« 【J特】来季を想像してみる | トップページ | 三冠馬が圧勝で今年を締める »

クリスマスプレゼントは誰の手に?

今日は12月24日のクリスマス・イブ。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
私は(良くも悪くも)例年と変わらず、穏やかな1日となりました。

さて、明日(25日)は中央競馬・今年の最終開催日。最終日と言えば、やはり今年最後のGⅠレース「有馬記念」が、中山競馬場:芝2500mを舞台に15:25にスタートを切ります。2分30秒間の間でどんなドラマが繰り広げられるのか、楽しみにしています。
今年は13頭が出走するのですが、そのうち9頭がGⅠレースを勝っており非常にハイレベルな有馬記念となっています。今年の牡馬クラシック3冠を全て優勝したオルフェーヴルを筆頭に、最強牝馬・ブエナビスタ、春のグランプリを制したアーネストリー、天皇賞(春・秋)それぞれの勝ち馬・ヒルノダムールとトーセンジョーダン、昨年の優勝馬・ヴィクトワールピサ、ローズキングダム・エイシンフラッシュは東京2400mのGⅠをそれぞれ勝っており、本当に力のある馬達が揃いました。
レースの流れとしては、ヴィクトワールピサとアーネストリーが先行しそうな雰囲気ですが速くはならないと思います。ブエナビスタは1番枠を引いたので位置取りは中団やや前めに、オルフェーヴルはその後ろで中団の真ん中か少し後ろと予想。残り1000mくらいからのまくりあいと、直線の坂での我慢比べになると思います。そういった『流れ』への対応と、年末ということもありローテーションからの『疲労度』のチェックが、馬券購入へのヒントになると思います。

 ◎オルフェーヴル
 ○ブエナビスタ

 ▲アーネストリー
 △ヴィクトワールピサ

ローテーションと年齢からこれ以上の上昇は望めないと思い、ブエナビスタを切ろうかと考えました。しかし、1番枠になったということで力を出し切れると判断し、オルフェーヴルの対抗としてチョイス。以下には、中山に強い2頭・アーネストリーとヴィクトワールピサを挙げたいと思います(人気の2頭に本命・対抗なので、少なくしないと勝負になりません)。アーネストリーはJCをパスしてのローテーションと中山適性を、ヴィクトワールピサは(JCの負けすぎが気になりますが)中山4戦全勝の相性を重視しました。
トーセンジョーダンは、そろそろ疲労が気になります。エイシンフラッシュ・ローズキングダム・トゥザグローリーは、最近精彩を欠いているので。ルーラーシップは1回おきに走っているので、今回は勝つ番なのですが半年の休み明けはきついです。ヒルノダムールは、1回でも使えていれば十分勝負になったと思います。レッドデイヴィスは、越えなくてはいけないハードルが多いなぁ・・・と。
ちなみに本命は三冠馬・オルフェーヴル。兄・ドリームジャーニーも有馬記念を勝っているので、中山適性は問題ありません。この秋3戦目でローテーションにも余裕があり、ここを目標に調整も万全です。これからも成長を見込める血統で、さらに強くなる可能性を秘めています。来年の主役にならなくてはいけない馬なので、ここをしっかりと勝って今年1年を締めくくってもらいたいと思います。

オルフェーヴルが勝てば、きっと私の元に「クリスマスプレゼント」が届きます♪

« 【J特】来季を想像してみる | トップページ | 三冠馬が圧勝で今年を締める »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】来季を想像してみる | トップページ | 三冠馬が圧勝で今年を締める »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ