« 無念・・・ベスト8にとどまる | トップページ | 年末の悔しさをいま晴らす »

【J特】準備はOK?

2011年が始まって本日で11日。寒い日が続いていますが、いかがおすごしでしょうか?
寒い気候に弱いワタクシは、毎日毎日「猫」のように丸まって、暖かいところを探しながら日々何とか乗り越えております。ちなみに、年末年始にかけて「AKB48」のみなさんを覚えるべく一生懸命勉強(?)に励み、今では15人近くわかるようになってきましたw

まぁ、そんなことはどうでもよく・・・・今年のヴァンフォーレ甲府。
2011年のスタートが14日に迫ってきており、続々とその「戦闘態勢」が整いつつあります。契約の枠の関係で、恐らくはこのあたりで選手補強はおしまいではないかと思うので、昨年からの『去就』を1度整理したいと思います。

まずは「去(いなくなった)」選手から・・・(今のところ10人)

 戦力外通告選手  加藤・東間・池端・唐沢・藤田・大西
 J2京都へ移籍   秋本
 外国人枠が一杯  マラニョン
 移籍期間満了    柳川(レンタル非継続)
 鳥栖へレンタル移籍   國吉

昨年のうちに戦力外通告をされた6選手に加え、京都への移籍が決まった秋本・レンタル移籍が非継続となった柳川・来季鳥栖へのレンタル移籍となった國吉が、来季チームから離れることが決定しています。また、フジネイ・ダニエル・パウリーニョと3人の外国人選手と契約したため、マラニョンとの契約が非常に難しい状態になっています。とても能力の高い選手なので、移籍先がどこになるのか注目したいところです。また、これからも(特に若手選手は)レンタル移籍選手が出てくると思うので、そのあたりも気をつけたいと思います。

続いて「就(新しく来る)」選手について・・・(今のところ13人)

 駒澤大学より新加入      岡大生
 新外国人ボランチ        フジネイ
 レンタル移籍の延長      養父雄二
 レンタル移籍から完全移籍  荻晃太・松橋優
 清水から完全移籍       伊東輝悦・市川大祐
 神戸から完全移籍       小林久晃・冨田大介
 磐田から完全移籍       犬塚友輔
 大宮から完全移籍       内田智也
 福岡から完全移籍       永里源気
 湘南からレンタル移籍     阿部吉朗

年末のスポーツ報知山梨版には、補強戦線でやや苦戦しているような記事が載っていましたが、私の印象では「けっこうたくさん来たなぁ~」と思っています。特に、福岡のMF・永里と湘南のFW・阿部の加入を聞いた時は、思わず『おっ!』と言ってしまいましたw
また、課題としている「守備」の面では、CBタイプ・ボランチタイプを積極的に補強。ボランチの軸として活躍が期待されるブラジル人・フジネイを筆頭に、元日本代表コンビ・伊東と市川を清水から獲得。ただ、狙っていた(であろう)札幌のDF石川・大分のDF藤田・千葉のMF中後は獲得できず、少しだけ誤算があった補強だったかなぁ・・・とも思います。しかし、小林・冨田・犬塚ら「守備力の高い選手」を獲得しており、使い方次第では十分活躍してくれると思います。
攻撃面では、内田・阿部・永里と各ポイントに効果的な補強ができたと思います。前線への球出しという面では内田、2列目からの攻撃参加ということでは永里、最前線で運動量がほしい時には阿部と、それぞれ「武器」を持った選手が入ってきました。彼らに、片桐・養父・柏らがどう絡むことができるのか、キャンプでしっかりとコンビネーションを練ってもらいたいと思います。

そして、最後に今季新任となる三浦監督。
毎年監督が代わる甲府ですが、(良くも悪くも)これだけのキャリアを持った人物を監督に迎えることは、恐らく初めてではなかいと思います。
昨年は神戸、その前は大宮や札幌を指揮していた経歴を持っていますが、その時の評判があまりよろしくないのが心配の種です。ここ数年フィールドプレーヤーではなく、監督・主将・GKといった人材で悩んできた甲府。他チームサポーターからも「補強は進んでいるが監督は・・・」と言われてしまうと、何とも言えない気持ちになってしまいます。
ここは1つ、今までの甲府スタイルを捨て「結果でクラブの未来を切り開く」という現実路線に転換したことを実証すべく、J1定着(残留)という『結果』で今までとは違うというところを見せてほしいと大いに期待したいと思います。

2011年・J1のステージで迎えるスタートまであと3日。
楽しみにして待ちましょうか!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 無念・・・ベスト8にとどまる | トップページ | 年末の悔しさをいま晴らす »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

ほんと、寒いですね。

何はともあれ、大西、池チャンが富山に移籍が決まってホットしました。
また藤田、秋本の2人も京都ですか。
甲府で頑張ってきた選手たちがだんだんいなくなり、寂しいです。
1つの時代の終わりなんでしょうか?

さて、補強の件ですが、オイラが「おおー」って思ったのが伊東、市川、永里の3人です。
個人的に期待したいです。
若手がいないのが気になります。

新しく加入して来る選手達。
あたたかく向かい入れたいですね。

>シャーさん
いやぁ・・・寒いですねぇ~
寒い時は寒くないと、困る人もいるので寒くならないといけないのですが、やっぱり寒さは苦手なワタクシですw

大西・池端はまだまだできる選手なので、決まっても不思議ありませんでした。特に、大西は攻守に貢献度が大きく、サイドもトップ下もできる選手なので、富山に行っても貴重な戦力となることと思います。池端は、まさに「ポジション・池端」なので、どこでも活躍できると思いますw

秋本は京都が決定ですが、藤田も決まったのでしょうか?
オファーは出ているようですが・・・決まったとは耳にしていません。往生際も悪い私は、まさかの『ミラクル』を少しだけ期待していますがw

新戦力の中で、やはり期待したいのは清水の2人の「経験」。昨季、J2最多得点とはいっても、スタメンクラスの選手でJ1の活躍実績があるのはパウリーニョくらいです。市川・伊東合わせてのJ1での出場試合は800試合を超え、まさに「J1を体で分かっている選手」です。もちろん、ピッチ内でのプレーに期待することは当然ですが、その経験を生かした『強み』をチームにフィードバックしてほしいなぁ・・・と思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無念・・・ベスト8にとどまる | トップページ | 年末の悔しさをいま晴らす »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ