« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

イメージ変えて・・・さぁ4月【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第6節・ホーム山梨中銀スタジアムでギラヴァンツ北九州との対戦です。

この北九州戦から4月。
4月には、北九州以降に大分・鳥取・町田・徳島・福岡と合計6試合が予定されており、非常にハードなスケジュールとなっております。3月の開幕月を「4勝1敗」と好スタートを切れましたが、「J1昇格候補」と予想されるチームはほとんど勝ち越しで乗り切っており、どのチームも順調なシーズンの滑り出しをしていると思います。上位陣との対戦も後半に控えていることから、まさに『サバイバル』のJ1昇格戦線となってきました。一戦必勝、どんな相手でも勝ち点「3」の意味は変わらないので、1試合1試合を大切にしていきたいところです。

今節の甲府。スターティングメンバーは代わらない見込みですが、ベンチ入りメンバーに変更がある模様です。キャンプでは、レベルの高い動きとプレーを見せていた「MF・ピンバ」と「MF・チェソングン」が揃ってベンチ入りするようです。ゴールデンウイークの連戦もさることながら、チームの成長のためを考えるとメンバーが固定することは、あまり良くありません。今季は、前線~中盤にかけて選手が揃っているので、入れ替えながらチームの成長を促すことができると思います。もちろん、今現在スタメンに起用されている選手達に頼り切りでは、チームの成長は止まってしまうので、ピンバ・チェソングン限らずチャンスが回ってきた選手は、そのチャンスを生かしてほしいと強く願います。

対戦相手はギラヴァンツ北九州。
ホームで北九州戦と言うと、2010年の試合を思い出すサポーターが多いと思いますが、昨季に三浦監督を迎えて全くチームが変わりました。2010年には年間で1勝しかできませんでしたが、2011年には16勝を挙げ順位も8位へと大幅に上昇。今季は初勝利こそ4節でしたが、前節の富山戦でも逆転勝利を飾り2連勝。2010年の時のイメージを持って戦うと、とんでもないことになってしまいます。サポーターもしっかりとそのイメージから切り替え、今までの試合と同じようにチームと共に戦っていかなくてはいけません。

3月の2試合のホームゲームは雨でした。
しかし、明日の天気予報は『晴れ』。桜の開花宣言も行われることと予想されます。山梨中銀スタジアムには、大勢のサポーターが応援に来ることだと思うので、ぜひとも勝利でホーム3連勝してほしいと思います。応援がんばりましょう!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】3月を勝利で締めくくる

<横浜相手に連敗阻止!>
Img_0057_2 Img_0075_3 25日に行われましたアウェー・横浜FC戦。前節で山形に敗れた甲府は、連続のアウェーゲームということでしたが、どうしても勝利が欲しかったこの試合。監督が代わったばかりということで、戦い方などわからないことが試合前は不安に思いましたが、試合が始まってみるとこれまでの「積み重ね」の差がまともに出た試合になりました。

<やっと初ゴール、これから続けてほしい>
Img_0086 試合開始から攻守に渡り切り替え・連携などで横浜を圧倒。サイドハーフの堀米・柏にはプレッシャーは弱く、自由にプレーできていました。決定機もいくつかあり、先制点がいつ生まれてもおかしくない時間が続きました。すると前半41分、福田のロングボールにダヴィが前で潰れると、その裏に走り込んだ高崎が右足でシュートを決め先制点。高崎は移籍後うれしい初ゴールとなりました。開幕から何度もチャンスを外していた高崎でしたが、ようやく初ゴールを決めました。これからのゴールラッシュに期待しています。

<今季初の無失点!>
Img_0040  試合結果は「2-0」で勝利。高崎のゴールの後、ダヴィImg_0006の追加点があったので、安心して観ていられました。守備陣も安定していて、今季初の無失点試合。山形戦で負傷交代したドウグラスも、元気にスタメン出場。相手FW・大久保相手に、ほぼ競り合いでは圧勝。GK・荻もファインセーブがあり、風も吹く中キックも安定していたと思います。次の試合も、無失点でお願いします。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~J2第5節 FW・ダヴィ(2回目)>
Img_0099横浜FC戦の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」は、決定的なシュートをたくさん外してしまいましたが、追加点を決め守備への貢献も非常に高かった『FW・ダヴィ』を選出します。追加点の場面は、練習でもない形だったということで、彼のプレーに対する「集中力」が高かったことを知ることができます。守備も献身的に行い、相手ボランチに試合を通してプレッシャーをかけられたと思います。この試合で決められなかった分、以降の試合でのゴールを楽しみにしています。

<候補がたくさん!選出に悩む・・・>
Img_0080 Img_0069 今節の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」は難しかったです。先制点の高崎、高さと強さを発揮したドウグラス、久しぶりのスタメンでもクオリティが高かった石原、運動量・攻守の切り替えが抜群だった堀米と柏、セカンドボールを拾いまくった伊東など、全員が良かったと思います。その中でも、『得点に絡んだ』ということでダヴィを選出しました。

<3月は4勝1敗、2位で4月へと・・・>
Img_0117 横浜戦の勝利で連敗することなく、勝利で3月を終えることができました。3月の結果は、「4勝1敗」の勝ち点『12』で2位。シーズンの最初の5試合を非常にいいスタートを切ることができました。4月は6試合が予定されており、対戦相手にも研究されてくるので、さらに難しい試合が増えてくると思います。今のチームをどれだけ成長させ、上積みをすることができるのか城福監督の手腕が問われることになりそうです。まずは4月の初戦(北九州戦)と2試合目(大分戦)はホームゲームなので、どうしても勝ってほしい試合です。またそれらの試合で、これまでとは違う選手の出番がくるのかどうか、シーズン中盤に向けての選手起用も楽しみです。次の試合、天気に恵まれるといいなぁ~。

【J特】攻守に圧倒!

本日行われましたJ2第5節の横浜FC戦。
山形戦の敗戦を払拭すべくスタメンを開幕戦の11人、ベンチ入りメンバーも松橋を除く6人という開幕戦に近い形で臨みました。

結果を出せていたメンバーに戻した形になったこの試合。新監督が就任して4日の横浜FCに対して、『チームの完成度の違い』を見せつける試合となりました。
スコアこそ『2ー0』と大きな差はつきませんでしまが、攻守における連動や選手間の距離、切り替えのスピードなどで横浜を終始圧倒。シュートの数は「22対5」、CKも「12対3」と甲府がいかにボールを保持して横浜陣内でプレーしたかが、数字に現れています。
得点シーン、決めたのは高崎とダヴィでしたが、周りの選手の有効的な動きがあってこその得点だったと思います。先制点は高崎の前でダヴィがつぶれ、2点目はFKからのサインプレーでした。キャンプからの積み重ねが、チームとしての強さになっていると感じます。

開幕5試合を『4勝1敗』とベストに近い成績を残せた甲府。来月からは、後半に連戦&上位相手が待っており、これからさらなる上積みが必要となってきます。まずは、連戦の疲れを癒し北九州戦に備えること、そしてチーム力のさらなる上積みを目指すこと、勝っても負けても大切なのは「次の試合」です。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

真価の問われる一戦に【J特】

明日のヴァンフォーレ甲府は、アウェーニッパツ球技場で横浜FCとの対戦です。

先週土曜日からの1週間強でこの試合が3試合目、またアウェーゲームが続くことから、やや厳しいスケジュールが少し心配です。また、前節の山形戦では、DFドウグラスが負傷交代しており、その影響も合わせて懸念されます。

本日のサンニチ・山梨報知には、前節スタメンを外れた堀米がスタメン復帰の文字がありました。横浜FC戦にはU-22日本代表監督・関塚監督が堀米・井澤を見に来る予定ということで、これまで以上のパフォーマンスに期待します。また、DFドウグラスについても、23日には全体練習に復帰しており、明日のスタメン予想に名前を連ねていました。城福監督は、そのドウグラスと体調不良から全快した石原について、本日の練習終了後の経過を見て判断したいと慎重なコメント。明日のスタメンは、発表の時間までギリギリの判断になりそうです。

一方、ベンチには山形戦で揃ってスタメンだったMF片桐と井澤が入ると予想されますが、私が注目したいのはその山形戦で初めてベンチ入りしたMFピンバとチェソングン。キャンプの時には非常に評価が高く、開幕メンバーとも予想されたのですが、ここまでは出場がありません。連勝こそ前節で止まりましたが、チームとしての『形』ができているので、あまり選手をいじりたくない所ではありますが、展開によっては彼らの出番があっていいと思うので、どちらか1人でもベンチに入って試合に出場してほしいなぁ…と思います。

対戦相手の横浜FCは、先週の後に前・岸野監督を解任。代わって、おとといに元日本代表MFの山口氏を監督として招聘しました。明日で監督就任4日目。戦術の浸透にはまだまだ時間がかかると思われますが、これまでとは全く違った戦い方が予想されるので、データがない分その対策法は立てにくいです。

しかし、甲府としてはキャンプから通して取り組んできたことを、ピッチで表現して結果を出すことができているので、必要以上に相手のことを気にすることはありません。攻守の切り替えとメリハリ、サポートとチャレンジ&カバーなど、山形戦の敗戦を意識しすぎることなく横浜FC戦に臨んでもらいたいと思います。敗戦のあとの試合ということで、甲府の「力」が問われる一戦になります。

明日の試合、何があっても連敗だけはあってはなりません。私は明日が今季初のアウェー参戦になるのですが、いい天気にもなりそうなので精一杯応援してきます。勝利のために、みんなでがんばりましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】大切なのは次の試合

本日行われました山形との第4節。スケジュールが非常に厳しく、難しい試合が予想されました。

そんなこともあり、前節からスタメンを3人入れ替えた甲府。序盤は山形に押し込まれ、DFドウグラスの負傷交代もあり、ボールを繋げない場面が続きました。しかし、山形のまずい攻めに助けられると徐々にリズムを掴み出しました。そのまま前半を終えると、後半もいいリズムのままスタート。すると、ゴール左サイドから柏が突破して、ゴール右スミに吸い込まれるようなシュートを決め先制点。

その後も、取り消しとはなったもののCKをダヴィが頭で合わせたりと、追加点の気配があったものの決められずにいると、山形の中島に頭で決められ同点に。さらには、微妙な判定からゴール前でFKを献上すると、これを直接決められてしまい無念の逆転負けとなってしまいました。

まぁ、長いシーズンいつかは負けるので、気持ちの切り替えが大切です。ドウグラスの負傷の状態がとても気になりますが、次の試合は5日後に控えているので、前を向いていかなくてはいけません。今日の試合でも、メンバーが代わりながらも悲観するような内容ではないので、自信を持って横浜FC戦に臨んでもらいたいと思います。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~J2第4節 MF・柏好文>
今節のVOMは、今期初ゴールを挙げたMF柏を選出します。ここまでの試合でも攻守に渡って運動量が多くとても『効いていた』柏。先制点のように、得点やアシストのような数字に残る活躍ができてくると、さらに甲府の攻撃に厚みがでてくると思います。キレのあるドリブル、攻守の素早い切り替え、献身的な守備、今の甲府では柏しかできないと思うので、これからも続けていってほしいと思います。

次の試合は今週の日曜日。続けてのアウェー・ニッパツ球技場で、先日岸野監督が解任された横浜FCとの対戦です。何があっても連敗は許されないので、厳しい日程ではありますが、J1昇格のため乗り越えてほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

3様の3勝、勝負強さが光る【J特】

<開幕3連勝でスタートダッシュ!>
昨日行われましたJ2第3節・愛媛FC戦。開幕戦に続き、残念ながら悪天候(雨)となってしまい集まったサポーターは6000人超と、開幕連勝を飾って勢いに乗るチームとは対照的な観客席でした。試合も過去2戦とは変わり、中盤にスペースがなくチャンスも数少ない「静かな」試合でした。しかし、少ないチャンスをダヴィの2ゴールできっちりと生かした甲府が、ここまで無失点を誇る愛媛FCを下し、見事開幕3連勝を飾りスタートダッシュを成功させることができました。

<愛媛の守備に苦しむ・・・>
試合開始早々、高崎の突破からその折り返しをダヴィが左足でシュートを放つも、相手GKに当ててしまい絶好のチャンスを逃してしまいました。その後は、ボールを保持しているものの相手ゴールに迫る場面は少なく、得点の気配はありませんでした。甲府は前半、今までより右SHの堀米にボールが集まり、また愛媛が堀米をチェックしてきたことから、愛媛の守備の網にひっかかることしばしばでした。後半は逆サイドの柏の突破も目立つようになってきたので、前半からもう少し両サイドを使っていければここまで苦戦しなかったなかなぁ・・・と思いました。

<ダヴィ2ゴール、このままだと?>
そんな「堅守」を誇った愛媛から2ゴールを奪ったのは、開幕戦から好調が続いているFW・ダヴィ。
1点目は、高崎が獲得したPKをしっかりと決め、2点目は高崎の折り返しを左足で強烈なシュートを決めました。ゴールシーン以外にも、ハイボールの競り合い・ポストプレー・裏への飛び出しなど、後半途中まで足が攣るまで運動量が非常に多かったです。
ダヴィはここまで3試合で5得点。このペースでいくと、シーズン(42試合)終了時には70ゴールと、とんでもない数字になります。今季のJ1昇格にはダヴィの活躍が不可欠なので、今後のさらなるゴール量産に期待したいと思います。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~J2第3節 FW・高崎寛之>
今節の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」。2得点のダヴィは間違いなく高評価なのですが、それ以上に内容の濃いプレーを見せてくれた『FW 高崎』を選出したいと思います。
ダヴィのPKは言わずもがな、2点目もアシスト(に近いプレー)があったので、1得点くらいはあげたいところです。また、その得点の場面以外にも相手DFラインのプレッシャーや、守備への戻りなど攻守に渡り非常に貢献度が高かったと思います。
誕生日だったので、PKを蹴らせてあげたかった気持ちもありますが、次の試合でスッキリとした形での今季初ゴールに期待します。

<「攻守」に我慢、違った味の勝利>
開幕戦は栃木を相手に攻め合い、2戦目では東京Vを攻守に圧倒しましたが、愛媛戦は過去2戦とは違いボールも繋げず、今季掲げる「ムービングフットボール」は影を潜めてしまいました。結果こそ出ていたものの、城福監督が就任して3カ月(実戦は2試合)ということを考えると、その戦術はまだまだ未完成と言えると思います。そんな中でも、(やや個人技頼みはあるものの)勝負強さを発揮して勝ち点「3」を掴み取れるチーム、とても頼もしいと思います。

「やりたいことができなくても勝つチーム」
愛媛戦の勝利は、そんなチームの姿を私は感じました。

まだまだ3試合ですが、まずはスタートダッシュに成功。これからまだまだ『上積み』が期待できると思っています。次は中2日で昨年J1の山形の対戦ですが、これまでの相手とは選手層・戦術の完成度など、タイトなスケジュールも重なって非常に厳しい試合になると予想されます。選手の入れ替えも予想され、チームの総合力が問われることになるこの試合。どんな試合を見せてくれるのか、楽しみに明後日を待ちたいと思います。

(メモリーカードが不調のため、今回は写真がありません。また試合前日のプレビューも、途中まで書いたのですが、疲労困憊にて断念してしまいました。次からかんばります)

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】2ゴールで3連勝!

本日行われましたJ2第3節の愛媛FC戦。

序盤の決定機を逃すと、以降は愛媛のタイトな守備に手こずり、中盤を経由した攻撃ができず得点の予感はしませんでした。
このままスコアレスで後半へ突入か…と思われた矢先、高崎がPKを獲得し、これをダヴィが冷静にGKの逆に決めて先制点。
さらに後半立ち上がり早々、高崎の折り返しを柏がスルー(?)し、ダヴィが左足で強烈なシュートを決め追加点。
その後、すぐにスペシャルなゴールを決められ1点差に詰められるものの、きっちりと試合を締めくくり勝利することができました。
これで開幕3連勝、エースストライカー・ダヴィは5ゴールとまさに絶好調です。ただ、この日はタイトな守備に思うようなプレーはさせてもらえず、彼の本領発揮までにはもう少しかなぁ…と思っています。これからはマークもさらに厳しくなってくると思いますが、ダヴィ自身もまだまだ良くなってくると思うので、さらなるゴール量産に期待したいです。

次節は3日後にアウェーで山形との第4節。ここまでの相手とはひと味違ってきます。タイトなスケジュール、アウェーで強い相手ということで、乗り越えるハードルは高くて多いですが、開幕4連勝に挑戦してほしいと思います。
応援がんばりましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】内容も充実の開幕2連勝!

本日行われましたJ2第2節・東京ヴェルディ戦

シーズン前の予想では、プレーオフ圏内を争うであろう甲府と東京Vの試合ということで、J`S GOALのプレビューでも「J1昇格候補が激突!」と、激しい試合が予想されたこの試合。しかし、試合が始まってみると攻守の切り替えと鋭い出足で東京Vを甲府が上回り、相手陣内でプレーする時間が続きました。
一瞬のスキを突かれ先制点を許すものの、そのわずか4分後にCKをダヴィが頭で合わせ同点に。後半には、またしてもCKから相手GKがファンブルしたボールを、佐々木が押し込み逆転。さらに、前がかりになった東京Vの裏を突いた柏が抜け出すと、片桐にマイナス気味に折り返しノートラップで左足アウト気味にシュートを決め、「3-1」で勝利することができました。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~J2第2節 ダヴィ>
今節の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」は貴重な同点ゴールを決め、1試合を通して相手DFラインに脅威を与え続けた『FW・ダヴィ』を選出します。本当は、試合開始直後のシーンで決めていればさらに良かったのですが、失点してしまったすぐあとの同点ゴールはチームが「いつも通り(のプレーができる)」の空気を取り戻す、非常に効果的なゴールだったと思います。
また、この試合では彼の持ち味である「突破力」が戻りつつある様子に加え、『周りの選手を使う』姿勢も垣間見えました。高崎とのコンビネーションも良好に見えるので、これから先はさらにゴールを量産してくれると期待しています!
(ちなみに次点は、抜群のコンビネーションで右サイドを制圧したMF堀米とDF福田。セカンドボールを拾いまくったMF伊東と、攻守に貢献度が高かったMF柏の4人です)

甲府の次の試合は、今週土曜日にホーム・山梨中銀スタジアムで愛媛FC戦です。
愛媛はここまで唯一の無失点チームで、本日の試合(横浜FC戦)では相手のシュートをわずか3本に抑えており、守備は非常に堅く組織されています。甲府はここまで、ダヴィ・高崎という「個」の力が大きくクローズアップされていますが、愛媛相手に「個」の力だけではゴールをこじ開けることは難しいです。両サイドの柏・堀米、3列目から保坂・伊東がどれだけ2トップに近い距離でプレーできるかが得点への鍵になると思います。また、初ゴールを挙げたDF佐々木も、石原の出場停止が解けるので起用をどうするのか注目されます。

土曜日までの5日間、まずは天気が良くなるよう祈りたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】めざせ開幕2連勝!

明日のヴァンフォーレ甲府は、J2第2節・東京ヴェルディとの対戦です。

先週の開幕戦をクラブ史上初の勝利で飾ったヴァンフォーレ甲府。その勢いを持って開幕2連勝を狙うのですが、今節の相手は同じく開幕戦を勝利で飾った東京ヴェルディ。ホームで、J2参入に沸く松本山雅を「2-0」で下しており、甲府以上に勢いに乗っていると思われます。甲府としても、前節の栃木以上に個の力・組織の力が上の東京ヴェルディを相手に、栃木戦以上の試合を行い勝利を掴み取ることができるのか、開幕戦勝利の「意味」を問われる一戦になると思います。

スターティングメンバーについては、開幕戦と同じになる予想ですが、左SB・石原が警告を2回受け退場した影響でこのポジションについては変更があります。有力なのは、大卒1年目の佐々木。栃木戦では、急な出場にも関わらず落ち着いた守備で残りの時間をしっかりと守り切りました。DFなので、まずは守備をしっかりやってほしいですが、佐々木の武器の1つは左足から放たれるキックの精度。本来は右利きなのですが、甲府のスカウト担当が左利きと見間違うほど、左足でも精度の高いボールを蹴っていたとのことなので、攻撃面でも期待したいと思います。

明日の試合、両チームにそれぞれ所属していた選手がいます。
東京ヴェルディには、FW・ジョジマール。甲府にいた頃とはだいぶ変わり、ガッチリとした体格になりました。開幕戦ではゴールを挙げ、日本に帰化する準備もあるとのことです。一方、甲府には昨年まで東京Vに在籍していたDF福田と、2009年に在籍していたMF永里。福田は右SBでスタメン出場、永里は途中出場が予想されますが、2人共に古巣との対戦ということで心に期するモノがあると思います。2人共に、得点に絡む動きに期待したいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】開幕戦勝利おめでとう!

<14回目の挑戦で、開幕戦初勝利!>
20120304_033_2 20120304_092_2 昨日行われました2012年J2シーズン開幕戦。ヴァンフォーレ甲府は、ホームで昨年10位の栃木SCをホーム・山梨中銀スタジアムに迎えての一戦でした。「VF甲府は開幕戦に勝てない」というJリーグ参戦以来のジンクスでしたが、この一戦を『2-1』の勝利で飾り、14回目の開幕で初めて勝利することができました。

<量産態勢へ!ダヴィ2ゴール>
20120304_085 20120304_089 先制ゴール、そして決勝ゴールを決めたのは昨年J1残留への切り札として期待されながら無得点に終わってしまったダヴィ。先制点は高崎のシュートのこぼれ球を、決勝ゴールは井澤のクロスに右足で合わせたゴールでした。いずれも素晴らしいゴールでしたが、彼の本来の持ち味は前を向いた時の力強い突破力。そんなゴールも観られるようになると、1試合1ゴールペースでは済まなくなってくる予感がします♪

<流れを変え、思わぬ出番もこなす>
20120304_049 20120304_057 ダヴィの決勝ゴールが生まれる前、同点に追いつかれたからの「嫌な流れ」を断ち切ったのが途中出場の2人でした。片桐と井澤が前線でのキープと飛び出しで、甲府へと流れを戻しました。片桐は、投入されてすぐに高崎へのピンポイントクロスを上げ、井澤はゴール前でのフリーのシュートを外すものの、直後にダヴィの決勝ゴールをアシストして得点に絡みました。また、石原の予期せぬ退場で急遽大卒ルーキー・佐々木に出番が回ってきましたが、無難に試合を締めくくり上々のデビューになったと思います。

<渋いコンビが試合を作った>
20120304_059 20120304_071 今までのイメージでこの2人(伊東・保坂)の名前が並ぶと守備的な感じがあったのですが、思った以上に攻守に渡り「繋ぎ役」として機能した感があります。中盤の底で、DFラインまでのフィルター役はもちろんのこと、スペースを埋めたり、カウンター時の1stディフェンダーになったり、機を見ては相手ゴール前まで上がったりと、非常に多くの役割を果たしていました。大きなインパクトはなかったものの、黒子役に徹して試合を作った立役者だったと思います。

<ヴァン・オブ・ザ・マッチ~J2第1節 荻晃太>
20120304_017 今年もやります「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」。2得点しているダヴィかと思ったのですが、「0-0」「1-1」のシーンで栃木の決定的なシュートを何本も止め、主導権を栃木に渡さなかったことから、ファインセーブ連発の荻を選出したいと思います。どれか1本でも決まっていると、試合はまったく違う展開になっていたと思うので、今年の荻は違うな・・・と思わせてくれるプレーの連続でした(ダヴィ・高崎・井澤・保坂・福田は次点にしたいと思います)。

<1試合毎に成長、次は東京ヴェルディ戦>
20120304_029_2 20120304_064_2 試合終了後、城福監督からは「ここをスタート地点に成長曲線を描いていく」と、早くも次の試合へと目は向いていました。「J1へ昇格するチームは、一戦一戦成長していかなくてはいけない」ともコメント。この試合でも決して悪くはありませんでしたが、高崎・堀米・柏などはもっとできると思うので、少しでも成長した姿を次のヴェルディ戦で見せてほしいと思います。また、この試合でスタメンに選ばれなかった選手達も、いま不足している部分をきっちりと成長させ、実力でポジションを掴み取るようなことがあれば、それはチームとしての成長・ひいてはJ1昇格への道になるので、次はどの選手が出場の機会を手にするのか楽しみにしたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】上々のスタート!

本日開幕を迎えたJ2リーグ戦。
我らがVF甲府は、ホーム山梨中銀スタジアムに栃木SCを相手に、その開幕戦を戦いました。
J1からの降格、主力選手の移籍、監督の交代など多くの不確定要素がある中での開幕でしたが、結果はダヴィの2ゴールで「2ー1」と見事に勝利! 昨年、期待されながら無得点に終わったダヴィの、今年にかける意気込みを感じさせるゴールでした。
開幕戦をクラブ史上初の勝利で飾った甲府。まだまだ改善点はあるものの、結果を出せたことはとても素晴らしいことだと思います。これからの長いシーズン、目の前の試合の一戦一戦に全力を尽くし、今日のように勝利を積み重ねていってもらいたいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

【J特】2012シーズンはどんなサッカーになるのか?

明日、ヴァンフォーレ甲府は2012年シーズンの開幕戦。
ホームでの開幕戦は昨年に続き2年連続ながら、Jリーグ加盟以来「勝利」で開幕戦を終えたことがありません。
しかし開幕戦の相手・栃木SCとは、ここまでの対戦で負けなし(3勝2分だったかな・・・)と比較的相性のいい相手ではあります。また、栃木の攻守のキーマン・パウリーニョと菊岡の出場が微妙だということで、甲府にも勝利する可能性が十分にあると思います。

甲府の注目は、まずはスターティングメンバー。
FWにはダヴィと高崎、DFには(左から)石原・ドウグラス・山本・福田、GKには荻とこのあたりのメンバーは間違いないと思います。問題は、選手が揃い激戦区となっている中盤。選手の個性はもちろんのこと、組み合わせ次第で良くも悪くもなる可能性があるだけに、慎重な人選が求められます。
先週の浦和との練習試合では、サイドハーフに堀米と柏が入り、ダブルボランチには伊東と保坂が入った模様です。この人選では、バランスはいいもののやや攻撃面で迫力が足りないと感じるので、保坂のところに井澤、堀米のところに片桐(ピンバ)あたりが素人目には面白いかなぁ・・・と思うのですが、どういったものでしょうか。また、攻撃的なカードとしてベンチにほしいのが、永里・青木・チェソングン・ピンバは入れてほしいなぁ・・・とも思います。
そして戦術。
昨年とは方針転換を計り、前線からプレッシャーをかけチームとしてボールを保持して攻撃を仕掛けるスタイルへと、城福新監督を中心にこれまで取り組んできました。確かに、保坂や堀米を起用しているところをみると、その取り組みは垣間見えますが戦術の浸透にはもう少し時間と実戦経験が必要なのかな・・・と感じます。まして開幕戦の相手は、そういった「ボール保持(ポゼッション)」のスタイルをとる相手には、鋭いカウンターで対抗して昨年の序盤には首位にも立った栃木。その栃木をどう攻略して勝ち点を積み上げていくのか、今季の戦い方を占う重要な意味を持った試合になると思います。

最後に、心配された天気は快晴の予報に変わり一安心。
ただ気温が日中でもほとんど上がらず、甲府の最高気温予想は真冬の「7℃」とまさかの数字が出ています。応援に行かれるサポーターはたくさんいると思いますが、十分すぎるくらいの防寒対策をして山梨中銀スタジアムへ足を運んでほしいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
にほんブログ村

いよいよ開幕へ【J特】

更新が滞ってしまいました。
申し訳なかったです。
仕事が多忙を極め、昨日の夜に大阪から帰ってきてようやく落ち着けそうです。

J2リーグ戦の開幕があさっての4日に迫りました。
先週には会員証が手元に届き、イヤーブックも買って予習も万全。この勢いで明日の練習を観に行きたいところですが、ちょっと予定が入っており行けません。夜には帰宅できると思うので、試合に向けてのプレイビューを書くつもりです。

注目はスターティングメンバー。
2トップと4バックはだいたい予想がつきますが、激戦区である中盤は色んな組み合わせが試され、柏・堀米あたりが有力ですが予断は許しません。ピンバ・片桐・井澤・チェソングン・畑田などなど、誰がスタメンに名を連ねても不思議ありません。

そのあたりの情報も明日には何か聞こえてくると思うので、今季の開幕戦のエントリーを書いていこうと思います。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ