« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年・最初のG1レース

以前は毎週の開催に合わせて更新していましたが、昨年から気が向いたときの不定期更新となった競馬エントリー。今回は、今年初のGⅠレース(フェブラリーS)ということで、またコラム担当・デュランダル氏からも記事が寄せられたので、久しぶりの競馬エントリーとなります。

毎年のことですが、その年の最初のGⅠレースは東京競馬場で行われるダートのGⅠレース「フェブラリーS」。年々その価値は上がってきており、昨年優勝のトランセンドはその後ドバイワールドカップ(世界最高賞金のGⅠレース)へと駒を進め、2着入線と大健闘の結果を残しました。今年もトランセンドは順調にレースをこなしながら、フェブラリーSへと出走してきました。もちろん、実績・臨戦過程から中心視は間違いないのですが、例年台頭が激しいダート路線。新たな『新星』が出てくることを考えると、今までトップを張ってきた馬達との比較が難しいレースでもあります。
相手筆頭には、オッズからも昨年末のジャパンカップ・ダートでトランセンドの2着だったワンダアキュート。6歳ではありますが、昨年からの充実度には目を見張るものがあります。続いてエスポワールシチー。一昨年の優勝馬ですが、アメリカ遠征以降やや精彩を欠くレースが続きました。秋シーズン以降、復調の気配は大きく感じられるようになりましたが、どこまで戻ってきているか大きな鍵です。以外では、根岸Sを快勝したシルクフォーチュン、芝1600mのGⅠを2勝しているグランプリボス、同じ舞台(南部杯)でトランセンドをアタマ差まで追いつめたダノンカモンらが人気を集めています。

 ◎トランセンド
 ○ダノンカモン

 ▲ワンダーアキュート
 △テスタマッタ

人気の2頭を予想するので、買い目は少なく抑えます。
人気のトランセンドに不安はありません。ジャパンカップダートより強いレースを見せてくれると考えています。昨年2着に惜敗したドバイでの借りを返すためにも、ここは負けられない一戦です。
相手には東京1600mの適性を買ってダノンカモン。東京ダート1600では、昨年のこのレースで4着に敗れて以外は全て連対。南部杯のレースを見ると、チャンスはあると思います。
続いてワンダーアキュート。ここ2戦のGⅠレースでは、トランセンド・スマートファルコンに遅れをとったものの上出来のレース。距離がカギだと思います。面白いのはテスタマッタ。一昨年、このレースでエスポワールシチーの2着でした。ハイペースが必至のこのレースで、展開が向けば出番があると思います。

~~~~~~thunder「デュランダルがいたころは裕福だった」のコーナーthunder~~~~~~~
2012年最初のGⅠ・フェブラリーS。人気はトランセンド・エスポワールシチー・ワンダーアキュートあたりだと思いますが、ダートの追い込み馬で鋭い鬼脚を繰り出すシルクフォーチュンから勝負します。
確か、フェブラリーSでは2回勝った馬がいません。そう考えると、トランセンドとエスポワールシチーが消えます。今回勝負するシルクフォーチュンは1400mの距離がベストなので、残り200mの克服が鍵だと思います。前走、復活の兆しを見せたテスタマッタが相手の本線。ドバイワールドカップ2着に敬意を評してトランセンドが抑え。テスタマッタ・トランセンドのタテ目も押さえれば万全。3頭BOX3連単も買っちゃいましょう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【J特】勝手に予想をしてみる

先週から行われていた第二次宮崎キャンプ。
昨日までに練習試合が4試合行われ明日が最終日。城福監督は「怪我人も少なく順調」と、キャンプの成果に手応えを感じているようです。ちなみに、ここまで宮崎で行われた練習試合では、岡山(3-2)・京都(4-1)・C大阪(3-6)・広島(2-2)の『2勝1分1敗』とまずまずの成績。相手のメンバーの良し悪しもありますが、得点をとれていること・やろうとしていることが一部できていることは、キャンプの成果だと思います。そして、明日のガンバ大阪戦へは「現時点でのベストメンバー(城福監督)」で臨むということなので、どういう選手が名を連ねることになるのか、結果以上に気になります。

ここまで、ほぼ毎日サンニチでは「チェックVFK」のコーナーでキャンプの模様が掲載されており、山梨報知でも写真を使った大きな記事が紙面に載っていました。それらの情報を元に私の予想(主観?)も取り入れながら、ガンバ戦(開幕戦)のスタメンをポジション別に大胆に考えていきたいと思います。

 <◎…確実、○…有力、▲…もう少し、△…いま一歩>

>GK ▲荻、△岡・木下
   経験で上回る荻が一歩リードと思われるも、練習試合では失点が重なる。

>CB ◎ドウグラス、○盛田、▲冨田・山本・津田、△林堂
   高さ・スピードで上回るドウグラスは確実か。冨田・山本は怪我でやや遅れ気味。
   盛田が早い仕上がりで有力視。林堂は入り込むスキを伺う。

>SB ○福田・石原、▲松橋・佐々木
   右に福田・左に石原が有力も、松橋・佐々木も悪くない。
   持ち味のスピード(松橋)・キックの精度(佐々木)を生かせればスタメンもある。

>守備的MF ○井澤、▲伊東・崔・畑田・保坂、(△山本)
   エースナンバー・10の井澤は有力も、その相方争いが非常に激しい。
   崔への期待は高いが、タイプが井澤とかぶるか?伊東との相性が良さそう。

>攻撃的MF  ◎ピンバ、○片桐、▲柏・堀米(永里)
   攻守に高いレベルを発揮しているピンバが予想以上に良い出来。
   片桐・柏・堀米もいい動きをしており、高いレベルでのポジション争い。

>FW ◎高崎、○ダヴィ、▲永里・青木(ピンバ)、△レナト
   練習試合で得点を重ねている高崎は確実視。復活を誓うダヴィも昨年とは違う様子。
   永里・青木もTMで得点しており差は少ない。レナトはもう少し時間がかかるか。

こんな印象を、今のところは持っています。
中でも期待が高いのは、MF・ピンバ。守備への参加も積極的で、2列目から得点も狙い、プレイスキックの精度も高いことから攻撃の「軸」として、チームを牽引してほしいと思います。
また、難しいポジションがゴールキーパー。
ただ失点の数だけで考えることができないので、思案のしどころだと思います。

チームは明日のガンバ大阪戦のあと山梨に帰ってきます。
日曜日には「キックオフパーティー」も予定されており、いよいよ県内での調整に入ります。開幕まで2週間、チームとしての連携・選手個人としてのコンディショニング、今やるべきことをしっかりとやって開幕を迎えてもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】今季の初勝ち!

今週月曜日から宮崎でキャンプを行っているヴァンフォーレ甲府。

本日でその4日目が終了したのですが、午後にはJ2ファジアーノ岡山と今季2試合目の練習試合が行われました。
結果は「3-2(1-0、2-1、0-1)」で今季初勝利。得点は、ピンバ・高崎・永里と今季得点が期待される選手達の名前が並びました。
ピンバについては、得点がとれるとなるとFWとしての起用も考えられ幅が広がります。今季の甲府は2列目の選手が多いので、FW陣が奮うわない時はコンバートの可能性もあると思います。高崎は、松本山雅戦ではチャンスを掴みきれなかった感もあることから、お待たせの今季1号でした。FWの軸として活躍してくれないと困る選手なので、彼が生きる形をどう作るかこれからの練習試合でさらに模索してほしいです。永里は、どのポジションで起用されたかわかりませんが、彼がレギュラーを掴みコンスタントに得点できると、甲府はリーグでもかなり上位に進出できると私は考えています。できれば2トップの1人として、高崎と組むと相性がいいかなぁ・・・と思います。
やや心配なのが、松本山雅戦に続いての2失点。しかし城福監督は、宮崎キャンプに行く前にテーマとして「守備の強化」を挙げており、2日目くらいから守備への取り組みが始まっているようです。ただ、昨年との違いは「攻撃のための守備」にターゲットを定め、昨年取り組んだ「まずブロックを敷く」「守備のポジションをとる」ということではなく、攻撃に繋げるための守備に注力し『まずボールにプレッシャーに行くこと』を考えているようです。これから組まれている練習試合は次第に強い相手になっていくので、そういう相手にどんな成果を出すことができるのか、チーム全体の力が問われてくると思います。

最後に山梨報知連載の「甲府新戦力 J1復帰へのキーマン」。
2/5はDF・佐々木翔、2/6はDF・ドウグラス、2/9はDF・林堂眞のDF3連発。
佐々木は、右利きながら左足の精度も高いということで左SBでの起用が強いです。Jクラブ5チーム競合の末に甲府に入団。背番号も「6」ということで、期待も非常に大きいです。ドウグラスは、1面の半分を使った大きな記事。見た目はダニエルと同じくらい迫力がありますが、内面はピッチ外の人間性の良さも兼ね備える笑顔が優しいブラジル人。松本山雅戦では、さっそく持ち味である強さと高さで存在感を見せつけました。一昨年までボランチをしていたこともあり、ドリブルも得意ということです。林堂は、的確なポジショニングとフィードの正確さが持ち味。全日本大学選抜に選出された時には、五輪代表のMF山村・DF比嘉と共に戦ったこともあります。彼らに追いつくためにも、まずは甲府でポジションを掴み取り、自らの足で駆けあがらなくてはなりません。

チームは明日の2部練習を挟み、土曜日には京都との練習試合があります。
今季J1昇格を狙うとなれば、京都は1番のライバルになるので、練習試合と言えど変な試合はできません。結果が伴えばベストですが、内容重視で京都相手にどこまでできるか挑戦してほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

今季初の実戦は2-2【J特】

本日午後、VF甲府は今季初めての練習試合を行いました。

相手は、今年J2に初参戦する松本山雅。開幕戦まで1ヶ月というタイミング、また城福監督になっての初めての練習試合ということで非常に注目が集まったこの試合。その開幕戦の相手・栃木のスカウトも見に来ていたようで、どんなメンバー・どんなサッカーかとても気になるところです。

合計3本行われた練習試合。私は仕事のため行けませんでしたが、現地特派員・Y氏の情報提供があり簡単に試合の模様をレポートします。
まずは結果ですが、3本合計のスコアは「2-2」の引き分け。甲府の得点者は青木と冨田、3本目終了直前までリードしていたのですが、終了間近に失点してしまい引き分けでした。注目のスターティングメンバーは・・・

>1本目
     永里  高崎
 ピンバ         柏
     山本  井澤
 石原 盛田  ドウ 福田
        荻

>2本目
     ダヴィ 高崎
  永里        柏
     井澤  伊東
 石原 盛田  山本 福田
        岡
  (途中で多数交代後)

     ダヴィ 青木
  堀米        片桐
      崔   伊東
佐々木 冨田  林堂 松橋
        岡

3本目のメンバーは、メモをとれなかったとのことです。
各選手の評価としては、ピンバ・ドウグラス・崔誠根(チェソングン)・佐々木・柏・堀米あたりの動きが目立ったとのことです。ピンバは、周りとのコンビネーションはまだまだだったものの、プレイスキックの精度やキープ力・ドリブル突破など、期待値以上の力の片鱗を見られたとのこと。ドウグラスは高さ・強さなど、こちらも期待通りの動きだったようです。特筆すべきは崔誠根(チェソングン)。運動量(動き)が多く、パス・ドリブルなどなど全体的にレベルの高い選手だったとのことです。日本人選手では、ルーキーの佐々木・柏・堀米といったこちらも若手の選手の動きが鋭かったようです。佐々木が左SBでポジションを掴むとチームとしてとてもプラスになるので、多いに期待したいところです。
逆に、やや心配なのがダヴィと松橋。ダヴィはまだまだ動きが重いようで、本来のプレーを取り戻すには時間がかかりそうな印象。松橋は、挑戦している右SBで実戦デビューでしたが、練習試合でレッドカードをもらうなど散々な内容。本職に戻してあげた方が、いいんじゃないかと思いました。

明日には、公式HP「ヴァンフォーレ日記」、山梨日日新聞、スポーツ報知山梨版、山梨スピリッツ(YBS)で練習試合の模様が報道されるので、詳細な試合内容に期待していたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】日程発表!どこに行こうかなぁ~?

昨日(2日)、第32節までの試合日程(開始時間)が発表されました。

開幕戦の相手(栃木)は既報の通りでしたが、開始時間が15:00とやや遅めの時間となっており、試合終了が17時近くになることを考えるとかなり寒くなってしまいそうです。ホームゲームの第3節では試合開始時間が19:00になっており、今年の気候を考えるとナイトゲームの応援には相当しっかりとした準備が必要となってきます。その他ホームゲームでは、6月の第18節・ジェフ千葉戦が仕事で行けなさそうだなぁ・・・と。

アウェーゲームは、日曜開催なので遠隔地への遠征は難しいです。
年に1回は泊まりのアウェーに行きたいと考えているのですが、今のところで行けそうなのは、仕事が半日休めた場合のみ4月27日の徳島くらいかなぁ・・・と。あとは、試合開始時間により行けるか行けないか、左右されてしまいそうです。
その分、関東近県はだいたい行けそうな感じです。東京V・横浜・湘南・岐阜・松本・町田・千葉・草津という具合。水戸は平日開催なので行けませんが、横浜・湘南あたりはチームの成績によっては相当なサポーターがアウェーへ応援に駆け付けると思います。

ちなみに、木曜日の山梨報知は「鉄人・伊東」の大きな記事。
和歌山キャンプ全日程を別メニューと出遅れてしまった伊東ですが、1月31日より全体練習に復帰したとのこと。明日予定されている松本との練習試合へ照準を合わせて、調整しているみたいです。城福新監督を評して『いつも声が出ていてポジティブ。だからみんなが前向きになれる』と、昨年からの変化を十分に感じている模様です
また、連載記事「甲府新戦力 J1復帰へのキーマン」ではFW・青木孝太。城福新監督のムービングサッカーに共感して移籍。練習からプレーする喜びを感じ、楽しくサッカーに向き合っている青木。結果にこだわって勝負の年と位置付け、早く試合をしたいと気持ちは早くもシーズンに向かっているようです。FWはダヴィ・高崎と実績のある選手がいるので、青木自身の「強み」を生かしてポジション奪取にがんばってもらいたいと思います。

明日は、今季初の練習試合。
どんなメンバーでどんな試合をするのか、とても楽しみです。
行かれた方のレポートなどいただけると嬉しい限りです。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ