« 収穫の多かった清水戦【J特】 | トップページ | 【J特】追いついて、追いついて勝ち点「1」 »

【J特】厳しいスケジュールの初戦

明日のヴァンフォーレ甲府は、J1リーグ第14節・川崎フロンターレ戦がアウェー等々力競技場で行われます。先週はヤマザキナビスコカップが行われたため、2週間ぶりのリーグ戦。さらには、今週から来週にかけて合計5試合が組まれている「ハードスケジュール」のため、その初戦となる川崎戦は、非常に大切な意味を持っています。

先週行われたヤマザキナビスコカップで、甲府はホームで清水に勝利し、川崎はアウェーでG大阪に引き分けという結果。特に、甲府にとって先週の勝利はとても価値のある勝利でした。今までの公式戦で、勝利どころか得点すらなかった清水相手に1得点して勝利。さらには今季初の「無失点」ということで、大きな自信となったことと思います。
その清水戦で象徴的な選手が、DF・ダニエルのボランチ起用。
DFラインの前にダニエルが配置されることによって、相手の攻撃をよりゴールより遠い場所で(何回か)遮断することができました。また、持ち前のフィジカルを生かしてのボールキープやドリブル、クロスボールへの2列目からの飛び込みなど、甲府のボランチとして今までいなかったタイプのプレーを観せてくれました。攻撃参加や前線へのボールの繋ぎでは、まだまだの部分がありましたが、これから連携ができてくるともっと攻守に渡りダニエルの活躍が観られると思います。

<J1リーグ第14節:川崎フロンターレ戦 注目!マッチアップ>

  MF・5 ダニエル  vs FW・山瀬功治
  MF・9 永里源氣 vs DF・田中裕介

清水戦でボランチに起用したダニエルが、継続して川崎戦でも起用される見通し。強力な川崎攻撃陣を防ぐため、『ボランチ・ダニエル』のプレーは欠かせません。突破力と決定力に優れる山瀬が2トップの1人に起用される予想なので、DFラインとダニエルがしっかりとマークして自由にプレーさせないことが大切です。また途中出場が予想される小林も、ただいま大売り出し中の選手なので、合わせて注意しておきたいところです。
サイドの攻防では、甲府の左サイドに注目。左SHの永里が、マッチアップする川崎の右SB・田中にどれだけ仕掛けられるか大きな注目です。失点の少なくない川崎DF陣なので、田中のところを崩すことができれば、マイク・阿部らに得点のチャンスが訪れると思います。

川崎のここまでのデータを見てみると、特徴的なことが見えてきます。
何といっても「後半の失点数」が非常に多いことがわかります。リーグ戦、ここまで「11失点」(甲府と1点差)ですがその内の10点が後半に集中しています。甲府してはまず前半を無失点で凌ぎ、後半に勝ち越し点をかけて勝負したいところ。前節から復帰したパウリーニョ、後半20分すぎからの切り札・片桐、川崎からのレンタル移籍・養父など攻撃的なカードは揃っているので、早い時間での失点はどうあっても避けたいところです。
もう1つの特徴は「シュートが多い」こと。
直近のG大阪戦(19本)・広島戦(17本)と、いずれの試合も相手チームの2倍以上打っており「シュートへの意識」が非常に高いです。試合を観ていないのでわかりませんが、多少遠くからでもシュートしてくるのかなぁ・・・と予想されます。「打ってこないだろう」と思われるタイミングからのシュートや、そのシュートのこぼれ球への反応は試合終了まで集中力高く注意していかなくてはいけません。

明日の試合、近くの川崎ということや色々なイベントが行われるということで行きたかったのですが、会社での年中行事のため参戦なりません。アウェーでの連戦が続く非常に厳しい試合日程ですが、来月はもっときついスケジュールになっているので乗り越えなくてはいけない壁です。勝ち点奪取・得点と勝利を掴み取るため、チームと一緒に戦っていきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 収穫の多かった清水戦【J特】 | トップページ | 【J特】追いついて、追いついて勝ち点「1」 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 収穫の多かった清水戦【J特】 | トップページ | 【J特】追いついて、追いついて勝ち点「1」 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ