« 【J特】7月のスケジュールを確認しようか | トップページ | 【J特】その道の先に「未来」はあるのか? »

『勝ち点3』が必ず必要【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、アウェー・レベルファイブスタジアムでアビスパ福岡と対戦です。

その福岡戦は、甲府にとってJ1残留争いに残れるかどうかの大一番。ここで「勝ち点3」を挙げられるかどうかで、今後のリーグ戦に大きく影響してくると思います。
6月を「3連敗」と、非常に悪い結果で終えてしまった甲府。その3連敗も『1得点・10失点』と、惜しいとか言える結果でも内容でもなく、順位もJ2降格圏内の16位に落としてしまったことから、とても心配と不安が先に立ってしまいます。
ただ、柏戦の後にも書きましたが、DFの要・ダニエルや不動の左SB・吉田が欠場していたことでDFラインが固まらず、ラインの統率やカバーリング、高さでの競り負けがあっての敗戦だったので、この2人が復帰する福岡戦以降は(ダニエルの復帰は微妙なようですが)あのような敗戦はないと思います。また、鹿島戦で勝ったことから、「ハマった」感がある『前半守備⇒後半攻撃』のような戦術も、甲府の選手達の特色を考えると本意ではない作戦だと思います。引き分けた川崎戦や、勝利した名古屋戦のような「前線からの連動したプレッシャーによる攻守」が本来甲府がとるべき戦術であり、勝ち点にもっとも近い方法だと思うので、福岡戦では攻守にアグレッシブな攻守の切り替えで、勝利目指して走りきってほしいと思います。 

<J1リーグ第2節:アビスパ福岡戦 注目!マッチアップ>

  MF・9 永里源気  vs DF・山形辰徳
  DF・4 山本英臣  vs MF・成岡翔

何といっても注目は、今季J1昇格をしながら甲府に移籍してきた左SH・永里。昨年J2で15ゴールを挙げての移籍ということで、特に「ゴール」を期待されてのスタメンが続いていますが未だノーゴール。しかし、仙台戦でスタメンを外れ他の選手が左SBに起用されましたが、永里のような活躍はできず今の甲府の左SHは彼が適任だということを改めて感じました。マッチアップは右SBの山形。長所も短所も知っている間だと思うので、彼らしい持ち味で左サイドを攻略してほしいと思います。
福岡の攻撃のキーパーソンは、トップ下に起用されると予想される成岡。前節の磐田戦で今季初ゴール。福岡の攻撃は、必ず彼を経由してボールが回ると言っても過言ではありません。甲府が守備の面で課題としている「バイタルエリア」でボールを受け、前を向くケースが想定されるので、その部分でのチェックや囲い込みなどDFラインとボランチが今まで以上に連携をとっていかなくてはいけません。利き足は両足なので、まずは彼にボールを入れさせないこと、入ってしまったら呼応して動く周りの選手に注意を払っていけるよう、山本主将を中心に守備をしていってほしいと思います。

5月のホームゲームで、順位が下の山形に引き分けてしまっているので、福岡戦で「勝ち点1」では満足できません。勝利に飢えているのは福岡も同じですが、リーグ戦未勝利ということで気持ちのどこかに『甲府相手なら勝てるかも・・・』と考えていることも予想されるので、もしそんな気持ちがあったら突け込んでいきたいところ。また、もしリードを許す展開になっても、福岡は逆転負けの試合も何回かあり、甲府は川崎戦のように諦めず気持ちを強く持って1点ずつ返していくことが大切です。

前々節の仙台が底、前節の柏戦では(結果こそ伴いませんでしたが)上昇のきっかけをみつけることができた試合だったと思います。7月の初戦、再スタートの気持ちと負ければアウトの「決戦」の執念を持って試合に臨み、勝利を掴み取ってもらいたいと山梨から応援したと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 【J特】7月のスケジュールを確認しようか | トップページ | 【J特】その道の先に「未来」はあるのか? »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】7月のスケジュールを確認しようか | トップページ | 【J特】その道の先に「未来」はあるのか? »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ