« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

ホームで勝てず・・・3試合連続引き分け【J特】

<3点と20100829_067るも3点とられ・・・>
20100829_091  昨日行われましたJ2第24節・大分トリニータ戦。終始甲府が先行し、主導権を握ったかに思えた試合でしたが、結果は「3-3」の引き分けでした。これでホームゲームは3試合勝ちなし、最近3試合連続引き分けという結果に、試合後サポーターからは今季初の「大ブーイング」が選手たちに浴びせられました。

<攻撃は20100829_088良かった>
引き分けでしたが、3点とった攻撃はどれも素晴らしかったです。マラニョンの右足アウトサイドでのクロスに合わせたマイク、大西のCKに合わせた内山、振り向きざまシュートの柏、どのゴールも違った形でのゴールで「攻
20100829_044撃のバリエーション」の多さを改めて知ることができました。なお、今節の「小瀬-1グランプリ(小瀬GP)」も、この攻撃陣からチョイスしました。怪我で交代してしまいましたが、攻守に運動量で貢献してくれた「FW・大西」。ルーキーで初ゴールだったものの、ヒーローインタビューの機会を逃した「FW・柏」。勝ち越しゴールは奪えませんでしたが、3得点すべてに絡んだ「FW・マラニョン」の3人です。右の名前の部分をクリックしていただけるだけで投票はOKですので、よろしくお願いします!

<甲斐20100829_006ゼミナールスペシャルマッチ>
20100829_058 大分戦は、練習着スポンサーさんでもある甲斐ゼミナールさんによる「甲斐ゼミナールスペシャルマッチ」と題して、ヴァンくん&フォーレちゃん特製Tシャツをマスコット・VFQ・選手達全員が着て、試合会場を盛り上げていました。

<平均120100829_052位に返り咲く>
20100829_051  大分戦の観客動員は、今節J2トップの「13058人」。平均でも「12598人」と、2位の札幌を500人ほど上回りトップです。また、ここまでの24節でホームゲームが1万人を切っていないチームは実は甲府のみ。ここ3試合も、勝利がないながら少しですが増えてきています。9月はホームゲームが1試合しかないのですが、次こそは必ず勝ってほしいと思います。

<特命20100829_03020100829_015特別ゲス20100829_056ト!>
さて、再三ご案内させていただきましたが、大分戦には「Jリーグ特命PR部:女子マネージャー 足立梨花さん」が応援に駆けつけてくれました。間近で初めて見ましたが、女優さんだけあって背が高く、17歳とは思えないほど立ち振る舞いもきっちりとしていて、「可愛らしい」というよりは『綺麗な方』という感想を持ちました。
ただ、まだまだ知らない人も多く、途中で私も「あの人誰ですか?」と、知らない人に聞かれたりしました。知らない人にとっては、服装が女子高校生そのままなのでわからないようです。もう少し「わかりやすく」したほうがいいんじゃないかなぁ・・・なんて思いました。

<課題20100829_046は守備>
20100829_071  3得点で勝てなかったことを考えると、やはり問題は守備だったのではないでしょうか。警告の累積で山本が出場停止、その代わりに柳川が起用され奇しくも開幕戦と同じ4バックとなりました。20100829_080 そして開幕戦と同じ3失点。ここ数試合もそうでしたが、DFライン前で相手にボールを持たれる時間が長すぎました。私の脳裏には、開幕前のTM磐田戦・開幕戦・福岡戦がフラッシュバック。同じような展開が目の前で繰り返されていました。「組織で守れないことは分かっていた」 とは大分FW・高松のコメントですが、ボールにプレッシャーをかけるのか、スペースを埋めるのか「意思統一」が感じられませんでした。結果、DFライン前のスペースを相手選手に与えてしまい、「シュート打ってください・ドリブルしてください」のような『ザル守備』になってしまったと思います。

そのスペースを埋めるため、DFラインを上げられればいいのですが、DFラインの意思疎通がイマイチで上げられず、さらに中盤の底にいるべき秋本が前にプレッシャーに行き戻ってこないため、保坂1人がカバーする事態に。当然1人でやりきれる訳がなく、大分の攻撃を受けてしまった結果になったと私は思います。
半年ぶりのスタメン・DF柳川は、決していいデキではなかったと思いますが、それ以上にここ数戦の失点の原因となっているのは「中盤の運動量」だと思います。大分戦は、サイドが大西とマラニョンになったので、多少は守備の改善が見られると思ったのですが、まさか秋本を中盤の前で起用するとは・・・考えつきませんでした。ご存じの通り秋本は足が遅いので、「攻撃から守備への切り替え」がどうしても遅くなってしまいます。適材適所という意味で、秋本を中盤で起用することは相反すると思います。中盤の前で起用するなら、藤田・石原といった「機動力のある選手」。秋本の中盤に拘るなら、中盤の底で相手選手を待つような役割が良さそうなのではないかと思います。
そして最後は交代選手の選択。
パウリーニョ・小池も悪いとは思いませんでしたが、どうしても1点ほしい状況で切るカードではなかったと思います。WGならクロスのいい石原が適役、中盤なら藤田の運動量がほしい時間帯でもありました。チームを鼓舞するする選手として、攻撃のアクセントとなる選手としてこの2人を使わなかったことは大変疑問です。

J2リーグ戦も、2週目が始まり大分戦で5試合。
その5試合で「1勝3分1敗」と結果こそ負け数は少ないものの、勝ち点数から逆算すると「2勝3敗」であり、これが続くとJ1昇格どころではなくなってきます。幸い、次週は天皇杯のためリーグ戦はお休みです。この時間をどう使い修正して試合に繋げていくか、非常に重要な2週間になります。レポートにもありましたが、チーム全体の力・意欲が問われてくると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】3点とって勝てないのは問題

本日行われましたJ2第24節大分トリニータ戦。

いい形で勝ち点1をとった柏戦、ここ2試合勝ちのないホームゲームということで、どうしても勝利が欲しかった試合でした。
しかし前半だけで3点をとり、一時は2点のリードを奪ったのですが、結局追いつかれてしまい、勝ち越し点も奪えないまま『3ー3』で引き分けでした。

3点をとった攻撃は素晴らしかったのですが、3失点の形があまりにも悪すぎました。
最近3試合で7失点、これでは勝ち点3をとることは難しいです。来週は天皇杯のためリーグ戦がありません。選手の選考を含めて立て直さないと、J2優勝どころかJ1昇格も怪しくなってきてしまいます。
次節はアウェーで鳥栖との試合。リーグ戦の中盤を占う非常に大きな試合になること間違いなしです。ここを克服しないことには、先はないと思います。まずはリフレッシュして、2週間後の鳥栖戦に備えてもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】勝たないといけない試合

明日のヴァンフォーレ甲府はJ2第24節・ホーム小瀬で大分トリニータ戦です。

前節、首位・2位対決となった柏レイソル戦。
前半から終始ボールを支配され、後半の半ばまでに2点を先行される苦しい試合展開。しかし柏の3点目がオフサイドで取り消され、柏DFの退場と選手交代を挟むと一気に甲府ペースになりました。41分・46分と立て続けにマイクのゴールが生まれ、「2-2」の引き分けという結果でした。J2優勝を狙う上で最高の結果、『柏から勝ち点「3」を奪う』ことはできませんでしたが、首位・柏を相手にアウェーで2点を先行されての勝ち点1という結果は悪くありません。
ただ、この「勝ち点1」の意味は今節・大分戦の結果で大きく変わってくると思います。今日(土曜日)の試合で、首位・柏と3位・千葉が勝利しており、甲府も2チームに続いていかなくてはいけません。また、ホーム小瀬での勝利は19節(栃木戦)以来なく、9月もホームゲームは1試合しかないので、何があっても「勝ち点3」が必要な大分戦です。

今節は主将・山本が警告の累積で出場停止。
また、夏場の連戦ということもあり多少パフォーマンスが落ちているのかな・・・と思う選手もいるようで、前節から何人か代わる見通しです。CBには、開幕戦以来となる柳川がスタメンに予想されており、左WGにはスタメンとなれば12節・徳島戦以来になるマラニョンが名を連ねております。さらに、大分の攻撃のカギを握る韓国代表「MF・キム ボギョン」には、粘り強い守備が持ち味の津田のマッチアップが予想され、前節の柏戦とはまた違った形になりそうです。ベンチ入りも、前節で大活躍の柏やリーグ戦デビューを果たした小池なども続いて入れるかどうか、ますますチーム内の競争が激しくなってきました。スタメン選手・ベンチ入り選手・ベンチ外選手、それぞれがそのポジションで「勝利のために」できることを100%でやりきり、大分戦で必ず勝利を掴み取りましょう!

<Point of Match~攻撃の起点を機能させ抑えられるか>
                 ・
・・・第24節 大分トリニータ戦
ここ2試合で4失点の甲府は今週、ディフェンスの基本戦術を確認したとのこと。大分戦の予想スタメンでは4バックに守備的な選手が並び、両WGにもマラニョン・大西を配したこともありここ数試合での「守備の不安定さ」は、少しは解消されるのではないかと予想されます。特に、大分の攻撃の起点でもある「左MF キムボギョン」には津田(右SB)をマッチアップさせ、徹底マークを予感させます。ドリブルやシュートが持ち味のキムボギョンには、適役なマッチアップだと思います。
そうすると、やはり私が注目したいのは攻撃。「マイク&マラニョン&大西(養父)」という組み合わせは今季初なので、どんな化学反応が起こるかわかりませんが、比較的低い位置からでも飛び出せるマラニョンと養父の組み合わせは、悪くないと思います。中でも、甲府の攻撃の旗振り役となる「MF 養父雄二」からどんなパスが出てくるか、非常に楽しみです。両WGの前のスペースを狙ったスルーパスや、マイクが落としたボールを拾ってのプレーに注目したいと思っています。本当は、もう少し守備への参加があってもいいかなぁ・・・とも思っていますが、両サイドが比較的守備もするマラニョン・大西であれば中盤での人数も足りると思うので、養父が前を向いてボールを持つ機会も増えると思います。ここ3試合で5得点すべてを叩きだしているマイクにもちろん期待ですが、そろそろ他の選手のゴールもほしいところです。
あと、セットプレーでは甲府の方が高さに勝るので攻撃のときは大きなチャンスになるのですが、注意したいのは守備のセットプレー。甲府DFは高い選手が揃っていることは周知の事実なので、まともにハイボールを放り込んでくることは少ないと思います。ニアへの速いボールと、変化をつけたプレーに充分注意してもらいたいと思います。

さて明日の試合。
いつも以上に小瀬ではいろんなイベントが予定されています。まずは、W杯中断明けから継続して行われてきた「環境月間・ECO DAYS」。大分戦では最終日にあたり、この試合が行われた後のゴミをゼロにしようというのが最終的な目標になっています。明日、その目標が達成されるかどうかわかりませんが、「できることは取り組もう」というのがこのイベントの趣旨なので、自分で出したゴミは自分で持ち帰りましょうということです。
そして次は「勝利花火」。過去、何回か企画され先日の東京ヴェルディ戦でも予定があったと思うのですが、企画がすんなり遂行されたことは・・・残念ながら私の記憶にはありません。大分戦こそ勝利して、試合後夏の終わりを告げる花火をVF甲府の勝利を喜びながら鑑賞したいと思います。
最後に、何回か紹介させていただいていましたが、「Jリーグ特命PR部・女子マネージャ 足立梨花さん」が小瀬に来場します。足立さん(通称:あだっちぃー)はすでに今日から甲府に来ていて、今日一日テレビやラジオに出演して大分戦の告知をしていました。私も、「ヤマナシプロデュース(YBSテレビ)」「ラジウス(YBSラジオ)」と見聞きしましたが、『さすが場馴れしてるなぁ~』と感じました。もっと甲府のことを知っててくれたら親近感も沸いたのですが・・・まぁ仕方ないところでしょうか。小瀬では、ヴァンフォーレパークで売り場のお手伝いやスタジアムグルメの紹介を、ピッチ内ではミニトークやヴァンくん達と場内1周が予定されています。写真を使っていいかどうかわかりませんが、とりあえず見逃さないようにしたいと思います♪

大分戦も、暑く熱い試合になると思います。
ピッチの選手はもちろんのこと、応援しているサポーターにも「タフさ」が求められる試合になりそうです。体調管理・水分補給には充分注意をしつつ、全力でプレー&応援していきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

第23節・小瀬-1グランプリ決定!【J特】

J2リーグ・第23節 柏レイソル戦の小瀬-1グランプリは・・・

<第23節・小瀬-1グランプリ>
   FW 27:柏 好文

2点差のビハインドの試合を同点にまで追いついた立役者・柏選手を選出したいと思います。後半の疲れた時間帯、スペースへの飛び出し・ドリブルでの仕掛けを得意とする柏。この試合でも、その「持ち味」を存分に発揮してくれました。
また、久しぶりに出てきた地元・山梨出身の選手。これからの活躍が、本当に楽しみです♪

それから、この「小瀬-1グランプリ」。
次節(大分戦)から、若干のリニューアルをいたします。コメント欄に名前を記入ということでの投票をお願いしていましたが、次回からはサイドバーに投票欄を設置して、ワンクリックで投票できるようにしたいと思います。とりあえずサンプルとして、大分戦前まで柏戦の投票欄を作っておきます。
そして、その投票欄は3人ぐらいに絞りたいと思います。選考委員会(2名)では、その試合を見てふさわしい選手を3人、投票欄に選択肢としてリストアップしたいと思います。今後もよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

力は見せたものの・・・勝利へは届かず【J特】

<今季2回20100822_014目の対戦も・・・引き分け>
20100822_039  昨日行われましたJ2第23節・柏レイソル戦。両チームの勝ち点差「4」で迎えたこの試合。勝てば「1」差、負ければ「7」差というチャンスともピンチとも言える試合でしたが、結果は「2-2」の引き分け。勝ち点差は縮まりも、広がりもせず『4』のままで、23節は終了しました。

<死力20100822_019を尽くし、貪欲に勝ち点「3」を狙う>
20100822_013  試合は柏に2点を先行される苦しい展開も、ハーフナー・マイクの2ゴールで追いつき、勝ち点「1」を手にすることができました。特に1点返してからの「雰囲気」は、まさに5月の横浜戦に似たようなモノを感じました。ピッチの選手とサポーターが一丸となり、柏ゴール目指し戦ったと思います。試合終了後、ダニエルが倒れこみ立ち上がれない姿を見て、『勝たせてあげたかった』と思いました。

<この20100822_032コンビ、今後も注目せよ!>
柏のDF・村上が退場したことが大きな試合の「分岐点」となったのですが、そのチャンスを逃さずモノにしたのが途中出場のルーキー・柏。右サイドを何度も駆け上がり、果敢に柏DFと勝負していました。また、その柏にボールを供給したのが国士舘大学の先輩・養父。 ボールが来ると信じていた」 と全幅の信頼を寄せる先輩を信じて走り出す柏に、20100822_030「パスを出すときにこっちを見ていない分、相手より一歩、前へ出られる」とスペースへとボールを出す養父。同点ゴールは、こんな2人の「信頼関係」から生まれたゴールでした。今節の小瀬ー1グランプリは、この2人のどちらか・・・と悩んだのですが、今後の活躍に期待ということで柏を選考委員会では選出しました。今後も、この2人の「あうんの呼吸」に目が離せません!

<青で20100822_016_2埋まる日立柏、そして小池デビュー>
20100822_036  この日の日立柏サッカー場。駆けつけた甲府サポーターはバス13台以上にのぼり、総数約2000人だったそうです。アウェー側は、ホント「ヴァンフォーレブルー」でびっしりでした。また、2年目のFW・小池がデビュー。シュートこそなかったものの、その「必死さ」というのは十二分に伝わってきました。今度は、小瀬でプレーが見たいですね!

<次はホーム、勝たなくてはいけない!>
20100822_011
23節は、福岡以外の上位チームは勝ち点を伸ばせませんでした。甲府と対戦の柏は、甲府とともに勝ち点「1」。千葉は岐阜に敗れ、W杯中断以降好調だった東京Vも、熊本に敗れました。J2優勝を狙うには、柏との差を気にしなくてはいけませんが、「J1昇格」という大目標のためには4位との差も頭にいれておきたいところです。3位・千葉は勝ち点「39」、4位・福岡は勝ち点「37」、しかし福岡は1試合少ないため3位4位の差はほぼないと考えていいと思います。対戦も第2クールに入り、上位との対戦が続いたとはいえ、ここまで「1勝2分1敗」と取り逃している勝ち点が多い状況です。

次節は8/29・大分トリニータ戦。
ここ2試合ホームで勝ち切れていない試合が続いているので、J1昇格のために大分戦はどうしても勝たなくてはいけない試合です。
よく「負けられない」という表現は耳にしますが、大分戦は『勝たなくてはいけない試合』だと思います。DF・山本が出場停止の大分戦、どんなスタメンで来るか見どころの1つ。Jリーグ特命PR部・女子マネージャーの足立梨花さんも小瀬に来るとのことなので、いつも以上に期待と楽しみがある小瀬になると思います。次こそ勝ち点「3」を手にして、みんなで喜びを分かち合おう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

死闘は…引き分け【J特】

本日行われましたJ2第23節 柏レイソル戦。
前半は、攻めて守って激しい展開で0ー0。後半、早い時間に立て続けに2点とられる苦しい試合となりましたが、選手交代と相手DFの退場で試合の流れが変わりました。
途中出場の柏を中心に攻め立てると、86分にマイクが柏のクロスに合わせてまず1点。さらに後半ロスタイム早々、またも柏のクロスにマイクが相手DFともつれながら起死回生の同点ゴール。その後もチャンスはあったものの、逆転ゴールまでは奪えず引き分けで終わりました。
首位との差を詰められなかったことは残念なのですが、相手ホームで2点差を追い付いたことは非常に価値があると思います。
次はホームで大分戦。
ホームではここ2試合勝利がないので、絶対に勝ってほしいと思います!
ちなみに今節の小瀬ー1。
選考委員会としては、途中出場で見事に試合の流れを変えて、2アシストの柏選手を選出したいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

優勝への道筋を作ることができるか?【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第23節・柏レイソル戦です。

前節の福岡戦で引き分けたヴァンフォーレ。1度はリードしただけに、何とも残念な形での同点ゴールの献上は、悔しさだけが残る試合でした。ただ、特に前半は甲府が主導権を握れている時間が長く、流れ的には良かった部分が多かったとも思います。ハイペースで試合に入ったため、足が相手より早く止まってしまったと思いますが、その部分と不用意(不運)な失点さえ防ぐことを修正できれば、柏戦でもいい勝負ができると思います。予想スタメンは、出場停止の吉田を除くと全く同じです。私の中では大西・保坂の評価は非常に高いので、彼らならやってくれると信じて応援したいと思います。

<Point of Match~攻守の切り替えと運動量で負けるな>
                 ・
・・・第23節 柏レイソル戦

両チーム合わせて、今季リーグ戦で4回しか負けていないチームの対戦。攻守に渡り激しい試合が予想されます。そんなレベルの高い試合でも、求められることはいつもの試合と同じで「攻守の切り替え」と「運動量」だと思います。柏はスタメンが読めず、どんなシステムで来るかわかりませんが、相手がどんなメンバー・システムで臨んできても、攻守の切り替えを早く、運動量で負けていては勝機は掴めません。
前節の福岡戦の前半はできていたと思うのですが、やや飛ばしすぎで足が止まってしまい、結果勝ちきることができませんでした。そういう課題を次の試合ですぐに修正して、首位・柏相手に実行できれば、今後のリーグ戦でも必ずいい結果が出せると思うので、結果もそうですが「内容」にもこだわった試合をしてほしいと思います。

とまぁ、あんまり大したことを書いていないのですがw、ヤフーの「レーダーチャート」を面白いことが見えてきました。甲府と柏、ほとんど差のない項目ばかりなのですが、大きく違っている数字が2つ「クリア」と「パス」です。『甲府はクリアが多く、柏はパスが多い』ということになるのですが、これを攻守に置き換えてみると「甲府はDFラインからの長いボールが多く、柏はDFラインから繋いでくることが多い」と考えることもできると思います。
確かに柏はパスの本数は多く、リーグ全体でも2位の千葉を1000本以上離して1位。個人でも、センターラインの大谷(1位)、近藤(4位)、パク(5位)、栗澤(6位)はリーグ全体でも最上位にランクインしています。そのパスの多いセンターラインへ「連動した守備」ができるかどうかが、攻撃へのスイッチになると思います。素早いプレッシャーでボールを奪い、少ないパス数で前線へとボールを供給できるかが攻撃面でのポイントになりそうです。
守備面では、攻撃のリズムを作るレアンドロドミンゲスを抑えられるかがポイント。柏はここまで21試合中14試合で2点以上とってきており、その攻撃の起点はブラジル人MF・レアンドロです。自身がボールを持ってドリブルをしたり(チーム最多)、シュートをしたり(シュート数チーム最多・得点は2位の5点)、ラストパスを出したり(チーム最多5アシスト)と、柏の攻撃を担う中心選手です。大谷・栗澤から入るボールをどれだけカットできるか、レアンドロに入った時にチェックできるか、柏に勝つにはどうしてもやっていかなくてはいけないことだと思います。

明日の試合にチケットはすでに売り切れ。
アウェー側は7月の時点で売り切れており、サポーターの応援もヒートアップすること間違いなしだと思います。私も、2005年・2007年以来3回目の日立柏サッカー場へ参戦するので、チーム・サポーターと同じ気持ちで精一杯応援したいと思います。
この試合の結果で順位の変動はありませんが、勝ち点差を「1」にすることができれば1試合の結果で順位が動くので、勝ち点差「4」とは相当大きな違いになってきます。J2優勝をする上では、どうしても直接対決で勝ち点差を詰めておきたい試合です。スタメン選手のみならず、ベンチ入りの選手・日立柏サッカー場へ応援に行くサポーターが一丸で柏と戦い、必ず勝ち点「3」を手にして甲府に帰ってきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】第22節・小瀬-1グランプリ決定!

さて、何とか企画を定着させようと必死なのですが、今節の小瀬-1グランプリは・・・・

<第22節・小瀬-1グランプリ>
  FW 14:ハーフナーマイク
勝ち点「3」こそ逃してしまいましたが、2得点のハーフナーマイク選手が文句なしの選出です。

1得点目の同点ゴールは、秋本が左足で押し込むだけのシュートをミスしたボールをシュート。本当に「押し込むだけ」のシュートでしたが、あの位置にいたことに『価値』があると思います。
そして、一時は逆転ゴールとなった2点目。養父がループ気味に出したパスを相手DFがクリアミス。相手DFと競り合い、最後は引っ張られて倒れながらも「長い足」でボールを引っ掛けるようにシュートしました。マイクの身体的な特徴が最大限に生かされたゴールでした。

福岡戦の2ゴールで、事実上のゴールランキングトップに立ったハーフナーマイク。
彼がゴールを決めた試合では「負けなし伝説」がなお継続中であり、彼のゴールなくしてVF甲府のJ1昇格は考えられないと言っても過言ではないと思います。
今週土曜日は、首位・柏との直接対決。J1昇格はもとより、J2優勝を狙う上で非常に重要な一戦です。マイクのゴールで得点を挙げ、勝利を掴みとってもらいたいと思います!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

強さと弱さと・・・【J特】

<上位対決20100815_082!結果は引き分け>
20100815_116  昨日行われましたJ2第22節・アビスパ福岡戦。好調の福岡が相手ということで、厳しい試合が予想されたのですが、結果は「2-2」の引き分けでした。首位・柏が勝利したため、柏との勝ち点差は「4」と開きましたが、J1昇格圏外の4位(福岡)との差は変わらず「10」のままとなりました。J1昇格を至上命題にしている甲府としては、ベストの結果ではなかったもののベターな結果だということができると思います。

<一時は20100815_070逆転!頼れ20100815_051る男・マイク>
前半早々に先制点を献上したものの、「逆転できる自信はあった」と試合後に話していたマイク。22分・24分と立て続けにゴールを重ね、一時は逆転に成功しました。徳島戦のような高い打点でのヘディングは、甲府加入前からの特徴でしたが、甲府に来てから「足」でのゴールが増えてきており、プレーヤーとしてさらに成長している姿を感じ取れます。

<毎年20100815_006恒例の浴衣祭り>
20100815_009 毎年、夏のこの時期の試合では、どこの会場も例外なく「浴衣祭り」的な催しで溢れかえっています。もちろん、ヴァンくん・フォーレちゃんも、写真撮影会を兼ねて浴衣姿で登場してくれました。ヴァンくんは(確か)昨年と同じ装いですが、フォーレちゃんは初の浴衣だったのではないかと思います。思ったより(?)似合っていました。浴衣は涼しげでいいですが、いつもの「小気味よい動き」が見られなくなるのは、やや残念だった気もします。大分戦も浴衣デーなのかなぁ・・・?

<もちろ20100815_099ん、VFQのみなさんも浴衣>
20100815_093 ヴァンくん・フォーレちゃん以外にも忘れてはならない人たちは・・・そうヴァンフォーレクイーンのみなさんです。入場時のお迎えから、選手誘導、ハーフタイムに至るまで浴衣姿でがんばっていました。あの浴衣は、各個人の自前なのでしょうか?スポンサーがついて統一されると、また1段と一体感が生まれるのではないかなぁ・・・と思いました。

<夏20100815_108と言えば・・・そう20100815_113花火!>
試合前に「楽しみにしている」と書いたハーフタイムの花火でしたが、実は直前まで忘れていましたw 花火を綺麗に写真で撮る方法を友人からレクチャーを受けていたのですが、その予習の成果はまったく出せない写真になってしまいました。次こそはがんばります!

<第2220100815_128節 小瀬-1グランプリ>
20100815_126 さて、ごくごく1部で話題沸騰(?)の「小瀬-1グランプリ」。今節は、選考委員会(2人)のうち1人が帰省のため試合を観ることができていないので、今のところ1票のみですw(私ですがw)。今節は、2得点のハーフナー・マイク選手かなぁ・・・と思います。途中出場のマラニョンも、1点決められていれば・・・という場面もあったのですが。

<完成度がまだまだ低い?>
20100815_097 11節・柏戦、17節・千葉戦に続いての「追いつかれて引き分け」となった福岡戦。場面場面を見れば「もう少しできたのでは?」ということも頭をよぎりますが、1点差の試合を10試合勝ってきているので『リードしてからの試合運び』にそう大きな問題があるとは考えられません。というと、あとは「試合毎に波がある」のかな・・・と思います。もちろん、相手のことがあるので毎試合同じことができるとは限りませんが、(福岡戦で言えば)「2-1」で終わらせる選択肢はなかったのかなぁ・・・と。その辺り、もっと安定した試合運びができるようにならないと、首位への道はまだなのかと感じました。

<研究して20100815_046弱点を突いて20100815_052くる相手に対して・・・>
もちろん、2分で2得点して逆転するという爆発力(得点力)は甲府の力であり素晴らしい部分ですが、今後の相手はそういう甲府が力のある部分を避け、弱い部分を徹底的に突いてくることが予想されます。
福岡戦も、福岡の武器である「縦への速い動き」で永里・城後を使い、ダニエル・吉田の裏のスペースを突いてきました。失点シーンも、その福岡の「意図」が結果となっており、その場面以外にも幾度か危ないシーンがありました。攻守においてそのような『弱点』を練習で克服することはもちろんのこと、試合に入ってからも相手チームの「意図」をできるだけ早くピッチ内で感じ取り対応していかなくては、『安定した試合運び』はできないと思います。

今週土曜日は首位・柏との一戦。
優勝を狙う上では、どうしても勝ち点3がほしい試合です。
柏は、W杯中断明けはどうもうまく噛み合っていませんでしたが、愛媛戦では「3-0」と快勝。新加入のFW林・ホジェルが得点を記録しており、「エンジンがかかってきた」印象があります。しかし、状態の良さでは甲府も勝るとも劣らない状態。「優勝を狙う」という高い目標をモチベーションに、首位・柏に向かっていってほしいと思います!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】失っても不思議なかった勝ち点1

今日行われましたJ2第22節アビスパ福岡戦。

前半早々に不運な形で先制点を許してしまいましたが、前半のうちにマイクの2ゴールで逆転しました!
後半も、そのいい流れでいけるかと思ったのですが、あってはならない「DFの1点もののミス」が発生してしまい同点に。
その後は、運動量が落ち別のチームとなってしまった甲府。何度かはチャンスを掴むも、その分カウンター攻撃ももらってしまい、決め切れず防ぎ切っての引き分けでした。

前半は切り替えが早く、全員が連動できていたと思うのですが、同点に追い付かれてからが良くなかったです。前半から主導権を握りつつも、『後半は足が止まりそうだなぁ…』と思いながら応援していましたが、予感は悪い方に当たってしまいました。

悔しいことに、開幕戦のリベンジとはなりませんでしたが、次の試合は今週土曜日に迫ってきています。
首位の柏との一戦、勝ち点差は4に広がり、この試合での順位逆転はなくなりましたが、優勝を狙う上では直接対決でぜひとも勝ち点差を詰めたいものです。
今日の悔しさを柏戦で晴らしましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】真夏の夜、小瀬決戦!

明けて本日、ヴァンフォーレはJ2第22節・アビスパ福岡戦です。

いろんな「意味」で、この一戦は非常に大きいです。まず、順位上「2位vs4位」というJ1昇格をかけた戦いであることはもちろんのこと、前節で代えたスタメンは続けて結果を出さなくてはいけないこと、開幕戦で敗れた相手に連敗することはできないこと、前々節・東京V戦のホームゲームで負けていること、首位・柏との一戦を次節に控えていること、昨年もお盆の試合で負けていること、などを考えると『どうしても勝たなくてはいけない試合』です。第22節は、確かに長いシーズンの中の1試合ですが、その1試合という意味以上にこの試合の結果は今後に響いてくると思います
そんな重要な一戦を前に、内田監督からは「やられた分の借りは返す」 「王道の戦いをしたい」と強気なコメントが聞かれました。開幕戦で「1-3」と敗れてしまったことから、その悔しい気持ちは絶対に晴らすという強い意気込み、そして首位・柏との一戦を控え「J1昇格・J2優勝」を目指すにふさわしいチームとして、福岡に勝つという『決心』みたいなものを私は感じました。スタメンは前節と代わらない模様、ベンチが若干代わりそうな感じですが、スタメン・ベンチ・スタッフ・サポーターがみんな「イチガン」で福岡と戦い、勝利をこの手に掴み取りにいきましょう!

<Point of Match~中盤は厳しい戦い。スペースを有効利用>
                 ・
・・・第22節 アビスパ福岡戦
両チームのシステムを見てみると、甲府も福岡も「4-2-3-1」。しかし、甲府はパウリーニョがやや上がり目になることと、福岡の1トップ(たぶん岡本)は守備もまずまずするので、中盤では福岡がボールを持つ時間が長くなると予想されます。
そんな中で期待したいのが、パウリーニョのDFライン裏への飛び出し。中盤の構成が代わり、前節ではパウリーニョが前を向いてボールを持つ場面が増えたと思います。今節ではその場面をさらに作るべく、もっと数多くDFライン裏へ抜けるボールを出してほしいと思います。そうすればDFラインを下げることができ、中盤でボールを支配することができるようになると思います。特に、養父からパウリーニョへのパスに期待したいと思います。

今日の試合は、お盆休みの真っ最中ということで様々なイベントが予定されています。
「山梨学院大学スペシャルマッチ」「笛吹市サンクスデー」「浴衣DAY」「ECO 4DAYS」「ワールドコップ(補助グラウンド)」など、いずれも楽しみなイベントばかりです。その中で私が楽しみにしているのは、笛吹市サンクスデーの一貫として行われる『激励花火』。ハーフタイム中に打ち上げられる予定です。夏はやっぱり花火ですよね!笛吹市も、土曜日(21日)に「石和温泉花火大会」が予定されており、こちらも見逃せない花火大会です。

開門時間直前は、非常に混雑が予想されます。
私も、いつもより早めに会場入りするつもりですが、応援もいつも以上にがんばりたいと思います。選手が会場したその時から、大きな手拍子・大きな声援で選手達の背中を後押ししていきたいと思います。福岡戦、絶対に勝ちましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】第21節・小瀬-1グランプリ決定!

徳島戦終了後、募集させていただきました「小瀬-1グランプリ(第21節)」。

締切はないのですが、次節の試合が日曜日に迫っていきているので、このあたりで決定したいと思います。現在のところ、保坂×3・大西×2・マイク×2と非常に僅差の投票状況です。投票数からだと保坂なのですが、3票の内の2票は選考委員会の票なので、今回は投票をいただいた大西とマイクのどちらかにしようと思います。とは言え、大西もマイクも同数。くじ引きにでもしたい気分ですが、やりようがないので私の独断で決めさせていただきます。

<第21節・小瀬-1グランプリ>
  FW 14:ハーフナーマイク

勝利への決勝ゴールを叩き出した「ハーフナーマイク選手」を選出することにします。
あのゴールの形は、彼以外にはできないゴールです。大西のクロスも素晴らしかったですが、やはり『決めた』ことを大きく評価したいと思います。
ハーフナーマイクは、このゴールで今季9得点目。福岡の永里・柏の工藤と共にリーグ2位タイですが、1位はFC東京に移籍した大黒なので実質的なところは1位タイです。『マイクがゴールすると試合は負けない』伝説もまだまだ継続中であり、今後の活躍がさらに楽しみなってきました。J1昇格には彼のゴールがもっと必要なので、次の試合もゴールを期待したいと思います!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

新しいヴァンフォーレのカタチ【J特】

本日行われましたJ2第21節・徳島ヴォルティス戦。

藤田・片桐という攻撃面でチームを引っ張る2人がベンチ&欠場したこの試合。「不安がまったくなかった」と言えばウソになりますが、養父を中心に思った以上に機能したと思います。流れの中からは、特にパウリーニョへのボールが多く出てチャンスメイク。心配されたセットプレーも、養父の蹴ったCKに秋本が合わせる場面が2回あり、得点の『匂い』は充分に前半から感じれました。
そして後半。相手DFの退場からは、甲府の一方的なペースになるとFWマラニョンを投入して、さらに攻勢を強めました。すると後半30分、マラニョンがドリブルで持ち込みマイクがポストプレーで保坂に繋ぐと、保坂はDFを引き付けて右サイドの大西に展開。右足で高めのクロスボールを折り返すと、マイクが頭2つほど抜けた打点の高いヘディングシュートを叩きつけ待望の先制点。その後、しっかりと守りきった甲府は、ヴェルディ戦の敗戦を引きずることなくきっちりと勝ち点3を獲得しました。
前節まで、「藤田・片桐」を中心とした攻撃も結果を出してきたので悪くはないのですが、この試合で攻撃を引っ張った『養父・大西』の攻撃も、「藤田・片桐」とは違い面白かったと思います。特にパウリーニョが今までの試合では1番機能していたように感じ、攻撃の「バリエーション」も多かったと思います。また、藤田の代わりとしてスタメンフル出場した保坂も、全体のバランスをとるべくスペースを埋め、こぼれ玉の処理やファーストディフェンダーとして素晴らしい活躍だったと思います。「新たなカタチ」を手にしたと言っていい今節の甲府。次節のスタメン争いが、ますます激しくなってきたと思います!

ちなみに、前節から始まりました新コーナー「小瀬-1グランプリ」。
もちろんアウェーゲームでも選出します。『もし徳島戦が小瀬で行われていたら、1番盛り上げてくれた選手』ということで考えています。選出委員会(2人)の今のところの意見は、ゴールしたマイク選手が当然という声が真っ先に上がりましたがその後、攻守に切り替え速く、鋭い動きで勝利に貢献してくれた保坂選手ということで落ち着いています。このエントリーのコメント欄に名前だけでもいただけたら1票としますので、みなさんの「持論」を熱く語っていただきたいと思います。票数を集計して、1~2日のうちに発表したいと思います。

今節、首位の柏が東京ヴェルディの前に敗戦し、ついに無敗記録がストップしました。
2位・甲府との勝ち点差はわずかに「2」であり、23節での直接対決で首位が入れ替わる可能性も出てきました。しかし、その前に対戦するのが22節・アビスパ福岡。開幕戦で「1-3」という屈辱的な敗戦を喫した相手です。お盆休みで満員に膨れ上がるであろう小瀬で、その雪辱を果たし次へと繋げていかなくてはいけません。暑い日が続きますが、選手もサポーターもしっかりと福岡戦に向けて準備し、勝利目指して「ICHIGAN」でいきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

誰が出ても目指す方向は同じ【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第21節・徳島ヴォルティス戦です。

長いJ2リーグ戦も、前節から後半戦。
ホームゲームでその後半戦の「開幕」を迎えた甲府でしたが、22本のシュートも実らず15試合ぶりの敗戦となってしまいました。内田監督は「同じリズムになってしまった」と試合を振り返り、攻撃面では『チャンスに仕掛ける動きがなかった』と試合後にコメントがありました。セットプレーで得点できず、シュートこそ多かったものの、流れの中からもマイクにボールが集まりすぎたことが原因かと予想されます。
そんな連敗が許されない明日の徳島戦。
「攻撃の起点」として機能していた片桐・養父・藤田の出場が微妙な様子。欠場なら、大西・保坂あたりに出番がまわってくると思われます。中盤の構成が代わると、(特に)攻撃にどんな新しい面が引き出されるか、あまり機能していないパウリーニョを生かすことができるのか注目したいと思います。「DFライン裏を狙ったパス」パウリーニョに、相手ゴールを向いた状態でボールを出したいところです。

<Point of Match~チャンスを確実に。多彩な攻撃で得点狙う!>
                 ・
・・・第21節 徳島ヴォルティス戦
スポーツ報知・山梨版、サンニチ、ヤフースタメン予想などを総合すると、何人かの選手が出場できなさそうな見通し。スタメンも、当日の発表を待たないとまったく読めません。しかし、選手が何人入れ替わろうと目指すべきは「勝利」の二文字。後半戦のポスターにもありますが、『さぁ行こう!J1の舞台へ!』の言葉を実行するため、チャンスを掴んだ選手はそれを逃さないよう思い切ったプレー・勝利という結果を手にして、次戦以降もポジションを奪い取ってほしいと思います。それが8月の上位との対決、後々のチームのレベルアップに繋がってくるので、明日の試合は連敗をしないこと以上に大切なテーマを持った試合になると思います。
徳島は順位こそ「8位」ですが、J1昇格圏内である3位の千葉とは勝ち点差「7」とまだまだ狙える位置につけ、さらに前節では首位・柏をあと一歩のところまで追いつめたということもあり、非常にモチベーション高い状態で甲府戦に臨んでくるものと思われます。
そんな徳島相手に『受け』に回ることなく、運動量と攻守の切り替えで上回り、特に前節で不足していた相手DFライン裏へのスペースへの仕掛けや、ミドルレンジからのシュートで得点を狙っていってほしいと思います

今月から来月にかけて続く上位との対決。その初戦・徳島戦は連敗阻止という意味を除いても、勝つと負けるとでは大きく違ってきます。まずは明日の試合、必要なのは「結果」なので連敗阻止&8月の勝利スタートを。そしてJ1昇格に向けもう1段ギアを上げて、得点と勝利を重ねていってもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

マイボトル【J特】

19節・栃木戦から「マイボトル」を持ち出した私。

暑い日が続く中、水分の摂取は頻繁に行わなくてはなりません。
その都度、コンビニや自販機で買っていてはいくらお金があっても足りないので、『マイボトル』を購入。毎日、麦茶などを作り仕事へ持って行ったり、スポーツドリンクを作ってサッカーに持って行ったりするようになってきました。

使うお金は減り、出すゴミも減って「いいことばかり」の感じもするのですが・・・実はそうでもありません。

毎日の仕事の他にも、自宅でも麦茶などを作り自室へと持ち込んでいるため、「いつでもどこでも水分補給ができる」状態に。すると、単純な私はご機嫌で飲んでしまい『飲み過ぎ』という事態が頻発。今週初めから、ついに「夏バテ」という症状に陥ってしまいました。1日が終わるとヘロヘロで・・・、まったく困ったモノです。

水の飲み過ぎには注意しましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

後半戦スタートは勝ち点とれず【J特】

<4月20100731_053以来の敗戦は「0-1」>
20100731_060  昨日行われましたJ2第20節・東京ヴェルディ戦。W杯中断明けの2戦を2連勝でスタートした甲府。この東京ヴェルディ戦から後半戦に入ったのですが、そのスタートの一戦はワンチャンスを生かされ「0-1」で敗戦となってしまいました。この敗戦は、5節の鳥栖戦以来15戦ぶりの敗戦となり、無得点の試合も今季3試合目となりました。

<チャ20100731_064ンスをことごとく生かせず・・・>
20100731_082 前半はセットプレー、後半は流れからのシュートの場面が多く、チャンスは多かった甲府。しかし秋本のシュートが3本もポストに阻まれたりと、最後までヴェルディからゴールを奪えませんでした。「こんな試合もある」と片桐が言うように、そう考えればそうなんですが・・・。内田監督が言うように、『攻撃が同じリズムになってしまった』ことが得点を奪えなかった要因の1つかもしれません。

<新アイ20100731_004テム登場!>
20100731_003 毎試合、ホームゲームのたびに発売される「新アイテム」。東京ヴェルディ戦では、『世界の』キティちゃんとのコラボグッズが遂に登場しました。実物を見ましたが、相当可愛い仕上がりのハンドタオルと手ぬぐいでした♪ 今後、私が持っても不思議ないようなアイテムの登場に期待します!

<ECO20100731_005 4DAYS/2試20100731_001合目>
8月のラストゲーム(29日・大分戦)で「ゴミゼロ」を目指す大型プロジェクト『ECO 4DAYS』。ヴァンくんもプラカードを持ち、スタジアム内外をいっしょうけんめいPRしていました。
ボランティアの方々も本当に一生懸命で、(1回もらった後の)持ち帰り用のビニール袋を何回断ったことか・・・w ゴミを減らすためにも、スタジアム内での「配りモノ」を少し減らした方がいいかもしれませんね。

<ちょっ20100731_043と静かだったかな?>
20100731_022  19節・栃木戦では、今まで見たことないくらいの軽快な動きを見せてくれたヴァンくんでしたが、この日はその日に比べると静かというか大人しかったというか・・・。あの時以上を期待していただけに、ちょっと残念でした。フォーレちゃんの、「勝ち点3GeT」のプラカードの通りにならなかった試合結果でしたが、この暑い時期でのヴァンくんとフォーレちゃんの活躍には、本当に頭が下がる思いです。次のホームゲームは2週間後ですが、その間じっくりと充電してまた次の試合で楽しいパフォーマンスを見せてほしいと思います♪

<次も20100731_055ガンバレ!>
20100731_051  東京ヴェルディサポーターのみなさん。試合前には署名活動も行っており、チーム状態も厳しい中でも「まとまり」がとても感じられました。東京ヴェルディの次の相手は、甲府が背中を追いかける首位・柏レイソルなので、甲府との試合以上の力を発揮して、柏も飲み込んでもらいたいと思いますw

<第20節:小瀬-1グランプリ!>

FW:20 片桐淳至
20100731_069 前回までの「今日イチ選手!」のコーナーを、3回目で早くもリニューアルしますw その名も『小瀬-1グランプリ!』と題して、試合で1番小瀬を沸かせてくれた選手を、「小瀬-1グランプリ選考委員会(2名)」の投票で選考しようと思います。リニューアル第1回目の選手は、片桐淳至選手です。「得点」という結果は出せませんでしたが、片桐からのボールはいつもの試合と同じように、『可能性』を感じさせてくれました。次の試合では「結果」に期待しています!
ちなみに、「選考委員会」は随時委員を受け付けていますw
コメント欄に書いてくれれば、その試合限定でも受け付けますので、よろしくお願いします♪

<次いってみよう!>
20100731_028 敗戦という結果でスタートした後半戦。しかし、前半戦の終盤は「内容は悪いものの勝ってきた(負けなかった)」試合が多かったので、この敗戦で少し修正への舵取りが切れるのではないかと思います。大切なのは、次の試合。連敗はどうあっても許されないので、難しい相手の徳島ですが勝って甲府に帰ってきてほしいと思います。気持ちを切り替えて、さぁ次いってみよう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ