« やっと・・・落ち着く | トップページ | ホームで久しぶりの勝利 »

引き分けは上出来でした

本日行われましたJ2第14節・ロアッソ熊本戦。

京都戦の敗戦後、GW連戦も終わったことで巻き返しの『初戦』として期待した一戦だったのですが、エースFW:ダヴィを欠く甲府は攻撃面で精彩を欠き、シュートはわずかに5本。当然ながら、攻撃が悪いと守備も悪くなってしまう悪循環で1人少ない熊本相手に危ないシーンが頻発しました。ですが、熊本の精度の悪さなどに助けられ無失点。甲府の決定機は前半終了間際の片桐の飛び込みと、井澤のミドルレンジからのシュートくらいの無得点でスコアレスドローでした。
前節・京都戦と同じく、意図が伝わりにくいスターティングメンバーだった熊本戦。前半はシュート1本に終わってしまい、後半も選手交代からシステム変更まで手は打ったようですが、交代要員も疑問に思う点が・・・。システム変更でややリズムを掴みかけたかに見えたのですが、相手選手の退場によりシステムを戻すとチャンスすら作れませんでした。ピンバ・堀米など、攻撃に変化をもたらしてくれる選手・絶対的に不足していた運動量のある選手がベンチにいたにも関わらず、別の選手を投入した意図がわかりませんでした。

まぁ、これだけ悪い試合をやって引き分けの勝ち点「1」とれたことは、負けるよりは良かったと思います(この結果で妥協なら、今季の目標を修正しないといけませんが・・・)。ダヴィ・山本が戻ってくる次節、どんな試合をするのか非常に大きな意味を持つ試合となります。試合の結果が、ダヴィの出来次第だということがわかった甲府。いろんな意味で、今日の試合結果(内容)にはガッカリしてしまいました。

« やっと・・・落ち着く | トップページ | ホームで久しぶりの勝利 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

まーちさんこんばんは。マッキーでございます。今日は仲間と甲府の焼鳥屋さんでPVを見て、応援していました。試合内容は酷いものでした。まーちさんの言われるように熊本の決定力のなさに助けられましたね。ドローで良かったと思います。ダビィ選手に頼らざるえない状況にガッカリしました。運動力が少ないうえに、攻撃のかたちも無くて、ミドルからシュートも打たないし、全く点の入る気配が有りませんでした。3枚のカードも余り機能しませんでしたね。
試合に勝つには練習しか有りません。もっとハードに練習して、相手に走り負けしないように頑張るしかありません。積極的に若手を使ってみてはどうでしょうか。次節、草津戦はまた仲間と応援に行きますよ。救世主の出現を望みたい。

>マッキーさん
ここまで試合内容が悪い試合が続くと、チームの先が心配になってしまいました。
J1昇格なんておごがましい・・・なんて考えてしまいます。

できる選手は揃っているので、彼らをどう使うのか、私は使う側の問題だと思います。
好調だった開幕当初に、一旦戻すことも視野に入れるべきです。
来週のホームゲーム、もうこれ以上の失態は許されません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと・・・落ち着く | トップページ | ホームで久しぶりの勝利 »

ヴァンフォーレのいま


J-CASTニュース


Jリーグ2011特命PR部


  • Jリーグ2010特命PR部員 まーち
無料ブログはココログ