« 【J特】ラスト5試合!このまま突っ走る! | トップページ | 【J特】できることを全力で »

早くも・・・期待の新戦力【J特】

J1残留に向けて、今持てるすべての力を結集しているヴァンフォーレ甲府。

そんな中でも「来季に向けた動き」は確実に進んでいました。本日(10/21)の山梨報知に、来季からヴァンフォーレに加入する予定の選手が2人紹介されていました。

 DF・林堂 真(りんどう・まこと) 駒澤大学4年生
 MF・佐々木 翔(ささきしょう)  神奈川大学4年生

どちらも非常に期待の持てる優秀なプレーヤーとの情報です。
まずはDF・林堂。基本はセンターバックの選手ですがボランチもこなし、駒澤大学では主将を務めています。今年、ユニバーシアード日本代表として優勝に貢献。チームでは、センターバックながらFKを蹴る場面も多く、ロングフィードも得意とのことです。
続いてMF・佐々木。本職はボランチですが、センターバックからサイドバック・サイドハーフもこなすユーティリティなプレーヤー。神奈川大学では主将で10番という、チームの心臓的な役割をしているようです。横浜(M)がマークしていた選手だそうです。

2人共に大柄な選手ではありませんが小柄ということもなく(それぞれ178・175)、バランスを重視した新人の獲得と思われます。なお今季については、(記事によると)新人の獲得は2人にとどめ、あとは移籍による獲得に絞るとのこと。いずれにせよ、来季戦うステージがどうなるかでその『補強』も変わってきますが、10月での仮契約(内定)は早いなぁ・・・という印象です。

それと1つ、聞き逃せない情報が飛び込んできました。

 J1浦和 ペトロビッチ監督との契約を解除

J2降格圏内の16位・浦和が、ペトロビッチ監督を更迭しました。J1残留を争う甲府にとって、この人事は忌々しき事態になったと思います。このまま1試合でも多くペトロビッチ監督がチームに残ってくれれば、J1残留を争う甲府にとって有利な材料となったのですが、残念ながらチームを去ることとなってしまいました。チーム状態の浮上のきっかけがつかめないまま、低空飛行を続けてほしかったのですが・・・。
そして代わって監督に就任したのが、ユース監督の堀氏。横浜戦のわずか2日前での就任ということで、何もかもが手探りの状態だと思います。そんな状態で結果を出されては勢いに乗ってしまうので、横浜には何が何でも勝ってほしいと強く願います。
まぁ、他のチームをあてにする前に、自力での残留の可能性が復活した甲府は勝ち続けることが1番です。さすがにここから5連勝はハードルが高そうですが、今のチーム状態と勢いなら・・・狙ってみるのも悪くないと思います。

清水戦が日曜日に迫ってきました。
アウェーの一戦ではありますが、山梨県内では急遽地上波(NHK甲府)での放送が決まり、より多くのサポーターの応援が受けられることになりました。来季の新戦力も少しずつ決まり始めているので、あとは彼らがJ1のステージに来年立てるよう残り5試合で残留を決めなくてはいけません。
応援、がんばっていきましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 【J特】ラスト5試合!このまま突っ走る! | トップページ | 【J特】できることを全力で »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】ラスト5試合!このまま突っ走る! | トップページ | 【J特】できることを全力で »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ