« 先制も勝ち点にはとどかず【J特】 | トップページ | これが序盤なら… »

【J特】崖っぷちの9月

本日より9月。
台風が接近してきており日本代表の試合開催が危ぶまれる中、山梨県(甲斐市)は嵐の前の静けさというか、このまま何事も起こらないかのような穏やかな夜を迎えています。

J1のリーグ戦も残り10試合。
女子・なでしこジャパンがタイを3-0で快勝、男子・W杯予選もエース・本田が離脱する緊急事態で緊張感のある試合が明日に控えていますが、J1残留争いの真っただ中にいる甲府サポーターはそれどころではありません。
ハーフナー・マイクがクラブ史上初のA代表選出といううれしいニュースがありましたが、『24試合で勝ち点21』では安心して日本代表戦を応援することができません。
8月、J1残留に必要な勝ち点を「7」と記事に書きましたが、結局8月に手にした勝ち点は「4」。1勝足りない計算ですが、その分をあと10試合で取り返さなくてはいけません。残り10試合いうち、9月は3試合が予定されていますので、その3試合を確認したいと思います。

 第24節・11日(日) ベガルタ仙台戦  (山梨中銀スタジアム      PM18:00)
 第25節・17日(土) アビスパ福岡戦  (山梨中銀スタジアム     PM18:30)

 第26節・24日(土) ガンバ大阪戦   (万博記念競技場    PM18:00)

J1残留に必要とされる勝ち点は「40」。甲府は現在勝ち点「21」ということで、あと19が必要です。残り10試合で勝ち点19は非常に高いハードルですが、9月は仙台・福岡とホームゲームが連戦となっており、勝ち点を稼ぐチャンスだと思います。ベストは3試合で勝ち点「7」ですが、最低限でも『5』は必須。DFの軸・ダニエルを欠く仙台戦・福岡戦となりますが、チーム全体でその穴を埋めて勝ちきることがJ1残留への扉を開くことに繋がってきます。まずは仙台戦に向けていい準備を行い、目の前の一戦を必勝の覚悟で臨んでいってもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 先制も勝ち点にはとどかず【J特】 | トップページ | これが序盤なら… »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

いつも仙台戦は梁さえいなければ、って思いますねぇ。
真面目な話、ここで2勝できないともう駄目でしょう。
ダニエル選手がいないのが痛い。
いろいろ言っても仕方ないので代表の応援します。
無論マイクのことですが。
彼にはビックな選手になってほしいので。
甲府に来てくれて感謝します。将来は海外で活躍してほしいと思っています。

まーちさんおはようございます。
今日と来週ホームでの二連戦重要な試合になります。
守備のかなめダニエル選手がこの二試合出られません。痛いですが、みんなでカバーするしかありません。残り十試合、その内ホームで五試合すべて勝つことが残留の条件になるような気がします。そして、最後の大宮とアウエーでの対戦があります。そこまで、残留の可能性を残して、最後に決まるようなシナリオになるような気がしています。
ところで、今日はJ1屈指の守備力を誇る仙台との対戦です。アウエーでやった時は、相手が優勝も狙える位置にいて0-4の完敗で、自分は現地で観戦して、打ちひしがれて帰ってきました。今度はそのリベンジをしてもらいたいし、大宮が昨日負けているので是非勝ち点3をゲットしてほしいと思います。
今日は応援に行きます。勝って勝利の歌を声高らかに歌いたいと思います。

>シャーさん
すっかりレスを忘れていましたw
大変遅くなってしまいまして、ゴメンナサイです・・・。

本日の仙台戦、恐らくは左SHで梁はスタメン出場が予想されます。代表帰りでやや疲れがあるみたいですが、甲府との相性の良さを見込まれてスタメン出場との予想です。イヤなプレーをする選手の1人ですが、この壁を乗り越えなくてはJ1残留を手にすることはできません。

そして、日本代表・FWマイクに期待は集まるのですが、彼は「使われる選手」なので回りがどれだけ彼をサポートできるかが勝利への道になってきます。FW・阿部、DF・金珍圭の欠場が濃厚な中、代わって出場する選手がどれだけ勝利への執念を燃やして仙台に向かっていけるか、サポーターもできるだけの応援をしていきましょう。

>マッキーさん
本日の仙台戦、来週の福岡戦がJ1残留へ向けての第一関門と言えると思います。
ここを2つ勝って、ようやく今まで出遅れた分を取り戻しJ1残留へのスタートラインに立ったということができると思います。幸いなこと、当面の相手となる大宮が昨日の試合に敗れたので、勝ち点差を詰めるチャンス到来です。3点か1点か、はたまた差を詰められないのか、非常に意味の大きい重い試合となりました。
残念ながら、ダニエルが退場処分により2試合の出場停止。さらにその代役と見込まれていたDF・金珍圭、マイクと絶妙なコンビネーションが光るFW・阿部の2人が怪我により仙台戦は欠場の見込みです。文字通り「チーム一丸」で、これら欠場選手の分も出場する選手達は勝利に向かって走り続け、結果を残せるかがこれから10試合でJ1残留を成し遂げる大きな鍵となる試合となりました。

勝利した後のシミュレーションは十分すぎるほどできています。
ホームの大声援で選手達の後押しをし、勝利に向かって共に戦いましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 先制も勝ち点にはとどかず【J特】 | トップページ | これが序盤なら… »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ