« 「勝利」という結果を出せたことが1番 | トップページ | 明日の小瀬は熱くなる »

ただひたすらに・・・「暑い」

も~、暑いですね。
今日の山梨県(甲府市)の気温は何と
「37℃」と、人間の体温以上の日中の気温でした。出てくる言葉は「暑い」しかありませんが、競馬は今週も休みなく開催されます。ということで、毎週木曜日は競馬の日。今回は、先週行われた「七夕賞(GⅢ)」の結果振り返りと、今週行われる『アイビスサマーダッシュ(GⅢ)』の展望になります。

まずは七夕賞の振り返りから。
優勝は、1番人気で昨年に続きミヤビランベリ。「57kg・1番人気」ということで、正直『買い難いなぁ・・・』なんて思ったのですが、好位置から自ら先頭に立ちそのまま押し切る非常に強い競馬でした。メンバーを見ると、「GⅡ:目黒記念」を勝っている実績は抜けていたのでその通りに走れば勝っても不思議ないのですが・・・、勝っていた時が「人気薄」だったので少し疑い気味でした。七夕賞のような勝ち方ができれば、今後が非常に楽しみ。今年の「サマー2000シリーズ」は、この馬を中心に回って行くことと思います。

今週は開催が変わり、新潟と小倉での競馬。
その中から新潟で行われる恒例の直線のみで行われる「アイビスサマーダッシュ(GⅢ)」の展望になります。
『直線のみ・1000m』という特殊なコース形態なので、「そのコースが得意(ここは走る・ここだけは走る)」という馬が必ずいます。また、直線で行われるので「枠順」が非常に大きな影響を及ぼします。馬がよく走り、やや荒れている内側は不利。きれいに芝が生え揃っている外側は、走りやすく有利と言われています。
馬の傾向としては、「ダッシュ力があり最後の200mを粘り強く踏ん張れる馬」が過去のレースを振り返ると来ているようです。逆に軽快なスピードを誇り、鋭い差し脚を武器にしている馬は苦戦してしまう傾向があるようです。

 ◎エイシンタイガー
 ○カノヤザクラ
 ▲シャウトライン
 △クールシャローン
 ×コスモベル

本命は、いま一番勢いのある「3歳馬」からエイシンタイガーをチョイス。前走は、古馬と走った「GⅡ・CBC賞」(2着)。その内容も、5着まで入った馬のうちエイシンタイガー以外はすべて後ろから追い込んできており、3番手から2着に粘り込んだ『価値』は大きく評価できます。ここまで13戦のうち11戦は1400m以下のレースを使って4着以下なしと超堅実派。
次点には昨年このレースで優勝したカノヤザクラ。牝馬で55kgはやや重い感じがしますが、毎年この夏のシーズンはよく走るので注意は必要です。コース適正という面でも、実際に勝っていることは大きな強み。うまくレースの流れに乗れれば、勝機は十分です。
面白いと思うのが、今年1番の上がり馬・シャウトライン。今年の半年ですでに4勝を挙げ、初の重賞挑戦となりました。この馬も、「新潟1000m」での勝ち鞍があります。あとは、『夏は牝馬』の格言に基づきクールシャローンとコスモベルの2頭。クールシャローンは、先行できて我慢比べのレースになれば浮上。コスモベルは、休み明けのローテーションが吉と出れば好走可能だと思います。

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact
※的場厩舎 福島・阪神で5レースに出走
※的場騎手 福島で8鞍に騎乗 
 ⇒エリモアクアポリスまたしても惜敗の2着。

horse今週の予定 cloud
〇的場厩舎 新潟で3レースに出走予定
 ⇒7/19 新潟4R ヒシチャプター
 前走で大敗も、芝に変わり新味出す!血統も芝向き。

○的場騎手 新潟で6鞍に騎乗予定
 ⇒7/18 新潟9R レイクエルフ
 前走の敗因は馬場の悪化。良の状態ならクラス上位。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村

« 「勝利」という結果を出せたことが1番 | トップページ | 明日の小瀬は熱くなる »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「勝利」という結果を出せたことが1番 | トップページ | 明日の小瀬は熱くなる »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ