« 【J特】来季に向けて、期待を持たせてくれる試合に | トップページ | この勝利は来季への架け橋に【J特】 »

ホーム最終戦に快勝!

本日行われましたJ1第33節のアルビレックス新潟戦。
マイクを欠く緊急事態、さらには事実上のJ2降格が決まってしまった難しい試合だったのですが、結果は「3ー0」の快勝劇でした。
試合は前半、片桐のゴールで先制点の奪取に成功。後半の立ち上がりに押し込まれる展開から、同点ゴールを献上したかに思われたのですが、オフサイドに救われノーゴール。すると、山本のミドルシュートが養父に当たり、新潟ゴールに吸い込まれ追加点。さらには、柏がパウリーニョとのワンツーから右足でシュートを決め3点目を挙げ、試合を決めました。

勝因は、3得点の攻撃陣は素晴らしいの一言でしたが、後半の立ち上がりを無失点で凌いだ守備だったと思います。荒谷のファインセーブ、ダニエルと冨田のCBもチャレンジ&カバーの関係がしっかりできていて、安定感がありました。

まぁ、試合の詳細なレポートは後日ということですが、こんないい試合ができるなら…なんて思ってしまいます。てすが、目の前の試合に勝つためだけに集中した、非常にいい試合でした。

« 【J特】来季に向けて、期待を持たせてくれる試合に | トップページ | この勝利は来季への架け橋に【J特】 »

コメント

ホント、こんな試合をもっと観たかったですね。確かに向こうはベストメンバーではなかったんですが。そこに付け入るものをうまくつく事が、今季は余り出来なかったという事ですよね。シーズンは満足出来ませんが、今日の一試合は満足だったと思います。
あと一試合、今日のような試合でお願いしたいものです。

>ごみごみさん
今日の試合に関しては、攻守に渡って素晴らしい出来だったと思います。
相手のあることなので、なかなかうまくいかないことが多かったですが、こういう試合ができるのなら開幕からできていれば・・・・と思います。チームとして、プロとして、大宮戦を責任ある内容・結果で今年を締めくくってもらいたいと思います。

本当にいい試合でした。次節は大宮戦甲府が8点取って、柏が浦和から7点取れば残留決定ですね。今日の内容で相手を圧倒してもらいたいですね。

>ぴょんさん
そうなれは逆転で残留なのですが・・・
残念ながら可能性は低いですね。

まーちさんごんばんわ。今日はいい試合でした。降格は昨日の浦和の勝利ででほぼ決

定です。今日の挨拶で海野社長は三年から五年の計画でチームを立て直すと言ってい

たので監督も変わるでしょう。佐久間さんも責任を取ると言っていたので何らかの形で

取る方になると思います。これからの展開あると思います。

最終戦には行く予定ですのでマイク選手の最後の勇姿を見に行こうとお思います

>マッキーさん
本日の応援、お疲れ様でした。私は大宮へは行かないので、今日の試合が今季最後となりました。「3-0」という結果で、来年までサッカーは持ち越しとなりそうです。

また明日の記事で触れるつもりですが、長期的な視野に立つと今年のJ2降格は決してマイナス面だけではないと考えています。もちろん、来季のJ2は絶対的な存在がないことから、甲府はJ1を目指すべきという意見も出てきそうですが、「上がるだけ」ではいけないので、海野社長さんが言った『中長期的な計画』という方針には大賛成です。監督の交代は当然のこと、この結果を招いた佐久間GMは責任をとってしかるべきです。そのあたりについては、私が思っていたよりは流動的なようですが、今週~来週には動きがあるものと思います。

大宮戦は今年のメンバーでの最後の試合。
精一杯やりきり、悔いのない試合にしてもらいたいと思います。

大宮戦行けなくなりました。
すみません。
本当は忙しいのに無理矢理休んでしまいましたので。
今日の試合はとても良い内容でしたが、正直、嬉しくありませんね。
変な気分取り付かれていますので。
しかし、次節と来年につながる勝利であってほしいです。
フロントもやっと気がついたようですが、まあこの件に関しては後ほどということで。
オイラの1年は今日で終わりです。
一寸寂しいです。
とにかく、来年は建物でいう基礎から始めるんですね。

>シャーさん
とりあえず、今日のところは喜びましょう!「3-0」というスコアでJ1の勝利は、これ以上ない結果です。この結果で喜べないと損だと思いますw

柏レイソルがいい手本ですが、今度J1に上がる時は「J1昇格」をゴールにしないようなチーム作りを、J2の時からしていかなくてはなりません。昨年や今年のように小手先の補強を繰り返し、J1昇格や残留をゴールに設定してはチームとしてまったく進歩しません。

チームの基礎作りから始める来季、望むところだと思います。

初めて書き込みます。サスケです。
佐久間GMの責任について、私の意見を少々。
ヴァンフォーレの未来像を描くのに佐久間GMと同等か、それ以上の人材が来期も確保出来るなら、責任と取って退任もしかたないと思います。
しかし、GM不在のまま来期を向かえることになるのなら、佐久間氏の続投が妥当と思います。
ヴァンフォーレの条件(給料、補強等の予算)で、来て頂けるGMが有ればいいのですが・・・。
個人的な意見で失礼致します。

>サスケさん
初めまして!コメントありがとうございます。

サスケさんがおっしゃっていることは、ごもっともなことだと思います。
ただ、「J2降格」という重い結果について、誰かが責任をとらなくてはいけないと思います。ここで責任を曖昧にしては、チームマネジメントに誰も責任を持たないという事態になりかねません。
今季、J1定着(残留)のためマネジメントに奔走したのが佐久間GM。三浦前監督の招聘に始まり、内田前監督の更迭・MF藤田の解雇・外国人選手の補強(失敗)など、正直なとこと何1つうまくいきませんでした。34節の結果次第では、得失点差で涙を飲む形になってしまうことから、昨年から無理な路線変更をしなかったら・・・と考えてしまいます。

来季以降のチーム作りも考えてしまいますが、まずは今季の責任の所在を明確にするが来シーズンへの第一歩。佐久間GMはチームを去ってほしいと私は思います。

再度、サスケです。
責任問題は確かに重いことです。
近年のヴァンフォーレを見るに付け、毎年誰かが責任を取って辞任したり解任されたりしています。
この流れを止める為にも、中長期的なビジョンが必要と毎年感じていました。

確かに、今年に関しては失敗だったと思います。
しかし、山梨大学グランド、八田の下部組織の練習場、山梨学院大学との提携、ジュニア(小学生)の創設、マイク、パウリーニョ、ダニエル、片桐等の獲得、J1昇格・・・と、3年いう短期間でこれだけの成果は、甲府という小さな町のクラブの規模を遥かに超える成果ではないかと思います。

佐久間氏にもう少し時間を与え、専用スタジアムの設置等の課題に向かってもらってもいいのではないかと考えます。

今、ヴァンフォーレというクラブに必要なものは、サッカークラブとしての正しい姿に導ける、人材ではないのでしょうか。

規模の大きな浦和のようなクラブならともかく、予算が少なく、練習場等のハードの設備も貧弱で、GMすらも解任するクラブに、良い人材は集まらないとはとても思えません。

もうすこし長い目で見てはいかがでしょうか!?
長文失礼致しました。

>サスケさん
コメントは何度でも歓迎です。
みんなが甲府を想ってのことなので、賛否両論たくさん寄せていただければと思います。

佐久間GMが行ってきたことは、どれも素晴らしいことばかりだと思います。
特に、ご指摘のような「ハード」面での整備は、ここ数年でだいぶ進みました。プレイヤーマネジメントというソフトの面でも、セレクションを行っていた頃からは変わり、「必要な選手」にオファーを出して、甲府に来てもらうようなことまでできるようになりました。しかし佐久間GMがいなくなれば、これまで進めてきたハード面での整備が滞り、ソフト面でも一昔前に戻ってしまうのではないかという懸念があります。

ただ、甲府のGMを引き受けてくれる人は佐久間さんだけではありません。S級のライセンスを所持している人物は数多くおり、「どうしても佐久間さんでなければ・・・」という理由は思いつきません。悲願のJ1復帰で迎えた今年を、取り返しのつかない失敗でクラブに大きな損失をもらたした佐久間GMにはお役御免ということで退任していただき、さらなる魅力をつけるため、違う人物にGMをお願いする『いいタイミング』ではないかと思います。特に、監督人事や選手人事については佐久間GMの「限界」を感じます。監督については、昨年は安間さんを切って二転三転した結果、内田さんの内部昇格。今年は昇格監督を切って、三浦さんを招聘。結果はシーズン途中に解任と散々でした。選手についても、就任当初は良かったですが、獲得した段階でコンディションに問題がある選手が多く、実戦での活躍まで時間がかかる選手が多かったです(ガウボン・片桐・パウリーニョ)。今年については言わずもがな、藤田を切って獲得したフジネイ、シーズン途中にはダヴィ・金珍圭と獲得しましたが外国人については全て失敗。日本人選手についても、先日の新潟戦にスタメンで名を連ねた中では冨田のみという、こちらも失敗でした。

そして何より、「いい評判」がまったく聞こえてきません。
山梨は狭いので、聞こえなくていい話まで聞こえてきます。
甲府というチームに合わない人だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】来季に向けて、期待を持たせてくれる試合に | トップページ | この勝利は来季への架け橋に【J特】 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ