« 今季初の実戦は2-2【J特】 | トップページ | 【J特】勝手に予想をしてみる »

【J特】今季の初勝ち!

今週月曜日から宮崎でキャンプを行っているヴァンフォーレ甲府。

本日でその4日目が終了したのですが、午後にはJ2ファジアーノ岡山と今季2試合目の練習試合が行われました。
結果は「3-2(1-0、2-1、0-1)」で今季初勝利。得点は、ピンバ・高崎・永里と今季得点が期待される選手達の名前が並びました。
ピンバについては、得点がとれるとなるとFWとしての起用も考えられ幅が広がります。今季の甲府は2列目の選手が多いので、FW陣が奮うわない時はコンバートの可能性もあると思います。高崎は、松本山雅戦ではチャンスを掴みきれなかった感もあることから、お待たせの今季1号でした。FWの軸として活躍してくれないと困る選手なので、彼が生きる形をどう作るかこれからの練習試合でさらに模索してほしいです。永里は、どのポジションで起用されたかわかりませんが、彼がレギュラーを掴みコンスタントに得点できると、甲府はリーグでもかなり上位に進出できると私は考えています。できれば2トップの1人として、高崎と組むと相性がいいかなぁ・・・と思います。
やや心配なのが、松本山雅戦に続いての2失点。しかし城福監督は、宮崎キャンプに行く前にテーマとして「守備の強化」を挙げており、2日目くらいから守備への取り組みが始まっているようです。ただ、昨年との違いは「攻撃のための守備」にターゲットを定め、昨年取り組んだ「まずブロックを敷く」「守備のポジションをとる」ということではなく、攻撃に繋げるための守備に注力し『まずボールにプレッシャーに行くこと』を考えているようです。これから組まれている練習試合は次第に強い相手になっていくので、そういう相手にどんな成果を出すことができるのか、チーム全体の力が問われてくると思います。

最後に山梨報知連載の「甲府新戦力 J1復帰へのキーマン」。
2/5はDF・佐々木翔、2/6はDF・ドウグラス、2/9はDF・林堂眞のDF3連発。
佐々木は、右利きながら左足の精度も高いということで左SBでの起用が強いです。Jクラブ5チーム競合の末に甲府に入団。背番号も「6」ということで、期待も非常に大きいです。ドウグラスは、1面の半分を使った大きな記事。見た目はダニエルと同じくらい迫力がありますが、内面はピッチ外の人間性の良さも兼ね備える笑顔が優しいブラジル人。松本山雅戦では、さっそく持ち味である強さと高さで存在感を見せつけました。一昨年までボランチをしていたこともあり、ドリブルも得意ということです。林堂は、的確なポジショニングとフィードの正確さが持ち味。全日本大学選抜に選出された時には、五輪代表のMF山村・DF比嘉と共に戦ったこともあります。彼らに追いつくためにも、まずは甲府でポジションを掴み取り、自らの足で駆けあがらなくてはなりません。

チームは明日の2部練習を挟み、土曜日には京都との練習試合があります。
今季J1昇格を狙うとなれば、京都は1番のライバルになるので、練習試合と言えど変な試合はできません。結果が伴えばベストですが、内容重視で京都相手にどこまでできるか挑戦してほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

« 今季初の実戦は2-2【J特】 | トップページ | 【J特】勝手に予想をしてみる »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今季初の実戦は2-2【J特】 | トップページ | 【J特】勝手に予想をしてみる »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ