« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

やるべきことをやった結果

『素直に喜20080830_07520080830_086ぼう!』
  J2第33節・ロアッソ熊本戦は、「5-1」で勝利することができました! リーグ戦では2005年・湘南戦以来の5得点に、小瀬は多いに湧き上がりました! 私の周りでは、「最後の失点が余計だった」とか「喜び方を忘れたw」などといった会話がありましたが、5-1で勝った』という事実を素直に喜びたいと私は思います。
5点も入って、私は本当にうれしいです♪

『やっぱ20080830_001り雨の小瀬』
20080830_005_2 この日は、ここ数日の天気と同じような雨模様。今季は本当に「ポンチョ」の出番が多いです。その雨が祟ってか、ゴール裏以外の開門前待機列は普段より短く、ちょっと動員が心配されました。開門後は雨も小康状態になっただけに、もっと早く上がってほしかったなぁ・・・と思いました。

雨でも元20080830_009気いっぱい!』
20080830_013  開門後、まもなくするとヴァンくんが登場!ポンチョが微妙にヴァージョンアップしてましたwこの日は「大旗振ってみませんか?」のプラカードに応え、応援用の大きな旗を2度3度と振っていました! またニューアイテム(鈴のようなモノ)も持っていましたね。

『遠路ご来20080830_060場ありがとうございます』
20080830_022 先月にも小瀬まで来ていただいた熊本サポのみなさん。聞けば、熊本サポーターの方々は非常にフレンドリーだと耳にしています(ヴァンくんとも盛り上がっているようですw)。 に熊本のホームへ行くことがあったら、私も行ってみたいと思います♪

『試合は圧倒!』
20080830_072 甲府は、開始4分にマラニョンのゴールで先制すると、37分大西・44分サーレス・51分サーレス・71分羽地と怒涛の5ゴール(シュートも25本)。後半ロスタイムに失点してしまいますが、安間監督のコメントにもあるとおり『チーム全体でやるべきことをやった結果の勝利』だと思います。

立役者20080830_103マラニョン・サーレス
  この試合、際立ったのはマラニョン・サーレスの両FW。マラニョンは、先制ゴールもよかったですが、大西が決めたFKのファウルを取ったのが彼の突破。宮崎の退場を誘い、マラニョンの得点といってもいい2点目でした。20080830_112_2 サーレスも2ゴールと、いい仕事をしました。打点が高く、滞空時間の長いヘッドを決めた3点目。裏へ抜けるスピードと、正確なシュートを決めた4点目。どちらも彼の持ち味が十二分に発揮された素晴らしいゴールだったと思います。
彼らも来日して2か月が経ち、ようやく日本(チーム)に慣れたように見受けられます。コメントにもありますが、これからもさらに「勝利」にこだわり、得点を重ねていってほしいと思います!

『もちろん2人20080830_094だけじゃない!』20080830_095
  もちろん、1ゴール2アシストの大西の活躍は忘れてはいけません。ヘディングシュートがGK正面に2回も飛んでしまったシーンは残念でしたが、直接決めたFKは『鮮やか!』の一言に尽きます! また、両SBの輪湖・杉山も再三の攻撃参加でチャンスを演出。輪湖は後半、CKに頭で合わせるシーンもあったりで、近々得点しそうな雰囲気です♪ 杉山も、コンビネーション良く右サイドを突破するシーンが何度も見られ、(得点には繋がりませんでしたが)クロスを何本も上げていました。

『勝利のあ20080830_07820080830_080とは・・・)』
  利花火です!
YSK-ecom」提供でのこの企画。『勝って花火を打ち上げる』なんて、小瀬では初の試みだったと思います(日本平でやってましたね)。まさかこんな企画があったなんて、油断してましたw(カメラの準備に大慌てでした・・・汗)。

利のあと20080830_116は・・20080830_129・(2)』
  そしてもちろん我らがヴァンくん「オン・ステージ」ですw 勝利の歌「輝く夜空」にのせて手を右へ左へと揺らし、最後は大旗で音頭を取りこの日の勝利を一緒に喜びました! ヴァンくんがうれしそうにしていると、不思議と私もうれしくなってしまいますw

試練の9月に突入』
20080830_091 今季最高の月間成績で乗り切った8月(3勝2分 勝点11)。しかし、9月に対戦する予定のチームはまさに『難揃い』です。5試合ありますが、今季2回戦った中で、勝ったことのあるチームは1チーム(愛媛)だけ。あとの4チーム(鳥栖・草津・岐阜・湘南)には、今季勝利がありません。特に鳥栖と湘南には2連敗(湘南からは無得点)と、まさに9月は「試練の月」となると思います
まずは次節の鳥栖戦、8月の勢いを持って臨みたいところ。鳥栖の岸野監督を筆頭に、甲府のことを相当研究してくることが予想されますが、その「研究」を上回る『力』で鳥栖に勝ってほしいと思います!広島戦・熊本戦と同じように『やるべきこと』をやれば、きっと結果はついてきます。

9月も得点と勝利を積み上げて行こう!ヴァンフォーレ甲府!!

攻撃爆発!

熊本との今日の一戦、開始4分に先制するとその後も怒涛の攻撃で、今季最大の5得点を叩き出しました!
後半ロスタイムに失点するも、一人少ない熊本を攻守に圧倒し、見事勝利を飾りました!

これで8月は3勝2分と勝ち点11点を稼ぎだし、いよいよ『エンジン全開!』となってきた甲府。9月もこの勢いに乗って、勝っていこう!

勝って締めくくろう!

明日はホーム小瀬でロアッソ熊本との対戦です。

甲府の前節は、アウェーにて2位の山形と試合でした。
前半立ち上がりは甲府のペースで進みましたが、ゴールを決め切れない時間が続くとオウンゴールで先制点を献上してしまいました。後半も攻めに攻め続けましたが、途中交代の木村がリーグ初ゴールを決めやっと同点。その後もマラニョン・美尾・木村など決定機があったものの、決め切れずに悔しい引き分けとなってしまいました。
第3クール始まって2戦、1位の広島・2位の山形相手に「1勝1分」という結果は良いのですが、山形戦は終始主導権を握っていたので、『勝つことはできたなぁ』と感じる試合でした。その「あと1点」がとれなかったことを反省し、熊本戦に繋げていかなくてはいけません。

「サーレス・マラニョン効果」が言われて久しい甲府。
熊本との前回の対戦から試合に出場し続けていますが、その間の成績は「4勝2分1敗」。特に1試合平均2点をとれるようになってきて、その効果が大きく感じられます。
デビュー当初は、マラニョンの「スピード&強さ」が目につきましたが、広島戦あたりからは『サーレスの強さ』に磨きがかかってきたように思えます。山形戦でも、強力CB・レオナルド相手にしっかりとボールキープしたり、振り切って攻撃を展開・シュートした場面もありました。また、先日の練習試合では「新たな武器」を持っている1面も見せてくれました(詳細は秘密w)。熊本戦で、その武器が披露されるかどうかはわかりませんが、コンディションが上がってきたサーレスの動きに注目したいと思います!
7~8月でわずか1敗。7月は最終週に鳥栖に敗れてしまい「月間無敗」といきませんでしたが、今月は熊本に勝って今季初の「月間無敗」を達成したいですね!

<J2リーグ・第33節 ロアッソ熊本戦>
~待望のリーグ初ゴール!まだまだ成長する19歳!~

20080827_005 20:FW 木村勝太
競争の激しい中盤ですが、最近は途中出場でトップ下の位置に投入されています。ミドルレンジからのシュートが多く、山形戦でもPAやや外からゴール左スミにコントロールされた素晴らしいシュートを決めました!しかしチームの勝利には繋がらなかったので、今度は彼のゴールが勝利につながってくれるとうれしいです♪

対するは熊本。1か月前に小瀬で対戦したばかりですが、その時とは状況が少しばかり変わっているようです。
大きな変更点は選手のシステム。ヤフーのスタメン予想を見ると「4-5-1」のように見えますが、実際は中山と木島がもっと前目にいる『4-3-3』のような布陣をとってくると予想されます。今節は右SBの市村と、左MFの山本が累積警告のため出場停止なので、CBの福王が右SBに回り怪我明けの川端がCBに入る模様。また山本の代わりには宮崎が起用されるようです。福王は本来がCBの選手、宮崎は(サッカーダイジェスト選手名鑑によると)守備に課題がある選手のようなので、そのあたりを突いてチャンスを作りたいところ。福王・宮崎のサイド(甲府の左サイド)の攻防が、明日の試合の分かれ目となると思います。
あと忘れてはいけないのがCFの高橋。
J2得点ランキング1位タイの16得点を記録し、8月の4試合で6ゴールと絶賛大売り出し中です。タイトなチェックとオフサイドトラップで、彼に自由なプレーさせないような工夫が必要。左WGの木島との連携も絶妙なので、高橋ばかりに目がいっているとこちらも危険。あとは、ここまで2戦共にゴールを許し途中出場が予想される小森田の動きも要注意です。

チームの結果が出るようになってきて、スタメン選手の動きも良くなってきましたが、それに伴い「控え選手の動き」も目につくようになってきました。先日の練習試合を見に行ってきたのですが、新聞紙面にあるように國吉・ジョジマールの動きが非常によかったと思います。結果が出ているので、なかなかスタメンは代わらないかもしれませんが、サブの5人の中に入る可能性は充分あると思います。そういう『力』をさらに加え、さらに上位へと順位を上げて行ってほしいと思います!

広島戦・山形戦のような試合をすれば必ず勝てる!
勝利で8月を締め、ここからまた連勝を始めよう!

馬場と時計を見極める

今日は木曜日。今週の競馬は新潟記念(GⅢ)になります。
その前に先週行われた重賞レースの回顧から。
先週は、札幌競馬場でGⅡの「札幌記念」が行われました。

グランプリホース・マツリダゴッホのレースぶりに注目が集まりましたが、そのマツリダゴッホを豪快に差し切って優勝した馬がタスカータソルテ。上がり3F「34・3」を繰り出し、4コーナーで先頭に立ったマツリダゴッホを外から差し切り、見事重賞3勝目(GⅡは初勝利)を飾りました。
今後は天皇賞に向かうそうですが、課題は「直線に坂のあるコース」への対応。勝ち鞍(5勝)がすべて直線に坂のないコースばかり(京都・中京・札幌)なので、この部分の克服がさらなる上のステージへの鍵になってきます。どこまでパワーアップできるか、注目していきましょう。
そして2着がマツリダゴッホ。あくまで私見ですが、この馬はああいう競馬でよかったと思います。勝ち馬の大駆けにあってしまい今回は勝てませんでしたが、この馬の力を発揮するには十分だったと思います。次走(オールカマー)でも、今回のような『積極的な競馬』を見せてほしいと思います!

今週は、「サマー2000シリーズ」の最終戦・新潟記念(GⅢ)が新潟競馬場で行われます。
メンバーを見渡すと、ここまでの「2000シリーズ」で勝っているミヤビランベリや、好走しているダイシングロウ・マイネルキッツ・エリモハリアーなどが出走してきており、このレースの結果次第で、2000シリーズのチャンプが決まる重要なレースになりました。
新潟競馬場の特徴と言えば、やはり長い直線です。それに伴い、ラスト3Fがほとんど「直線」になるため非常に速い時計が出ます。先々週の関屋記念でも、勝ったマルカシェンクが「32・3」という超高速の時計を出し、優勝したことは記憶に新しいです。
しかし先週のレース結果を見てみると、「32秒台」どころかほとんどが「35秒台」とかなり遅めになっています。新潟記念の時には開催も6日目になるので、芝のコンディションもやや悪くなっているのかなぁ・・・という印象を持ちます。このあたりを注意して、馬券の検討をしていきたいと思います。

今回、本命に考えたいのは前走・小倉記念で2着惜敗のダイシングロウ。やや強引な競馬で最後はドリームジャーニーに3馬身離されてしまいましたが、重賞初挑戦・斤量を考えると「健闘」したと思います。新潟記念は斤量据え置き(56kg)、ミヤビランベリ・キャッチータイトルなど先行したい馬がたくさんいるので、競馬もしやすいと思います。平均ペース(やや早め)で、上がり35秒台だったらいつ好走しても不思議ありません。
対抗にはマイネルキッツ。今季夏シーズン開幕くらいに戦線復帰し、このレースが3戦目。5着(エプソムカップ)・3着(七夕賞)と着順も徐々に上げてきており、状態がかなり良いように見受けられます。休み明け3戦目、走り頃だと思います。
あとは、こちらも休み明け2戦目で前走・新潟(関屋記念)で3着と好走したタマモサポートと、条件戦を勝ったばかりですが展開がハマれば来そうなバトルバニヤン。長い直線を味方につけて追い込んできそうなエリモハリアーあたりにも、注目したいと思います。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

今週は「キーンランドカップ」で勝負します!
(自信度90%でお送りしますw)。

狙いは、まず目下未勝利戦から怒涛の5連勝中・マヤノツルギ。
実績NO1、サマースプリントのポイントリーダー・キンシャサノキセキ。
鋭い末脚が武器、函館SSの逆転を狙うトウショウカレッジ。
この3頭の3連単BOX・6点が大本線です!
(ペールギュントも少しだけ買いますw)

やはり競馬も当たらないと面白くありません!
あまり成績が良くないので、少し休養をして秋競馬に備えようかと思い始めている今日この頃。しかし「自分が自分であるため」には、やっぱり競馬が不可欠。『競馬をやっていて楽しいと思う瞬間』を自分の力で引き寄せるため、休養はいたしません!

今週は絶対に的中させるぞー!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎confident     
     札・新潟で4レースに出走
      シャペロンルージュ3着が最高dash
  ※的場騎手gawk 
     札幌で10鞍に騎乗
      インサイダーで2着1回、他3着1回typhoon 

horse今週の予定 sun/cloud
  〇的場厩舎 新潟・札幌で2レースに出走予定
   8/30 札幌4R サトノミラクル
    →期待の良血馬。母はダートオープンクラスで常連。  
 ○的場騎手 札幌で10鞍に騎乗予定
   8/30 札幌3R アムネリス
    →的場JKに乗り代わりで連続3着。
      持ち時計通りに走れば好勝負!

あぁ、こまったな

ブログネタがありません(汗)。

でも元気に生きてますので、そのうち更新しますw

木曜日から、週末にかけて更新します~

勝つのは大変

今日行われました山形との一戦、オウンゴールで先制点を献上してしまうものの、途中出場の木村がリーグ戦初ゴールを決めて同点に追いつき、そのまま引き分けで終了しました。

前半から山形ゴールに迫る場面が多く、サーレス・藤田と惜しいシュートが連発されたものの、ワンチャンスが不運にも秋本の足に当たってしまいオウンゴール。後半も、大西・杉山・マラニョンを中心に攻め立てましたが、守りを固める山形のゴールを割ることができませんでした。保坂に代わり木村が投入されると、わずか4分後にサーレスのポストプレーから右足を振り抜き、ゴール左スミへ見事なシュートを決めました!
その後も美尾の惜しいシュートがありましたが、そのまま試合終了。サーレス・マラニョン加入後、1試合平均2点以上とってきた攻撃陣が、レオナルドを中心とした山形DF陣に抑え込まれた格好の試合だったと思います。

ですが、負けなかったことはよかったと思います。
試合を通してよく走ることができ、豊田・長谷川の2トップにほとんど仕事をさせなかった守備は、とても高く評価できると思います。
「意図とした守備」は充分できたので、あとは『あと少し』が足りなかった攻撃。あと1点をとる(勝つ)には、広島戦:杉山のゴールのような『スペシャルプレー』が必要だったかもしれません。「木村のトップ下起用」には、かなりの可能性を感じさせてくれましたが、マラニョンの仕掛け・大西(杉山)のクロスボールの精度など、『もっとできるだろう!』と思いました。
今節、福岡が負けたことで久しぶりに順位が上がり「8位」となりました。また『10勝10分10敗 得失点差±0』と、数字的にも振り出しに戻ったような感じですw 
残り12試合、1試合1試合ベストを尽くして、得点・勝ち星を狙ってほしいと思います!

いくよ!3連勝!

明日は、アウェー:NDソフトスタジアム山形でリーグ2位のモンテディオ山形との対戦です。

甲府の前節は、ホーム小瀬で首位広島との対戦。
攻めてはCKから林のヘッドと、杉山の素晴らしいアウトサイドでのシュートで2得点。守っては、山本・桜井を中心に得点ランキング1位で日本代表FW:佐藤にシュートを1本も打たせることなく、オフサイドを9本とり『2-0』で見事勝利することができました!
今季ベストゲームと言っていい内容だった広島戦。この内容を明日の山形戦でも続けることができるかが、大きなカギとなってきます。MF林が、警告の累積で出場停止となりますが、ヤフーのスタメン予想を見るとアンカーには山本(英)が入る模様。CBには池端が入り、他のメンバーは代わらない見込み。「アンカー山本」は、それほど問題はなさそうですが、CBに池端が入ることで前節首位広島を無得点に抑え、オフサイドを9つとった守備ラインに変化がでてくるがか見どころ。

山形の予想2トップは、北京オリンピックで唯一の得点を叩き出した豊田と、チーム得点王で10得点を記録している長谷川の予想。ゲーム後半で劣勢の時は、リチェーリを含めた3トップの可能性もあるとのこと。3人とも、DFライン裏へ抜けるスピードのある選手達ばかりなので、ラインの上げ下げ・マークの受け渡しをきっちりと行わないとすぐにやられてしまいます。秋本・池端はマークを失わないよう集中力を常に持ち、山本・桜井で声出したコーチングでピンチを未然に防ぎたいところ。鳥栖戦・仙台戦のような『簡単に失点してしまう』ことはもう間に合っているので、明日の試合は「1対1で負けない守備」を見せてもらいたいものです。

<J2リーグ・第32節 モンテディオ山形戦>
~今季、山形相手に無失点!今年は山形を完封だ!~

20080506_062 22:GK 桜井繁
今季、山形との対戦は「0-0」「1-0」と1点も許していません。その原動力になっているのは、その山形からレンタル移籍中のGK桜井。前回の対戦でも、山形は6連勝中(その期間24得点)だったのですが、桜井を中心に1点をよく守り山形攻撃陣に1点も与えませんでした。前節の広島戦と若干の変更があるDFラインですが、彼を中心にマークをしっかりと行い、今季初の3連勝を飾ってもらいたいと思います!

ただいま山形は4連勝中。前節では「東北ダービー」を制し、J2の2位争いを一歩抜け出しかかっています。しかし、前回の対戦で連勝を止められている『甲府戦』には、その時の反省を生かすべくいろいろと対策を練ってきているようです。
その時、特に甲府が対策を講じたのは、山形の攻撃の起点となる「左SB 石川」へのチェック。21節試合後の安間監督のコメントにもありましたが、「右WG大西にどんなところでもプレッシャーをかける」ことを徹底させ、山形を無失点に抑えることに成功しました。
そのことを踏まえ、山形も今回の対戦では対策を練ってきている様子。展開力のある「MF佐藤」を守備的MFで起用し、石川からのボールをつなぐ(サイドチェンジ)する役を狙うようです。
この佐藤が入った「左サイド」は非常に強力。仙台戦でも、サッカーマガジン評点で「6・5」と好評価、左SB石川・左SH宮沢も揃って「6・5」と危険極まりないですw 甲府でマッチアップするのは、右WG大西・攻撃的MFの藤田・右SB杉山ですが、こちらのサイドの攻防が勝敗を分けて来そうです。

明日の試合「攻から守、守から攻」への切り替えの速さが大きなポイント。広島戦ではそれができていただけに、(繰り返しになりますが)2試合続けてできるかが重要。山形戦でも同じサッカーができれば、そう簡単には負けないと思います。
ぶっちぎりで首位を走る広島を2-0で破った「勢いのつく勝ち方」で、最高の第3クールのスタートを切ることができただけに、今度は2位の山形に勝ってさらに勢いに乗りたいですね!
今季初の3連勝目指して、走れ!ヴァンフォーレ!!

急に涼しく・・・けどまだ8月

ここ数日、山梨は朝晩が急に涼しくなりました。
私も連休明けの仕事の疲れと、気候の微妙な変化で、少々体調崩し気味・・・。
今週もあと1日、元気を振り絞ってがんばりたいと思います!

毎週木曜日は競馬の日。
今日は先週行われた「北九州記念」の回顧と、今週行われる『札幌記念』の展望です。まずは北九州記念のレース回顧から。

見事1着に輝いたのは、先行集団から力強く抜け出したスリープレスナイト。56kgという牝馬にしては過酷な斤量を背おって、「1・07・5」という時計は素晴らしいの一言。これで重賞2連勝、1200m戦を怒涛の4連勝でスプリンターズSに名乗りをあげました。今後は、10/5のGⅠ・スプリンターズSに直行する予定。時計勝負にも対応でき、急坂のコースも克服済み、この勢いでGⅠ制覇まで到達する可能性は高いかもしれません!
2着はマルカフェニックス。北九州短距離S(8着)は、後ろから行きすぎた感があったので、これくらいは走ってもいい馬だと思います。昨季冬~今季春の好調だった時に戻ってくる日も近いと思います。

今週は、GⅡの札幌記念が行われます。
別定戦になり、GⅠを勝った馬が多く出走するようになってきたこのレース。ここ最近はありませんが、3年連続で札幌記念を勝った後にGⅠを勝っています。
今年は、まずグランプリホース:マツリダゴッホの出走を筆頭に、ここをステップにして上を狙う馬:マイネルチャールズ、今夏は絶好調のフィールドベアー・マンハッタンスカイなど、頭数は少ないですが内容の濃いレースとなりそうです。

小頭数の札幌記念、いつも以上に絞って検討したいところ。
今回本命にしたいのは、やはりGⅠ優勝馬:マツリダゴッホ。やはりこのメンバーでは負けられないところ。札幌競馬場でも実績があり、多少時計がかかって力が必要とされる馬場はもってこいだと思います。ここはきっちりと勝利を飾って、秋のGⅠシリーズに向けて弾みをつけたいところです。
1番人気を軸に考えているので、相手は少なめに。函館記念の2~3着馬、フィールドベアーとマンハッタンスカイ。あと同じ函館記念組でタスカータソルテをチョイス。前2頭は、今夏に順調に使われている馬たち。特に、今度はマンハッタンスカイの先行策に期待します。タスカータソルテは、着順(6着)ほど負けていないので、巻き返しの可能性はあると思います。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

まだまだ暑い日が続き、またオリンピックも後半戦に入り、寝不足の毎日が続いている今日この頃です。給料日前ではありますが、今週も競馬に「休み」という文字はありません。
狙いは札幌記念。思いこみ予想からすると、好きな馬がいないことは残念なのですが、こういう時こそ冷静な勝負が出来るので、チャンスと考えることができます。配当は安くとも、まずは「的中させること」を第一に予想します!
 マツリダゴッホ→フィールドベアー→マイネルチャールズ
 フィールドベアー→マツリダゴッホ→マイネルチャールズ
この3連単の2点勝負できます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎confident     
     札・新潟で3レースに出走
      ダイワジャンヌの3着が最高impact
  ※的場騎手catface 
     札幌で9鞍に騎乗
      コパノタイマネで3着が1回typhoon 

horse今週の予定 sun/cloud
  〇的場厩舎 新潟・札幌で4レースに出走予定
   8/24 新潟10R シャペロンルージュ
    →格上がり初戦も、時計勝負の適正は◎  
 ○的場騎手 札幌で10鞍に騎乗予定
   8/24 札幌6R コパノタイマネ
    →前走は、2着馬とわずか0・1秒差。連闘だが勝負できる!

意地と気持ちで勝利を手に

『2連勝きたぁぁぁ~!!』
20080816_08620080816_071  昨日行われた首位広島との一戦、攻守に素早い切り替えを見せ広島を圧倒。今季ベストゲームと言っていい内容で、「2-0」と勝利することができました!これで今季3回目の2連勝で、勝率を5割・得失点差もイーブンに戻すことができました。次の山形戦は、今季初の3連勝・ひさしぶりの貯金生活をかけた試合になります。

『ゴールはベテランの2人』
20080816_09320080816_098  先制点は、今季3点目(すべてCKからのヘッド)の林。非常にきれいなゴールでした!そして貴重な追加点は、3年ぶりのゴールで小瀬ヒーロインタビュー初となった杉山。この日の杉山は、相手MF/服部をきっちりマークし自由にさせませんでした。ゴールも評価したいですが、守備での貢献がとても大きかったと思います。

『組織が機能した守備』
20080816_09220080816_033 広島戦で光ったのは守備。今季、無得点の試合が1試合しかない広島を無失点に抑えたことは非常に大きいです。特筆すべきは「オフサイド」の数。取りもとったり、9つもオフサイドをとりました(前3試合でとったオフサイドは合計で5)。山本を中心とし、ラインコントロールと相手FWのマークがうまくいった証拠だと思います。 桜井もファインセーブが2本ありました!

『やっぱり20080816_055盛り上がる小瀬』
20080816_056 この日は、選手入場の際に「青赤コレオグラフィ」を実施。天気がよかったこともあり、とても鮮やかでキレイだったと思います。20080816_068 次はいつ実施かわかりませんが、またやりたいですね♪ そして入場人員は、今季3番目となる「12120人」を記録しました(見た感じは、もっと多そうですが)。この大歓声の中での勝利、ただの1勝とは訳が違ってくると思います!FM甲府の実況中継も、さぞかし盛り上がったことでしょう♪

『ようこそ20080816_04220080816_077瀬へ』
お盆連休ということと、チームの調子が良いことがあって、広島からはたくさんのサポーターが小瀬へいらしてくれました。
前回の対戦(平日ナイター)の時も多かったですが、遠路はるばるありがとうございます。次の対戦はいつかわかりませんが、またご来場していただければと思います。

『試合前・試合中ヴ20080816_02320080816_027ァンくん』
広島戦では「ヴァンくんバンダナ」が新発売。ヴァンくんは、そのバンダナのデザインをモチーフとした「マント」を新しく装備して登場!キマっていて、かっこいいと思います♪ 20080816_066 またグラウンドで広島の選手がウォーミングアップを始めると、腕組みをして真剣な眼差しでその動きをチェックしていました! ハーフタイムには、スカパーの宣伝で浴衣に着替えて登場していました。しっぽがちゃんと出ていて、とてもかわいらしいと思います♪

『試合後ヴァ20080816_104ンくん』
20080816_108  選手の挨拶が終わったあとにも登場! フラッグを身にまとい、みんなで万歳三唱!勝ち試合のあとのヴァンくんは、とてもうれしそうに見えるのは私だけでしょうか?w 20080816_109 お約束の「パフォーマンス」は、『側転&バック転』と豪華セットでした!相変わらずの身軽さと、多芸ぶりには改めて脱帽w パフォーマンスの前には、持ってきたフラッグをしっかりと畳んでいましたw 次は何を見せてくれるでしょうか?

『勝ち続ける20080816_09020080816_089とで証明』
試合後、挨拶に回って来たときには秋本主将から一言ありました。良く聞こえませんでしたが「今後もがんばります」との趣旨の話だったそうです。
第3クールの初戦、これ以上ない滑り出しとなりましたが、次節はアンカー林が出場停止となり、相手も2位の山形ということで難しい試合になる可能性は高いです。

しかし広島戦のような試合ができれば、きっといい試合ができると思います。怪我人が多く、アンカーという重要なポジションが代わる山形戦は、それこそ「意地でも走れ!絶対に勝とう!」と、声を大にして言いたいと思います。
3位以下は混戦のJ2、勝ち続けてさらに上位を狙っていこう!

広島成敗!

ホーム小瀬に首位の広島を迎えた今日の一戦、林と杉山のゴールで2得点!
守っては、ことごとくオフサイドにかけ、無得点に抑えることができました!
首位広島からの勝利、勢いのつく勝ち方だと思います。次は2位の山形なので、この勢いに乗って連勝といきたいですね!

真夏の夜の大熱戦!

明日16日は、ホーム小瀬で広島戦です。

広島はご存じの通り、現在J2リーグをぶっちぎりで首位を独走中(2位の山形に勝ち点差15)。得点は「55(1試合平均1・83)」でリーグ1位、失点も「21(1試合平均0・7)」でリーグ1位と数字上はスキがありません。
しかし、今節はDFの要・槙野が累積警告で出場停止。ストヤノフが復帰する見通しだそうですが、ヤフーのスタメン予想を見ると「4−5−1」のシステムになっています。ヤフーの予想はよく外れるのでw、私が思うにはストヤノフ・盛田・森崎(和)の3バックに、結城・青山のダブルボランチ、サイドに李と服部が入り3トップ的に佐藤・柏木・高萩が入るのではないかと考えています。
ペドロビッチ監督からは、「甲府の良さを消して、自分たちの良さを出す練習をしている」とのコメントがあるので、プレビュー(前回の対戦)のような「甲府スペシャル布陣」を敷いていくる可能性も十分考えられます。

そうは言っても甲府は、「やるべきことを全力でやる」ことが第一。
それから相手が云々ということになってきますが、広島と同じように甲府もDFの池端を欠く試合になりそうな見通しです。同じくヤフースタメンからですがCBに山本英が、左SBには輪湖が起用されるようです
ここ最近では、「無失点」の試合が27節の水戸戦まで遡らないとありません。ちょっと心配ではありますが、「池端→輪湖」のスタメンはその水戸戦以来になります。山本が起用されることで、カバーリング・オフサイドラインの上げ下げにはさらに期待できると思います。広島FW:佐藤・高萩・柏木(スピードとタイミングで勝負するタイプ)を、しっかりと抑えてくれると期待します。集中力を高く保ち、何より『つまらない失点』をしないでほしいと思います。

<J2リーグ戦・第31節 サンフレッチェ広島戦>
〜左サイドの攻撃をさらに活性化!守備だってがんばります!〜

20080504_040 33:DF 輪湖直樹
ここ3試合は途中出場ですが、徳島戦では同点ゴールとなったFKを獲得する鋭いドリブルを見せてくれました。彼の特徴は、左足からの精度の高いパスとドリブル突破。練習試合を見ていると、山本の左SBよりは「動き」があって、見ていると「ワクワク」してきます♪ 20080426_048 マラニョンにパスしたらそのままお任せではなく、パスと同時に走り出し(パスアンドゴー)、マラニョンをサポートしていきたいところ。
また、オーバーラップするばかりでなく、広島ボールになったら自陣までしっかりと戻って守備が必要。
いつだったか安間監督が「戻って守備ができるようになった」と評価していたので、このあたりの運動量もしっかり忘れないでおきたいですね。

ここ数日は雨も降らず「穏やか」な天気が続いていますが、明日は夕方に降水確率が若干上がります(30%)。一方、最高気温は35℃ということで、開場を待つみなさんは十分な準備が必要です。試合中の「夕立ち」にも十分準備が必要ということで、いろいろと荷物が増えてしまいそうです・・・(汗)。
明日の試合、お盆休みの連休中ということで、たくさんのお客さんが来場すると思います。またテレビ中継こそありませんが、FM甲府でラジオでの生中継があり、現地で(ラジオで)この試合を目に(耳に)する人が大勢になりそうです。そんな多くの人が甲府に関心を持つ明日の試合。首位広島相手にどこまで食い下がれるか、試合結果のみならず第3クールを占う(そしてシーズンを占う)重要な一戦です。

明日も暑くなりそうですが、小瀬で熱く応援していきます!

サマーシリーズも折り返し

木曜日は競馬の日。
今回は、先週行われた「関屋記念」の振り返りと、今週行われる『北九州記念』の展望です。

まずは関屋記念。
優勝は、最後の直線で「32・6秒」という末脚が大爆破したマルカシェンク。この馬自身、2歳時(デイリー杯2歳S)以来の重賞勝利となりました。新潟のような直線が平坦で直線が長く、スローなレース展開で上がりの勝負ということで、マルカシェンクには「おあつらえ向き」のレースになったと思います。秋に向け、中央場所でどれくらいの活躍ができるか、さらなるパワーアップに期待します♪ 2着にはリザーブカードが来ましたが、これで1・2着共に「休み明け」の馬が来たことになりました。サマーシリーズも半分を過ぎ、そろそろ順調に使ってきた馬から、休み明けの馬が好走するような『流れ』になってきたかもしれません。

そして今週は、サマースプリントシリーズ第2弾:北九州記念が小倉競馬場で行われます。
サマースプリントSは、いままでで2戦が行われ函館SS(キンシャサノキセキ)、アイビスサマーダッシュ(カノヤザクラ)と、各レースで優勝した馬が今のところのポイントリーダー。北九州記念には両馬共出走してきませんが、シリーズの行方を占う大事な一戦になると思います。

北九州記念のデータを見てみると、4歳馬がかなり好走しています。また、実績を残している馬よりは、条件戦から勝ちあがってきた馬の方が良績を上げています。このあたりに注目して、馬券を検討したいですね。

私が中心視するのは、現在絶好調の牝馬・スリープレスナイト。前走は、久しぶりに芝のレースに出走し、GⅡのCBC賞で圧勝!ダートを含めた1200mのレースでも8戦7勝(2着1回)とパーフェクト!ここは確実に勝利して、秋のGⅠに備えたいところですね。
相手には、これまた4歳牝馬のクールシャローン。前走は条件戦ながら、北九州記念と同じ条件で快勝しました。「直線平坦の1200」という条件は、この馬にとってピッタリだと思うので、好走しても不思議ありません。あとは、ディフェンディングチャンピオンのキョウワロアリング。池添JKに乗り替わり、一時期の不調を脱出しつつあるマルカフェニックス。ハマると一発ありそうなのがエムエスワールドあたりに、注目したいと思います。

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎bleah     
     函館・新潟で4レースに出走
  ※的場騎手happy01 
     函館で11鞍に騎乗
      ⇒ランブルジャンヌで圧勝の1着upnotes 

horse今週の予定 cloud
  〇的場厩舎 札幌:新潟で3レースに出走予定
   8/16 札幌5R・アドマイヤジョイ
    →前走7着も差はわずか。きっけけ掴めれば一気に上昇。
 ○的場騎手 函館で11鞍に騎乗予定
   8/17 札幌9R アドマイヤスペース
    →流れに乗りうまく先行したい!初重賞制覇のチャンスだ!!

ありがとう!そしてこれからも・・・

先日の8/9を持って、当ブログも丸2周年を迎えました!
始めた当初はどうなることかと思いましたが、なんだかんだで2年続けることができております。
サブタイトルに「ひたすら前向きにVF甲府を楽しむブログ」書きながら、VF甲府のこと以外にも競馬・野球・おいしいものなど「カテゴリー」は多岐に渡り、ちょっと脱線することもありますが、まぁ大目に見てくださいまし♪

この2年間で書いた記事は「609」、いただいたコメントは「1582(半分は自分ですがw)」、累計アクセスは「27万8282」と、本当に多くの方々に見ていただいていると改めて感じている次第です。そこで、せっかくたくさんコメントをいただいたので、いただいた方々のお名前を紹介させていただこうと思います(何かラジオっぽいですがw)。

>>コメントありがとうございました!これからもよろしくお願いします!!(いっぱいなので敬称略・・・ごめんなさい)             

モーリー、MITSU、いち、犬岩石、八ヶ岳、BLUE、U-KS、RGZ-91B、もん、chappy、いとちゅう/しぶ、VFKオヤジ、ヒサ、ヒロト、Hi-Ruandon、はげ親父、morita、班眼鏡、へぇ。、midori、赤サポ、みやけ、matobi、ぷぅ、d(=^‥^=)b ニャッ!、でんこ、とり、onion、アーリー、vfk32、こう、埼玉の甲府サポ、ぽん、まりな、ヒカリ太郎、ちひろ、hb、通りすがりの赤サポ、vfk2932、諒、おいおい、puni、ショウヘイヘーイ、ピメンタ、マサキチ、みりん、13番メガネ男、柏ばか、sachi、ヨーロ、ペイ、なべ、Fischer、カワサキ、フロサポ、tanpopo、年末雀士S、ノーマルタイヤ、チロ、オーゴンカープ、川サポ、同じくフロサポ、通りすがりのフロサポ、kawasaki魂、恭、びーちゃん、甲府サポ、なすび、あっき、あ、ヴァン子、ちか☆、かわばた、都内サポ、通りすがりの山梨県人、のん気なおやじ、山、きんぐ、ヴァン記者、川崎サポ、マリン、ゼルビア某、かず、サッカー好きです、通りすがりのヴァンくん、某ガンバサポ、甲府サポ、HIROKO、ワシワシ、東京サポ、かなぶん、かふぇ★、m、こげちゃいろ、ルリ、つばさ、きゃしゃりん、野木万葉、ぱんだ、北国の叔母、タカ、Lean、押越人、hideh4035、JAM、たまじい

      以上106人のみなさんからコメントいただきました。
      本当にありがとうございました!

試合の感想・チームへの叱咤激励・私への注意(汗)・他チームサポからのコメントなど、本当にたくさんの方々から多くのコメントをいただいたことにびっくりしています。こうして見返してみると、そのコメントをいただいた試合が脳裏に浮かんできて、楽しかった思い出・悲しかった記憶などが鮮明に蘇ってきます。ホント懐かしい気持ちになってしまいます。こんなところが「ブログの良さ」だと勝手に思っていますw

これからも(ますますかどうかは不明ですがw)、自分なりにがんばって更新して参りますので、よろしくお願いいたします~!

久しぶりにテレビ観戦でした

20080809_03120080809_017  昨日の徳島戦、「車で現地まで行こう!」と誘われたのですが、甲府でPVがあったので断りを入れ、ヴァンフォーレ広場でたくさんのサポーターのみなさんと観戦(応援)しました(テレビ観戦は福岡戦以来)。昼過ぎには、かなり激しい「雷雨」があり開催が心配されましたが、3時すぎには雨・雷共に治まり、無事予定通りに開催されました。

20080809_002_220080809_005 PV開催に伴い、ヴァンフォーレプラザ前を中心にいろんなイベントが行われていました。私が行った時間(4時すぎ)が遅かったので、だいたいのイベントはすでに終了。20080809_006 20080809_007 しかし、いろんな出店があり、各お店からは威勢のいい呼び込みの声が聞こえてきました! また、FM甲府恒例の「路上ライブ」も行われていました。

20080809_01020080809_008 ちょっと時間があったので、アーケード街を奥へと行ってみると『キャンドルカフェ』という催しがやっていました。もう少し入口近くか、PV会場近くだともっと人が来たんじゃないかなぁ・・・と。20080809_011 20080809_013 また、近くの本屋さんでは「選手が推薦する本」のコーナーが設置されていました。林さんは、ずいぶん渋い趣味をお持ちなんだなぁ・・と思いましたw

20080809_02720080809_029 PV会場に行くと、ヴァンくんが登場してサインボールを投げ込んでいました。でもって、こぼれ玉が私の手元に・・・w ありがたくいただきます♪ 試合開始前には、商工会議所・上原会頭、VF後援会・渡辺会長からそれぞれご挨拶がありました。こういう催しはとてもうれしいので、今後も実施してほしいと思います!

20080809_033 後半、怒涛のゴールラッシュに会場が大盛り上がり!秋本のゴールまでは非常に退屈でしたがw、息をつかせぬ3得点にそんなことは忘れてしまいましたw  羽地の2点目、彼はあのような形が得意なので彼が出場した際には、あのようなボールをあげるよう「工夫」していきたいですね。ただ、試合は勝ったものの課題は多いです。試合前言われていた「組織的なプレー」とはほど遠い得点シーン。レポートにもあるように、攻撃の場面でもスピードがなく攻めあぐねた原因となりました。次の広島相手に、この内容ではマラニョンが戻っても難しい戦いになると思います

20080809_01620080809_015 まぁ、そうは言っても「勝ち」は気分がいいものです♪ 今回のPVにも多くの方々の協力のもとで開催され、そういった方達のためにも、この結果はよかったと思います。「VF甲府が勝利したら~」キャンペーンもけっこう行われており、いろんなお店で青い看板を目にしました。
チームの周りには、このようにいろんな形で関わっている人達がたくさんいます。その人たちの想いを『Feel』して、あと14試合戦ってほしいと思います。  

よかったよかった

今日行われました徳島との一戦、先制点を献上してしまい、後半途中まで非常に苦しい展開。しかし、攻撃の手を緩めることなく粘り強く攻め、怒涛の3得点で逆転!「3-1」で逆転勝利となりました!
特に、古巣相手に2得点の大活躍だった羽地。彼の良さが発揮された「いい得点シーン」だったと思います。

次は、ホームで首位の広島戦。
お盆連休真っ只中ということで、多くのお客さんんが来ると思うので、徳島戦の勝利で勢いに乗り広島戦へと向かっていってほしいと思います!

長いシーズンも、2/3を迎える

明日は、アウェー「鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム」(ながっ!)で、徳島ヴォルティスとの対戦です。
この試合で、長いJ2のシーズンも2/3を消化することになります。シーズン前は「長いなぁ」と思っていましたが、過ぎてみるとホント『早い』2/3だったと思います。

甲府の前節は、ホームで4位の仙台との対戦でした。
一時はわずか2分で逆転するも、またしても「何でもない形」から失点してしまい、獲得勝ち点は「1」にとどまってしまいました。しかし、マラニョンが退場してからの「サッカー」は、かなりよかったと思うので、こういう試合が最初から最後までできれば、結果はついてくると思います。
やるべきことはただ1つ『1試合通して全力を出すこと』。
松尾さんレポートにありましたが、試合後ある選手から「何とかなる」という趣旨の発言があったとか。昨年から試合を見てきて、どうも「人任せ」にする雰囲気がある甲府。「自分で何とかしてやろう!」という気概を持った選手がいないものかと思うと、応援していても張り合いがありません。サーレス・マラニョンが加入してから、「個の力」で何とかしてくれているものの、マラニョンが欠場する徳島戦では果たしてどんな試合ができるのか、少々心配になってしまいます。選手各個人が自分のプレーに責任を持って、自らの力をピッチで100%発揮してくれるのか、いつまでたっても「何とかなる」では昨日のオリンピック代表のような試合になってしまいます。

まぁ、そんなことを言ってばかりいては「楽しいはずのサッカー観戦」が楽しくなくなってしまいます。時間(お金)を使って見ている以上、勝とうが負けようがそれなりに楽しまないと損だと私は思います♪ 明日は甲府の中央公園で今年2回目の「パブリックビューイング」が開催され、私もそこで観ようと思っています。普段と違う場所・違う雰囲気で試合を観て、甲府のゴールに沸き、勝利を喜びたいと思います!

<J2リーグ:第30節 徳島ヴォルティス戦>
~代役とは呼ばせない!フィニッシャーとして覚醒しつつあるのは~

20080417_036 FW:28 神崎大輔
加入以来「絶好調」だった左WGのマラニョンが、徳島戦は出場停止。代わりに出場する選手に注目が集まるわけですが、ヤフーのスタメン予想によると神崎が左WGに入る模様です。岐阜戦で初出場して以来、マラニョンが出場可能になる前の横浜戦までは、彼が左WGを務めてきました。神崎の持ち味は、左右どちらでも蹴れる技術とキープ力。最近の練習試合を見ても、またプレースタイルが変わった印象を受けました。自分の良さを全面に押し出し、マラニョンを脅かす存在となってもらいたいと思います!

相手は徳島。そう、忘れてはいけないアノ選手がいますね。
その名は「倉貫一毅」。おととしの大晦日に7シーズン在籍した甲府を退団し京都へ移籍しました。その後、京都をJ1昇格に導いたものの今季は出場機会がなく、7月には京都を契約解除となりました。そして現在は徳島の選手となり、すでに中心人物として活躍している様子。明日の試合、「何か感じるもの」があっても不思議はないと思います。
彼の良さは、中盤でのボールキープと前線への飛び出し。そして、どんな時でも味方を励まし・鼓舞し続けるキャプテンシーだと思います。プレーでは、中盤での「攻撃の起点」とならないよう彼へのマークをきっちりと行い、ゴール前にポジションをとった時には声を掛け合って自由にプレーさせないことが第一。さらに重要なのは、倉貫だけに気をとられることなく、ソウザ・アンドレジーニョ・石田といった『危険人物』に力を出させないこと。前節こそ「0-3」で負けている徳島ですが、内容はそれほど悪くはありませんでした。仙台戦・鳥栖戦と『一瞬のスキ』を突かれて勝ち点を減らしてしまっている甲府なので、1試合通した「集中力」がとわれる試合となると思います。

最後におさらい。
甲府で行われる「パブリックビューイング」ですが、その場所が何ともわかりづらいような気がします。ここの地図(←クリックするとリンクが開きます)、中央の「甲府地方裁判所」より細い道1本挟んだ南の『空き地(中央公園とイリックスビルの間)』のようなところで行われます。今夜ちょっと見に行ってきたのですが、(当然?)イスなどは用意されておらず、広さ的にはアイメッセの方が広いように見えました。ビジョンはどんな位置に置かれるかわかりませんが、競争倍率は高いように予想します。
またこのPVは、中央商店街の「ナイトバザール(第2・第4土曜日)」と並行して行われ、エル西銀座通りを始め、いろんな飾りやイベントが行われています。私もそうですが、なかなか中心街には行く機会がないので、試合前(試合後)にはいろいろと見て回りたいと思います。オススメのおいしいお店が2店ほどあるのですが、名前を忘れてしまいました・・・(汗)

徳島戦を今後に繋げる試合にできるよう、選手達には全力プレーを。そして監督には大胆な采配を期待します!

伝統のマイル戦は速いもの勝ち!

木曜日は競馬の日。
今日は、3日に行われた「小倉記念」のレース回顧と10日に行われる『関屋記念』の展望です。

まずは小倉記念。
優勝は、短い直線で「スパッ」と切れたドリームジャーニー。4コーナー手前から1番人気のダイシングロウをマーク気味に追いかけ、直線で競り落とすという強い競馬でした。この馬の勝鞍をさかのぼってみると、「4コーナーでまくる」ような戦法がとれる競馬場と相性がいいように見えます(中山・阪神・小倉)。あまりためすぎず、強気に人気馬を追いかけていった池添JKの騎乗も見事だったと思います!
そして、惜しくも初重賞制覇を逃したのが1番人気のダイシングロウ。人気馬らしく、自分から勝ちに行く競馬をしましたが、着差ほどの力差はなかったと思います。まだまだ伸び盛りの4歳なので、これからのさらなる飛躍に期待したいと思います♪ 札幌記念なんかに出てきてくれると、面白いと思います!

そして今週は、時計の速い新潟競馬場で「真夏のマイルチャンピオン決定戦・関屋記念」が行われます。
別定戦ということで、実績を残している馬でも比較的軽い斤量で出走可能なのですが、今年は牝馬を除けばみんな「56kg」で、それほど抜けた実績を残している馬の出走はありません。
注目は、GⅡ重賞ウイナーでありながら重賞勝利から遠ざかってしまっている2頭・フサイチアウステルとマルカシェンク。フサイチアウステルは、脚質転換で見事成績が激変し、ここ2戦で2連勝と上昇ムード。マルカシェンクは今年初めこそ好走できていたものの、春になると着順が悪くなってしまい立て直した後の1戦になります。
また、関屋記念は「長期休み明け」の馬の出走が多く、出走12頭のうち3か月以上の休みを挟んで出走してきた馬は7頭と半分以上を占めます。馬券を考えるにあたって、かなり難しいレースになっています。

私の本命はトウショウヴォイス。
出走してくるたびに推している気もするのですがw、「新潟1600」という条件はこの馬にピッタリな条件だと思います。速い時計にも対応でき、新潟競馬場でも良績があり、人気的にもかなり狙い目だと思います。
昨年も、この新潟で走っており2戦1勝(2着1回)と、今の暑い時期を得意にしてるのだと思います!
対抗にはトップオブツヨシ。初重賞制覇に挑戦ですが、前走の米子Sの内容が◎。3着でしたが、上がり3Fは33・4と勝ったフサイチアウステルを1・3秒も上回っています。新潟マイルでは、3Fを33秒台でまとめないと厳しいと思うので、この馬の好走を予想します。あとは、休み明けにグループからマルカシェンク・マシェリク・リザーブカードをピックアップします。マルカシェンクは、後ろに下げすぎると危険ですがメンバーの中では持っている脚は随一だと思います。32秒台の脚が繰り出せるかが鍵。マシェリクは、全6戦のうち5戦がマイル戦。未知の魅力に賭けたいですね。リザーブカードは、持ち時計はあるので走ってもおかしくありません。蛯名JKとの相性も抜群にいいです♪
(フサイチアウステルは速い上がりに不安があるので、ここでは厳しいというのが私の見解です)

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想の
コーナーflair

先週は、狙ったドリームジャーニーが池添JKを背に素晴らしい末脚で快勝! 先々週の反省を生かし、ダイシングロウとの馬単を買っていたので、今週の資金を確保しヤレヤレほっと一安心です♪
今週は新潟記念、狙いはマシュリク。
休み明けでいきなりの重賞は少々心配の種ではありますが、そこは持って生まれた「素質」であっさりクリアしてもらいたいと思います!そして相手はマルカシェンクのただ1頭。今回は強気に馬券は1点のみ買って、今のいい流れをさらに「強いモノ」へとしていきたいと思います!(函館2歳Sは、娘の名前と同じ「コパノマユチャン」から総流しで勝負です)

最近、毎日のように雷雨があり天候が安定しませんが、私の予想は1点の曇りもありません!今日は「立秋」ということで暦の上では夏は終わりましたが、私の馬券はこれからが『夏本番』です!勝った馬券で、今度はパチンコだー!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

  ※的場厩舎bleah     
     函館・新潟で5レースに出走
      シャペロンルージュで1着up
  ※的場騎手catface 
     函館で9鞍に騎乗
      ヴィヴァーチェ他で3着が2回typhoon 

horse今週の予定 cloud/sun
  〇的場厩舎 新潟・函館で4レースに出走予定
 ○的場騎手 函館で11鞍に騎乗予定
   8/9 函館4R ランブルジャンヌ
    →前走は初出走ながら経験馬相手に2着!今度は勝利を!

いろんなものが詰まった勝ち点「1」

20080804_09120080804_089昨日行われました仙台との一戦。めまぐるしくスコアが入れ変わる「忙しい」展開だった前半と、両チームが死力を尽くした後半でしたが、結果は「2-2」の引き分けでした。両チーム選手、試合終了と同時にピッチに倒れこむ選手が多数いて、まさに「力を出し切った」好ゲームだったと思います。

20080804_00920080804_002  4日の試合前には『ヴァンフォーレ夏祭り2008』と題して、大抽選会・屋台・足湯・カードフェスタなど色々な催しが開催されていました。中でも大人気だったのは、この日発売となった「ヴァンくん手ぬぐい」。私は3時頃についたのですが、すでに売り切れてしまっていました・・・。ぜひ、また再発売してもらいたいものです♪

20080804_01220080804_022  会場内で1番の盛り上がりを見せてくれたのは「浴衣コンテスト」。私は暑さにダウンしてしまい、ほとんど見られませんでしたが、20080804_01120080804_075 途中にはヴァンくんも浴衣姿で飛び入り参加していました♪  そして、浴衣コンテストの審査員には、VFQの2人・FW前田・ライター松尾さん。『ヴァンくんは無敵!』ということで、ヴァンくんには「100点」を出していた松尾さんでした♪コンテスト優勝と準優勝の方には、「花束贈呈」というかなり貴重な体験ができたそうです。

20080804_03120080804_017 その「無敵ヴァンくん」はこちら!
あまりにも『キマリすぎ!』で、とてもかっこいいですね♪ この浴衣も、ひょっとすると商売になるかもしれませんw アップの写真だと、スポンサーさんのキャラクターになったようにも見えますw

20080804_03720080804_051 会場・ヴァンくんが「浴衣」となれば、VFQのみなさんだって浴衣です!色とりどりの綺麗な浴衣ばかりで、とてもかわいかったと思います♪ そして暑い中浴衣を着ていたみなさんは、大変だったと思います。 本当に「お疲れ様でした」と言いたいです。

20080804_064 遠路はるばる小瀬まで来てくださった仙台サポのみなさん。2005年シーズン以来の小瀬はいかがだったでしょうか?あの時は、ゴール裏は芝生席で、動員観客数も5000人いけばスゴイほうでしたが、先日の試合は1万人超え。手倉森監督をして「素晴らしい環境」は、ユアテックスタジアムの雰囲気とはまた違った『いい雰囲気』だと思います。次の対戦は10/4、今度は土曜日なのでもっとたくさんの来甲をお待ちしております!

20080804_05820080804_060 2試合連続で1万人超えとなった小瀬。聞けばGA席の甲府側では「立ち見」のサポもいたらしいです。写真を撮ってみて気がついたのですが、ゴール裏の「旗」の数がまた増えたような感じがします。大きな旗が、大きく振られるごとに気持ちも高ぶってきます!

20080804_08420080804_083  ハーフタイムには、夏祭りの定番ともいえる『花火』が打ち上げられました(微妙な写真でスミマセン)。夏の夜に花火・・・「日本に生まれてよかったーっ!」と叫びたくなってしまいますw ちなみに「石和の花火大会」、今年は8/21に1万発を上げる予定と なっているそうです。

20080804_08120080804_087 さてようやく試合ですがw、微妙な判定によるPKで先制点を許すも、サーレス・マラニョンの2ゴールで2分間での逆転劇は圧巻でした!ただ、主審のジャッジは抜きにしても、あの2失点目はいただけないですね。あんなに簡単な形で失点していては、何点とっても勝つことはできません。

20080804_09620080804_100 しかし、後半のピンチはGK桜井を中心に粘り強く守りきれたと思います。鳥栖戦で2失点に絡んでしまった池端も、相手FWによくついて走っていたと思います。攻撃では、サーレス来日初ゴールを挙げました!相手DFの前に入り、強烈なヘディングで相手ゴールに押し込みました。流れの中でも、サーレスを経由した攻撃がだいぶできるようになってきたと思います!

20080804_094 試合には勝てませんでしたが、スタンドからは惜しみない拍手が飛んでいました。マラニョンが退場になってからは、1人1人の選手がよく走り、自分のプレーに責任を持ってよくやっていたと思います。しかし、課題もまだまだあります。20080804_092 こういう試合(プレー)が最初からできていれば、また違った結果が出せたと思います。また、鍋島主審を考えてプレーができていなかったこともいけません。気持ちはわかりますが、ピッチでどんなに言っても変わらないので、必要以上の抗議でカードをもらうことは「無駄」以外の何物でもありません。マラニョンも、1枚もらっていることを理解した上でプレーをしないことには、1人減ってしまっては試合にならなくなってしまいます。マラニョンにとっては「いい勉強」になったと思うので、2度と同じことをやらないように、ジュリオにはよく言い聞かせてもらいたいものです。

20080804_065 さて次の試合は、今週の土曜日アウェーで徳島との対戦です。
4月以来のこの企画「パブリックビューイング」が開催される予定です。徳島には誘われましたが、鳥栖に行ってしまったため断念。私もPVでこの試合を見ようと思います。
「あの場所で、どういうスタイルでのPVになるのか?」正直私には想像がまったくつかないのですがw、PVを開催してまだ未勝利(2敗)なのでぜひとも勝ってもらいたいと思います!

8月こそ無敗で勝ちまくるぞ!ヴァンフォーレ甲府!!

続けること

今日行われた仙台との一戦、2ー2の引き分けでした。
非常にいい流れで逆転するも、単純なクロスに対応出来ず同点に追い付かれてしまいました。
後半は守備が踏ん張るものの、マラニョンの退場もあって、あと一歩が詰めきれませんでした。

しかし、この引き分けは大きな価値があると思います。次の徳島戦、こんな試合ができれば結果が出せると思います!
(主審に関しては、あんなものなので諦めましょう(笑))

全力を尽くす

明日は、ホーム小瀬でベガルタ仙台との対戦です。

前節はアウェーで鳥栖との試合だった甲府。合開始当初から、大西・藤田を中心に鳥栖ゴールへ迫るものの最後の精度を欠いてしまい、マラニョンが獲得したPKもものにできず1点が精一杯。一方、鳥栖戦前まで4試合で1失点だった守備陣は、鳥栖の徹底した「ロングボールを使った攻撃」に対応しきれず、天敵:藤田に2点を献上してしまう結果となってしまいました。
今季初の「3連勝」を狙ったものの、攻守がかみ合わず惜しい勝ち点を逃してしまった甲府。それでも7月になってからは、サーレス・マラニョンの加入効果もあって3勝1分1敗とかなり結果が上向いてきました。「暑い時期(8月)」は得意と言われている甲府なので、8月の初戦となる仙台戦、ホームの大歓声を受けて暑さを吹き飛ばすような『スカッとした』勝利を飾ってもらいたいものです♪

J2リーグ・第29節 ベガルタ仙台戦>
早く1点が見たい!ゴールが見えたらシュートだ!~

20080713_040 FW:15 サーレス
鳥栖戦では初のスタメンフル出場で、初シュートを記録しました。この試合でも2人の厳しいマークにあい、なかなか思うようにプレーできない場面もありましたが、シュートシーンは大西の速いクロスに打点の高いヘッドで合わせていました。ボールを持つ時間がもう少し短くなると、チャンスが広がる場面があるので、周りを生かし自身も生かすようなプレーに期待します♪早く「初ゴール」が見たいです!

対する仙台。
3試合連続引き分け中ですが、甲府戦にはかなり「対策」を講じて乗り込んでくる様子です。サンスポ・東北版にありますが、アンカーのポジションへの起用が予想される『林へのプレッシャー』を厳しくしていく様子。攻撃の際は、DFラインの裏へのボールを供給するという手段をとってくるようです。
甲府としては、DFライン裏を狙ってくる選手(中島・関口)をきっちりマークするのか、オフサイドにかけるのか、「何でもないプレーをきっちりハッキリとプレーできるかどうか?」が勝敗を分ける大きなポイントとなると思います。特に、鳥栖戦で2失点に絡んでしまったDF:池端の奮起に大きく期待しています。

今、甲府に求められているのは「できることを100%やりきること」。
リーグ戦を見ていると、どうも「難しいこと」をやろうとしすぎでいる感じがして仕方ありません。できないことをやろうとしてミスを繰り返し、結果ピンチになったり失点に繋がったりと、見ていて非常に歯がゆい思いです。
J1への昇格もしかり。
J1格が「できない」と現段階では言いませんが、先のことばかりに目が行って目の前の試合にどう向き合っていくかが、できていないと思います。勝ち点の勘定も結構ですが、目の前に迫った試合・相手に対してどう対処していくか、何でもかんでも『やるしかない』では考えが足りなさすぎだと思います。

おとといの練習試合を見てきたのですが、久野・吉田・輪湖・美尾あたりは「自分にできること」を全力でやっていたように見えました。その「やったこと」に対して結果が伴なったかどうかは別として、サッカー(試合)に対して真正面からぶつかっていく『生真面目さ・泥臭さ』が最近の試合(レギュラーメンバー)では残念ながら見ることができていません。以前にも書きましたが、出場選手全員が100%の力を発揮してこそ、やっと「勝利への権利」が得られるモノだと思います。100%を発揮して、さらにいろんな要素(技術・運など)が加わってやっとその勝利への権利が「勝利」になるのだと思います。

まずは明日の仙台戦。
栖戦とメンバーは代わらない予想になっていますが、試合はまったく違う内容で勝ってくれることを期待して小瀬に行きたいと思います。イベントも多彩に行われるようなので、試合だけでなくイベントも楽しみつつ、最後はヴァンフォーレの勝利で締めて休日の1日を楽しみたいと思います♪

着々と進行中~

7/13の熊本戦から出場を始めたサーレス・マラニョン効果で、内容・成績が伴なってきたと「思われた」甲府ですが、鳥栖戦で無駄なミスで敗戦してしまい、すっかり『上昇ムード』がしぼんでしまった感が(私は)あります。
上位チームとの『差』も、すぐ上の福岡とも勝ち点「6(2ゲーム)」差となってしまっており、1つ順位を上げることもなかなか難しい状態。それでもホーム観戦動員でJ2:2位を保っており、仙台戦でも「ヴァンフォーレ夏祭り」と題して、チーム浮上のきっかけを作ろうとクラブでもいろいろがんばっているようです。

そんな中、今日は来夏に供用開始となる「大型映像装置」の情報を耳にしました。
いつだったか忘れましたが、「作るよ~」という話と「何か始った」という情報は目に(耳に)したのですが、どうやら予定通りに計画は進んでいるような様子です。
電光掲示板改修・競技場改修を合わせた予算は4億1870万(電光掲示板のみで1400万)。現在は、仕様などの最終的なツメの作業を行っている段階。9月に予算を議会で通して、今年度中には工事に着手とのことです(以上、山梨建設新聞 要約)。進捗状況があまり伝わって来なかっただけに、「着々と進んでいてよかった」とホッとしております♪

あとは小瀬でまたJ1の試合が見れるといいのですが・・・、はてさて・・・。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ