« 悔しさしか残らない… | トップページ | 敗戦で降格に王手 »

【J特】残り3試合、あとひと踏ん張りだ!

<勝ち点がほしかった一戦>
20111103_067 20111103_105 3日に行われましたJ1第31節・横浜Fマリノス戦。前半から守備をベースにした戦い方で、カウンターでチャンスを狙う試合。狙い通り前半をスコアレスで終えると、後半の22分にエース・マイクが左足でゴールを決め待望の先制点をとりました。しかし、勝利まであと5分余りと迫った41分に同点に追いつかれ、そのわずか3分後には自分たちのミスから2失点目を許し、無念の逆転負けとなってしまいました。その後の試合で浦和が負けたため、勝ち点「1」でもほしい試合でした。

<あの時間までは・・・DF陣奮闘>
20111103_078 20111103_098 横浜戦の4バックは、「津田・ダニエル・冨田・吉田」。1試合毎にメンバーが代わるDFラインですが、失点のシーンまでは上出来だったと思います。津田の交代から流れが変わってしまった感があります。横浜は時間が迫ってくるとパワープレーに来るので、上背のある小林でも悪くはないのですが、ベンチには内山や石原がいたので小林の交代は意外でした。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~MF:4 山本英臣>
20111103_073 この試合での「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」は、ダブルボランチの1人:山本主将です。守備に注力した試合でしたが、危険なスペース(バイタルエリア)を埋め、横浜の攻撃の芽を摘んでくれたと思います。先制点の場面も、いつもとは違う発想で絡むことができました。あと3試合、J1残留を目指す戦いは厳しいですが、プレー面・精神面でチームを支えてもらいたいと思います。

<今季最多!そして200万人達成!>
20111103_064 20111103_066 横浜戦での観客動員は「15,315人」。国立競技場での浦和戦を除くと、ホーム・山梨中銀スタジアムでの最多動員となりました。また、この試合で『ホームゲーム200万人』を達成。思えば、経営危機から2005年のJ1昇格を経て、いろいろな出来事があり今日に至りました。これからも、チームが続く限り300万人・400万人となっていくと思うので、私も可能な限りこの歴史を見届けていきたいと思います。

<マスコットショー、ついにここまで・・・>
20111103_026 20111103_025 ホームゲームのフェアプレー宣言の前に行われる「マスコットショー」。この日は、前半はややシュールなネタでしたが、後半は横浜のマスコット「マリノスケ」も加わっての『ヴァンくん体操」が披露されました。いくら甲府のホームとは言え、相手チームのマスコットに『がんばれヴァンフォーレ~♪』なんて歌詞の踊りがいいものかどうか・・・w まぁ、楽しかったからヨシとしましょうか!

<残り3試合・・・次は磐田戦>
20111103_071 J1リーグ戦も残り3試合。残留争いは事実上甲府と浦和に絞られ、この3試合にJ1残留をかけます。対戦相手を整理すると、甲府は「磐田・新潟・大宮」、浦和は「仙台・福岡・柏」となっており、単純に順位だけ比べると甲府は全て10位以下のチームで、浦和は1ケタのチームが2試合あります。浦和は良くて1勝1分1敗と思うので、甲府は最低でも2勝が必要。次の対戦相手の磐田にはリーグ戦で勝ったことどころか、引き分けが1回あるだけなので相性は良いとは言えず、さらには得点源の1人であるパウリーニョを出場停止で欠きます。
磐田戦では、このパウリーニョに代わってメンバーに入る選手が鍵になると思います。
怪我が癒えれば阿部がその最有力になると思いますが、そうなるとベンチメンバーが非常に心配になるので、スターティングメンバーには小池・加部らの若手に期待したいです。磐田戦の3日前には天皇杯・柏戦があるので、磐田戦に向けて実戦経験を積む場として有効に使ってほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 悔しさしか残らない… | トップページ | 敗戦で降格に王手 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

まーちさん( ノ゚Д゚)こんばんわ。長いシーズンも残り3試合になりました。

残留争いもあのお金持ちクラブである浦和とのマッチレースになるなんて誰も予想しなか

ったと、思います。浦和は戦前優勝争い加わると思いっていた人も多かったと思います。

監督がシーズンも終に変わってゴタゴタしています。甲府も監督が変わっていますので

同じですが、残り試合数はかなり違っています。ここまで来るとどっちが有利だといえま

せん。福岡でさえこの前甲府が惨敗した清水に引き分けていますので、浦和でさえ必ず

勝てるとも限りません。磐田戦が重要だと思います。あんまり考えたくありませんが浦和

が勝ち甲府が負けるとほぼ絶望でしょう。しかし、まだ新潟 大宮と残されているのでそ

れは何かしらドラマがあると信じたい。まーちさんがおっしゃれるようにパウリーニョ選手

が出られませんが、阿部選手が間に合うという情報もあります。是非とも間に合って欲

しい思います。自分天皇杯に応援行きます。そこで、どんな選手を起用するが磐田戦

見えてくると思います。必ず残留すると熱い声援を贈りたいと思います。

>マッキーさん
そうですね。まさか浦和とJ1残留を争うとは、シーズン前に予想できませんでした。

残り3試合、ここまで来ると「今までがどうこう」なんて関係なくなってしまいます。
試合前の今の段階としては、磐田に勝利するためどんなメンバーを組み戦術を練習するのか、大切な時間だと思います。残り3試合のうち、五輪代表の試合が2試合で予定されていましたが、磐田から1人・新潟から2人・浦和から2人が選出され、甲府からは吉田が選出されませんでした。吉田には悪いですが、J1残留がかかったこの時期にいてくれた方が、チームとしては助かります。まして、対戦相手や残留を争う相手からは選出されたということで、少しばかりでも有利に試合を迎えることができると思います。

まずは、来週水曜日の天皇杯・柏戦。
マイクを欠き、リーグ戦を3日後に控えるとあって、どんなメンバーでどんな試合をするのか非常に興味の沸く試合となりそうです。注目しておきたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 悔しさしか残らない… | トップページ | 敗戦で降格に王手 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ