« ここからもう一度スタート【J特】 | トップページ | 【J特】素晴らしい試合でした »

【J特】リーグを乗り切るため、大きなテコ入れ

まずは、清水戦で負傷交代したDF・吉田の怪我の具合が発表されました。

 左膝外側支持機構損傷(全治約4週間)

約1カ月の戦線離脱となってしまいました。今後、リーグ戦は1週間に1試合のペースに戻るので復帰が早ければ3~4試合で済むのですが、その3~4試合は順位の近いチームが相手になるので、非常に痛い戦線離脱となってしまいました。左サイドからのオーバーラップや、DFライン裏へのカバーリングなど吉田の『速さ』が効いていました。代わりに誰が起用されるか流動的で、内山・石原・山本らが予想されますが吉田と同じプレーはできないので、起用される選手はそれぞれの持ち味を発揮して勝利に繋げてほしいと思います。

続いては、外国人FW獲得のニュースです。

 ウム・サラル(カタール)よりダヴィ選手が期限付き移籍加入

2007年から2009年までJリーグでプレーしていたFW・ダヴィが、レンタル移籍にて加入のニュースが飛び込んできました。Jリーグでプレーした時は、3年間で43ゴールを挙げ実績面では申し分ありません。ただ、怪我で前所属のチームを契約解除されたことや、周りとの戦術面での連携を考えると、手放しでは喜べないと思います。今年の3月に中国のチームから契約解除になると、ここ一カ月前まではサッカーからは離れていたとの情報。昨日からチームに合流しているようですが、コンディション面でどこまで上げてこれるか注目されます。また、ダヴィは1人でボールを持って行くことができる選手なので、周りとの連携したプレーが観られるかどうかは微妙なところかもしれません。マイク・パウリーニョ・片桐・柏など今までいる攻撃的な選手とどう融合できるのか、1人ではサッカーはできないので目論見通りの『得点力のアップ』を計るには「連携」が大きな鍵となってくると思います。

最後に、公式はまだですが地元ニュースで発表されたDFの加入。

 磐田にも所属していたDF金珍圭(26)=フリー=を獲得

元韓国代表で、高さと強さを誇るCB・金珍圭(キムジンギュ)の獲得が固まったとの情報です。こちらも韓国のチームを退団後、中国のチームに先月まで所属していましたが、怪我とKリーグ八百長問題でそのチームも退団していました。ここまでリーグで2番目に多い「28失点」と、守備面での強化が急務だった甲府。DFを入れればいいという問題ではない気もしますが、実績は十分な選手なので選手個人のレベルアップがチームのレベルアップに繋がれば・・・・と思います。こちらもダヴィと同じく、「コンディションの回復」がいつまでにどこまでできるのか、チームの浮沈を占うことになるかもしれません。

今週になり、次々とビッグネームの補強が発表された甲府。
J1残留に向けてなりふり構わない状況のようですが、やや心配なのは多士済々の攻撃陣を操る「司令塔役」の選手の不在。その役割が期待された片桐は1試合通して出場ができず、養父は守備や運動量に問題があります。堀米あたりに期待したいのですが、三浦監督の信頼までは至っていないようで、出場もこれまで1試合にとどまっています。新たな選手もどうかな・・・という気がしますが、もし可能性があるのならそういった選手に期待したいです。

怪我の発表から選手補強まで、今週末にはMF・伊東の500試合出場メモリアルが控えており、とても慌ただしい今週です。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« ここからもう一度スタート【J特】 | トップページ | 【J特】素晴らしい試合でした »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

マッキーでございます。
残留のために次々に補強されています。
しかしながら、いれたということはでていく選手もいると思いますが、DFとFWを入れましたが、これらを操る司令塔がいません。それは前述のとおりです。吉田の代わりは石原、やぶ、内田でなんとか乗り切るしかありません。ダニエル 新加入の韓国DFでかなりCBは安定すると思います。やはりそうなると司令塔 トップ下になると思いますが、それを何回言いますが、若手の中から探すしかないと思いますが、それか流動的に攻めるのもいいかもしれません。トップ下を置かないで、3トップにして、再度は攻撃的MFを配置するやり方です。マイクを真ん中におき、攻撃の起点を次々変えていくのはどうでしょうか?
片桐であり、永里であり、パウであり、堀米などです。しかし、残留するためには必要になることだと思います。では

>マッキーさん
ダヴィ・キムジンギュに関しては、試合から離れていた時間があるので、いきなり実戦投入というよりはある程度時間をとってから実戦・・・という形になると予想しています。(できるかどうかは別として)今のベースに2人を加えて、チーム力を上げていくことがベストなので、まずは2人がどこまでできるのか?チームの中で何ができるのか?見極める必要がありそうです。

ご指摘の「3トップ」ですが、私は向かないと思います。
中央はマイクが適任ですが、WGにパウリーニョやダヴィだとサイドの守備が非常に手薄になると思われます。3トップなら、マラニョンをレンタルから戻して右に柏を入れた形の方が、バランスは良いのではないかと思います。
最初は今までの形(マイク・パウリーニョ)の2トップでスタートし、ダヴィがどこまでできるのか途中交代で見極め、札幌や名古屋の時のようにできるのであれば、2トップの1人に起用すれば良いのではないかと思います。ちなみにパウリーニョは、相手ゴールの近い場所でプレーすることがベストなので、サイドや2列目は向かないというのが私の見解です。

いや本当に吉田選手の離脱は痛いです。
なんで今なの?って感じですが、しかたないですね。
さて、2人のビックな補強がありましたが、実績はOKですが、
はたしてすぐに戦力になるのかは?ですね。
今年、甲府は十分すぎる補強を行いました。
しかし、ここでまた補強するということはどうなのかな?って思います。
それでも補強するなら、FW、DFでもなく、司令塔だと思います。

しかし、しばらくおあずけのオイラ。
あ~あガンバ戦行きたいなあ。

マッキーでございます。
ご指摘の通りですね。これで補強は終了でしょうか。SBの補強は必要でしょう。京都から秋元あたりを引っ張るわけにはいきませんか?何人か移籍のうわさもありますが少し流動的ですね。掲示板の方ではホーメーションは色々あるみたいですがCBにダニエルと移籍の韓国DFを並べ臣と石原(伊東)をボランチ、SBに吉田と市川もしくわ養父など選択し有りそうですが、練習試合などで見極める必要あると思います。
今週は、ガンバ戦圧倒的攻撃力のチームですが、失点も多くつけ入るすきはあると思います。相手は中二日 こちらは中一週間と日程的にも有利です。甲府の暑さは独特で相手にとってはとても大変だと思います。日本代表が中東の暑さに苦しめられるようにかなりの悪条件だと思います。チケットも売れているみたいで、明日は頑張って応援しましょう。

>シャーさん
今季1番伸びて、今や欠かせない戦力となっている吉田。左サイドは彼に任せていけば安心だっただけに、非常に痛い戦線離脱となってしまいました。今日のスタメンには内山が予想されますが、吉田の不在を感じさせないようなプレーに期待したいです。

補強に関しては、前向きに考えられるよう「選択肢が増えた」と考えれば良いと思います。より早くフィットすればベストですが、まずはコンディションを取り戻してほしいですね。周りとの連携は「それから」だと思います。

ガンバ戦、試合開始には間に合わない私ですが、行かれないみなさんの分も応援がんばります。

>マッキーさん
ダヴィと金珍圭の補強、(金銭的に)やや無理をした様子が感じられます。
とてもあと1~2人とはいかないと思いますが、可能であるならボランチがほしいところです。前線にボールを供給でき、攻守に豊富な運動量、1試合通して出場できるスタミナなどを持っているとベストですが、そんな選手が今から来てくれるかはかなり微妙。まぁ、あまり期待せず、のんびりと待ちましょう。

本日のガンバ戦。
スケジュールも甲府にやや分があり、いろんな「メモリアル」も重なることから、甲府としてはどうしても勝利がほしい一戦です。選手達の背中を後押しすべく、精一杯の応援でがんばりたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ここからもう一度スタート【J特】 | トップページ | 【J特】素晴らしい試合でした »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ