« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年・本日でおしまい

2010年も本日が最終日。
寒い大みそかとなっていますが、みなさまいかがおすごしでしょうか?

年末ジャンボ宝くじが当たった方はいますでしょうか?
ぜひ、ご一報いただければと思いますw

私は29日から年末年始休みに入り、大そうじ・新年への準備などを済ませ、あとは新年を迎えるばかりとなっています。今年の残り数時間を自宅で、テレビでも観ながらのんびり迎えようかなぁ・・・と思っています。何を観るか、チャンネルをくるくるまわしながら考えていますが、やっぱり紅白歌合戦にしょうとかと思っています。つい先日、(遅まきながら)AKB48の良さに気付き、歌・ダンスなどがんばっているなぁ・・・とメンバーの顔を名前を覚えるため最近は奮闘中なので、AKB48を中心に観ていこうかと考えていますw

さて、今年は山梨県にとって(特にスポーツの面で)催しの多い1年でした。
正月は、恒例の箱根駅伝で山梨学院大学が3位と上位入賞。全国高校サッカー選手権大会では、山梨学院大学付属高校が初出場で初優勝の快挙。『B-1グランプリ』では、これまた初出場の「甲府鳥もつ煮」がゴールドグランプリに輝き、大ブームになっています。年末にかけては、サッカーJ2・ヴァンフォーレ甲府がリーグ戦2位で3年ぶりのJ1昇格を決めました。

ヴァンフォーレに関しては、私自身いろいろと思うところがあり、一通り記事にさせていただきました。賛否両論、多くのコメントをいただきありがとうございました。昨日(30日)のサンニチの記事で、おおよその「形」ができたとありました。来季J1チームを見渡しても、ここまで編成・補強が進んでいるチームはないと思います。
昨季の主力メンバーは、そのほとんどが引き続き来季も甲府でプレーすることが決定。課題とされる守備には、DFの小林・富田(神戸)・市川(清水)、MFの犬塚(磐田)・伊東(清水)・フジネイ(アルバイFC)と積極的に獲得。藤田がいなくなった攻撃的な中盤の選手として、福岡から今季J2得点ランキング5位の永里を獲得。J2トップの攻撃陣も、さらなる上積みを目指し、FW坂田(横浜M)の獲得を目指しているとのこと。FW陣には、ハーフナーマイク・パウリーニョの他にも、今季活躍できなかった金信泳・松橋の残留が決まり、リーグ戦初ゴールを決め来季飛躍を誓う小池もおり、坂田まで加入すると今季以上の激しいポジション争いが予想されます。

箱根駅伝に関しては、明日(元旦)にレースの展望などを記事にします。
高校サッカー選手権も、2日に国見との試合が行われるので明日記事を書きたいのですが、元気があるかどうか微妙なのですが・・・がんばりたいと思いますw

それでは・・・今年も1年ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください~

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

グランプリ!有馬記念がクルぅ~

先週お休みをいただきました競馬コーナー。
今週は本日クリスマス・イブの更新となります。
今回は、今年最後のG1レース『有馬記念』のスペシャル(?)エントリーです♪

 >>今週の注目レース
            ~有馬記念(G1 中山:芝2500m)
2010年、競馬シーンのラストを飾る有馬記念があさって26日スタートします。

今年は豪華G1ホースが7頭集結、3歳馬から7歳馬まで、牡馬・牝馬入り乱れての大激戦が予想されます。これだけ「個性」のある馬が集まると、馬券を買う側としては非常に頭を悩ませる一戦になりました。

 ◎ブエナビスタ
 
○ヴィクトワールピサ
 
▲ドリームジャーニー
 △エイシンフラッシュ
 ×ルーラーシップ

大挙7頭が出走してきた3歳馬の中で、大将格とも言えるローズキングダムの出走取り消しは非常に残念ですが、今回の有馬記念ではその「3歳馬の取捨」が馬券購入の大きなポイントになりそうです。
中心は、やはりブエナビスタ。前走のジャパンカップでは降着となってしまいましたが、その「強さ」には疑う余地がありません。昨年も2着と好走しており、好枠から積極的な競馬で勝ちに行ってもらいたいと思います。勝てば『年度代表馬』間違いなしなので、前走の無念を晴らすべく、勝ってもらいたいと思います。
相手には、ジャパンカップで3着に好走したヴィクトワールピサ。ヨーロッパでのレースから帰ってきたジャパンカップは、あまりにも人気がなさすぎました。あれぐらいは走って当然だと思います。今度の舞台は、春に皐月賞を制した中山競馬場。東京よりは、さらに向く馬場だと思うので、さらに上昇が期待できます。
そして、1発がありそうなのが昨年の覇者・ドリームジャーニー。右回りで急坂があるコースでは滅法強さを発揮するのですが、今季はやや精彩を欠いており、大負けしないものの勝ち切れてもいません。前走のオールカーマーから間が空きましたが、逆に力を溜められたと判断します。
続いては3歳馬から、ダービー馬・エイシンフラッシュ。未だに、この馬の「掴みどころ」がわからない私ですが、ジャパンカップの走りや血統から判断すると中山の方が向いているのかなぁ・・・と思います。人気が落ちると思われる当レースで、もう1度見直してみようと思います。
最後に、またまた3歳馬・ルーラーシップ。ダービー5着のあと、半年の休養を経て前走の鳴尾記念に出走。同期の実力馬・ヒルノダムールやリルダヴァルを抑え快勝して、有馬記念に駒を進めてきました。『勢い』という面では、出走馬中1番だと思います。

~~~thunder「ディランダルがいたころは裕福だった」のコーナーthunder~~~~
久々に筆をとらせていだただきます。
当社の「クラブケイバ」も先々週の18日に行われ、この2年間馬券にならずとも追いかけ続けた、デュランダルの弟・トーセンイマジゲンが2着に激走し、万馬券を手にすることができ楽しい時を過ごせて良かったです。
今週は、2010年最後のグランプリ・有馬記念です。サンデーレーシングの対決となりそうです。人気は、ジャパンカップ1着(ブエナビスタ)2着(ローズキングダム)や、人気先行のペルーサだと思います。
しかし、狙うのは当然ドリームジャーニー。2010年は、体調不良・怪我などに泣かされて昨年のようの活躍は出来ませんでした。しかし、昨年の有馬記念の輝きを同じ舞台で取り戻すはずです。前々のレースをしたブエナビスタを、外から力でねじ伏せたレースは、競馬ファンそして私に強い感動を与えてくれました。池添JKを背に、3コーナーから得意の『大外まくり』で快勝してくれると確信しています。

馬券は単勝で勝負します!

年内の仕事もあと3日。
思い切り競馬を楽しみたいと思います。そして、勝って家族でスタミナ太郎へ!
頼むぞ池添!ジャーニー!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<いぶし銀sign01的場がOKgoodshine
impact先週の結果impact

※的場厩舎 中山・小倉で2レースに出走
※的場厩舎 中山で8鞍に騎乗
  ⇒アグネスアンカーで1勝!
 

horse今週の予定 sun

〇的場厩舎 小倉で1レースに出走予定
 ⇒12/25 小倉11R ランブルジャンヌ
   使い詰めだが、時計は足りている
○的場騎手 中山・阪神で9鞍に騎乗予定
 ⇒12/26 阪神12R ムラマサノヨートー(2010ファイナルS)
   オープン特別なら届く。ラスト飾れるか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

どうなる?ヴァンフォーレ【J特】

J1昇格という大目標を達成した2010年シリーズが終了して10日。
3年ぶりとなるJ1のステージに挑戦するため、徐々に準備が行われてきています。

 三浦俊也氏 監督就任のお知らせ  

  http://www.ventforet.co.jp/information/press/2010129.html

 フジネイ選手 加入内定のお知らせ

  http://www.ventforet.co.jp/information/press/20101211.html

 契約更新選手のお知らせ(DF ダニエル)

  http://www.ventforet.co.jp/information/press/20101210.html

ということで、13日・14日と続けてプレスリリースが発表されました。
三浦俊也監督の元で、J1のステージを戦う2011年となりました。J1チームでの経験は、今までの甲府の監督では1番だと思う三浦監督。前任・内田監督の退任(事実上の解任)となった後を受け、守備の構築をベースに今季J1昇格をしたチームの形を踏襲することなく、1からのチーム作りに挑戦します。就任以降、前回の昇格時のメンバーを少しずつ入れ替え、その独特な「甲府スタイル」を変化させてきた佐久間GM。甲府サッカーの象徴たる存在だったMF藤田を切り、選手の入れ替えはほぼ完了。気心の知れた大学の同級生・三浦俊也氏を監督に呼び、二人三脚で『やりたいサッカー』に取り組むことと思います。
今後、そのやりたいサッカーが「絵にかいた餅」にならないよう、選手の新規獲得や契約の更新が焦点となってきます。外国人については、フジネイ・ダニエルと名前が出てきましたが、日本人選手の名前が少ないような気がいたします。京都のFW・柳沢については、(確定ではないものの)順調に交渉が進んでいるようですが、一部報道にあった清水のDF・青山と市川、大分のMF・菊池については獲得はならなかった模様です。現在は、大分のDF・藤田にオファーを出しているようですが、まだ何とも言えないようですね。
また、今在籍している選手の中ではDF・秋本。先週からポルトガルのチームの練習に参加しているようで、条件次第では移籍の可能性もあるようです。MF・養父は、レンタル元の川崎で谷口が移籍するとの話から、戻ってしまう可能性も低くないのかな・・・と。FW・マイクも、何だか微妙なような話を耳にしました。

来季、1からチームを作りJ1に挑戦するヴァンフォーレ。
キャンプから1日1日を有効に使い、チーム作りを行っていかなくてはなりません。今季のように出遅れてしまっては、なかなか取り戻すことは難しいと思います。そのためにも、シーズンが始まるまでの『準備』が非常に大切になってくると思います。
キャンプインに間に合わせるためには、年内に体制を固めることが大前提。とりわけ、ここ1週間くらいが「勝負」だと思います。佐久間GMを中心に、だいぶ前から動き出していると思いますが、1日でも早く「来季の体制」を固めることが、J1定着(残留)へ近づく条件だと思います。これから1週間の動き、見守っていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

今年もあと20日あまり・・・

毎週1回の競馬エントリー。
しかし、本業(?)であるヴァンフォーレがイマイチなシーズンオフの動きとなっており、何となく気分が乗りません。藤田が去り、内田監督が去り、いったいどうなってしまうのか・・・。少しずつ心配が増えてきました。

ということで、気分転換に競馬エントリー。
明日も仕事なので、先週に引き続き手短にしたいと思いますw

 >>今週の注目レース
            ~阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ 阪神:芝1600)
今週は、今年デビューの2歳牝馬によるGⅠレース・阪神ジュベナイルフィリーズ。

昨年の優勝馬は、今年3冠を制したアパパネ。一昨年はブエナビスタ。その前はトールポピーで、さらに前はウオッカとその後GⅠレースを制した馬の名前が続いています。傾向としては、今後も大きな活躍ができそうな馬を予想していけばいいのかなぁ・・・と。まぁ、それが難しいのですがw

 ◎レーヴディソール
 ○アヴェンチュラ
 ▲リトルダーリン
 △タガノラヴキセキ
 ×ツルマルワンピース

こんな感じで、いきたいと思います。

【J特】終了のホイッスルはスタートのホイッスル

<最終Img_0051戦、勝利で飾れず>
Img_0072  昨日行われました2010年最後のリーグ戦・FC岐阜戦。J1昇格を決めた記念のシーズンを勝利で締めたかったのですが・・・、シュートがポストに嫌われる場面もあり「0-0」のスコアレスドローでした。しかし、クラブ史上最高順位の『2位』をしっかりと維持して、来季勇躍J1に再挑戦することができることになりました。

<攻めImg_0049あぐねた90分>
Img_0046 試合展開としては、ボールを持つ時間は増えるも相手ゴール前で迫力を欠いてしまい、カウンターを繰り返し受ける・・・ようなイマイチな展開。岐阜FW陣の精度の低さもあり、それほど危ないシーンは少なかったものの、甲府の攻撃陣もポスト直撃の2本のシュート以外は、大きな見せ場はあまりありませんでした。前節もそうですが、やはりマイクの欠場が大きく影響したと思います。

<小瀬Img_0018-1グランプリImg_0109
  そんな微妙な試合でも、やはり選びたいのが「小瀬-1グランプリ」。
個人的には、慣れないポジションでありながら前線からのチェイスでチャンスに繋げた松橋にしたいところなのですが、やはりここは2試合続いていた複数失点を見事に止めDFラインを統率した山本にしたいと思います。

<今季終Img_0065了の挨拶>
Img_0069 試合終了後には、海野社長さん・内田監督からご挨拶がありました。2回目のJ1昇格となった今回。「J1定着」を目標とする甲府は、来季どんなチーム編成を組み、どんな戦術で戦っていくのか、大きな岐路に立つことになると思います。選手・監督人事を含めて、これからは「フロントの手腕」が問われると思います。

<風船20101205_009_2と花火と>
Img_0070_2 挨拶が終わると、「J1昇格おめでとう花火」が打ち上げられました。同時に、ゴール裏席に配られたジェット風船が一斉に空高く舞い上がりました。風船の鮮やかな色が、澄み切った青空にきれいなコントラストを演出していました。栃木戦の時もそうだったのですが、風船による応援演出は、とてもきれいでいいと思います♪

Img_0130選手達Img_0135の挨拶に、プレーが蘇るImg_0144Img_0147
Img_0156  そして、選手達みんなが場内を一周。ゴール裏にたどりつくと、(発表されている)来季非契約選手が次々と挨拶をしてくれました。大西は、一昨年の中頃から活躍が目立つようになり、昨年は欠かすことのできない主役でした。来季、右サイドでの活躍を楽しみにしていたのですが・・・残念です。池端は、今年で在籍9年。私が初めてレプユニに名前を入れたのが池端でした。昨年はCFにも抜擢され、意外性が魅力的な選手でした。東間は、昨年の天皇杯でプロ初ゴール。試合が延長戦までいったこともあり、途中からCFをやっていたことは覚えています。唐沢は、甲府初のユースからの昇格選手。厚い選手層で出場機会がなく、左SBに挑戦も苦労したと聞き及んでします。大学へ進学だそうなので、また戻ってきてほしいと思います。加藤は、開幕前の磐田との練習試合で観ました。的確なコーチングと通る声が印象的でした。

<藤田Img_0023が去る時・・・Img_0159
そして、10番・藤田健。今年で甲府在籍10年を数え、引退する時まで甲府でプレーすると思っていたのですが、別れの時は突然やってきました。
先日発表された戦力外通告について通告取消の署名活動が行われ、クラブにも抗議の電話が殺到したとの話もあるようです。「万が一」の可能性かもしれませんが、『藤田がサポーターにどれだけ愛されているか』ということがフロントに届いて覆れば・・・と思うのですが。再び挑戦するJ1の舞台で、藤田と共に戦いたかったと思います。

<3月Img_0038まで、しばしのImg_0001別れ>
同じ別れでも、こちらは「期限付き」の別れ。リーグ戦は終了し、来季の開幕戦(3月)までヴァンくん・フォーレちゃん・ヴァンフォーレクイーンのみなさんとは少しのお別れになります。
ヴァンくんは、今季1年で色んな意味で「成長」したと思います。来季は、さらにパワーアップした姿に期待します。ヴァンフォーレクイーンには、今年スポンサーがつかなかったとのこと。来季はスポンサーがついて、もう少し可愛らしい装いに期待します♪

<来季20101205_004へのスタートは切られている>
Img_0171 昨年ヤマザキナビスコカップを制したFC東京が、来季はJ2に降格するという波乱があった今年のJ1。その舞台で甲府はどんな戦いができるのか、すでにそのスタートは切られていると思います。昨季、最終節までもつれたにも関わらず、効果的な補強を行い今年の昇格に繋げた佐久間GMのマネジメントに、今季はさらに期待したいところです。本日、テレビ出演時に言及していた「勝ち点39」をとるためのクラブマネジメント。どんなビジョンを持って、このオフシーズンをいわば『戦って』いくのか。来季のみならず、「ヴァンフォーレ甲府」としての未来がかかっていると言っても過言ではないと思います。明日からのフロントの「動き」に注目して期待していきたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

ラスト飾れず…

本日行わました今季最終戦のFC岐阜との試合。
終始押し込む展開も、シュートがポストに弾かれたり、相手DFの体を張った守備に阻まれ、得点を挙げることができず、スコアレスドローという結果に終わりました。
しかし、この引き分けで勝ち点1を上積みし、福岡の追い上げを退け、過去最高順位の『2位』でシーズンを終えることができました。
リーグ最終戦、また長年在籍し活躍してくれた藤田・池端・大西のラストゲームを勝利できなかったのは残念でなりませんが、来季に繰越したということで、我慢することにします。

チームのみなさん、そしてサポーターのみなさん、1年間大変お疲れさまでした!

2010ラストゲーム【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第38節・FC岐阜戦です。

J1昇格の大目標を達成した今季の最終戦。来季非契約選手の発表もされ、その選手達は甲府での最後になる試合になります。やはり、ここは「勝利」で最終戦・ホームゲームを締めくくり、それらの選手を送り出してほしいと強く思います。中でも、長年に渡り甲府で活躍してくれたMF藤田・MF大西・DF池端は、甲府のユニフォームを着た姿を見れるのもこの試合が最後。藤田はスタメンで、大西と池端は途中からの出場で出番があろうかと思いますが、彼らのプレーをしっかりと脳裏に焼き付けておきたいと思います。
また、「小瀬陸上競技場」での試合は次は4年後になります。来年3月からは『山梨中銀スタジアム(通称・中銀スタ)』での試合になります。J1昇格の新しい舞台で、新たな歴史を作っていく『山梨中銀スタジアム』。どんなドラマが生まれ、感動を感じることができるのか、来年の3月を楽しみに待ちたいと思います。

<Point of Match〜最後まで勝利を追及。今年最後の90分>
                 
・・・第38節 FC岐阜戦
今年もここまで35試合行われてきましたが、どの試合が印象に残っているでしょうか?
10節の横浜戦・32節の千葉戦がインパクトの強い試合でしたが、私が思う「今季のターニングポイント」として感じている試合は、7節・富山戦と23節・柏戦です。シーズン序盤の7節の富山戦は、ホームゲーム初勝利となった貴重な勝利だったと思います。この試合までは攻守が噛み合わず、スタートダッシュに失敗していましたが、攻めては5得点・守っては無失点と富山を寄せ付けなかった試合でした。柏戦では、アウェーに乗り込み後半40分すぎまでは2点をリードを許す苦しい展開でしたが、ルーキー・柏の活躍もあり残り5分で同点に追い付きました。その後の柏の活躍はご存知の通り、試合終盤の得点が多い今季の甲府を象徴した試合だったと思います。
岐阜戦も、攻守の噛み合った試合を期待したいところですが・・・J2得点王(濃厚)のマイクは出場停止処分中。さらに、DFラインで絶対的な存在のダニエルが怪我で出場を見送られる公算が高く、ベストメンバーは揃いません。ですが、DFラインには山本が戻ってくるのでラインの統率には心配がありません。中盤には保坂も戻ってくるので、運動量にも心配はないと思います。3トップの真ん中には前節と同じ松橋か、その前節で劇的な同点ゴールを決めた小池が起用されると思います。前節で「4-2」と圧勝した岐阜相手に、どんな試合ができるのか、来季も視野に入れた試合になってくると思います。

明日の試合では、「J1昇格記念グッズ」がたくさん発売されます。
タオルマフラー・フェイスタオル・ストラップ・ペナント・Tシャツ・フォトフレーム・DVD・貯金箱などなど、本当に多数のグッズが用意されています。私も、2010年を記念として覚えておくべく何か買おうと思っています(さすがに全部は買えません・・・汗)。

今年のメンバーで戦う試合は岐阜戦が最後。
来週からは、人事面で大きな動きがありそうな気配(?)があるとかないとか・・・。ですが、そんなことは来週考えればいいので、まずは岐阜戦に全力で向かい合い、勝利を目指してチームと共に戦っていきたいと思います。今季の甲府のサッカーを目に焼き付け、勝ってJ1昇格をみんなで喜びましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

師走は、いろいろとあわただしい

毎週1回、恒例の競馬コーナー。

しかし、先日ひと足早い忘年会をやったことと、水戸行きの疲れが抜けずヘトヘトの木曜日。もう眠いので、今回の競馬エントリーはダイジェスト版ですw

 >先週レースの振り返り
             ジャパンカップ(GⅠ 東京:芝2400m)

優勝は、2着からの繰り上がりでローズキングダム。やはり広々とした東京競馬場では、能力を100%発揮できますね。次は、GⅠを勝っているとはいえ、春に連敗した中山競馬場での有馬記念。トリッキーなコースと、直線の急坂を克服できればいい勝負になりそうです。
幻のGⅠ連勝となってしまったブエナビスタ。しかし、直線に入ってからの加速は1枚違ったと思います。有馬記念では、天皇賞やジャパンカップではなく、昨年の有馬記念や今年の宝塚記念のような積極的なレースができれば最有力候補です。
最後に余談ですが、4頭ピックアップした中で3頭が1~3着を占めました!気分いいですね♪

 >>今週の注目レース
            ~ジャパンカップ・ダート(GⅠ 阪神:ダート1800m)

今週も国際GⅠレースの「ジャパンカップ・ダート(GⅠ)」。
しかし先週とは打って変わって、外国馬の参戦はなく日本の馬だけで争われます。

 ◎キングスエンブレム
 ○クリールパッション
 ▲バーディバーディ
 △シルクメビウス
 ×ダイシンオレンジ

トランセンドやヴァーミリアンといった「先行馬」が人気を集めそうなので、後ろから行きそうな馬やスタミナがありそうな馬をチョイスしました。トランセンドは、走るのが1回早かったような気がします。今回はマークがきつくなりそうなので、軽視してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ