« 【J特】素晴らしい試合でした | トップページ | 数的有利を生かせず »

【J特】2点差を逆転勝利!

<壮絶な点の取り合いは・・・・>
昨日行われましたJ1第5節・ガンバ大阪戦。
前々節から「復調」の兆しが見え始めたヴァンフォーレ。その『芽』をさらに大きくするため、この試合ではどうしても勝利が必要でした
。前半20分までに2点を献上し、かなり厳しい立ち上がりとなったのですが、前半のうちに2点を返して前半で同点においつけました。後半は、開始からガンバ大阪のペースで試合が流れると、CKから再度勝ち越し点を献上。しかし、ここで挫けなかった甲府。さらに攻撃へのギアを上げると、わずか2分後にPKを決めて同点。さらにその2分後、相手陣内でボールを奪うと「片桐⇒柏⇒マイク」と繋ぎ、マイクが左足で強烈なシュートを決めて勝利することができました(この試合のレポート、カメラを忘れてしまい文章のみになってしまいました)。

<いろんなメモリアル>
この試合では、本当に多くの「メモリアル(記念)」が重なりました。まずは、前人未到のJ1・500試合出場の偉業が達成されたMF:伊東輝悦。
中盤の選手ということで毎試合の運動量は多く、出場停止や怪我の多いポジションだと思いますが、ここまで出場停止はなく大きな怪我もなかったと思います。本当に素晴らしい記録だと思います。
続いては、Jリーグ300試合出場となったDF:内山俊彦。昨季は左SBのレギュラーとして定着していたのですが、今季はスピードへの対応にやや苦戦中でU-22日本代表の吉田にポジションを譲ってしまっています。この試合では貴重な同点ゴールで自身の記録を祝い、守備でも失点シーン以外はまずまずだったと思います。
そして誕生日を迎えた人が2人、FW:パウリーニョと三浦俊也監督です。パウリーニョは1得点1アシストで、逆転勝利の立役者の1人となれました。そして、片桐・柏と攻撃的なカードを積極的に切り、その2人が逆転に絡んだことを考えると三浦監督の采配も的中したと考えられるでしょう。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ ~FW:10 パウリーニョ(今回初めての選出)>
                ~FW:14 ハーフナーマイク(通算3回目の選出)>

昨日のエントリーでも書きましたが、今回の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」の選出は悩みました。いただいたコメントではパウリーニョでしたが、全4得点に絡んだマイクもどうしても捨てきれないので、今回は2人選出という反則技にしましたw 
パウリーニョは、1点目に繋がったボールを諦めず追いかけた姿勢が素晴らしかったです。あの時間での1点はチーム・サポーターに勇気を与え、逆転への口火となりました。PKの場面も、プレッシャーのかかる場面で落ち着いて決められました。
マイクは全4得点に絡む問答無用の大活躍。1~2点目は打点の高いヘディングからゴールが生まれ、3点目は石原へのポストプレー、4点目のシュートは左足での非常に強烈なシュートでした。
昨季から実質2トップのこの2人。パウリーニョの動きが戻ったことと、マイク自身の成長で2人の間のプレーが噛み合ってきた気がします。個々の力が高いことはわかっていますが、2人が連携してそれぞれの「強み」を生かせるようになってきました。FW:ダヴィの補強が発表されましたが、よっぽどダヴィはがんばらないとこの2人を超えることは難しいでしょう。次の試合のこの2人のプレーが、ますます楽しみになりました♪

<リーグ戦は混戦・・・勝った試合の次が大切>
第5節は明日1試合が残っていますが、状況はおおよそ今日の試合で見えています。
鹿島・C大阪は試合数が少ないものの、10位・鹿島と16位・甲府までは『勝ち点差わずか2』と大混戦です。来週は14位・浦和、再来週には11位・神戸との試合が予定されており、後半戦の頭から大きな山場(順位が近いチーム)となる試合が続きます。攻撃ではいい面がたくさん見られたG大阪戦でしたが、守備面では3失点とまだまだ改善点はあるので、その部分のきっちりと修正して浦和戦に向かっていってほしいと思います。ここまで勝った試合の後は必ず負けてしまっているので、埼玉スタジアムまで応援に駆け付けチームの力になれるようがんばりたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 【J特】素晴らしい試合でした | トップページ | 数的有利を生かせず »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

まーちさん、観戦お疲れ様でした!
m(_ _)m


私は自分のブログにも書きましたが、高校野球との“ダブルヘッダー”でした…。
(^_^;)


これから、本当に大切な試合が続いて行きますので、我々も気が抜けませんが、これからも皆で“ICHIGAN”で勝ち点3を取りに行きましょう!!


伊東選手の件は、私のブログで、別スレで只今執筆中です。お楽しみに!?


ではでは~!!

(*^ー^)ノ~~


>一生ヴァンフォーレサポーターさん
高校野球&Jリーグの連続観戦、大変お疲れ様です。
Jリーグも当然熱いですが、高校野球も連日熱戦が続いていますね。今年は、比較的「有力」と呼ばれる高校が残っているように感じますが、いかがなモノでしょうか? 私の母校(甲府西高校)は初戦で敗れてしまったので、あんまり感情移入できませんが、プロ注目の野手・高橋くんがいる東海大甲府高校に甲子園に行ってほしいなぁ・・・と思っています。

埼玉にも行きますが、山形にも行こうかと計画中ですw

まーちさん、おめでとう、甲府強いです。
2-0からの逆襲って、しびれますよね~。
伊東輝悦選手も500試合出場で、これまたすばらしい。
昨日、スカパーにゲスト出演してましたよ。

甲府の選手たちって大物食いです。
名古屋、鹿島、ガンバに勝っちゃうんだからすごい、(なんだかうちが勝てないところに勝ってるんですね)

どういうわけか、次節は甲府は浦和でうちはガンバ、浦和には勝ってもらいたいからガンガンいってほしい。
国籍は別として、日本人じゃない体格のいい選手がいっぱいで、きっと見応えあるでしょうね、勝ち点3絶対とってね。

まーちさんのおっしゃるとうり、ガンバ戦、観れなかったら一生後悔するとこでしたねぇ。
あの試合後でよく確認したら、4点すべてマイクがからんでいたんですね。
オイラはヴァン・オブ・ザ・マッチはパウリーニョをおしましたが、
絶対にあきらめない、勝つんだっていう気持ちがDF、OFにあり、で1票でした。
しかし、ある意味反則わざの2人選出。
いいですね~なんて贅沢なんでしょう。
ところで、オイラの仕事の件ですが、今月まだ休んでいないので、今度の土曜日休みになりなした。
ということで、浦和戦、参戦決定です。
まーちさん、安心してください。
オイラはアウェーまだ1度も負けたことないです。
去年の水戸戦が初めての引き分けで、後全部勝っています。
(簡単に数えるていどしか行ってないんですが)
もう鬼に金棒ですぞ(笑い)。
今度こそレッズに勝ちましょう!

さっきのコメント、日本語が変でしたので訂正させてください。
浦和には勝ってもらいたいからって、→甲府が勝ってほしいってことなのです。
とにかくしつこいDFがいるから注意して、って、言ってもサッカーするのは選手ですよね

文章がうまくかけないですみません。

>シャーさん
実は、私も試合開始ギリギリに中銀スタに到着していまして、ちょっと忙しい感じでした。
仕事が長引いて遅れていたら・・・と思うと、早めに到着して良かったなぁ・・と思います。

試合から帰ってきて、改めて得点シーンをチェックしたらマイクは4得点全てに絡んでいることに気がつきました。パウリーニョも非常にいいプレーをしていたので甲乙つけられず、結果として反則技の「2人選出」となりましたw 選出しない試合もあったので、2人の試合があってもいいと思います。

浦和戦、行けるようになったんですね!
私は今年、2回アウェーにいっていずれも敗戦(柏・横浜)なので、今回こそは勝利が観たいと思っています。アウェーに相性の良いシャーさんも行けるようになったことは、幸先のよい出来事だと思います。山梨を出発する時から気合を入れて、絶対に勝ちましょう!

>puniさん
MF・伊東の500試合出場は、本当に素晴らしい結果だと思います。
500試合のほとんどは清水で記録されたものでありますが、達成された500試合目が甲府に移籍してきてからの記録ということで、「甲府の伊東」として表彰されたことはとても嬉しい限りです。これからもさらに記録を伸ばしてくれるよう、今季の残り半分も怪我なくフェアプレーでシーズンを送ってほしいと思います。

浦和戦、甲府の攻撃面での要注意人物は、浦和のDF・スピラノビッチでしょうか。
マイクとマッチアップということになりそうですが、今の甲府はマイクだけ注意していればいいチームではないので、意識が行けば行くほどパウリーニョが生き生きしてきそうです。永田を含めたDFラインは、そこまでスピードには強くないと思うので、両SHとパウリーニョがDFライン裏を狙って攻撃を仕掛けてほしいと思います。点をとって、勝ちたいと思います!

まーちさん
マッキーでございます。
攻撃面ではかなり改善されつつあります。だが守備面では三失点と立て直しが急務かと思います。今週は浦和 その次が神戸とアウエー戦ででしかも残留争いには重要な試合になりそうです。今週は応援バスで行く予定です。DFの補強はいつから合流するかわかりませんが山形戦くらいで、ダビは広島戦くらいからでしょうか?
救世主になってもらわないとダメだし、そう願っています。
頑張れヴァンフォーレ甲府!勝利の歌を数多く歌いたいと思います。

>マッキーさん
4得点はいずれも違った形から奪ったゴールでしたが、マイク・パウリーニョが絡んでおり、「FWがゴールに絡む」良い形でのゴールだったと思います。欲を言えば、もう少しサイドの選手が前線に上がれると、2人へのマークが軽くなるので、そのあたりが課題と言えると思います。
守備に関して3失点で「問題なし」とは言えません。1失点目に繋がったスルーパスを出した二川へのチェック、2失点目のクロスボールを上げた佐々木への1対1の場面は、改善すべき課題です。また、DFライン前でボールを持たれ、前を向かせてしまう場面も何度かあったので、浦和戦ではそのあたりに注目したいと思っています。

ダヴィは浦和戦、金珍圭は神戸戦から早ければ出場可能とのこと。
ダヴィは1人で行ける選手なのでコンディションさえ・・・というところですが、金珍圭はラインの連携もあるのでスタメンに名を連ねるには、もう少し時間がかかるのかなぁ・・・と思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】素晴らしい試合でした | トップページ | 数的有利を生かせず »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ