« 【J特】監督交代も結果を出せず | トップページ | 手にした勝ち点は1 »

1か月ぶりの勝利【J特】

<やってきた国立開催・・・結果は?>
本日行われましたJ1第21節・浦和レッズ戦。
リーグ戦4連敗・J2降格圏内の16位で迎えたホームゲーム扱いの国立競技場でのこの試合。
年に1回ということで、どうしても行きたい試合だったのですが、私は風邪をひいてしまい無念の欠場。その様子をテレビ画面越しでしか観ることができなかったのですが、「3-2」と浦和相手に初めて勝利するという歴史に残る勝利で、連敗を止めJ1残留争いに踏みとどまりました。

<この日のスタメンは『片桐システム』>
佐久間監督に代わって2試合目、前節からスタメンの変更が大きくありました。
DFラインには、相手MF・原口を警戒して右SBに吉田を配し、左SBには内山が入りました。中盤のダブルボランチには山本と井澤が起用され、ここまで全試合スタメン出場の伊東が外れました。
そして、ここからの攻撃陣にさらなる大きな変化。今までの2トップから3トップ気味のシステムを採用していました。FWの中央にはマイク、左右にパウリーニョと柏が起用され、トップ下には片桐が2試合連続でのスタメン出場。かなり昨年に似た布陣でのスタメンになっていました。試合が始まるとトップ下の片桐が前後左右自在に動き回り、持ち前のキープ力と正確なボールを供給して機能していました。このシステムは、まさに「片桐システム」と呼んでいいと思います。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~FW:10 パウリーニョ>
久しぶりに復活の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」のコーナー。
本来は負け試合でも選出するのですが、最近の不甲斐ない敗戦に考えることも止めていましたが、今回勝った試合なので選出しない訳にはいきません。
と言っても・・・浦和戦では、問答無用の大活躍だったパウリーニョがダントツで選出です。圧巻だったが何と言っても1点目。あまり角度のない位置から、GKの頭上をものすごい弾道とスピードでゴールに突き刺したシュートは、圧巻の一言でした。マイクの得点もパウリーニョのクロスボール、3点目もGKのタイミングを外しゴールの枠ギリギリに決める素晴らしいシュートでした。パウリーニョはこのゴールで7得点目ですが、その全てが7月以降ということで、暑くなってきてパウリーニョの季節が到来したと言えそうです。次の試合でもゴールを期待しています♪

<次の試合は4日後・ホーム鹿島戦>
J1は21~23節は過密日程。次の試合は、早くも4日後にホームで鹿島戦が予定されています。
前回の対戦は甲府が勝利しましたが、その後に調子を上げてきた鹿島は21節終了時点で5位までジャンプアップ。確か、前回対戦時はそんなに順位が変わらなかったはずなので、ちょっとの間にだいぶ差がついてしまいました。
チーム力が整ってきた鹿島を相手にするのは非常に厳しいと思いますが、そこは「日程の利」を味方につけたいところ。鹿島は17日にも試合をしており、甲府との対戦は4連戦目になります。そのあたりのコンディション差を最大限味方につけて、勝利のチャンスを見つけたいところです。
また、今日勝利できたと言っても清水戦から7試合続いている複数失点も、勝利のためには止めなくてはいけません。浦和戦ではパウリーニョが攻撃面は躍動しましたが、守備面ではやや軽い守備が目立ち、2失点目もパウリーニョがいる左サイドからでした。幸い、浦和の右SB・高橋がそれほど攻撃的に上がってこなかったので、そこまでパウリーニョに守備が求められませんでしたが、鹿島の右SBは日本代表の西なので今回のようにはいかないと思います。

今日の勝利で15位・大宮と勝ち点差を「4」に縮め、J1残留に向け光が見えました。この光をさらに大きくするため、鹿島にはぜひ勝ちたいところです。今日の気持ちを忘れず、次も戦っていきましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 【J特】監督交代も結果を出せず | トップページ | 手にした勝ち点は1 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

素直に勝って嬉しいです。
国立で輝く夜空はとても良かったです。
問題は次ですね。
まーちさん風邪は大丈夫ですか?

>シャーさん
そうですね、課題はまだまだありますが今日のところは勝利を喜びましょう!
クラブ史上初の浦和戦勝利なんですからね!!

私の風邪は、抗生物質が効き良くなりつつあります。
この分なら鹿島戦には元気に行けそうなので、十分養生したいと思います。

いやぁ~、ハンパねぇっす(^_^)v。前回10人に負けた事を選手達は十分に受け止めて、ファイトしてくれました!そして守りを固める為の後傾な姿勢ではなく、前を向きながらかわすスタイルに変わりつつあり、選手が活き活きしていましたね。鹿島戦も連続参戦しますので、一緒に後押しし、連勝を掴みましょうっ♂。

>ごみごみさん
3点目をとったタイミングが良かったと思います。
前向きな気持ちというか、局面での「厳しさ」を感じることができた試合でした。この試合を今後も続けられるかどうかが、J1残留に向けた大きな鍵になっていると思います。
鹿島戦が大事となってきましたね。

まーちさん風邪ほうは、大丈夫ですか。少し気温の変化が激しいので少し気をつけた方がいいかもしれませんよ。また水曜日あたりから暑くなると思いますので、体調管理して風邪を治してください。
ところで、国立には応援バスで韮崎より行きました。全部で四十台ぐらいのバスと応援列車、そして個人的に出かけた人もいましたが、観客は全部で、21000人くらいでしたが、その内ヴァンフォーレサポーターは8000人くらいだったのではないでしょうか。四年前は観客は全部で37000人ですから、浦和サポーターがチーム状態が良くないみたいで期待したよりは少なかったです。試合の方はボランチに井澤選手を先発で使いましたが動きがよくてこれからも使ってほしいと強く思いました。荒谷選手は足がつったらしく交代したとのコメントが佐久間監督があり、もしあればなければ堀米選手の投入があったのでしょうか?ただ、以前、複数失点が続いており後半動きが悪くなって少し、引いたところ失点してしまいましたね。1点目はセットプレーからの失点で今シーズンセットプレーからの失点が目立つのでもう少し、練習でマークの確認することが必要でなないでしょうか。練習を見学に行った人からのレポートによれば、監督が変わって、練習に活気があり、メリハリもあって、指示も選手に伝わるようにしっかりしているみたいで、三浦監督よりは密度の濃いものになっているみたいです。今週水曜日はホームで鹿島戦です。まーちさんの以前おっしゃられたように、残留するために勝ち点7が必要だと思います。残り2試合1勝1分でいかないといけません。鹿島戦吉田選手が累積警告で出られません。だれを入れるか監督の手腕にかかってくると思います。市川選手か内田選手になりますかね。自分も仕事が終わって、応援に行くつもりなので、また勝利してまだ、よく覚えていませんが輝く夜空を声高らかに歌いたいです。あと最後に監督も挨拶に来ましたので前監督は違うと思いました。

>マッキーさん
お気づかいありがとうございます。
風邪の方はだいぶ良くなってきました。この分なら、水曜日のホームゲームはバッチリ応援できると思います。

国立開催、あとで検証しようと思っているのですが、約21000人は「少ない」の一言。浦和の動員も少なかったと思いますが、何といってもホーム・甲府の動員が少なすぎました。バックスタンド2階は未開放、甲府ゴール裏はよく見て6割程度だったと思います。残念ながら、今回の国立開催は失敗だったと考えざるを得ません。

試合は、「3-2」の快勝ということで素晴らしいゲームだったと思います。
パウリーニョ・柏の両SHが高い位置をとり、特に前半は浦和DFラインをことごとく破っていました。中央では、マイクの近くで片桐がプレーして攻撃のリズムを作り、初スタメンの井澤がセカンドボールを拾いまくっていました。後半の中盤までは良かったのですが、そこから運動量が落ちてしまい1点差に詰められてしまいました。前半のような戦いを1試合通してできるようになれば、チーム成績もさらに上がってくると思います。

鹿島戦、吉田の累積警告は痛いですが、代わりには津田を私は推したいです。
吉田のような速さや推進力はありませんが、安定感は抜群にあるので、マッチアップするであろう遠藤や野沢をきっちりと抑えてくれると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】監督交代も結果を出せず | トップページ | 手にした勝ち点は1 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ