« もう1度確認したい「勝ちたい気持ち」 | トップページ | 春が終わり、夏が始まる・・・ »

慌てることなく、必要な修正を必要なだけ

昨日行われましたJ2第16節・ギラヴァンツ北九州戦。

前日の試合で柏が勝ったことや、ここまで1勝と元気のない北九州が相手ということでどうしても勝ちたい試合だった16節。怪我からの復帰が噂されたマラニョンはベンチにも入らず、柏に代わり國吉がベンチ入りしたものの、スタメンは草津戦から4戦連続同じメンバーでした。

試合は、愛媛戦同様に何とも「重い」立ち上がりでした。
4試合連続ゴール中で、攻撃の起点となるハーフナーマイクは長野と川鍋に徹底マークされ、ボールが納まらず次第に中盤との距離も離れ孤立してしまいました。そんな時は、パウリーニョが近くにいれば・・・というところなのですが、パウリーニョはポジショニング・動き出し共にイマイチ。片桐が中盤の位置まで下がってチャンスメイクを試みるも、北九州の速い出足に中盤を制され、なかなか有効的な攻撃が組み立てられませんでした。それでも、最終ラインで北九州の攻撃を止めシュートがGKの正面を突いたこともあり、前半は「0-0」で終了。
後半に入り、藤田を下げて中盤の構成に重点を置き盛り返しを計るものの、攻撃のパターンが『片桐⇒マイク⇒こぼれ玉を狙う』1つになってしまい、得点の予感が感じられませんでした。セットプレーも、ダニエル・秋本にボールが合う場面があったものの決め切れず、少ないチャンス(パウリーニョ・片桐)も生かせず、結局5節・鳥栖戦以来の無得点に終わり痛いスコアレスドローとなってしまいました。

試合後、養父は「自分達の中に問題がある」、秋本は「集中力を欠いたありえないプレーばかりだった」、マイクは「全体的にみんなダラダラ動いていた」と試合を振り返っていました。もちろん、内田監督の言うように『勝点では1だが、強いチームというのはどんなに調子が悪いときでも負けないで勝点1をとっていける』と前向きに考えることが大切なのですが、選手間で感じた「勝てなかった理由(課題)」は、次戦までにきっちりと改善しなくてはいけません。
次戦は、順位がすぐ下の3位・千葉戦。秋本・吉田というDFラインの2人が警告の累積で欠場するので、代わる選手がポジションを奪いとる勢いで試合前から気持ちを入れて試合に臨んでいってもらいたいと思っています。千葉戦が北九州戦のようなデキでは、間違いなく負けます。選手各個人が強い気持ちを持つことはもちろんのこと、周りで気持ちの高まっていない選手がいたら引き上げてあげるような「リーダーシップ」も発揮してほしいと思います。

北九州に引き分けてやや心配になってしまいますが、それでもここ最近「11戦不敗の9勝2分」と好調なことは間違いありません。慢心はいけませんが、自分達の力を信じて慌てることなく千葉戦を戦ってほしいと思います。その中で、北九州戦に引き分けた原因をできるかぎり修正して、勝利を目指してがんばってもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« もう1度確認したい「勝ちたい気持ち」 | トップページ | 春が終わり、夏が始まる・・・ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

大前提にはなりますが、次節はホーム小瀬。どんな相手であろうと、どんな順位にいようと、勝たなくてはならないのがホームゲームです。負けない試合を作ってきたメンバが2人出られませんが、それでも勝ち点3を目指せる体制にしてきたのが今季。副キャプテンとイケちゃんが中心になりそうですが、「これが甲府だ!」と言わん許りの試合を期待します(^o^)/。

いやはや、負けなくて良かったなと言うゲームでしたね、ベンチも選手も次節を意識し過ぎに感じました、勝ち点3は北九州も千葉も同じなのにもったいない。
草津戦以降は、敗けてもおかしくない内容を、マイクだけでひっくり返してきたような寒い内容が続いてたので、引き分けは良い薬になったのでは?
マラニョンが復帰すれば、マイク以外にも攻撃の起点が増えてチームが生き返るよ予感。
千葉をやっつけて小瀬で祭だ!

九州に引き分けでしたが、それでも負けなくて良かったと思いたいです。
問題は、1番心配していた出場停止なんですが、2人いるとどうなの?って感じです。
ベストメンバーで千葉とやりたかったんですが。
それでも、甲府らしいサッカーで勝ってほしいです。
久々に、小瀬が揺れるといいですね

>ごみごみさん
12日は、3週間ぶりのホームゲーム。
相手が3位千葉ということで、サポーターも相当盛り上がるのではないかと思います。
吉田・秋本と出場停止ですが、代わって出場が予想される津田・池端ら今まで出れなかった選手の「がんばり」が、勝敗に直結してくると思います。

中断前の最終戦、絶対に勝ちましょう!

>ヒロワンさん
今日のプレスリリースで、残念ながらマラニョンは怪我の治療のため帰国。
私も、千葉戦にはマラニョンの力が必要と思っていたので、ちょっと残念です。

北九州戦は、ご指摘の通り「負けなくて良かった」という試合でした。
相手チームにもう少し決定力があれば、確実に負け試合だったと思います。そういう意味では、「勝ち点1」は最低限の結果。千葉との上位対決に向けて、いい薬になったと思います。

攻撃の起点としては、パウリーニョと養父に期待です。
2人共にもっとできる選手なので、ゴールに繋がるプレーで魅せてほしいと思います!

>シャーさん
最近11試合で9勝2分。悪いはずがありません。
「負けないこと」「勝ち点をとり続けること」が大切なので、18位の北九州に勝てなかったことは悔しいですが、ギリギリ次に繋げられる『勝ち点1』はとることができました。この試合でできなかったことを、千葉戦で発揮してもらいたいと思います。

満員になりそうな小瀬。あ~行きたいなぁ~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もう1度確認したい「勝ちたい気持ち」 | トップページ | 春が終わり、夏が始まる・・・ »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ