課題を1つ1つ反省し、克服すること。まずはそこから手をつけて、それから先を見てほしいと思います。

1人より2人

今節は、ホーム小瀬で草津との対戦が明日PM13:00キックオフです。

前節、アウェー長良川競技場に乗り込んだ甲府。1-1の引き分けということで、3連敗は逃れたものの、何とも「歯がゆい」試合展開での結果。シーズンが始まって3ヶ月。J1復帰への道のりがさらに険しいものになってしまった1戦でした。
その『危機感』は、チーム・サポーター共に痛いほど感じていますが、なかなか結果に繋がらず17節を過ぎてしまいました。7月には「新外国人FW」の加入が内定しているそうですが、それを待たずに昇格圏内を去ってしまう訳にはまいりません。ホームで連戦・上位との対戦が続く6月。死に物狂いで結果を出し、私たちサポーターの期待に応えてもらいたいと思います。

5日の練習試合を見てきたのですが、サンニチにも掲載されていた通り「2トップ」を試していました。無得点ということで新聞紙上では酷評されていましたが、私は『そんなに良くなかったかなぁ・・・』という感想を持っています。ゴール前には必ずその2トップが張り、左右からのクロスに対応する組み合わせは、少なくとも今までよりは「得点の可能性」を感じさせてくれるものだと思います。ヤフーのスタメン予想サンニチの紙面には「3トップ」の予想ですが、2トップの組み合わせを明日の試合で見てみたいと個人的には思っています。

<J2リーグ・第18節 ザスパ草津戦>
~持ち味を100%生かす使い方を~

20080605_005_2 18:FW 羽地登志晃
岐阜戦では同点ゴールを叩き出し、チーム4連敗の危機を救いました。その得点シーンは、自身からも「得意な形」というサイドからのクロスに、ヘッドで合わせた『きれいなゴール』でした。そういう「得意な形」の場面を、もっと多くすれば得点機会も増えるのではないかと思います。「難しい(不得意)なプレー」を求めるのでなく、『できる(得意な)プレー』を求め、周りの選手も彼が得点し易いボールの供給に努めてほしいと思います。

対戦相手の草津。
ここ最近4試合で3勝1敗と好調です(甲府は1分3敗)。前回対戦時よりは、半分くらいメンバーが入れ替わっているので、前の対戦はあまり参考にならないかもしれません。
しかし、草津のキーパーソンといえばやはり10番・島田でしょう。プレイスキック・ミドルシュートなど強烈で高い精度を誇っています。彼には自由にプレーさせないよう、徹底したマークが必要です。
そして、ディフェンスラインは4人。これも最近4試合で2失点と非常に安定しております。得点不足の甲府としては、いままでの試合以上に工夫を凝らし、強く・激しく相手ゴールを狙ってほしいと思います。

現在の甲府の3トップ、見方によっては中央のFW1人の「1トップ」ということができると思います。すると、どうしてもゴール前に詰める人数が少なくなってしまい、ゴールの可能性が低くなってしまいます。それよりは、練習試合で試した『2トップ』でゴール前に詰める人数を増やし、相手DFのマークを散らすことができれば、得点の可能性は高まると思います。
今朝のサンニチによると、「試合中に2トップへ変更する可能性がある」とありました。もちろん3トップで結果が出れば1番ベストですが、2トップ向きの選手も多いと思いますし、中盤にいい選手が多いので、中盤の構成を増やすことはいいことだと思います。試合中に『緊急変更』があるかどうか、注目して見たいと思います。

最後に、明日はニューゲーフラ:小瀬初見参ですw
「何かのきっかけ」になればいいと思います♪
絶対に勝つんだヴァンフォーレ!!

春シーズン最後のG1

20080605_001 ここ最近、更新が週に3回程度に留まってしまっていてスミマセン。「試合前・試合後・競馬」のサイクル・・・、ちょっと物足りないですよね。サッカーネタで1回、更新したいのですが何にもないんですよねw とりあえず今日、練習試合行ってきたので遠めの写真だけ載せておきますw(謎)。

毎週木曜日は競馬の日。
先週の日本ダービーは、その日のうちに回顧してしまったので、今日は安田記念の展望のみです。
今季、東京競馬場で芝1600mのG1競走が行われるのは3回目。1回目NHKマイルカップの優勝馬(ディープスカイ)、2回目のヴィクトリアマイルの優勝馬(エイジアンウインズ)は安田記念に出走しませんが、G1馬のウオッカ・スズカフェニックス・ピンクカメオ、外国からはG1を4連勝中のグッドパパを含む3頭が出走。ほかにも、前走優勝で勢いのあるスーパーホーネット・オーシャンエイプス、東京で好走実績があるエアシェイディ・エイシンドーバー、昨年の安田記念で好走したコンゴウリキシオー・ジョリーダンスなど、非常に難解なレースです。
このレースの鍵は2つ。
「外国馬の取捨」と「勝負時計」だと思います。

今回来日している外国馬の3頭はとても強力です。グッドパパは2年連続の挑戦(昨年は7着)。その後、昨年末からG1を4連勝中。アルマダは前走にそのグッドパパと僅差のレース。しかも鞍上が、日本を知り尽くしているホワイトJK。ブリッシュラックは、一昨年の安田記念の勝ち馬です。
この3頭を計るには、2つ目の鍵である「時計」。グッドパパ自身も、昨年のこのレースで最速タイム(1・32・7)で走るも7着と敗れてしまいました。レースの勝ち時計が「1分32秒台」になるか・ならないかが、外国馬を取捨するポイントだと私は考えます。8日の天気は今のところ『曇り時々晴れ』。土曜日もそれほど悪い天気予報ではないことを考えると・・・

予想される展開は「高速決着」。日本馬が上位独占と予想します。
本命は、長い直線で息の長い末脚を発揮するスズカフェニックス。
前走・京王杯SCでは、まるで脚を計ったかのような3着。今度は、武豊JKの手綱さばきで先頭ゴールインをしてくれると思います。比較的ベテラン勢が健闘しているこのレース、直線一気のゴボウ抜きを見てみたいです!
対抗には、もうそろそろ勝たないといけない馬・ウオッカ。好走するには、いろいろと条件がついてきてしまうこの馬。しかし、「東京1600m」という舞台は彼女の持つ力を発揮できる舞台だと思います。日本ダービーで好走したスマイルジャックと同じ父(タニノギムレット)を持つウオッカ。あんな競馬も思い切ってやってほしいな・・・と思います。
あとは、一回り強くなった感があるスーパーホーネット、近走不振も先行させるとしぶといコンゴウリキシオー、前走が消化不良だった牝馬2頭・ジョリーダンスとニシノマナムスメをチョイスしたいと思います。

春の東京開催が終わると、各地で新馬戦が始まります。
来年のクラシックにはどんなスターが現れるのか、楽しみにしたいと思います♪

<いぶし銀sign01的場でOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎wobbly     
     東京4レースに出走
       すべて着外(最高で9着)typhoon
  ※的場騎手bearing 
     東京で9鞍に騎乗
       最先着はフェアームーランの5着sweat02 

horse今週の予定 cloud/sun
  〇的場厩舎 東京・中京で4レースに出走予定 
 ○的場騎手 東京で8鞍に騎乗予定
  soon6/8東京4R アドマイヤジョイ
  『前走・初出走で3着。W的場で勝負sign01

ちなみに、デュランダルさんは今週もお休み。
お気に入り馬・カンパニーが直前で出走回避がショックだったらしく、「今週もごめんなさい」とコメントをいただきました。(デュランダルさん、日本ダービーではサクセスブロッケンを買ったそうです)。来週は復帰する予定ですw

これは強い!

今日行われました「日本ダービー(東京優駿)」。
優勝は、直線で衝撃的な末脚(推定上がり 34・2)を発揮した1番人気のディープスカイ。
4コーナーでは後ろから3~4頭目。正直「届かないな、こりゃ」と思って見ていたのですが、まさに『ほかの馬が止まって見える』ほどの強さで、先頭ゴールインを果たしました!
レースの展開もよどみなく進み、まさに「総合力」のぶつかり合いとなるいいレースだったと思います。この展開ならマイネルチャールズに向くかなぁ・・・と思ったのですが、ジワジワと伸びるにとどまり4着。新馬戦以外、ずーっと中山での競馬だったので、1回でも東京で使っていれば違った結果になったかもしれません。

それにしても、ディープスカイは強かったです♪
秋は、ぜひ「菊花賞」に挑戦してほしいと思います!

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ