« 連続G1レースも今週で終了 | トップページ | 慌てることなく、必要な修正を必要なだけ »

もう1度確認したい「勝ちたい気持ち」

明日のヴァンフォーレ甲府はJ2第16節、アウェー・北九州市立本城陸上競技場で現在18位のギラヴァンツ北九州と対戦です。

前節(15節)の愛媛戦を先制される苦しい展開ながら、後半ロスタイムでのハーフナーマイクの決勝ゴールで執念の逆転勝利。5月を「5勝1分」と、素晴らしい成績で乗り切りました。試合前にも触れましたが、愛媛戦は非常に難しい試合となることが予想されていて、さらにMF・保坂が目にものもらいを患ってしまい、MF・國吉が帯同するというスクランブル体制でした。結局、保坂は出場しましたが、普段の力が出せたかというとちょっとどうだったかなぁ・・・という気もします。愛媛戦では、その保坂のところを突かれてピンチを招いてしまい、苦しい試合展開になってしまっただけに、保坂自身の奮闘はもちろんのこと周りの選手がそういう不調の選手のカバーをどこまでできるのか、これからの課題になってくると思います。
ですが、結果として「勝ち点3」を手に入れたということは、大きく評価していいと思います。昨年に比べ、とても勝負強くなりました。ワールドカップ中断まであと2戦、「北九州」「千葉」という下位と上位のチーム相手にどんな試合を見せてくれるのか、まずは北九州に勝つことができるのか大きなポイントだと思います。『試合終了まで勝利を追求する勝負強さ』を今節も発揮できるかどうか、前線の5人に期待したいと思います。

<Point of Match~中盤が3トップに絡めるか?スペースを作り・生み出す>
                           ・
・・・第16節 ギラヴァンツ北九州戦
第16節・予想スタメンはヤフーの通りだと思います。甲府は草津戦から4戦連続でスタメンは同じ、ギラヴァンツ北九州もこの編成に近いと予想されます。
ポイントは、やはり「得点」になってくると思います。甲府攻撃陣が、北九州の守備のブロックを突破して得点できるのか、攻撃のアイデア・連動・積極性がこれまで以上に問われることになると思います
4試合連続得点中のハーフナーマイクには、北九州のCBの2人長野と川鍋がチャレンジ&カバーの形でついてくると思うので、なかなか仕事はさせてもらえないことが予想されます。そこで期待したいのが、左WGのパウリーニョ。愛媛戦ではポスト直撃のシュートの場面しか目立ちませんでしたが、その前の岡山戦は良かったので「上昇気配」にはなっていると思います。マッチアップのDFは、運動量の多い重光なのでスペースは見つけやすいはず。草津戦のゴールのような、『前への突進力』を発揮してくれれば、自身のゴールチャンスはもちろんのこと、ハーフナーマイクへのマークもズレが生じると思います。
そしてもう1つは中盤からの攻撃参加。3トップやDFの得点は多いものの、明日のスタメン予想のMF登録選手では、藤田と養父の1点ずつのみです。3トップやセットプレーが強力なのでこういう数字になっているかもしれませんが、藤田・養父が絡んだ「流れるような攻撃」での得点も必要になってくると思います。3トップとの連係良く、中盤の選手がシュートまで持ち込める場面が増えれば、得点のチャンスも多くなることと思います。

もちろん、守備も大切です。
フィニッシャーとしては、スピードに長けた池元・長谷川。体を張る大島、中盤でタメを作る佐野を軸にカウンターを仕掛けてくると思います。特に、途中出場が予想される元・甲府の長谷川は古巣相手ということで、かなり燃えているようです。DFライン前では保坂が、DFラインとGKの荻は特にカバーリングをしっかりと行って、スペースを管理して北九州の攻撃を封じていきたいところです。

本日の試合で首位・柏が岡山を下し、勝ち点を「39」に伸ばしました。
優勝を狙う上では前節終了時の勝ち点差『4』を維持しなくてはいけません。そのために必要なのは、北九州戦での勝ち点「3」。今の力を100%発揮すれば、必ず勝ち点3は手に入れられると思います。プレー面もそうですが、何より『勝つという気持ち』を持って北九州戦に臨んでもらいたいと思います!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 連続G1レースも今週で終了 | トップページ | 慌てることなく、必要な修正を必要なだけ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

太郎ちゃん楽しみですが敗けられない一戦。

鳥栖も負けてくれた事だしここで確実に勝ち点3を上積みして、3強争いに持ち込みたいですねscissors

前節の保坂の件は初耳でした。それでも勝ち点3をギリギリまで諦めず、ものに出来るところに今の強さがあるのだと思います。
北九州の太郎選手は切り札で登場しますよね。怖さを知っているだけに、彼が出て来る前に決める位な勢いで良いかなぁと思っています。

>ヒロワンさん
何とも言いようがない試合でした。

相手に合わせてしまった感があります。
DFラインが低く、パウリーニョの守備意識が低いことから中盤で数的不利を招き、セカンドボールを拾えず攻守に渡り精彩を欠いてしまいました。痛い引き分けで首位・柏に離され、3位・千葉に詰められる結果になりましたが、負けてはいません。
次は千葉戦。
前半戦の総決算となる試合なので、結果・内容共にこだわった試合を見せてほしいと思います。

>ごみごみさん
岡山戦から続いていた「微妙な不安」が、今日の試合で出てきた感じです。
攻撃のパターンが、中盤の機能不全になったこともあり乏しかったです。選手個々の力を、もっと発揮できるよう選手間での動きやパス・シュートの精度をもっと磨いてもらいたいと思います。

まだまだできると思います!

こんばんは~!!
(^O^)


6日の試合、私もスポーツバーにて見ましたが、相変わらず「新参者」には優しい?ですよね~!


これまでの試合は、例え負けていても、「勝てる予感」がしていたのですが(前節は、「入れ込み実況中継」からも、「何か」が伝わって来ました)、今節は、その「何か」が伝わって来ませんでした…。


余り良くない展開通りに進んで行ってしまい…。

勝ち点「-2」になってしまいました…。
(T_T)


次節の千葉戦は、何が何でも勝つ!!気持ちで戦いましょう!


私も12日は、何とかして参戦したいです!!

ではでは~!!


(*^ー^)ノ~~

>一生ヴァンフォーレサポーターさん
まぁ、こういう試合もあるということでしょうか。
相手にもう少し高い決定力があれば負け試合でしたが、内田監督の言うように「勝ち点1をとれたこと」を前向きに考えた方が建設的だと思います。『勝利への執念(気持ち)』があまり感じられなかったのが残念ですが、次の試合に生かせれば失った勝ち点「2」が、もっと大きくなって返って来ると思います。

私は千葉戦は行けないのですが、小瀬には多くのサポーターが集まると思います。
みんなの力で、チームを勝たせましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 連続G1レースも今週で終了 | トップページ | 慌てることなく、必要な修正を必要なだけ »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ