« 16戦終わって2位 | トップページ | W杯・日本代表が初戦を飾る! »

さぁ、ワールドカップ

これからあと2時間後に始まるサッカーワールドカップ・日本代表vsカメルーン代表。

直近の国際試合で4連敗と結果が出ておらず、フォーメーションも変更があったり怪我人もいたりで、ちょっとイマイチな感じが伝わってきています。ただ、数日前の練習試合で本田を1トップに据えた「4-5-1」へ。得点はとれなかったようですが、両ウイング(バック)には松井(右)と大久保(左)を配し、中盤に長谷部・遠藤・阿部とやっと『適材適所』に近い形になってきた印象を私は持っています。1トップに拘るのであれば、いるメンバーから考えると岡崎や玉田や矢野よりは、本田の方が適性があると思います。両サイドにはドリブルに長ける松井と、攻守に高い貢献度がある大久保。中盤の3人は、基本ボランチですがキープ力と攻撃の起点として機能してほしい選手。SBも、今野が出場が微妙ということで、右に駒野が予想されるスターティングメンバーになっています。

格上のカメルーン相手に、日本が活路を見出すとすれば「攻守の切り替えと運動量」。
得点力が低い日本としては、『守備から攻撃への切り替え』をまず第一に考えたいところです。カメルーンからボールを奪ったとき、どれだけの選手が攻撃参加できるか、バックパスをせず前にパスを出すことができるかが1つの鍵です
。もちろん、攻撃から守備への切り替えは言わずもがな、身体能力の高いカメルーンの選手に対し1対1のマッチアップは厳しいので、ボールを失った時の切り替えも大事にしたいです。
運動量の面では、パスを出した後の動きでしょうか。本田を1トップに起用するということは、ポスト役を任せたい意図があると思います。本田にパスを出したあと、どれだけ本田の近くまでサポートに行くことができるか、本田が孤立することなくプレーできるかが鍵。ボールを受ける選手も、相手マークをまともに背負うことなくDFの間のスペースにポジションをとる運動量が求められます。

最後にもう1つ、ミドルレンジからのシュートも必要以上に打ちたいですね。
いろんなところで言われている通り、今回のワールドカップで使用されているボールは会場が高地ということもあり「変化量」が大きいです。FKの場合はもちろんのこと、スペースがあったら流れの中からでもミドルシュートを打っていってほしいと思います。
例えダイレクトにゴールしなくても、GKが弾く可能性が充分あるので、そこに詰められれば大きなチャンスになります。ショートパスでの崩しにこだわりすぎず、様々な形でカメルーンゴールを狙ってほしいと思います!

勝利めざして、がんばれ日本!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

« 16戦終わって2位 | トップページ | W杯・日本代表が初戦を飾る! »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

いよいよ始りますね~WC!
4年前を思い出します。
行きましたよ~・・・ドイツ。
あの頃は、代表戦のチケットがとれなくて、とにかく1度だけでも生観戦でっていう感じで行きました。
また、決していい席ではなかったですが、応援の本隊の隣でしたので、思いっきり応援してきました。
今となってはいい思い出です。

この1ヶ月はサッカーを楽しみたいです。
頑張れ、日本!

>シャーさん
行かれたんですね、ドイツ。
2006年は、甲府は初のJ1で中断期間もヤマザキナビスコカップを戦っていて、あんまりW杯には興味がありませんでしたw ブログもやっていなかったので、本当に「ヴァンフォーレオンリー」でした。でも、W杯を生で体験できて、本当にいい思い出になったのではないかと思います。

今年は、よく知らない国どおしの試合でも見てしまいます。
「FIFA」の冠がつく試合は、カメラワークがいつもと違ってすごく面白いと思います♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 16戦終わって2位 | トップページ | W杯・日本代表が初戦を飾る! »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ