« 【J特】点のとり合いを制す | トップページ | 後半戦がはじまるよ・・・【J特】 »

前半戦を2位で折り返す【J特】

<4得Img_0050点!栃木を力でねじ伏せる>
Img_0052  昨日行われましたJ2第19節・栃木SC戦。W杯中断明け、最初のホームゲームとなったこの試合。常に栃木に対して「先手」をとる展開となり、『4-3』と強力攻撃陣が爆発して勝利しました! これで勝ち点をさらに「3」上積みして『40』の大台に乗せ、首位・柏と勝ち点差「4」に詰めることができました。

<違う形でImg_0079の4得点>
Img_0067 この試合、やはり印象に残ったのが4得点。ダニエル・パウリーニョ・秋本・マイクがとったのですが、それぞれセットプレー・サイドチェンジ・ドリブルでの仕掛け・前線からの守備と、「違った形」でとったことが非常に大きいと思います。もちろん、ゴールを決めた選手が素晴らしいことは間違いありませんが、『チームとして取り組んできたこと』を実戦で発揮できたことが1番の成果だと思います。

<久しぶりの小瀬・・・楽しいなぁ♪>
Img_0005 私にとっては、2か月以上ぶりの小瀬になったこの試合。前の日から本当に楽しみで・・・朝の目覚めもびっくりするくらい早く、小瀬へも2時30分頃(もっと早い方もいると思いますが・・・)に着いてしまいましたw ヴァンフォーレパークも、いつもより人が多い感がしました♪

<環境Img_0021月間:ECO DAYS>
Img_0018 7~8月のホームゲームは「環境月間:ECO DAYS」と題し、ゴミの持ち帰りを推進する期間となっています。スタジアム外では、そのイベントを啓発すべく大学生たちによる「エコ戦隊・マヨレンジャー」の寸劇が行われていました。劇が始まる前、係りの人に「人数は足りてる?」とオファーを出してみたのですが、丁重に断られてしまいましたw

<雷雨・・・Img_0026後晴れ&虹>
Img_0025 マヨレンジャーの寸劇を楽しんだ後、スタンドに戻ると突然の雷雨。雨粒には雹も混じり、またたく間に通路も雨水で溢れかえりました。しかし、その雷雨も15分もすると何事もなかったかのように止み、上空には青空が見え、バックスタンド後ろには虹がかかりました。今後の試合でも、こういった「突然の雨」にはしっかりと備えたいと思います。

<さらImg_0088に軽快な動き・・・Img_0096パワーアップ!?>
Img_0040  私のように、久しぶりの小瀬を楽しみにしていたのか、はたまた試合展開に興奮したのか、この日のヴァンくんは「すごかった」ですw ハーフタイムには、うきわ&シュノーケルで小瀬を泳いだり、試合後にはノリノリで手拍子・側転・ダンスなど、いつも以上の軽快な動きで私達を楽しませてくれました。フォーレちゃんは、いつも通り(?)おとなしめでしたが、ヴァンくんは『面白かった』と思います♪ 次の試合も、多いに期待したいと思います!

<栃木のImg_0032みなさん、増Img_0051_2えたなぁ~>
  栃木と小瀬で対戦するのは2回目。昨年は(確か)1-1だったと思いますが、その時よりはだいぶ多くの栃木サポーターのみなさんが、昨日は小瀬に来場してくれました。
グリーンスタジアム(栃木のホームグラウンド)は、ピッチから近くていいんですよね。去年も2回行ったので、今年も行きたいと思っています。その時は、名物アナ・萬田裕子(通称・マンU)アナウンサーを生で見たいと思いますw

<栃木SC戦~今日イチ選手!>

MF:8 養父雄二
今回は悩みました。決勝ゴールのマイク・2アシストの片桐・中盤で(いつもより)可動範囲が広かった1得点の秋本・ボランチの位置から効果的な攻撃参加が光った藤田など、攻撃面でよかった選手が多かったのですが、今季1番のプレーを見せてくれた(と思う)養父に決めました。
栃木戦の甲府は、藤田を秋本の隣に配置した「4-2-1-3」のシステムを採用し、養父は3トップの下のポジションでスタメン出場でした。藤田と秋本が中盤の底にいるため、養父は攻撃に専念できたことが大きかったです。ゴール前に抜けだしシュートを打ったり、2列目からの飛び込みを狙ったり、2点目のアシストをしたりと直接得点に絡んだプレーは1本でしたが、非常に効果的なプレーが多かったと思います。藤田がボランチに下がることで、攻撃にやや迫力が欠けることが心配でしたが、養父がここまでできれば強力3トップを十分に機能させることができると思います。今後の養父の活躍が、さらに楽しみになりました♪

<前半戦終了!勝ち点40で2位>
19節・栃木戦をもって、J2すべてのチームと対戦が終了。
「12勝4分2敗:勝ち点40」で2位と、J1昇格圏内に位置しています。
昨年課題となった「得点力」は、オフの積極的な補強が功を奏しリーグ1位タイの35得点。ここまで18試合で、無得点試合はわずかに「2」であり、半分近い試合(8試合)で2得点以上を挙げています。失点数は、昨年と比べやや多く19失点。完封した試合が7試合あるものの、2失点以上した試合が5試合あり、そのあたりの改善が柏に追いつき・追い越すための課題になると思います。
今週末の東京V戦から後半がスタートします。この試合から一ヶ月間が、気候的な面や対戦相手から言ってもシーズンを占う「勝負の6試合」になると思います。2位での折り返しは素晴らしいことですが、何かを手にした訳ではありません。首位・柏を追いかけ、そして追い越しJ1昇格を果たすため、もう一度「スイッチ」を入れなおして、次の試合から勝利目指してがんばっていきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 【J特】点のとり合いを制す | トップページ | 後半戦がはじまるよ・・・【J特】 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

前半戦、2位で折り返せてよかったなと、思います。

何か、後半戦は、厄介なチームに限ってアウェー戦になっている気がします。

25節の鳥栖戦、27、28節の中3日の連続アウェー。
ここが後半戦の最大の山場、、、かなと。

気が早すぎますね。

まずはヴェルディー戦に集中します。

>シャーさん
レス遅くなってしまいました。
完全に忘れてました(汗)

2位での折り返し、本当に素晴らしいことだと思います。正直なところ、予想以上の結果だと私は思っています。
後半戦、軒並み上位チームとはアウェーでの対戦になりますが、今季はアウェーでの成績が抜群に良いので、大きな心配はしていません。
まずは東京ヴェルディ戦。
ホームでは勝ってもらいたいので、がんばって応援しましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】点のとり合いを制す | トップページ | 後半戦がはじまるよ・・・【J特】 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ