« クラシック頂上決戦! | トップページ | 逆転勝利で4連勝! »

愛媛を飲み込み、さらに上昇できるか?

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第15節・愛媛FC戦です。
ここ9試合で8勝1分と、絶好調大売り出し中のヴァンフォーレ。その間、23得点・7失点(得失点差+16)と得点の多さ(攻撃力)が目立ちますが、無失点の試合も4試合・失点した試合も横浜戦以外は「1」に抑えており、攻守のバランスはとてもいいと思います。
岡山戦は、岡山の早い出足に後手に回り、なかなか効果的な攻撃が仕掛けられませんでしたが、ハーフナーマイク・パウリーニョ・ダニエルら『個の力』で岡山をねじ伏せ、勝ち点「3」を積み上げました。愛媛戦では岡山戦のようにならないよう、素早い攻守の切り替え・相手選手へのチェックなど、しっかりと行っていきたいところです。

さて愛媛。
前節の勝利でチームの雰囲気も良くなってきており、さらに今節は「松山広域デー・最多観客数更新宣言 絶対1万3000人」と題して、かなり気合いが入っての動員がかかっているので、相当高いモチベーションで甲府戦に臨んでくると予想されます。
ヤフーのスタメン予想によると前節から2人が代わるようですが、何となく違う気がします。「攻める甲府・守る愛媛」の構図が予想できることから、愛媛は大分戦の時のような『3ボランチ』的な布陣でくると思います。サイドハーフの大山・赤井あたりは攻撃的な選手なので、追いかける展開の時や甲府のDFライン裏を狙いたい時に投入されると思っています。

<Point of Match~攻め切る力を!相性抜群の3トップで突破せよ!>
                           ・
・・・第15節 愛媛FC戦
素早い攻撃への切り替えから、カウンターを仕掛ける愛媛。甲府は、攻撃の際に『攻め切ってしまうこと』が大切になってくると思います。甲府が攻撃に人数をかけた時にボールを奪い、前線へ早く展開するのが愛媛の狙いなので、中途半端なボールロストは失点に繋がりかねません。もちろん、相手DFラインをきれいに崩してシュートを打つことが理想ですが、「崩し切ること」に拘らず岡山戦のように多少距離のあるところからでも、ミドルシュートを打つなど、攻撃をシュートで終わらせ愛媛にカウンターのチャンスを与えないようにしたいところです。
そのために期待したいのが3トップ。おそらく今節も、片桐・ハーフナーマイク・パウリーニョの3人が起用されることと思いますが、パウリーニョが復調してきたことで3人の「攻撃力」がさらに増してきたと思います。そのことにより、「3人で点がとれる」ようになってきたことが非常に大きいです。岡山戦の前半早々の決定機も、「片桐⇒パウリーニョ⇒ハーフナーマイク」と繋いだボールでした。得点シーンも、スローインからの同じ流れだったので、この3人が続けざまにボールに触れれば得点チャンスが広がります。中盤からのフォローももちろん必要ですが、3人のコンビネーションが愛媛から得点をする大きなカギなので、3人のプレーに注目したいと思います。

それから、愛媛戦は「FM甲府・ヴァンフォーレ実況中継」があります。
名物アナウンサー・小松明美さんと、萩原さんの『超ヴァンフォレー寄り』の実況中継が遠く愛媛の地から、お2人が試合を生で見ながら中継してくださいます。
スカパーで見られない方はぜひFM甲府を、プラザで見る方は(もしかしたら)スカパーの映像を見ながらFM甲府を聞くことができるかもしれません。そんな名言(迷言?)が飛び出すのか、こちらにも期待したいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« クラシック頂上決戦! | トップページ | 逆転勝利で4連勝! »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

何か愛媛戦も1-0の試合になる気がします。
甲府が勝つには、ロングパスした後、マイボールにできるか?
また、攻撃をシュートで終わることができるのか?
この2点が実行できれば、問題ないかと思いますが。

オレンジジュース飲みます。

>シャーさん
この試合、大きく試合の流れを決めそうなのが先制点。
愛媛の前節・大分戦のように、早い時間で先制点を献上してしまうと、愛媛の流れになってしまいそうです。攻撃の駒が豊富な甲府は、スコアレスの時間は長いほうがいいかもしれないので、先に点を与えないことが大切だと思います。

まぁ、1番見たいのは、「愛媛の流れの試合」をひっくり返すことですが・・・w

先日予想した通り、難しい試合になることは間違い無さそぅですね。ホーム観客動員デー、堅い守りを如何に崩すか、そして熱く迎える相手の甲府OB…本当にこれを乗り越えたら言う事無いです!願います!!念じますよぉ、勝利を!!!

>ごみごみさん
甲府のスタメン予想は、代わらないようです。マラニョン、大西と怪我から戻ってきており、ベンチ入りも相当激しい争いが行われていると思います。
甲府は点がとれなくても、また仮に先にとられてもあわてず、90分をトータルに勝利目指してデザインしていければ…と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クラシック頂上決戦! | トップページ | 逆転勝利で4連勝! »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ