« 【J特】3点とって勝てないのは問題 | トップページ | 第24節 小瀬-1グランプリ決定!【J特】 »

ホームで勝てず・・・3試合連続引き分け【J特】

<3点と20100829_067るも3点とられ・・・>
20100829_091  昨日行われましたJ2第24節・大分トリニータ戦。終始甲府が先行し、主導権を握ったかに思えた試合でしたが、結果は「3-3」の引き分けでした。これでホームゲームは3試合勝ちなし、最近3試合連続引き分けという結果に、試合後サポーターからは今季初の「大ブーイング」が選手たちに浴びせられました。

<攻撃は20100829_088良かった>
引き分けでしたが、3点とった攻撃はどれも素晴らしかったです。マラニョンの右足アウトサイドでのクロスに合わせたマイク、大西のCKに合わせた内山、振り向きざまシュートの柏、どのゴールも違った形でのゴールで「攻
20100829_044撃のバリエーション」の多さを改めて知ることができました。なお、今節の「小瀬-1グランプリ(小瀬GP)」も、この攻撃陣からチョイスしました。怪我で交代してしまいましたが、攻守に運動量で貢献してくれた「FW・大西」。ルーキーで初ゴールだったものの、ヒーローインタビューの機会を逃した「FW・柏」。勝ち越しゴールは奪えませんでしたが、3得点すべてに絡んだ「FW・マラニョン」の3人です。右の名前の部分をクリックしていただけるだけで投票はOKですので、よろしくお願いします!

<甲斐20100829_006ゼミナールスペシャルマッチ>
20100829_058 大分戦は、練習着スポンサーさんでもある甲斐ゼミナールさんによる「甲斐ゼミナールスペシャルマッチ」と題して、ヴァンくん&フォーレちゃん特製Tシャツをマスコット・VFQ・選手達全員が着て、試合会場を盛り上げていました。

<平均120100829_052位に返り咲く>
20100829_051  大分戦の観客動員は、今節J2トップの「13058人」。平均でも「12598人」と、2位の札幌を500人ほど上回りトップです。また、ここまでの24節でホームゲームが1万人を切っていないチームは実は甲府のみ。ここ3試合も、勝利がないながら少しですが増えてきています。9月はホームゲームが1試合しかないのですが、次こそは必ず勝ってほしいと思います。

<特命20100829_03020100829_015特別ゲス20100829_056ト!>
さて、再三ご案内させていただきましたが、大分戦には「Jリーグ特命PR部:女子マネージャー 足立梨花さん」が応援に駆けつけてくれました。間近で初めて見ましたが、女優さんだけあって背が高く、17歳とは思えないほど立ち振る舞いもきっちりとしていて、「可愛らしい」というよりは『綺麗な方』という感想を持ちました。
ただ、まだまだ知らない人も多く、途中で私も「あの人誰ですか?」と、知らない人に聞かれたりしました。知らない人にとっては、服装が女子高校生そのままなのでわからないようです。もう少し「わかりやすく」したほうがいいんじゃないかなぁ・・・なんて思いました。

<課題20100829_046は守備>
20100829_071  3得点で勝てなかったことを考えると、やはり問題は守備だったのではないでしょうか。警告の累積で山本が出場停止、その代わりに柳川が起用され奇しくも開幕戦と同じ4バックとなりました。20100829_080 そして開幕戦と同じ3失点。ここ数試合もそうでしたが、DFライン前で相手にボールを持たれる時間が長すぎました。私の脳裏には、開幕前のTM磐田戦・開幕戦・福岡戦がフラッシュバック。同じような展開が目の前で繰り返されていました。「組織で守れないことは分かっていた」 とは大分FW・高松のコメントですが、ボールにプレッシャーをかけるのか、スペースを埋めるのか「意思統一」が感じられませんでした。結果、DFライン前のスペースを相手選手に与えてしまい、「シュート打ってください・ドリブルしてください」のような『ザル守備』になってしまったと思います。

そのスペースを埋めるため、DFラインを上げられればいいのですが、DFラインの意思疎通がイマイチで上げられず、さらに中盤の底にいるべき秋本が前にプレッシャーに行き戻ってこないため、保坂1人がカバーする事態に。当然1人でやりきれる訳がなく、大分の攻撃を受けてしまった結果になったと私は思います。
半年ぶりのスタメン・DF柳川は、決していいデキではなかったと思いますが、それ以上にここ数戦の失点の原因となっているのは「中盤の運動量」だと思います。大分戦は、サイドが大西とマラニョンになったので、多少は守備の改善が見られると思ったのですが、まさか秋本を中盤の前で起用するとは・・・考えつきませんでした。ご存じの通り秋本は足が遅いので、「攻撃から守備への切り替え」がどうしても遅くなってしまいます。適材適所という意味で、秋本を中盤で起用することは相反すると思います。中盤の前で起用するなら、藤田・石原といった「機動力のある選手」。秋本の中盤に拘るなら、中盤の底で相手選手を待つような役割が良さそうなのではないかと思います。
そして最後は交代選手の選択。
パウリーニョ・小池も悪いとは思いませんでしたが、どうしても1点ほしい状況で切るカードではなかったと思います。WGならクロスのいい石原が適役、中盤なら藤田の運動量がほしい時間帯でもありました。チームを鼓舞するする選手として、攻撃のアクセントとなる選手としてこの2人を使わなかったことは大変疑問です。

J2リーグ戦も、2週目が始まり大分戦で5試合。
その5試合で「1勝3分1敗」と結果こそ負け数は少ないものの、勝ち点数から逆算すると「2勝3敗」であり、これが続くとJ1昇格どころではなくなってきます。幸い、次週は天皇杯のためリーグ戦はお休みです。この時間をどう使い修正して試合に繋げていくか、非常に重要な2週間になります。レポートにもありましたが、チーム全体の力・意欲が問われてくると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 【J特】3点とって勝てないのは問題 | トップページ | 第24節 小瀬-1グランプリ決定!【J特】 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

横浜に住んでいるのでVF情報が少なく苦労しています(苦笑)。

素朴な疑問なのですが、運動量が多く、位置取りの上手な藤田選手をなぜ使わないのでしょうか? どこか具合でも悪いのですか? それとも暑い夏は疲れやすいから?

大分戦はスカパー観戦でしたが、明らかにVFの中盤はエアポケット状態になっていましたね。大分の選手にいいようにかき回されていた印象です。

あと、ダニエル選手の動きに昨年のようなキレがないのも気になります。素人目にも、DFの連携が取れていないと映りますね。

3-1でリードしていた時点で、今日のヒーローインタビューは柏選手で決まりか?って思ったんですが・・・。
若手で1番期待できる選手のゴールが決まったんで、今後のことを考えると勝ってほしかったです。

マイクとマラニョンの共存はOKでしたね。

問題はDFか~。

>うり坊さん
山梨にいても、それほどVF甲府情報は多くないので大丈夫ですw

問題なのは「守り方」なのかもしれません。
ボールにいくのかスペースをカバーするのか、チーム全体での「意思統一」がなされていないと思います。大分戦のスタメンで昨年からいる選手は、マラニョン・大西・保坂・秋本・ダニエル・津田。今季から取り組んでいる「守り方」が、まだまだ浸透しきれていないのかもしれません。

藤田に関しては、諸説いろいろと話は耳にしていますが、確かなモノではないのでここではノーコメントで。ただ、出場しないということには、それなりの理由があるのかなぁ・・・と思います。

ダニエルは、精彩を欠いているというよりは、「研究されてきている」というイメージを受けています。相方を組むCBで彼の良さは引き出されたり、その逆だったりするのかなぁ・・・と。GK・荻の復帰が待ち遠しいです。

>シャーさん
そうなんですよね~。勝ったと思ったのですが・・・、このようなチーム状態では勝利の女神も微笑んでくれないということでしょうか。

柏くんは楽しみな存在ですね。
久しぶりに出てきた山梨出身の期待選手。まずは怪我のないよう、そしてチャンスを与えられたら必ず生かすことができるよう、準備をしっかりと行っていてほしいと思います。

マラニョンもさすがのプレーでした。
パウリーニョと違うところは「体を張れる」ところ。柏のゴールも、彼の競り合いから生まれたゴールでした。今後、さらに周りと合ってくれば、もっとゴールが量産できると期待したいと思います!

そっかー、「研究されてきている」んですね。勉強になりました。

大分戦での引き分けには正直凹みましたが、今週のサカマガのVF特集を見て、また元気が出てきました。

この明るさがあれば大丈夫! まずは鳥栖戦の快勝を祈ります!!

>うり坊さん
まぁ、私の邪推なので適当かどうかはわかりませんが、私はそう思っています。

私はまだ、VFK特集を読んでいないので・・・。
週末に探してみようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】3点とって勝てないのは問題 | トップページ | 第24節 小瀬-1グランプリ決定!【J特】 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ