« 師走は、いろいろとあわただしい | トップページ | ラスト飾れず… »

2010ラストゲーム【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第38節・FC岐阜戦です。

J1昇格の大目標を達成した今季の最終戦。来季非契約選手の発表もされ、その選手達は甲府での最後になる試合になります。やはり、ここは「勝利」で最終戦・ホームゲームを締めくくり、それらの選手を送り出してほしいと強く思います。中でも、長年に渡り甲府で活躍してくれたMF藤田・MF大西・DF池端は、甲府のユニフォームを着た姿を見れるのもこの試合が最後。藤田はスタメンで、大西と池端は途中からの出場で出番があろうかと思いますが、彼らのプレーをしっかりと脳裏に焼き付けておきたいと思います。
また、「小瀬陸上競技場」での試合は次は4年後になります。来年3月からは『山梨中銀スタジアム(通称・中銀スタ)』での試合になります。J1昇格の新しい舞台で、新たな歴史を作っていく『山梨中銀スタジアム』。どんなドラマが生まれ、感動を感じることができるのか、来年の3月を楽しみに待ちたいと思います。

<Point of Match〜最後まで勝利を追及。今年最後の90分>
                 
・・・第38節 FC岐阜戦
今年もここまで35試合行われてきましたが、どの試合が印象に残っているでしょうか?
10節の横浜戦・32節の千葉戦がインパクトの強い試合でしたが、私が思う「今季のターニングポイント」として感じている試合は、7節・富山戦と23節・柏戦です。シーズン序盤の7節の富山戦は、ホームゲーム初勝利となった貴重な勝利だったと思います。この試合までは攻守が噛み合わず、スタートダッシュに失敗していましたが、攻めては5得点・守っては無失点と富山を寄せ付けなかった試合でした。柏戦では、アウェーに乗り込み後半40分すぎまでは2点をリードを許す苦しい展開でしたが、ルーキー・柏の活躍もあり残り5分で同点に追い付きました。その後の柏の活躍はご存知の通り、試合終盤の得点が多い今季の甲府を象徴した試合だったと思います。
岐阜戦も、攻守の噛み合った試合を期待したいところですが・・・J2得点王(濃厚)のマイクは出場停止処分中。さらに、DFラインで絶対的な存在のダニエルが怪我で出場を見送られる公算が高く、ベストメンバーは揃いません。ですが、DFラインには山本が戻ってくるのでラインの統率には心配がありません。中盤には保坂も戻ってくるので、運動量にも心配はないと思います。3トップの真ん中には前節と同じ松橋か、その前節で劇的な同点ゴールを決めた小池が起用されると思います。前節で「4-2」と圧勝した岐阜相手に、どんな試合ができるのか、来季も視野に入れた試合になってくると思います。

明日の試合では、「J1昇格記念グッズ」がたくさん発売されます。
タオルマフラー・フェイスタオル・ストラップ・ペナント・Tシャツ・フォトフレーム・DVD・貯金箱などなど、本当に多数のグッズが用意されています。私も、2010年を記念として覚えておくべく何か買おうと思っています(さすがに全部は買えません・・・汗)。

今年のメンバーで戦う試合は岐阜戦が最後。
来週からは、人事面で大きな動きがありそうな気配(?)があるとかないとか・・・。ですが、そんなことは来週考えればいいので、まずは岐阜戦に全力で向かい合い、勝利を目指してチームと共に戦っていきたいと思います。今季の甲府のサッカーを目に焼き付け、勝ってJ1昇格をみんなで喜びましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 師走は、いろいろとあわただしい | トップページ | ラスト飾れず… »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

J1昇格の喜び、選手、監督達への感謝、甲府を去り行く人達にありがとう、1年間の集大成…色々な想いがありますが最後は勝利で締め括りたいですね。
明日も全力で後押しして勝利しましょう。
明日で来年3月までは小瀬での試合はお預けですね…また甲府病がオフに出ます絶対w。
あと俺もグッズは全部買うのは無理ですねw。

明日のオイラのやるべきことはただ1つ。
藤田選手、大西選手、池チャンの3人を勇姿を目にやきつけることだけ。

それだけです・・・・・・

残念ですが、岐阜戦、勝ったとしても、笑顔にはなれないかも。

  ・・・・・・・・・・・・今だに悔しいです。


只今小瀬に向かっている最中です。実はホーム最終戦参戦は初めてなんです。何なんでしょう、この感情は…胸が一杯で時折こみ上げます。とてもこれからスポーツイベントに参加するというテンションとはほど遠いもの。でも今日はみんなをこの目に焼き付け、絶対に後押しするんだという事に疑いはありません。ただ、今日の試合終了のホイッスルは「無し」にして欲しいです(^_^;)。

>マサキチさん
残念ながら、勝利で締めくくることができませんでした。
ですが、ピッチで戦う選手達の一生懸命な姿を見ることができて、改めてJ1昇格できてよかったなぁ・・・と思いました。ちなみに、結局グッズは買いませんでしたw

3か月のオフ期間。
試合がないことはさびしいですが、J1の舞台をどんなメンバーで戦うのか、非常に注目されます。特に、年内の人事には注目していきたいと思います。

>シャーさん
藤田・大西・池端、みんな「笑顔」で小瀬のピッチを後にしていきました。
本当に、彼ららしい「すがすがしい」姿だったと思います。

正直なところ、藤田の挨拶には涙が出ました。
しかし私たちにできることは、その藤田の背中を笑顔で見送ることだけ。「ありがとう」そして『これからもがんばれ!』と、心と言葉で伝えていければ・・・と思います。この3選手は、例え他のチームに行っても陰ながら応援していきたいと思います。

>ごみごみさん
ホーム参戦、お疲れ様でした。

結局、第2クールのホームゲームで勝った試合はわずかに「1」。
せっかく大勢のサポーターが応援しているのに・・・・残念でなりません。私はアウェーに何度も行っているのでいいですが、ホームでしか観れないサポーターには勝ちがあまり観れない後半戦になってしまいました。やっぱりホームで勝たないと・・・来季は厳しいシーズンになってしまいます。

そのお気持ち、とてもよくわかります。
私も、「試合が楽しみ」という気持ちよりは、『試合が始まってほしくない(終わってほしくない)』という気持ちの方が強かったように思えます。ポスト直撃のシュートが入っていれば、よかったのですが・・・。
ですが、ヴァンフォーレは続いていきます。
どんな形になるかわかりませんが、甲府は甲府です。3年越しのJ1の舞台になる来季。チームもそうですが、サポーターも「J1を楽しむ」という気持ちを忘れずに、来季の開幕を待ちたいところです。気持ちを整理する時間は必要ですが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 師走は、いろいろとあわただしい | トップページ | ラスト飾れず… »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ