« 勝ちたい試合ではあったが | トップページ | 敗戦から学ぶ »

GW連戦の最終戦

怒涛のGW連戦も、明日の京都戦で終わりを告げます。
ということで、明日はホーム・山梨中銀スタジアムで京都サンガFCとの対戦です。

おとといの首位・湘南との試合を「1-1」の引き分けで終えた甲府。
試合内容からすると、相手が1人退場になったこともあり勝ちたかった試合ではありましたが、首位の湘南相手にCKを1本も与えずシュート数も圧倒したことから、『現時点でできること』は確認できたと思います。特に攻撃面では、ここ数試合の「停滞感」からは脱出できたようなシュートのラッシュで、攻撃の形(バリエーション)も増えてきたと感じました。

<第12節:ヴァン・オブ・ザ・マッチ MF:柏好文(2回目)>
湘南戦の「ヴァン・オブ・ザ・マッチ」は右サイドで攻撃の起点となり、高崎の同点ゴールをアシストした柏を選出します。
過密日程を考慮され、11節の福岡戦では途中出場となっていたので、前半から幾度となくサイドを突破して攻撃の軸となっていました。また同点ゴールも、フリーの高崎をしっかりと確認して丁寧なアシスト。その後にも、相手ゴール前で絶好のチャンスがあったのですが、それを決めていて勝利できていれば文句なしでした。ゴール前にいるときは、常にボールが来た時の準備をしておき、チャンスをゴールという形で決めきってほしいと思います。

そして京都戦。京都とは勝ち点で並んでおり、また前後のチームとの勝ち点差も少ないこと、ここ3試合ホームで勝利がないことなど、どうしても勝利が必要な試合です。京都相手なら、ここ数試合のような「自陣での守備に専念してのカウンター狙い」なんてことはないと思うので、よりスピードのある攻撃が展開できると予想されます。ダヴィはもちろんのこと、高崎・永里・柏・堀米・ピンバらなど、ボールを持って前を向くと何かしてくれそうな選手が揃っているので、ここ数試合勝ちきれない気持ちを晴らすかのような試合に期待しています。

« 勝ちたい試合ではあったが | トップページ | 敗戦から学ぶ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

そしてそして、我々がちゃんと後押ししないと、ですね。
回復するのに丸2日係りました(^_^;)。

絶対に負けられない戦いというのは今日の事。

やってやりましょう♂。

>ごみごみさん
京都戦、応援お疲れ様でした。
甲府はホームとアウェーの応援に差があり、何とも言えない状態ですが、京都戦での応援はあんなもんだと思います。私もそれなりに、がんばれました。

大切なのは次の試合。
連敗だけは絶対に許されません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝ちたい試合ではあったが | トップページ | 敗戦から学ぶ »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ