« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

【J特】開幕カウントダウン!

開幕一週間前に開催される「キックオフパーティー」。
私は所用により参加できませんでしたが、例年通りの1000人以上のサポーターが集まったようで、今年も大盛況だったみたいです。そして、キックオフパーティーが終わると、いよいよリーグ戦の開幕です。

チームは26日に、J2ジェフユナイテッド千葉と開幕前最後の練習試合を行いました。
「90分×2本」という内容だったのですが、その1本目は両チーム共に『主力』と思われるメンバーが出揃ったということもあり、メンバーを始めスコアや試合内容など全てにおいて非公開となっていて、まったく情報がありません。サンニチやスポーツ報知山梨版によると、左SHで得点源の期待がかかる永里と、CBで守備の中心的役割を期待されるダニエルが欠場した様子。しかし、「守備に関しては大きな問題は感じられなかった(三浦監督)」「完成!鉄壁守備(報知山梨版)」と守備に関する内容については合格点だったようです。
今季の甲府は、『組織的な守備の構築』をまず第一に取り組んでいるので、開幕前のファーストステップとしては及第点といっていいと思います。
一方、攻撃に関しては三浦監督は「攻撃がもう少し洗練されてくれば・・・」「J1レベルでどこまで通用するか・・・」など、まだ苦心している様子です。先週の(名古屋との)練習試合の時のような攻撃(得点シーン)ができれば、個々の能力が高い先週は揃っているので、形にはなってくると思います。新外国人・フジネイにも千葉戦では来日初ゴールが生まれ、得点への「手掛かり」はたくさんでてきたので、それをうまく実戦で出せるような練習をしていってほしいです。

あと余談ですが、いろいろと考えた結果、今年もクラブサポーター会員に入ることにしました。
今まで通り、変わらずに甲府を追いかけていきたいと思いますので、今季もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】来週土曜日は開幕だ!

前回のエントリーで書きました、「横浜FC戦」の次の日に行われました名古屋との練習試合。
甲府はもちろんのこと、今週末にゼロックススーパーカップを控える名古屋グランパスも、ケネディ・小川・闘莉王などズラリと主力級が出場した、まさに『ガチ』の一戦となったこの試合。結果はといいますと・・・・

 「甲府 2-1 名古屋」

20110221_002 ヴァンフォーレ甲府、名古屋に勝利クルぅぅぅ~って感じです♪ しかも、名古屋に先制点を献上しながらの逆転勝利ときましたw 甲府の得点者は、MF・永里とFWハーフナーマイクの今季得点源として期待される2人。永里のゴールは、山本からのロングフィードを松橋が胸で落とし、走り込んできて右足で豪快にミドルシュートを決めました。マイクの逆転ゴールは、中盤で相手ボールをカットした養父がマイクに預けポストプレーで松橋にはたき、サイドに流れた内田に渡すと、内田が右足で思い切ってシュート。GKが弾き、シュートの軌道が変わったところにマイクが詰めたゴールでした。
ただ、今季「守備」に大きなテーマを置く甲府としては、この試合での失点の仕方も気になるところ。名古屋DFラインから、縦パス一本通されGK荻が競り負けるとそのまま失点。試合開始わずか9分の出来事だったようです。その後に守備を立て直し、好セーブを見せた荻や守備陣だっただけに、非常にもったいない失点シーンだったと思います。

写真は21日のスポーツ報知山梨版ですが、文字通り『弾みのつく勝利』だったと思います。
練習試合なので、それほど勝敗にはこだわらなくていいと思いますが、連敗したり勝てなかったりすると「これでいいのだろうか?」と思ってしまいかねません。しかし、昨年のチャンピオンチーム・名古屋グランパス相手に、練習試合とはいえ結果を出せたことは少なくともマイナスに考える必要はまったくありません。2月5日の湘南戦を皮切りに、練習試合は何試合も行われましたが、徐々に仕上がってきている印象を強く持っています。

来週土曜日(3月5日)の開幕戦まであと12日。
怪我なく順調に練習をこなし、J1の舞台を万全の状態で迎えましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

もう少し元気があってもいいかな【J特】

20100219_001_3 今日は、予告通り横浜FCとの練習試合を観に行ってきました。出場したメンバーは、明日に名古屋グランパスとの練習試合を控えていることもあり、その試合に出場しない選手が中心だったように思います。しかし今季初の練習試合、しかもJ1シーズンを迎えるにあたっての試合ということで、甲府・横浜サポ合わせて2000人以上が、山梨大学医学部グラウンドに集結しました。

20100219_01520100219_018 結果は「0-1」と敗戦。カズに決められてしまったということで、明日のスポーツ新聞の一部を賑わすことになりそうですがw、全体とすると『思ったより良かったかな』という印象を持っています。得点こそ決まりませんでしたが、相手GKとの1対1の場面は2~3回あり、セットプレーから綺麗に合わせるケースも何回かあったので、『決められれば』と思いました(そこが難しいのですが・・・w)。守備でも、「やろうとしていること」は伝わってきましたし、できている場面も少なくはありませんでした。失点シーンは、一瞬の判断の遅れ(プレスかスペースか)だったのですが、それ以外は危ない場面は少なく開幕2週間前にしては良かったと私は感じています。
気になったのは、やや静かすぎるところ。
グラウンド内で一番よく声が聞こえたのが、横浜FCのコーチの声だったので、コーチングであったり鼓舞であったり、「チームを盛り上げる声」がもっとほしかったなぁ・・・と思いました。

明日は昨年の優勝チーム・名古屋グランパスエイトとの練習試合。
相手FWのゴールデンルーキー・永井の出場が噂されていますが、名古屋相手にどんな試合をすることができるのか、結果もそうですがまずは『内容』にこだわった試合をしてもらいたいと思います。

【J特】大事な週末

Jリーグの開幕を2週間後に控えたヴァンフォーレ甲府。
今週末は、その開幕(今シーズン)に向けて大事な週末となりそうです。

 19日:トレーニングマッチ 横浜FC戦(山梨大医学部G)
 20日:トレーニングマッチ 名古屋グランパス戦(トヨタスポーツセンターG)

もちろん来週にも練習試合は組まれていますが、今季J1昇格のトップグループに入っていると思われる横浜FCや、昨季優勝した名古屋グランパスとの練習試合は、現状の確認:メンバーの選考:戦術の再徹底を行う上で非常に重要な機会です。特に、明日の横浜FC戦は今季初の上、開幕までで本格的な山梨県内での練習試合は最後になると思われます。現時点ではどんなメンバーが有力視されていて、戦術がどの程度浸透しているのか非常に気になるので、私も観に行きたいと思っています。

練習試合の模様を詳細に載せるかどうかは、各メディアと他のブログを参考にしたいと思いますw

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】10日もあいて・・・キャンプ終了

毎日のように更新しようと思い続けてもう10日。
そんなこんなで、二次キャンプも今日で終わってしまいましたw

ヴァンフォーレ甲府の第二次キャンプも、今日の仙台との練習試合で打ち上げ。新燃岳の噴火が心配されたのですが、当初予定されていた日程が短縮された以外は順調にスケジュールをこなせたようです。

その宮崎キャンプでは、4チームと練習試合が行われました。
結果は1勝しかできませんでしたが、様々な組み合わせを試している状態・怪我人が出場できていない状態を考えると、結果に関してはあまり考えなくていいのではないかと思います。
この4試合を通して、新聞紙面や日記などに1番登場してくる名前が多い選手が、新外国人MF・フジネイ。加入当初は「ダブルボランチの1人」として考えられていましたが、今季から取り組んでいる『ゾーンディフェンス』への順応がまだまだらしく、2戦目の徳島戦あたりからは「トップ下」で起用され、持ち前の攻撃力を生かした配置転換を目指しているようです。
続いては(実質)今季高卒ルーキーのMF・堀米。本職であるボランチだけでなく、左右のサイドハーフでも起用されており、日に日にその存在感が大きくなってきているようです。宮市(フェイエノールト)・宇佐美(G大阪)らと並び『プラチナ世代』と呼ばれる1人の堀米。三浦監督は、実績に捕らわれず若い選手も積極的に起用するので、もしかしたら開幕戦から出番が回ってくるかもしれません。

ここまでの練習試合(5試合)で総得点は6点。
内訳は「マイク×2、金信泳×2、松橋×2」と、やや少なめですがFW陣が点をとっていることはとてもいいことだと思います。特に、昨年J2得点王のハーフナーマイクには厳しいマークが予想されるので、その周りの選手がどれだけ点をとることができるか、J1残留に向けて大きな意味を持ってきます。そんな中で、金信泳や松橋のような選手が得点していることは、とても頼もしいと感じています。J1昇格を成し遂げた昨季を不完全燃焼で過ごした2人が、J1でのステージでどんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです。金信泳の縦への突破力・松橋の瞬間のスピード、今季の甲府にとって非常に期待したい得点源となるはずです

また、予想されていた「中盤」のポジション争いですが、予断を許さない状況のようです。
昨年からいる選手では、石原・養父・片桐・柏・保坂・井澤・堀米。新加入選手では、フジネイ・永里・伊東・阿部・内田・犬塚と、採用するシステムにもよりますが非常に激しいポジション争いが宮崎キャンプでも繰り広げられていました。2(1)トップに起用される選手にもよると思うので、今のうちに組み合わせを何通りも確認中みたいです。どんな「組み合わせ」がベストと判断されて開幕戦に登場してくるのか、ギリギリまで三浦監督は悩むことになるのかな・・・と思います。

一方、やや心配なのはディフェンスのメンバー。
新加入の市川は、1月に手術を行い宮崎キャンプから合流するも未だに全体とは合わせられずリハビリのようです。山本・吉田といった昨年のレギュラーも、練習試合には不出場(吉田は仙台戦に出場)。山本のところ(CB)は、新加入の小林や冨田がポジションを争っているようですが、市川・吉田が計算されていた右SBには本職ではない石原が多く起用されていました。本来なら本職である選手、特に来年に迫ったロンドン五輪世代の吉田には、今年は多いにアピールするチャンス。石原・市川といったベテランを相手に、吉田は実力でポジションを奪い取ってほしいと思います。

宮崎キャンプ前半は富山・徳島相手にに苦戦が続きましたが、新しく取り組んできたことを(若手選手が中心とはいえFC東京戦)実戦で(少しだけ)表現できたことは非常に大きかったのではないかと思います。本日行われた仙台戦でも、(NHK甲府のレポートでは)守備面で進歩が見られたとありました。
3月5日の開幕戦まであと3週間弱。実戦でコンディションや戦術を仕上げるための練習試合は、今週末の横浜FC戦・名古屋戦と来週に山梨学院大学戦の3試合(26日に川崎戦があるとかないとか・・・)。横浜FC戦は、今季初の山梨県内での練習試合になるので、できる限り観に行きたいなぁ・・・と思っています。
天気が良くなればいいなぁ~。

今季初の練習試合は・・・【J特】

本日は、馬入ふれあい公園にて湘南ベルマーレと練習試合が行われました。
J1シーズンのスタートとなる一戦に、とても多くのサポーターが駆けつけたと聞いています。私も時間があれば行きたかったのですが、仕事の都合で行くことができませんでした・・・。

 >1本目メンバー(4-4-2:ダブルボランチ)

  GK・荻、DF・石原 ダニエル 山本 内山
      MF・フジネイ 保坂 永里 阿部、FW・パウリーニョ マイク

 >2本目メンバー(4-4-2:ダブルボランチ)

  GK・荒谷、DF・津田 小林 冨田 犬塚
      MF・養父 井澤 柏 内田、FW・松橋 金信泳

その後、3本目にはGK・岡やMF・片桐が出場したようですが、1本目(0-1)・2本目(1-0)・3本目(0-0)にて終了しました。試合を通して、今季から取り組んでいる『ゾーンディフェンス』の戦術浸透はまだまだのようで、所々で守備を突破される場面があったようです。また、守備がそのようにうまくいかないと攻撃にも影響は出てくるもので、2本目の松橋のゴールのみの1点にとどまってしまい、昨季J2得点ランキング上位3人が揃った「攻撃陣」は良さを発揮できなかったようです。
実際の試合を観ていないのでなんとも言えないのですが、各方面からの情報を聞くと1本目の永里・2本目の柏は非常にいい動きを見せてくれたようです。2人共、典型的な「サイドアタッカー」の選手なので、彼らの仕掛けにサイドバックやボランチが絡むことができれば、さらに得点チャンスが広がるのではないかと思います。この練習試合の詳報は、明日の山梨日日新聞・スポーツ報知山梨版・7日のYBS夕方ニュースで知ることができると思うので、楽しみにしたいと思います。

チームは明日のオフを挟み、7日から宮崎で二次キャンプに入ります。
新燃岳噴火の影響で練習試合が減ってしまい、通常の練習にも支障が及びそうな予想ですが、そんな逆境を跳ね返して内容充実のキャンプを送ってほしいと思います。

【J特】観戦の予定を立ててみる

昨日発表となりましたJ1リーグ戦・ヤマザキナビスコカップ(予選リーグ)の年間日程。
とりあえず手帳に書き出し、月ごとに日程をまとめてみました。

 >3月  5日(土) H・ジュビロ磐田戦
      12日(土) A・アビスパ福岡戦

      16日(水) H・柏レイソル戦(ナビスコカップ・予選リーグ)
      20日(日) H・清水エスパルス戦
      26日(土) A・川崎フロンターレ戦(ナビスコカップ・予選リーグ)

 >4月  3日(日) A・アルビレックス新潟戦
       6日(水) H・横浜Fマリノス戦(ナビスコカップ・予選リーグ)
      10日(日) H・ガンバ大阪戦
      16日(土) A・浦和レッズ戦
      20日(水) A・モンテディオ山形戦(ナビスコカップ・予選リーグ)
      23日(土) H・ヴィッセル神戸戦
      29日(祝) A・柏レイソル戦

 >5月  3日(祝) H・大宮アルディージャ戦
       7日(土) A・サンフレッチェ広島戦
      11日(水) A・アルビレックス新潟戦(ナビスコカップ・予選リーグ)
      15日(日) H・名古屋グランパスエイト戦
      21日(土) A・横浜Fマリノス戦
      28日(土) H・モンテディオ山形戦

 >6月  5日(日) H・大宮アルディージャ戦(ナビスコカップ・予選リーグ)
      11日(土) A・川崎フロンターレ戦(ナビスコカップ・予選リーグ)
      15日(水) A・鹿島アントラーズ戦
      18日(土) H・セレッソ大阪戦
      22日(水) A・ベガルタ仙台戦
      25日(土) H・柏レイソル戦

 >7月 30日(土) A・ヴィッセル神戸戦

 >8月  6日(土) H・サンフレッチェ広島戦
      13日(土) A・モンテディオ山形戦
      
20日(土) H・浦和レッズ戦(国立競技場)
      24日(水) H・鹿島アントラーズ戦
      28日(日) A・名古屋グランパスエイト戦

 >9月 11日(日) H・ベガルタ仙台戦
      17日(土) H・アビスパ福岡戦
      24日(土) A・ガンバ大阪戦

 >10月 1日(土) H・川崎フロンターレ戦
      15日(土) A・セレッソ大阪戦
      23日(日) A・清水エスパルス戦
      30日(日) H・横浜Fマリノス戦

 >11月19日(土) A・ジュビロ磐田戦
      27日(日) H・アルビレックス新潟戦

 >12月 3日(土) A・大宮アルディージャ戦

開幕戦・2戦目は既報の通りですが、第3節には早くも『富士山ダービー』が4年ぶりに実現します。また、4~5月でヤマザキナビスコカップも入れると13試合行われるので、ここの期間での結果が今シーズンの甲府を大きく占うことになると思います。
6月下旬から7月下旬は、代表スケジュールのためJ1は中断期間になります。この期間の「過ごし方」が、後半戦の戦いに大きく影響してきます。戦力補強など、『前半戦からの上積み』がどれだけはかれるか、チーム力が試されることになってきます。
後半戦は、注目必死のホームゲーム・浦和戦が国立競技場で予定されています。小瀬(山梨中銀スタジアム)大好きの私としては、「国立ではなく・・・」なんて思ったりしましたが、3万人以上入ることは間違いない国立での浦和戦も、そうそう観られるコトはないので、プラスに考えたいと思います。
後半(9月以降)の予定試合が少ないですが、天皇杯やヤマザキナビスコカップ予選リーグの結果次第ではさらに試合が増えてくるので、スケジュールの確保には油断しないでおきたいところです。

ざっと見た感じでは、浦和・広島・横浜・柏・山形・清水・大宮あたりのアウェーは行きたいなぁ・・・・と思っているのですが、まだまだ先の話なのでゆっくりと計画を練っていきたいと思います

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ