« 【J特】天皇杯じっくり観察・・・私なりの考察 | トップページ | 【J特】4試合ぶりの勝利は逆転勝利! »

【J特】良薬は勝ち点「3」

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第25節・サガン鳥栖戦です。

リーグ戦は3試合連続引き分け、先週の天皇杯もJFLの松本山雅相手に「1-0」の辛勝ということで、J1への昇格ロードはちょっと足踏み状態。偶然か何なのか、第2クールに入った頃から夏バテで苦しみ、今は風邪気味の私と同じようにイマイチ調子があがりません。この苦しい状況を脱出するために。やはりほしい薬(結果)は勝利。明日の鳥栖戦を「変化点」として上昇気流に乗せられるよう、難しい相手ですが勝利してもらいたいと思います。

とはいえ、怪我人が続出しており毎試合スタメンが代わる甲府。
GK荻・FW金信泳はそろそろ復帰できそうな情勢のようですが、片桐・大西・マラニョンと「活躍してもらわないと困る選手」を欠く見込み。スタメンはおそらくヤフーの予想通りだと思いますが、実質中盤は4人(藤田・養父・保坂・秋本)なので、ここ数試合で見かけられた「中盤に誰もいない」なんて状態にはならないであろうと期待します。
それと同時に課題である守備。「プレッシャーに行く位置」を、選手間でどこまで共通のイメージを持って行えるかどうか。そのためにまず行わなくてはいけないことは、「ディフェンスラインの統率」。ボランチとの間を適度なスペースで埋められるかどうか、各選手が守備への切り替えを素早く行い、ディフェンスラインを孤立させずに守備を行えなければ、飛び出してくるであろう山瀬や早坂を捕まえ切ることができません。切り替えやスペースを埋める役としては保坂に期待する部分が多いですが、1人でカバーをやりきることは不可能です。全選手が共通の意識を持ち、「同じ絵(サッカー)をデザインする」気持ちで失点の続いている現状を改善してほしいと思います。

<Point of Match~SBの攻撃参加が勝敗を握る>
                 ・
・・・第25節 サガン鳥栖戦
両チーム共にFW・MF・DFに「核」となる選手がおり、中盤や最終ラインで激しい「つぶしあい」が予想されます。となると、クローズアップされてくるのが両チームのサイドバック。1トップにはハーフナーマイク・豊田と『長身FW』がポイントゲッターとしているだけに、両サイドからのクロスボールが大きな得点チャンスになってきます。

鳥栖のSB(丹羽・田中)のことはよくわかりませんが、それほど攻撃的ではない印象です。甲府の両サイドバックは不動の2人・吉田と内山だと思います。その2人の前に起用されるであろうパウリーニョと養父は「サイド」の選手ではないので、吉田・内山がその2人を追い越してクロスボールを上げる場面が作れるかどうかが攻撃面でポイント。逆に守備面では、マラニョンは大西ほど守備をする選手でもないので、丹羽・田中が攻撃参加してきた時に誰がチェックに行くのかはっきりさせることがポイントになってくると思います。明日の試合、両チームの「サイドバック」の選手の動きに注目していきたいと思います。

11日の試合で柏が富山相手に90分で勝ち越し勝利。
12日には甲府の試合と同時刻、ベストアメニティスタジアムから電車で1時間足らずのレベルファイブスタジアムで、3位千葉と4位福岡が対戦します。甲府としては、柏と離されないことはもちろんのこと、J1昇格を争う相手の千葉・福岡・鳥栖を離すには絶好のチャンスです。もう1段階ギアを入れ直し、「J1昇格ロード」を突っ走っていきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 【J特】天皇杯じっくり観察・・・私なりの考察 | トップページ | 【J特】4試合ぶりの勝利は逆転勝利! »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】天皇杯じっくり観察・・・私なりの考察 | トップページ | 【J特】4試合ぶりの勝利は逆転勝利! »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ