« クリスマスプレゼントは誰の手に? | トップページ | 今週に入り次々と・・・【J特】 »

三冠馬が圧勝で今年を締める

本日行われましたグランプリ・有馬記念(GⅠ)。

優勝は、1番人気に支持されたクラシック三冠馬・オルフェーヴル。スタートはやや後手を踏み後方からになったのですが、2週目のバックストレッチから徐々に進出。4コーナーをまくり気味に上がってくると、直線の坂を登ってから粘るエイシンフラッシュを力でねじ伏せ1着ゴール。スローなレース展開を、3コーナーすぎから自らまくって直線では力強く伸びるという、まさに『圧勝』という表現があてはまるレースでした。
2着には昨年のダービー馬・エイシンフラッシュ。内枠を生かし、道中は中団インできっちりと折り合い、直線では「あわや」のシーンを演出。この馬は、スローのレース展開になりそうな時に買えば良さそうです。人気のブエナビスタは7着、その後ろの8着にヴィクトワールピサ、ハナを切ったアーネストリーは10着とスローの割には先行した馬が良くありませんでした。
レースをラップを見てみると、中盤には14秒台のラップが2ハロン続く一方、残り1000mは「57・9」と極端な後傾ラップのレースだったことがわかります。残り1000mからのスピードと、その持続力の勝負になったことが大きなポイント。上位に入線した馬たちは軒並み上がり3F「33秒台」の脚を使っており、残り1000mからスパートしてなお速い脚を使わなくてはいけないレースでした。ブエナビスタやアーネストリーも34秒台でまとめており、決して止まった訳ではないのですが、特殊で過酷なレース展開が最後の差になって表れたんじゃないかと思います。

ちなみに・・・せっかくオルフェーヴルが勝ったのですが、私にクリスマスプレゼントは届きませんでした。ブエナビスタかエイシンフラッシュを迷った挙句の結果だったので、悔しさだけが残る有馬記念となってしまいました。来年、がんばりたいと思います!

« クリスマスプレゼントは誰の手に? | トップページ | 今週に入り次々と・・・【J特】 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスプレゼントは誰の手に? | トップページ | 今週に入り次々と・・・【J特】 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ