« 勝利へのピース・キャプテン復帰【J特】 | トップページ | 2強対決! »

【J特】手中から抜け落ちた勝ち点「2」

本日行われましたJ1第10節・サンフレッチェ広島戦。

GWのタイトなスケジュールということや怪我人の事情から、前節・大宮戦から大きくスタメンが入れ替わったこの試合。開始5分には石原が左腕(肩?肘?)を脱臼してしまい、いきなり交代カードを1枚使うことになる厳しい立ち上がりでした。しかし、中盤から流れるようなパス回しから永里が抜け出すと、左足で中央に折り返し、マイクが相手DF・GKの「上」から頭で合わせて先制点。その後、広島にボールを持たせカウンターを狙いという戦術が機能しリードしたまま前半が終了。
後半も甲府の時間が続き、永里がGKとの1対1・阿部がクロスボールに飛び込む・内田のミドルがポストを叩くと、次々に決定機が甲府に生まれました。しかし得点に繋げられずにいると、広島にPKを献上してしまい同点に追いつかれてしまいました。その後の広島の攻撃を何とか凌ぎ、「1-1」の引き分けで終了しました。

勝負のターニングポイントは、MF内田が足をつってしまったことによる交代策だったように思えます。広島の右サイドにはスピードと突破力のあるミキッチがおり、持ち味では負けない吉田がしっかりと対応していましたが、内田の交代により吉田が右SHに移り、内山が左SBへと起用されました。しかし、前節・前々節とスピードのある相手の対応に苦慮していた内山の起用は、結果的にPKを与えてしまい誤算だったと言わざるを得なくなってしまいました。「攻撃に使いたい(三浦監督)」とポジションを代えた吉田も、その後は広島の攻撃が激しくなったこともあり、監督の意図はあまり反映されませんでした。さらに、攻撃のカードとして阿部の代わりに投入されたフジネイも、ボールの納まりが悪く効果的な攻撃には繋げられませんでした。内田の代わりには柏、フジネイではなく片桐だったら・・・・また違う結果になったのではないかと思います。

勝ち点「2」を失ってしまったような試合でしたが、次に繋がる事も多かったです。
まずは、開幕戦以来の出場となった主将・山本。相手も代表クラスの選手なので、時折抜かれる場面もありましたが試合を通してDFラインを高く保ち、オフサイドも「6」とるなど守備陣をきっちりとまとめてくれました。最後のFKでアシストがあったら・・・『ヴァン・オブ・ザ・マッチ』でした。
それから、急遽の出場となったMF・保坂。彼らしい運動量多いプレーで中盤の広い範囲をカバーして、こぼれ球の奪取や相手選手へのプレッシャーに奔走していたと思います。彼にメドが立つと、石原をSBに回したりすることができるので、この試合での保坂のプレーは今後とても生きてくると思います。
続いて永里。ようやく「攻守」の切り替えというか、戦術に馴染んできた印象があります。前後半それぞれの頭の時間に、惜しいシュートがありそれを決めていれば・・・とも思いますが、次の試合で決めてくれればいいと思います。
最後に、今季初スタメンとなった内田。左足でのポスト直撃のシュートはもちろん良かったですが、あの距離から・あのタイミングでのミドルシュートを打つ選手は甲府にはいません。攻撃時、非常にいいアクセントとなっていました。あとは、プレイスキックの精度です。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ>
今節・広島戦の『ヴァン・オブ・ザ・マッチ』は、決定機を(私のカウントでは)3回防いだGK・荻晃太です。
スタメン復帰した主将・山本と共にDFラインを支え、広島の攻撃をPKのみの1失点に抑えました。特に前半、相手FW・李に抜け出され「1対1」の場面では失点を覚悟したのですが、鋭い出足でシュートをブロックすることに成功。PKの場面についても、シュートの方向には飛びついており、あと「少し」でした。荻のファインセーブなくして広島戦での勝ち点はなかったので、今節はヴァン・オブ・ザ・マッチに選出します。

開幕5試合を終わって手にした勝ち点は「3」。
順位は16位と、前節より1つ上がりましたが「J2降格圏内」であることに変わりありません。ただ、今年のJ1は得点がとても少なく、さらに『引き分け』が多いことから8位・大宮との差も「3」と1ゲーム差圏内にあります。
次節の相手は昨年優勝の名古屋グランパス、次々節は現在2位と好調の横浜と強敵が続きます。ですが、名古屋はACLとの兼ね合いでややお疲れ気味、横浜も福岡を相手に前半だけで2点をリードされる展開に持ち込まれるなど、『スキ』は十分あると思います。勝っていないことで少し不安にもなってしまうかもしれませんが、勝利まで「あと1歩」のところまでは来ているので、くじけることなくやり続けてもらいたいと思います。前を向いて、元気出していきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 勝利へのピース・キャプテン復帰【J特】 | トップページ | 2強対決! »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

まーちさん、こんばんは~!!
(^O^)

広島戦、私も、「勝てていた」試合だったと思いました。
内田のシュートはとても惜しかったのですが、あの辺で追加点を入れていたら…。と思うと、残念でなりません。

自分のブログにも書きましたが、フジネイの投入には、私も?マークでした。

石原は、全治6~8週間だそうです。怪我人が多く、中々プラン通りの戦いが出来ない甲府ですが、次の名古屋戦は、相手も闘莉王が怪我でいないので、どうなる事やら…。

個人的には、194cm同士のFW、どちらが勝つか楽しみなのですが、周りの選手が鍵を握っていると思います!!

今度こそ、初勝利を目指しましょう!!
ではでは~!!

(*^ー^)ノ~~

>一生ヴァンフォーレサポーターさん
追加点がとれていれば・・・と、まったくその通りではありますが、そこが勝ちきれない要因で現在の順位になってしまっている状況なのかもしれません。仮に交代策が妥当なモノであったとしても、現状の力を考えると引き分けが妥当な結果だったかもしれません。
内山の交代についても本文通りではあのように書きましたが、三浦監督の他クラブでの選手起用を見ていると、至極妥当な交代だったと思います。フジネイについて、彼には味方も予想できない「何か」がありそうな気配なので、起用しのではないかと勝手に想像しますw TM横浜戦では、もう少しできていました。

怪我人続出なのは心配ですが、そんな中でもMF・保坂やDF・山本:小林にメドが立ったことが大きな収穫です。次節の相手・名古屋も強行日程でお疲れだと思うので、今まで出番のなかったフレッシュなメンバーで臨み、動き回って勝機を見出してほしいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝利へのピース・キャプテン復帰【J特】 | トップページ | 2強対決! »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ