« 完敗でした | トップページ | 無念の3連敗 »

くじけぬこころ・・・今試される【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、ホーム・山梨中銀スタジアムで首位の柏レイソルとの対戦です。

6月のタイトなスケジジュール(5連戦)も、この柏戦をもって終了。
その初戦の川崎戦で2回のビハインドを追いつき、2戦目の鹿島戦では後半ロスタイムに勝ち越す『勝負強さ』を見せて上々のスタートを切ったものの、
3戦目のC大阪戦・4戦目のベガルタ仙台戦と連敗。1得点どころか、内容もあまりポジティブに考えられる要素が少なく、『何もできなかった(MF保坂)』と仙台戦では今季2度目の「0-4」での敗戦でした。
その敗戦からわずか3日後での柏戦。「悪いイメージ」をひきずってしまいそうですが、あまりに悪い試合だったので「割り切って」試合に臨んでもらいたいところ。相手は首位・柏ですが必要以上に構えすぎることなく、(取り戻した)自分たちのサッカーをしてほしいと思います。
問題は、「過程」が『目的』になってしまっているところかと感じています。相手ボールになった際、中盤と最終ラインが2列に並びブロックを作って相手の攻撃に備えることは良いのですが、『ブロックを組んでから』の部分が足りないと感じます。ブロック内に入ってきた相手ボールホルダーを囲みボールを奪って攻撃に移るのですが、ブロックを作ったところで終わって(作ることが目的となって)しまい、ブロック内に入ってきたボールホルダーにプレッシャーがかからないことが(特に)仙台戦では顕著でした。また、は攻撃への参加人数が少なかったことも改善点。仙台は中盤のリャンや冨田、両サイドバックがマイボールの時には積極的に前線へ絡んできたのですが、甲府はマイクと金信泳の2人で攻撃していて、「孤立」してしまっている場面が多かったです。両サイドハーフと、ボランチやサイドバックがどれだけ2トップのフォローのため『いい距離感』でプレーできるか攻守は表裏一体なので、攻撃と守備の両輪がいい意味で作用できる試合になれば・・・と思います。

<J1リーグ第17節:ベガルタ仙台戦 注目!マッチアップ>

  MF・18 柏好文  vs DF・ジョルジワグネル
  MF・27 伊東輝悦  vs MF・レアンドロドミンゲス

中央へのクロスボールが多い両チーム。そうなると、鍵となるのは「サイド」での攻防です。
甲府の右サイド(柏の左サイド)が、攻守共に忙しい展開が観られそうです。スタメンには柏が起用されると予想しますが、「柏 vs ジョルジW」は8節でもピックアップしました。その時は、柏の持ち前の「前への推進力」はあまり発揮されず、チームも逆転負けとなってしまいました。しかし、ここ最近の柏は攻守に渡り運動量が多く、試合を通じて非常に高いクオリティでのプレーが続いていると思います。右サイドを攻略してジョルジワグネルを守備に専念させ、ゴールに繋がるプレーを期待します。
柏レイソルの攻撃を組み立てるのは、中盤のレアンドロドミンゲス。パス・シュート・ドリブルなど、高いレベルの選手ということは周知の事実。
甲府は、恐らく伊東が主にチェックにいくと思われますが、1試合を通してプレッシャーを欠かさないように周りがきっちり連携していってほしいと思います。

仙台戦の敗戦で、何節ぶりかの16位に転落し「J2降格圏内」の順位になってしまっている甲府。(試合数の違いはあるものの)同じ勝ち点『11』で4チームが並んでおり、その上ともそこまで差は開いていないので、1試合の結果では順位を上げることも可能です。しかし17位の山形とは勝ち点差「3」になっており、柏に甲府が敗れ山形が横浜に勝利すると、17位に転落します。前節からの「悪い試合内容」から脱却することはもちろんのこと、3連敗だけは避けないといけないので、『結果』も求められる柏戦です。
山本主将からは、「自分の責任(プレー)と共通認識」の再確認を選手間ミーティングで行ったとの話がありました。個々で責任を持ったプレーはもちろんなのですが、それをチーム全体が同じ方向を向いて実行することが、今求められていることだと思います。
そして、試合開始から『熱い気持ち』を持って、ピッチに立つことが大切。連敗中・相手は首位の柏ということで、いろいろと難しく考えてしまいがちになりそうですが、ホーム・山梨中銀スタジアムの声援を背に、前向きでアグレッシブに柏に向かっていってほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 完敗でした | トップページ | 無念の3連敗 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 完敗でした | トップページ | 無念の3連敗 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ