« 地力の差を見せる! | トップページ | 狙うはさらに「上」 »

現役屈指の「2頭」が激突!

毎週木曜日は競馬の日。
今回は、先週行われた「NHKマイルカップ(GⅠ)」のレース結果と、今週行われる『ヴィクトリアマイル(GⅠ)』のレース予想になります。

まずは、衝撃の日本レコードタイムが出たNHKマイルカップから。
このレースを目標とした馬・ここをステップにダービーを狙う馬・皐月賞から巻き返しを狙う馬らが入り乱れての「混戦」が予想されましたが、後方一気の豪脚でレースを一刀両断して優勝したのがダノンシャンティでした。
毎日杯を勝ってこのレースに出てきたのですが、冒頭の分類をしていくと「このレースをステップにダービーを狙う馬」だったダノンシャンティ。ですが、その本番を前に『1:31:4』という日本レコードタイムで優勝。しかも、後方3番手から一気の末脚ということで、ダノンシャンティのスピード・そのスピードを持続するためのスタミナ・そんな激しいレースを勝ち切る精神力、どの能力をとっても1枚抜けているレースぶりでした。1600mでここまで強い勝ち方をしてしまうと、『2400mは向かないんじゃないか?』と考えてしまいますが、これでダービーまで勝ってしまったら、それこそ「相当な強さの持ち主」ということができると思います。再来週の日本ダービーでどんなレースを見せてくれるか、楽しみに待ちたいと思います。

さて、今週は牝馬限定GⅠ・ヴィクトリアマイル。
現在のところ、同世代のライバル「ブエナビスタ&レッドディザイア」の2強ムードが漂っています。2頭共に、この春はドバイへ遠征してそれぞれ結果を残してのこのレース。帰国後初戦ということで、なかなか調整は難しいと思いますが、現役の中でもトップクラスの実力を持つ2頭の激突は注目大です。先週、日本レコードが出た同じ馬場で今週はどんなレース、そしてタイムが見られるのか期待が膨らみます。

 ◎ブエナビスタ
 ○レッドディザイア

 △プロヴィナージュ
 △ベストロケーション

「東京1600」をいう舞台を考えたとき、ブエナビスタとレッドディザイアの2頭の力関係はほぼ互角だと思います。不安は、2頭共に最近は2000mを超える距離のレースばかりなので、早いペースのレースになったらそのペースに戸惑う危険があると思うのですが、今回のメンバーを見渡すとペースは早くなりそうもなく『ラスト3ハロンの爆発力の勝負』が予想されます。
そうなると、2頭共に33秒台の脚を持っているのでやはり2強の優位は揺るぎません。敢えて順番をつけるなら、横山JKが騎乗するようになってから「脚質に幅」が出てきたブエナビスタが若干優位と予想しますが、レッドディザイアとの差はわずかです。
それでも穴馬・・・と考えると、やっぱり先行する馬でしょうか。プロヴィナージュ・ベストロケーションは比較的前に行きそうなので、佐藤JK(プロヴィナージュ)・木幡JK(ベストロケーション)の積極的な手綱捌きに期待したいと思います。

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

※的場厩舎 東京・京都・新潟で6レースに出走
 ⇒トウカイソニックの2着が最高。
※的場騎手 新潟で13鞍に騎乗
 ⇒シンボリカンヌで1勝

horse今週の予定 sun/cloud
〇的場厩舎 東京・新潟で5レースに出走予定
  5/16 新潟5R トウカイノーマル
   ⇒前走、経験馬相手にいきなりの2着。高い能力を秘める。

○的場騎手 新潟で14鞍に騎乗予定
  5/16 新潟10R ゴールドスパークル
   ⇒新潟2000mはベストの条件。早い上がりで勝負!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 地力の差を見せる! | トップページ | 狙うはさらに「上」 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

高速馬場、内枠有利を期待して、

アンカツ騎乗込みで◎ラドラータを1マイルなら2強に隙がないか?

○は仕上がり良いブエナ。
外枠レッドが追い込みきれなけば内枠の先行馬から3連複でpaper

>ヒロワンさん
しかし、今回の東京開催は時計が速い速い。
土曜日の京王杯SCもレコードタイム決着でした。

こういう時、重視した項目は2つ。

 ①速いタイムを出したことがあるか?
 ②今よりさらに上積みが期待できるか?

マイルールとして、この2つを注意しています。速いタイムは言うまでもありませんね。2つ目は、特に年齢的なモノに気をつけます。あまり高齢の馬では、これ以上の成長は見込まれないので、速い時計の時は嫌うようにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 地力の差を見せる! | トップページ | 狙うはさらに「上」 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ