« 勝ちたかった試合 | トップページ | 【J特】リーグを乗り切るため、大きなテコ入れ »

ここからもう一度スタート【J特】

<連20100709_012勝ならず・・・>
20100709_015  昨日行われましたJ1第3節・清水エスパルス戦。
甲府は前節の新潟戦から、これまでの「構える守備」から『前からチェックに行く守備』に切り替え、清水戦でも継続してできるかどうか注目された試合でした。前後半通して、甲府が意図とする攻守が実戦できたのではないかと思いますが、
結果は『1-2』と敗戦となってしまいました。非常に惜しいシーンが何度もあり、同点に追い付けていれば逆転まであった試合だっただけに、今季で1番「悔しい」試合でした。

<120100709_049つのチャンスを生20100709_041かされる>
  試合の立ち上がりは清水のペース。15分くらいまでは甲府陣内でボールを回され、CK・FKのセットプレーも何回もあり危ない場面もあったのですが、ダニエルを中心に凌ぎきると甲府もボールが繋がり始めました。特にパウリーニョの動きが目覚ましく、積極的にシュートも放ち甲府に試合の流れが来たかに思われました しかし前半29分、PAやや外でボールを持った小野にチェックが遅れると、ミドルシュートを打たれこれが決まってしまい先制点を献上。
この先制点で清水に流れが行くかと思いましたが、甲府はさらに攻勢に出て同点ゴールを狙いに行きました。すると前半41分、ダニエルのパスに抜け出したパウリーニョが、GKを交わして2試合連続となる同点ゴールを決めました。いい時間帯に追いつき、後半に勝負をかけれれば・・・と思った前半のロスタイム。左サイドからのクロスボールがダニエルに当たりコースが変わると、そのボールは清水FW・大前の足元に運悪く渡ってしまうと右足でシュートを決められてしまい、清水に勝ちこされてしまいました。

<後半20100709_083は完全に甲府ペース>
20100709_069 1点を追いかける展開となった甲府は、左SHに片桐を投入して勝負をかけました。後半開始早々は少しバタバタしたものの、徐々に清水陣内でプレーする時間を長くすることに成功。伴って、同点ゴールがいつ生まれてもおかしくないほど決定機に溢れ、スタジアム内の雰囲気も熱を帯びてきました。し20100709_051_2かし、パウリーニョ・柏のシュートはGKのファインセーブ、阿部・片桐のシュートは枠外、 柏とダニエルのヘディングはGK正面とどうしても同点ゴールが奪いきれないまま時間は過ぎついにタイムアップ。後半は清水のシュートを1本に抑え、かなりの時間を清水陣内で攻撃に費やしたのですが、勝利には繋がりませんでした。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~DF:20 吉田豊(通算2回目)>

20100709_027 今節の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」は先制点のパウリーニョと悩んだのですが、パウリーニョは後半の時間が経つにつれ存在感が薄くなってしまったので、今節は次点ということにしました。今節の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」は、左SBの吉田に決定したいと思います。マッチアップした清水の攻撃のキーマン・大前を1対1では完全に抑え込み、オーバラップも効果的にできたことから今回2回目の選出となりました。ただ、試合終了間際に怪我で退場となってしまい、次節以降に影響が出るかどうかとても心配されます。恐らく明日にはクラブから発表があるでしょうが、1日でも早い戦線復帰を祈りたいと思います。

<うっ20100709_047_2かり・・・マスコットショーを見逃す>
20100709_008 この日、山梨中銀スタジアムに到着したのが3時30分頃。私が到着するのを見計らったかのように雨が降り出し、スタジアムに入場後は雨が凌げる場所で待機していました(J's GOALの写真に写っていましたw)。「雨止まないかなぁ・・・」なんてボケーっと考えていたら時間の経過を忘れてしまい、マスコットショーに遅れてしまう大失態・・・。でも、その後の元気なヴァンくんとフォーレちゃんを見ることができて、『まぁ、こんな日もあるか』と切り替えることができましたw ヴァンくん&フォーレちゃん、この日は水着で登場だったようで、ますます活躍の範囲が広がってきています。頼もしい限りです♪

<開幕戦と同じような感覚・・・再スタートだ!>
20100709_053 「攻めて攻めて決められず、少ないチャンスを生かされて敗戦」 今季の開幕戦・磐田戦のような試合だと思いました。ですが、C大阪戦~福岡戦の間の4連敗と、清水戦の敗戦ではその『意味』が大きく違うと感じています。4連敗の時は、本当に「ただ失点を重ねて負けた」ということしかなく何も残らない(先に繋がらない)試合でしたが、清水戦では『ゴールが決まっていれば(チェックに行けていれば)』と先に繋がる(課題が見えている)敗戦だったと思います。回り道をしたようですが、今季の甲府の戦い方を改めて確認できた清水戦だったと思います。選手達からも手応えを感じるコメントも出てきており、この戦い方をベースに攻守においてもう少し修正を行っていけば、J1残留への道は切り開けるのではないかと思います。

リーグ戦はまだ半分以上残っており、まだまだこれからです。
次は、MF・伊東のJ1・500試合出場のメモリアルゲームとなるホーム・ガンバ大阪戦。絶対に勝利して伊東の偉業を祝い、サポーターみんなで喜び合いましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 勝ちたかった試合 | トップページ | 【J特】リーグを乗り切るため、大きなテコ入れ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

仕事の関係で8月いっぱいまでお休みがありません。
1番楽しみにしていた浦和戦も行けなくなりそうです(涙)。

いよいよ次節で半分ですね。
今はとにかく甲府の勝利を信じるのみです。

ガンバ戦から不参加ですが、何らかの形で応援します。
まーちさんのブログでうれしい報告を期待しています。

いつも守備的なコメントですみません。
本当は攻撃的なサッカーを観たいけど、
ついついリアルに考えてしまいます。

>シャーさん
震災の影響でお仕事になってしまったのでしょうか?
なんとも・・・お疲れ様です。

J1に定着することを第一目標とするなら、ある程度は守備的にならざるを得ないと思うので、シャーさんの考え方は現実的でいいと思っています。まずは、「できること」から手をつけないといけませんからね。
G大阪戦で折り返し。現在のところ勝ち点は「14」なので、目安となる折り返しで『20』には勝っても足りません。しかし、後半戦に勢いをつけるためにも、(スケジュール的にも有利なので)どうしても勝ちたい16日の一戦です。私も、この場で嬉しいお知らせができるよう、山梨中銀スタジアムで精一杯応援したいと思います。

マッキーでございます。
ダビィ選手の補強が発表なりました。同時に吉田選手の怪我が全治四週間との発表がありました。早く戻ってきてほしいと思います。CBの補強も必要になるかもしれませんね。若手も起用も考えてはと思います。
ところで、補強のダビィ選手は甲府の救世主になってくれるんでしょうか。なってくれなくては困ります。今週のガンバ戦で調度半分消化します。残留にはやはり勝ち点40くらい必要でしょうか。半分の20に届きませんので是非とも勝ってほしいと思います。
豊選手の怪我は痛いですが、起きたものはしょうがありませんので二カ月くらいな駄目みたいなので変わりが必要ですね。

>マッキーさん
ダヴィは公式に発表されましたね。
以前Jリーグでプレーしていた時は申し分ない活躍だったので、その時のパフォーマンスが発揮できるのであれば、これ以上ない補強です。ですが、様々な情報を総合するとそこまでの期待をするのは、まだまだ酷なようです。もちろん、彼の活躍なくして甲府のJ1残留は考えられないのですが、まわりの選手との連携を含めてどうダヴィをチームで起用していくのか、指揮官の腕の見せ所です。

吉田は全治4週間。非常に痛い戦線離脱です。
スポーツ選手は発表される「全治」よりは早く復帰してくるので、若い吉田ということもありかなり早い戦線復帰を勝手に思い込んでいるワタクシです。1ヶ月後、山形戦までには戻ってきてほしいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ちたかった試合 | トップページ | 【J特】リーグを乗り切るため、大きなテコ入れ »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ