« 【J特】勝手に予想をしてみる | トップページ | いよいよ開幕へ【J特】 »

2012年・最初のG1レース

以前は毎週の開催に合わせて更新していましたが、昨年から気が向いたときの不定期更新となった競馬エントリー。今回は、今年初のGⅠレース(フェブラリーS)ということで、またコラム担当・デュランダル氏からも記事が寄せられたので、久しぶりの競馬エントリーとなります。

毎年のことですが、その年の最初のGⅠレースは東京競馬場で行われるダートのGⅠレース「フェブラリーS」。年々その価値は上がってきており、昨年優勝のトランセンドはその後ドバイワールドカップ(世界最高賞金のGⅠレース)へと駒を進め、2着入線と大健闘の結果を残しました。今年もトランセンドは順調にレースをこなしながら、フェブラリーSへと出走してきました。もちろん、実績・臨戦過程から中心視は間違いないのですが、例年台頭が激しいダート路線。新たな『新星』が出てくることを考えると、今までトップを張ってきた馬達との比較が難しいレースでもあります。
相手筆頭には、オッズからも昨年末のジャパンカップ・ダートでトランセンドの2着だったワンダアキュート。6歳ではありますが、昨年からの充実度には目を見張るものがあります。続いてエスポワールシチー。一昨年の優勝馬ですが、アメリカ遠征以降やや精彩を欠くレースが続きました。秋シーズン以降、復調の気配は大きく感じられるようになりましたが、どこまで戻ってきているか大きな鍵です。以外では、根岸Sを快勝したシルクフォーチュン、芝1600mのGⅠを2勝しているグランプリボス、同じ舞台(南部杯)でトランセンドをアタマ差まで追いつめたダノンカモンらが人気を集めています。

 ◎トランセンド
 ○ダノンカモン

 ▲ワンダーアキュート
 △テスタマッタ

人気の2頭を予想するので、買い目は少なく抑えます。
人気のトランセンドに不安はありません。ジャパンカップダートより強いレースを見せてくれると考えています。昨年2着に惜敗したドバイでの借りを返すためにも、ここは負けられない一戦です。
相手には東京1600mの適性を買ってダノンカモン。東京ダート1600では、昨年のこのレースで4着に敗れて以外は全て連対。南部杯のレースを見ると、チャンスはあると思います。
続いてワンダーアキュート。ここ2戦のGⅠレースでは、トランセンド・スマートファルコンに遅れをとったものの上出来のレース。距離がカギだと思います。面白いのはテスタマッタ。一昨年、このレースでエスポワールシチーの2着でした。ハイペースが必至のこのレースで、展開が向けば出番があると思います。

~~~~~~thunder「デュランダルがいたころは裕福だった」のコーナーthunder~~~~~~~
2012年最初のGⅠ・フェブラリーS。人気はトランセンド・エスポワールシチー・ワンダーアキュートあたりだと思いますが、ダートの追い込み馬で鋭い鬼脚を繰り出すシルクフォーチュンから勝負します。
確か、フェブラリーSでは2回勝った馬がいません。そう考えると、トランセンドとエスポワールシチーが消えます。今回勝負するシルクフォーチュンは1400mの距離がベストなので、残り200mの克服が鍵だと思います。前走、復活の兆しを見せたテスタマッタが相手の本線。ドバイワールドカップ2着に敬意を評してトランセンドが抑え。テスタマッタ・トランセンドのタテ目も押さえれば万全。3頭BOX3連単も買っちゃいましょう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 【J特】勝手に予想をしてみる | トップページ | いよいよ開幕へ【J特】 »

「競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【J特】勝手に予想をしてみる | トップページ | いよいよ開幕へ【J特】 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ