« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

やっと(?)3月

今日(2/28)を最後に2月は終了。
明日より3月が始まります。

そしてJリーグ。ゼロックススーパーカップが行われ、ヴァンフォーレ甲府は明日(3/1)キックオフパーティーが予定されており、「いよいよシーズン開幕だな」と感じられるようになりました。チームがグアムや宮崎に行っていると、なんとなくシーズンの開始も「遠く」感じられたのですが、チームが甲府に戻ってきてサッカーのイベントが続いてくると『いよいよだなぁ~』と感じます。
今日はヴァンフォーレ後援会の総会に出席。帰り際に試合日程の入ったポスターをもらい、早速部屋に張りつけました。「もう来週に開幕なんだなぁ」と改めて実感。開幕戦の『岡山行き』は未だに迷っているのですが、テレビ中継(NHK甲府)があることと、その次の週(岐阜戦)は行こうと思っているので、岡山は行かないで行こうかなぁ…とも思っています。

ともあれ、明日はキックオフパーティー。
今季のユニフォームの発表、新しい応援歌の発表、レプリカユニフォームなどグッズの発売、選手達と写真撮影やサインをもらったりと盛りだくさんな内容になりそうです。私ももちろん行く予定なので、その模様も明日お伝えできればと思っています。

狙って「獲る!」

木曜日は競馬の日。
今回は、先週行われたGⅠ・フェブラリーSの回顧と、今週行われるGⅢ・阪急杯の展望になります。

まずはフェブラリーS。
優勝は、6番人気の4歳馬・サクセスブロッケン。ここ数戦は、ヴァーミリアン・カネヒキリの後塵を拝することが多かっただけに、「距離とペース」を味方につけて見事レコードタイムで優勝しました。2着にも4歳馬のカジノドライヴが入戦し、4歳馬のワンツーフィニッシュとなりました。逆に、人気となった7歳馬のカネヒキリとヴァーミリアンは、それぞれ3着・6着という結果。『速いタイムへの対応力』が、4歳馬と7歳馬の差となった結果だと思います。これが阪神のような力(時計)の必要とされるダートで、距離も2000mくらいだったらまた違う結果になったと思います。

今週から中央は開催が変わり、中山と阪神で競馬が開催されます。
重賞も土曜日に阪神でアーリントンカップ(GⅢ)、日曜日には中山で中山記念(GⅡ)、阪神で阪急杯(GⅢ)が行われる予定。レースのグレードで言えば1番上の中山記念をピックアップしたいところでですが、『GⅠへの繋がり』を考えるとちょっと微妙な感じです。そこで今回は、後にGⅠ・高松宮記念を控える阪急杯(GⅢ)をピックアップしていこうと思います。

今年の阪急杯。メンバーを見渡すと、4歳から8歳まで幅広い年代が出走し、その臨戦過程も様々なので本当に馬券を考えるには頭を使ってしまいます。また、GⅠホース・上がり馬・昨年の優勝馬など、力のある馬が揃っているのでGⅠレース(高松宮記念)をも視野に入れた各馬の仕上げなんかにも目を光らせていきたいところ。「阪急杯では負けたが、本番では巻き返した」というケース(スズカフェニックス・アドマイヤマックス)もあるので、負けた馬でも『どんな負け方をしたか?』ということも考えていきたいです。

人気が予想されるのは、ファリダット・ドラゴンファング・トウショウカレッジといったあたりでしょうか? ファリダットは、重賞未勝利ですが安定感は出走馬中NO1だと思います。ドラゴンファングは8戦4勝(2着3回)で、ただいまのところ条件戦を3連勝中。トウショウカレッジは7歳馬ですが、前走でOP3勝目を飾り上昇気配です。

 ◎ファリダット
 ○ローレルレゲイロ
 ▲ビービーガルダン
 △ジョリーダンス
 ×ドラゴンファング

こんな感じの予想です。
ローレルレゲイロ、前走の東京新聞杯では13着でしたがこれは不良馬場によるもので参考外。昨年の優勝馬で、開幕週の前が止まらない馬場が味方すると思います。ビービーガルダンは休み明けですが、札幌・中山という力の要る馬場で勝っているので阪神も向くと思います(距離の克服がカギです)。ジョリーダンスは「阪神1400」という条件は走る馬なので、複勝(ワイド)狙いで抑え。ドラゴンファングは、武JKへの乗り替わりがどうでるかが鍵。今まで通り素直に先行できればいいですが、変に抑えると良さが発揮し切れないかもしれません。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナーflair

先週は全く声を出す場面がなく惨敗・・・。全く面白くありませんし、当たる気もしない今日この頃です。不景気で元気のない日本経済・そして私の財布ですが、給料日後の競馬ということで楽しみたいと思います。

今週は相性のいい中山記念。
現在のところ思い込み度NO1ドリームジャーニー、NO2のカンパニーが出走してきます。
ドリームジャーニーは、前走のAJC杯で惨敗してしまいましたがそれは「時計のかかる馬場(持ち味の末脚が発揮できない馬場)」だったということを考えると、今回のような「開幕週の芝コンディション」は必ずプラスに働くと思います。カンパニーと一緒に『末脚炸裂』で、外から追い込んでくる姿を『差せ!差せ!そのままぁ!!』と大きな声で応援したいと思います。
大勝負は「ドリームジャーニー×カンパニー」の馬連1点。そしてこの2頭軸のアドマイヤフジ・エアシェイディへの3連単(12点)で今度こそ大丈夫。あとは100円たりとも余計なお金はいりません。

中山記念で大勝負するためにも、他のレースで無駄な出費をしないことが大切。以前にもメイン前に使ってしまい、悲しい思いをしたことがありました。今年はそういうことがないようにしたいと思います。狙ったレースをきっちりと獲り、春競馬(GⅠシリーズ)へ弾みをつけていきたいと思います♪
~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

※的場厩舎     
 東京・京都・小倉で7レースに出走
※的場騎手 
 小倉で10鞍に騎乗
 ⇒共にモエレビクトリーの2着が最高 

horse今週の予定 cloud/sun
〇的場厩舎 中山・阪神で3レースに出走予定
 2/28 阪神6R ヒシチャプター
 ⇒2週連続での関西で新馬戦。
   これも騎乗経験のあるグラスワンダー産駒。  
○的場騎手 小倉で10鞍に騎乗予定
 2
/28 小倉12R ゴールドネオ
 ⇒2戦前の乗り替わりから成績上昇!鋭い末脚で上位進出を狙う。

今季初の「VF甲府」

20090224_014 今日は、ヴァンフォーレ甲府の練習を見に韮崎中央公園に行ってきました。「今年初めての練習見学」ということで、ゆっくり見て行こうかと思ったのですが、折からの寒さと冷たい雨、そして時間的制約から1時間程度しか見れませんでした。20090224_009 新加入選手を中心に見てきたのですが、ダニエルと森田は大きいなぁ~とか、松橋は茶髪で目立つなぁ~とか、唐沢くんは順調に回復しているようだったり・・・・と、練習を見に行けて本当によかったと思いました。ただ、お目当ての選手は見れなかったのが残念でした。

明日は千葉との練習試合。どんな試合内容で結果になるのか、楽しみにしたいと思います。

いつになることやら・・・・

開幕が再来週に迫ったヴァンフォレー甲府。
第二次キャンプ先だった宮崎から、昨日甲府に帰ってきました。キャンプの模様は公式サイト内「ヴァンフォーレ日記」に毎日アップされいるので、おおよその様子は知ることができます。また、昨日の山梨日日新聞紙面、今日のYBS夕方のニュースで『キャンプの総括』ということでまとめられ、紙面上では「攻撃力」「守備力」と分け注目ポイントを解説。今日の紙面では宮崎キャンプの収穫として「得点力の確認」ができたことを挙げ、夕方のニュースでは宮崎キャンプの最後の練習試合(vsFC東京)の模様と、安間監督の話が放送されていました。

宮崎キャンプで行われた計5試合の練習試合で、勝った試合は1試合のみ。ですが、「昨年の反省(練習試合でも結果を求めたこと)」を生かし、フォーメーションを始め『いろんな選手の組み合わせ』を実戦を通して試しているとのことなので、結果に関してはそれほど気にかけなくても良いかもしれません。むしろ、今から予定されている練習試合(25日vs千葉、28日vs富山)でどのような試合をするかがキャンプの成果、ひいては今シーズンヴァンフォーレ甲府を占うことになると思います。両試合共、私は行くことができない見通しですが、山梨で『いい報告』を待とうと思います

そして・・・・
今年のチームをまだ見ることができていないワタクシ。いったい、いつになることやら・・・という感じですw このままの勢いだと、本当に試合まで見れないことになってしまいそうです・・・(汗)。

あ~、はやく見たいなぁ~。

今年初めてのG1レース

毎週木曜日は競馬の日。
今回は先週行われたGⅢ・きさらぎ賞の回顧と、今週行われる今年初めてのGⅠ・フェブラリーSの展望になります。まずは、クラシック候補生が圧巻のレースを見せたきさらぎ賞から。

優勝は、「大物」と呼び声の高い圧倒的1番人気だったリーチザクラウン。好スタートを決めレースの主導権を取ると、そのまま1度も先頭を譲ることなく優勝。デビュー2戦目に記録した「1・47・4」よりは時計が遅かったですが、手ごたえにはまだまだ余裕があり、目一杯のレースをすればどこまで強いのか計り知れません。今後は、減った馬体重を戻すため感覚を空けるということで、皐月賞に直行する予定とのこと。スピードを生かした先行力」は、間違いなく皐月賞の有力候補だと思います。しっかり馬体重を戻して、怪我なく皐月賞に出走してきてもらいたいと思います。

さて、今週は今年初となるGⅠレース・フェブラリーS。
東京競馬場・ダート1600mを舞台に、今年は16頭が出走します。
注目されていたのは、昨年のグランプリホースのダイワスカーレットでしたが、浅屈健炎を発症してしまい無念の引退。フェブラリーSの後は、ドバイワールドカップなど世界各地を渡り歩く予定があったのですが、その「夢」も来年以降に生まれてくる2世以降に託すことになりました。こんなに強い牝馬に次はいつで会えるのか、引退がほんとうに残念です。

しかし、ダイワスカーレットがいなくても今のダート戦線は有力馬がたくさんいます。
昨年秋の復帰してからGⅠを3連勝中のカネヒキリを筆頭に、ダートGⅠを6勝しているヴァーミリアン、BCクラシックに挑戦したカジノドライヴ、勢いのあるエスポワールシチー・フェラーリピサ、GⅠの優勝経験があるバンブーエール・サクセスブロッケンなど、有力馬がほんとうにたくさんいます。1番人気が予想されるカネヒキリは、大怪我から2年をかけて戦線復帰。それでいてGⅠを3連勝とは、ほんとうに素晴らしいと思います。このレースで4連勝となるか、非常に注目されるところです。

 ◎カネヒキリ
 ○ヴァーミリアン

 △エスポワールシチー
 △フェラーリピサ
 △ヒシカツリーダー

『◎カネヒキリー○ヴァーミリアン』のラインは、とても強力だと思います。両馬共に先行力があり、それでいて終いの足もしっかりしているので、後ろから来る馬は展開の助けが必要かと思います。逃げ残りでエスポワールシチー、ハイペースのスタミナ勝負でフェラーリピサ、追い込み馬の展開でヒシカツリーダーが浮上すると読みますが、変な穴狙いはやめようと思います。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナーflair

先週は、息子との約束でお休みとなってしまった競馬でした。
今週は給料日前なので、質素に競馬を楽しみたいと思います。

今週は、今年最初のGⅠ・フェブラリーS。今年はなかなか馬券を的中させることができておらず、なかなか苦しい1年の滑り出しとなっていますが、「今年最初のG1」ということで、的中させて勢いに乗って行きたいところです。実績的にはカネヒキリ・ヴァーミリアンが頭1つ抜けていると思いますが、伏兵も多く一筋縄ではいかない「激戦」が予想されるレースです。
「思い込み予想」としては、ダート戦線でずーっと応援してきたサンライズバッカスとビクトリーテツニーをピックアップ。そして、最近末脚に磨きがかかってきたヒシカツリーダーの馬連BOX・3連複BOXで。勝負は、カネヒキリ・ヴァーミリアンの2頭軸で前出の3頭への3連単BOXでいきたいと思います。

景気も空気も冷え込み、先行きが不透明で何かと暗い気持ちになってしまいそうですが、競馬は楽しくやりたいものです(あまり『力み』がない分、当たっちゃったりして・・・)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

※的場厩舎     
 東京・小倉5レースに出走
 ⇒ヴィスペッツァの3着が最高
※的場騎手 
 小倉で10鞍に騎乗
 ⇒スマートサイクロンの2着が最高 

horse今週の予定 cloud/sun
〇的場厩舎 東京・京都・小倉で7レースに出走予定
 2/22 京都6R アグネスアンカー
 ⇒好調の3歳世代。自身も騎乗したアグネスデジタル産駒。  
○的場騎手 小倉で10鞍に騎乗予定
 2
/22 小倉7R シャイニングデイ
 ⇒前走は0・1秒差の2着。距離伸ばしながら上位進出。

近づいてくる「開幕」の足音

気がついてみると、今回で2月の更新は5回目。競馬ネタを除くと、サッカーネタは3回目と「サッカーブログ」としてちょっと問題アリな更新回数ですw 確かに、チームはキャンプ中でそれほど情報もなく、更新する内容がないことも事実・・・。また、私自身も風邪をひいたり仕事が忙しかったりと、サッカーのことで頭を使う時間が少なかったこともあり、更新が滞ってしまう要素が揃ってしまいましたw 今日あたりから少し余裕が出てきたことと、開幕まで20日弱となったので、そろそろバシバシ更新していこうかと思っています♪

さて、我らがヴァンフォーレ甲府。
ただいま2次キャンプも終盤に入っており、Jリーグチームとの練習試合が続いているようです。これまで4試合が行われ、J2徳島(0-2)・J1横浜(2-7)・J1G大阪(3-2)・JFL長崎(1-2)という結果になっています。例年とは違い、いろんなことに挑戦しているとのことですが、失点が多くあまり良い結果が出せているとは言えません。練習試合なので、「勝っても負けても」と割り切るのは簡単ですが、ちょっと失点の多さが気になってしまいます。今日のサンニチには、4バックのうち3人(杉山・ダニエル・山本)は『ほぼ確定』のような感じで記事がかかれていたので、さらなる連携強化と失点減少に向けて練習していってほしいと思います。

私は、今日やっと「キックオフパーティー」のチケットを買ってきましたw
3500円は『うーん・・・』と思ったりしましたが、まぁ年中行事の1つなので行かないと損かな~と思い、3月1日はアピオに行きたいと思います。
あとは、早く今年のチームを見たいなぁ・・と。キャンプ中だったり、時間が合わなかったりでまだ1度も見に行くことができていないので、キャンプから戻ってきた来週は絶対見に行きたいと思います!

勝つことが力の証明

木曜日は競馬の日。
今回は、先週行われた共同通信杯3歳Sのレース回顧と、今週行われるきさらぎ賞の展望になります。まずは共同通信杯の振り返りから。

優勝は、最後の直線で素晴らしい瞬発力を発揮した1番人気のブレイクランアウト。道中は終始インコースを通りロスなく追走。直線ではポッカりと空いた内を鋭く突き、先頭に躍り出るとゴール手前では抑える余裕も見せて優勝。GⅠ・朝日杯フューチュリティSで1番人気に推された実力を、如何なく発揮したと思います。クラシック戦線をリードしていく1頭になることは間違いないですが、「ダービー向き」というよりは『NHKマイルカップ向き』のような気がするので、2000m以上のレースに出走してきた時に馬券は悩んでしまいそうです。

明け3歳馬の重賞もこれで3レースが終了し、少しずつクラシック戦線の様子が見えてきました。私が思うに、まず1歩リードしているのは唯一の重賞2勝馬・ロジユニヴァース。それに続くのは、ラジオNIKKEI杯2着のリーチザクラウン・若駒S優勝のアンライバルド。その後に、京成杯優勝のアーリーロブスト・ジンザン記念優勝のアントニオバローズ・共同通信杯優勝のブレイクランアウトかなぁ・・・と。そして今週、その馬たちに続く馬が出てくるか見どころ充分のレース「きさらぎ賞(GⅢ)」が行われます。

注目は、何と言ってもぶっちぎりの人気すら予想されるリーチザクラウン。前走(ラジオNIKKEI杯)こそ2着に敗れたものの、持ち味である「スピード」を殺されてしまう馬場では致し方ないところ。『京都1800m』という未勝利戦で「1:47:4」という素晴らしいタイムを記録した舞台で、是が非でも巻き返したいところです。また、この相手では「勝って(初めて)主役にとどまれる」相手関係だと思うので、圧勝劇もあって不思議ないと思います。
相手には、これまた人気が予想されるリクエストソングと言いたいところですが、(馬場・経験差こそあれ)京都1800mで3秒以上も持ちタイムが違うのでは、人気で買いたいとは思いません。同じように、キタサンガイセンもビオラ賞の展開(前崩れ)を考えると、思いきって消したいところです。

 ◎リーチザクラウン
 ○ベストメンバー
 ▲ダノンカモン
 △ハイローラー

出走(予定)馬が10頭なので、そのうち4頭に印がつくのも多い気がするのですが、相手に上位人気を指名していないのでそのあたりはご容赦をw ベストメンバー、前走・寒竹賞の内容がよかったと思います。先行脚質も魅力です。ダノンカモンは、上がり勝負になってくると浮上しそうです。ハイローラーも前走(京成杯)で僅差の5着。経験が生きる展開なら上位進出できそうです。

なお、今週はデュランダルさんはお休みです。
お子様と「先週ハズレたら1週間競馬を休む」とお約束をしたらしく、そのために今週はお休みですw

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

 ※的場厩舎happy02     
  東京で2レースに出走
  ⇒ダイワカレンで1勝
 ※的場騎手delicious 
  小倉で6鞍に騎乗
  ⇒メイショウジンムで1勝2着1回 

horse今週の予定 cloud/sun
  〇的場厩舎 東京・小倉で5レースに出走予定
  2/15 小倉4R ヴィスペッツァ
  ⇒期待の良血馬。先週に続き新馬戦連勝を!  
 ○的場騎手 小倉で10鞍に騎乗予定
  2
/15 小倉3R ブルースターキング
  ⇒好調の新種牡馬・キングカメハメハ産駒。
   斤量を生かして、今度は勝ち切る!
 

 

試合日程きたー!!!

待ちに待った「2009年・試合スケジュール」が、本日午後に発表されました!

注目の開幕戦は、3月8日(日曜日)にJ2新規参入の『ファジアーノ岡山』との対戦となりました。昨年とは、ホームとアウェーの違いはあるものの「新規参入チーム」と2年連続の対戦となりました。昨年とは違う結果を残すためにも、初戦は非常に重要な試合となってきます。ほどよい緊張感と、高い目標(意識)を持って「練習~キャンプ~試合」と臨んでいってもらいたいと思います。

しかし、日程を見渡してみると「日曜日」の開催が非常に多いです。
51試合中、日曜日の試合は実に27試合と半分以上を占めています。しかも、日曜日のホームゲームは11試合に対しアウェーゲームが16試合と、月曜日に仕事がある人は試合が終わった後すぐに帰らなくてはいけないので、少々忙しいサッカー応援となってしまいそうです。福岡や仙台のアウェーなどは次の日もゆっくり滞在したいのですが、福岡は平日と日曜日、仙台は平日1回のみと行くことすらままなりません。う~ん、ちょっと残念です・・・。
そうは言っても、行ったことのないアウェーは行ってみたいモノ。
開幕戦の岡山、2戦目の岐阜、新加入の栃木・富山などはぜひとも行きたいと思っています。
また、東京や横浜の「近場」も少しでも時間があったら行きたいところです。ホームゲームでは、やっぱり『大型映像装置』の完成後の試合が何と言っても楽しみです。以前に少し続報を紹介しましたが、工期が7/31ということなので稼働は8月になるのではないかと予想。8/2の横浜戦では難しいかもしれませんが、9日(岐阜戦)・16日(岡山戦)の試合には間に合わせてもらいたいと思います。

さてチームは、明日甲府を発ち第二次キャンプ先の宮崎へと移動です。20日までの2週間、第一次キャンプと昨日の練習試合でできなかったこと・課題を改善し、またできたことでもさらに精度を上げれるようハードに冷静に練習してほしいと思います!

一歩一歩近づいてくる春

今日は暖かったですね~。
少しずつ「春」を感じる今日この頃です。


木曜日は競馬の日。
今日は、先週行われた「根岸ステークス」の回顧と、今週行われる『共同通信杯3歳ステークス』のレース展望になります。

まずは根岸ステークス。
優勝は、昨年9月以来のレースとなったフェラーリピサ。この日の東京競馬(ダート)は時計の速い決着が多く、フェラーリピサはその速い流れに乗り4番手を追走。直線では粘るセントラルコースト、外から激しく迫るヒシカツリーダーを抑え「クビ差」以上の強さを見せて先頭ゴール。
次走はG1のフェブラリーSということですが、今年のフェブラリーSは過去まれに見るメンバーが揃う見込みです。昨年優勝のヴァーミリアン、昨年冬に戦線復帰してからG1を3連勝しているカネヒキリ、昨年末に有馬記念を制した最強牝馬・ダイワスカーレットらが出走予定。フェラーリピサがどこまで迫れるかわかりませんが、上積みはまだまだ見込めると思うので、いい勝負ができるのではないかと思います!

今週は、開催3場すべてで重賞があります。
小倉では小倉大章典、京都ではシルクロードSがありますが、ピックアップは東京で行われるクラシック戦線の第三戦・共同通信杯3歳Sです。
ここ最近の優勝馬では、3年前のアドマイヤムーンしかその後活躍した馬はいませんが、過去には3冠馬・ナリタブライアン、ダービー馬・ジャングルポケット、ジャパンカップを勝ち凱旋門賞に挑戦したエルコンドルパサーなどが優勝馬に名を連ね、まさに『将来を占う一戦』と言っても言い過ぎではないレースです。
そして今回。なかなかの好メンバーが集まったと思います。
重賞を勝っている馬は1頭のみ(シェーンヴァルト@デイリー杯2歳S)ですが、G1朝日杯で3着に好走したブレイクランアウト、未勝利勝ち上がりからOPまで3連勝中のトーセンジョーダン、OPクラスで好走しているショウナンアルディ・ダイワプリベール・トップカミング・マッハヴェロシティなど、「ここを勝ってさらに!」と力が入っていると思います。

ということで私の注目は・・・

 ◎ブレイクランアウト
 ○シェーンヴァルト
 ▲トーセンジョーダン
 △プロスアンドゴンズ
 △トップカミング

以上になります。ブレイクランアウト・シェーンヴァルト・トーセンジョーダンの実力は紙一重だと思います。東スポ杯2歳Sで2着があるブレイクランアウト、東京コースで実績のある「ジャングルポケット産駒」の2頭であるシェーンヴァルトとトーセンジョーダンは、能力全開の舞台だと思います。同じく東京コースに向きそうなプロスアンドゴンズと、いつも善戦しているトップカミングを抑えた5頭で充分な気がします。人気サイドではありますが、無理に穴狙いをして勝負するレースじゃないかなぁ・・・と。

~~~PN:デュランダルがいた頃は裕福だったPresents~~~
flairお小遣い全部賭けます!勝手に思い込み予想のコーナー
flair

暦は2月になりましたが、2009年も勢いがつかない(馬券が当たらない)状態が続いてしまっています。週末に競馬で勝って、元気に月曜日会社に出社したいなぁ・・・と思っています。

今週は共同通信杯で勝負します!
狙いは、デビュー戦から追い続けているシェーンヴァルトから。前走の朝日杯フューチュリティS(G1)では内枠で閉じ込められてしまい、不完全燃焼のレースとなってしまいました。『東京1800m』という広々と走れるコースは、息の長い末脚を使える彼にとってはピッタリの条件。ここを勝って、クラシックの有力候補へと名乗りを挙げることができると思います。
相手は大物感漂うトーセンジョーダンと、末脚切れるダイワプリベールへの馬単2点と3連単BOX6点でOK!(武豊JK騎乗のブレイクランアウトは思い切って消します)。
配当的にはそれほど大きくありませんが、贅沢を言っている場合ではありません。着実に増やしていかないと、私の2月競馬は続行不能になってしまう危険性も・・・(汗)。

「シェーン come back!」
府中の空に幸運あれ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

 ※的場厩舎despair     
  東京・京都2レースに出走
 ※的場騎手weep 
  東京で6鞍に騎乗
  ⇒共にすべて着外 

horse今週の予定 cloud/sun
  〇的場厩舎 東京で2レースに出走予定
  2/7 東京12R ダイワジャンヌ
  ⇒休み明けだが、東京で能力全開だ!  
 ○的場騎手 小倉で6鞍に騎乗予定
  2
/7 中京8R メイショウトンボ
  ⇒前走・同条件で3着に好走。平坦巧者。

2月になって・・・

2月に入り、ただいま第一次キャンプと第二次キャンプの間の一週間。山梨で調整しているヴァンフォーレ甲府。今年のチームを私はまだ見たことがなかったので、この一週間で練習を見に行きたかったのですが、どうにもこうにも仕事が忙しく行けずじまい・・・。当然明日の今季初の練習試合(@J-STEP)にも行けません。7日からは宮崎での第二次キャンプが始まるので、私の「2009ヴァンフォーレデビュー」は第二次キャンプ終了後になってしまいそうです・・・。

今のところ目立った怪我人はいないようでまずは安心。、昨年末に手術したMF藤田も練習に合流したとのことなので、例年以上に順調に経過しているようです。宮崎キャンプは2週間で6試合練習試合が予定されており、ハードなキャンプとなりそうです。バリバリ練習をこなし、かつ怪我をしないよう開幕前の大切な時期を過ごしてもらいたいと思います。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ