« 勝ち点3はいいね! | トップページ | 【J特】甲府がJ1残留できるか・・・探ってみる »

最後まで決まらない・・・そのために【J特】

<福岡に勝利、望みをつなぐ>
20100918_026 20100918_076 17日に行われましたJ1第26節・アビスパ福岡戦。DFラインのメンバーを3人欠き、さらには怪我人続出ということで非常に厳しい試合が予想されました。しかし、前半からアグレッシブな攻守で2点を先制。後半早々に1点を返されるも、効果的な選手交代でその後を逃げ切り、『2-1』で1ヶ月ぶりの勝利を飾りました。パウリーニョの笑顔が、とても嬉しそうです。

<ストライカーここに見参!>
20100918_072 20100918_032 前半の2点は、鮮やかな得点劇でした。先制点は前半4分、自陣からのカウンターから片桐のスルーパスに抜け出したマイクが、相手GKの飛び出しより1歩早くボールに追いつきスライディングシュート。2点目は、市川のクロスを足元でコントロールしてターンしたところを相手DFに倒されPKを獲得。仙台戦でPKを外してしまったパウリーニョが、その悪夢を払しょくする勢いのあるシュートを右スミに決めて追加点。甲府が誇る2人のストライカーの揃い踏みで、福岡を下しました。

<後半は盛り返されるも・・・>
20100918_057 20100918_051 後半早々に福岡へ1点を献上。選手交代などで流れを変えてきた福岡に対して後手に回った甲府は、その後も守備に追われる時間が続きました。しかし、中盤に伊東・DFラインに金を投入すると落ち着きを取り戻し、試合の流れを引き戻すことに成功。何度かあった決定機を決め、3点目をとれていれば良かったのですが・・・、そのあたりが残り8試合への課題だと思います。

<気がつきました?日本代表監督が山梨に>
20100918_014 当日の私のブログでもお知らせしましたが、サッカー日本代表の監督アルベルト・ザッケローニ氏が、この日は山梨中銀スタジアムに視察に来ていました。正直なところ、「本当に来るのかなぁ?」と思っていたのですが、試合開始30分ほど前に到着。試合開始直前に写真の中央の席に座り、試合を観戦していました。不思議な気持ちというか、こんな日が来るんだなぁ・・・と、1人でしみじみしていましたw この試合でザッケローニ監督のメガネに適った選手は、何人いたのでしょうか?

<久しぶりに小瀬グルメ>
20100818_001 20100818_003最近はあまり会場で食べ物を買わないのですが、この日は気になるモノがあったので買ってみました。上野原町の特産品である『せいだのたまじ(300円)』。小さいじゃがいもの料理ですが、いろんな味をつけられてちょっとはまっちゃいそうです。今回はガーリック味でしたが、次は何味を試そうか今から考えています。「じゃがバター」のような味にするのが、1番美味しいかなぁ・・・。

<チーム一丸での勝利の意味は大きい>
20100918_034 20100918_039 福岡に勝利して勝ち点3を上積みした甲府。浦和と新潟が敗れ、大宮が引き分けたため上位との差を詰めることができました。メンバーが揃わない中、代わって出場した津田・冨田・市川・犬塚といった選手らの活躍で手にした勝ち点。残り8試合になって、ようやく「チーム一丸」の形ができてきたような気がします。次節からは、ダニエル・山本・吉田らが戦線復帰してきますが、そのまま戻してしまうのもちょっともったいないかな・・・と。いろんな意味で、大きな価値がある勝ち点「3」だったと思います。

こういう言い方は荒っぽいですが、J1の残留・降格が決まるのは33~34節だと見ています。そこまでどうにか、上位陣に喰らいついていかなくてはなりません。相手関係や日程などは後ほど整理したいと思いますが、日本代表・U-22日本代表・ヤマザキナビスコカップ・天皇杯など特に日程は複雑に絡み合いそうなので、小さなことでも甲府に有利なことはないものか捜索したいと思います。

しかし、まずは今週末のガンバ大阪戦。
ガンバは7月に甲府に敗れて以来負けなしだそうです。持ち前の攻撃力はさらに磨きがかかっているみたいですが、中盤のベテランにやや疲れが見えるとの話です。甲府はDFラインの復帰以外にも、途中加入のダヴィが先日の練習試合では(大学生相手ですが)4得点をとったりと、ここにきて明るい話題が少しずつ出てきました。アウェーなので、まずは勝ち点「1」を目標に、現実的な戦いをしてほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 勝ち点3はいいね! | トップページ | 【J特】甲府がJ1残留できるか・・・探ってみる »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

まーちさんおはようございます。

明日は首位、そして優勝街道を突き進んでいるガンバ大阪が相手です。まーちさんがお

っしゃるように七月以来負けていないみたいで、得点力は64点と一試合平均2.46点です

から宇佐美選手、アドリアーの選手が抜けても資金力と選手層の厚さに驚かされます。

甲府もダニエル選手 山本選手 吉田選手がメンバーに復帰します。しかし、厳しい戦い

になることは確実で、どこに勝利を見出すか難しいところです。山日予想では、4-3-3の

システムを試していたみたいですが犬塚選手少し不安な気がしますが、市川選手、伊東

選手はの方がいいような気がしますが、マーチさんの推薦していた堀米選手は中々入っ

てこないですが、自分も是非とも使って下さいと言いたいです。これからのためにもと思い

ますが・・・。津田選手 キム選手も使えるめどが立っていますので、ガンバ相手にはどう

しても守備を固める必要もあるので、監督の手腕の見せ所です。自分は現地には行けま

せんが仲間と東京のスポーツバーで声援を送りたいと思います。

是非とも勝ち点を取ってほしいと思います。サッカーは不利と言われる方が勝つことが

多いので頑張ったほしいと思います。

>マッキーさん
残り8試合の中で、明日のガンバ大阪戦が1番強い相手だと思います。
ここさえ乗り切れば・・・わずかに射している光も、もっと大きくなると思います。ただ、結果が伴わなくても、「ここが1番の壁」と捉えればそう悲観することもないので、まずはこの試合でベストを尽くしてほしいと思います。

スタメン予想は驚きの「4-3-3」。
前線とDFラインはいいと思いますが、中盤は少し心配かなぁ・・・と。キープ力と運動量が3人には求められるので、石原や堀米あたりがほしいと思います。井澤はマイクの下がったスペースを狙った動きを、犬塚はボールを拾うため豊富な運動量を求められるので、試合ではこの2人の動きに注目したいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ち点3はいいね! | トップページ | 【J特】甲府がJ1残留できるか・・・探ってみる »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ