« 手にした勝ち点は1 | トップページ | 先制も勝ち点にはとどかず【J特】 »

【J特】以前の甲府のような試合

<5連勝中の鹿島を相手に>
24日に行われましたJ1第23節・鹿島アントラーズ戦。鹿島は甲府戦の前まで「5連勝」と勢いに乗っており、チームとして上向きの兆しを見せ始めた甲府にとっていわば「試金石」となる一戦。
小笠原のミドルシュートから田代に決められ先制点を許すも、市川のクロスに阿部がダイビングヘッドで飛び込み同点ゴール。結局そのまま『1-1』で引き分けとなりました。
J1残留争いを続けている甲府にとって、勝ち点「1」ではやや物足りない結果となってしまいましたが、5連勝中の鹿島を相手に同点においついての引き分けという内容は、今後に繋がる大きな結果だと思います

<システムを変えて2戦目>
この日も、浦和戦と同じく「4-2-3-1」のフォーメーションを採用。ダブルボランチには山本と井澤、2列目に柏・片桐・パウリーニョが並び、1トップにはマイクの布陣。DFラインからFWまでをコンパクトにすることができ、特に前半は鹿島がDFラインでボールをまわす場面が目立ちました。
ただ、攻撃面ではその起点となる片桐の運動量が浦和戦に比べると少なく、マイク・パウリーニョが孤立する場面が目立ちました。もう少し、甲府の得点源となる2人の近くで片桐がプレーできたり、ボールを触る場面が増えてこないと攻撃にリズムが生まれません。このシステムになって2試合目なので、まだまだ熟成の時間が必要だと思いますが、名古屋戦では古巣との対戦になる片桐の「運動量」に注目して、試合を観ていきたいと思います。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~GK・1 荻晃太(通算4回目の選出)>
3節(清水戦)以降、7試合連続で複数失点が続いていた甲府でしたが、鹿島戦では4試合ぶりのスタメン出場となった荻が、その連続複数失点を止めました。まずは前半、左手1本でセーブした場面が試合の流れを作りました。
その後1失点したものの、終了間際のセットプレーの連続した場面や、直接FKを狙われた場面では必至の形相・大声での鼓舞やコーチング・鋭い反応でのセービングで、鹿島に追加点を許しませんでした。失点が続き、やや気持ち的が下向きになっていたそうですが、この試合を見る限りは完全に復調したと言えると思います。これから11試合、荻のファインセーブなくしてJ1残留は考えられないので、頼もしい戦力が帰ってきたと思いました。

<強敵続く・・・、残留にはほしい勝ち点「3」>
次の試合は28日(日)に名古屋とのアウェーゲームの予定です。
甲府との前回の対戦以降、前々節の仙台戦まで負けるまで16試合負けなしが続いていた名古屋。前節では川崎に勝利し、その勢いを取り戻しつつあると思います。しかし、名古屋は、13日の広島戦から中2~3日で連続で試合を行っており、甲府戦が5試合目となる見通しなので、コンディション面で甲府に分があるのではないかと思います。そのあたりを甲府はうまく生かしたいところです。

ここ2試合、ボランチに井澤が1・5列目に片桐が起用されていますが、この配置を見ると昨年以前の甲府を思い出します。わかりやすい例でいくと、山本が中盤の底で守備をしながら前線へボールを供給する林の役、井澤が走りまわってスペースを埋めてボールを拾う石原の役、片桐が前線へボールを供給したり自身もゴール前に飛び出す藤田の役・・・といった具合です。思ったより山本の林役がハマっている感じがしますが、一方では片桐はまだまだ藤田のレベルには遠いなぁ・・・といった感じもします。そんな見方をしながら鹿島戦を観たのですが、全体的に運動量があり攻守の切り替えも速く、以前の甲府というか2006年や2009年の甲府を観ているようでした。2006年はJ1で15位、2009年はJ2で4位と対照的な結果になりましたが、今年はここからJ1残留に間に合うか微妙なラインだと思います。でも、この試合ができていれば・・・・少なくとも監督交代以前の時よりは可能性は大きく感じることができると思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 手にした勝ち点は1 | トップページ | 先制も勝ち点にはとどかず【J特】 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

まーちさんこんばんわ。(●´з`●)←こん★
マッキーでございます。
監督が交代して三試合目、掲示板レポートで練習では、凄いメリハリがあって
活気ありとの報告があってチームがいい方向へ向かっている気がします。
山形戦では、1-3の完敗でしたが。浦和戦では3-2の勝ち、そして水曜日は
1点先制されましたが、同点に追いつくという価値ある引き分けでした。
そして明日、優勝争いをしている超ビッククラブ名古屋戦です。
ホームでは名古屋が調子が悪くて勝ちましたが、現在先週も川崎に勝って、
ずっと好調を維持して、優勝街道まっしぐらという感じです。
この相手に、アグレッシブに走りまわり、勝ち点3を持ち帰って欲しいと思います。
自分も応援バスで行きます。熱い応援をして来ます。
頑張れヴァンフォーレ甲府!

>マッキーさん
本当は、自らの目で練習なんかは見にいきたいのですが、なかなか時間が合わず行けずじまいです。活気が出てきたのであれば、それは結構なことなので、練習内容に伴い結果もついてくると、申し分ないんですが・・・果たしてどうなるでしょうか?

本日の名古屋、中盤のダニルソンが欠場の見通しということで、甲府にとっては運動量で上回れるチャンスが回ってきたと思います。代わりは元・日本代表の中村あたりが予想されるのですが、ダニルソンに比べると「速さ・強さ」では1枚下。井澤・山本・片桐が試合を通して運動量で中盤を支配できれば、勝機は十分にあると思います。名古屋までの遠征、まずは気をつけて行ってきてほしいことと、勝ち点「3」をお土産に帰甲してくれますよう、山梨から応援しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 手にした勝ち点は1 | トップページ | 先制も勝ち点にはとどかず【J特】 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ