« 長いシーズン、今日終わる | トップページ | 【J特】1番いいことは・・・ »

降格の原因はGM【J特】

本日のサンニチもなかなか強烈な内容の記事でしたが、スポーツ報知・山梨版はそのさらに上を行く「フロント批判」の記事でした。タイトルはその山梨報知の見出しなのですが、FW・ハーフナーマイクのコメントとして、大宮戦後の第一声で「降格の原因はGM」と発言。また、他の選手のコメントとして『佐久間GMは自分のことばかり考えている』とあり、今季のチーム編成に責任を口にしながらもチームには残る意向のGMを痛烈に批判していました。

今季獲得した選手では、結局DF・冨田が戦力として機能するにとどまり、他の選手はほとんど出番がありませんでした。FW・阿部の怪我さえなければ、もう少し勝ち点の上積みができたかもしれませんが、それにしても連れてくる選手がことごとく「補強」に繋がりませんでした。また、「お金がない」という状況下にも関わらず、シーズン途中には大金を使い戦力にならない外国人選手を連れてきて、結果その大金が無駄金となってしまいました。さらには、昨年のJ1昇格に大きく貢献したMF・藤田を半ば言いがかりで解雇して、シーズンを通して「ボランチ」の人選に苦しんだり、オファーを出した選手の実に9人に断られたり、遡れば2009年・50節の岡山戦に勝利した後に「何で勝ったんだ!」と恫喝したり、練習場でサポーターに向かい「オレはいつ責任をとって辞めてもいい」と発言したりと、やりたい放題で結果を残せなかった佐久間GMは、クラブを立て直す力も資格もないと思います。もちろん、J1昇格監督を更迭して個人的な理由(お友達人事)で三浦前監督を招聘。無理な戦術変更が祟り、このような事態(1年でのJ2降格)になったことは言うまでもありません。

「佐久間GMがいなくなると、いい選手がとれなくなる」ということを耳にしますが、一概にそうとも言い切れません。むしろ、「いい選手が来なくなる」というよりは『クラブから人が去っていく』確立の方が高いと感じます。佐久間GMが来てから、荻・ダニエル・内山・片桐・パウリーニョ・マイクと活躍してくれた選手が入ってきた一方、杉山・秋本・池端・大西・藤田・美尾・輪湖・安間監督・内田監督など現場の選手・スタッフ以外にも、クラブ運営スタッフの方も甲府から離れていったと聞いています。また、「J1にさえ上がれば」という昨年からのなりふり構わぬクラブマネジメントに、(サポーターからの支持が得られなかったからか)観客動員が昨年より減ると言う異常事態に今年はなりました。そういう意味でも、サポーターも甲府から離れていっているということが言えると思います。

佐久間流のクラブマネジメントはもうたくさんです。
今月6日にも行われる海野社長さんと佐久間GMとの会談、注目したいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 長いシーズン、今日終わる | トップページ | 【J特】1番いいことは・・・ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

全くあなたの意見の賛同です。
今シーズン、いや咋シーズン頃から佐久間GMの横暴振りを伝え聞き、あらゆる機会を捉えていろんな方々(メインスポンサー等)に佐久間解任を訴えて来ましたが、
一丸・団結といいながらマイクも言うように一番壊してきたのが佐久間GMです。
本来海野社長が解任させなければいけないのですが、彼が解任すると自身にも責任問題が波及しかねないので出来ないと言うすけべ根性みえみえです。
この件をうやむやにしておくとVFK山梨というクラブの将来に大きな禍根を残すような気がしています。
他の役員連中は何をやってるんでしょうか?

まーちさんこんにちわ。マッキーでございます。私も言わせて下さい。何度も言うようです

が、ファン感謝祭で海野社長は佐久間さんにはGMに戻ってもらう。そうしないと困ると

スポーンサーから言われたとの驚きの発言がありました。監督招へいから選手補強がこ

とごとく失敗しました。先日契約されない選手が発表され、選手からフロントに対する不

満が噴出しています。選手だけが責任取ればいいのかと・・。掲示板では佐久間擁護論

も出ていますが、自分はそうは思いません。当然けじめをつけるためにも何らかの責任を

取るべきであると思っています。サポーターも納得する形でお願いしたいと思います。

選手達の去就にもこの責任取り方で影響すると思います。佐久間さんがいなくても選手

集まらないと言うこともありませんし、魅力あるチームすれば、選手たちがやってきてくれ

る気がします。長々すいません。

原因はGMでしょうか?そんなことないと思います。
責任は、フロントはもちろん、選手にもあると思います。上に立つ人は、嫌われてなんぼです。
残留できてたら、みんな言わないでしょう。
人のせいにするのは簡単。過ぎた事は忘れて、来年に向かってもっと前向きになりましょうよ。
このブログは、~ひたすら前向きにVFKを楽しむブログ~なんでしょう?

明らかにGMの責任です。

「守備を構築しJ1定着を目指す」との大義名分で昇格監督に変えて、
藤田や秋本、大西などの中心選手を切り、
さらに近年は不名誉なJ1での実績を培ってきた三浦監督をあえて招聘するという、
素人目でもわかる重大な判断ミスをしたわけですから。

それだけで十分な理由だと思いますよ。

> vfkvitory さん
コメントありがとうございます。

私はどこにでもいる1サポーターなので、スポンサーさんなどに訴えることはできないのですが、そこまでされた方がやはりいらっしゃったか・・・と思いました。海野社長さんがなぜにそこまで佐久間GMを庇い拘るのか、ちょっとお話を聞いてみたいですね。今ならまだ、社長さんの責任問題には発展しないと思いますが、このシチュエーション(去就を社長に任せている状況)で社長がかばうと、今度は社長が責任を問われる立場になってきます。

それとも、「一蓮托生」ということで腹をくくったということでしょうか。
それならそれで、『明確なビジョンの提示』が必要だと考えます。

>マッキーさん
あれだけやりたいようにチームをいじり、結果が伴わなかった訳ですから責任をとるのが筋だと思うのですが・・・どうやらそうではないみたいです。何となく予想はついていましたが、「佐久間GMが去就を社長に一任⇒社長が慰留してGM復帰」という形に納まりそうな気配。これでは、結果に対して「誰も責任を持たない無責任なクラブ」ということになってしまいます。残念で仕方ありません。

なぜ佐久間氏なのか・・・何か機会があったら聞いてみたいと思います。

>名無しさん
コメントありがとうございます。
賛否両論あって結構なのですが、お名前がないのが残念です。

どんな組織でも管理職は結果責任。自身が率先して指揮をとり、「J1で戦い抜くため」ということでマネジメントした結果で失敗したのですから、その責をとることは当然です。J2降格ということである選手は解雇され、ある選手年棒は下がるにも関わらず、平気な顔で元のサヤでは誰も納得するはずがありません。強い組織は、強いルールがあって成り立つものです。
ちなみに、佐久間GMの責任を求めることは「前向き」以外の何物でもありません。なぜ今年J2に降格したか、原因を追及して繰り返さないことがJ1定着への第一歩だと思います。佐久間流マネジメントでは、定着できないと思うので責任を問うことが前向きだと思っています。

>でんよねさん
コメントありがとうございます。
私は長文でツラツラと記事を書きましたが、シンプルな話としてご指摘の通りです。
例えると、今年の年間予算が約13億円に対して、来年の予想予算は約9億円。何と3割も減る見通しになっていますが、その主たる要因はJ2降格。その引き金になったのが、半ば強引なチーム再編成だということは周知の事実です。普通の会社で、年間の予算(売り上げ)の3割もの損失を会社にさせたら・・・どう考えても責任はとるでしょう。
しかし責任はとらない・・・となると、別の「何か」あるのでしょうか??

おっしゃるとおり。補強にしても、今までの攻撃スタイルからJ1で生き残るために
守備的に変えそれが仇と出た。それが、J1降格の原因となったというのは
私も同感です。

しかし以下の文については賛同しかねます。
『さらには、昨年のJ1昇格に大きく貢献した【MF・藤田を半ば言いがかりで解雇】して、シーズンを通して「ボランチ」の人選に苦しんだり、オファーを出した選手の実に9人に断られたり、【遡れば2009年・50節の岡山戦に勝利した後に「何で勝ったんだ!」と恫喝したり】、【練習場でサポーターに向かい「オレはいつ責任をとって辞めてもいい」と発言したり】と』

【   】で記してあるところは果たして本当の話なのか?それとも他人から聞いてきた話
をくっけた話なのか?もし以上のことが本当ならば一体どこからの情報源なのか?
もしそれが噂や人伝えに聞いた話であれば、信用性に欠けますし
書くべきではないと思います。

そして最後にもう一つ。
ここのブログのコンセプトは「前向きにVF甲府を応援する」なのに
GMを批判して、その責任を追及して終わりですか?
「前向きにVF甲府を応援する」であるならば
ぜひ来年に向けての前向きなコメント・展望が読みたいです。

佐久間さんが辞めれば状況は変わるとは思えません。
あれほどVFKに、山梨のサッカー界、地域貢献、食育活動に貢献した人は
いません。
むしろ、J1は遠ざかっていくと思います。
もし佐久間さんの変わりにいるのであれば、探してフロントに提案したら
いかがでしょうか?

長々と書いて申し訳ありません。
ただ、このブログがいつも前向きで「VF甲府を応援するのが楽しくなる」
内容でしたので、あえて苦言を書かせていただきました。
また記事を楽しみにしています。

>さわやかさん
コメントありがとうございます。
また、ご指摘の件につきましては、確かな情報ソースを出せない以上は信用性に欠けることは間違いありません。ただ、「こういうこともあった」ということを知っていただきたく、このような形になってしまった次第です。事実であることは証明できませんが、中途半端な形では耳に入ってきていないことも事実。インターネットというメディア、また私個人のブログの中での表現ということで、ご忠告はごもっとも真摯に受け止めますが訂正はいたしません。

甲府はJ2降格が2回目になるのですが、前回の降格の時には当時の大木監督がその責任をとって辞任しました。そして今回、J1昇格からあれだけの路線変更を行い、その結果J2降格にも関わらず自身は涼しい顔では、選手が言っているように納得ができるはずがありません。確かに、VF山梨スポーツクラブとしての地域貢献は多大なモノがあったと思いますが、それならその範疇に納まっていてほしかったと思います。現場に口を出しすぎているような気がしてなりません。
そもそもの疑問として、「なぜ佐久間氏に拘るのか」ということが頭に浮かんでいます。『日本中探しても佐久間氏しかいない』というなら責任追及なんてやっていられませんが、広い日本・多くの人が関わるサッカー界においてそんなことはありません。無責任かもしれませんが、誰かがいると思います。
J2降格して、チームとして過渡期を迎える来季以降。これからのマネジメントが非常に重要になってきます。そんな大切な時期に、佐久間流のクラブ運営で大丈夫なのかとても心配です。(まぁ、いくら心配してもGM留任の様子なので仕方なさそうなんですけど・・・)

あんまり批判的な記事ばかり書いていると、書いている側も読む側も不快な気持ちで疲れるばかりなので、そろそろ切り替えるつもりです。これからもよろしくお願いします。

私はこの記事に全面支持です。

私らが心の中にある、言いたくてもなかなか言えない本質を代弁してくれて
本当にありがとう。 私の目には調子のいい野郎としか思えない。 甲府の事を
思えば、根本を考えるのは当たり前だと思います。

GMには、ここから続く喜びの為に頑張って欲しいです。

今年はVFにとって意味ある1年でした。つぶれかかったクラブがここまで来たのは、フロント・選手・ファンの後押しがあってのことでした。しかし、J1初昇格以降、何かみんなイケイケ調子だったのではないでしょうか?当然フロントの責任は問われますが、やはりJ1は甘くなかった。本当に!! GMの読みも誤算続きだったように思います。ただ気づいたことがあります。それは、何かみな背伸びをしてきており、本来のクラブの立ち位置を忘れてきたことです。ここでいったんクラブをリセットして、クラブの目指すサッカーを今度こそ再構築できたらと思います。みな冷静になった方がいいです、GM・社長の首を切っても誰がきてくれます。新チームの立ち上げの時間はないです。誰が、選手を集めることができますか?チームを去りたい選手もそれは仕方がないです。お互いを責めて脅しをかけている姿は醜いです。選手も選手、クラブ・甲府を愛しているなら、マスコミ相手に反しても意味がなし。残念です、本当にクラブを愛しているとは思えません。私は、このクラブの前身の甲府クラブからのファンです。山梨には、にわかサポーターでない、しっかりしたサッカーファン・支援者がいます。きっと立ち直ってくれるはずです。ビッグクラブにないこのチームの地域密着の魂の奮起に期待します。また来年、若葉が香る季節に小瀬に足を運べるのを楽しみにしています。

>Nさん
コメントありがとうございます。
あながち的外れな記事になっていないことが認識できて良かったです。思ったより反対意見が少なかったことが意外でしたが、なるほど・・・そういうことなら納得です。ですが、「批判」からは何も生まれてこないので、そろそろ切り替えたいと思います。

>名無しさん
コメントありがとうございます。
VF甲府の歴史上、3シーズン目のJ1でのステージとなった今シーズン。昨シーズンからの継続で、その上に戦力の上積みをはかって臨んだJ1シーズンだったら・・・・と思うと、私は残念でなりません。すぎたことはどうにもなりませんが、この失敗を来季シーズン以降に生かさなくては、この貴重な1年が無駄になってしまいます。
サポーターも切り替えが必要だと思います。安易に「J1昇格」を考えることなく、まずはJ1に行っても戦える「チーム」をJ2で作ってから・・・と考えを改めるべきでしょう。そうなるためには、何といってもクラブとの『信頼関係』が大切になってくると思います。クラブとして、J2降格の原因追究・課題と反省点の改善策・今後のビジョンなどを、しっかりと提示することが重要です。そして現場の陣頭指揮に立てば、おのずと信頼は築けると思います。
チームを去りたい選手・フロントを批判する選手やマスコミが出てきたことは、醜いことでもありますが、そうなった「過程」も考えるべきです。なぜそこまでの事態になってしまったのか、しっかりと考えないとまた同じことを繰り返すと思います。本当に甲府のことをどうでもいいと思っているなら、何も言わずに出ていくのではないかと思います。

あなたの言っている事は分かりますが全く現実味がないですね。

まず、選手に関してですが新しい選手が入ればあふれる選手もいるわけでそれに対してどうこう言うのはどうかと思います。
ただ単に力がなかった、自分から出ていった、人間的に問題があるなど佐久間GMがすべて原因という言い方も極論過ぎると思います。

それに観客動員が減っているって言っても1試合の平均観客動員数は昨年に比べて-300人人ですよね。
震災の影響でほとんどのクラブがー10%以上減らしているんですしそれも全て佐久間GMのクラブマネジメントが理由というのもやはり極論だと思います。
現に昨年まではずっと右肩上がりで伸ばしてきている訳ですし。

あと、城福監督の招集どうするんですか?
それも破談にしてもいいんですか?
もしフロントのゴタゴタがあれば招集できなかったかもしれないんですよ。

もちろん佐久間GMの責任は無にはできないですが「中・長期的な視点でチームを立て直す」という今期の反省を考えて今後の方向性を打ち出しています。

サポーターも一緒に前を向くべきなんじゃないですか?

>名無しさん
来る人・去る人さまざまですし、それぞれのカタチがあると思います。みんながみんな納得する人事なんて、ないってないこともわかっています。ただ、年間通して選手が固定できなかったポジションに、あの選手がいたらなぁ・・・と思うと、残しておいてほしかった選手が何人かいます。そういう『プレイヤーマネジメント』に責任を負うのがGMなので、(自身でもA級戦犯と言っている通り)原因と言っても言い過ぎではないと思います。
観客動員について、実数字こそご指摘のとおりですが、それはアウェーサポーターが昨年より増えた結果。実際のところ同じ昇格組の柏や福岡は昨年より増えています。(言葉が足りませんでしたが)ホームチームのクラブサポーターが減ったということが言いたかった次第です。なりふり構わない「J1昇格(至上)主義」が、ホームサポーターを減らした要因だと私は考えています。
城福新監督について、もちろんそういう視点に立てば佐久間さんがいる方がいい(フロントがゴタゴタしていない方がいい)に決まっています。ただ、そういうことを言いだすと・・・以下水掛け論になるのであえて触れません。
来季に向け、前向きになるためにも必要なのは検証と展望。今季、なぜJ2降格という結果になり、来季はどう目標を定めて実行していくのか。シーズンが終わった今の時期は、そういった作業が行われていることと思います。実際のところ、城福新監督が育成からトップチームまで関わるということで、昨年まで現場介入の多かった佐久間GMを現場から外す傾向がうかがい知れます。そうやって今年の反省点を生かしていけば、さらに魅力的な素晴らしいチームに成長していくのではないかと思います。

今季の降格の責任は明らかにGMにあります。
誰が何と言おうとGMの責任です。

GMが常務取締役を兼務するなんて言うのは普通じゃないですよね。

多くの賛否がある中、藤田を切っておいて、それを穴埋めする選手を獲得できなかった。
多くの賛否がある中、お友達人事で三浦さんを招聘、最終的には解任。
降格が決まったら選手の能力のせいと言い放つ。
もう沢山ですよ。

まーちさんの記事。
全く間違ってないですよ。

今後もどんどん書きたいこと書いてくださいよ。

>やきさん
GMを兼任する常務取締役、聞いたことありませんね。良く転がれば現場とフロントの垣根がとれそうな感じがしますが、どちらかが優先されるとなると、常務取締役の役割の方が重要視されると思います。また、簡単には佐久間さんをクラブから切ることができないようなっていると思います。
今季を踏まえ、クラブがとった選択は「佐久間さんと共に成長する」方針。今季の失敗を踏まえ、城福新監督を招聘して佐久間GMを現場から切り離す方向へ舵を切りました。内田前監督の更迭に伴う三浦前監督の招聘、戦力になるはずの選手の解雇の段階でこうなることは少なからず予想できましたが、それでも佐久間GMに任せたクラブの責任も少なくないと思います。年始の新体制の発表には、そういった反省と新シーズンの展望を語ってもらいたいと思います。
あと、今後もがんばっていきますのでよろしくお願いします。必要な時、必要なコトを記事にしていきたいと思います。やはり、何も声を上げないことは良くないことだと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長いシーズン、今日終わる | トップページ | 【J特】1番いいことは・・・ »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ